アナザー エデン アカネ。 アカネ(アナザースタイル)【アナザーエデン】

アナザーエデン ヒクイドリ攻略方法!(アナデン)

アナザー エデン アカネ

アナザーエデン(アナデン)に登場するアカネの評価やアビリティ(スキル)、ステータスを掲載しています。 またアカネの強い点や弱い点、覚醒素材についても紹介していますので、ガチャで狙う際やパーティ編成の参考にしてみてください。 アカネの評価目次• アカネの評価点数と基本情報 アカネの基本情報 評価点 7. 序盤や味方が少ない時に敵を一掃できる便利なスキルとなっています。 威力は通常攻撃より少し強いぐらいで扱いやすいスキルです。 火属性攻撃に特化 アカネの攻撃は火属性攻撃が多いので、風属性モンスターに対して有効です。 アカネの弱い点、使えない場面 ヴァリアブルチャントが防御寄り 物理耐性が上がるヴァリアブルチャントを持っています。 場面を選ぶ効果になっているので敵の特徴を掴んでいないと扱いにくいです。 デバフ付与が無い 評価の高いキャラにはデバフが複数付いていたり、自身のスキルに合ったデバフを持ち合わせています。 しかし、アカネが持っているのは気絶のみで敵より先に動いて発動しなければ意味が無いので敵を選びます。 最も高いステータスが幸運 幸運のステータスは自身のクリティカル率上昇と敵から受ける攻撃のクリティカル発生率減少に関係します。 特に敵のクリティカル率を下げることができるのは良いですが、クリティカル率以外には作用しないので恩恵の少ないステータスです。 アカネの総合評価 火属性の攻撃を持ち、育成すれば2回攻撃ができるスキルを持った非常に攻撃的なキャラクターになります。 最初から全体攻撃を持っているのでレベル上げしやすいキャラと言えます。 ただし、キャラが揃ってくると追加効果の少ないアカネはパーティから外す対象になってしまうでしょう。 アナザーエデン関連リンク お役立ち キャラ一覧 天冥別キャラ一覧 装備一覧 釣り関連.

次の

【アナザーエデン】アカネのステータスと評価【アナデン】

アナザー エデン アカネ

ご注意ください。 当ブログに問い合わせる前に、ゲーム内のお知らせを確認してください。 30に対応• 20に対応• ビヴェット・ティラミスを追加、セティーとシェリーヌの顕現武器加味。 この記事の更新は今回で最終回となります。 いままでありがとうございました。 今回の評価について ビヴェットとティラミス追加、セティーとシェリーヌの顕現武器実装。 はじめにビヴェットについて。 通常ガリユの親戚ともいえる性能となっているが、簡単な条件で3回攻撃できる魔法アタッカーという特性は現環境においても需要はあると判断。 ただ、火属性だから使えているという側面は強い。 セティーとシェリーヌに関して、各々いままでの役割から外れることなくそのまま強化された形で、もともと役割を持ちづらかったセティーはそのまま役割を持ちづらいままとなった。 そしてティラミスに関してだが、当ブログはこのキャラをアナデンの戦闘における基礎ルールを無視した違反キャラという位置づけで評価不能とした。 属性無視・バフデバフも武器すらも無視で最大30万というそこらのキャラの弱点攻撃よりも高いダメージを少ないMPで出し、多くのコンテンツにおいて『敵が死ぬボタン』と言っても差し支えない性能となっている。 もちろんバフデバフで強化した他のキャラには及ばないが、役割を考えればそれらは比較対象ではなく、真面目に評価するのも馬鹿馬鹿しい。 表の見方 ランクの基準 S+ランク…いわゆる『ぶっ壊れ』。 他のキャラとは次元が違う強さを誇り、評価の公平性を損なう可能性があるため特別枠として分けて扱っている。 Sランク…S+ランクには僅かに及ばないながらも各属性を代表する高性能なキャラクター。 およびその役割において戦術の核となるようなレベルのキャラクター。 Aランク…上位ランクのキャラクターで足りない役割を補ったり、状況次第で上位ランクを超えうる活躍が期待できるキャラの中でも特に高水準のもの。 基本的にはこれ以上のキャラクターでパーティを編成することが多い。 Bランク…場所を選べば大いに活躍できるが、上位ランクのキャラクターに役割を奪われがちであり、最適解に入る場面がAランクと比べて限られるもの。 あるいは不足キャラクターの代用になれるもの。 Cランク…環境的に他のキャラと比べて役割を遂行する能力が低く、そのうえで役割被りをしやすいなど大きな強みのないもの。 強さや活躍の定義• 評価は全キャラクターを比較し、実装済みの全コンテンツにおいてどれだけ有用であるかという考えのもとに行っています。 このランキングはその考えに沿って全キャラ内で最適解に選ばれやすいキャラクターを上位ランクとしています。 ZONEや顕現について ZONEの影響や顕現武器、グラスタの性能も考慮した評価となっています。 注意点• あくまで個人の考えとして、参考程度にご利用ください。 『S+ランクは必須』『Cランクは使えない雑魚キャラ』という考えはしていません。 あくまで評価基準における純粋な格付けであり、他意はありません。 評価の基準をよく理解したうえで用法を守ってご利用ください。 『上から順にパーティに入れれば最強パーティ』という意味の表ではありません。 ランクごとの並び順は属性ごと・実装順です。 評価はアナザーエデンのアップデートに合わせて変動する場合がございます。 前回の評価 個別コメント 火属性の星5キャラ 火属性の総評 少し前までは優等生色が強くどのキャラもバランスよく強い印象だったが、最近はZONE持ちキャラや顕現武器の性能差、毒ペインの確定付与手段の不在、3回以上の攻撃手段の少なさ、味方全体への速度バフ付与手段の不在、火力的に上位のキャラ同士の噛み合わなさなど他の属性と比べて手の届かない部分が多く、性能的に物足りなさを感じるキャラが多くなってきた。 特にSランクとしているASアカネとASガリユに関しては他属性の同ランク帯のキャラと比較すると他にいないから・ZONEが強いだけという側面が強くなってきている。 個別コメント 顕現武器を獲得し、サービス開始初期から変わらず火の3回攻撃アタッカーとして安定した地位をキープ。 火属性の上位キャラの中では味方全体に作用するデバフを多く持ち、重要度は高い。 顕現武器の獲得により最強クラスの雑魚狩り役に。 こちらも安定した位置にいる。 顕現武器の実装で火属性屈指の高火力キャラになったが、その火力を揮うための下準備に手数がかかるため当ブログ基準では評価を上げきれなかった。 火属性に全体速度バフが無いのも痛い。 実装当初はハイスペックなサポートアタッカーとして起用されたが最近ではパワー不足が目立つ。 顕現武器の実装が待たれる。 火属性には貴重な属性物理の特大全体持ち。 優秀だがAランクと比較すると実力を発揮できる場所を選ぶためBランクに。 サポートアタッカーだがサポートの内容が上位キャラだけでほぼ完結してしまっているものしかない為採用率がかなり低い。 とはいえ上方修正で2回攻撃を習得したため以前より格段に使いやすくなった。 Cランクの中では上位に位置するキャラだろう。 強力な耐性デバフが高評価だが本人の火力の低さが足を引っ張る。 耐性デバフは他でも強力なものが揃っているため意外と出番が限られる。 どちらかというと他属性との混合パーティでの活躍が目立つか。 火属性でも無属性でも使える高火力アタッカー。 非常に使いやすいがさすがに最近では火力不足感が否めない。 特性を活かすのに手間がかかり、手間に見合ったリターンも得られない為Cランク。 VCが星4相当なのも痛いが仮にレベルが上がっても厳しいか。 ただ、全力で接待してあげれば火属性屈指の瞬間火力は出せる。 大幅な上方修正を受け扱いやすくはなったものの、当ブログの評価基準においては具体的に他のキャラよりも活躍できるケースに乏しくC評価。 せめてモーションの長さはなんとかしてほしい。 実装当初は火属性待望の高火力キャラとして持て囃されたが、その後更なる高火力キャラがどんどん増えていき、立場が急下降した。 足の遅さと独特なスキル構成を活かして器用に立ち回れるため、相性のいい仲間や敵が増えれば再び活躍の芽はある。 超高速高火力アタッカー。 速いターンでのアナザーフォース火力が非常に高く当ブログの基準としては高評価。 ただし総評にも書いた通り、他属性のS帯のキャラと比較すると他の仲間のサポートが一切できない点で物足りなさも感じられ、今後の環境の推移によっては評価が変わってきそうな気配が立ち込めている。 状態異常に強い超万能魔法使い。 1人で何でもできるものの基本的には状態異常無効バリアが目玉であり、それを活かせない場所では目立った活躍はしにくい。 なんでもかんでも詰め込んだ系女子。 3回攻撃持ちかつ累積デバフ持ちでなんでもできる多彩なスキルも持ち火属性内での採用優先度は非常に高い。 毒グラスタとも相性がよく今後さらなる活躍が期待される。 火のZONE発生役。 ZONE自体が非常に強く、本人も高火力で当ブログの評価基準に合っているためSランクに。 ただしユナやクロードと比べると本人のスペックがどうにも微妙で、特に速度バフや耐性デバフがない点が気になる。 ZONE下ではモーションの長い3回攻撃が微妙。 記事作成中。 貴重な火・打 突 の超火力アタッカー。 アナザーフォースでは火力を出しにくいものの、能力の自己完結性が高く適当に攻撃しているだけで簡単に火力を出せるのが魅力か。 水属性の星5キャラ 水属性の総評 全体的に当ブログの評価基準に合ったキャラが多く、風属性並の魔境。 Sのキャラだけでほとんどの役割が揃ってしまっているためAランクでも採用率に難があるレベル。 並の性能では生き残れない。 個別コメント 顕現武器により強化された全体攻撃が強力。 他の属性の同ポジションのキャラと比較するとSランクだけで全体攻撃が足りてしまっているため採用率がやや落ちるが、問題なくAランク判定。 もともと優秀な3回攻撃アタッカーとして高評価であったが、顕現武器により火力という欠点を補った。 が、上位が魔境過ぎて地位は変わらず…どころか純粋な水属性としての採用率は少し落ちた印象。 今後は確定毒を活かした活躍が目立つようになりそう。 実装当初は高火力魔法アタッカーとして重要度が高かったが、人数が増えるにつれて徐々に居場所がなくなっていき、すっかり採用率が落ち込んでしまった。 顕現武器組を除けば純粋な魔法アタッカーとしてはまだまだ高水準か。 攻撃しながら火力のサポートが出来る特殊なアタッカー。 もともとポテンシャルは高かったが、ZONEの実装や各種超火力アタッカーの増加、顕現武器による強化、他のキャラとの噛み合い具合などすべてが上手くハマリ、スペックの印象以上の強さに。 かつては水属性の高火力を支えた強力なサポートアタッカー。 水属性の強力なアタッカーの増加と他ならぬ自身のASの登場により採用率は大きく低下した。 が、顕現武器が追加され、再びトップクラスの火力貢献度を持つキャラに返り咲いた。 ASとの使い分けがしやすく、いいバランスになったと言える。 驚異のゲージ回収力と安定した高火力で高評価であったが、昔と比べると他を押し退けてまで採用する場面は減ってきており、属性を牽引するほどの立場ではなくなったと考え降格。 ZONEとの相性の悪さや水の連続攻撃持ちが増えすぎたのも難点。 評価を落とした理由のほとんどが環境的な要員であり、水が魔境過ぎるだけで決して本人の能力に難があるわけではない。 優秀なサポートスキルを持つ魔法アタッカーだが、上位のキャラと比較すると火力の低さがかなり気になる他、サポートの内容も上位キャラで問題なく賄える内容であるため活躍には場所を選ぶ。 扱いやすいサポートアタッカーだがやはり水属性はライバルが多く評価を上げきれなかった。 最大の売りであるアシストスモークが上位キャラのバフと競合してしまうのが最大の悩み。 ミストブラストに拳バフが追加されたため今後はそちらを活かしていきたい。 メリナに続き殴りながら火力サポートが出来る特殊なキャラ。 腕力バフにVCを経由する点とモーションの長さが大きく足を引っ張り、似たようなポジションのメリナが顕現武器と他のキャラとの噛み合いの良さで評価を上げたため相対的に採用率が落ちた。 水属性としての評価はC。 本人の性能はモチロン、ライバルたちが強すぎる。 パーティ全体を回復しながら攻撃できる強力なアタッカー。 短いターンでのゲージと火力と耐久の確保という観点でも効率が良く、ヒーラーの新たな選択肢となる。 が、より火力を出しながら回復できるデュナリス、同属性で同じく火力を出しながら回復できるASユナが実装され、唯一性が大きく低下。 モーションの長さも気になる。 3回攻撃持ちで火力も高めなバランスの良いアタッカー。 ライバルの多い水属性の中で若干立場が怪しくなってきたか。 魔境過ぎる。 多彩なバフを詰め込んだ欲張りサポートアタッカー。 デュナリスとASユナの登場によりクリバフ目的での出番を完全に失い、斧バフに絞っての採用になりやすい。 水属性の新時代を築き上げたが周りのサポートは苦手。 クリティカル運用に特化した超火力アタッカー。 クリティカル込なら速いターンで全キャラ中トップクラスのダメージ効率を誇り強力だが、現時点ではあまり役に立たない男性バフの演出が鬱陶しいのが非常に痛い。 水のZONE担当。 ただでさえZONEが強いのに本人まで強いのは反則気味。 水属性のペイン起動要員。 重要性を大きく増したペイン付与にとどまらず、そのまま本人が水トップクラスのダメージを出しに行け、攻撃回数も驚きの5回、討ち漏らしにも腕力知性デバフとハイスペック。 気絶のデメリットについては扱い方を間違えなければほとんど気にならない。 地属性の星5キャラ 地属性の総評 1時期は不遇属性筆頭であったが、エースアタッカーが続々と追加されテコ入れが図られた。 待望の地ZONE持ちであるミュンファが恐ろしく強く、当ブログの評価基準でも非常に重要な属性になった。 火属性ほどではないがまだまだ足りないものも多いため、今後も目が離せない属性になりそう。 個別コメント 初期から第2部の実装まで地属性最強の座を守り抜いた魔法アタッカー。 顕現により強化されたが環境的には少々物足りない強化になっており、可もなく不可もなく、無難に強いという印象。 使いやすい特大全体2回攻撃を持つが、今となってはスペックの低さが目立つ。 他ならぬ自身のASと役割が被りがちであったが、顕現武器により強化されASよりもサポート面が強化された。 上位のキャラたちとイマイチ噛み合わないため現状は評価を上げていないが、相性のいい仲間が追加されれば活躍が期待できる。 特に最近のキャラと比べると星5キャラとしては出来ることの幅が非常に狭いが、地属性としては高めの単体火力で一定の地位を確保。 顕現により強化されたが自身のASという最大のライバルのせいで影が薄い。 AF向けのVCを持つが自身のAF適性は高くなく、VC以外に特徴があまりない。 地ZONEの実装によりAF用アタッカーとして非常に使いやすくなった。 VC以外のスペックは最近のキャラに遠く及ばないため、こうなってくると今度は顕現武器が待ち遠しい。 攻守のバランスの良い魔法キャラ。 顕現武器実装で攻防ともにさらに強化され、対強敵戦で抜群の安定感を誇る。 全体攻撃役としての採用もでき、活躍の幅が大きく広がった。 サポートアタッカーだが攻撃・サポート共にスペック不足か。 サポートの内容も上位ランクのキャラ達で事足りているものばかりであり、本人の火力も最低クラス。 強力な特殊追撃スキルを持つ魔法アタッカー。 優秀ではあるが本領を発揮するのにターンがかかる点から当ブログの評価基準では評価を落としている。 グラスタやZONEの登場により一層『アナザーフォースでさっさと倒した方が速い』環境になり、耐久するにしてもより耐久向けのキャラが増えたため採用率は非常に低い。 地属性としてはあまり目立った特徴が無くVCが便利なだけの普通のアタッカーという印象。 やはり無属性での活躍がメインになるだろうが、ZONEの実装でそちらも怪しくなってきた。 実装当初は一時代を築いたキャラであり、仕方ないとはいえ少々悲しい。 無属性3回攻撃魔法を持つ地属性魔法アタッカー。 地属性としてのスペックはあまり高くなく、採用率はかなり低め。 地属性待望の全部入りアタッカー。 3回攻撃にオマケつき全体攻撃2種とやりすぎなくらい強いが、当ブログの評価基準で考えるとちょっと強い3回攻撃持ちという枠からは出られず、Sランク入りは見送った。 超火力ボスキラー。 欠点も多いが高すぎる火力の前にすべて吹き飛ばしてSランク入り。 地弱点だけでなく等倍相手でも工夫次第でいろいろと高速撃破できる柔軟性が売り。 確定ペイン付与も重要度が非常に高い。 フリー枠のヒーラーはもちろんミュルスやASエルガなどもいる中で地属性のヒーラーとして採用されることは稀。 MP回復できる専用武器も、後からMP回復手段が増加し空気気味。 3回攻撃と非常に便利な全体攻撃+確定知性デバフがシンプルにとても強い。 踏ん張りによる1ターン限定のやり過ごしも強敵相手の選択肢として良い。 記事作成中。 強力な瞬間火力スキルとAF用の2回攻撃+2種類の累積耐性デバフを評価してSランク入り。 耐性デバフの汎用性が高く他属性との混成パーティでも力を発揮しやすい。 地ZONEに加え、確定クリティカルバフ、クリティカル時威力バフと全属性攻撃バフが高倍率でVCして茶柱グロリアスするだけでとんでもない倍率の火力UPをばらまく。 倍率が高い上に被りにくい能力故に他属性でも使え、 防御面もてんこ盛り。 デュナリスに並ぶぶっ壊れキャラ。 強制行動での攻撃と回復に蓄積数での 6種の高倍率バフデバフが特徴だが、ターン数がかかりすぎる上に小回りも利かず非常に扱いづらい。 といっても適当に自動攻撃しているだけでそれなりに活躍できる。 風属性の星5キャラ 風属性の総評 水属性以上に上位陣がドエライことになっている魔境。 魔境過ぎてもはや『誰使っても敵が死ぬ』状態のため評価は困難を極めたが、わりとしっかり基準に則った評価ができたように思う。 個別コメント 昔は微妙な性能ですっかり下位ランクが定位置になっていたが、専用武器の登場で一変。 ASシュゼットをも超える超弩級高火力アタッカーとなり、見事最高ランク入りを果たした。 重要度を増した毒ペインの起動役にもなれる。 強すぎて他のキャラと比較にならない。 3回攻撃持ちの定番アタッカー。 もともとアナザーフォース適性が高く強力だったが顕現武器実装で大幅強化。 これだけ強くても風にはまだまだ上がいるのだからやるせない。 便利なVCとバフスキルを持つサポートアタッカーだが、役割のほとんどが別のキャラに奪われてしまい出番は非常に少ない。 顕現武器の実装で火力面が大幅強化されたものの、相変わらず役割が上位陣と被りやすくイマイチ枠がない。 風属性なのが運の尽きだったか。 当評価基準では文句なしで最高ランク。 ノーマルシュゼットが強くなったため採用率は大きく落ち込んだ。 毒ペインで強化される3回攻撃持ち。 が、グラスタのせいで毒ペイン状態でも他のキャラのほうがダメージが出るという魔境ぶりでイマイチ『固有の特性』として機能していない。 正直普通に強いのだが、風属性はそういう属性ということで。 攻守どちらのサポートもイケる万能アタッカー。 もともとエイミなどの登場で地位を落としていたが、ほぼ同等のサポートができてZONEを展開できる自身のASが登場して役割のほとんどを失った。 VCを活かせる場面なら。 効果が切り替わる特殊なスキルを持つサポートアタッカー。 サポートの効力を発揮するのにターンがかかりすぎるうえ、最大の売りであるはずのクリティカルバフが叩き売りされてターンをかける価値がなくなった。 ワールウィンドが非常に強力だがそれ以外は比較的標準的な能力で目立った活躍はしにくい。 ワールウィンドの価値がそのままシャノンの評価になりやすい。 実装当時より全体攻撃の火力水準が大きく上がり、ワールウィンドも性能不足に。 第2部で星5キャラより速い敵が増えたためVCの需要がさらに増した。 逆に元から速いキャラが増え、グラスタによりバフ無しで速度249やAF火力を出す手段が増えたことと、ZONEの登場により等倍相手の無属性の価値が激減したためAF用のVC要員としては需要が大きく低下。 バランスよくまとまった魔法アタッカー。 優秀ではあるがライバルも多く、シールドが必要な場合以外での採用理由に欠けるためスペックの割に出番は少ない。 実装が遅かったためか属性魔法アタッカーで唯一顕現武器がなく、かなり物足りない。 売りであるはずの全体攻撃が最近の高火力全体攻撃についていけていない。 役割が被りまくっているノーマルシュゼットが超強化されたのも痛い。 条件次第でトップクラスの2ターン目火力を誇る特殊なアタッカー。 2ターン目の火力が重要な場面では最強クラスの活躍が期待できる。 基礎スペックも悪くはないが基本的には2ターン目だけの女。 驚異の属性6回攻撃を持つアタッカー。 平均でも4回攻撃でき、物理耐性バフを撒きながらゲージを稼ぎ蓄積を溜めていく無駄のなさが優秀。 ただし操作の面倒さは全キャラ中でも屈指。 ZONEとの相性は悪いが通常時のアナザーフォースでは相変わらず強力。 攻めて良し、守って良しの超強力サポートアタッカー。 高倍率風バフに高倍率速度バフ、属性3回攻撃まで持ちAFでもトップクラスの強さを誇り、回復スキルに腕力知性両方に対応したデバフ、状態異常回復とさすがにちょっとやりすぎ感がある。 魔法ゆえにグラスタで速度を上げやすいのも良い。 性質上他の属性のパーティにすら平気で採用されるぶっ壊れキャラ。 ZONEでさらに強化された。 記事作成中。 風のZONE担当。 ZONEはもちろんのこと、本人も風耐性の累積デバフに物理耐性デバフ、ZONE下での自動腕力バフ撒き、状態異常無効、知性速度バフ、腕力知性デバフ、高火力スキルとモリモリ。 デュナリスとセットでほぼすべての火力関連バフデバフを網羅できる。 記事作成中。 分身による攻撃回数増と攻撃回避、速度依存の攻撃スキルが特徴の高速アタッカー。 速度バフで異常に火力が上昇し、条件次第ではいとも簡単にシュゼットにも匹敵する火力をわりとお手軽に出せる。 速度に関係なく最初に行動できるスキルを持つトリッキーなサポート兼アタッカー。 鈍足+蓄積による速度UP、先制気絶攻撃や腕力デバフ+全属性耐性バフなど有用な特徴を持つが、自身の長所を自身の特性で潰してしまっている感があり、現状ではラルム対策以上の役割が持ちづらい。 フリーの星5キャラ その他の総評 属性を問わず採用できるヒーラーやタンク、無属性キャラをフリー枠として別枠評価。 同じヒーラーでも属性色の強いものは元々の属性側で評価している。 無属性アタッカーはZONEの登場と各属性キャラの充実、全属性に耐性を持つ敵の少なさから大きく価値を落とした。 個別コメント 初期から常に最強のヒーラーと揺るがない評価を受ける万能ヒーラー。 速度の高さでVC砲台としても使え、ヒーラーという役割以上の活躍の幅を持つ。 当ブログの評価基準としてはついに最高評価の座をデュナリスに奪われたが、純粋なヒーラーとしての安定感は今でも屈指であり、火力が通用しない強敵相手にはやはり頼りになる。 元祖タンクで実装当時は大活躍していたが、耐久面のバフやデバフの付与手段が増えるごとに少しづつ肩身が狭くなっていき、ベルトランが登場してからは完全にCランクの守り神に。 その後幾度の上方修正により他のタンクとは違った方向性での強化がなされ、顕現武器も獲得し盛り返した。 とはいえやはり他のタンクと比べて効果の確実性や即効性に欠け、当ブログ基準でタンクに求められる要素を満たしにくい。 ほぼ何でもできる万能サポーター。 本人の攻撃能力は低いものの上手く扱えば最低限の火力と耐久を短いターンで確保してくれる縁の下の力持ち。 グラスタと各属性への優秀なヒーラー・サポーター追加によって若干評価を落とした。 重要度の高い速度のサポートが自力では出来ないのが難点。 アナベルの居場所を奪い去った最強のタンク。 そもそもタンクの活用場所が少ないゲームバランスではあるが、タンクキャラとしての性能は文句なし。 確定ペイン付与という攻撃的な仕事もこなせるようになり地味ながらもジワジワと活躍の場を増やし続けている。 火属性でも無属性でも無難に戦える高火力アタッカー。 無属性としてはエルガと相性が良いのが好評価だがやはり無属性自体の重要性の低下、本人のスペック不足から現環境では評価が低い。 高火力な無属性3回攻撃とアナザーフォースのダメージ強化に非常に有効なVCを持つ。 彼女がいるといないとでAFの総ダメージが大きく変わるがこちらも無属性の衰退と強力な速度バフ手段の増加などにより昔より採用率が下がった。 対物理VCと無属性4回攻撃。 無属性は弱点によるゲージ増加が無いため属性パーティ以上に攻撃回数が重要になる。 ペインで火力を伸ばせるのも強力。 無属性の復権はあるのだろうか。 上方修正により挑発を獲得し、タンクとしての活躍が見込めるように。 他のタンクとは一線を画す攻めるタンクで、迎撃+ランダム攻撃でバッサバッサと敵を倒していく新感覚タンクとなっている。 挑発耐性を持たない敵に対しての1ターン目耐久力はベルトラン以上で、速度の強化もしやすいため最高峰のウクアージ受けに。 無属性3回攻撃を持つがすでに無属性は3回攻撃だけでは生き残れない群雄割拠。 そしてZONEの実装により無属性自体が評価を落とした。 時代が悪かった。 専用装備が追加されたが焼け石に水。 だったが、会心の力の修正により装備次第でクリティカルバフ無しでクリティカルをポンポン出すようになり、火力期待値が大きく向上。 こちらも無属性3回攻撃を持つがせっかくの3回攻撃なのにモーションが長すぎてアナザーフォースでの評価が低い。 役割がほとんどない。 無属性としても強力な万能アタッカー。 とはいえ雑魚狩りがメインの仕事となり評価を上げきれなかった。 遂に登場した蘇生持ちヒーラー。 後衛まで含めた全体回復スキルに蓄積による永続知性UP、相変わらず便利な全属性耐性バフと状態異常回復。 これらを最速クラスの速度で撃てるのはやはり強力。 VCによる全体回復も復帰力が高く非常に強力だが、メインスキルに治癒がなく、手数の短縮という当ブログの評価基準の命題からは少々離れた性能となっているためスペックの割に評価は低め。 使えば普通に強いのは言うまでもない。 敵味方全体に影響する特殊なサポートスキルをこれでもかと詰め込んだ超万能サポーター。 少々扱いにくさはあるがあまりにも万能かつ高水準なサポートが可能。 MPのサポートも強力。 グラスタにより属性攻撃を撃てるようになり、ギャブレットの冠とセットでAFにも参加できるようになった。 記事作成中。 育て方によって自分好みにカスタマイズできる超特殊なキャラ。 まだ育て切れておらず、構成や使い方も定まっていないため今回は評価を見送った。 使いやすいサポートスキルを習得でき、全キャラ中最速にできるためVC役などのサポート役として使っていくことになるか。 わら坊 記事作成中。 便利で多彩なサポートスキルと無属性4回攻撃、ZONEによって属性の変わる特殊な攻撃スキルを持つ。 が、攻撃面ではかなりパワー不足でありとてもZONE下で使えたものではなく、サポートもマナをはじめとして優秀どころが多くイマイチ役割を持てない感じに。 Cかと言われると低すぎる気もするが、Bでは高すぎる気がし、今回はCランクに。 すべての属性にパッシブの耐性を持つ点や剣バフが生きる道か。 アルテナ.

次の

外伝 失われた正典と銀の不凋花 Jewel in Shade

アナザー エデン アカネ

もし、マリエルがいなければどんな属性耐性アップのキャラでも大丈夫です。 しかし、ここで注意点があります。 それは、属性耐性アップを入れたとして 必ずヒーラーは、1体入れておいた方が安心です。 複数いるとさらに難しくなるし、ややこしいので早めに倒しちゃいましょう。 この時は、 全体攻撃持ちを持ってるキャラを入れてください。 1体ずつ倒していると本体のヒクイドリが攻撃をずっと続けてきますので、一気に片付けた方が楽です。 それに、ヒフキドリは 回復などするのでほっておくと攻撃をずっとしてきます、だから注意しましょう。 特にこの時、 ヴァリアブルチャントが優秀なキャラを持って行くのを忘れないようにしましょう。 おススメは、 イスカがいいですね。 イスカは、 敵全体攻撃ダウン持ってるので火なども防げます。 ヒクイドリは 5回ほど倒すボスキャラですが、その強さは半端なく強いです。 しかも、弱点もないのでさらに倒すのが困難のボスとなっています、 属性耐性も多数持っているので長期戦は覚悟しておいてください。 ちなみに、 6時間経過しないと次の戦いには進めないので注意して進みましょう。 まとめ 今回のヒクイドリですが、邂逅の中では 一番強敵だと思っています。 しかし、ヒクイドリに勝った時の嬉しさは半端ないです。 (なんせ5回も戦ってるんですから) なので、最後まであきらめずに頑張ってプレイしてみてください。 ちなみに、ガリユの戦闘はそんなに強いほどではないです、なのでヒクイドリを倒した方なら余裕だと思います。 ただ、やはりヒクイドリを倒すためにはパーティを強化しておくことが必要になりますが、もしそのための星5キャラがあまり揃っていないということであれば、この クロノスの石を無料で集める裏技を活用しながらガチャを引くのがおすすめです。

次の