喪中 はがき 無料。 無料で使える喪中はがきテンプレート・デザインの人気10選

完全無料!喪中はがきテンプレート【厳選6サイト】2020年(令和2年・子年・ねずみ)

喪中 はがき 無料

喪中はがきの無料テンプレートがダウンロードできるサイト9選 ここでは、無料で喪中はがきのテンプレートをダウンロードできるサイトをご紹介します。 時間に余裕がある人や、数枚しか必要ない場合は、自分で官製はがきを買ってきて印刷したほうが手間が掛からない事もあります。 会員登録をしなければ使う事ができないサイトもありますが、 全て無料でダウンロードできます。 シンプルで花のイラストが多い喪中はがきが多いです。 郵便年賀. jp 【会員登録の有無】必要 【図柄の種類】28種 【データの形式】PNG モノトーンカラーの喪中はがきよりも、カラーの喪中はがきが多く有ります。 喪中っぽくないはがきを作成したい方におすすめ。 CANON:CreativePark 【会員登録の有無】不要 【図柄の種類】6種 【データの形式】JPEG 会員登録をしなくても使う事ができます。 余白部分が多いテンプレートが多いので、手書きで書きたい人向け。 brother 【会員登録の有無】不要 【図柄の種類】13種 【データの形式】PNG 余白が多めのデザインや自分でダウンロードした後に本文を加工して 定型文風に仕上げることができるデザインもあります。 プリントわんパグ 【会員登録の有無】不要 【図柄の種類】42種 【データの形式】JPEG 全てメッセージなしデザインです。 本文は自分で作成し印刷したい人向け。 Andante 【会員登録の有無】不要 【図柄の種類】200種以上 【データの形式】PNG 花のデザインが多いので、故人の好きだった花を探してみてもいいかもしれません。 デザインは、メッセージあり・なしで選ぶことができます。 やっぱり時間ない!って人はネット注文が便利 自分で喪中はがきを印刷しようと思っていたけど、 やっぱり時間がない! 突然プリンターの調子がおかしくなった! インクが切れた!買いに行くのがめんどくさい! という人は 喪中はがきの作成をネット注文してしまいましょう。 こちらのサイトを使うと、20分程度で注文する事ができるので 時間がない人にぴったりです。 土日祝日も対応してくれるので、お仕事をしている人でもお休みの日に問い合わせができます。 さらに 10月15日まで早期割引で、早期割引 最大50%OFF! 注文するのが遅くなるほど割引率が下がっていくのでお早めに 喪中はがきをネット注文したい人はこちらから.

次の

無料で使える喪中はがきテンプレート・デザインの人気10選

喪中 はがき 無料

喪中はがきとは 家族や親戚が亡くなった場合に、毎年年賀状をやりとりしている方々に対し、 喪中のため年賀状を控える旨をお知らせする挨拶状です。 喪中はがきは先方が年賀状を準備を始める 11月~12月上旬には届くようにしましょう。 喪中はがきの書き方• 「拝啓」「敬具」などの頭語・結語は不要です。 また、一般的に文章内で句読点は使用しません。 「年賀」「お慶び」などのおめでたい言葉の使用は避けましょう。 故人の名前、亡くなった日付(時期)・年齢、差出人からの続柄等を明記しましょう。 年賀欠礼を伝えるための挨拶状ですので、その他の近況報告(結婚、誕生、転居など)は控えます。 近況報告をしたい場合は、松の内(元旦~1月7日)を過ぎてから寒中見舞いはがきを送りましょう。 使用するはがきの種類 「喪中はがきを出したい」と思ったときに、まずはどのようなはがきを選べば良いのでしょうか。 郵便局で購入できる通常はがき(郵便はがき)には、「胡蝶蘭」柄のものがあります。 表面の料額印面に胡蝶蘭柄がプリントされており、喪中はがきのほか、寒中見舞いにも使用することができるはがきです。 1枚あたりの料金は63円で、切手を貼らずに投函できます。 インクジェット紙のタイプもあり、こちらは胡蝶蘭の柄が色違いになっていることが特徴です。 郵便局以外で販売している私製はがきは、投函時に切手を貼る必要があるため、注意が必要です。 切手については、「弔事用63円普通切手・花文様」という弔事用の切手を使用することで、華美な印象を与えないように配慮することができます。 喪中はがきを送る時期 近い親族が亡くなった年の11~12月上旬に喪中はがきを送付することが一般的です。 相手が年賀状印刷の準備を始める前に届けるのが基本的なマナーとされています。 そのため、11月上旬にはデザインを選び、準備を進めるのがおすすめです。 何らかの都合で遅れる場合や、12月に亡くなった場合は「寒中見舞い」の形で送付します。 寒中見舞いは、松の内(元旦~1月7日)を過ぎてから、節分(2月3日)頃までに届くように送ります。 さらに遅れる場合は「余寒見舞い」として送付するようにします。 喪中はがきの書き方 続いて「喪中はがきの書き方」について見ていきましょう。 届ける相手に対して、失礼にならないように配慮した上で書き進めることが大切です。 喪中はがきの書き方のルール まず、文章内では句読点を使用しないように気をつけましょう。 喪中はがきに限らず、挨拶状や表彰状なども「句読点を付けない」のが基本です。 また、文章中に「拝啓」「敬具」などの頭語・結語を用いる必要はありません。 頭語・結語に加えて、「新春の候」や「寒冷の候」といった時候の挨拶も不要です。 さらに、文章の中では「逝去」という言葉も避けるようにしてください。 「逝去」は尊敬語に当たるため、身内の死には用いることができません。 「死去」「亡くなる」「永眠」「他界」といった表現を使用してください。 「逝去」と似た言葉ですが、「急逝」は身内にも用いることができます。 数字については、原則として漢数字(一~十)で表記します。 ただし、郵便番号に関してはアラビア数字(1~10)で問題ありません。 裏面の文章は、縦書きで送るのが一般的です。 年賀状などを含め、はがきにおける伝統的な書式は「縦書き」のため、喪中はがきのようにフォーマルな形式が求められるものは縦書きが無難です。 また、文面の行頭は「一字下げしない」のが基本的なルールです。 例外として、故人の温かい人柄を伝えたり、遺族の悲しみを和らげたりするために横書きデザインを使用することがあります。 この場合、横書きの文面に合わせて数字もすべてアラビア数字で表記することが多いため、覚えておきましょう。 喪中はがきの基本構成 喪中はがきは、喪中であることを知らせる挨拶状です。 文面では簡潔に、新年の挨拶を控える旨を伝えるようにしましょう。 「年賀」は祝い言葉に当たるので使用できませんが、「年始」「年頭」「新年」といった言葉は用いても問題ありません。 年賀状を先にいただいた場合は「寒中見舞い」でお礼を伝えるようにしましょう。 例) 「喪中につき年頭のご挨拶を失礼させていただきます」 故人の情報も重要です。 「誰が」「いつ」「何歳で亡くなったのか」という情報を、差出人の続柄と共に記載するようにしましょう。 年齢については通常、数え年で記載します。 生まれた時を1歳とし、以降は元旦を迎えるごとに1歳ずつ加算します。 満年齢ではありませんので注意が必要です。 故人との続柄は、世帯主から見た関係で判断します。 配偶者の親については「義父」「義母」と書かないことが一般的です。 夫の両親はそのまま「父」「母」と表記します。 故人に代わり、生前お世話になったことに対する感謝の言葉を記載します。 例) 生前に賜りましたご厚情に心から御礼申し上げます 例) 平素のご芳情を厚くお礼申し上げます 引き続きのお付き合いを願ったり、相手の健勝を祈念したりする内容の言葉で締めることも一般的です。 例) 明年も倍旧のご交誼をお願い申し上げます 例) みなさまに良い年が訪れますようお祈りいたします 例) 寒さに向かう折からご自愛のほどお祈りいたします 「日付」については、喪中はがきを差し出した年月を記載するようにします。 例) 令和二年十二月 「差出人の情報」を表面(宛名面)に入れる場合は、はがきの左下、裏面に入れる場合は文面の最後に入れてください。 表面もしくは裏面、いずれに書いてもマナー違反にはなりません。 表記方法は、世帯主の個人名、夫婦連名のどちらでも大丈夫です。 必要に応じて、電話番号も入れておくと良いでしょう。 誰が亡くなったら喪中になるのでしょうか? 一般的には、本人から二親等以内の親族が亡くなったときには喪中としますが、 故人との親交の深さや同居の有無により、三親等以上でも喪中とする場合があります。 喪中の期間は一年間が一般的です。 故人の年齢は満年齢・数え年のどちらで記載すればよいでしょうか? 一般的には数え年で記載しますが、満年齢で記載する場合も増えています。 会社付き合いの方にも喪中はがきを出したほうがよいでしょうか? 基本的に出す必要はありません。 会社付き合いから親しい間柄になり、 年賀状をやりとりしているようでしたら、喪中はがきで年賀欠礼を伝えてもよいでしょう。 故人が2人いる場合、連名にしてもよいでしょうか? 連名でも差し支えないでしょう。 その際は続柄、姓などが受け取った相手に伝わるよう 注意しましょう。 年末に不幸があり、喪中はがきが間に合わなかった場合はどうすればよいでしょうか? 松の内 元旦~1月7日 を過ぎてから寒中見舞いはがきを送りましょう。 妻の親が亡くなり夫婦連名で喪中はがきを出す場合、続柄はどうすればよいでしょうか? 差出人の代表である夫から見た続柄を入れましょう。 喪中はがきは薄墨で書かないといけませんか? 喪中はがきは「薄墨で書かなければいけない」といったマナーはありません。 喪中はがきは、事前に準備できることから、特に薄墨を使用する必要がないというのが主な理由です。 対して、薄墨で書くことが望ましいのは「香典」です。 急な出来事で「涙で墨がにじんで薄くなった」「墨をする時間がなく薄くなった」という意味があるため、あわせて覚えておくようにしましょう。 喪中はがきの場合、表面(宛名面)は黒色ではっきり見えるほうが良いとされています。 ただし、はがきの裏面(通信面)を薄墨の設定で印刷する場合もあります。 「郵便局の総合印刷サービス」を利用することで、薄墨絵柄の喪中はがきを注文することができます。 以下のリンク先をクリックすることで、サイトへ移動できます。 近況報告は避けるべきですか? 「転居、結婚、出産などの近況報告」は喪中はがきには記載しません。 喪中はがきはあくまで「年賀欠礼を知らせるためのもの」ですので、簡潔な内容が好まれます。 仲の良い友人などにどうしても近況を伝えたい場合は、別途、松の内(1月7日)を過ぎてから届ける「寒中見舞い」で報告するようにしましょう。 喪中はがきをもらった人に、喪中はがきを送っても良いのでしょうか? 基本的に失礼ではありません。 「相手が喪中(年賀状を送付しない)なので、こちらからはがきを送っても良いのだろうか」と悩んでしまう場合もあるかもしれませんが、喪中はがきは新年を祝う挨拶ではありません。 従って、マナー違反には当たりませんので安心してください。 喪中と知らずに年賀状を出した場合はどうすれば良いでしょうか? 「寒中見舞い」でお詫びの連絡を行うのが正式ですが、喪中はがきをいただいた時点で、すぐに電話連絡しても構いません。 いずれにしても「喪中を知らなかったこと」「失礼なことをしたお詫び」「お悔やみ」をきちんと伝えることが大切です。 以下の定型文を参考にしてください。 存じ上げなかったとはいえ、新年のご挨拶を申し上げ失礼いたしました 遅ればせながら、謹んで哀悼の意を表します 寒い日が続きますが、皆様お身体を大切にお過ごしください 喪中はがきが届いた場合、返信は必要ですか? 「必ずしも返信する必要はない」というのが正解です。 返信し気持ちを伝えたい場合は、「寒中見舞い」または「年始状」を送るようにしましょう。 「年始状」は、年賀状と異なり、お祝いの言葉を控えた年始の挨拶状になります。 ただ、一度購入した年賀状の返金はできないため、注意が必要です。 交換ができる期間は毎年、年賀状の販売終了期間までとなっています。 正確な期間については、郵便局のホームページで確認をしていただくことをおすすめします。 喪中はがきに「添え書き」はできる? 喪中はがきには、年賀状と同様に手書きの「添え書き」をすることはできるのでしょうか。 添え書きに関する一般的なマナーをご紹介します。 喪中はがきに添え書きすることは、マナー違反には当たりません。 ただし、添え書きする内容には注意が必要です。 新年の挨拶や祝い事に関する話題、「お元気ですか?」「ぜひまたお会いしましょう」といった一言は不適切ですので、避けるようにしてください。 「葬儀の際には大変お世話になりました」といったお礼の言葉は、問題ありません。 しかしながら同様の言葉を忌明けの挨拶状で伝えてある場合、添え書きは一般的に必要ないと考えられます。 日頃のやり取りや先方との関係などによって、どうしても必要な場合は検討すると良いでしょう。 また、添え書きに限らず、喪中はがきに手書きする際には、読みやすい書体で書くことをおすすめします。 今回は「喪中はがきの正しいマナー」について、一通り解説しました。 最近は家族葬など、葬儀が多様化していることもあり、喪中はがきの出し方について迷ってしまう方が増えています。 形式も重要ですが、お詫びやお礼といった気持ちを伝えることが何よりも大切です。 分からないことがあれば家族や兄弟をはじめとした親類に相談しても良いでしょう。 早めに焦らず準備を進めることをおすすめします。 喪中はがきお役立ち情報.

次の

完全無料!喪中はがきテンプレート【厳選6サイト】2020年(令和2年・子年・ねずみ)

喪中 はがき 無料

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 喪中はがきの印刷は、注文と自作ではかかる費用が違ってきます。 もし喪中はがきの印刷を注文した場合、ネットショップでは50枚で約5000円が相場です。 コンビニや文房具店といった実店舗ではもう少し費用がかかります。 そこでおすすめしたいのが、喪中はがきを自作をする方法です。 自作する場合、はがき代の62円(63円)とインク代で喪中はがきを準備することができます。 お店に印刷を注文する場合に比べて、費用はさほどかかりません。 ここでは、 喪中はがきの自作の方法について解説していきます。 自宅にプリンターとパソコンが必須! 喪中はがきは手書きでも作成できますが、数十枚といったまとまった枚数のすべてを自分で書くのは現実的ではありません。 はがきの本文だけでも印刷できれば、読みやすい文字のスマートな喪中はがきがすぐに完成し、時間の短縮にもなります。 喪中はがきを自作する場合に 欠かせないのはプリンターとパソコンです。 プリンターとパソコンは最新の機種を用意する必要はなく、使い慣れたもので十分です。 また、喪中はがきの文字は黒に限ります。 プリンターのインクは 黒だけがあれば喪中はがきの印刷が可能です。 喪中ハガキの台紙選び プリンターとパソコンが用意できたら、印刷するはがきを購入します。 喪中はがきは 官製はがき・私製はがきのどちらでも出すことができます。 官製・私製のどちらかをお好みで選び、必要な枚数を手元に準備しましょう。 胡蝶蘭の官製はがきを購入する 官製はがきを使って喪中はがきを自作する場合、郵便局で 喪中用のデザインのはがきを購入して本文を印刷します。 喪中用はがきは胡蝶蘭のデザインが特徴で、通常のはがきと同じ62円(63円)で販売されています。 喪中用はがきはコンビニなどの店頭では置いていませんが、郵便局の窓口で 一枚単位で購入できます。 普通紙とインクジェット紙があるので、お使いのプリンターの性能によって好みの紙を選びましょう。 市販されている印刷台紙を購入する 喪中はがきは 私製はがきで出すこともできます。 大きな文房具店やホームセンターでは、切手欄が空白の白い私製はがきを扱っています。 この私製はがきを印刷の台紙にして喪中はがきを自作します。 無料テンプレートで文章作成 印刷するはがきを用意できたら、文章の作成を始めましょう。 喪中はがきの場合、 文章でオリジナリティを出すのはマナー違反です。 喪中はがきの文章にはいくつかの型があり、インターネットで無料テンプレートを探すことができます。 こうしたテンプレートを使って、故人の名前や年齢などを入力して文章を作成していきます。 喪中はがきのテンプレートについてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクもご覧ください。 wordの新規作成を開く• 検索のボックスに「喪中」と入力する• 喪中はがきのテンプレートが画面に出る• 作りたい文章を選んで「作成」をクリックする• 故人の名前・年齢、差出人・日付などを入力して完成 宛名を入力・書く 喪中はがきの文章の印刷が完了したら、 手書きまたはパソコンで宛名を作成します。 弔事の場面では香典袋などで薄い墨を使うしきたりから、喪中はがきの宛名も薄い墨色にした方がよいという説があります。 しかし黒より薄いグレーの文字は、郵便局の読み取り用機械ではじかれる可能性があります。 パソコンのソフトによっては喪中はがき用として、 郵便番号は濃い黒、 宛名の住所と氏名はグレーというように色を分けて印刷できる機能もあります。 必要であれば切手を貼る 私製はがきで喪中はがきの印刷をした場合、 切手を貼って投函します。 この時、喪中用の62円(63円)切手を貼るのが正しいマナーです。 喪中用の切手は弔事用切手の名称で販売されていて、小花を描いた落ち着いたデザインです。 弔事用切手は全国の郵便局の窓口で扱っています。 喪中はがきを送る際のマナー• 喪中はがきでは新年の挨拶の欠礼をお詫びする。 喪中はがきはプリンターとパソコンで自作できる。 印刷するのは喪中用の官製はがき・私製はがきのどちらでもよい。 無料テンプレートをダウンロードしてから故人の氏名・年齢・差出人を入力して作成する。 宛名はパソコン・手書きのどちらでもよい。 私製はがきには弔事用切手を貼る。 喪中はがきを送る際のマナーとして11月下旬から12月初旬に送る。 文章は忌み言葉を避けるということがある。 喪中はがきはパソコンとプリンターがあれば簡単に自作することが可能です。 今回の記事を参考にしていただいて、年末になって慌てないよう早めに自作をするのがおすすめです。 なお喪中はがきについては、今回の記事のほかにもさまざまなマナーがあります。 喪中はがきの文面について詳しく知りたいという方は、以下のリンクもご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の