クレゾール 消毒。 クレゾール石鹸液の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

クレゾール石ケン液

クレゾール 消毒

そのまま適量を患部に塗布してください。 1 定められた用法・用量を厳守すること。 2 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。 3 目に入らないように注意すること。 万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。 なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けること。 4 外用にのみ使用すること。 5 本剤は水道水で希釈すると次第に混濁して沈殿することがあるが、このような場合には、上澄み液を使用すること。 してはいけないこと 守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります• 原液では使用せず、必ず薄めて使用すること。 次の部位には使用しないこと。 目、目のまわり、口、唇等には使用しないこと。 万一目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗い流し、直ちに眼科医の診療を受けること。 相談すること• 次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください• 1 医師の治療を受けている人。 2 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 3 患部が広範囲の人。 4 深い傷やひどいやけどの人。 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください 関係部位 症 状 皮 ふ 発疹・発赤、かゆみ• 5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください クレゾール石ケン液に関連するその他の製品.

次の

クレゾール石ケン液

クレゾール 消毒

新型コロナウイルスの脅威が日本列島、そして世界をを震撼させています。 はたしてどこまで広がるのか?いつ終息するのか?今のところ誰も明確な答えを出せません。 そして連日メディアは新型コロナウイルスでまた1人死者が出たと報道し人々に不安をあおります。 季節性のインフルエンザが引き金で肺炎を起し亡くなられる方はなんの報道もされないのに、新型コロナに関しては毎日新聞の1面に取り上げられます。 人間にとって未知なる物への脅威がいかに恐ろしい物であるかを再認識させられます。 では、今私たちに出来ることは一体何なのでしょうか? 新しい脅威に対して、新しい対処方法が見つからない今、私たちに出来ることは 今までインフルエンザなどに対してやってきた基本的な対策をきちんとすること以外にはないのではないでしょうか? マスクの着用、 手洗いうがい、 人混みを避ける、 食事をしっかりとる、 睡眠をしっかりとる、 栄養をしかりとる、 適度な運動をする、 空気の入れ換えをする、など どれも今までやってきたことです。 それを今まで以上に意識してやる、それが一番大切ではないでしょうか? 今回はその中で 消毒に関して取り上げたいと思います。 コロナウイルスに効果的な消毒剤 今猛威を振るっている新型コロナウイルスは エンベロープを有するウイルスです。 エンベロープを有するウイルスには 次亜塩素酸ナトリウム系消毒剤、 ヨード系消毒剤、 アルコール系消毒剤が有効と言われています。 また市販の手洗い用石けんに含まれている フェノール、クレゾール石けんなどは有効性は劣りますが、効果が全くないわけではありません。 次亜塩素酸ナトリウム系消毒剤 市販では キッチンハイターなどに含まれている成分です。 細菌やウイルスの除菌には大変有効で、特によく使われるのがノロウイルスの除菌に使用されます。 もちろんそのまま使用すると高濃度過ぎて逆に人体に悪い影響を与えますので、 希釈して使います。 使用される濃度は状況によって変わりますが、ドアノブの除菌などに使う場合は 500倍に薄めて使用することが多いです。 また 人体に直接使用すると肌荒れなどを起こし危険ですので、絶対にやめて下さ い。 詳しくは次亜塩素酸の消毒方法を参照して下さい。 ヨード系消毒剤 もっと有名なのが イソジンでしょうか? 特にイソジンガーグルは古くからうがい薬として大変使われてきましたね。 今回の新型コロナウイルスに関してもイソジンガーグルでのうがいは効果的かと思います。 ただヨード系の消毒も効果が強く、粘膜を荒らす副作用が生じることがあるので決められた希釈を守って使いすぎに注意しないといけません。 また甲状腺疾患をお持ちのかたは使用を控えて下さい。 今回の新型コロナウイルスでも売り切れが続出していて、手ぴかジェルなど購入出来ない状況になっています。 適正濃度で売られている市販薬を購入出来ない場合は無水エタノールを購入して精製水で希釈する方法もあります。 無水エタノール:精製水=8:2(4:1) の割合で希釈すると手の消毒剤として使用出来る濃度になります。 100mlの消毒用エタノールを作ろうと思えば、80mlの無水エタノールと20mlの精製水を混ぜれば良いわけです。 ただ希釈したからと言って皮膚の弱い方は手荒れの原因になったりもします。 また口や喉などの粘膜には使用しないで下さい。 アルコールアレルギーの方は使用しないで下さい。 フェノール、クレゾール石けん液 キレイキレイハンドソープなど家庭の手洗いでよく使われる消毒剤です。 アルコール系の消毒剤ほどエンベロープに対する効果は弱いですが、一定の効果はありあます。 そして、30秒以上しっかりと手と手をこすり合わせ、親指や指の間、手首も忘れずに洗います。 最後はたっぷりの水でしっかりとウイルスを洗い流して下さい。 今回は消毒剤の種類について書かせてもらいました。 どんなウイルス、細菌に対しても手洗い、うがいは私たちがやれる有効な対策ではないでしょうか。

次の

クレゾール石ケン液

クレゾール 消毒

新型コロナウイルスの脅威が日本列島、そして世界をを震撼させています。 はたしてどこまで広がるのか?いつ終息するのか?今のところ誰も明確な答えを出せません。 そして連日メディアは新型コロナウイルスでまた1人死者が出たと報道し人々に不安をあおります。 季節性のインフルエンザが引き金で肺炎を起し亡くなられる方はなんの報道もされないのに、新型コロナに関しては毎日新聞の1面に取り上げられます。 人間にとって未知なる物への脅威がいかに恐ろしい物であるかを再認識させられます。 では、今私たちに出来ることは一体何なのでしょうか? 新しい脅威に対して、新しい対処方法が見つからない今、私たちに出来ることは 今までインフルエンザなどに対してやってきた基本的な対策をきちんとすること以外にはないのではないでしょうか? マスクの着用、 手洗いうがい、 人混みを避ける、 食事をしっかりとる、 睡眠をしっかりとる、 栄養をしかりとる、 適度な運動をする、 空気の入れ換えをする、など どれも今までやってきたことです。 それを今まで以上に意識してやる、それが一番大切ではないでしょうか? 今回はその中で 消毒に関して取り上げたいと思います。 コロナウイルスに効果的な消毒剤 今猛威を振るっている新型コロナウイルスは エンベロープを有するウイルスです。 エンベロープを有するウイルスには 次亜塩素酸ナトリウム系消毒剤、 ヨード系消毒剤、 アルコール系消毒剤が有効と言われています。 また市販の手洗い用石けんに含まれている フェノール、クレゾール石けんなどは有効性は劣りますが、効果が全くないわけではありません。 次亜塩素酸ナトリウム系消毒剤 市販では キッチンハイターなどに含まれている成分です。 細菌やウイルスの除菌には大変有効で、特によく使われるのがノロウイルスの除菌に使用されます。 もちろんそのまま使用すると高濃度過ぎて逆に人体に悪い影響を与えますので、 希釈して使います。 使用される濃度は状況によって変わりますが、ドアノブの除菌などに使う場合は 500倍に薄めて使用することが多いです。 また 人体に直接使用すると肌荒れなどを起こし危険ですので、絶対にやめて下さ い。 詳しくは次亜塩素酸の消毒方法を参照して下さい。 ヨード系消毒剤 もっと有名なのが イソジンでしょうか? 特にイソジンガーグルは古くからうがい薬として大変使われてきましたね。 今回の新型コロナウイルスに関してもイソジンガーグルでのうがいは効果的かと思います。 ただヨード系の消毒も効果が強く、粘膜を荒らす副作用が生じることがあるので決められた希釈を守って使いすぎに注意しないといけません。 また甲状腺疾患をお持ちのかたは使用を控えて下さい。 今回の新型コロナウイルスでも売り切れが続出していて、手ぴかジェルなど購入出来ない状況になっています。 適正濃度で売られている市販薬を購入出来ない場合は無水エタノールを購入して精製水で希釈する方法もあります。 無水エタノール:精製水=8:2(4:1) の割合で希釈すると手の消毒剤として使用出来る濃度になります。 100mlの消毒用エタノールを作ろうと思えば、80mlの無水エタノールと20mlの精製水を混ぜれば良いわけです。 ただ希釈したからと言って皮膚の弱い方は手荒れの原因になったりもします。 また口や喉などの粘膜には使用しないで下さい。 アルコールアレルギーの方は使用しないで下さい。 フェノール、クレゾール石けん液 キレイキレイハンドソープなど家庭の手洗いでよく使われる消毒剤です。 アルコール系の消毒剤ほどエンベロープに対する効果は弱いですが、一定の効果はありあます。 そして、30秒以上しっかりと手と手をこすり合わせ、親指や指の間、手首も忘れずに洗います。 最後はたっぷりの水でしっかりとウイルスを洗い流して下さい。 今回は消毒剤の種類について書かせてもらいました。 どんなウイルス、細菌に対しても手洗い、うがいは私たちがやれる有効な対策ではないでしょうか。

次の