ゆで 卵 簡単 作り方。 時短! 節約! 手間いらず! 超簡単な「ゆで卵」のつくり方と失敗しない早ワザ殻むき

ゆで卵を時短で! おすすめの作り方・簡単レシピ [毎日のお助けレシピ] All About

ゆで 卵 簡単 作り方

温泉卵とは?半熟ゆで卵との違い 温泉卵は、約70度のお湯に一定時間浸けて加熱した卵のこと。 プルプル、とろっとした食感が特徴的です。 との違いは、黄身と白身の固まり方。 温泉卵は、黄身は適度に固まっていて、白身は半熟でとろっとしています。 一方ゆで卵は、黄身は半熟でとろっとしており、白身は固まっています。 なぜ仕上がりに差が出るのかというと、 黄身と白身では、固まる温度が違うから。 卵の黄身は約70度、白身は約80度で固まります。 温泉卵は70度前後のお湯に浸けて火を通すので、黄身が先に固まって白身が半熟の状態に。 半熟ゆで卵は沸騰したお湯(100度)に入れて加熱するので、外側にある白身が先に固まって、黄身が半熟の状態になるのです。 温泉卵の作り方 適温で上手にゆでられる、温泉卵の作り方をご紹介します。

次の

★基本【ゆで卵】 節水!時短!簡単!省エネ! レシピ・作り方 by どんぐり0番地|楽天レシピ

ゆで 卵 簡単 作り方

1 鍋に卵を入れます。 幾つでもOK! 作りたいだけ(重ねずに)並べて下さい。 2 水を鍋の底から1cmくらい入れます。 3 強火にかけます。 沸騰したらフタをして、中火にします。 3分間茹でます。 4 3分経ったら、火を止めます。 そのまま5分間放置します。 半熟卵は短めに。 手が熱い人は、水に濡らしながら剥いて下さいね。 ホーロー鍋や土鍋は長く保温できます。 冬場や寒い所では、バスタオルで包んでおくと熱が逃げ難いのでしっかり余熱保温できます。 14) 2015. 14 10:46 こんにちは。 楽天レシピスタッフです。 いつも楽天レシピをご利用いただきありがとうございます。 このたび、こちらのレシピが2015年閲覧数ランキング第2位になりました。 おめでとうございます!! つきましては、『2015年 年間人気レシピランキングTOP10』特集ページに掲載させていただきましたので、ご報告させていただきます。 rakuten.

次の

ゆで卵に塩味のつけ方!簡単にコンビニの殻付き塩ゆで卵の作り方

ゆで 卵 簡単 作り方

それは 「ゆでた後、すぐに氷水につけて急冷する」ということ。 実際に、どれくらい差がでるか、試してみました。 卵を1パック用意し、すべて同じ条件でゆでてききます。 今回は、卵を室温に戻した状態で熱湯に入れ、8分ゆでます。 加熱後、半量はゆでた後ざるにあげて、自然に冷めるまで放置します。 残り半量は、ざるで水気を切ったあと、すぐに氷水につけて急冷します。 冷めたゆで卵をむいた結果が、こちら 左 自然に冷ましたもの、 右 氷水で急冷したもの 氷水で急冷したもの 写真右 は、5個中5個がきれいにツルリとむけました。 一方、ざるにあげて自然に冷ましたもの 写真左 は、1つはきれいにむけましたが、残り4個は殻に白身がくっついて、一緒にはがれてしまいました。 殻と卵の収縮の差が、きれいにむける秘訣だった! 氷水で急冷すると、ツルリと殻がむけるしくみについて、宮城大学の石川先生にうかがいました。 ーすぐに冷水につけると、きれいに殻がむけるのはどうしてでしょうか? 「ゆであがった卵を冷水につけると、殻も、中身の卵も冷えて縮みます。 この隙間のおかげで、卵の殻がはがれやすくなるのです。 また、冷水につけて卵の殻の外側が冷えると、まだ熱い卵の中身から出た蒸気が冷えて水となり、殻と中身の間に水がたまった状態にになります。 その水が、殻と白身の密着を防ぐので、殻がむきやすくなるとも考えられています。 」 ー冷水につける以外にも、殻がむきやすくなるポイントはありますか? 「卵の鮮度は、殻のむきやすさに大きく影響し、 新鮮な卵ほどむきにくく、時間がたった卵ほどむきやすいことが明確に分かっています。 卵は産まれてから時間が経つにつれて、卵白に溶けていた二酸化炭素が外に放出されます。 これが卵殻膜の間にたまって、 気室という空気の層ができます。 気室があることで、殻と卵白との間に隙間ができるので、ゆでたときに殻がむきやすくなります。 産みたてのたまごよりも、 一週間くらいたった卵のほうが、むきやすくなっているでしょう。 また、卵のpHも、殻のむきやすさに大きく関係します。 新鮮な卵ほど卵白のpHが比較的低く、時間がたつにつれて高くなっていきます。 pHが低いほど、卵白と殻の内側が強く結合するので、殻はむきにくくなります。 新鮮な卵をむきやすくするには、pHを高くし、アルカリ性にすることです。 卵をゆでるお湯に重曹を加えれば、簡単にアルカリ性にできます。 ただし、重曹を入れると、卵の硫黄臭が強くなるので、注意が必要です。 」 きれいにむけないイライラも、ポイントさえわかれば、これで解消!毎日の食卓に登場する卵だからこそ、きれいにむけたゆで卵で、見栄えよく食卓を飾りたいですね。 取材協力 石川 伸一(いしかわ しんいち) 福島県生まれ、博士(農学)。 宮城大学食産業学部准教授、「クックパッド食みらい研究所」特任研究員。 専門は分子食品学、分子調理学、分子栄養学。 主な研究テーマは、鶏卵の機能性に関する研究。 『料理と科学のおいしい出会い 分子調理が食の常識を変える』(化学同人)、『必ず来る! 大震災を生き抜くための食事学』(主婦の友社)ほか著書多数。 執筆:料理研究家 関岡弘美 出版社にて食育雑誌の編集に携わった後、渡仏。 料理、製菓等を学び、レストラン、パティスリーで研修後、帰国。 雑誌、広告等を中心に活動するほか、都内でおもてなし料理とワインの教室を主宰。 近著に、『10・15・20分でできる毎日かわいい園児べんとう』がある。 ブログは.

次の