紹介で入った仕事辞めたい。 仕事辞めたい!辞めるべきか残るべきかその後の人生を成功を決める重要な事とは

【申し訳ない】コネ入社だけど辞めたい!紹介で入った会社を辞める7の撤退戦略

紹介で入った仕事辞めたい

Contents• 1 こんな会社はもう嫌だ!大手にいきたい!キャリアアップパターン 中小企業やベンチャーって アッドホームなのですが、 福利厚生がなかったり、ネームバリューがなかったり。 「 中小企業に入って我武者羅に働けば、どこでも通用する」という言葉があります。 自分で「この期間だけは頑張る!」と期限を決めてその期間は精一杯仕事を しましょう。 新卒の場合は、 3年ほど働くと応募できる求人数が増えます。 怒られても 辞めないし、めげない人は、 社長や上司とも信頼ができ、 劇的な成長を遂げることができます。 それは、どこの会社へいっても、仕事の要領や質をかってもらえる 社会人基礎力になります。 「辛いから」と現実逃避をせず、 しっかり目の前の仕事をやりきった人は、後悔をせずスッキリやめられるでしょう。 それは、 自他ともに「辛くても3年間ちゃんと打ち込んだ」ことを知っているからです。 ポイント• 流れに任せるのではなく、自分で期限を決めて、その期間きっちり仕事をする• 辞める前に自分が学べるものは学び尽くし、仕事を投げ出さない 2 さらばパワハラ!見限りパターン 平成28年報告されている パワハラ被害は 7 万件もあるそうですこれもある意味洗脳ですが 、 「あなたのせい」「あなたのためを思って」「出来ないやつだな」といわれていると、そんな気がしてきてしまうんですよね。 「でも給料も悪くないし」「遠くもないし」…etc 悪くない理由を集め始めたら注意です。 年月に関係なく、 パワハラは着実に心身を蝕んでいきます。 かく言う私も、 「ねえまたミスしてるじゃん」「この資料、カッコの形へんじゃない?」チクチク言われ続け、ミスがなかったらないで 「私のパソコンの画面覗き込むのやめてくれる?社会人としてどうなの」と、 言動や態度に言葉が向きました。 「頑張っても頑張っても怒られる、私のなにがいけないんだろう」このループが止まらなくなって、プロジェクトが大詰めになったその帰り道、 過呼吸で倒れて気が付いたら病院にいたこともあります。 経験して思うのは、 「おかしいと感じたらさっさと辞めるに越したことないほう」ということです。 パワハラはその時だけ耐えればいいわけじゃなく、 メンタルを崩すと後々の人生にも大きく関わってくる可能性があります。 周りに相談し、 パワハラだとわかった時点で 、振り返らずに、そこからさっさと出て行くのが一番懸命な判断です。 それは「逃げ」ではなく、別の場所へいくことにしたというただの「決断」です。 さっさとさよならしましょう。 ポイント• パワハラは改善する可能性があまりに低いので、わかった時点で、職場を出ること• 我慢をすると自分の心身に支障をきたすので、振り返らずさっさと出て行く• 危険な場所からの脱出は、裏切りではなく、見限りである 3 今の時代、仕事はいくらでも見つかる 「 すぐに仕事が見つからなかったら」「もっと悪くなったら」、なんて不安もわかりますが、 会社なんては入ってみないとわからないのです。 そしてそれは五分五分で、 悪くなる可能性がある分、良くなる可能性も同じだけあるのです。 私の好きな言葉のなかに、「Instead of trying to make your life perfect, give yourself freedom to make it adventure. 完璧を目指すのではなく、人生を思いっきりアドベンチャーにしよう 」というものがあります。 同じ職場で長年「いいのかなあ」と悶々としているより、思い切って足を踏み出したからには、 「やるしかない」とただただ我武者羅でひたむきな日々を送っていったほうが健全かもしれません。 私も色々ありましたが、 辞めたことを後悔したことは一度もないです。 自分がレベルアップしているのなら、会社もそれにあわせて変えていくのも、今の時代はありじゃないでしょうか。 まとめ というわけでまとめます。 後悔ないほどやりきってからつぎにいく• 理不尽な職場はさっさと見限って、次にいく• 次の仕事だって、踏み出せば何とかなるから大丈夫 わたしもに引っかかったときに、 活動時間捻出のため、メーカーから通信会社に切り替えたのですが、 新しい業界に入ってみたら、そこはそこで面白さがありました。 データの世界、通信の世界、はいってみることで興味がわく、自分にあっていたものって、案外あるんですね。 というわけで、 会社辞めたいと思ったら、ぜひぜひ前向きに検討してみることをお勧めします。 死ぬこと以外はかすり傷、ですよ。

次の

「辞めたい…」仕事を辞めたい時に相談するべき相手と、絶対に相談してはいけない相手

紹介で入った仕事辞めたい

Contents• コネで入社したものの辞めたくなる方は珍しくない 最近はあなたのように、知り合いのコネで入社したものの辞めたくなってしまう方というのも珍しくありません。 特に最近はブラックな会社も増えてきていますからね。 知り合いの紹介であれば、ブラック企業などは紹介しにくいので、普通に仕事を探すよりはブラック企業を避けられる傾向にはありますが…。 会社なんて入ってみないとわかりませんし。 ある人にとってはホワイトな環境でも、ある人にとってはブラックな環境と感じるようなこともあるでしょうし。 実際ネットやSNSなどを見てみても、 今の会社は知り合いのコネで入ったんだけど、もう辞めたいわ…。 まだ入って半年ぐらいだけど、労働環境のいい会社って聞いてたのにブラックな部署に配属されたからさぁ。 残業も毎月たくさんさせられてるし。 辞めにくいけど、このままずっと働くなんて考えられんからもうやめるわ…。 俺コネで入社した会社をバックれたことあるよw 紹介してくれた人との関係は切れてしまったけど…。 ただコネ入社って羨ましがられるけど、本当に会社によるからね。 俺なんて社会保険すらない会社で騙された気分だよ。 今の会社はコネで入った会社だけど、もう辞めたいわ。 入ってみたらかなりブラックな会社だったし。 紹介してくれた人には悪いけどもう転職活動してるよ。 こんな意見が散見されますからね。 やはりコネ入社とは言ってもそれほどいいとは限らないようです。 そもそも入ってみないとやはりわからなかったりしますし。 人間関係に馴染めるかどうかもその人の性格によって変わってきますからね。 誰かにとってはいい会社でも誰かにとってはブラックな会社と言うことも大いにして起こり得ます。 幸い今は仕事は多いので、辞めても何かしら仕事は見つかる可能性は高いが… コネ入社だけど仕事辞めたいというのは、ありがち悩みではありますが…。 幸い今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も一倍を越えてきています。 つまりは仕事がたくさんあるということであり、 コネ入社で辞めたとしても仕事は沢山ある傾向にあります。 今ならばあまりの人で不足で中高年の方でも未経験で入れる業界があるぐらいですし。 コネ入社で辞めたいけど次の会社見つかるかなぁなんて懸念している方は心配は無用です。 ただやはりコネ入社ですと、辞めにくいというデメリットがありますからね。 その人の顔を潰してしまう可能性がありますし。 辞めても仕事はありますが、コネ入社なので辞めるのが大変ということです。 辞める前に紹介してくれた人に話を通すことは必要 コネ入社で辞めるにはやはり紹介してくれた人の顔を潰してしまう可能性がありますからね。 紹介してくれた人に対して最大限配慮することは必要でしょう。 なので、 辞めると言い出す前に紹介してくれた人に話を通して相談はするべきです。 相談もせずに人事に退職の意思を告げると、• なんで俺に話を通さなかったんだ!• 俺の顔を潰す気か!• せっかく紹介してやったのに挨拶もなしに辞めるのか!? こんな風な事になってしまいますからね。 まあその紹介してくれた人との人脈が途絶える覚悟であれば、どんな辞め方をしても構わないと思いますけどてん。 その人とこれからも会う機会があったりする場合は、最大限配慮しておいた方が良いかもしれません。 でないと次会った時に気まずくなってしまいますからね。 紹介してくれた人の顔を潰さないよう余裕を持って退職の意志を告げるべき 後はコネ入社ですと、紹介してくれた人がその会社にいるケースが多いですよね。 なので、 紹介してくれた人の顔を潰さないように、やめ方にも工夫をする必要があります。 具体的には 余裕をもって退職の意思を告げた方がいいですね。 これが辞める1週間前とか1ヶ月未満の場合は、あなたが辞めた後の代わりの人間がなかなか確保できないでしょうし。 そうなると今の会社にも迷惑がかかってしまいます。 そうなると当然紹介してくれた人も、社内で• あんな無責任な奴をよく紹介したな!• あんなやつ採用しなければよかったよ• お前の紹介はあてにならんなぁ• やっぱりコネ入社なんてろくなもんじゃないよ こんなことを言われる可能性が高いですからね。 その紹介してくれた人は良かれと思ってあなたを紹介してくれた訳ですからね。 例え入ってみたらブラックな会社だったとしても最大限礼を尽くして辞めるべきです。 なので、 ある程度余裕をもって退職の意思を告げた方がいいですね。 そうすれば会社も代わりの人材を手配する時間的余裕がありますし。 迷惑はかけてしまうかもしれませんが最低限に抑えることができるんです。 精神疾患などを装い「やむを得ず退職」みたいな体にする手もあるが… あとやはりコネ入社ですと、どうやっても辞めにくいというのは、事実です。 そもそも辞めるなんて言い出したら、その紹介してくれた人が• 俺の顔を潰さないでくれ!• もう少し長く勤めてくれないか!?• 俺が後で社内で色々言われるだろ!• せっかく紹介してやったんだぞ! こんなこと言ってくるに決まっています。 ですが そこで止むを得ない事情ですと、退職を言い出しやすいと思います。 具体的には精神疾患などを装って、 「働き続けたいがこれ以上働き続けることができない」みたいな体にすると辞めやすいかもしれません。 それならば紹介してくれた人としても「まあ仕方ないか」ということになりますからね。 特に最近はストレス社会と言われていますし、10人に1人はうつ病になるとも言われていますし。 決してこういった精神疾患は人事ではありませんからね。 まぁ大抵の 精神科や心療内科などを受診して精神的に落ち込んでいる素振りを見せれば、何かしらの精神疾患などの診断書は書いてもらうことができると思います。 そういったものを根拠に退職を言い出すのも良いかもしれません。 コネ入社でもバックレで辞めるというのも手段の一つではありますね。 お恥ずかしい話ですが、実は私もコネ入社で入った会社をバックレて辞めたことがあります。 入社する前はいい会社だと聞いていたんですが、入社してみたら社会保険もボーナスもないような正社員の会社で、話が違うということで揉めてしまいました。 もうやめると言ったのに「代わりがいないから働け」なんて言われたので、そのまま強引にバックレてしまいました。 まぁ その紹介してくれた人との関係は完全に切れましたけどね…。 そういった覚悟があるのであれば、辞めるのも良いかもしれません。 まぁちゃんとした会社であれば、こんなことをするのは論外ですが…。 最初の話と違ったり、あまりにも環境が悪すぎる場合はズルズル働いてもデメリットしかありませんからね。 まあ最低限やめるとは伝えるべきですが、辞めさせてくれない場合はこの位強引に行くのも良いかもしれません。 今は人手不足の会社が多いので、できれば他の人を代わりに紹介する手も コネ入社が辞めにくい理由としては、やはり紹介してくれた人の顔を潰す可能性があるからですが…。 そうではなくても 最近は人手不足に陥っている会社が多いですからね。 少子高齢化による生産年齢人口の減少によって人手不足に陥っている会社が多いのです。 今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も1倍を超えてきていますし。 正社員で募集をかけてもなかなか人が来ない会社が多いんですね。 帝国データバンクの2018年の調査によれば約半数の企業が正社員が足りていないと回答していますし。 なので、 辞めるのであれば、出来れば他の人を代わりに紹介してあげると言うのも手段の一つです。 それならば会社としても採用コストもかかりませんし、辞めやすくなります。 まぁただ都合よくそんな紹介できる人がいるかどうかと言う話ですが…。 特に最近はなかなか人が来ない会社が多いので、騙して入社させる悪質な会社も多いですからね。 そうなると変な会社を紹介してしまうと、その人との関係がこじれる可能性もあります。 まぁできるのであれば、やってみるのも良いかもしれません。 あまり気にしてると一生辞められないので… やはりコネ入社ですと、辞めにくいというデメリットはありますが…。 こんなことあんまり気にしてたら一生やめることができません。 特に最近なんて人手不足の会社が多いですから、知り合いに手当たりしだいに声をかけて紹介して、入社させようとしている方もいらっしゃいますし。 そういう人ですと、 いい会社だから紹介するというわけではなく、ただ単に人手不足だから誰でもいいから入社させたいという感じで入社させようとしてきます。 それも一応コネ入社ですが、ブラックな会社の可能性も高いので長続きするかどうかは別問題です。 幸い今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も1倍を超えてきていますからね。 今ならば他にもいい会社はたくさんありますので、今のうちにさっさと辞めてしまって良い会社を探し行った方が良いかもしれません。 まとめ コネ入社ですと辞めにくいのは事実ですが、あんまり気にしても仕方がないことかもしれません。 そこでズルズル働いても、あなたの人生にとってデメリットしかありませんし。 その会社でこれから先もずっと働いていく姿が描けないのであれば、早めに転職を検討すべきです。 幸い今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も1倍を超えてきていますし。 今ならは仕事はたくさんありますからね。 まぁ紹介してくれた人の顔を潰さないように最大限配慮はすべきですが、あんまり気にしているとずっとやめられませんし。 やるだけやったら早めに辞めて、次の会社を探して行った方がいいでしょう。 転職したいけど、何からやればいいか分からない! そういった悩みをお持ちの方は今のご時世かなり多いです。 特に最近は有効求人倍率も高止まりしており、同僚がどんどん転職していっている方も多いのではないでしょうか? 最近は特に人手不足の企業も多く、会社自体がブラック化しているケースが多いですからね…。 ただそこで 「自分も転職したい」と思っても、「まず何からやればいいのか?」わからずに一歩踏み出せない人が多いのが現状です。 「転職したいけど、何をやったらいいかわからない!」という方は、自分の転職市場価値を診断するところから始めてみるのがお勧めです! 幸い最近は、転職希望者と企業側の求人データ、過去の転職者のデータから、転職市場価値を診断できる転職アプリが出てきています。 登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。 特に2020年の東京オリンピック後は景気が後退する可能性が指摘されていますし、 「また就職氷河期が再来するのではないか?」なんてことも言われています。 そうなったら 「あの時転職しておくんだった…」となりかねませんからね。 今の仕事に不満があるのであれば、今のうちに一歩踏み出しておくと良いでしょう。

次の

仕事初日…入ったばかりの会社を1日で辞めたいと思ったら転職するべき?

紹介で入った仕事辞めたい

辞めたいけどコネ入社だから辞めづらい…• 紹介してくれた人の顔を潰すことになるし…• 我慢して働くしかないのか…? という悩みをお持ちの、仕事を辞めたいがコネで入社したので、勇気が無くて言い出せない方のためのページです。 私もコネ入社した事ありますが、合わなかったのですぐ辞めたことがあります…。 確かに 紹介してくれた人の手前、なんとも辞めにくいですよね…。 相手は好意で仕事を紹介してくれたわけですし、申し訳なくてなかなか退職を言い出せないかもしれません。 ですがもう辞めたいのに留まるのも、なかなかきついですよね…。 この記事では、 コネ入社の会社を辞めたい時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。 Contents• コネでも辞めたいなら、紹介者に配慮はするべき もう辞める決心が固まっているのであれば、コネ入社とか関係なくもう辞めたほうがいいと思います。 あんまり無理して働いても、多大なストレスが溜まるだけです。 ストレスが溜まると病気になってしまったり、精神を病んでしまったりする可能性もあります。 ぶっちゃけいいことはないです。 icon-exclamation-circle ただやはりコネ入社の手前、辞めにくいというのも分かります。 最大限、紹介してくれた人の顔を潰さないように配慮するしかないと思います。 とにかく顔を潰さないように、できるだけ配慮して辞めましょう。 まぁどうやっても、大なり小なり結局迷惑をかけてしまう事にはなりますが…。 申し訳ないという気持ちが伝わるかどうか?というのが重要だと思います。 適当に辞めてしまうとその後、その人との人間関係も終わってしまう可能性がありますので…。 ですがその前に、 紹介してくれた人へ一言言っておいた方がいいと思います。 そうしておかないと、その人の顔を潰してしまい、仲が険悪になってしまいます。 「紹介してくれたのに悪いですが、もう辞めたいんです」• 「本当に感謝してますが、私には合いません…」• 「あなたには迷惑がかからないようにしますから…」 などなど。 そういうの抜きにしても、一言も相談もなくコネ入社なのに辞めるというのは、さすがに非人道的だと思いますからね…。 引き留められる可能性が高いが… まあ、• 「もう少し頑張れないか」• 「俺のことも考えてくれ」 とか色々言われると思いますけど…。 もう辞めたいと考えているわけですから、これはもう仕方ないと思います。 会社なんて入ってみないと分からないですからね。 とにかく謝るしかない コネ入社というのはそういう意味では比較的安全な入社方法ではあるんですが、やはり実際に自分が働いてみないと、本当のところはわかりません。 とはいえ、非常識な感じなのは否定のしようがありませんので、とにかく申し訳なかったと。 許してくれと。 誠意を込めて謝るしか無いと思いますよ…。 その人も、良かれと思って紹介してくれたわけですからね。 次を決めてから辞めた方がいい コネ入社なのに、すぐ辞めるなんて確実に引き止められると思います。 なので、次を決めてから辞めたほうがいいと思います。 「次は決まっているのか」と絶対に聞かれますし。 「俺の顔を潰さないために、最低1年はいてくれ」• 「3年はいてくれ」• 「次が決まってから辞めればいいだろ」 とか言って、ズルズルいってしまう可能性があります。 そんな時、 無難に辞めるには「次が見つかった」ことにするのが一番です。 まあ別にすぐ辞めたいなら、次が見つからなくても見つかったことにして辞めてもいいですが。 やはり次を決めてから辞めないと、転職活動は著しく不利になってしまいます。 まだ転職活動をはじめていないのであれば、今すぐに転職活動をはじめたほうがいいと思います。 とりあえず 転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。 私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。 いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。 こちらの転職サイトなら、自分の転職市場価値を診断してくれるので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。 条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。 icon-exclamation-circle あとは、 給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。 有名な大手のエージェントなら、 一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。 ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。 残業が少なく年収が高い企業の求人を多く扱っており、相談からでも無料で利用できます。 今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。 ちなみに私の場合は… 私も一応コネ入社の経験がありますが、 1ヶ月で辞めたことがあります…。 どうやって辞めたかというと、 「次の仕事が見つかったから辞めます。 この仕事は自分には合いませんでした」と言って、2週間後には辞めてました。 コネ入社なのに最初に言っていた話と全然話が違いましたし、これ以上ここにいても仕方がないなぁと思ったので…。 もうさっさと 紹介してくれた人間との関係はスッパリ切る覚悟で、勢いでやめました。 試用期間中で、社会保険にもまだ入ってませんでしたからね。 icon-exclamation-circle 実際に次の会社が見つかっていたわけではなかったのですが、辞めようと思ったら「次が見つかった」と言って辞めるのが一番無難だと思いましたし。 実際、 頑張って転職活動をして二ヶ月ぐらいで次が見つかりました。 なんとかそこで働き続けることができましたから、結果オーライでした。 まあ、仕事が見つかりにくい中高年の方であれば、転職には慎重になったほうがいいと思います。 ですが、頑張れば他の会社が見つかるような若者であれば、さっさと辞めてしまって転職活動するのもいいかもしれませんよ。 忙しくて次の会社を探す時間のない方は、転職エージェントを活用するといいでしょう。 あなたの都合のいい日に面接を入れるよう先方と交渉してくれたりします。 紹介してくれた人を責めないように 私のように、最初に聞いていた話と全く条件が違ったというような人もいるかもしれません。 ですが、紹介してくれた人を責めない方がいいでしょう。 その人に悪意があるならばまた話が変わってきますが、向こうとしては「仕事を紹介してあげた」という気持ちが強いので。 相手としては、良かれと思ってやったはずです。 これで相手を責めるようなことを言うと、確実に関係がこじれます。 あくまでも• 「こっちが悪かった」• 「見抜けなかった私の責任です」• 「せっかく紹介してくれたのに申し訳ない」 というスタンスでいた方が無難だと思います。 まあ実際その通りでしょうし。 とにかく最大限その人の顔を潰さないように、角が立たない理由を用意して、速やかに辞めましょう。 そして お互い別々の道を行って、次の仕事を探すのが良いかと思います。 幸い今は仕事は多いので、今なら仕事も見つかりやすいと思います。 まとめ コネ入社って、かなり有効な転職方法だと言われています。 「一番いい転職方法はコネ」って言う人も多いですからね。 ですがそんな風潮がある中、コネ入社の会社を辞めてしまうというのは• 「俺、本当最悪の人間だな」• 「こんなのでこれから生きていけるのだろうか?」• 「あの人に申し訳ない」 みたいに、自分を責めてしまいがちです。 ですがまあ、人生長いですし、こういうことがあるのも仕方ないと思いますよ。 今の世の中、あまり気にしていたら生きていけません。 次に期待しましょう。 この失敗を糧にして、次はもっと上手くやれるはずです。 幸い今は有効求人倍率も高いですし、転職はかなりしやすくなってきています。 仕事が多い今のうちに、次の会社を見つけてしまうとよいでしょう。 労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい! わが国は 労働環境の悪いブラック企業が多いです。 労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。 ですが、 今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです! 「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、 日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。 いつの間にか 相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。 「転職したいなぁ。 でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。 登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。 転職成功者の満足度も第一位であり、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。 相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。 本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

次の