ジョンズ ホプキンス コロナ。 新型コロナウイルスをリアルタイムで可視化できるシステムが公開された!

達増拓也(岩手県知事)の経歴がすごい!評判は?コロナ感染者ゼロの対策は?|趣味のブログ

ジョンズ ホプキンス コロナ

2019年11月6日公衆衛生学の最高峰『ジョンホプキンス大学』 「パンデミック・シミュレーション演習は巨大な準備不足ギャップに焦点をあてる」 「ジョンホプキンス大学がおこなった『イベント201』でコロナウイルスは壊滅的インパクトで急速に拡がった」 Event 201, hosted by the Johns Hopkins Center for Health Security, envisions a fast-spreading coronavirus with a devastating impact このジョンホプキンス大学の記事の日付は2019年11月6日です。 未来を予測しています。 ジョンホプキンス大学は「公衆衛生学 Public Health 」という学問を創った大学であり、最高峰です。 そのジョンホプキンス大学が2019年10月18日にビル・ゲイツ&メリンダ・ゲイツ財団と共同でパンデミック演習「イベント201」をおこないました。 南米で新型コロナウイルス「CAPS」が発生し、それが南米から世界中に拡がる過程で「渡航禁止」と「隔離政策」が行われ、経済危機が起こるという結果が出ました。 演習で使われた名前は「新型コロナウイルスCAPS」です。 以下、ジョンホプキンス大学の記事から引用。 免疫耐性ウイルス ニックネームはCAPS は貿易と旅行を停止させ、世界経済を暴落させ、ソーシャルメディアでは人々はウワサと偽情報を流し、政府は崩壊状態となり、市民は暴動を起こした。 新型コロナウイルスCAPSはSARSの親戚であり、少しだけインフルエンザのように感染力が強く、致死的だった。 「イベント201」シミュレーションでは新型コロナウイルスCAPSは18カ月間で6,500万人の命を奪い、1918年のスペイン風邪インフルエンザのパンデミックを超える被害を出した。 この 「イベント201」シミュレーションはアメリカCBSニュースでも報道されています。 2020年1月25日アメリカCBSニュース 「パンデミック・シミュレーションはグローバルコミュニティの絵を描いた」 以下、引用。 シミュレーションされたパンデミックは世界金融危機の引き金を引き、株式市場を崩壊させ、世界のGDPを11パーセントも下落させた。 2019年10月に行われた「イベント201」ではパンデミックの際に渡航制限や貿易制限をやるべきではないと勧告しています。 国家、国際組織、グローバル企業は、ともに旅行と貿易を深刻なパンデミックの間でさえ維持すべきである。 ジョン・ホプキンス大学のJohns Hopkins Center for Health Securityという組織は、2001年6月22日にダーク・ウィンターという第1回の天然痘バイオテロ公衆衛生シミュレーション演習をおこないました。 2002年9月18日には、9. 11の直後の「アメリカ炭疽菌テロ事件」というバイオテロが起こりました。 2005年1月14日にはアトランティック・ストームという第2回の天然痘バイオテロ公衆衛生シミュレーション演習を行いました。 2018年5月15日にはクレードXという第3回の公衆衛生シミュレーション演習を行いました。 2019年10月18日にイベント201という第4回の新型コロナウイルス・パンデミック公衆衛生シミュレーション演習を行い、 2019年12月に新型コロナウイルスのアウトブレイクが始まり、2020年3月にWHOはパンデミックを宣言し、シミュレーションそっくりの出来事が起きているわけです。 2018年6月1日の『ニューヨーカー』の記事は第3回のクレードXという第3回の公衆衛生シミュレーション演習についてですが、まるで未来新聞です。 2018年6月1日『ニューヨーカー』 「パンデミック・シミュレーションの恐怖のレッスン」 以下、引用。 公衆衛生エキスパートは国境封鎖について警告した。 「それは本当の問題から目をそらす以外には何の効果もない」。 CDC長官は「グローバル・サプライ・チェーンを考えると、感染防御器具のほとんどが海外から輸入されていることを考えると、国境封鎖はひどいアイディアだ」と述べた 例えばマスクなどは海外で生産されているため輸入できなくなる。 国防長官は同意しなかった。 「おれたちは髪の毛が燃えているのに何もやっていないみたいにみられる。 大統領が何かしなければ、政敵に丘の上から狙撃されることになる だから、何かやっているフリをしないと。 」 幸運なことに、これは「クレードX」というジョンホプキンス大学が行ったパンデミック・シミュレーションである。 これらの問題は2014年のエボラウイルス危機の際に顕著となった。 アメリカは西アフリカの国々からの飛行機をシャットダウンした。 そのような旅行禁止はアメリカが批准しているWHOのルールに違反している。 また、ほとんどの医療ヘルス・プロフェショナルは「旅行禁止は効果がなく、非生産的だ」という意見だ。 しかし、旅行禁止・渡航禁止に関する科学的オピニオンは既に確立されているが、政治家や人気取りの連中は 科学的に 遅れている、そしてそれが「クレードX」演習が明らかにしたことである。 テーブルについて専門家と議論している際には、政治家は最初、渡航禁止 に関する科学的オピニオン を学ぼうとしていた、そして専門家のアドバイスを採用しようとしていたが、大衆の見方とプレッシャーにものすごく敏感になっていた。 政治家は「平均的アメリカ人には渡航禁止がまったく役に立たないということを納得させられない」と言った。 「これは彼らの健康に関するコミュニケーションが必要であり、渡航規制が彼らの健康を損ねるだろうと説得する必要がある」。 テーブルにいたヘルス・プロフェッショナル専門家はこのような禁止に反対するとは考えていなかったため、政治家たちを説得させるレトリックをもっていなかった。 シミュレーション演習では いくつかの私立病院は即座に、経営者・利害関係者を守るためにクレードXの患者を追い払った。 軍事演習同様、公衆衛生学でも演習は重要です。 世界最高水準の学問はすごいと感心しました。

次の

ジョンズ・ホプキンズ大学の新型コロナウイルスのデータをPower BIで可視化してみよう(1/5)

ジョンズ ホプキンス コロナ

日々増加する新型コロナウイルス感染症 COVID-19 の感染者数。 その数を確認するのが日課となっている方々も多いかと思います。 国内外のさまざまな機関や組織が新型コロナウイルスの感染者情報を Web サイトで公開していますが、その中でも特に注目を集めているのは、2020 年 1 月にいち早く全世界の感染者情報を公開した米国ジョンズ・ホプキンス大学の「」です。 このダッシュボードには 1 日 10 億以上のアクセスがあります。 ここに掲載されている情報やマップは数多くの報道機関で引用されており、日本で流れるニュースにおいても世界の新型コロナウイルス感染者数の出典元として「ジョンズ・ホプキンス大学」の名前をよく目にします。 今回は、ジョンズ・ホプキンス大学の COVID-19 Dashboard を作成・運用しているチームの活動についてご紹介します。 ダッシュボード公開の経緯 COVID-19 Dashboard を作成・運用しているのは、ジョンズ・ホプキンス大学 システム科学工学センター CSSE の共同ディレクターである Lauren Gardner が率いるチーム COVID-19 ダッシュボード チーム です。 元々は、麻疹やジカウイルスの流行に関する空間モデリングを米国 Esri 社の を用いて行っていました。 2020 年 1 月に中国で新型コロナウイルスの感染が拡大し始めたのを見て、中国人大学院生の Ensheng Dong が アプリを用いて数時間でダッシュボードを作成し、1 月 22 日に公開しました。 それを Twitter でシェアしたところ、瞬く間に全世界から注目を集めることになりました。 ダッシュボードの運用体制 ダッシュボードの運用は COVID-19 ダッシュボード チーム 5 名の主要メンバー が中心になって行い、ジョンズ・ホプキンス大学の学生、広報部門、応用物理研究所が協力しています。 さらに、米国 Esri 社がプラットフォームの管理を支援しています。 チームおよび協力者がローテーションで 24 時間対応できるような体制を組んでおり、たとえば、米国における早朝の時間帯ではイギリス在住の大学生がシフトを担当しています。 当初は学生が手動で情報を収集していましたが、現在は Web スクレイピングの技術を用いて自動的に収集が行われ、1 時間ごとにダッシュボードに表示される数値やマップが自動更新されています。 このように COVID-19 ダッシュボード チームおよび協力者の尽力によって、全世界の新型コロナウイルスの感染状況を迅速に把握することができています。 また、集計されたデータは、 でも公開されているので、ダッシュボード以外でも活用することができます。 COVID-19 ダッシュボード チームは現在、ダッシュボードの運用に加えて、米国全体の疾病リスク評価のモデリングに取り組んでいます。 本記事は、以下のページに掲載されている記事を参考にして構成しました。 nature index, Springer Nature 社• Science, AAAS 社 ESRIジャパンでは、4 月 14 日に「」を公開しました。 このサイトでは、新型コロナウイルスへの対応を支援するための国内・世界の感染状況に関する情報、データ、対応支援パッケージを提供しています。 新型コロナウイルス感染による課題の解決にお役立てください。

次の

新型コロナウイルスをリアルタイムで可視化できるシステムが公開された!

ジョンズ ホプキンス コロナ

日々増加する新型コロナウイルス感染症 COVID-19 の感染者数。 その数を確認するのが日課となっている方々も多いかと思います。 国内外のさまざまな機関や組織が新型コロナウイルスの感染者情報を Web サイトで公開していますが、その中でも特に注目を集めているのは、2020 年 1 月にいち早く全世界の感染者情報を公開した米国ジョンズ・ホプキンス大学の「」です。 このダッシュボードには 1 日 10 億以上のアクセスがあります。 ここに掲載されている情報やマップは数多くの報道機関で引用されており、日本で流れるニュースにおいても世界の新型コロナウイルス感染者数の出典元として「ジョンズ・ホプキンス大学」の名前をよく目にします。 今回は、ジョンズ・ホプキンス大学の COVID-19 Dashboard を作成・運用しているチームの活動についてご紹介します。 ダッシュボード公開の経緯 COVID-19 Dashboard を作成・運用しているのは、ジョンズ・ホプキンス大学 システム科学工学センター CSSE の共同ディレクターである Lauren Gardner が率いるチーム COVID-19 ダッシュボード チーム です。 元々は、麻疹やジカウイルスの流行に関する空間モデリングを米国 Esri 社の を用いて行っていました。 2020 年 1 月に中国で新型コロナウイルスの感染が拡大し始めたのを見て、中国人大学院生の Ensheng Dong が アプリを用いて数時間でダッシュボードを作成し、1 月 22 日に公開しました。 それを Twitter でシェアしたところ、瞬く間に全世界から注目を集めることになりました。 ダッシュボードの運用体制 ダッシュボードの運用は COVID-19 ダッシュボード チーム 5 名の主要メンバー が中心になって行い、ジョンズ・ホプキンス大学の学生、広報部門、応用物理研究所が協力しています。 さらに、米国 Esri 社がプラットフォームの管理を支援しています。 チームおよび協力者がローテーションで 24 時間対応できるような体制を組んでおり、たとえば、米国における早朝の時間帯ではイギリス在住の大学生がシフトを担当しています。 当初は学生が手動で情報を収集していましたが、現在は Web スクレイピングの技術を用いて自動的に収集が行われ、1 時間ごとにダッシュボードに表示される数値やマップが自動更新されています。 このように COVID-19 ダッシュボード チームおよび協力者の尽力によって、全世界の新型コロナウイルスの感染状況を迅速に把握することができています。 また、集計されたデータは、 でも公開されているので、ダッシュボード以外でも活用することができます。 COVID-19 ダッシュボード チームは現在、ダッシュボードの運用に加えて、米国全体の疾病リスク評価のモデリングに取り組んでいます。 本記事は、以下のページに掲載されている記事を参考にして構成しました。 nature index, Springer Nature 社• Science, AAAS 社 ESRIジャパンでは、4 月 14 日に「」を公開しました。 このサイトでは、新型コロナウイルスへの対応を支援するための国内・世界の感染状況に関する情報、データ、対応支援パッケージを提供しています。 新型コロナウイルス感染による課題の解決にお役立てください。

次の