お忙しいところ恐れ入りますが 言い換え。 「お忙しい中」の意味と正しい使い方・メール挨拶の例文

「お忙しいところ恐れ入りますが」のビジネスメールでの使い方・例文

お忙しいところ恐れ入りますが 言い換え

「お忙しいところ」の使い方は3種類 ビジネスシーンで、「お忙しいところ」という表現は、定番の言い回しのひとつです。 使用されるシチュエーションは、主に3種類に分かれます。 利用シーン1:相手に対して何か依頼をするとき 頼みたい仕事や対応してもらいたい事項がある場合、相手の負担を考慮して「お忙しいところ」という言葉を文章の冒頭につけるのが一般的です。 」といったような使い方をします。 利用シーン2:相手の行為に対して、ねぎらいや感謝の気持ちを伝えるとき かなり時間を要するような仕事を依頼した後、やってもらったことに対して相手へ直接お礼を述べるときに「お忙しいところ」を使う場合もあります。 具体的には、「お忙しいところお時間を頂戴し、ありがとうございました。 」というような使い方が一般的です。 利用シーン3:ビジネスメールや文書の締め文として 諸々のお願いごとをした場合、最後に締めくくりの一文として使う場合もあります。 例としては、「お忙しいところお手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 」といったような文章となります。 「お忙しいところ」の例文 「お忙しいところ」を使った表現の中には、定番のフレーズ(定型句)としてビジネスパーソンの間で親しまれている言葉も少なくありません。 以下、具体的にマスターしておきたいお決まりのフレーズを紹介していきましょう。 「お忙しいところ恐れ入りますが、」 「お忙しいところお手数をおかけしますが、」 解説:相手が仕事で忙しくしていることは理解しているものの、自分も相手に頼みごとをしなければならないときに、クッション言葉として使用します。 「お忙しいところすみません。 」 「お忙しいところ失礼します。 」 「お忙しいところ恐縮です。 」 解説:相手に話しかけるときや、ビジネスメールの冒頭部分で使用します。 相手の貴重な時間をいただくことに対して、「申し訳ありません」という気持ちを表現することができるフレーズです。 「お忙しいところありがとうございました。 」 解説:相手の時間を自分がいただいたことに対して、お礼を述べるときに使用します。 「お忙しいところ」の類似表現 ビジネスメールなどを送る相手によっては、より丁寧な言い回しに変えたいときや、微妙なニュアンスの違いを表現したいこともあります。 そのようなときには、「お忙しいところ」に若干変化をつけた類似表現を使うのがおすすめです。 具体的には、以下のポイントをおさえて、お気に入りのバリエーションを増やしていきましょう。 ポイント1:「ご多忙」または「ご多用」を使う 「お忙しいところ」という表現に比べると、やや硬く、かしこまった雰囲気を出したいときに重宝する表現です。 「ご多忙のところ」または「ご多用のところ」といった使い方をします。 意味は、「お忙しいところ」と同じです。 さらに、丁寧な表現にしたい場合には、「ご多忙と存じますが、」「ご多用中恐縮でございますが、」といった言い回しも可能です。 ポイント2:相手の大変さを思い、文中に「誠に」や「大変」をつける 例えば、「お忙しいところ誠に恐縮ですが」「大変お忙しいところ、お手数をおかけしますが」と、一言付け加えた表現にすることで、より改まった印象を与えることができます。 「お忙しいところ」が重宝されるワケ 一般的に、ビジネスに携わる人は、基本的に決められた時間やスケジュールの中で、忙しく働いていると理解されています。 そのような状況で、忙しい相手に対して、予定外の時間や手間を必要とする仕事や調べものなどを依頼する場合には、多少なりとも恐縮してしまうものです。 したがって、頼みごとをする相手に対する申し訳なさや謙虚さを表現した「お忙しいところ」が、ビジネスを円滑に進める上で重宝されています。 」という表現を比べた場合、その差は歴然です。 後者の方が、格段に相手への印象が良く、仕事もやりやすくなることがお分かりいただけるかと思います。 「お忙しいところ」を使う際の注意点 大変便利な表現として使われることが多い「お忙しいところ」という表現ですが、使用頻度や使う相手、その後に続く文章内容については、十分に注意を払う必要があります。 注意点1:使用頻度 1通の文書やビジネスメールの中で、使いすぎることによって、「お決まりだから」とスルーされてしまう場合もあります。 きちんと心がこもった内容にするために、冒頭や文章の最後など「ここぞ」というところで使用することをおすすめします。 注意点2:使う相手の受け止め方 「忙しい」という漢字は、「心(こころ)」が「亡い(ない)」と書きます。 つまり、忙しすぎて、気持ちがこもった仕事ができない状態を意味すると考え、「お忙しいところ」という表現を嫌う人もいます。 そのような場合には、「貴重な時間をいただき恐縮です。 」といった表現に改めることをおすすめします。 注意点3:後に続く文章内容 時間的に余裕がない相手の状況を理解しているからこそ、「お忙しいところ」という表現を使っていることを思い出しましょう。 したがって、その後に時間を要するような詳細なお願いごとや要求を記述するのは失礼にあたるため、避けた方が無難です。 まとめ 仕事上コミュニケーションをとる上で、「お忙しいところ」と一言添えるだけで、ずいぶん柔らかい印象になりますね。 適度な頻度と相手に合わせた使い方をマスターすれば、「お忙しいところ」という表現が生きてきます。 いま自分が正しい使い方をしているかどうか、発信済のメールなどで確認しておきましょう。

次の

忙しいのにありがとうって英語でなんて言うの?

お忙しいところ恐れ入りますが 言い換え

電話での言葉遣いでよくあるパターンって、どんなものがあるんだろう? 電話応対で非常に大切なのが 言葉遣い。 電話は顔が見えない分、どんな言葉を選択して話すかが、相手への印象を左右します! 失礼な言葉遣い、ビジネスマナーを外した言葉遣いをしてしまえば、それだけで印象が悪くなることも・・。 電話 の 言葉遣いには、どんなものがあるのでしょうか? そこで今回は、この疑問に応えるために 間違えやすい言葉遣いの一覧30例をご紹介します! 就活・アルバイト・営業・事務など様々な状況や立場で活用できますので、ぜひ頭に入れておいてくださいね! 状況別にありがちな5パターンを見ていきましょう。 質問をする場合• 回答をする場合• お願いをする場合• 相手のことを話す場合• 自分もしくは身内のことを話す場合 ありがちな間違い例を正しい例に変換して、お伝えしますね。 まずは質問をする場合の言葉遣いから見ていきましょう! 目次• 質問をする場合の言葉遣い5例 電話で相手に質問することって結構ありますよね? ビジネスの電話では、普段の会話で使っているような言葉遣いは好ましくありません。 質問をする際の間違えやすい5例をご紹介していきますね! 何のご用ですか? 電話に出たけれども、 相手がどんな用件なのかが分からない場合に、つい使ってしまいがちな言葉ですね。 この場合に使う言い換えフレーズが下記です。 それが・・・ 失礼ですが、どのようなご用件でしょうか? 何の用件かはっきりしない時には、このように質問してみましょう。 「失礼ですが」と入れることによって、 柔らかい印象にすることができます。 そちらはどなた様ですか? 相手が いきなり要件を話し始めた場合や 名前を聞き取れなかった場合に、つい使ってしまいがちな言葉ですね。 この場合に使う言い換えフレーズが下記です。 それが・・・ 失礼ですが、どちら様でいらっしゃいますか? 名乗らない、要件をいきなり話し始めるというのは年配の方に多いです。 誰ですかというストレートな言い方はなく、「 どちら様」という文言で丁寧に聞きましょう! 下の名前は何ですか? 鈴木さんや山田さんなど、 関係者に同じ名字の人がいる場合に使いたい文言です。 それが・・・ 失礼ですが、お名前をフルネームでお伺いできますか? ビジネスの電話では、相手をきちんと識別できるようフルネームを聞くことは、全く問題ありません。 こちらから日時を提案する場合は、このように聞きましょう。 続いては、こちらが回答する時の言葉遣いを見ていきましょう! スポンサーリンク 回答をする場合の言葉遣い5例 回答のフレーズは電話以外でも、口頭でもよく使われるフレーズが多いです。 肯定的に答える場合と、 断り・否定の場合がありますね。 回答する場合の間違えやすい5例をご紹介していきます。 分かりません 質問されて答えられない時に、使ってしまいがちな言葉ですね。 そんな時には、次のように言い換えて使いましょう! それが・・・ 申し訳ございませんが、こちらでは分かりかねます 「申し訳ありません」という お詫びの文言を加えましょう。 単に「分かりません」というよりも、丁寧な印象になりますよ! ありません(取り扱っていません) 相手が希望する商品やサービスがない時に、使ってしまいがちな言葉ですね。 このような時には、次のフレーズに言い換えて使いましょう! それが・・・ あいにく切らしております(残念ながらお取り扱いがございません) ただ「ありません」というのでは、一時的に在庫を切らしているのか、取り扱っていないのかが分かりません。 上記のように、 どのような状況なのかを伝えましょう! 分かりました。 すぐに送ります 物を発送してほしいとお願いされた場合に、使ってしまいがちな言葉ですね。 このような時には、次のフレーズに言い換えて使いましょう! それが・・・ 承知いたしました。 早速お送りいたします 言い換え前は、友人や知人に送るような言葉遣いでしたが、言い換えによって丁寧になりますね。 もしくは、「 かしこまりました。 早速発送の手配をいたします」でもOKですよ! 急なので無理です 急な対応を依頼されて対応に困る場合に、使ってしまいがちな言葉ですね。 このような時には、次のように言い換えて使いましょう! それが・・・ 申し訳ございませんが、急には対応いたしかねます お詫びの文言を加えることによって、 申し訳ないという印象を加えることができます。 上に聞かないと分かりません 自分では判断できず、 上司に指示を仰ぎたい場合に、使ってしまいがちな言葉ですね。 このような時には、次のフレーズに言い換えて使いましょう! それが・・・ 申し訳ございませんが、責任者に確認いたしますので、少々お待ちいただけますか? 「上」という言葉遣いは、ビジネスマナーとして好ましくありません。 責任者という言葉に言い換えて使いましょう! ここまでは回答をする場合の言葉遣いをご紹介してきました。 続いては、こちらからお願いする時の言葉遣いを見ていきましょう! スポンサーリンク お願いをする場合の言葉遣い5例 相手に 依頼やお願いをする場合がありますね。 「こんな場面あるある!」と想像しながら考えてみてください。 お願いする場合の間違えやすい5例をご紹介していきます。 すみませんが、このまま待ってください 電話口で少し待ってほしい時に、使ってしまいがちな言葉です。 ちょっとした確認事項がある場合・別の人に取り次ぐなどの場合には、次のフレーズに言い換えましょう! それが・・・ 申し訳ございませんが、このまま少々お待ちいただけますか? 言い換え前だと、少し命令口調のような印象を受けるはず。 言い換えによって、 丁寧なお願いの仕方に変えることができるので、意識してみましょう! 連絡してください 相手から連絡が欲しい時に、使いたくなる言葉ですね。 改めて先方から連絡をしてほしい場合には、次のフレーズに言い換えましょう! それが・・・ お手数ですが、ご連絡いただけますでしょうか? 相手に連絡をしてもらうお願いをするので、言い換え後のように 丁寧な話し方をしましょう! もう一度言ってもらえませんか? 相手に同じことをもう一度言ってほしい時に、使ってしまいがちな言葉です。 電話が遠い、小声で聞き取りにくいなどの場合には、次のフレーズに言い換えましょう! それが・・・ 恐れ入りますが、もう一度おっしゃっていただけますか? もう一回言ってもらっても、聞き取れない場合があるかもしれません。 その場合には、同じ文言を何回も言うのではなく、「 電話が遠いようなので、もう一度お話願えませんでしょうか?」といった伝え方で工夫しましょう! 来てもらってもよろしいでしょうか? 相手に出向いて欲しい時に、使いたくなる言葉です。 そういう時には、次のようなフレーズに言い換えて確認してみましょう! それが・・・ ご足労ですが、こちらにお越しいただけますか? 可能であれば、最初から相手に出向いてもらうのではなく、 まずは自分が動く姿勢を見せる方がいいでしょう。 「こちらから出向きましょうか?」と提案して断られたときに、使うことが望ましいです。 今ちょっといいですか? 相手が話せる状態か確認したい時に、使ってしまいがちな言葉です。 電話をかけるということは、相手の手を止めてしまうということ。 続いては、相手のことを話す時の言葉遣いを見ていきましょう! スポンサーリンク 相手のことを話す場合の言葉遣い8例 相手のことを話す場合には、特に 謙譲語(自分がへりくだる表現)・尊敬語(相手のことを敬う表現)の使い分けが難しいです。 ぜひ頭に入れておきたいのが次のこと。 この見出しでは、間違えやすい8例を紹介します。 今なんと申されましたか? 相手が何を言ったか確認したい時に、つい使ってしまいがちな言葉です。 そういう時には、次のようなフレーズに言い換えましょう! それが・・・ 失礼ですが、今なんとおっしゃいましたか この場合の主語は相手。 「申す」は「言う」の謙譲語なので、適切ではありません。 「 おっしゃる」という尊敬語を使うようにしましょう! 今日は会社におられますか? 話がしたい相手に取り次いで欲しい時に、誤って使ってしまいがちな言葉です。 そういう時には、次のようなフレーズに言い換えて確認してみましょう! それが・・・ 本日は会社にいらっしゃいますか? 「いる」の尊敬語は「 いらっしゃる」です。 「おられますか」は謙譲語になるので、相手のことを話す場合には使いません。 〇〇様でございますね 相手の名前を確認したい時に、誤って使ってしまいがちな言葉です。 そういう時には、次のようなフレーズに言い換えましょう! それが・・・ 〇〇様でいらっしゃいますね 「ございます」は「ある」の丁寧語なので、一見丁寧な感じに聞こえます。 しかし、相手への敬意を示すことができないので、尊敬語である「 いらっしゃる」を使いましょう! 〇〇様のおっしゃられる通りです 相手に対して敬意を払ったつもりで、つい使ってしまいがちな言葉です。 主語が相手なので、尊敬語の「なさる」が正しい使い方です。 これでどうですか? 相手に確認をしてもらう際に、つい使ってしまいがちな言葉です。 このような場合には、次のフレーズに言い換えましょう! それが・・・ こちらでいかがでしょうか? 言い換え前は、くだけた言い方です。 「これ」は「こちら」、「どう」は「いかが」のように、 ビジネスマナーに沿った表現で話しましょう! メールは見てもらえましたか? メールの確認の有無を尋ねる際に、つい使ってしまいがちな言葉です。 このような場合には、次のフレーズに言い換えましょう! それが・・・ メールはご覧になりましたか? 「見る」を尊敬語に変換した表現が「 ご覧になる」です。 相手が主語の時には、尊敬語を使うことを意識してくださいね! もう一度教えてもらえませんか? 再び教えを請う際に、つい使ってしまいがちな言葉です。 親しい間柄のような話し方ではなく、次のフレーズに言い換えましょう! それが・・・ もう一度教えていただけませんか? 教えてもらう対象(主語)は自分ですね。 そのため、「もらう」の謙譲語である「 いただく」を使用しましょう! ここまで相手のことを話す場合の言葉遣いをご紹介してきました。 最後に、自分もしくは身内のことを話す時の言葉遣いを見ていきましょう! スポンサーリンク 自分もしくは身内のことを話す場合の言葉遣い7例 電話だと「自分」や「自分の上司や会社」のことを伝える時に、適切な言葉がとっさに出てこないことありますね。 謙譲語を使いこなしているビジネスマンを見ると、スマートな印象を受けるでしょう。 あなたも身につけることができるよう、間違えやすい7例を紹介します! 〇〇課長が 社外の方に自分の上司について話す際に、間違えて使ってしまいがちな言葉です。 このような場合には、次のフレーズに言い換えましょう! それが・・・ (課長の)〇〇が 社外の人からみると、 上司はアナタの身内です。 社外の相手に対して、身内を高める表現は適切ではありません。 抵抗があるようであれば、名前の前に役職をつけるとよいでしょう。 すみません お詫びをする際に、よく使う言葉ですね。 「すみません」でも特別失礼ではありませんが、社外の相手となると、もう少し 丁寧な言い方がベスト。 このような場合には、次のフレーズに言い換えましょう! それが・・・ 申し訳ございません 「申し訳ございません」は、言い訳できないという意味です。 自分の非を認めて反省している旨がより伝わります。 そう伝えます 電話で受けた話を第三者へ伝えようとする際に、使ってしまいがちな言葉です。 このような場合には、次のフレーズに言い換えましょう! それが・・・ そのように申し伝えます 言い換え前だと、友人・知人同士で使うようなくだけた表現ですね。 「 申し伝える」は自分がへりくだる謙譲語であるため、伝言を受けた際には、ぜひ活用していきましょう! うちの会社 自分の会社のことを話す時に、使ってしまいがちな言葉です。 このような場合には、次のフレーズに言い換えましょう! それが・・・ 弊社 頻繁に使う文言なので、定型文として覚えましょう。 ちなみに「 当社」もよく使いますが、「当社」は丁寧語、「 弊社」が謙譲語です。 また、相手の会社を表わす「 貴社」は書き言葉、「 御社」は話し言葉ですから電話では「御社」が正しいです。 席にいません 在席かどうかを尋ねられた時に、使ってしまいがちな言葉です。 このような場合には、次のフレーズに言い換えましょう! それが・・・ 席を外しております 「いません」は日本語して間違ってはいませんが、いろいろな意味に解釈できる言葉です。 そのため、その状況にあった スマートな言葉を使い分けることをおススメします。 会議・出張・外出中など明らかにすぐに戻らない時には、この表現は適切ではないのでご注意を。 「席を外している」という状態は、 会社にいるが席にいない場合に使います。 今見てきます 在庫やスケジュールを問われた時などに、使ってしまいがちな言葉です。 このような場合には、次のフレーズに言い換えましょう! それが・・・ ただいま確認して参ります 言い換え前だと、口語的でくだけた表現ですね。 「 参ります」という謙譲語を使用して、丁寧な表現に変換をしましょう。 携帯は〇〇になります 連絡先を伝える際に、使ってしまいがちな言葉です。 そのため、「携帯は〇〇になります」は日本語として間違っています。 「なります」という表現はコンビニやファミレスなどで耳にしますが、ビジネスシーンでは注意しましょう。 「です」は「ございます」を使うとより丁寧です。 まとめ 電話の言葉遣いについて、再度振り返っておきましょう。 すぐに送ります 承知いたしました。 そうならないよう、今のうちに 正しい言葉遣いを把握しておきましょう! 何度も口に出して話すことで、 自分の言葉として身につきます。 電話対応が苦手という方も、普段の会話から気をつけておけば電話でもスムーズに出るようになりますよ。 ぜひ正しい言葉遣いでの電話対応を意識していきましょうね! 30歳代の現役会社員。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

「お忙しい中」の意味やビジネスでの使い方を例文で紹介【多忙・多用】

お忙しいところ恐れ入りますが 言い換え

相手を気遣うメールの重要性、気遣いの一言の重要性について見ていきますが、大前提として知っておくべき事があります。 それは、メールだけでなく、ビジネスの場で「気遣い」というのは非常に大切だという事です。 ビジネスメールを送る相手に気遣いの一言を送る能力は、これから社会人になる人も、既に社会人として軌道に乗っている人も、絶対にマスターすべきスキルでしょう。 忙しい相手を気遣うメールで営業成績があがった例も 一つ例を上げましょう。 Aさんは、営業マンになってからなかなか成績が伸びなかったそうです。 それでも常に気遣いを大切にし、メールで一言添えることを徹底しました。 はじめは、どこの取引先も「忙しい」といって相手にしてくれなかったようですが、Aさんはその「忙しい」という点を逆に活用しました。 忙しい相手を気遣うメールを送り続けていると、その努力が実って、立て続けに取引が成立して、チームチップの成績を収めたそうです。 これは、忙しい相手への気遣いメールがもたらした成功エピソードの一つです。 確かに、全員がこんなようにはなれないかもしれませんが、たかが「忙しい相手を気遣いのメール」されどと思わない方がいいという良い例ですね。 メールに気遣いの一言を入れて送るというのはビジネスパーソンの出発点 ビジネスの世界で活躍したければ、相手を気遣う一言を添えたメールを送れるようにしましょう。 対面での気くばりも必要ですが、データとして残るメールでも相手を気遣う事が大切です。 気遣いの一言を添えたメールを送るという行為を、ビジネスのスタートとして捉えてみてください。 それほど、相手を気遣う一言があるのとないのとでは、今後のやり取りが変わって来るため、重要と考えられています。 ビジネスメールにおける最低限のマナーを守り、きちんとした挨拶や言葉遣い、用件を的確に伝える事が出来た上で、相手に気遣いの一言を伝えることができれば理想的です。 気遣いメールの基本は「お世話になっています」 ビジネスメールの冒頭には、相手への気遣いとして「お世話になっています」という挨拶を遣うのが重要です。 上司や同僚に対しては、「お疲れ様です」でも良いので挨拶しましょう。 さらに忘れてはいけないのは、名前を名乗ることですね。 気遣いメールを送る前に、自分が誰なのかを必ず名乗りましょう。 こうした基本的な事が出来た上で、気遣いの一言が添えられたなら理想的です。 「お忙しいところ…」も気遣いメールでは必要 相手に商談の時間をとってもらいたい場合には、たいてい「お忙しいところ申し訳ございませんが、打ち合わせの時間をとっていただきたく、お願い申し上げます。 」といった内容にします。 ビジネスシーンでのメールは、相手になんらかの要求をする内容が多いですよね。 自然に「お忙しいところ大変申し訳ございませんが」というフレーズを使えるようになりましょう。 この「お忙しいところ…」という一言があるかないかが、気遣いメールであるかどうかの分かれ目となります。 気遣いのメールは、ビジネスマナーの観点から重要と言えますので、ビジネスマナー的フレーズは積極的に使うように心がけてください。 そのため、相手を慮っていることの示しであります。 例えば、寒い季節であれば「体調にお気をつけ下さい」、忙しい時期である事が分かっていれば「ご多忙の中とは存じますが」などです。 相手はあなたの急なメールに、時間を取られているかもしれません。 まずは、慮っていることをメール内で示すのが重要です。 それによって、その後のやり取りが変わってくるでしょう。 メールを貰った人の気持ちを考えて送ろう 読みやすいメールは、相手の視点で書かれています。 メールはコミュニケーションの一種ですから、負担をかけないように気遣った書き方ができると、自然と好感度も信頼度も上がるでしょう。 これは、出来る人と思われるメールのポイントにもなります。 ビジネスメールにおける気遣いの言葉一覧 では、実際にメールで使える気遣いの言葉を一覧にしました。 メールでの気遣いの仕方が分からない人は参考にしてください。 ・行き届いたお心配りに感謝いたします。 ・お心づかいいただき、ありがとうございます。 ・お心遣い本当にありがとうございました。 ・お心遣い、うれしく存じます。 ・温かいお心づかいをいただき感謝しております。 ・お心遣いありがたく、感激いたしました。 ・いつもお心にかけていただき、恐縮です。 ・先日はご心配をおかけして、申し訳ありませんでした。 ・お忙しいと思いますが、お体にお気を付け下さい。 ・ファイルを添付致しました。 お知らせ下さいませ。 ・早速お返事をいただき、どうもありがとうございました。 ・ご不明点がありましたら、お気軽にご質問下さいませ。 気遣いの言葉があってこそ取れる契約もあるので、これらの相手を気遣うメールでの一言というのはとても重要です。 気遣いの言葉を使い、相手とうまく関係を築けると良いですね。 それは何気ない一文かもしれません。 しかし、相手への気遣いを意識しているのとしていないのとでは大違いです。 気遣いの言葉は感謝を伝えます。 感謝の気持ちの込め方は、メールのフォーマットに落とし込めない部分ですよね。 その反面「気遣いし過ぎ」が不快な印象を与える場合もあります。 メールのやり取りの中で空気を読みながら、気遣い文を入れるようにしてください。 気遣いメールでも感謝の気持ちは相手に必ず伝わる ビジネスのメールで心が通じ合えば、円満な関係を築けるようになります。 例えば、相手を気遣うメールで「いつもお気遣いいただき、ありがとうございます」「お気遣いくださり、うれしく思っています」など「お気遣い」のほかに「お心遣い」とも言い換えられます。 ありがたく思う気持ちを伝える一言とは、心から感謝の念を持っていなければすぐには出て来ません。 そして、その感謝の気持ちは必ず伝わります。 気遣いの言葉はメールでの重要性が高いのです。 読み手が後で確認しやすいようにするのも気遣いの1つ 相手と何回もやりとりをする場合には「RE:」の数が増えていくでしょう。 しかし「RE:」が極端に増えるとそれは失礼にあたりますので、その場合は件名の内容はそのままでRE:の部分だけを消すのも、相手を気遣うメールの一環と言えます。 あるいは「RE: 件名(数字)」などにして、何回目のやりとりかを件名の後に入れておくのもおすすめです。 その他にも内容の追加・修正があった場合も、件名の後に(追加)や(修正)といった文言を付け加える事によって相手が分かりやすいメールとなります。 ビジネスメールでは後で確認するというケースが多いので、読み手が後で確認しやすいメールを送信することが、もっとも大切ですよ。 ネイルサロン経営者が語るホンネ「気遣いがあるかないかで全く違います」 メールに気遣いの一言があると、送ってくれた相手への印象はとてもよくなります。 ビジネス上の付き合いなので、相手に価値を提供するのは当たり前ですが、お互い人間なので、気遣いが見えるだけでこの人とは長く付き合っていきたいと思うでしょう。 ここでは求人の広告掲載をしたお店の声を紹介します。 様々な雑誌やインターネットサービスへの求人掲載を検討していましたが、決めてになったのは担当営業さんの一言でした。 こちらの工数を考えたうえで早めに連絡を下さり「お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。 」と一言添えた連絡をくれたのです。 私にも他の仕事があることをきちんと考えた上での配慮と気遣いのあるメールをいただけたので、この方に仕事をお願いしようという気持ちになりました。 複数の取引先候補がある中で、価格や提供サービスだけでなく、担当が信用できるかどうかも重要になります。 やはり気持ちよく仕事をしたいのが人の心でしょう。 このような心遣いがビジネスの決め手になる場合もあるようです。 メールにおける気遣いの一言はビジネス関係を円満にするという意味でも入れるべき 相手を気遣うメール、またビジネスメールでの気遣いの一言を添える重要性について見てきましたが、いかがでしたか?メールでの気遣いの言葉は、重要性がとても高いです。 ビジネス上の気遣いメールにおいては、心が通じ合うと円満な関係が築けるので気遣いはとても重要性のあるものと言えるでしょう。 例えば忙しい相手を気遣うメールを送ることで、思いもよらない耳寄り情報が新しい仕事の獲得などにつながるかもしれません。 そうした事も起こると想定して、常日頃からの気遣いや心遣いを重要に思い、相手を大切にしましょう。 また、そうした気遣いメールを送れるように、普段の行動から心掛けていくことも必要ですよ。

次の