ミニモンスター。 ソフトバンクのライト層向け新定額「ミニモンスター」を徹底紹介

ミニモンスターのショールーム|中古車なら【グーネット中古車】

ミニモンスター

softbank. 2020年3月12日からは「ミニフィットプラン」がスタートします。 ソフトバンクでは2019年9月13日より契約期間と契約解除料を廃止した新料金プランをスタートさせました。 従来までなら「2年契約」に加入していない場合は月額料金が割高になっていましたが、これを廃止しました。 また2年契約を結んでいる場合に契約更新期間以外に解約・他社へ乗り換えた場合に9,500円の契約解除料金がかかりましたが、これも廃止しました。 これにより、ソフトバンクから他社へ乗り換えやすくなりました。 新規契約または機種変更をする事 USIM単体契約を含む• 対象料金サービスが適用中である事、または申し込みする事 キャンセル時は割引適用外• 今まで「1年おトク割」が適用されていない事 おうち割 光セットとは? 自宅のインターネットをソフトバンクのスマホ・ケータイとセットにすると、永年毎月1,000円が割り引かれるサービスです。 外部リンク 対象固定通信サービス 割引期間 SoftBank 光 SoftBank Air Yahoo! BB ADSL SoftBank ブロードバンド ADSL(エンジョイBB) ケーブルライン ひかりdeトークS(ケーブルライン) NURO 光 でんわ(ケーブルライン) Yahoo! BB 光シティ 永年 ホワイトBB Yahoo! BB バリュープラン 2年間 スポンサーリンク ミニモンスターの料金体系 ミニモンスターの料金体系ですが、基本プラン 音声 とデータプランミニ 1GB~50GB を組み合わせていきます。 ただし、「1年おトク割」の割引は1年間だけなので、2年目からは月額料金が1,000円アップの2,980円になるので注意が必要です。 ミニモンスターで2GB以上消費する場合は新プラン「メリハリプラン」がおトク ミニモンスターでデータ容量を2GB以上消費する場合は基本使用料金が7,480円以上かかります。 これは新プラン「メリハリプラン」 7,480円 と同じになっています。 「メリハリプラン」ではデータ容量50GBまでで対象の動画・SNSが使い放題です、ミニモンスターで2GB以上消費する場合は「メリハリプラン」の方が断然お得になります。 マジか! 通話をよく利用する場合、通話オプションをプラスする必要があります。 icon-check-square-o 「準定額オプション」をプラスしたデータ容量別月額利用料金 データ使用量 ~1GB ~2GB ~5GB ~50GB 準定額オプション +500円 合計 1年目 2,480円 4,480円 5,980円 6,980円 合計 2年目 3,480円 5,480円 6,980円 7,980円 icon-check-square-o 「定額オプション」をプラスしたデータ容量別月額利用料金 データ使用量 ~1GB ~2GB ~5GB ~50GB 定額オプション +1,500円 合計 1年目 3,480円 5,480円 6,980円 7,980円 合計 2年目 4,480円 6,480円 7,980円 8,980円 まとめ ソフトバンクの新料金プランのミニモンスターは、データ容量が1GB未満から50GBまでと幅広く利用できるお勧めプランです。 ミニモンスターを最安値の1,980円で利用するには、「1年おトク割」「おうち割 光セット」の2つの割引サービスに加入しなければなりません。

次の

「ミニモンスター」を安易に選ぶと割高に、ソフトバンク料金の落とし穴

ミニモンスター

もくじ• ミニモンスターとは ミニモンスターとは、データ通信を使った分だけ請求される、段階別の料金プランです。 国が携帯料金を引き下げるように圧力をかける中で、その意向に沿った料金プランともいうことができます。 月額料金1,980円~という定額でスマートフォンを利用することができる。 というのが、ミニモンスターのアピールポイントです。 ミニモンスターの料金 ミニモンスターの料金設定は、以下のようになっています。 ~1GB・・・1,980円 ~2GB・・・3,980円 ~5GB・・・5,480円 ~50GB・・・6,480円 毎月のデータ通信量が1GB未満の月だと1,980円で済むし、50GB使ったとしても6,480円という安心できる料金設定となっています。 この料金は、ミニモンスターの料金に、通話基本プラン1,500円を加えた金額から、ミニモンスター契約後1年間毎月1,000円割引される、「1年おトク割」と、固定回線とのセット割引である「おうち割光セット」を適用したあとの金額です。 通話基本プランや、これらの割引を適用する前の、ミニモンスターの本来の料金は、以下のようになっています。 ~1GB・・・2,480円 ~2GB・・・4,480円 ~5GB・・・5,980円 ~50GB・・・6,980円 他の料金プランと比較 ソフトバンクには、同時に発表されたウルトラギガモンスター+(プラス)や、データ定額プランという料金プランも設定されています。 それらの料金プランと比べて安いのか高いのか、比較してみましょう。 ・ウルトラギガモンスター+(プラス)と比較 ウルトラギガモンスター+(プラス)は、毎月50GBまでのデータ通信に加え、YouTube、AbemaTV、TVer、GYAO、hulu、LINE、Instagram、Facebookの動画、SNSのデータ通信量はカウントされない料金プランです。 月額料金は、5,980円です。 ミニモンスターでは、2GB以上使うと月額料金は5,980円になりますから、2GB以上使うかtはミニモンスターの方がお得。 ということになります。 さらに、ウルトラギガモンスター+(プラス)には、みんな家族割という、家族一人あたり毎月500円割引が増えていくサービスがありますが、ミニモンスターにはないので、複数人で使う場合には更に差が広がります。 ウルトラギガモンスター+(プラス)について詳しくは、こちらの記事をごらんください。 ・データ定額プランと比較 従来の、1GB~30GBのデータ定額プランと料金を比較してみましょう。 データ定額ミニ1GB・・・2,900円 データ定額ミニ2GB・・・3,500円 データ定額5GB・・・5,000円 データ定額20GB・・・6,000円 データ定額30GB・・・8,000円 最も契約者が多いであろう、データ定額5GBプランよりも、ミニモンスターで2~5GB利用したときの料金は高くなってしまっています。 しかも、 今後データ定額プランの新規受付は終了してしまうので、今後契約する人は、ミニモンスターか、ウルトラギガモンスター+(プラス)のどちらかに契約をするしかありません。 データ定額プランが新規受付を終了することを、ソフトバンクのサポートに確認しました。 今後は、1GB未満しか使わない人はミニモンスター、2GB以上使う人はウルトラギガモンスター+(プラス)と、ちょっと極端な2つの料金プランから選択することになりそうです。 今データ定額プランを契約している人は、引き続き使えるわよ。 月月割が適用されない これまで、携帯電話を新しく購入した時は、毎月の料金から一定の金額を割引してくれる、「月月割」というものがついてきました。 しかし、ミニモンスターには、月月割が適用されません。 同時に発表されたウルトラギガモンスタープラスも同じです。 ミニモンスターの場合は、料金の項目で紹介したように、主に1GB未満のデータ通信しかしない人がターゲットです。 従来の料金プランにあった、「データ定額ミニ1GB」も、月月割は適用されなかったので、月月割が適用されない!というのは、ミニモンスターよりも、ウルトラギガモンスタープラスの方が影響は大きいですね。 ミニモンスターの、メリット、デメリット ミニモンスターのメリット、デメリットをおさらいしましょう。 メリット ・1GB未満の場合は安い ミニモンスターは、月のデータ通信量が1GB未満だった月は、月額2,480円と、これまでのデータ定額ミニ1GBよりも安く使うことができます。 ・50GB使っても6,980円 データ定額ミニ1GBで1GBを使い切ってしまった場合、1GB1,000円で追加のデータ通信量を購入しないといけませんでしたが、ミニモンスターなら、段階的な料金設定で、50GB使っても6,980円で済むので、安心です。 デメリット、落とし穴 ・表記の料金は割引適用後 ミニモンスターの紹介ページでは、1年目1,980円~ということを大きくアピールしています。 しかし、1,980円~使えるのは、おうち割光セットを適用し、しかも1年間だけです。 ・データ定額プランが終了する これまでメインの料金プランであった、データ定額5GBなどの料金プランの新規受付が終了します。 毎月3~5GB程度のデータ通信をする人がMVNOなどでソフトバンクに転入するのは、ちょっと躊躇してしまうかもしれません。 ミニモンスターには、こういったメリット、デメリットがあるので、しっかりと理解して、上手に使いたいですね。 このページに書いてあることは、今後変更されることもあるでしょうから、契約をする際はサポートスタッフや店員さんにしっかりと確認してからしましょう。

次の

2年縛りの無い新プラン「ミニモンスター」徹底解説!旧プランとの違い、料金・特徴・割引は?

ミニモンスター

「ミニモンスター」は毎月のデータ通信量に応じて4段階の料金が自動的に適用される従量課金制のプランで、サービス内容はauの『ピタットプラン』と似たような感じ。 ソフトバンクではデータ定額プラン(旧プラン)の新規申し込み受付を全て停止して、これからは「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」に一本化する予定(つまりこの2種類のプランしか選べなくなる) データ通信量が50GBまで使える「ウルトラギガモンスター+(月額7,480円+端末代)」はまだ良いのですが、 ライトユーザー向けの「ミニモンスター」に関しては大半の利用者(契約者)で料金が値上がりする可能性があり、現在「ミニモンスター」の申込みを考えているユーザーは注意が必要。 今回はユーザーの間で全然お得じゃないと話題の「ミニモンスター」プランについて、解説しながらまとめていきたいと思います。 ソフトバンクの新料金プラン『ミニモンスター』に潜む3つの落とし穴 具体的に「ミニモンスター」の問題点を指摘すると以下の3つが主に挙げられます。 新料金プランの『ミニモンスター』は料金が青天井に高くなる 2. 『ミニモンスター』は利用料金も以前より割高に 3. 『月々割り』の終了で利用者の支払い金額が更に増加 1. 新料金プランの『ミニモンスター』は料金が青天井に高くなる 4段階の従量制プランが抱える問題点 これまでソフトバンクが提供してきた従来のデータ定額プラン(旧プラン)では、毎月のデータ通信量の上限を越えてしまったとしても、 「速度制限」に引っ掛かるだけで請求金額が一定以上に高くなることはありませんでした。 ところが新プランの「ミニモンスター」はデータ通信の使用量に応じて料金が決まるため、スマートフォンで動画を観たり、インターネットを利用すればするほど料金が際限なく高くなってしまいます。 例えば毎月のデータ通信量が1GB未満(2年目以降)に収まるならデータ通信部分の利用料金は月額2,980円程度で済みますが、通信量が0. 01GBでもオーバーすると次の月額4,980円に移行します。 更に データ通信の消費量が5GBを超えた時点で最大料金の月額7,480円に到達するため、 端末の分割代金を合わせると一ヵ月の請求金額が軽く1万円を越えてきます。 これがライトユーザー向けのプランだと?笑わせるなって話ですよ。 自宅ではWiFi通信を利用してインターネットに接続するなり、データ通信の消費量をしっかりとコントロールできるユーザーならいいのですが、 子供などスマホに不慣れなユーザーの場合、(データ通信の使いすぎで)知らないうちに高額な利用料を請求されるケースが想定され、データ定額プランの頃のような歯止めが効かなくなってしまいます。 この変動制プランを最初に考案したのはau(ピタットプラン)なのですが、利用者から料金を上手く巻き上げるように計算されたプランで、実際かなりえげつない料金体系だと思います。 キャンペーンや割引きをフル活用して一か月のデータ通信量が1GB未満に収まるなら以前よりも安くなる可能性があるが、その条件に当てはまる人は極一部のユーザーのみで、大半の利用者は料金負担が増えると断言していいでしょう。 1GB当たりの単価は『ギガモンスター+』より20倍高い YouTubeなど特定の動画配信やSNSのデータ通信量をカウントしない『ギガモンスター+』は月に50GB以上使えてデータ通信量は月額5,980円。 データ通信量の多いヘビーユーザーを優遇するのは分かるのですが、ここまで料金の差ができるのは絶対におかしい。 さすがにギガモンスターと同じ1GB=119円まで値下げしろとは言わないが、ここまで安くできるのなら、 ライトユーザー向けに1GB=1,000円でプランを提供するのが私は道理だと考えます。 ソフトバンクは「おてがるプラン」をなぜ2か月で終了してしまったのか? ソフトバンクでは2018年の6月から、「おてがるプラン」と呼ばれるライトユーザー向けのお得なプランを展開したのですが、今回の料金プランの刷新を受けて同プランの新規申し込み受付を僅か2か月で終了。 「おてがるプラン」はガラケーからの乗り換えが前提・選べる端末が限定されているなど、いくつか申込条件が存在するのですが、 次の機種変更をするまでずっと月額1,980円~で利用できるという、長期で契約するなら結構お得なプランだったりして、本当はライトユーザー向けのプランならこちらを残すべきだったのに、 「料金が安い=携帯電話会社が儲からない」という理由で早々に打ち切ってしまったのが非常に残念です。 『月々割り』の終了で利用者の支払い金額が更に増加 2018年9月6日(木)からスタートする「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」からは、毎月の利用料金から端末代の一定額割引く『月々割』が終了になり、利用者の支払い負担が更に増加します。 正直言って契約するユーザーがいるとは思えないので除外しています。 具体的な例を出すと『iPhone 8(64GB)』モデルを購入する場合、本体価格が94,320円。 これをミニモンスターにすると月額は2年目以降7980円なので、機種代+利用料は計13440円。 過去に「月々割」と併用できていた頃は最新のiPhoneシリーズも最大90%OFFで購入できていたのですが、「月々割」が終了した現在では最大で50%OFFと、トータルで見たら利用者の費用負担が増えているのが現実です。 【まとめ】スマホ料金の「実質」値上げにソフトバンクは何を思うのか? ソフトバンクが2018年9月6日(木)からスマートフォン向けの新料金プラン「ミニモンスター」は、旧データ定額プランと比較して全体的な料金の値上がり、4段階の変動制プランなためデータ通信を使いすぎると知らないうちに料金が高額になる恐れも。 2~3年前までスマホ料金の目安は月額7,500~8,000円前後と言われていましたが、最近は月1万円を超えるのも当たり前。 政府では高額なスマートフォン利用料の是正のため、携帯電話会社に料金の値下げを要求していますが、総務省がヨコヤリを入れるたびに利用者負担が増えているのが笑えます。 本来なら端末補助を無くすなら基本料金を下げるべきだが、そうすると携帯電話会社の儲けが減るため、ARPU 1契約あたりの売上)が下がるようなプランを提供するはずがない。 ライトユーザーは傘下のワイモバイル(Y! mobile)に移行すべき こういったソフトバンクの殿様商売にウンザリしている方は、ソフトバンクサブブランドである『』に乗り換えるのも一つの方法です。 ソフトバンク傘下の ワイモバイル(Y! mobile)はNTTドコモやauと同じMNOに属する携帯電話サービスなので、MVNOの格安スマホよりも通信速度が速くてサポートも手厚い。 それでいて料金は端末代込みでも月々3,000円~5,000円位と経済的で、料金が値上がりしたソフトバンクと比較すると驚くほど安く感じます。 ワイモバイルでは「iPhone X」や「Xperia XZ2」など最新のスマートフォンを契約することはできないのですが、その分、用意してある端末はお手頃価格で、あまり携帯電話にお金を掛けたくないライトユーザーにおすすめ。 また、2018年9月1日からは2年間限定ですが 「料金設定はそのままにデータ通信量が通常よりも増加」しているのでお得。 ワイモバイルでもソフトバンク光のセット割りや家族割り等が活用できるので、興味のある方は是非ワイモバイルの公式サイトで確認してみて下さい。 【広告】最近「LINEモバイル」がソフトバンクユーザー向けのSIMカードの提供を開始。 LINEモバイルのSIMカードを利用すればソフトバンクのiPhoneを格安スマホとして再利用できるので、大手携帯キャリアの殿様商売にうんざりしている人はLINEモバイルのSIMカード(格安SIM)を試してみるのもあり。

次の