群馬 古墳 吉永 小百合。 吉永小百合さん、神秘的な湖へ!|群馬県|たびよみ

「古墳王国群馬」に脚光 吉永小百合さんCMや国宝指定で|社会・話題|上毛新聞ニュース

群馬 古墳 吉永 小百合

かつて「ミツバチ族」と呼ばれたライダーや、鉄道と徒歩で北海道を周遊した旅人は、冒険心、探検家スピリッツにあふれていました。 そんな時代の若者たちが選んだ、北海道の最果て(あくまで当時の最果てですが)の岬が、北海道三大秘岬... カテゴリ:• 商売繁盛、芸能上達の神様として知られ、繁華街などにも祀られているのが「お稲荷さん」と通称される稲荷神(いなりのかみ、いなりしん)。 日本三大稲荷とされるのが、伏見稲荷大社(京都市)、笠間稲荷神社(茨城県笠間市)、そして豊川... カテゴリ: , ,• 授業で習った「カルスト地形」。 地表に露出した石灰岩が雨水などで浸食されて誕生した地形のこと。 実は、日本各地にこの石灰岩地帯はあるのですが、日本三大カルストと呼ばれる大規模な奇観は、有名な秋吉台(山口県美祢市)、四国カルス... カテゴリ: ,• 日本一高い山は、富士山ということは知られていますが、では2番というと・・・。 案外知られておらず、南アルプスの北岳で標高3193m。 山男ならベスト3はスラスラのはずですが、実は、近年、3番めは、奥穂高岳(北アルプスの最高... カテゴリ:• 2019年6月15日(土)12:00頃〜、香川県まんのう町で『満濃池ゆる抜き』が行なわれます。 香川県最大のため池、満濃池の池の水を抜き豊作祈願の儀式を行なう、江戸時代以前から行われている行事で、讃岐平野の本格的な田植え... カテゴリ: ,• 山あり谷ありの日本列島にはたくさんの橋がかかっていますが、歴史的に日本三奇橋といわれるのは、甲州(現・山梨県大月市)の猿橋、防州・岩国(山口県岩国市)の錦帯橋、越中新川郡(富山県黒部市)の愛本橋ですが、愛本橋は現存しない... カテゴリ:• 日本国内の巨木・巨樹は環境省の「巨樹・巨木林データベース」が基本。 ところが、北金ヶ沢のイチョウ(青森県深浦町)のように、平成7年に民間団体が雑誌に発表してから、調査が入り「日本第3位の巨木」と判明したものもあります。 カテゴリ: , , , ,• 日本三大砂丘は、静岡県の御前崎から浜松まで続く南遠大砂丘、有名な鳥取砂丘、そして鹿児島県の吹上浜の3ヶ所を数えるのが一般的。 ただし、この日本三大砂丘は、誰が決めたのか定かでない「詠み人知らず」のため、九十九里浜を入れたり... カテゴリ: ,• ダムの大きさは堤高でも表現しますが、その機能を考えると総貯水容量も大切。 水がめの役割は、発電だけでなく、上水道、工業用水、農業用水、さらには洪水防止と多目的に活用されているのです。 さらに加えて、湖上遊覧など観光スポット... カテゴリ:• 古代のヤマト王権の大王や、地方の豪族が築いた古墳。 とくに前方後円墳は、墳丘長486mという大仙陵古墳(仁徳天皇陵)を筆頭に巨大古墳の上位に君臨しています。 なんと巨大古墳は27位までが西日本に築かれていますが、ベスト10に... カテゴリ: , ,.

次の

群馬「古墳」吉永小百合さん効果で10倍も 大型駐車場混み合う

群馬 古墳 吉永 小百合

「かつて1万3千基以上もの古墳が存在したという古墳王国・群馬」。 しっとりとした語りをバックに、吉永小百合さんは薄暗い石室の中へ……。 「歴史とは学ぶものではなく、旅するものかもしれません」。 そんなテレビCMに誘われて、舞台となった大室(おおむろ)古墳群(前橋市西大室町・東大室町)を旅する人が急増している。 (2020年3月14日に紙面に掲載した記事です) 大室古墳群は前二子(ふたご)、中二子、後二子、小二子と並ぶ国史跡の4基の前方後円墳を中心に成り、大室公園内にある。 案内ボランティア「大室古墳(つか)の語り部」代表の中沢邦夫さん(77)と一緒に巡った。 4基の古墳の成立は6世紀初頭~後半と考えられている。 「祖父母、父母、子どもと、地方豪族3代のお墓かもしれません」。 近くには関連をうかがわせる豪族の館の遺跡もある。 吉永さんが入った先には… CMで吉永さんが前かがみで入….

次の

群馬の古墳にコーフン! 太古のロマンに触れる古墳旅

群馬 古墳 吉永 小百合

4基とも前方後円墳で、前二子と後二子は石室の中を見学できる。 吉永さんが入った横穴式の石室は、前二子古墳だ。 最奥まで13・8㍍と長く、172㌢の自分が普通に立てるほど中が広いことに驚いた。 「盗掘はなかったようで、出土した副葬品は市内の総社歴史資料館などに保管しています」と前原さん。 高さ 14㍍の前二子の墳丘に上がると、赤城の山々を見渡せた。 整備の際に新たに盛り土をしたわけではなく、6世紀初頭に造られた姿のまま。 墳丘の周囲に巡る堀は古墳を造るために土を掘り出した跡で、きれいに原形を留めている 220本の埴輪が再現して並ぶ中二子の中堤も見えた。 吉永さんが埴輪を見ながら歩くシーンはこの堤だ。 出土した埴輪の一部は、園内にある大室はにわ館に展示している。 古墳紹介ビデオが流れ、3 Dメガネをかけて見るのだが、飛び出すような埴輪の映像は大人でも夢中で見入ってしまった。 文/松田秀雄 前二子古墳の石室 CMで吉永さんが歩いた場所で記念写真.

次の