鼻が黒い。 皮膚科医も推奨!イチゴ鼻の正しい治し方

黒い鼻水が出る現象の原因は意外なものだった!!

鼻が黒い

「 鼻くそが黒いのですが・・・」 という質問を結構な頻度で頂きます。 今回は 鼻くそ、鼻水が黒くなる原因を説明させていただきます。 スポンサーリンク 大気がかなり汚れている 中国で問題となっている 「PM2.5」 「黄砂」 これらは、 日本においても報道されている通り、 かなりの影響を受けております。 中国に近い、 福岡県や熊本県、長崎県、沖縄県を中心とする九州地方だけでなく、愛媛県、徳島県、香川県、高知県の四国地方においても、多く飛散していることが確認されております。 特にPM2. 5については、研究する中で「鼻くそが黒くなる」という報告が多く見受けられます。 また、 PM2. 5は体内に入り込みやすい性質であるため、鼻くそが黒くなる方は、それをバロメータとしマスク等をされることをオススメします。 PM2. 5は粒子が小さいため、PM2. 5に対応したマスクをして下さい。 鼻水、鼻くそに鼻血が混じっている 「鼻くそ、鼻水が黒い」と思っていたら、 実は「鼻血が混じっていた」という事は多々あります。 上記の「大気の汚れ」より、一般的にはこちらの可能性の方が高いのでは、と考えます。 実際に当サイトで一番見られているページは、 「」です。 鼻粘膜が傷つきやすい状態の場合は、些細な刺激でも破れ、出血します。 また、病気による鼻血の場合、鼻を触らずとも血が滲み出てきます。 そのため、 知らずしらずの間に出たうっすらとした鼻血により、黒っぽい鼻くそが出る可能性は高いです。 また、毛細血管からの出血は鮮明な赤い血ですが、その血がどこかで溜まり続けている場合は、黒く変化してきます。 その為、一般的に起こりやすい 副鼻腔炎 蓄膿症 の可能性もあります。 記載内容についての注意点 当サイトに掲載した情報に関して、管理人の経験や、調べた知識、収集した情報をもとにできる限り正確なものを提供できるように努めております。 しかし、必ずしも正確な情報でない場合があります。 また、私が独自に集めた情報を分析し統計を取った上での記載もあります。 そのため、偏った情報・意見も含まれている可能性もあります。 それら理由より、当サイト上の情報においては、正確性を期しておりますが、確実性・安全性は保障しかねます。 特に、医療・健康に関する情報は、Webサイトで得られるような一般的な情報だけでは対応できない、または全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。 以上のことを踏まえ、当サイトのご利用は、利用者様の自己責任による判断でお願い致します。 万が一、当サイトに掲載された情報に起因してトラブル等が発生した場合でも、管理人は一切の責任を負わないことをご了承ください。

次の

鼻の黒いぶつぶつを治す方法って?正しい治し方を徹底解説!

鼻が黒い

黒い点々の正体や原因について 鼻にできる黒いポツポツの正体…それは 「角栓」です。 顔の毛穴に詰まった皮脂や角質は「角栓(かくせん)」と呼ばれ、 ニキビの原因としてご存知の方も多いのではないでしょうか。 皮脂や角質以外にも、 ほこりや老廃物、メイクの洗い残しなど、いろいろな汚れで毛穴は詰まってしまいます。 毛穴が詰まっているときは、お肌の手触りもザラザラしているのが特徴です。 この詰まった汚れが、酸化して固まってしまうと、皮膚の表面に黒い点々となって現れ、毛穴を広げてしまいます。 これにより、広がった毛穴の影でさらに黒い点々が目立ってしまう状態に陥っているのです。 角栓を撃退して黒い点々を消しましょう 黒い点々を改善するには、点々の元である角栓を撃退することが肝心です! 角栓を撃退する方法…難しいことや特別なことは必要ありません! 毎日正しいスキンケアをえば、自然と角栓はなくなっていくのです。 それでは正しいスキンケアとはどのようなスキンケアなのでしょうか。 正しいクレンジング ファンデーションなどの化粧品には油分が含まれています。 ずっと化粧をしたままの状態は、この油分に空気中の汚れがついて汚れがたまってしまいます。 したがって、化粧は必ず落とすようにしましょう。 クレンジングオイルでやさしくマッサージすると、毛穴に詰まった汚れをきれいに落とすことができます。 正しい洗顔 朝などは面倒だからと水だけで洗顔したりしていませんか。 水だけでは汚れをきれいに落とすことができません。 毛穴の汚れ落としにはピーリングやパックなど、いろいろな毛穴専用洗顔料も販売されていますが、これらはお肌への刺激が強いので、かえって毛穴を広げ、汚れがたまりやすくなってしまう可能性があります。 ピーリングやパックよりも、 肌への刺激が少ない酵素洗顔がおすすめです。 そのほかスクラブ入りの洗顔料もおすすめです。 スクラブには、肌の表面にある古くなった角質や余分な皮脂を吸着して取り除く効果が期待できます。 一口にスクラブ入り洗顔料といっても色々な種類があります。 こちらもピーリングやパックと同様、 あまりに刺激が強すぎるとかえって逆効果になりますので、お肌を優しく洗浄するこんにゃく成分が含まれているものがおすすめです。 正しい保湿 お肌がきれいさっぱりきれいになった後、べたつくからと保湿をおろそかにするのは本末転倒です。 お肌を保湿することで、水分の蒸発を防ぎ、角栓の元となる過剰な皮脂の分泌を抑えることができます。 お肌を健やかに保つには、保湿がとにかく大切なのです。 スポンサーリンク 角栓以外で黒い点々ができる原因 実は角栓以外の原因で黒い点々ができている可能性も考えられます。 点々ができている、というより、 黒い点々に「見えてしまう」というのが正しい表現です。 角栓ケアはきちんとしたのに黒い点々がなくならない!そんな方はこれからご紹介する原因が関係しているかもしれません。 うぶ毛 角栓ではなく、なんと埋もれたうぶ毛のせいで毛穴が黒ずんで見えることがあるのです!よ~く観察してみてください。 黒い点々の正体は黒いうぶ毛なのです。 ニキビ肌や敏感肌でない場合には、お顔のうぶ毛は剃ったほうが良いでしょう。 色素沈着 日焼けをすると皮膚が黒くなりますよね。 毛穴も例外ではなく、日焼けによって皮膚を黒くなる元であるメラニン色素が増えると毛穴も黒くなってしまうのです! 日焼けする機会が多い方は日焼け止めを必ず塗り、美白成分のある化粧水などを使うと良いでしょう。 関連記事: 最後に いかがでしたか。 鼻の横の黒い点々の正体について理解できたでしょうか? 毎日正しいスキンケアを行うことは、鼻の横の黒い点々以外でも美肌には欠かせないことですので、紹介したことをしっかりと実践して下さいね。 また、黒いポツポツの原因は「角栓」以外にもあることもお伝えしました。 原因をしっかりと見極めてサラサラ小鼻を目指しましょう。

次の

セキセイインコの鼻が黒いです。

鼻が黒い

急激に鼻の黒ずみを取ろうとせず、泡洗顔と保湿を基本としながら• ゆっくり急がずに毛穴詰まりを改善し、毛穴を健康状態にしていく。 何を隠そう、 これが本当の意味での【美肌への近道】となります。 かく言う私も、以前はそのように思っていましたよ。 結局のところは、鼻の黒ずみが出来たら 『即効で取り除く』という発想ではなくて、 鼻の黒ずみが出来ないようなケアを毎日地道に継続していくことがもっとも大切なポイントです。 それが結局、長い目で見るならば、鼻の黒ずみが出来にくい 【健康な毛穴に改善されていく】ことになるのです。 先ずは毛穴を開く! お風呂に入っているときは、湯船の蒸気などでお肌をじっくりゆっくり温めます。 とにかくも鼻全体を、ゆっくりじっくりと温めましょう。 実際に、どこまで鼻の黒ずみが取れるのか、わたくしブログ管理人が試してみました! 時間がたったならコットンなどで、やさしくつかみ取るように落とします。 無謀なケアは、お肌にとってはまさに拷問なのです。 やめましょう。 このオロナインやワセリンを使った方法の感想は、 「即効性としては有りですが、長い目で見ると果たしてどうなのかな~」と言った感じです。。 何と言ってもお肌はとても敏感ですし、やさしくじっくりがスキンケアの原則ですからね。 この方法で黒ずみが取れたとしても、ある程度の時間が経つとまた同じように黒ずみが出来てしまう可能性が高いようです。 実際に管理人は、 しばらくしてまた黒ずみが出来てしまいました(泣)。 酵素洗顔は、古い角質や角栓・鼻の黒ずみのような毛穴の汚れのお手入れに向いている、おすすめの洗顔です。 でも、 やり過ぎは禁物。 肌の負担も大きいため、本当に気になるタイミングだけ行うなど、 酵素洗顔する場合には、それをやる回数の頻度に充分に注意して行うことが大事です。 泡洗顔で人気が高いのは クレイを使った洗顔です。 クレイとは【泥】のことで、天然ミネラルを含む粉状粘土を主成分とした洗顔フォームで、お肌を洗顔するわけです。 粒子がとても小さいので、 毛穴まで浸透して黒ずみの汚れを吸着する特性を持っているクレイ洗顔。 お肌を傷つけずに毛穴の汚れを取り去ってくれるので、人気があります。 洗顔後は良くすすいで最後は水で! 洗顔後は、よ~くすすぎましょう。 しっかりとすすがないと、洗顔フォームが毛穴に残ってしまい酸化します。 酸化とは要するに錆びる(さびる)事 ですから、これはお肌の大敵! それでは何のための洗顔なのか、分からなくなってしまいます。 保湿はお肌にとって超大事! 化粧水や乳液等で、きちんとスキンケアを行います。 油分の多いクリーム等の使用は、なるべく控えめにしましょう。 そして、保湿成分の高いスキンケア用品で、お肌をケアしてあげましょう。 乾燥したお肌というのは、水分が不足した状態のお肌と言う事。 乾燥してカサカサのお肌は、細かなシワシワが付いたような状態ですから、 うるおい肌とは程遠くて、『お肌が悲鳴をあげている悲惨な状態』なのです。 赤ちゃんのプヨプヨプルプルお肌をリアルに思い出してみて下さい。 一日や二日では、大きな効果は感じられないかもしれませんが、一週間から二週間くらい続けると、 「あれっ?」という小さな変化に気付くと思います。 何事もゆっくりコツコツ。 じっくりコツコツ。 たとえば体をこすると出てくる垢(あか)もたんぱく質なので、成分的には同じような感じなんですね。 そのまま放置してしまうと酸化の原因になってしまうので、やはり鼻の黒ずみは取り除くことを心掛けた方が良いです。 しかしながら実際には、 鼻の角栓(黒ずみ)って本当になかなか取れないのが現実です。 毎日しっかり洗顔しても、多少は毛穴の黒ずみが残ってしまう。。 それを気にすればするほど、黒ずみが目立って見えてしまうし。。 だからついつい、即効性のある方法に走ってしまうという方が多いんだと思います。 かく言う管理人もそうでしたので。 でも、そこはグッとこらえて、 地道に毎日のていねいな洗顔を継続して続けていきましょう。 【急がば回れ!】そのほうが結果的にはお肌のケアになり、鼻の黒ずみを取り除いていき、良い結果を招く可能性が高くなるのです。 オリーブオイルも効果があるらしい! オリーブオイルを使った方法も、口コミでは人気でした。 それでも「えっ?食用油を鼻に塗るの?!」と言うデリケートな方は、 薬局で手に入る日本薬局方オリーブ油で試してみるといいでしょう。 とても大事なことですので、もう一度確認してみましょう。 洗顔の前には鼻を ゆっくりと温めてあげる• 洗顔フォームで洗顔した後、 すすぎは充分に行う• 保湿剤で鼻が 乾燥しないようにしてあげる 結局のところは、『美肌は一日にしてならず』なのです。

次の