ともこ 元旦那。 【海原やすよともこ】姉妹漫才師の年齢は?旦那さんも家族も有名人ですごい!

前田耕陽と嫁(妻)海原ともこの子供は?中村由真との離婚原因は?

ともこ 元旦那

渡辺友子さんとは? 幼少期から音羽ゆりかご会やポリドール児童合唱団で童謡を歌う。 1958年にジャズに転じ、1960年「ザ・ハイティーン」で歌手としてデビューする。 主な曲に「トモコのクレメンタイン(いとしのクレメンタイン)」 「ケアレス・ラブ」などがある。 現在は、ミュージカルの舞台、テレビドラマ、地方イベントや懐メロコンサートなどに出演、活動を続けている。 結婚は?元旦那はどんな人? 渡辺友子さんは、 1964年にジェリー藤尾さんと結婚。 ジェリー藤尾さんの画像がこちら! 1940年に高知県出身でNHKアナウンサーの父・藤尾薫宏とイギリス国籍の母・オリビア・ヒース・ゴンザレスのもと、当時の中華民国上海の日本租界で生まれる。 当地で第二次世界大戦の終戦を迎え1946年に家族で日本へ引き揚げるものの、上海では家族のみならず外国人居留地においても英会話のみで生活していたため、帰国後の薫紀と母は言葉の壁や外見から差別を受ける。 1959年に俳優としてデビュー。 1961年に歌手デビューをしています。 ジェリー藤尾さんの代表曲【遠くへ行きたい】 年齢は、今年(2017年)で77歳です。 子供は? 渡辺友子さんとジェリー藤尾さんの間には、 2人の娘さんがいます。 スポンサードリンク 【娘さんの名前】 長女:美紀さん 次女:亜紀さん 生年月日は、分かりませんでしたが、 次女の亜紀さんは、女優をしていた時期があったそう。 ドラマ出演をしていた頃の画像がこちら! 学生役とは思えないぐらい迫力がありますね!! 芸能生活は、あまり長く続けなかったみたいです・・。 離婚 1985年に渡辺友子さんとジェリー藤尾さんに不仲説が出ます。 その後、 1986年に正式に離婚。 マスコミには、ジェリー藤尾さんの様々な疑惑が報道されるようになりました。 その内容は、 「酒乱」「DV」といったもので、ジェリーさんが悪いという内容のものばかりでした。 実は、この報道とは真逆の事実があったようで・・・ 渡辺が女性週刊誌上で「酒浸りの生活でDVに及ぶ」、「妻の両親との不仲」、「経済的に困窮し、妻と収入が逆転した」など一方的にスキャンダルを吹聴し、ワイドショーがそれに同調して藤尾へのバッシングを始めたのを期にテレビへの露出が減り、表舞台から姿を消す事となった。 このことに関して藤尾本人は多くを語らなかったが、離婚の際、2人の娘が父である藤尾の側に付いたことや、 長女が母親の乱れた素行や男性関係を暴露、「あの人はクズ」と発言し、物議を醸したことで一方的なバッシング報道は収束する。 また、2010年のインタビューでは藤尾自身が妻の不貞が原因だったことを認めている。 渡辺友子さんが家を出て行った時の事について、ジェリー藤尾さんは・・・ クリスマスイブの日に女房は出ていったんです(中略)私は許せなかった。 娘たちが友人たちを大勢招待しているイブに、 わざわざ出ていくことが許せなかった(中略) あれだけ自慢だった家庭が音をたてて、あっけなく崩れていきました。 原因は、渡辺友子さんの浮気!! 娘さんからも拒絶されるぐらいなので、なかなか、壮絶な離婚だったんですね。 渡辺さんは、恋多き女なのかもしれません。 離婚してしまったジェリー藤尾さんですが、娘さんとは仲が良く、現在は、5人のお孫さんとも仲良が良いそうです。 【ジェリー藤尾さんとお孫さん】 ひ孫も産まれているそうです! 奥さんとの関係は上手くいかなかったジェリー藤尾さんですが、娘さん、お孫さんに囲まれて楽しく過ごされている様子を見るとこちらまで、嬉しくなってしまいます! 男性遍歴は? 「渡辺友子の現在の男は?」というキーワードがあり、渡辺友子さんの男性遍歴や今を調べてみましたが、ジェリー藤尾さん以外には、報道が出たことがないようです。 不倫をし、子供を置いて家を出たぐらいなので、沢山の方とお付き合いしてそう! 現在は? (画像 右が渡辺友子さん) 変わらぬ美しい姿で、お仕事をされています。 プライベートでは、色々あった渡辺友子さんですが、仕事は順調のようです。

次の

海原ともこの元旦那って?子供など家族いる?体重や身長も気になる!

ともこ 元旦那

スポンサードリンク 2006年8月、 漫才師の海原ともこさんとできちゃった再婚をしたそうです。 約1年後の 2007年4月12日には第一子となる女の子を出産しています。 この二人の馴れ初めは、 海原ともこさんのレギュラー番組「なるとも!」の出演が交際のきっかけとなったそうです 「大阪大好き、大阪に住みたい」と断言してきたことから、大阪市で婚姻届けを出し新居を構えたということになります。 ちなみに、 前田耕陽さんと海原ともこさんは2人ともバツイチであるため、2人とも再婚ということになります。 小話ですが、 義弟(ともこの実の妹で相方の海原やすよの夫)はオリックス・バッファローズの元投手 だそうです。 やはり、バラエティー番組での出会いが多いいですよね。 できちゃった婚でお子さんが一人いるのもかなりびっくりしますよね。 ジャニーズの元イケメンアイドルが関西の女芸人と結婚するなんて事はあまりなかったので結婚発表当時はかなり話題になりましたね。 元イケメンと女芸人。 末永く幸せになって欲しいと思います。 前田耕陽が嫁(妻)海原ともこと結婚した目的は何?仕事が無いからヒモ目当て? 2006年8月16日に海原ともこさんと結婚した前田耕陽さん。 ですが 世間ではヒモなのではないか?という声も囁かれているようです。 実際のところはどうなのでしょうか? 調べてみました。 元事務所との業務形態という形で個人事務所を立ち上げていました。 「警視庁・捜査一課長」への出演もしていました。 テレビの露出よりも 現在は自作の舞台への出演が主な活動だそうです。 奥さんの海原ともこさんは親子3代で漫才師であり、 賞も受賞する上方お笑い界の名門一家だそうです。 関西を中心に番組に出演しているそうです。 自分の冠番組を持っているということは相当な収入や安定した収入もあると考えられますね。 前田耕陽さんよりテレビへの露出度が多く、名門一家なため「ヒモではないのか?」という噂が立って行ったのではないのでしょうか? 前田耕陽が太ったのは嫁(妻)海原ともこのデブが伝染したの? 海原ともこさんのデブが移ったのか?! スポンサードリンク ちょっと写真おなかぽっこりしてるようにみえる?! そういうことでもないそうです。 前田耕陽さんは、 若いころから太りやすい体質だったそうです。 ほかにもお酒が大好きなのだとか。 グループを抜けるころには、飲みすぎ食べ好きで アイドル時代に比べて体重が15kg以上増えたそうです。 デビュー当時は56kgほどだったそうですが、グループをやめてから15kg増ということは 71kg前後になりますね。 海原ともこさんと結婚してからさらにおなかがポッコリしているようにも見えなくもないですよね? 前田耕陽と嫁(妻)海原ともこの子供もデブ?名前や年齢は? 前田耕陽さんと海原ともこさんの間には 1男1女の子供がいます。 お子さんは 2007年4月12日に誕生した長女の 「歌星 かせい 」ちゃん。 2013年11月13日に誕生した長男の 「將月 しょうげつ 」くん。 引用: 歌星(かせい)ちゃんは 2019年現在11歳です。 將月(しょうげつ)くんは 2019年現在5歳になりますね。 前田耕陽さんと海原ともこさん、2人は太ってらっしゃるので「子供も太ってるんじゃないのか?」と思う方もいるそうです。 しかし、こんな写真を見つけました。 引用: この写真は、長女の歌星ちゃんの写真です。 太ってませんね笑 標準な体系なのではないでしょうか? 現在はわかりませんが、写真を見る限り何も心配する必要はありませんね。 前田耕陽と元嫁(妻)中村由真との離婚原因は?子供はいるの? 前田耕陽さんは海原ともこさんと結婚する前に 別の女性の結婚していました。 その人は 中村由真さんという女優さんです。 知っている人は知っているかもしれませんね。 中村由真さんとは 1998年に前田耕陽さんと結婚しました。 しかし 2003年には離婚をしました。 主な離婚原因として「夫婦喧嘩」と言われています。 結婚してからは夫婦喧嘩が絶えない日々だったのだとか。 その喧嘩の理由は、 前田耕陽さんは「家庭生活を大事にしたい」と 中村由真さんは「仕事を優先したい」という お互いの考えのすれ違いからだそうです。 察した方がいるかもしれませんが、子供はもちろんいません。 現在、中村由真さんはアメリカ・ロサンゼルス在住とか・・・ まとめ いかがだったでしょうか? 前田耕陽さんは現在、海原ともこさんと 大阪を本拠地として2人の子供と幸せでいっぱいの暮らしをしているそうです。 今後も、テレビや舞台での元気な姿が見れるといいですよね。

次の

海原ともこの旦那の前田耕陽との馴れ初めや現在。元旦那との離婚理由

ともこ 元旦那

来歴・人物 [ ] 声優デビューまで [ ] 幼少時は人を助ける仕事である医師に憧れていたが、に放送開始した『』の影響で声優という職業を意識するようになる。 高校入学の、演劇部に所属するかたわら、ぷろだくしょんバオバブの付属俳優養成学校であったバオバブ学園 へ入所(3期生)、当時学園長であったらの指導を受ける。 同期に、、、。 川上の先輩として 、後輩としていずれも川上より年上の、、、 も在学時期が一部重なる。 芝居が好きになり、桐朋短大芸術学科演劇専攻(25期)、そして学科卒業後には専攻科演劇専攻へ進学した。 20歳のころの思い出は「大学の仲間たちと、わいわいがやがやしていたこと」と語っている。 同期のも入団後に声優として活動しており、に放送したテレビアニメ『』では主人公の(朴)と森あい(川上)を演じたほか、アニメ『』などでも共演している。 また、バオバブ学園在学中、音楽の講師を担当していたの目にとまり、山本のコーラスグループに参加。 声優デビュー後、および病気療養による休業中を含め 、山本の数多くの楽曲にバックコーラスとして参加している。 声優として活躍 [ ] 桐朋短大専攻科在学中、に放送されたテレビアニメ『』第3話「みくちゃん 特訓する」の「男の子」役で声優としてデビュー。 専攻科卒業後の、すでにぷろだくしょんバオバブに所属していたが、にも第1期生として入学、2年間在学した。 映像テクノアカデミアでは 、 、、 と同期。 在学中の1995年放送の『』の張宿役 、およびに放送を開始した『』の菜部サラダ役が初レギュラー。 のテレビアニメ『』の天上ウテナ役で初の主演、公開の劇場版『』でも天上ウテナ役で引き続き主演。 劇場版パンフレットでのインタビューによると、テレビシリーズのの際、原稿に目を通しただけでキャラクターを理解する前にオーディションが終わってしまい、カッコ悪いウテナを演じてしまったため、ウテナ役に決まったのは間違いではないかと思いビーパパス を訪ねたところ、監督のからその点が川上を選んだ理由だとの返事をもらい、初めてウテナと出会ったような感覚を味わったとのこと。 また、制作現場であるビーパパスを訪れたことでが多くの人の手と思いによって作られていることを意識することができ、スタッフとの交流によって声優という仕事に初めて自信が持てたと語っている。 幾原との親交は『少女革命ウテナ』放送終了後も続き、川上がを務めるラジオ番組にゲストとしてたびたび出演。 『川上とも子のメサCANネットワーク』に出演した際、リスナーから公募した愛称のなかから「とも蔵」を(川上本人の反対にもかかわらず)選び、名付け親となる。 また、幾原の公式サイト「ikuniweb」において二人の交換日記形式の、「イクニのメルとも蔵Blog」を川上の死去まで共有していた。 『少女革命ウテナ』以降、テレビアニメでは1999年『』シリーズのミト役、『』のリップ(きらめきマン1号)役、2000年『』の宮ノ下さつき役 、2001年『』のシュガー役、2001年『』の進藤ヒカル役、2003年『』のロゼット・クリストファ役、2004年『』の元宮あかね役、の『』のエミリー・バード・スター役でいずれも主演。 『』では2004年の放送開始からの休業までメインキャラクターの役でレギュラー。 2000年発売の『』ではオープニングアニメーションでのみの出演だったが、その後のにより、2002年『』、2003年OVA『』、前述のテレビアニメ『遙かなる時空の中で-八葉抄-』、2006年公開の『』、2007年放送のテレビアニメ『遙かなる時空の中で3 紅の月』、放送のテレビアニメ『遙かなる時空の中で3 終わりなき運命』でいずれも主演、イベント「遙か祭」にもたびたび出演した。 また、ゲーム『』の、、およびでいずれもメインヒロインの神尾観鈴役を演じている。 海外ドラマのでは1997年放送の『』の主人公の妹、クリスティーン役(ジョージナ・フィッシャー)が初レギュラー。 海外ドラマでは1997年 - 1999年放送の『』のアレックス・マック役()、放送の『』のモエシャ・ミッチェル役()、2005年放送開始の『』のアマンダ役()、外国では2000年に『20世紀名作シネマ』で放送の『』(でも発売)のジュリエット役()、2003年発売の『 ()』(ビデオグラム版)のアナイス・パンゴ役(アナイス・ルブー)、同年発売の『』(ビデオグラム版)のアン・マリー役()でいずれも主演。 2000年発売の『』(ビデオグラム版)ではサガ役( ())を演じた。 その他、、吹き替え、アニメ、ゲームの出演作多数。 としては1999年に幾原邦彦のプロデュースでフル『ADOLESCENCE DOLL』を発売、一部作詞・作曲も担当している。 ほかにラジオCDなどの企画アルバムを4枚発売、・多数。 2003年 - 2004年に放送されたテレビアニメ『』ではメインキャラクターのリディーほかを演じるとともに、シリーズ後期でオープニング主題歌「ハッピーミステリー」、エンディング主題歌「ABCの子供たち」を担当。 2005年 - 2006年に放送されたテレビアニメ『』シリーズでもメインキャラクターの生稲雛美を演じるとともに、あまえ隊っ!! の一員として第1期シリーズオープニング主題歌「あふれてゆくのはこの気持ち」、および第2期シリーズ『あまえないでよっ!! 』オープニング主題歌「あまえないでよっ!! 」に参加。 同じく1997年 - 1998年放送の『川上とも子のメサCANネットワーク』が初の。 その後継番組として1998年に放送を開始した『』はからへと形態の変遷を経つつも、病気療養にともなう2008年の休止まで放送回数は500回を超え、10年近く継続した。 2001年に放送したテレビ番組『』では・とともに司会を担当、ほかラジオパーソナリティとして出演した番組多数。 また、1998年にがの協力により配信した生放送のインターネットラジオ 『川上とも子のバーチャルキャンプ 山へ行こうだホイ』は日本国内でのインターネットラジオ・としては初期の番組であり 、生放送中の番組と連携するによるも提供されていた。 病気療養・死去 [ ] 8月に体調不良を訴えたことから精密検査を受け、に入院、に手術を受けた。 自身のメールマガジン『川上とも子のうさぎのみみたぶ通信』では「手術は無事終わった」と報告したが 、実際には手術の時点ですでに進行であり、そのまま病気療養のため休業。 メールマガジンも2008年10月に配信を休止し、その後はのでの『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』上映時のトークショー で幾原邦彦が川上からのメッセージを紹介した例、『』2009年3月下旬号でののインタビュー記事で川上が病気療養中であることを紹介した例 、2011年(26日深夜)の『』で『少女革命ウテナ』のオープニングテーマ曲「」を放送した際にのが「言葉に詰まっちゃった」と前置きしつつ川上が療養中であることを紹介した例 などを除いて、川上の病気について公に言及される機会も少なく、具体的な病状が一般に伝えられる機会もなかった。 手術後は自宅療養と入院による治療をくりかえしつつも、。 しかし、2011年6月に入り容体が急変。 6月9日に東京都内の病院で死去したことが所属事務所、ぷろだくしょんバオバブの公式ブログにより発表された。 41歳没。 報道では病名がであったことが報じられている。 喪主は母が務めた。 生涯独身だった。 で通夜がに、告別式がに行われた。 前述の幾原邦彦 や、川上が子供のころからファンで、川上を紹介したテレビ番組にもゲスト出演した のほか、桐朋短大での同期(25期)の ・朴璐美 、所属事務所でも養成所(バオバブ学園)でも後輩だった 、長期にわたる共演を通じ親交があった ・ 、デビュー時期が近く 、デビュー当初からたびたび共演し、『ケロロ軍曹』や『BLEACH』で川上の代役を務めた 、同じく『』で代役を務めた 、チーム「ロボットレーシング」のチームメイトでもあった など、数多くの声優や関係者がブログやなどで川上の死を悼むメッセージを公表した。 2011年放送の『』第52回の「」では、川上がゲスト主役のカズチ役を演じた『』第38話「プラスルとマイナン! 山の灯台!! 」が再放送された。 遺作となった2011年発売 のOVA『』の本編最後(エンディングの直前)に、「IN MEMORY OF TOMOKO KAWAKAMI」とメッセージが表示されている。 に発表された第六回では 、「表彰すべき特別な活動」に対する賞 として声優アワード特別賞を受賞した。 療養中の出演 [ ] まで、病気療養中にも一部の作品に出演していた。 以下は休業期間中に発表された出演作品の一覧で、病気療養以前に収録したものも含まれる。 2008年• 9月25日発売の専用ソフト『』に、『』の双翅役で出演した。 テレビアニメ『』に、(9日深夜)放送の第2回から翌2009年(12日深夜)放送の最終回まで「」役で出演。 代役は立てられなかった。 公開の劇場版『』第3弾、『』に役で出演。 発売のドラマCD『』は、当初の発売予定日であったから制作上の都合により延期され、役で出演。 のウェブサイトにはアフレコインタビューとして川上のメッセージも掲載された。 2009年• 発売のPlayStation 2専用ソフト『』に、新必殺技の追加などによる新録に従い、役で出演。 発売のドラマCD『帰ってきた! 私立荒磯高等学校生徒会執行部2』に出演。 前作とは異なり、アフレコインタビューに川上のメッセージは掲載されなかった。 公開の劇場版『』第4弾、『』に役で出演。 収録は闘病中に行われた。 3月に発送された応募者全員サービスのドラマCD()『きみがいなけりゃ陽も昇らない』に千葉茜役で出演。 なお、本作の収録は入院より前とみられる。 のとおり、本シリーズのその後発売されたドラマCDでは千葉茜役のキャストが変更されている。 4月9日発売の用ソフト『 BATTLE HEROES』ではいつき役で出演。 戦国BASARAシリーズでは2011年7月21日発売の『CHRONICLE HEROES』でもライブラリ出演の形で音声が流用された。 発売のPSP専用ソフト『』に音声取り直しの新録で大河内マリア役で出演。 公開の『』の挿入歌「ヤッターキング 2009夏! アニメ」のコーラスにピンクピッギーズとして参加。 録音は7月。 声優としては出演していない。 発売の『』特典ドラマCDに役で出演。 このドラマCDは川上の復帰を待って収録された。 なお、2009年発売の『』にも出演が告知されていたが、事情により出演キャストが変更になり、実際にはアテナは登場しなかった(発売も予定されていたから制作上の都合により延期された)。 (3日深夜)放送のテレビアニメ『』第9話に、役で出演。 テレビアニメでは約9か月ぶりの出演となった。 2010年• (3日深夜)放送のテレビアニメ『』に役で出演。 、に武道館にて行われたイベント『・フェスタ 遙か十年祭 in 武道館』の最終公演に当たる17日夜公演のみ、本人の肉声によるメッセージが流され、10年携わった思い入れの深い作品の記念すべきステージに立つことができない悔しさや、また元気になって必ずステージに戻ってくるとの決意などを語った。 なお、2008年10月から12月にかけて放送された『のだめカンタービレ 巴里編』には出演せず、のとおり代役が立てられた。 5月26日発売の『DARKER THAN BLACK -流星の双子-』Blu-ray・DVD第6巻にて、上記の『流星の双子』第9話と共に収録されているOVA『』第3話に、アンバー役で出演。 晩秋、ピンクピッギーズとしてコーラスのレコーディングに参加。 2011年• 発売 のOVA『』にキャロト役で出演、遺作となる。 本作品のブログの2010年の記事に、アフレコが「先日行われた」との記述がある。 エピソード [ ] の「 とも蔵」はラジオ番組『』の前身番組『川上とも子のメサCANネットワーク』で初めて1人でパーソナリティをつとめるのだから愛称があった方がいいという番組スタッフの提案で公募され、『少女革命ウテナ』の監督であるが無理矢理決定した。 その後自称にもなり、業界内でも定着した。 中学生時のニックネームは「かわこ」だった。 声優デビュー後は「ともちゃん」と呼ばれることが多く、デビュー当初より川上を知る声優やスタッフは今でも「ともちゃん」と呼ぶこともある。 また、当時は「川上」と自称していた。 マーブルと名付けたを飼っていたことがあり、『うさぎのみみたぶ』というタイトルはここから取られている。 2003年にマーブルを亡くした後は、アポロと名付けたを飼っていた。 川上は生まれのアポロを、マーブルの生まれ変わりとみなしていた。 が趣味(特に)であり、「とも蔵号」と名付けられた自家用車も仕様だった。 で走行したこともあったが、本人はが遅いと発言していた。 好きなはなど。 またデビュー以前に親交のあった山本には「歌を作ってもらうのが夢だった」と語り、ラジオCDのアルバムで実現した。 「あまえ隊っ!! 」のメンバーの1人。 男性に求めるのは「正義」とのこと。 2005年に発売された『極上生徒会』DVD第5巻の特典映像「第5回極上クイズ王決定戦」で自分が結婚相手に求めるものを問われた際に即答した。 愛読書は『』および『』で、本人いわく「愛眠の友」とのこと。 2008年に病気療養に入った後にの洗礼を受けている。 は「」。 後任 [ ] 川上の病気療養中・死後、持ち役を引き継いだのは以下の通り。 後任 役名 概要作品 後任の初担当作品 『』 第232話 『』 第206話 『』 『』 近江薫 『』 OVA版第二話 『』 第102話 第103話 『』 シーズン4 ママ(馬神ハヤ美) 『』 第32話 ナナリー・フレッチ 『』 『』 アシェア 『』 単行本第6巻限定版付属ドラマCD 千葉茜 『きみがいなけりゃ息もできない』 『きみがいなけりゃ息もできない2 きみがいるなら世界の果てでも』 ミレル 『』 『』 『』 OVA版 『』 『戦国BASARA モバイル』 キャンドルちゃん 『』 『』 『』 『』 2020年新作アニメ 『』 『』 『』 『』 『』 「 シリーズ」 『』 出演 [ ] 太字はメインキャラクター。 テレビアニメ [ ] 時期不明• (お姫様) 1994年• (男の子、星狼組) 1995年• (女子生徒2)• (女子高生)• ( 菜部サラダ)• ( 張宿、玉蘭) 1996年• (トランペット、少女)• (アネット、エミリィ)• (女子生徒2、女子部員A、女子部員2)• (若い女)• (ウエムラ・エリ、アイちゃん)• ( ピーコちゃん、ポン)• (1996年 - 2000年、カオリ、女の子C、女、少年C、〈少女期〉)• (灰田このは) 1997年• (1997年 - 2008年、女子社員B、南桜井、小池えり子、りょこたん)• (アネット、ピチ)• (女子学生B、女子大生)• ( 天上ウテナ)• (町娘)• ( クリス・クリストファ)• (1997年 - 2001年、、タカミ) 1998年• (リラベル)• (佐々木利佳)• (ハンミョウ)• (コーチ)• (子供、ケンジ〈初代〉)• (ピザ少女)• ( ルイルイ、ダークオコウ) 1999年• ( ミト) - 2シリーズ• (吉祥寺栄子)• ( ピンク)• ( ノエル )• ( あやめ)• (セーメ、りっちゃん)• ( ミミタン )• ( リコリス・ニールセン )• (1999年 - 2007年、キャンドルちゃん〈2代目〉、スターナ〈初代〉、ふきのとうくん〈代役〉) 2000年• ( 宮ノ下さつき )• (星野めぐみ)• (カーナ)• (音無上総)• (フェアリーA) 2001年• (藤崎円香)• (山野木モモ)• (シンシア)• (ピリカ、ミイネ・モンゴメリ)• ( シュガー)• (トォニ)• (森田クミコ)• (2001年 - 2003年、 進藤ヒカル )• ( ミレル)• (モニカ ) 2002年• (2002年 - 2006年、ナントカ・ド・カントカの店員、店員A)• (吉岡サキ)• (倉田佐祐理 )• (ナツミ)• (蘭玉)• (上村綾乃)• ( 松原優希 )• (レナ)• (アヤメ)• (プリンセス・プライド) 2003年• (シュテファン)• (新井木勇美)• (李厘)• (ルナ)• ( 鳴沢数馬、コンビニの店員)• (川崎雪子)• (華麗田さん、ちびあかり)• (天堂蘭)• (カヤル・ホーリング)• (カズチ)• (小奈美、マイ)• ( リディー、カボ)• (ワカバ) 2004年• (多岐川皐月)• (マリコ〈35番〉)• (美希)• (2004年 - 2008年、 〈初代〉、ヌイイ〈159話のみ〉、冬吉〈初代〉)• (李厘)• (ギャル)• (ルナ)• ( 小林あかね)• ( ヨーコ)• ( 元宮あかね)• (ヒロイン) 2005年• (2005年 - 2008年、 アテナ・グローリィ) - 3シリーズ• ( 森あい)• ( 神尾観鈴 )• (2005年 - 2006年、 生稲雛美) - 2シリーズ• ( ルル・アージェス)• (アイリス、フラウ)• ( シンディ真鍋、サンデー真鍋〈シンディの母〉)• (黒田亜矢)• ( エルニィ立花)• (双翅)• (エリス・ワズマイヤ)• ( 〈初代〉)• (アン王女)• (リネン)• (プリンセス・プライド)• (アマンダ) 2006年• (呉竹)• (海野聡)• (倉田佐祐理 )• (クラウディウス)• ( )• ( ナツミ)• ( 風林寺美羽)• ( プリリン) - ドラマ『』より• (少年)• (あき)• (ルル)• (プリンセス・プライド) 2007年• ( エミリー・バード・スター)• ( 幻想世界の少女)• ( アンバー)• (エリーゼ 、プリリン)• (カサゴル)• (マギー・ヒラオカ、たっくん)• (立松浩)• ( 春日望美)• (平本恵) 2008年• ( 幻想世界の少女)• (伏田すばる)• (池田蘭子) 2009年• (アンバー) 2010年• (エリーゼ、プリリン)• ( 春日望美) OVA [ ] 1995年• (女学生A)• (女) 1996年• (イゼルローン軍女性下士官)• (張宿、子供)• (看護婦) 1997年• (鹿島倫子)• (リキエル、劇場アナウンス)• ( クリス・クリストファー)• (佐伯夏奈子)• (女子A) 1999年• (かわぐちともこ、もりためぐみ)• ( 七宮若菜) 2000年• ( ユミ) 2001年• (我々守むつみ) 2002年• ( 桂木和美 )• ( 元宮あかね)• ( 小野田優良) 2003年• ( マーガレット・ハート )• ( 高倉花梨) 2004年• (元気)• (リリィ・ブリッジ) 2005年• (岬今日子)• (楠友華、犬ヨリ)• (リィル・バルダー) 2006年• Kanon PRELUDE(倉田佐祐理) 2007年• ( アテナ・グローリィ)• (近江薫〈初代〉)• (火煉)• (ミミロル) 2008年• (ミミロル) 2010年• (アンバー) 2011年• (キャロト) 劇場アニメ [ ] 1998年• (ウエムラ・エリ)• (モモ) 1999年• ( ミシェル・イガ)• ( 天上ウテナ)• (浜本晶子) 2000年• (佐々木利佳 ) 2001年• (玻璃 ) 2005年• ( 神尾観鈴) 2006年• ( 元宮あかね)• (砕蜂)• ( 日向冬樹) 2007年• (砕蜂)• (ヒカリのミミロル)• ( 日向冬樹) 2008年• (砕蜂)• (ヒカリのミミロル)• ( 日向冬樹) 2009年• ( 日向冬樹)• ( 日向冬樹) 2015年• (2006年、)• (2008年、設楽) ゲーム [ ] 2012年以降の作品は全て生前の収録音声を使用したライブラリー出演。 1996年• エルフを狩るモノたち -完全版-(エミリィ、アネット、レジの女の子)• エルフを狩るモノたち -花札編-(アネット、セリーナ)• (蘭花)• 黒の剣 -Blade of the Darkness-(ガルサ)• (クンクン)• ( ティーナ)• (神田紗由里)• ( 蓮宮瀬里奈)• (天野理路) 1998年• (イクシー)• ガイナロックR(イオ)• (ウエイトレス)• ( ソディナ・ドーンフリード)• ( 天上ウテナ)• (アリシア)• (アマッタン)• (灰田このは)• ( クラレット)• ( レアナ) 1999年• ( ルビー)• (フェルス・ブランデン)• (広瀬真希)• (北川マリ、中山佐織)• ( ナツミ、チャル)• (アイリン・M・エーデルワイス)• ( 名城瞳)• ( 七瀬かすみ)• (チュートリアルでのナレーター)• ラブラブトロッコ 〜二人の恋のメロディ〜(ギー)• ラングリッサーミレニアム( ネイ・リイスン)• ( メル) 2000年• ( 川島優夏)• ( アイカ)• (倉田佐祐理)• ( 綾小路どつぼ)• ( 元宮あかね) 2001年• ( 神尾観鈴)• ( 山田麗奈)• (ロロ)• (藤崎円香)• ( シャルローネ・クラウディオス)• 2001()• シリーズ( 賢作)• (シレーヌ)• ( ナツミ)• (モエ) 2002年• ( 海野聡)• ( 浅葱ミカ)• ( ルティナ)• 2002(メイ・リー)• ( ナツミ)• ( ナナリー・フレッチ)• (藤井奈津実)• ( 芳野雨音)• ( サン・フラワー)• ( )• (新見沙紀) 2003年• ( 山田麗奈)• (ピリカ)• ( クレア・ルーデンドルフ)• ( 神楽夏希)• (イクシー)• ( 川島優夏) 2004年• 学園ヘヴン BOY'S LOVE SCRAMBLE! Type B( 海野聡)• ( ナツミ、 チャル)• ( 日向冬樹)• (ピリカ、ルドセブ・ミュンツァー)• (蘭玉)• (ルナ)• ( 神楽夏希)• ( 一之瀬伽月)• ( 春日望美)• (サーシャ) 2005年• 学園ヘヴン おかわりっ! BOY'S LOVE ATTACK! ( 海野聡)• ( 日向冬樹)• (シンディ真鍋)• (ナツミ)• ( ナツミ、チャル)• ( )• ( )• ( 春日望美)• (ユアン=オンリー、カタリーナ・ウィル・アルカイック) 2006年• ( アテナ・グローリィ)• ( 森あい)• ケロロ軍曹 演習だヨ! 全員集合パート2( 日向冬樹)• ( ナツミ、 チャル)• ( いつき)• (ナナリー・フレッチ)• ( 春日望美)• BLEACH DS 蒼天に駆ける運命(砕蜂)• BLEACH 〜ヒート・ザ・ソウル3〜(砕蜂)• BLEACH 〜ブレイド・バトラーズ〜(砕蜂)• (藤原和美、中江里奈) 2007年• (2007年 - 2019年、、レイチェル・ランサム〈SPIRITS - 〉) - 6作品• (ナツミ)• (カディエ、ティッキー)• ( いつき)• BLEACH 〜ブレイド・バトラーズ2nd〜(砕蜂) 2008年• ( アテナ・グローリィ)• (双翅)• (2008年 - 2018年、 〈X)、) - 4作品• ( 日向冬樹)• Daylight -朝に光の冠を-(ベナ・トール・クルサフォンティア)• ( 葦原千尋)• 遙かなる時空の中で 夢浮橋( 元宮あかね、 高倉花梨、 春日望美)• BLEACH 〜ヒート・ザ・ソウル5〜(砕蜂)• ( 大河内マリア) 2009年• ( いつき)• ( 日向冬樹)• (ナナリー・フレッチ) 2011年• (いつき) 2016年• ARIA 〜AQUA RITMO〜(アテナ・グローリィ ) 吹き替え [ ]• (リン・ユエチェン)• (レナ)• (キャロル・ガーバー)• ( アマンダ())• (マディー・ハンプトン:Season 5)• シリーズ• シーズン6 135(ニコラス・ロザート〈カイル・サリヴァン〉)• シーズン9 185(サラ〈エリザベス・ライス〉)• シーズン11 240(ビクター・ホプキンス〈マーク・ジョン・ジェフリーズ〉)• シーズン12 266(ショーン〈ブレーデン・レマスターズ〉)• ( 仔馬)• ( アレックス・マック)• (友人)• (ニコール・ウエスト)• (レクサス 他)• (ホリデイ〈〉)• (エリー:Season2 10 ブラス警部の娘)• (ジュリー)• (ガブリエル)• (クリスティーン・レイノルズ)• (ケイラ〈レイチェル・G・フォックス〉)• (フライ・ガール)• (ベス)• ( アン・マリー〈〉)• (リリー・ギャラガー)• ( サガ)• ( ジュリエット〈〉) 実写 [ ]• さんすうみつけた()• SUPER VOICE WORLD 夢と自由とハプニング DVD• DVD VOiCE ANIMAGE vol. Cyber Project TV(独立放送局、)• (、放送分) ラジオ [ ]• 川上とも子のメサCANネットワーク• EX みかととも蔵のわくわくたまご• Kanon -The snow talks memories- 雪降る街の物語 - 全13回、と• Lazy Junk Night( - 、不定期レギュラー)• (2001年10月 - 3月) CD [ ] アルバム [ ]• 人生なに色? (1998年12月23日)• ADOLECENCE DOLL(1999年8月6日)• ミレニアム・シリーズ タイムカプセルVol. 8〜せつなさはタカラモノ〜 (2000年11月22日) キャラクターソングCD [ ]• 紅い伝承(張宿)• きゃらそんDE渇っ!! (生稲雛美)• キャラクターソングシリーズ『スペシャルなevery day』(森あい)• シリーズ(日向冬樹)• シリーズ(シンディ真鍋)• 後期エンディングテーマ:「(ミラクル)」(2005年7月21日 GBCM-4)• ベストアルバム 極上音楽集 (2005年11月10日 GBCA-3)• windy winding road• MPD PSYCHO サイコ サウンド• 作品集ベストセレクションシリーズVOL. (翔太)• (いちか)• 斉藤茅乃• シリーズ( アテナ・グローリィ)• ARIA The ANIMATION Drama CD I - BLUE• ARIA The ANIMATION Drama CD III - ORANGE• ARIA The NATURAL Drama CD I• ARIA The NATURAL Drama CD II• ARIA The ORIGINATION Drama CD III 花• (佐倉凌子)• ( 尼子崎初子)• Fight Fire With Fire(キミカ)• シリーズ( 神尾観鈴)• ドラマCD AIR 第1巻 神尾観鈴・DREAM 前編• ドラマCD AIR 第4巻 神尾観鈴・DREAM 後編• ドラマCD AIR 第8巻 AIR 前編• ドラマCD AIR 第9巻 AIR 後編• ( アシェア〈 アシェアブルカ・フアジャール〉)• ( 両儀式)• ( 三宅千乃)• シリーズ( シャルローネ・クラウディオス)• グローランサーII Codition of Knight• グローランサーII Pride of Knight• シリーズ( 日向冬樹)• ケロロ軍曹 地球(ペコポン)侵略CD• ケロロ軍曹 宇宙でもっともギリギリなCD 第5巻• (アブリル・ブラッドリー)• サウンド・ストーリー サイコ(磋碕アユキサ)• (礼子)• ( 桂木和美)• ドラマCD第2巻(ルナ)• (犬村雛衣)• 声優物語( 空埜真蒼)• シリーズ( 小林あかね)• (案内係)• ( 九堂二葉)• (由詩)• ( 紅月司)• ( 早坂のぞみ)• ( メニー・マリオン)• ( 一条豊花)• 1・2巻( 芳野雨音)• (元宮あかね、高倉花梨、春日望美、葦原千尋)• ( 藤丸ゆかり)• (七味唐子)• (楠友華)• (藤咲朋美)• 呼び声の物語(日下部稜子)• ( 兎丸比乃)• (荏隅貝、小沢ユウナ、ヨナ)• 挿入歌「ミルナの禁忌」(with 、桂川千絵、作詞:)• ( 薬師寺涼子)• 異国色恋浪漫譚(近江薫)• (白金やわら)• (ハッピー)• ( シアン)• ラングリッサーV( クラレット) その他CD [ ]• SONIC GUM ラジオスペシャル あまえないでよっ!! ラジオCD(ワニブックスWeb通販限定)• 川上とも子ラジオショーVol. 1 うさぎのみみたぶ番外編「Marble」• うさぎのみみたぶ 特撮 [ ]• (マユミの声) その他 [ ]• 『』CMアニメーション(ロロ)• ( 月人リツキ)ダウンロード販売のボイスドラマ• StudioGIW ボイスドラマ vol. StudioGIW ボイスドラマ vol. 2 〜溜息月華〜 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ピンク・ピッギーズのメンバーとしてのデビューは(アルバム『』)。 川上卒業後の、ぷろだくしょんバオバブから独立し、ビジュアル・スペース俳優養成所。 はバオバブ学園での(声優としては数少ない)先輩。 の声優デビュー作『』ではが丸米金太役でレギュラー。 初レギュラー『』では子安とは張宿(川上)と同じの星宿役と井宿役、三木は主人公の兄の役でいずれもレギュラー。 の初主演『』では子安が役でレギュラー(の劇場版『』でも桐生冬芽役で出演)。 1997年の海外ドラマ初レギュラー『』は三木の初主演作でもあり(クリスティーンの兄のポール役)、関もメインキャラクターのアレックス役でレギュラー。 - の『』シリーズでは三木と関が主人公に仕えるメインキャラクターであるの役。 放送開始(病気療養のため川上が降板、ただしのには出演)の『』では子安がの役でレギュラー。 - のテレビアニメ『』では関が主人公の役、川上がメインヒロインの役。 最後のレギュラー出演となった2010年の『』では関がメインキャラクター(野田恵に次ぐ主人公)の役。 遺作となったの『』でもシエント役の関と共演、ジャケットやエンディングクレジットでも名前が続けて表記されている。 ほか、3人とはこれ以外にも共演多数。 一方、とは共演の機会はそれほど多くなかったが、『』で2年半ともにパーソナリティを務めた。 また、仕事以外でも、三木とはが設立したチーム「ロボットレーシング」のチームメイトで、2007年、2008年、2010年のにともに参加している。 渡辺美佐はバオバブ学園では川上の後輩だが、桐朋短大では川上の先輩。 新房が監督を務めたの『』では、川上はメインキャラクターの七宮若菜を演じている。 在学中の所属クラスやクラス編成は未確認。 が結成したクリエイター集団で、『少女革命ウテナ』の企画原作チーム。 監督・は。 以後、阿部が監督・録音演出の作品では『』ではメインキャラクターの役でレギュラー、放送開始の『』では役で準レギュラー。 また、阿部はラジオ『』にゲスト出演している。 放送開始は10月で、『ZMAPのLIPS FACTORY』でのレギュラー定着よりも後。 の広報番組。 当時メサイヤ(その後プロデューサー)の松澤博と共演。 「インターネットラジオ」を称していたが、実際には。 ただし、同じくツーファイブがドリーム・トレイン・インターネットの協力により配信した生放送の『・のまるみえねっと』がに開始している。 『』公開時の『』の特集記事。 のデビューは1995年、のデビューは、川上の声優デビューはのとおり1994年。 降板後に公開された映画『』では川上が事前に収録した音声が使用された。 佐藤はテレビアニメ版でのチャルの声を担当していた。 のとおり、死去後に発売された。 『』(2008年)、『』『for Wii U』(2014年)、『』(2018年)• ゲーム本編にはキャラクターのみが登場、川上は出演していない。 出典 [ ]• ただし、本作がデビュー作であるとは記載されていない。 MSN産経ニュース. 2011年6月10日 2011年6月10日閲覧。 2011年6月10日 2011年6月10日閲覧。 小川びい『こだわりの声優事典'97』〈ロマンアルバム〉、1997年3月10日、41頁。 ビジュアル・スペース. 2006年1月15日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年2月26日閲覧。 「EVENT NOW 山本正之'88」『』第14巻第2号、、1988年1月、 83頁。 名前は紹介されていないが、掲載されている写真で当時の川上や武政弘子の姿が確認できる。 スワッチのアニメ日記. 2012年2月26日閲覧。 映像テクノアカデミア. 2012年3月1日閲覧。 卒業生として川上が紹介されている。 映像テクノアカデミア. 東北新社 2011年12月26日. 2014年3月15日閲覧。 映像テクノアカデミア. 東北新社. 2014年3月15日閲覧。 映像テクノアカデミア. 東北新社. 2014年3月15日閲覧。 責任編集: 原口正宏「ボイス・パーフェクト・データ」『ロマンアルバム ボイス・アニメージュ VOL. 7』、徳間書店、1996年、 126頁。 『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』構成・編集: ()、少女革命ウテナ、1999年8月7日、28 - 29頁。 『』Vol. 430、431より。 のサービス終了により、2012年2月28日の時点ではリンク切れ。 スタジオ雄 2009年1月30日. 2012年2月28日閲覧。 ご案内: 緒方恵美. 2011年5月27日放送. 該当時間:48分50秒 - 49分30秒 2013年10月6日時点のよりアーカイブ。 2012年2月28日閲覧。 J-CASTニュース 2011年6月10日. 2011年6月11日閲覧。 朴 璐美オフィシャルブログ. 2012年2月26日閲覧。 真人の部屋. 2012年2月26日閲覧。 イクニのメルとも蔵Blog. 四国放送. 2012年2月26日閲覧。 水島裕 2011年6月13日. 水島裕 公式ブログ YU THE DEBUGON. 2012年2月26日閲覧。 2012年2月26日閲覧。 朴璐美 2011年6月12日. 朴 璐美オフィシャルブログ. 2012年2月26日閲覧。 朴璐美 2011年6月13日. 2012年2月26日閲覧。 千葉進歩 2011年6月15日. 千葉進歩 本人による日記 縁側の日差し. 2012年2月26日閲覧。 西村ちなみ 2011年6月17日. アメリカの夜・デスティネーション. 2012年2月26日閲覧。 西村ちなみ 2011年7月1日. 2012年2月26日閲覧。 桑島法子 2011年6月16日. 桑島法子のちょこっと話 ときどき来るね。. 2012年2月26日閲覧。 雪野五月 2011年6月11日. 雪野五月 オフィシャルブログ じぶん流. 2012年2月26日閲覧。 水樹奈々 2011年6月10日. 水樹奈々 公式サイト NANAPARTY. 2014年8月23日閲覧。 番組情報. 2012年2月26日閲覧。 あにてれ ポケモンスマッシュ!. テレビ東京. 2012年2月26日閲覧。 クラブサンデー. 2012年2月26日閲覧。 『』〈少年サンデーコミックス〉、2011年11月。 2012年2月26日閲覧。 OVAはコミックと同梱されているDVDに収録されている。 2012年3月2日. 2012年10月19日閲覧。 TOWER RECORDS ONLINE. 2012年3月2日. 2012年10月19日閲覧。 声優アワード実行委員会. 2012年3月4日閲覧。 声優アワード実行委員会. 2012年9月5日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年3月9日閲覧。 CDのChapter 2 「Cast Talk」での・・の会話より。 技の旅人更新記録 2010年9月25日. 2012年2月26日閲覧。 b-boy WEB. 2010年2月10日閲覧。 [ ]• 、 2020年4月14日閲覧。 、 2019年9月8日閲覧。 ぴえろ公式サイト. 2017年2月5日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月22日閲覧。 STAFFオフィシャルホームページ. 2017年3月19日閲覧。 ぴえろ公式サイト. 2016年5月3日閲覧。 タツノコプロ. 2016年6月11日閲覧。 ぴえろ公式サイト. 2016年5月17日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月9日閲覧。 Kanon. 2017年3月12日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月12日閲覧。 GONZO公式サイト. 2016年6月28日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月22日閲覧。 メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年3月22日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月25日閲覧。 メディア芸術データベース. 2017年2月12日閲覧。 徳間書店. 2017年2月11日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月4日閲覧。 マッドハウス. 2016年5月22日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月22日閲覧。 2015年4月6日閲覧。 電撃オンライン. 2016年1月29日閲覧。 外部リンク [ ]• - (2010年1月11日アーカイブ分).

次の