古関ヒサ。 朝ドラ『エール』モデル・古関裕而の幼少期「私の作曲の芽ばえには、先生の影響が大きかった」

古関裕而の経歴は?出身や学歴や生い立ちなどNHK朝ドラモデルになった人物を調査!

古関ヒサ

もくじ• 【エール】のモデル母・まさ「菊池桃子」演|古関ヒサさんのプロフィール あの著名な作曲家、古関裕而さんを産み育てた古関ヒサさん。 一体どんな女性だったのでしょうか? 富裕な家に生まれたお嬢さま 古関ヒサさん、旧姓『武藤ヒサ』さんといいます。 福島の武藤家、武藤茂平(むとうもへい)さんの三女として生まれました。 武藤家は福島の大地主、資産家として知られていました。 自宅から見える土地は、全て自分の所有地だったというくらい裕福な家系でした。 裕福な呉服問屋に嫁ぐ ヒサさんが嫁いだ先は、福島市の屈指の老舗呉服問屋である『喜多三(きたさん)』でした。 お相手は『喜多三』の跡継ぎ、古関三郎次(こせきさぶろうじ)さん。 つまり、古関裕而さんのお父さんですね。 二人の夫婦仲は良かったのですが、長い間なかなか子どもに恵まれなかったそうです。 老舗ですから、跡継ぎは必要です。 喜多三の店頭画像 あまりに長く子どもができないので、養子をもらおうか、という話もあった程でした。 そこへ、しかも待望の男子が生まれました。 この子どもが、裕而さんでした。 1909年(明治42年)8月11日のことでした。 待望の男児 やっと授かった子ども、しかも待望の男子とあって、両親は裕而さんをとても大切に育てたようです。 裕而さんも、特に母には強い想いがあったようで、自伝の最初に母の思い出を書いています。 「すべすべした母の背が、じかに胸や腹のあたりぬくもりを伝えてくる。 (中略)やがて母は背からおろして、半てんをかけてくれる・・・」 優しい母との触れ合いが、ご自身70歳になっても、ふと昨日のことのようによみがえっていたようです。 スポンサーリンク 【エール】のモデル母・まさ「菊池桃子」演|息子の才能を信じて 裕而さんは、子供のころから、父・三郎次さんが蓄音機でかける様々な音楽を熱心に聴きます。 そして、叔母・三郎治の妹『古関マス』さんのところに行っては、マスさんがつま弾く三味線に聞きいっていたそうです。 息子の音楽の才能を伸ばす そんな、音楽に夢中な裕而さんを見て、ヒサさんはおもちゃのピアノを買ってあげたのだそうです。 おもちゃとはいえ、3オクターブもある、なかなか本格的なものだったようです。 ヒサさんが送ってくれた手紙の内容を、息子の裕而さんが自伝に書きとめています。 「婦人会で出征兵士の見送りに行くと、お前の作った歌ばかり歌います。 近所の人々も『息子さんの作った歌ですってねえ』と声をかけてくれたりして、何となく晴れがましい気持ちです」 この、言葉からもにじみ出す母の喜びに、裕而さんはやっと親孝行ができたと感じたのだそうです。 ひっそりとした晩年 このヒットからまもなくして、夫である三郎次さんが亡くなりました。 それ以後、ヒサさんは福島で女中と二人きり、ひっそりと暮らしていたそうです。 やがて、夫・三郎次さんが亡くなって6年後、1943年(昭和18年)中風で寝たきりになってしまっていました。 享年70歳のことでした。 その時、従軍慰問でベトナムのサイゴンにいた裕而さんは、どうすることもできませんでした。 ようやくヒサさんの葬儀が行われたのは、裕而さんが帰国した後のこと。 亡くなって1か月後のことでした。 スポンサーリンク 【エール】朝ドラのモデル母・まさ「菊池桃子」演|古関ヒサさんまとめ 古関裕而さんの母・古関ヒサさんの人生をたどってみました。 当時は音楽家や作曲家の地位も認知度も、まだまだ低かったようです。 そうした職業を目指すといえば、家族から猛反対を受けたり、親族から陰口をたたかれたりする時代だったようです。 そんな中、息子が音楽好きであることを知ったヒサさんは、無理に勉強をさせたり止めさせたりすることはなく、ピアノを与えるなどしてその『好き』をのばしたのです。 そんな、息子の才能を伸ばし最後まで信じていた母を、菊池桃子さんはどのように演じてくれるのでしょうか。

次の

古関裕而の生涯・年表まとめ【代表作品や軍歌、家族構成や死因まで】

古関ヒサ

朝ドラ「エール(えーる)」の主人公、窪田正孝(くぼたまさたか)さん演じる古山裕一(こやまゆういち)は、家の都合で、音楽の道を諦め、学校を卒業したあと川俣銀行(かわまたぎんこう)で働くことになります。 最後のハーモニカの発表会・・・切なくて泣きそうでした。 今回はこの川俣銀行についてモデルがあるのか?実在するのか?調べてみました。 実在する東邦銀行がモデルと言う話ですが、本当でしょうか? さて、裕一のモデルである古関裕而(こせきゆうじ)さんは実際に銀行で働いたことがあるのでしょうか? — 2020年 3月月8日午前1時42分PST 茂兵衛、怖いですよね~(笑)冷酷な人なのかと思えば、体が弱い妻のことをとても愛しているようです。 そんな茂兵衛が頭取となっている川俣銀行ですが、川俣銀行という銀行も実在していました! 川俣銀行のある川俣町は、福島県の阿武隈山地西斜面の丘陵地帯に位置しています。 裕一のモデル、古関裕而さんが生まれたのは福島県福島市大町。 今の時代なら川俣町からバスで4~50分くらいの距離です。 そんなに遠くないですね。 川俣町は古くから「絹織物の町」としてしられていて、「川俣の絹が女性の足を包んだ」なんていわれていたそうです。 川俣町にはいち早く銀行が設立されました。 川俣銀行もそのひとつで、前身は川俣永続社という銀行に類似した会社です。 明治27年に創業した川俣永続社は、大正3年に「川俣銀行」へと改称されました。 そして昭和14年に川俣銀行は郡山商業銀行によって買収。 2年後に「白河瀬谷銀行」「会津銀行」と合併し、現在の東邦銀行が誕生しています。 このように東邦銀行は、いろんな銀行が吸収・合併してできた銀行です。 さて、川俣銀行に話を戻しましょう。 「エール」で裕一の母親、まさ(菊池桃子)のモデルは武藤ヒサさん。 そしてヒサさんの兄が武藤茂平さんです。 風間杜夫さん演じる茂兵衛ですね。 武藤家は筆頭地主でかなりの資産家。 多額納税者として貴族院議員をされたこともあるそうです。 いろんな事業をしていたようで、銀行業もそのなかのひとつでした。 川俣銀行は母方の実家が経営?古関裕而は働いていた? 川俣銀行のストーリーは実話? 川俣銀行は、古関裕而さんの母親ヒサさんの実家が経営していた銀行で、古関裕而さんも働いていました。 ヒサさんは福島市の老舗呉服屋「喜多三」の8代目、古関三郎次さんに嫁ぎ、古関裕而さんが長男として誕生します。 三郎次さんは「エール」の三郎(唐沢寿明)です。 資産家同士の結婚だったんですね~。 さて、音楽家を目指していたはずの古関裕而さん。 どうして銀行で働くようになったのでしょうか? 呉服屋「喜多三」の長男として生まれた以上、お店を継ぐのが長男の役目でした。 そのため古関裕而さんは、福島商業学校に入学しています。 が!なんと喜多三が倒産!古関裕而さんは学校を卒業後、叔父の茂平さんに誘われて川俣銀行で働くことになりました。 川俣銀行で働くのは実話ですが、養子縁組の話はどうだったんのでしょうか?以降でご紹介します。 川俣銀行で働きなたら作曲の勉強 そのため川俣にある寄宿先で暮らすようになり、働きながら作曲の勉強をしていました。 憧れていた山田耕筰さんの事務所に、自分が作曲した譜面を郵送したり、手紙のやりとりもあったそうです。 ちなみに志村けんさんが演じるのは山田耕筰さんがモデルになっている小山田耕三です。 またコロムビアレコードと専属契約を結ぶことになり、2年間働いた川俣銀行を退職し上京しました。 「エール」にあるような養子縁組の話は調べても出てきませんでした。 継ぐはずだった実家が倒産し、行くあてのなくなった甥っ子の面倒をみた・・・そんな感じだったのかもしれません。 ドラマではすでの弟の浩二(佐久本宝)が「喜多一」のあとを継ぐことになったので、このあたりは脚色されているんでしょうね。 川俣町と古関裕而との関係とは? 川俣銀行で古関裕而さんが働いた期間は2年間。 暮らしていた寄宿先とは、母親の生家でした。 いとこの実家ということなので、おそらく母親の兄妹の家でしょうね。 やっぱり茂平さんの家でしょうか? 古関裕而さんは川俣町についてこんなことを記しています。 目が覚めるとまず裏庭から鶏の声が聞こえ、向かいの鍛冶屋の槌の音が響いてくる。 私にとって川俣の朝の音楽である。 やがて町のあちこちから筬の音が響き出してくる。 伯父の家の向かい側に舘の山という小高い山があって、よく登っては白秋の詩等を読んだり、作曲したりした。 私のメロディーは福島と川俣の風光から生まれたのだ。 私はこのような静かな町が大好きである。 引用元 やはり古関裕而さんはとても感性の豊かな人物だったんですね。 わたしなら朝ニワトリが鳴いたら「うるさいな~」くらいにしか思わないでしょう(笑) 古関裕而さんが福島商業学校(現在の福島県立商業高等学校)を卒業し、川俣銀行に就職したのが1928年のこと。 そのころから古関裕而さんは、地元の音楽仲間たちによる福島ハーモニカーソサエティーに入団しています。 ハーモニカバンドとしては有名なバンドだったとか。 そこで古関裕而さんは作曲と編曲、それに指揮もされていたそうです。 また仙台に在住していた正教徒の金須嘉之進さんから、聖歌を学んだりもしていました。 古関裕而さんは福島市で生まれ、18歳で川俣銀行に就職し川俣町にある、母の生家である寄宿舎で暮らし始めます。 そこで働きながら独学で音楽の勉強をされ、コンクールで入賞したことからコロムビア専属となり、2年間働いた川俣銀行を去りました。 なので古関裕而さんと川俣町とは、古関裕而さんが18歳から20歳まで暮らしていた場所ということになります。 音楽家として成功するきっかけとなった年代でした。 古関裕而さんが言うように、川俣町の静かな町が導いてくれたのかもしれませんね。 「エール」では、このあたりどう描かれるのでしょうか。 風間杜夫さん演じる茂兵衛が、優しい人であることを願っています(笑) 川俣銀行のモデルは実在の東邦銀行で古関裕而も働いていたのまとめ 「エール」に出てくる、古山裕一が働くことになる川俣銀行は実在した銀行で、その後吸収合併を繰り返し現在の東邦銀行となっています。 古山裕一のモデル、古関裕而さんが働いていた川俣銀行は、現在「東邦銀行川俣支店」として存在。

次の

朝ドラ「エール」のキャスト一覧

古関ヒサ

もくじ• 【エール】のモデル母・まさ「菊池桃子」演|古関ヒサさんのプロフィール あの著名な作曲家、古関裕而さんを産み育てた古関ヒサさん。 一体どんな女性だったのでしょうか? 富裕な家に生まれたお嬢さま 古関ヒサさん、旧姓『武藤ヒサ』さんといいます。 福島の武藤家、武藤茂平(むとうもへい)さんの三女として生まれました。 武藤家は福島の大地主、資産家として知られていました。 自宅から見える土地は、全て自分の所有地だったというくらい裕福な家系でした。 裕福な呉服問屋に嫁ぐ ヒサさんが嫁いだ先は、福島市の屈指の老舗呉服問屋である『喜多三(きたさん)』でした。 お相手は『喜多三』の跡継ぎ、古関三郎次(こせきさぶろうじ)さん。 つまり、古関裕而さんのお父さんですね。 二人の夫婦仲は良かったのですが、長い間なかなか子どもに恵まれなかったそうです。 老舗ですから、跡継ぎは必要です。 喜多三の店頭画像 あまりに長く子どもができないので、養子をもらおうか、という話もあった程でした。 そこへ、しかも待望の男子が生まれました。 この子どもが、裕而さんでした。 1909年(明治42年)8月11日のことでした。 待望の男児 やっと授かった子ども、しかも待望の男子とあって、両親は裕而さんをとても大切に育てたようです。 裕而さんも、特に母には強い想いがあったようで、自伝の最初に母の思い出を書いています。 「すべすべした母の背が、じかに胸や腹のあたりぬくもりを伝えてくる。 (中略)やがて母は背からおろして、半てんをかけてくれる・・・」 優しい母との触れ合いが、ご自身70歳になっても、ふと昨日のことのようによみがえっていたようです。 スポンサーリンク 【エール】のモデル母・まさ「菊池桃子」演|息子の才能を信じて 裕而さんは、子供のころから、父・三郎次さんが蓄音機でかける様々な音楽を熱心に聴きます。 そして、叔母・三郎治の妹『古関マス』さんのところに行っては、マスさんがつま弾く三味線に聞きいっていたそうです。 息子の音楽の才能を伸ばす そんな、音楽に夢中な裕而さんを見て、ヒサさんはおもちゃのピアノを買ってあげたのだそうです。 おもちゃとはいえ、3オクターブもある、なかなか本格的なものだったようです。 ヒサさんが送ってくれた手紙の内容を、息子の裕而さんが自伝に書きとめています。 「婦人会で出征兵士の見送りに行くと、お前の作った歌ばかり歌います。 近所の人々も『息子さんの作った歌ですってねえ』と声をかけてくれたりして、何となく晴れがましい気持ちです」 この、言葉からもにじみ出す母の喜びに、裕而さんはやっと親孝行ができたと感じたのだそうです。 ひっそりとした晩年 このヒットからまもなくして、夫である三郎次さんが亡くなりました。 それ以後、ヒサさんは福島で女中と二人きり、ひっそりと暮らしていたそうです。 やがて、夫・三郎次さんが亡くなって6年後、1943年(昭和18年)中風で寝たきりになってしまっていました。 享年70歳のことでした。 その時、従軍慰問でベトナムのサイゴンにいた裕而さんは、どうすることもできませんでした。 ようやくヒサさんの葬儀が行われたのは、裕而さんが帰国した後のこと。 亡くなって1か月後のことでした。 スポンサーリンク 【エール】朝ドラのモデル母・まさ「菊池桃子」演|古関ヒサさんまとめ 古関裕而さんの母・古関ヒサさんの人生をたどってみました。 当時は音楽家や作曲家の地位も認知度も、まだまだ低かったようです。 そうした職業を目指すといえば、家族から猛反対を受けたり、親族から陰口をたたかれたりする時代だったようです。 そんな中、息子が音楽好きであることを知ったヒサさんは、無理に勉強をさせたり止めさせたりすることはなく、ピアノを与えるなどしてその『好き』をのばしたのです。 そんな、息子の才能を伸ばし最後まで信じていた母を、菊池桃子さんはどのように演じてくれるのでしょうか。

次の