くるぶし 腫れ ぷよぷよ 痛く ない。 くるぶしの腫れがぷよぷよする時とは?

足首やくるぶしの痛みや腫れの原因と対処法!内側と外側の違い!

くるぶし 腫れ ぷよぷよ 痛く ない

捻挫 ほとんどの捻挫は、足首を本来の稼動域を超えて動かしてしまうことで、足首が内側に曲がり、 足首の外側の靭帯を損傷してしまう症状です。 出血やアザといった目に見える症状はないものの、 足首やくるぶしの外側が腫れて、熱を持ちます。 痛みが生じるのは、炎症や傷の刺激によって、発痛物質が作られるためです。 痛みがある時は、足首を固定して動かさずに安静にしましょう。 骨折、疲労骨折 骨折は、自覚症状がある骨折と、無自覚のうちに骨が傷付いている疲労骨折に分けられます。 疲労骨折は、骨の一定の場所に継続的な負担がかかることで、骨に細かなヒビが入ってしまいます。 どちらも、足首やくるぶしに痛みが生じますが、疲労骨折の場合、常に痛みが出るというわけではなく、スポーツや長時間の立ち仕事などで、 足を酷使した時にだけ痛みが生じることもあります。 この場合、素人目で判断するのは危険です。 病院でレントゲン検査を行なう必要があるでしょう。 疲労骨折についてはこちらの記事もご参考下さい。 親指の付け根の骨が内側に出てしまい、ちょうど左足はくの字のような形になります。 右足は>の形です。 足に負担をかけている事が原因であるため、 足の指だけに異常が生じるのではなく、足首やくるぶしにも腫れや痛みといった症状が現れる事があります。 腫れや痛みのもととなる、外反母趾の治療をしないと繰り返し痛みを感じる事になりかねません 外反母趾の対策としては、横幅が広くて、踵が低く、弾力性がある靴を履くことが、もっとも身近な対策手段となるでしょう。 スポンサードリンク 痛風 痛風は足首やくるぶしの筋肉に、直接、損傷が起きているわけではありません。 どちらかというと、体全体に生じている症状のひとつとして、足首やくるぶしに痛みや腫れがあらわれます。 痛風の発作は尿酸が体の中に溜まり、結晶化して筋肉の隙間に挟まることで痛みが起こります。 発作が起こると、 足首やくるぶしは真っ赤に腫れて、強烈な痛みが出るのが特徴です。 痛み止めと飲んだり患部を冷やすといった方法で、痛みを軽減することもできます。 しかし、根本的な解決ではないため、完全に痛みを除去できることはありません。 痛風を根本的に治療するためには、病院で診察を受けた上で、 食生活の改善に努めていく必要があります。 腱鞘炎 腱鞘炎が原因で痛みが起こる場合、足首の内側のくるぶしが痛くなりやすいです。 痛みが生じる原因は、オーバーユース(足の使いすぎ)による炎症となっています。 アイシングを行う・冷湿布を貼るといった処置を行い、運動を控えて安静に過ごしましょう。 マッサージも効果的ですが、下手に触ると、他の部分に痛みが拡大してしまうこともあるため、病院で診療を受けたほうが安心です。 偏平足 偏平足とは、足の裏に土踏まずがない足の形を指します。 なぜ、土踏まずがないと、足首やくるぶしが痛む原因になってしまうのかというと、地面を踏んだ時の衝撃が、足裏全体に伝わってしまうためです。 偏平足の場合、足首やくるぶしだけでなく、踵や足の指にも痛みがあらわれます。 痛む部位を冷やして、安静にすると同時に、靴底に中敷を敷くなどの対策をして、足裏のダメージを軽減しましょう。 また、偏平足は 運動不足の人がなりやすい足の形です。 日頃から適度な運動を心がけることで、偏平足を改善していくことができます。 後脛骨筋腱機能不全症 後脛骨筋腱機能不全症は、後脛骨筋腱という、ふくらはぎの後ろから土踏まずまで伸びている筋腱に、繰り返し負荷がかかることにより断裂が起こる症状です。 症状は、 くるぶしの内側の後方から下部への痛みや腫れ、患部が赤くなったり熱を持つ事があります。 また、進行すると足首が内側に曲がったり、外側に屈曲することもあります。 明確な原因は不明ですが、 歩く姿勢が悪い、靴が合っていない、O脚などが原因になっていると考えられています。 特に、中高年の女性が多く、肥満気味で高血圧の人に多く見られます。 進行すると重度の外反偏平足になり、 足底筋膜炎や 外反母趾を併発することもあります。 対処法として、痛みや腫れには非ステロイド性抗炎症薬を使用する薬物療法。 足の変形、機能障害には、サポーターやインソールなどを用いた固定療法があります。 ・骨折やねんざ ・ガングリオン ・腱鞘炎 ・外傷後の癒着 ・リウマチや痛風 ・甲状腺機能低下症 ・静脈瘤 などが挙げられます。 症状が軽度なら、安静にして、湿布や投薬、理学療法などが行われます。 しかし、重症化している場合は手術を行う事もあります。 〔まとめ〕 足首やくるぶしの痛みには、さまざまな原因があります。 炎症を起こしていることが多いため、その場でできる対策としては、冷やすことがもっとも効果的ですが、骨折や痛風が足首・くるぶしの痛みの原因だと、その根本的な解決にはなりません。 冷やしても痛みや腫れが頻繁に再発する時は、 整骨院や 整形外科を受診して、しっかりと原因を特定してから、治療にあたっていくことが重要です。 関連記事としてこちらもご参考下さい。

次の

足首やくるぶしの痛みや腫れの原因と対処法!内側と外側の違い!

くるぶし 腫れ ぷよぷよ 痛く ない

くるぶしが腫れる 足首が急に腫れたことありますか? 特にねん挫などをした覚えがないのに、急にピンポン玉の大きさぐらいに腫れた経験がある人も多いのではないでしょうか? 実は、骨折やねん挫をしていなくても痛みを伴わず急に腫れたりする原因があります。 その犯人は滑液包の炎症と呼ばれる疾患です。 滑液包はその名と通り骨と皮膚がこすれず滑らかに動くようにクッションの働きをしています。 この滑液包が炎症を起こし漏れ出していると腫れの原因になります。 最初は痛くなくても放っておくと痛みが出る場合があるので注意です。 今回は足首やくるぶしの腫れの原因を大きく4つに分けてご紹介します。 怪我など 足首をひねった、ぶつけた、挟んだなど傷的な衝撃が加わると骨や筋肉が損傷し炎症につながります。 骨折や骨にヒビが入ったときなどは、痛いですしその部分は大きく腫れ上がります。 また、外反母趾がひどい場合放っておくと、足首に負担をかけてしまい炎症をおこし伴う場合があります。 病気が原因 内臓の病気の症状で足首やくるぶしが腫れる(腫れると言うよりむくむ)事もあります。 特に腎臓に何らかの疾患があると、体内の余分な水分を排出することができずに水が溜まってしまうことがあります。 これにより慢性的なむくみが発生し、足首やくるぶしが腫れることがあります。 むくみの場合痛みをともなわないことも多いです。 関連記事: ライフスタイル、薬剤 肥満や長時間立っていることが多い、長時間同じ姿勢でいる(車や飛行機)、エストロゲンやテストステロンを服用している。 血圧薬やステロイド、非ステロイド性抗炎症薬を服用している場合など腫れにつながる場合があります。 後遺症 以前に足首付近に大けがをしたことがある場合や、ヘルニアの術後後遺症などで足首やくるぶしが腫れる場合があります。 関連記事: スポンサーリンク 足首が腫れた時の検査 足首やくるぶしが急に腫れた場合は、一番良いのが医療機関に相談し検査してもらう方法です。 病院に行けば基本的には医師が診察をしてくれますので、特に心配することは無いのですが、以下に検査の内容を書いていきます。 レントゲン エックス線で骨の異常などを確認できます。 骨折や、ヒビが入っていないかをまずは確認する必要があります。 レントゲンは大人であればだれでも、一度は受けたことがあるかと思います。 視診 傷などを伴っている場合は傷口を見てもらいますし、腫れの症状が出る前の行動などをしっかりと説明することで診察がしやすくなります。 CT・MRI検査 基本的にはレントゲンの検査で十分な場合が多いかと思いますが、それ以外にも気になる症状がある場合は、CTやMRIで精密検査をする事もあります。 関連記事: スポンサーリンク 足首が腫れている時の過ごし方 残念ながら足首が腫れてしまい、時には痛みが伴っているかもしれません。 そのような時は以下のに注視ながら過ごすようにして下さい。 無理はしない とにかく、足首に負担をかけることは極力避けましょう。 できれば自宅で安静にしている方が良いですが、仕事を休めない場合などは職場の同僚の手を借りるなどの工夫も必要です。 また、女性であればヒールなどかかとの高い靴を履くことはしばらく控えた方が良いです。 薬・湿布 お医者さんで出された薬は飲み忘れないようにしっかり服用しましょう。 また、症状が少し良くなったからといって自己判断で服用を中止することはやめましょう。 処方された薬は最後まで飲みきる必要があります。 痛みを伴う場合は湿布を患部に貼るのも良いです。 関連記事: ストレッチ 基本的には医師や理学療法士から、指示があるまではストレッチや軽めの運動は避けた方が良いですが、指示がある場合は、出来るだけ時間を作り足首をほぐすようにしましょう。 これら以外にも、クーリングや足を上げて横になる、テーピングで固定など足に負担がかからないように気を付けましょう。 関連記事: まとめ 以上、足首・くるぶしの腫れの原因と対処法についてご説明しましたがいかがでしたでしょうか? 足が痛いと歩くのもつらく、職場や学校に行くのもつらいです。 また、痛みが無い場合でも自分で確認できる程の腫れがある場合は、何かしらの炎症が起こっている可能性が高いので、早めに病院に行くようにしましょう。 関連記事:.

次の

くるぶしが腫れてぷよぷよしている…!?原因と対策とは?

くるぶし 腫れ ぷよぷよ 痛く ない

スポンサーリンク ここでは、「くるぶしの腫れがぷよぷよする時」についてお話します。 足首に違和感を感じて、 見てみるとくるぶしが腫れている…。 触ってみるとぷよぷよしていて、 まるで水が溜まったみたい…。 そんな経験はありませんか? 初めてこのような症状が出た時は、 自分の足に何が起きているのかと 不安になりますよね。 そこで今回は、くるぶしのぷよぷよした 腫れについて紹介します。 ぷよぷよ腫れている原因 くるぶしは、関節の骨が出っ張った部分です。 そこには、骨と皮膚の間に 「滑液包」 という薄くて平たい袋があるのです。 普段はこの滑液包の中には、 少量の滑液が入っており、 骨と皮膚がこすれず滑らかに動くように、 クッションの働きをしています。 しかし、この滑液包が 炎症を起こしてしまうと、 ぷよぷよと腫れてしまうのです。 水ぶくれのように膨らんでいるのは、 炎症によって滑液包が過剰に 溢れ出しているためなのです。 大抵は、圧迫や摩擦によって 滑液包が刺激されて腫れることが大半です。 しかし、中にはリウマチや 細菌感染によるものもあるので、 侮ることはできません。 そしてこれは、肩や肘などの 出っ張った部分であれば、 何処にでもできる可能性のあるものです。 治療法1. 痛みが気にならない場合 痛みがそこまで気にならない場合には、 まず患部を冷やしましょう。 そして、家で安静にすることが大切です。 スポンサーリンク 炎症が小さく、初期の状態であれば 自然に治ってしまうことが多いからです。 治療法2.ぷよぷよが大きく痛みがひどい場合 痛みがひどい場合には、 万が一のことを考えて 「整形外科」を受診しましょう。 鎮痛剤を服用し、患部を固定するのが、 一般的な治療法となります。 しかし、感染症の疑いがある場合や、 ぷよぷよが大きすぎて関節に 負担をかけてしまっている場合は、 余分な滑液包を針で抜く処置が行われます。 をして、抜いた滑液の中身を 検査することもあります。 滑液を抜く時は、個人差はありますが 多少の痛みが伴うので、 覚えておきましょう。 治療法3.手術 繰り返しくるぶしが腫れてしまう場合には、 滑液包そのものを取り除いてしまう 治療法があります。 この治療は、手術で行います。 しかし、難しい手術の上に リハビリも必要となるので、 勧める外科は少ないのが現状です。 このように、くるぶしのぷよぷよした 腫れは、滑液包の炎症が原因なのです。 自然に治ることもありますが、 ひどくなってしまうと後々治療が大変となります。 腫れが小さく痛みが少ないうちに、 きちんと冷やして安静に するようにしましょうね。 そして、痛むようであれば 早めに病院を受診することをおススメします。 ・・・というわけで、 あなたもこのカテゴリーの記事を読んで くるぶしの「腫れ」関係に ついてのお悩みを解消して下さいね! スポンサーリンク くるぶしの腫れがぷよぷよする時とは?記事一覧.

次の