持続化給付金確定申告書受付印がない。 開業届出書を出していないと 持続化給付金はもらえない?

【コロナ支援】「持続化給付金」必要な確定申告書類:電子申告(e

持続化給付金確定申告書受付印がない

1 はじめに サーバーがダウンしたとかいろいろ迷走している持続化給付金ですが,その証拠書類として要求されている確定申告書に受付印がない場合の対処法をまとめておきます。 2 基本的に2019年度の確定申告書に受付印が押されていないとダメ 郵送で1通だけ送っている場合や,控えを持参していなかった場合など,手持ちの確定申告書(白色でも青色でも)に受付印が押されていない場合,持続化給付金の証拠書類としての要件を満たしません(以下のPDFいずれも15頁参照)。 なので,受付印がなされていない確定申告書を提出しても審査ではじかれてしまいます。 個人 法人 3 個人なら納税証明書を取得する そこで,なんとかこの要件をクリアできるようにしたいところですが,まず,個人であれば,税務署で,提出する確定申告書類の年度(2019年度)の「納税証明書(その2 所得金額用)」(事業所得金額の記載のあるもの)を取得して,これとあわせて提出することでクリアできます。 詳しくは個人用PDFの18Pを参照。 なお,「納税証明書その2」については,所得が0であっても発行してもらえるようです。 納税証明書については,以下のサイトを参照されてください。 要は,税理士さんに署名押印してもらった書類で去年の売上を証明できればOKということのようです。 「去年の分の確定申告書類の控えには受付印が押されていないけど,一昨年の分の確定申告書類の控えには受付印が押されている」という事態はあまり生じなさそうですので,法人の場合は,税理士さんにお願いすることが多くなりそうです。 ただ,そもそも税理士さんにお願いしているのであれば,受付印や受信通知がないということは少ないのでは・・・という感じもします。 5 それでもダメなら個人情報の開示請求 上記の各方法で要件をクリアできない場合は,税務署に対し,「保有個人情報の開示請求」という手続を行い,保管されている確定申告書の写しを取得するという方法が考えられます。 なお,受付印が必要とされているのは,確定申告書第一表ないし別表一の写しのみであり,所得税青色申告決算書や法人事業概況説明書については求められていません(いずれもPDF15頁参照)。 というか,少なくとも個人事業主に関しては,基本的に申告する側から申し出ないと決算書等には受付印を押してもらえません。 なので,開示請求にあたっては,とりあえず確定申告書第一表ないし別表一を請求すれば足り,まったく控えを取っていない等の理由がない限りは,所得税青色申告決算書や法人事業概況説明書 についてまで請求する必要はありません。 私は,過去に一度だけ保有個人情報の開示請求をしたことがありますが,所得税青色申告決算書に絞って請求したためか1週間程度で開示がなされました。 より手堅く行くために,決算書等までまとめて開示請求するというのはありなのですが,書類が増えると開示されるまでの時間が長くなりそうですので,その辺はお気をつけください。 ちなみに,個人情報開示請求の具体的手続については,以下のマネーフォワードさんのページによくまとまっています。 moneyforward. 2追記) 5月1日時点では,ログイン画面からログインできない等の問題があったようですが,5月2日9時ころ現在ではそれなりに解消されているようです。 7 申請方法とか(R2. 2追記) 申請にあたっては,証拠資料の画像をアップロードしたりする部分があるので,カメラ付きのスマートフォンやタブレット端末から申請するのが楽かもしれません。 補足 持続化「補助金」とは別物である(R2. 2追記) 持続化給付金は,何かの取り組みを行う際の費用の一部を出してもらえる「補助金」とは別の制度です。 上記PDFのいずれも6頁に書いてあるとおり,持続化給付金の給付要件には,投資を伴う取組をすることは含まれていません。 したがって,先にお金を出す(投資を伴う取り組みを行う)必要はありません。 なお,令和2年度補正予算小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)については,以下のサイト等を参照してください。 補足2 そもそも確定申告していない個人の場合(R2. 2) この場合については,個人用PDFの26頁に記載があります。 ) ただし,この場合は,上記書面記載の収入金額から月平均額を割り出し,2020年の対象月の売上が,割り出した月平均額との比較で50%以上減少している必要があります。 ただし,この場合は,対象月の売上と,2018年分の内容を比較することになります。

次の

確定申告していない場合は持続化給付金100万円(法人は200万円)はもらえない?

持続化給付金確定申告書受付印がない

(国税庁HP• 1件につき300円の印紙• 本人確認書類 (運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード表面など)• ちなみに、 確定申告書の控えは、開示請求をした 当日その場でもらうことはできません。 後日、税務署の窓口で受け取るか、郵送で受け取る形になります。 郵送で受け取る場合は住民票だけでなく、返信用の切手が必要になります。 窓口で受け取る場合は住民票も切手も必要ありません。 マイナンバーカードは個人番号が記載された裏面のコピーは必要ありません。 いやいや、そんなことでは持続化給付金の申請に間に合わない! 起業家B吉 そのような場合は、取り急ぎの方法もあります。 「 持続化給付金」の申請については、確定申告書類の控えに収受印が押印されていない場合は、収受印の代わりとして 納税証明書(その2)があれば、収受印代わりとすることができます。 納税証明書(その2)とは、所得金額を証明するものです。 収受印が押印されていない確定申告書であっても、納税証明書(その2)の所得金額と一致していればOKという判断になっています。 ちなみに、納税証明書(その2)は、税務署で申請して取得します。 取得方法には窓口、郵送、オンラインがあります。 詳しくは、国税庁のホームページでご確認ください。 国税庁HP:「」.

次の

持続化給付金の添付書類の添付方法の注意点

持続化給付金確定申告書受付印がない

持続化給付金 確定申告の控え 例外について 持続化給付金の申請には、証拠書類に「確定申告書第一表」が必要です。 原則は、 確定申告書第一表の控えには収受日付印の押印。 ただし、次のとおり、公式サイトで例外を2つ用意してます 証拠書類「確定申告書第一表」 (中略) 【例外1】 収受日付印がない場合、「納税証明書(その2所得金額用)」の提出で代替できます。 この場合、収受印等のない確定申告書第一表の控え、 及び所得税青色申告決算書の控えを用いることができます。 【例外2】 例外1によることもできず、「納税証明書(その2所得金額用)」による代替提出 がない場合も申請を受け付けますが、内容の確認等に時間を要するため、給付までに通常よりも大幅に時間を要します 別添できる「納税証明書」は、発行に時間がかかるし、有料。 やむを得ず、【例外2】を期待して申請したとのこと。 入金があまりに遅かったら【例外1】の対応を進めようとしましたが、思いの外早く入金されてましたね。 持続化給付金 6月中旬の入金状況(Twitter) 6月に入り、入金連絡が目立つようになりました。 加速しています。 入金あり(収受印なし) 持続化給付金、雑所得です。 確定申告書 収受印あり に 『雑所得に記入していますが、事業所得で主たる収入です。 収支内訳書と源泉徴収票を添付します。 』 と赤文字で記載。 開示請求です。 所属の税務署により、速度感が異なるようです。 当日中にできる場合や、最大2週間かかると言われる場合など。 早めに対応してもらえるなら、この方のように写真を撮るのもありだと思います。 (申請添付は写真でもOK ).

次の