アドビ リーダー。 アドビリーダーの英語表記を日本語表記に修復する : 極楽蜻蛉の気ままな一日

Adobe Reader(アドビ・リーダー)とAdobe Acrobat Reader(アドビ・アクロバット・リーダー)の違いはなんですか?|ネットの知恵袋|フレッツ光公式|NTT西日本

アドビ リーダー

アドビはアメリカの川の名前からつけたそうです。 アドビは会社名で有名なソフトにアクロバットというPDF作成ソフトとそれを閲覧するアドビリーダーがあります。 アクロバットは有料ですが、他にフリーソフトがあります。 アドビリーダーは無償で配布されています。 PDFファイルを読むには必要です。 PDF(Portable Document Format)はどのソフトで作った文書でも、OSやソフトと言った環境が違っても内容が確認可能な文書交換フォーマットです。 ワード等で作成した場合、元のファイルより容量が小さくなるのでメール送信や保管で便利です。 私はエクセル、ワードで作成したファイルは全てPDFに変換して、セキュリティ設定してメールに添付しています。 PDFファイルは印刷に必要な解像度に合わせて文書中の画像を最適化してさらに再圧縮してファイル容量を小さくする事ができます。 ファイルの改ざん防止のためにファイルを開く場合と編集する場合、別のパスワードでロックをかけたり開いたファイルの印刷を禁止したりテキストなど要素のコピーを禁止可能です。 PDFファイルでセキュリティ設定で禁止できるのは印刷、改ざん、テキストや画像のコピー、テキスト読み上げの禁止の四項目があります。 パスワードにはPDFファイルを開く際に入力する「文書を開くパスワード」とPDFファイルのセキュリティ設定に変更を加える際に入力する「権限パスワード」があります。 ファイルを開くために必要なパスワードはPDFを見せたい相手に公開し、これと異なる権限パスワード設定、非公開にすれば受け取り側では開いて見ることは出来ますが改ざんは出来ません。 アドビリーダーには編集機能が無いために、改ざんできないと思いますが、セキュリティ設定のかかっていないPDFはアクロバットなどのソフトで編集できます。 PDF作成ソフトによっては権限パスワードを設定しなくてもセキュリティ機能を設定できるソフトがあります。 このPDFを開くと一見印刷やコピー出来ないようにセキュリティがかかっているように見えますがセキュリティの設定を変更する際にパスワードの入力が必要なくアクロバットを使うとセキュリティの解除が可能です。

次の

Acrobat Reader(アクロバットリーダー)とは

アドビ リーダー

アドビリーダーのセキュリティアップデートがあったので適用したら、見事に英語表記になってしまいました。 何だかなぁ・・・と思っていたら、以下の通りに行えば日本語表記になると に書かれていました。 以下、サイトの表記を引用します。 回避方法A: 1. メニューから「日本語」を選択して「OK」を押します。 回避方法B:環境設定から回避方法Aのダイアログが表示されるようにします。 [Edit]-[Preferences]にて[Categories]から 2. [International]-[Application Language]を[Choose at Application StartUP]に変更しAcrobatを再起動します。 回避方法C (A、Bでも改善がみられない場合): 1. Help(ヘルプ)メニューの[Repair Acrobat Installation (Acrobatインストールの修復)]を選択、またはコントロールパネルの[プログラムの追加と削除]からAcrobatの項目を選択して修復を行います。 再起動すると回避方法Aのダイアログが表示されるので、「日本語」を選択して「OK」を押します。 因みに、私の5台あるPCのうち4台はいずれかの方法で日本語表記になりました。 ところが、1台だけはどうやっても英語表記から日本語表記にならなかったんです。 今回は、その1台のアドビリーダーをどうやって日本語表記にしたのかを記事にまとめさせていただきます。 犯人探しと言ったら聞こえが悪いのですが、原因と考えられるものを洗い出してみました。 多分、不要ファイルを削除するシステムツールに問題があるのではないだろうかと・・・ 私は3種類のシステムツールを使っていますが、そのうちの一つがやらかしてくれていました。 それは、多くの方がお使いになっているであろうです。 参考までに日本語表記に直ったPCで「CCleaner」のクリーンアップ解析画面が下の画像です。 おっ、プリケーションのところでアドビアクロバットXIのファイルを検出していますね。 では、その詳細を次に見ていきましょう。 あっ、やっぱりね~・・・「何たらかんたら. jpn」という項目がいくつか見られますね。 このままクリーンアップすると、どうやら日本語化に必要なファイルが削除されてしまうようです。 確認しないでやっちまうと、3種類の回避方法を実行してもダメは筈ですよね。 でjは、一体どうしたらいいんでしょう? 無い頭を捻っても考えが及びません。 いろいろとやっているうちに、やっと「ビンゴ!」となりましたので、その方法を以下の通りにご説明します。 でも、環境によっては効果が出ないことも考えられますので、その場合はご容赦下さい。 あくまでも私が行って結果が出た方法ですから。 まず、[Edit]-[Preferences]にて[Categories]から [International]-[Application Language]が[日本語]になっていたら・・・ このように[Choose at Application StartUP]に変更します。 次に、[Edit]-[Preferences]にて[Categories]から[Security Enhannced ]の画面で、上部の赤く囲った部分にチェックが入っていたらチェックを外します。 その時に、このような画面が表示されますが、怯まず[はい]をクリックします。 該当箇所のチェックが外れていることを確認したら[OK]をクリックしてアドビリーダーも終了します。 続いて、再びアドビリーダーを再起動させます。 [日本語]となっていたら、そのまま[OK]をクリックします。 はい、このようにちゃんと日本語表記になりました。 でも、ここで安心してはいけません。 [編集]-[環境設定]にて[分類]から[セキュリティ(拡張)]の画面でチェックを外した[起動時に保護モードを有効にする]にチェックを入れます。 チェックを入れたら[OK]をクリックして完了です。 これで安心してアドビリーダーを使えるようになりましたね。 しかし、何だかなぁ・・・ 自己責任の世界とはいえ、必要のあるファイルまで削除指定するのはいかがなものかと・・・ 気付いたからいいようなものですが、もっと重要なファイルまで削除されたらたまりませんね。 ということで、システムツールを使う場合は注意しましょうの巻でした。

次の

Adobeって何ですか?また、必要なんですか?

アドビ リーダー

Windows 10にアップグレードしたら、PDFファイルが開かないという場合があります。 果たしてそのようなときの対応はどうすればよいのでしょうか?• PDFが開かない場合は? PDFリーダーの設定を変更する PDFは、やはりPDFの本家であるアドビのPDFリーダーで見るのが一番確実です。 ウィンドウズ7などではPDFが見れているのに、ウィンドウズ10にアップグレードしたらみれなくなった!.... という場合には設定を変更すると治るかもしれません。 リーダーを起動し、「編集>環境設定」を選びます。 「 セキュリティ(拡張)」のところで、「 起動時に保護モードを有効にする」をオフにします。 上記はアドビアクロバットリーダDCでの設定画面です。 アドビリーダーなどではこの項目がない場合もあります。 参考: PDFビューワーを更新する ビューワやPDFコンポーネントのバージョンが古い可能性が考えられます。 アドビのPDFビューワを最新のものにしておくとよいでしょう。 なお、再インストールなどがエラーでうまくいいかない場合には、完全にアンインストールするとよいでしょう。 アドビではクリーンアップツールを提供しています。 まずサイトへアクセス。 チェックボックスをチェックするとリンクが現れます。 「AcroCleaner for DC and later」 で「Download Adobe Reader DC and Acrobat DC Cleaner Tool for Windows version 4. 0」をダウンロード。 起動し、「Next」「Accept」で進みます。 Readerを選び、Readerのあるディレクトリを指定すると無事削除できました。 別アプリを指定する ウィンドウズ10にしたらPDFが起動する既定のアプリが勝手に変更されている場合があります。 PDFファイルをダブルクリックで起動しない、起動したときに立ち上がるアプリを変更したい場合にはアプリの指定を変更しましょう。 「設定>システム> 既定のアプリ」を選びます。 次に「 ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」を実行します。 左側に拡張子の一覧が出ます。 「 PDF」のところまで移動。 右側に既定のアプリがあるのでクリックします。 するとPDFに対応しているアプリの選択肢が出てきますので、任意のアプリを選びます。 PDFリーダーの種類については以下参照ください。 PDFをJPEGに変換する PDFがどうやっても見れない!という場合にはPDFをJPEG画像に変換することで見ることができるかもしれません。 オンライン上にはPDFをJPEG画像に変換してくれるサービスがあります。 そして大抵のウェブブラウザではJPEG表示は可能です。 また下に「ZIPでダウンロード」ボタンが出てきて一括ダウンロードも可能です。 日本語も大丈夫でした。 「Convert PDF to JPG」というボタンを押して変換します。 (最大25MBまで) 変換後はページごとに見たりダウンロードできます。 「You can download your pictures as a ZIP file. 」で一括ファイルとしてダウンロードできます。 ただし日本語ファイルだとうまく変換できないかもしれません。 プラグインを入れなおす インターネットエクスプローラーからPDFが見れない場合、プラグインが入っていない場合があります。 「Adobe Acrobat Reader DC」をインストールすると見れるようになると思います。 なお、エッジ等はすでにPDFビューワ機能があるためにアクロバットリーダーのインストール作業は不要です。 PDFが印刷できない場合は? 印刷できない、表示はできるがうまく印刷できないといった場合の対応です。 印刷可能か確認する PDFファイルはセキュリティ設定で「印刷不可」、あるいは「低解像度での印刷」のみ許可、にされている場合があります。 たとえばアクロバットリーダーでPDFを開き、「ファイル>プロパティ」をみると「セキュリティ」タブで以下のように設定がみれます。 以下は印刷が許可となっています。 「低解像度での印刷」のみ許諾されている場合には、いくらがんばって印刷しても写真がきれいにプリント出きないことになります。 保護モードをオフにする 保護モードのチェックを外したら印刷できたというケースが報告されています。 編集で環境設定を選びます。 参考: エッジ以外のアプリで開く エッジからPDFを開いている場合、ファイルによってはうまく印刷できないケースがあるようです。 アドビPDFリーダなどから開いて印刷してみましょう。 イメージとして印刷 オプションで「イメージとして印刷」があれば、チェックしてから印刷します。 ファイルを保存しなおす ブラウザでネット上のファイルをロードした場合、一部のデータがうまくよめなかったりします。 そこで、一度ファイルをダウンロードしてお手持ちのPC内に保存します。 それから、保存したファイルを開きなおして印刷を実行します。 pdf」などのリンクでファイルのアドレスが指定されています。 ブラウザから「名前を付けてファイル先を保存」を実行すると、「PDFビューワで開いて印刷を指定」せずにファイルをダウンロードできます。 ビューワを違うものにする PDFビューワによって対応機能が異なります。 他のPDFビューワを入れると、印刷ボタンがひょうじされるかもしれません。 ハイパーリンクが開かない? PDF文書では、ウェブページのようにサイトへのリンクを設定することができます。 これで参照ページへ移動できるので便利ですが、うまく飛ばない場合には以下チェックしてみましょう。 サイトアクセスを許可する 初期状態では許可だと思いますが、ブロックに設定されていたら解除しておきましょう。 アドビPDFリーダーDCの場合、「編集>環境設定」で「信頼性管理マネージャー」というのを選びます。 「Webサイトアクセスの管理」で「PDFファイルがすべてのWebサイトにアクセスするのをブロック」になっていたら「PDFファイルがすべてのWebサイトにアクセスするのを許可」のほうをチェックしましょう。 URLリンク化をオンにする リンク設定がなされてない場合があります。 URLを自動でリンク化してくれる設定をオンにしておくと直るかもしれません。 アドビPDFリーダーDCの場合、「編集>環境設定」で「一般」というのを選びます。 すると「基本ツール」で「URLからリンクを作成」があるのでチェックボックスをオンにします。 これでURLがあれば、自動的にリンクとして表示されるようになります。 参考: レジストリを変更する PDFビューワのアップグレードに伴って、リンクが動作しなくなった事例への対処が報告されています。 レジストリエディタを起動。 この変更で治ったそうですが、うちで確認したところDCビューワを入れた場合に上記のようなレジストリは作成されていないようです。 DCビューワの場合には当てはまらないかもしれません。 参考: 間違えてリンク先をブロックしてしまったら? PDF内の文書でハイパーリンクをクリックしたときに間違えてブロックしてしまいました。 すると次からはブロックされてしまい、移動できなくなります。 果たしてこの設定を変更するにはどうすればいいのでしょうか。 アドビPDFリーダーDCの場合、「編集>環境設定」で「信頼性管理マネージャー」というのを選びます。 すると「Webサイトアクセスの管理」があるので「設定の変更」をクリックします。 すると「Webサイト」のところにブロックしたサイトがあります。 サイトを選んで「削除」ボタンを押せば削除できます。 終わったら「OK」を押して完了しましょう。 [PDF関連記事]• [PDFソフト関連記事]• apicode.

次の