ポケモン 剣 盾 育成 論。 【ソードシールド】ゴリランダーの育成論!高火力高耐久の器用なアタッカー!【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】トゲデマルの育成論!調整と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

ポケモン 剣 盾 育成 論

エースバーンの基本情報 タイプ・特性 タイプ ほのお 特性 もうか HPが3分の1以下で ほのおタイプの技が1. とびひざげりを採用することでカビゴンやバンギラスなど、ほのお技だけでは倒しづらかったポケモンも突破しやすくなります。 性格は攻撃を上げるいじっぱりでも問題ありませんが、先制で攻撃しやすくなるようきが無難です。 おすすめ技構成 フレアドライブ 高火力のほのお技で命中が100なので外す心配がありません。 とびひざげり ノーマルやあくなど、ほのお技で対応し辛い敵に対して刺さりやすいです。 ふいうちを使う場合は相手の型からある程度技を読む必要があるので注意しましょう。 しねんのずつき アイアンヘッド タイプ補完として必要な場合は採用するのもいいでしょう。 基本的には素早さを活かして上から殴る型なので持ち物はいのちのたまで火力をアップさせるのがおすすめです。 しかし、耐久力が心もとないので、万が一素早さで負けても1度だけ耐えられるきあいのタスキ を持たせるかこらえるを覚えさせるのも一つの手です。 特性のもうかを活かしたい場合はHPが4分の1以下で火力が上がるチイラのみを持たせましょう。 命中が90ですが反動を受けません。 フレアドライブは命中が100ですが体力が削られてしまうので、 きあいのタスキを持たせる場合はかえんボールの方が安定でしょう。 とびひざげり 確定技 ほのおタイプの弱点であるいわタイプに刺さる格闘技です。 いかりのまえば 当たれば確実に体力を半分にすることができるので耐久の高いポケモンや相性の悪いポケモンに対してごり押しすることができます。 とんぼがえり ダメージを与えつつ他のポケモンに変更することができます。 ランクバトルでも技の採用率は高め。 エースバーンの対策・弱点 麻痺が有効 エースバーンは物理アタッカーとしての採用が多いため、行動を制限できる麻痺が非常に機能します。 ただし、エースバーンはほのおタイプのため、鬼火などによるやけどは効かないということは留意しておきましょう。 攻撃ダウンを活用しよう エースバーンは攻撃に特化しているため、攻撃をダウンさせる変化技が効果的です。 いかくであれば場に出しただけで攻撃を下げることができるので、相手の編成からエースバーンの順番を読んだ場合はうまく活用していきましょう。 対策におすすめのポケモン ポケモン 概要 ギャラドス ・いかくによりAを下げられる ・たきのぼりで確1を取れる 水ロトム ・ハイドロポンプで確1を取れる ・一方的に有利を取れる ドヒドイデ ・水属性かつ防御が高いため技を受けやすい ・水技で弱点を突ける ヌオー ・耐久しつつダメージを与えられる ・エースバーンはヌオーへの有効打が少ない エースバーンの与ダメージ計算 フレアドライブ エースバーンの攻撃の個体値が31、努力値が252、もうか発動時のフレアドライブで相手ポケモンを何発で落とせるかを掲載しています。 とびひざげり エースバーンの努力値が252、持ち物がいのちのたま、特性がリベロでとびひざげりを使った場合、相手のポケモンを何発で落とせるかを掲載しています。

次の

ドサイドンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン 剣 盾 育成 論

トゲデマルの育成論 トゲデマルの育成論はこのようになります。 性格:ようき• 特性:ひらいしん or がんじょう• 持ち物:きあいのタスキ or とつげきチョッキ or ラムのみ• 努力値:H4 A252 S252• トゲデマルは基本的に攻撃を活かす形になるので、陽気が良いでしょう。 特性は避雷針と頑丈の好きな方を選ぼう! トゲデマル通常特性で『てつのとげ』と『ひらいしん』、夢特性で『がんじょう』と、どれも優秀な特性なので悩みどころです。 この中でも特に強いのが避雷針と頑丈であり、自分の構築と相談しながら選ぶといいと思います。 避雷針で襷をもたせれば、特性の両立のような形になるので、こちらもおすすめです。 持ち物は行動保証をつけられるものが望ましい トゲデマルは耐久の低いポケモンであるため、避雷針の特性を選んだのであれば、きあいのタスキを選ぶのが良いです。 襷を持たせることで、努力値を火力面に思いっきり振ることができるようになるのも大きいです。 一方、耐久に振るのであれば、とつげきチョッキも相性が良いです。 猫騙しやほっぺすりすりといった、攻撃技でありながらサポートができる技をそなえており、補助技が採用できないというデメリットをあまり気にせず持つことができます。 鬼火も誘いやすいのでラムのみもおすすめです! 努力値は基本的にAS特化で! トリプルならまだしも、ダブルやシングルではサポート役にもある程度の火力が求められます。 トゲデマルは素早さにも長けているため、火力を上げることで上から倒していく動きができるようになるので、基本的には火力を上げるAS振りが望ましいです。 おすすめの技 トゲデマルのおすすめの技を紹介します。 ねこだまし シングルでは不要ですが、ダブルならよほどのことがない限り採用しましょう! ダイマックスには無効化されるものの、エルフーンやドータクンなど、サポーターであることがわかり切っているポケモンには撃っていけます。 ほっぺすりすり ほっぺすりすりを覚えることがトゲデマルを採用する理由と言っても過言ではないのでしょうか? 命中100で襷を削りながら麻痺を付与できるのがとても優秀で、とつげきチョッキと相性が良いのも嬉しいところです。 ポケモン剣盾では、素早さ操作がそのターンに反映されるため、この技で素早さを落として隣のポケモンに仕留めてもらう動きが非常に強力です。 アイアンヘッド トゲデマルの鋼技としてアイアンヘッドもほぼ確定でしょう。 フェアリータイプへの打点として、非常に有効です。 びりびりちくちく ほっぺすりすりを電気技のメインとするには威力が低すぎるので、攻撃技としての電気技もほしい方はびりびりちくちくも合わせて採用しましょう。 ワイルドボルトと違って反動がなく、3割で怯みをとれるのも強いです。 とんぼがえり ねこだまし持ちは交代戦でこそ真価を発揮するので、攻撃しながら引っ込むことができるとんぼがえりもほしいところです。 とんぼがえりで降臨させたポケモンに、隣のポケモンのダイジェットで素早さアップを付与していくなど、おもしろい動きもできるようになるのでおすすめです。 味方の弱点保険を押しながら交代するのもおもしろいですね。 ニードルガード トゲデマル式の守るです。 てだすけ アンコールの圧力から守るを選択されにくいので、てだすけも使いやすくておすすめです。 アンコール わざわざ覚えさせなくても、覚えている前提で相手側は動かなくてはいけないため、持っている可能性があるという択があるだけで十分だと思います。 (技スペが足りない) トゲデマルの対策 トゲデマルは様々なサポートが可能なため、全く仕事させないといったことは難しいです。 そんな中でも有効な対策を紹介します。 地面タイプのポケモンを採用する トゲデマルは電気タイプのほっぺすりすりで素早さを落としていくのがメインの仕事になるので、電気技の効かない地面タイプのポケモンを採用するのが有効です。 トゲデマルが地面4倍弱点なのもあり、地面タイプのポケモンがいればかなり楽になるはずです。 高耐久のポケモンを採用する トゲデマルを採用すると火力があまり期待できないため、攻撃面は隣のポケモンに依存していく形になっていきます。 トゲデマルのコンボ自体を無力化するのは難しくても、攻撃を受けきることは耐久の高いポケモンであれば難しくないでしょう。 トゲデマル自身も耐久が低いポケモンなので、火力のないポケモンでも反撃で十分削っていけるはずです。 まとめ トゲデマルは避雷針の特性で味方を守りつつ、猫騙しやほっぺすりすりで盤面を操作するサポーターとして活躍できます。 避雷針の特性を選んだケースでは、AS振りで襷を持たせて、行動保証と火力を両立させるのがおすすめです。 サポーターとしては優秀ですが、地面タイプのポケモンや高耐久のポケモンを突破するのが苦手なので、トゲデマルを採用する際には、そこをどうカバーするかがポイントになりそうです。

次の

【ポケモン剣盾】水ロトムの型・調整・育成論まとめ

ポケモン 剣 盾 育成 論

地面タイプの技のダメージ・効果を受けない。 また、 ポケモンというゲームは草タイプがかなり弱いタイプとして作られているため環境に草技が飛び交うということは滅多になく、このポケモンが弱点を突かれて即死することはかなり少ないです。 どんな役割もこなせる豊富な技と高い種族値 水ロトムの種族値は使用しないステータスである攻撃以外どれも高水準で、 尖った性能こそ持ちませんが技構成、努力値振り次第ではどんな役割を与えることも可能です。 前作までは「でんじは」「おにび」「トリック」と補助技は防御的なものしかなかったのですが、今作から「わるだくみ」を習得できるようになり、拘りアイテムを持たないアタッカーという選択肢が増えたのも強力です。 短所 器用貧乏 全ての種族値が高水準であると長所の欄で紹介しましたが、逆に言えば 尖ったステータスを持たないということになります。 これにより、 水ロトム1体で相手を倒しきる・詰ませきるといったことは不可能で、技を1、2回使う以上の働きを期待できません。 環境上位に有利な相手がいない 現在の 使用率上位のポケモンの中で有利相性である相手がほぼ存在しません。 大きく不利を取る相手もいませんが、やはり水ロトム単体で試合を動かすというのは難しいです。 ・「おにび」と「ボルトチェンジ」で試合をコントロール ・隙があれば「わるだくみ」を積み「ダイストリーム」で全抜きを狙う 努力値調整 HP:振り切り B:余り S:準速ギルガルド抜き 役割 物理受け、起点作り 解説 少ない弱点と高い種族値による確実に1回以上行動できる性能を活かし、 「おにび」や「ボルトチェンジ」を使って有利状況を作ります。 主な役割が起点作りとサイクルの構築なので序盤~中盤に投げられることが多いですが、 「わるだくみ」を使うことで終盤の全抜きに役割をシフトすることも可能です。 主なパーティ 使用者:シンヤ 使用者:サックー() スカーフ型 特性 ふゆう 性格 おくびょう 持ち物 こだわりスカーフ 努力値 HP:4 攻撃:0 防御:0 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 126-63-127-157-127-151 技 ハイドロポンプ ボルトチェンジ あくのはどう トリック 入れ替え候補技 10まんボルト おにび ・「こだわりスカーフ」+「トリック」で崩しや起点作り ・上から「ボルトチェンジ」で有利対面を形成 努力値調整 HP:端数 C:振り切り S:最速 役割 初手、起点作り、崩し 解説 初手に出して「ボルトチェンジ」や「トリック」で試合を動かしていきます。 特に「トリック」は水ロトムに後出しされやすいナットレイなどの受けポケモンに刺さったり、ドラパルトに当てれば後続のノーマルまたはフェアリータイプで起点にすることができるようになる強力な選択肢です。 ただし、連打して強い命中安定技を持たないため、 他の「こだわりスカーフ」持ちポケモンのような終盤のスイーパーといった役割を持つことは難しいです。 参考パーティ 使用者:塩麴() 使用者:ゆ() 水ロトムと相性が良いポケモン 強力な積み技が使えるポケモン• 「トリック」「おにび」「ボルトチェンジ」など強力な場作りをする技が豊富なポケモンなので、 その状況を上手く利用できるポケモンと組ませる必要があります。 また、ドラパルト対面で「トリック」を使用すると、ゴースト技を撃たれたならばカビゴンで、ドラゴン技を撃たれた場合はトゲキッスで起点にすることができるため、この3体はよく同時に採用されます。 水ロトムの対策 高種族値• 水ロトムの弱点を突くことは難しいため、数値の高さで勝負します。 低数値のポケモンを水ロトムと対峙させてしまうとダメージレースに負けてしまうせいで多くの行動回数を与え、その豊富なサポート技で良いように起点作りをされてしまいます。 型破りドリュウズ 草タイプの技をタイプ一致で使うポケモンがほとんどいない現環境において、水ロトムの弱点を突ける数少ないポケモンです。 ただし、物理受けの水ロトムにはたとえ攻撃に特化していても「じしん」を耐えられてしまうため、純粋に殴り合った場合は相打ち程度になってしまいます。

次の