フレンチトースト つけ汁。 美食探偵のホテルロケ地はどこ?噂のフレンチトーストの作り方も!

現役美容師がこっそり教えるフレンチトーストレシピ

フレンチトースト つけ汁

レンジで1分!中までジュワッのフレンチトースト 電子レンジで加熱するだけでつけ置き時間はいりません! これならいつでも手軽にフレンチトーストが作れて、栄養価もたっぷりです。 時短レシピでいつでも食べたいときにフレンチトーストを作っちゃいましょう。 用意するものは、どれも普段から家にあるものばかり。 それだけで作ることができるのがフレンチトーストの強みです。 時短レシピさえ知っておけば、思い立った時に、いつでもパパッと作ることができますよ。 【材料】 ・食パン(スライスしたフランスパンでもOK)1枚 ・卵 1個 ・牛乳 100ml ・砂糖 大さじ1. 5 ・バニラオイル 少々 ・バター 大さじ1 【作り方】 1.卵、牛乳、砂糖をしっかりと混ぜ合わせます。 2.バニラオイルを少々振り入れます。 バニラエッセンスでもOKですが、バニラエッセンスは加熱すると香りが飛びやすくなります。 反面、バニラオイルは加熱しても香りが残るのでおススメです。 3.作った液の中に半分に切った食パンを入れて、浸します。 この時に軽くでいいので、両面に液をなじませるようにしてください。 レンジで液をしみこませるので、両面になんとなく液がかかっている程度で大丈夫です。 4.パンの表面が液に浸ったら電子レンジ(600W)で1分ほど加熱します。 液がしみこんでいないと感じたら、30秒ずつ加熱時間を延ばしてください。 このように食パンの目が大きくなったように仕上がってきます。 レンジでの加熱が終わると、菜箸では持てないほどパンが重くなっています。 たぷたぷと中まで浸み込んでいる証拠です。 5.フライ返しでやさしくすくって、バターを入れて加熱したフライパンで弱火で焼いていきます。 レンジで加熱した後も、完全には液はなくならず少しお皿に残るので、こちらもパンの上から全部かけてしまいましょう。 フレンチトーストは焦げやすいので弱火で焼いてくださいね。 6.中まで火が通ったら完成です! 表面に焦げ色がうっすらと付くくらいまで焼いたほうが表面はサクッと、中からジュワッと液があふれるおいしいフレンチトーストができあがります。 ちなみに、フレンチトーストは冷めたら冷凍保存も可能なんです。 ひとつずつラップに包んで密閉容器に入れ、冷凍庫に保存しておくだけで約1ヵ月は日持ちします。 見た目もグッと華やかになりますよ! 最近では100円均一の製菓コーナーでも販売されています。 ココアパウダー以外でも、抹茶パウダーを選んだり、ナッツなどのトッピングもオシャレです。 ふるいがなければ茶こしを使用してパパッとふるってしまってもOKです。 プレーンでフレンチトーストを作って、マーマレードや好みのジャムを添えるのもおいしいです。 プラス10秒のひと工夫で、飽きもこないバリエーション豊かなフレンチトーストが時短レシピで出来上がりますよ! ワンパターンになりがちなフレンチトーストも、添えるものしだいでいろんな変化をつけることができるので、ぜひ自分だけのオリジナルフレンチトーストを作ってみてくださいね!.

次の

美食探偵のホテルロケ地はどこ?噂のフレンチトーストの作り方も!

フレンチトースト つけ汁

おはようございます。 フレンチトーストをよく作るんですが、ついにたどり着いた究極のレシピを勝手にご紹介させて頂きます。 つけ汁を作る。 試行錯誤してたどり着いた俺流レシピはこれ。 これはおそらくクックパッドにも載ってないであろう、僕のこだわりであり、ようやくたどり着いた秘伝の隠し味です。 そもそも僕は【甘いものに塩】という概念に、絶大な信頼を置いておりまして、あまーいフレンチトーストに最初は塩をパラパラと入れていたのですが、ある日唐揚げにマヨネーズをかけてる時に、【やっぱりマヨネーズは何にでも合う】という当たり前な事を再認識した際に【コレだ!!】と思い立った訳です。 どうでもいい説明はさておき焼きましょう。 表面が色づく程度に 軽く ソテーします。 ソテーします。 カッコよくいいます。 ソテーします。 つけ汁は トラヴァイエしておいて下さい。 簡単にいうと混ぜて下さい。 マリネします。 簡単にいうとつけます。 しみ込むようにガツガツ押してやります。 この【ガツガツ押す】という料理用語だけははみつかりませんでした。 たっぷりエキスを吸ったパン達。 この白いブニョブニョしたやつがマヨネーズです。 分離するので結構くっついてますが気にしません。 これがとにかくいい仕事をします。 さあ、グラッセしていきましょう。 軽〜くでいいです。 ひっくり返して。 あ、いい感じですね。 ビールを飲みながら料理するかのごとく、カフェオレを飲みながらグラッセする僕。 ノンアルですが酔ってます。 自分に。 ドレサージュ・デ・プラしていきましょう お好みで オイシサソノママ・モ・リナガシロップを ナッペしてもいいですね。 とまあこんな感じです。 騙されたと思ってマヨネーズしてみて下さい。 めちゃうまいです。 それでは今日もよろしくお願いします。

次の

【検証】ホテルオークラが公式に「フレンチトースト」のレシピを紹介! 作ってみたら…まるでプリンケーキみたいになったぁ!!

フレンチトースト つけ汁

筆者によれば「ナイフを入れるとサクっと入る。 マシュマロより軽い手ごたえ。 表面が少しカリっとしていて、中はふんわり。 」という今までにない食感とのこと。 パンを丸1日漬け込んで作るため予約が必須で、その予約もすぐに埋まってしまうほどの人気ぶりだそうです。 今日はこのレシピを参考に、ホテルオークラのフレンチトーストを再現してみたいと思います。 <材料を用意する> 材料は、食パン、牛乳、玉子、砂糖、バニラエッセンス、バター、サラダ油とごくシンプル。 普通のスーパーで手に入る素材を用意しました。 材料(食パン2枚分)• 食パン:2枚• 牛乳:185cc• 玉子:3個• 砂糖:31g• バニラエッセンス:少々• バター:少々• サラダ油:少々 <パンを丸1日漬け込む> 食パンはあらかじめ耳の部分を切り、牛乳、玉子、砂糖、バニラエッセンスを混ぜたものに漬け込みます。 漬ける時間は片面12時間ずつ、計24時間です。 常温では傷みが心配なので、ラップをして冷蔵庫に入れておきました。 この時点で昼の12時なので、深夜0時までこのまま漬けておきます。 深夜0時になったので、冷蔵庫からトレーを取り出してみました。 裏返してみると、漬け汁がパンにたっぷりしみている感じがします。 ラップをかけて再び冷蔵庫に戻し、あとは寝て待つだけです。 翌日の昼の12時になりました。 漬け汁の量がだいぶ減っているのが分かりますね。 これでようやく下準備が終わりです。 <弱火で15分じっくり焼く> いよいよ焼いていきます。 弱火で軽く温めておいたフライパンにバターとサラダ油を少々入れ、漬けておいたパンを並べます。 弱火のまま、フタをして両面を約15分かけて焼いていきます。 レシピによれば、「弱火でじっくり時間をかけて、中身をふくらませるように焼く。 」とのこと。 バニラエッセンスやバターのいい香りが漂ってきます。 およそ7分経ったところで裏返しました。 いい感じに焦げ目が付いています。 <完成!> もう片方の面にも焦げ目が付いたらついに完成です! 美味しそうな焦げ目が付き、ふっくらと焼き上がっています。 ナイフで切ってみると、焦げ目の付いた表面はサクッとしていて、中はふわふわ。 断面はスポンジケーキのようにも見えます。 早速食べてみると、何よりもまずその食感に驚きます。 たっぷりの漬け汁がしみこんだ生地はとにかくふわふわで、ベチャベチャした感じは全くありません。 これだけ柔らかいのに、切っても形が崩れないのに驚きました。 また丸1日漬け込んだだけあって、牛乳と玉子の優しい味わいがパンの隅々までしっかりしみ渡り、口に入れた途端ジュワッと広がります。 甘さは控えめなので、お好みでメイプルシロップやジャムなどを乗せてもいいと思います。 エントリーでも紹介されていた通り、見た目はボリュームがありますが、ふわっとしているので意外にもペロッと食べられました。 材料も作り方も至ってシンプルなホテルオークラのフレンチトーストレシピ。 時間はかかりますが、漬けて置いておくだけなので難しくはありません。 休みの日のおやつに、ちょっと贅沢な気分で楽しんでみてはいかがでしょうか?.

次の