ご 了承 ください と は。 「ご了承ください」のビジネスメールでの正しい使い方!意味や類語、英語表現もあわせて解説

敬語の「了解」と「了承」の意味の違いと使い分け

ご 了承 ください と は

ビジネスシーンにおいては、敬語の使い方ひとつで個人の能力が評価される場合が少なくありません。 なぜなら、ビジネスにおいてコミュニケーションする相手は上司や取引先、顧客などさまざまな立場の相手がおり、それぞれの相手にふさわしい敬語を使い分けることで、自分と相手の立場を明確にし、その中でスムーズに取引をしていかなければならないからです。 日本語にはたくさんの「敬語」がありますが、同じ意味合いの敬語であっても微妙なニュアンスの違いで使い方が変わるものがあります。 「了解」と「了承」もその一つです。 どちらも「伝えられた内容を理解しました。 」という意思を伝える、似たような意味合いの敬語ですが、それぞれの意味をちゃんと理解して、状況と伝える相手によって使い分けないと、ビジネスにおいて自身の評価を下げてしまうでしょう。 敬語における「了解」と「了承」の意味の違い そもそも「了解」と「了承」は同じような意味合いで使われていますが、語句としては明確に違います。 違う文字が使われている訳ですから、その語句の持つ意味合いも違うはずです。 では、「了解」と「了承」にはそれぞれどのような意味の違いがあるのでしょうか。 まずは辞書を引いて、それぞれの言葉の意味を調べてみましょう。 理解すること。 のみこむこと。 文化を生の表現とみて,その意味を自己移入・追体験などによって共感的にとらえること。 承知すること。 「相手の-を得る」 「よろしく御-下さい」 辞書から引用した上記の内容からは、「了解」と「了承」の明確な意味の違いは見えてきません。 どちらも「事情を理解し納得する」という意味合いを持った同じ用途の敬語に思えます。 しかし、使われている文字は明らかに違いますので、このような場合は構成する文字を一文字ずつに分けて、それぞれの文字の意味をさらに辞書を引いてひも解いてみましょう。 「了解」と「了承」のいずれの語句にも含まれる【了】という字にはどんな意味があるのでしょうか。 【 了 】[音] リョウ さとる。 「 了解 ・了簡(りようけん) ・了悟 ・了察 ・了承 ・了得 」 〔「諒」の書き換え字としても用いられる〕 「了解」と「了承」の語句に共通して含まれる「了」という字には、元々「悟る」という意味が含まれています。 つまり「分かった」「理解した」ということを"了"の字で示しているわけです。 そうなると、「了解」と「了承」の意味の違いを決定付けるポイントは「解」という字と「承」という字の違いにあると言えます。 【 解 】 [音] カイ ・ゲ わかる。 さとる。 「 解脱(げだつ) ・理解 ・了解 」 【 承 】 [音] ショウ うけいれる。 ひきうける。 「 承引 ・承諾 ・承知 ・承認 ・承服 ・拝承 ・了承 」 文字の意味を見てみると「了解」という語句では「悟る」という意味合いの文字が二つ重ねられているのに対して、「了承」という語句では「悟る」という意味合いの文字に「引き受ける」という意味合いの文字が付いているのです。 ですから「了解」と「了承」は敬語として、どちらも「事情を理解し納得しました」という意味がありますが、「了承」の方が「 事情を理解した上で、それを引き受ける」というニュアンスが若干含まれることになります。 敬語での「了解」と「了承」それぞれの使い方と使い分け 使い分けのポイントは、伝えられた内容を理解した上で相手や自分自身がどういう行動を取るかによって変わってきます。 上司や同僚、取引先などから伝えられた内容について、その内容が例えば業務の指示であったり、スケジュールの確認であったりと、自分自身に何らかの行動を促す指示であった場合は、主体となる自分自身が「内容を理解した」ことだけを伝えればよいので「了解」を使います。 それとは別に、伝えられた内容を自分自身が「理解した」という事実が、他方面に影響を及ぼすような場合、つまり、内容を理解して「引き受けた」ということを相手に示す必要がある場合において「了承」という敬語を使用します。 「了解」と「了承」の例文 「了解」と「了承」の敬語としての使い分けを、実際にビジネスシーンで使われる例文を用いて説明しましょう。 「先ほどご連絡した件、なにとぞご了承のほどよろしくお願いいたします。 」 「先ほどご連絡いただいた件、了解いたしました。 」 「お見積りの件、了解いたしました。 」 「お見積りの件、ご了承いただきありがとうございます。 」 「先般の人事の件、ご了承いただけますでしょうか」 「恐縮ですが、先日の人事のお話については了解いたしかねます。 」 具体的な使い分けについてイメージ出来たでしょうか。 それぞれの例文が対になるようになっていますが、いたずらに例文を提示しているわけではありません。 この対になっているところが使い分けのポイントになります。 了解は自分から伝える、了承は相手から伝えられる言葉.

次の

敬語の「了解」と「了承」の意味の違いと使い分け

ご 了承 ください と は

相手から許可を得る際に適した表現 では、相手に何かに対して許可を求める時には、どのような表現が適切でしょうか? 計画案訂正が遅れますので、ご了承ください この場合は、社内で目上の人に、 または社外の人に遅れに対する許可を依頼するのにも適切です。 相手を選ばずに使える表現です。 計画案訂正が遅れますので、ご了解ください 文法的には間違いではありませんが、表現として依頼する際には「了解」は使いません。 相手からの依頼を受けた時の返答として使います。 返答として、ビジネスには相応しくないカジュアルなニュアンスがあるので、社内の目上の人へ「了解しました」というのは控えるのがいいでしょう。 「了解」に替わる表現として、「承知」があります。 また、知っていること。 「了解」よりもビジネスに相応しい言葉です。 上司にも社外の人にも使えます。 「ご承知ください」「ご承知おきください」と使います。 「計画案訂正が遅れますので、ご承知ください」 ただし、「承知を得る」という表現は使いません。 「承知くださっている」と言い換えます。 計画案訂正が遅れますので、ご承諾ください 許可の依頼をする時に「承諾」を使うと、やや強めの依頼のニュアンスがあります。 相手が受け入れることを前提にしているように聞こえることもあります。 立場や状況を見極めて使うべき表現でしょう。 目上から目下が、またはクライアントから何かの許可を得た場合や依頼する場合に使う言葉です。 似た言葉に、「了解」「承諾」があります。 「了解」は、ビジネスにおいて相応しい敬意が含まれていない言葉とされ、許可を得た場合でも目上や社外の人に「了解しました」との表現は使わないのが無難です。 「了解」は依頼する場合には使わないので、「承知」に置き換え「ご承知ください」とします。 「承諾」は、社外との契約や取引の際のやり取りや社内の個人的な行為にも使える言葉です。 依頼の場合の「ご承諾ください」には、やや強めのニュアンスがあるので、使う際には立場や状況を考慮して使いましょう。 意味の差はそう大きくはありませんが、ビジネスパーソンとしてはニュアンスの違いを認識して使い分けると、よりいい印象になります。

次の

「ご了承ください」の意味や使い方、例文、返信、類語

ご 了承 ください と は

[スポンサードリンク] 基礎 意味 納得、理解して受け入れて下さいという意味です。 正しく使うには 主に ビジネスや文章のやり取り等で広く利用されている敬語です。 相手に理解して受け入れてもらいたい時に 何に対して了承をお願いするのかを明記した上で、 文末に「ご了承下さい」を付けて〆ます。 言葉の意味だけを取れば、相手に一方的に了承を強要するような物言いになってしまうので ビジネスとは言っても、目上や取引先相手等にはあまり使用されません。 契約内容を記された約款であったり、注意書きの文言に添えられたりして使用されるのが 比較的一般的だと言えます。 上司や取引先に使いたい場合は 「ご了承願います」「ご了承のほどお願い申し上げます」等 少しでも柔らかい言い方に変えた方が良いでしょう。 使い方・例文 ご了承ください こちらは関係者以外立ち入り禁止となっております。 お引取りいただけますようどうかご了承下さい。 審査の結果、こちらの意向にそぐわない場合に、お断りする可能性もありますのでご了承ください。 お返事にお時間を頂く場合がございます、ご了承下さい。 宜しくお願い致します。 契約内容に付いては予告無く変更される場合があります。 あらかじめご了承下さいませ。 こちらの記事は一切の転載、改変不可となっております。 どうかご了承下さい。 ご了承願います GW期間中は運休となりました。 ご利用予定の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、予めご了承願います。 道路状況により到着が遅くなってしまう場合がありますことをご了承願います。 明日、街頭演説を行う予定です。 事情により変更する可能性もございます。 予めご了承願います。 また試験等もあるため、8月までのイベント出演が少なくなること、ご了承願います。 ご理解、ご了承のほどよろしくお願い致します。 現在、システムの不具合を調査中です。 今暫くお待ち下さいますと幸いです。 ご了承のほど宜しくお願い致します。 9日月曜日と17日火曜日は臨時でお休みを頂きます。 誠に恐れ入りますが何卒ご了承のほどお願い申し上げます。 急遽、予定を変更させて頂くことになりました。 ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。 館内メンテナンスのため休館とさせていただきます。 お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご了承のほどよろしくお願い致します。

次の