白河 グルメ。 【福島】白河で食べておきたいラーメン10選

白河のおすすめグルメ・レストラン クチコミ人気ランキングTOP20【フォートラベル】

白河 グルメ

奥州三古関のひとつに数えられる「白河関」。 奈良時代から平安時代頃に機能していた国境の関で、当時は人や物資の往来を取りしまる機能を果たしていたと考えられています。 この地を訪れた代表的な歌人・俳人は、能因や西行、松尾芭蕉など、みな時代を代表する文化人たちです。 また、関跡には、源義経にまつわる伝説が残され、樹齢約800年の従二位の杉など、数々の巨木もあり、歴史の深さを感じさせます。 詳しくはをご覧ください。 白河と松尾芭蕉 俳人・松尾芭蕉は、白河の関を越える旅に思いを馳せました。 元禄2年(1689)、5月下旬(今の暦で6月上旬)に白河の地にたどり着いた芭蕉は「白河の関にかかりて旅ごころ定まりぬ」と、みちのく路の第一歩を踏み出したことについて感動を込めて記しています。 また、芭蕉の供をした曽良の句に「卯の花を かざしに関の 晴れ着かな」とあり、この時期に白河で咲いていた卯の花を詠み込んだと考えられています。 それから約300年の時を経た今でも、可憐な卯の花が咲き誇ります。 中世の遺構 中世には、丘陵全体が居館として使用され、敵の侵入を防ぐために造られた土塁や空堀で囲まれた範囲に主郭が存在しました。 従二位の杉 鎌倉初期の歌人で「新古今和歌集」の撰者の一人である藤原家隆が手植えし奉納したと伝えられます。 樹齢約800年と推定される巨木です。 白河神社 135年、白河国造命と天大玉命を奉納し勅命により鎮座。 社殿は仙台藩主伊達政宗が奉納したものと伝えられています。 詳しくはをご覧ください。 古関蹟碑 白河藩主・松平定信が、寛政12年(1800)に、この場所が白河関跡に間違いないとし、建立した碑が残っています。 庄司戻しの桜 治承4年(1180)、信夫庄司(現在の福島市)の佐藤基治が源義経に従うふたりの息子をこの場所まで見送って義経への忠義を説き、桜の杖を突き立てました。 この杖が討ち死にした兄弟の忠義を感じて桜の大樹になったとの伝説があります。 詳しくはをご覧ください。 白河関の森公園 園内には小川が流れ、遊具や水車小屋、物産コーナーなどがあります。 芭蕉と曽良の銅像の前で記念撮影はいかが? 入園料:無料 営業時間:9時~17時(11~3月は、16時まで) 休館日:毎月第2水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始 住所:白河市旗宿白河内7-2 電話番号:0248-332-2921 詳しくはをご覧ください。

次の

白河市内で人気おすすめの雑貨とグルメは?ドライブしながら探す。

白河 グルメ

甲子温泉は、西郷村と下郷町との境にそびえる甲子岳の山麓、阿武隈川の源流域にある一軒宿のお湯です。 発見されたのが今から500年も前のことで、その年が「きのえね」にあたっていたことから甲子温泉と名前がつけられました。 徳川幕府の老中ともなり、名君として知られた白河藩主の松平定信は、「白河に到りて甲子の山見ざらんは孔子の門をすぎて堂に入らざるごとし、甲子の山に到着りて楓を見ざんらは、堂にはいりて室に入らざるがごとし」として甲子温泉を大変気に入っていたそうです。 甲子温泉の阿武隈川の下流にあるのが新甲子温泉。 新甲子温泉は、甲子温泉からお湯をひいている新しい温泉です。 森の中にある自然に囲まれた絶景の温泉で、とても人気があります。 白河というと年間に様々な行事がありますが、その中でも最も有名なのが、「白河だるま市」 です。 白河だるま市は、毎年2月11日に開かれ、白河地方に春を告げる行事ときて親しまれています。 白河だるま市の歴史は、大変古く、今から約500年前、当時の白河城主の結城政朝がお城の大手門の前で、お正月の縁起物をうる花市をひらかせたのが、その始まりと伝えられています。 だるま市でうられるだるまは、眉毛は鶴、ひげは亀をあらわしており、それに松竹梅もかかれており、大変気品があるだるまとも言われています。 白河だるま市では、だるまの他にも縁起物や造花なども売られ、各地から10数万人にあるのがが訪れます。 白河のおみやげとしても喜ばれる縁起物です。

次の

ここからみちのく「白河関跡」(国指定史跡)

白河 グルメ

城下町しらかわの人々が愛してやまない、地元のおいしいもの。 白河グルメ 「白河ラーメン」は、地元庶民のソウルフード 白河は全国的にも知られるラーメン処で、市内には100軒を超す味自慢の店があります。 白河ラーメンのルーツとなる支那そばが登場したのは大正10年のこと。 昭和20年代に入ると映画の盛況とともに屋台のラーメン最大の特徴である手打ち麺が登場したのはその頃で、そば職人が、そば打ち技法で作り始めたことから「手打ちのちぢれ麺」が誕生したといわれています。 心地よい歯ごたえの手打ち麺と、深い味わいのスープが絡み合い、絶妙な風味を醸し出します。 この風味を「どこか懐かしい」と表現する人も少なくありません。 それは、ラーメンのベースである麺とスープを店主たちが、あるいは二代目、三代目がしっかりと守っているからでしょう。 市内の店主たちは職人気質で、それぞれがこだわりを持って、自分の店の美味しさを日々追求しています。 そうした店主たちの思いが、今の白河ラーメン文化を築いているのです。 詳しくはをご覧ください。 定信も愛した「白河そば」 白河が誇るもうひとつの食文化、それは「白河そば」です。 そばの歴史はずっと古く、さかのぼること今から約200年前。 藩主・松平定信が冷害に強いそばの栽培を奨励したことが起源といわれています。 阿武隈川水系の清冽な水にも恵まれた白河のそば文化。 信州、出雲、盛岡とともに「日本四大そば処」のひとつに数えられています。 白河そばの代表的なメニューは「割子そば」。 小さめの皿に小分けにされたもりそばをイクラやなめこ、山菜などの具材で少しずつ味わうことができるのも魅力です。 打ち方、つなぎ、つゆに独自の技と伝統をいかして守り続けています。 詳しくはをご覧ください。 地産地消の新名物「だるまバーガー」 安心・安全にこだわった地産地消のご当地バーガー。 白河産の米粉を100%使用したバンズは、ふっくら・もちもちとした食感。 ほんのりカレー風味の白河高原清流豚が食欲をそそります。 中学生発案「白河ガレット」 ! ~白河市と姉妹都市コンピエーニュ市とをつなぐ 白河地場産品とフランス郷土料理のコラボレーション~ 白河産のそば粉で作った生地に、肉類や卵、季節野菜などの地元食材をあわせたものが「白河ガレット」です。 詳しくはをご覧ください。

次の