ワイ モバイル 60 歳 以上 通話 無料。 60歳以上は通話無料!ワイモバイルの「かんたんスマホ」の購入でね!

ワイモバイルのかんたんスマホを解説!2020年6月に半額に値下げ!月額料金や使用者の口コミも【705KC】

ワイ モバイル 60 歳 以上 通話 無料

\スーパーだれとでも定額/ スマホベーシックプランS/M/Rに追加できるオプションです。 このオプションを追加すると月額1,000円 税抜 で、他社も含めたすべてのスマートフォンやケータイ、または固定電話への国内通話が無料になります。 注意事項• 以下いずれかに該当した場合、該当する事実が確認された月の利用分まで特典適用となります。 その際、「スーパーだれとでも定額」の解除手続きをしない場合、特典適用が終了となった翌月利用分から月額料が発生します。 ・料金プランを対象料金プラン以外に変更した場合 ・指定機種以外にバリュースタイル加入で機種変更した場合 ・使用者を60歳未満の方へ変更した場合• キャンペーンの内容および期間は、予告なく変更される場合があります。 オンラインストアからのキャンペーン申し込み方法 オンラインストアから契約申し込みをする際、 「使用者年齢確認(ご利用者年齢確認)」入力画面で 「60歳以上」を選択してください。 ) また、 「オプション、子回線用プラン等」の入力箇所では、「スーパーだれとでも定額」が自動で選択された状態(チェックを付けたり、外したりの変更ができない状態)になっているので、そのまま手続きを進めてください。 \一番お得なスマホセット購入/ お得 スマホセットで「 24,395円」お得! 3つの特典を利用することでスマホセット購入が最大 「 24,395円」お得になります!• どこでももらえる特典 事前にでエントリーすることで 3,000円相当がもらえる!• スマホ契約特典 のオンラインストアは 5のつく日・ゾロ目の日なら 5,555円相当がもらえる!• mobile」管理人です。 質問頂いた内容から、現在ソフトバンクを契約中と思われます。 ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えは簡単です。 ソフトバンク購入店へ出向く必要はありません。 mobileオンラインストアから「かんたんスマホ」の申し込みをしてください。 申し込み時に「My Softbank」のログインが必要です。 「My SoftBank」にログインしたら、ソフトバンクで利用中の電話番号のまま乗り換えできます。 乗り換え時の全体の流れ・手順は、以下の記事を参考にしてください。 参考記事: また、Y! mobileオンラインストアの申し込み方法は、以下の記事を参考にしてください。 mobileオンラインストアなら、事務手数料3,300円無料キャンペーン中です。 ご検討してみてください!.

次の

シニア割(60歳以上)│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)|【公式】UQコミュニケーションズ

ワイ モバイル 60 歳 以上 通話 無料

・指定機種の購入または持ち込みを伴い、ご契約 ・利用者が60歳以上であること これだけの条件となっています。 特定の機種というのは、 かんたんスマホという機種になるんだけど、初めてスマホを持つ人ならこのスマホでも十分なのかなと思います。 スマホとして一通りのことはできますので、難しい操作は一切ありません。 そのためかんたんスマホというネーミングとなっているのです。 初めてスマホを持つならこれでも十分なのかもしれません。 期間 2018年8月9日〜終了期間はホームページにて告知します。 今のところ終了期間は明記されていませんが、突然終了する可能性もあるため、注意が必要となります。 ただし60歳以上の方が一度そのプランになれてしまうと、次回の機種変更もかなり先になり、キャリアとしては非常に有利な契約となります。 そのため終了期間はないといっても過言ではないかと思います。 それこそ数年先に通話に対するもっといい施策などが出てきた時に、見直される可能性はあるかと思いますが、終了がないということは、確実に当分続くものと思われます。 こちらのキャンペーンで新しくスマホを購入したお年寄りというのは、同じプランを継続して使い続けたくなりますからね。 そういう意味でもこのプランというのは、非常にメリットがあるかと思います。 スーパーだれとでも定額の月額が無料 この施策というのは、「スーパーだれとでも定額」の月額1000円が無料となるキャンペーンとなります。 ただしスーパーだれとでも定額への申込みは別途必要となるため、注意が必要となります。 それではスーパー誰とでも定額というのは、どのような契約になるのでしょうか。 スーパー誰とでも定額の概要 通話時間と回数が無制限で国内通話がかけ放題となるサービスとなっています。 ただし有料になる通話もありますので注意が必要となります。 よくあるのが、ナビダイヤルなどへの通話が有料になるということを知らない人が結構多いです。 ナビダイヤルというのは、様々なサービスで利用される問い合わせの電話番号となっているケースが多く、通話料の負担はお客様負担になる電話番号となります。 03や06始まりのいわゆる普通の電話番号にかけた場合に無料でつながると思っておいたほうがいいと思います。 ナビダイヤルの0570などで始まる番号は有料になりますので、注意が必要です。 このナビダイヤルですが、これも無料になると思っている人がかなり多いわけです。 最近はこのナビダイヤルというのは、問い合わせによく利用される電話番号となっています。 問い合わせに使われる電話番号ということですが、ナビダイヤルと通常の電話番号が併記されていることが非常に多くあります。 その場合は通常の電話番号のほうに電話をすることで通話を無料にすることができます。 ナビダイヤルと通常の電話番号が併記されている場合は、通常の電話番号のほうに電話をすることをオススメします。 他にも有料になる電話番号もありますので、有料になることを防ぎたい場合は事前に確認しておくほうがいいですね。 ただし普通の06や03などは全く問題ありません。 回数無制限で電話を掛けることができるというところがこのサービスの素晴らしいところです。 通話料金無料を1000円で行うことができます。 適用条件 ・個人のお客様であること ・のシステムに登録された使用者の年齢が指定機種購入時点で60歳以上であること。 ・指定機種の購入または、持ち込みを伴い、対象料金プラン、対象申し込み種別で契約すること。 これらが適用条件となります。 適用条件というのは、単純に先程掲載した通りとなりますので、あまり問題もないかと思います。 指定機種 かんたんスマホ 対象料金プラン スマホプラン、スマホベーシックプラン 対象申し込み種別 新規契約(MNP含む)、番号移行、契約変更、機種変更 申し込む種別というのは、どのような形態で申し込んだかということになりますが、普通に機種を購入すると覚えておけばいいかと思います。 通常機種変更などを伴う場合というのは、かんたんスマホ以外でこのプランに加入できないので注意が必要となります。 それこそiPhoneなどの購入を行った場合は、こちらが適用されませんので、注意が必要となります。 注意事項 以下のいずれかに該当した場合、該当する事実が確認された月の利用分までの特典適用となります。 その際、スーパーだれとでも定額の解除のお手続きをしない場合、特典適用が終了となった翌月利用分から月額料が発生いたします。 ・対象料金プラン以外に変更の申し出をした場合 ・指定機種以外にバリュースタイル加入で機種変更した場合 ・当社システムに登録された使用者を60歳未満の方へ変更した場合 ・法人へ契約を譲渡、承継した場合 ・解約した場合 このキャンペーン自体は予告なく終了することもありますので、その場合は残念ながら通話料の発生の可能性があります。 当然ですが、現時点ではまだ終了の予告はありませんので、当分安心して利用することができるかと思います。 恐らく予告なく終了する場合でも事前の案内はあるかと思います。 事前案内中に契約をどうするか考えれば問題ありません。 このプランはお得なのか 実はこのプランというのは、非常にメリットのある施策となっています。 一番美味しいのは持ち込み新規契約が可能ということになります。 持ち込み機種ということで、SIMフリーの機種を使って契約することができるのです。 2019年10月から毎月の本体代金の割引を通信費から値引きするというような施策がなくなりました。 そのためSIMフリーのスマホを購入し持ち込み新規契約を行うことも可能となったわけです。 持ち込み機種というのは特に縛りがありません。 SIMフリー機種ならiPhoneなどでも可能となり、それこそ使える機種の幅が非常に増えるのです。 から発売されている以外のスマホでも対応が可能となります。 最近はSIMフリースマホがかなり安価に販売しているため、にこだわることがなければ、以外の機種を選択することも可能となります。 基本的に他社含めて持ち込み契約を推奨しているキャリアというのは、多くありません。 そういう観点からするとでは持ち込み契約を推奨しているとも取れる施策となっています。 実際にこの持ち込みなどという言葉に関しては、60歳以上の人なら「???」だと思いますので、このあたりは息子さんなどに一度聞いてみるか、契約などをよく知る友人などに確認してみるといいかと思います。 毎月1000円の契約が今のところ終了期間未定ですが、ずっと無料となるのです。 年間12,000円です。 当然ですが通話をかなりする人にとってはさらにお得な契約となっているのです。 長話をする人にとってもかなりこれはお得な契約となっており、非常にメリットがある契約かと思います。 通常契約でも10分間の無料通話が付いておりますが、それでは足りないと思う人にとっては相当お得な施策だと思います。 60歳以上の人をワイモバイルにいかに呼び込めるかが鍵 この契約というのは、にとってはいかに60歳以上の人を取り込むことができるかというところが鍵となります。 60歳以上といっても実際には他社で契約している人が大半です。 それこそドコモ、au、ソフトバンクと契約している人が非常に多いと思います。 ソフトバンクならまだ案内できる可能性も高いわけですが、ドコモ、auに関しては案内することはほぼ困難です。 そのためネットなどの記事などを中心に目に止まってほしいと思うことは、側ならわかるかと思います。 さらにその中で通話を中心に行う人にとってはこの契約というのは、かなりメリットのある契約となるわけです。 いかに60歳以上かつ電話を頻繁にかける人に対してこのPRができるかが、としても鍵となるでしょう。 またのブランディングに関してもかなり必要となります。 60歳以上の人はを知らないケースもあるのです。 CMなどで聞いたことはあるとは思いますが、CMの印象が強いと学生が持つキャリアだという印象も強いかと思います。 しかしながらそのようなことはありません。 というのは若い人からお年寄りまでお得な施策が色々あるわけです。 しかしながらすべての人に対してCMをしていたら広告料だけですごいことになるわけです。 そのためCMというのはある程度ピンポイントに行っています。 そのためどうしても60歳以上の人からすると学生の持つキャリアというイメージが強いわけです。 そしてというのはどんな会社かもわからないという人も多いでしょう。 というのはソフトバンクグループです。 というとそれなりに納得いただけますかね?基本的にソフトバンク回線を利用しているため、ソフトバンクと通信品質や通話品質は変わりません。 ソフトバンクも昔はつながらないと言われておりましたが、それも昔の話です。 都市部に関しては、ドコモ、auよりも通信速度が早く、つながるエリアも他社と比較してもそれほど変わりません。 それくらい今と昔ではイメージも実態も異なるのです。 あまりにも田舎の山道ならドコモ、auがつながるがはつながらないという事象も発生するかもしれませんが、そこまで田舎に行く機会が何度ありますか?ということです。 年間1回か2回しかないかと思います。 逆にいえばそのような場所で通話やメールを長時間に渡りしたいと思いますか? それも本当に山道だけなので、いわゆる観光地と呼ばれる場所に関しては、あまり気にする必要はありません。 観光地であれば、たいていの場所は繋がります。 昔と違いは繋がりキャリアとなっているため、安心して持つことができるのです。 現在60歳なら人生100年時代と考えると残り40年 現在60歳の人なら100年時代ということを考えると残り40年です。 先程年間12,000円お得にといいましたが、40年なら480,000円お得になるわけです。 それだけの金額が無料となり、その間継続して通話料が無料となるのです。 相当メリットがあるかと思います。 実際には40年も経過すれば、通話方式などもかなり進化していると思いますので、実際には通話という概念がなくなるのかもしれませんが、このままこのプランが継続するとなると相当お得に契約することが可能となります。 またに関しては、毎月の料金に関しても他社と比較してもそれほど高くはありません。 むしろ安価です。 またサービスに関しても、 ソフトバンクグループということもあり、店舗もソフトバンクの店舗がいわゆる駆け込み寺となるわけです。 ソフトバンクの店舗が駆け込み寺となるのであれば、相当な店舗数があるかと思います。 昔は専用店舗がありましたが、今はソフトバンクと共有の店舗となっており、スタッフはソフトバンクとの2つの端末知識や料金プランを知っています。 そのため本当に困った場合はソフトバンクショップに行くことで回避できることが多いのです。 また今後持ち込み契約をしたくなくなった場合は、ソフトバンクの機種へ安価な価格でMNPいわゆる番号そのままでお乗り換えを行うことも可能となっています。 それこそソフトバンクとを交互に使うということをしている人もいるそうです。 実はそれって結構お得な利用方法かもしれません。 このように長く利用する上で重要なことは、継続して安く利用できるということです。 継続して通話含めて長く利用できるということは非常にいいことです。 友人と会話することで、ストレス発散になることもあるでしょう。 そういう意味では60歳以上もずっと国内通話が無料になるということは、かなりのメリットではないかと思います。 通話無料というだけで、やはり人間電話をかけたくなるものです。 特に60歳以上の人はラインなどでの通話よりも電話番号主体の通話のほうが多い傾向にあるかと思います。 電話番号主体の通話が無料になるということは、本当にそれだけでメリットがでますからね。 ワイモバイルの毎月の維持費は? こちらが毎月の維持費となります。 一番安価なSを選択したとしても最大で2680円しかかかりません。 元々国内無料通話10分以内というものがついていますが、10分を超えても無料になるのは、60歳以上と指定機種という組み合わせだけです。 それがこの価格で維持することができるのです。 それだけでもかなりのメリットになるかと思いますので、ぜひこれは検討してもらいたいですね。 元々他社と比較しても通話料金や通信費が安価なです。 できることなら、へ乗り換えの検討をしてみることをオススメしたいものですね。 維持費は非常に安価な価格設定となっていますので、毎月の維持費も通常のキャリアモデルよりも下げることは可能かと思います。 毎月の基本料金だけでも一番下のSと呼ばれる料金体系なら1480円〜維持が可能となります。 結果的にこの1480円というのは、初めの価格となりますので、2680円が通常価格となります。 それでも十分安価な維持することができますからね。 それと先程も記載している通り、60歳以上なら通話が無料です。 通常の人なら10分の縛りがあるわけですが、60歳以上の人なら通話料がずっと無料となるのです。 1時間話しても無料となり、昔では考えられない料金プランとなっているのです。 このように非常に安価に維持することができるという意味ではかなりオススメできるかと思います。 指定機種のかんたんスマホ こちらがかんたんスマホです。 から発売されている60歳以上なら無料通話ができる指定機種というのは、こちらのスマートフォンとなります。 このかんたんスマホというのは、LINEもはじめからインストールされており、かなり便利な機種となっています。 初めてスマートフォンを利用するという人にとってもこの機種ならオススメできます。 やはり 初めてスマートフォンを持つならこのようならくらくスマートフォンならいいと思います。 指定機種がらくらくスマートフォンになっているということは、年配の方々にこちらのサービスを利用してもらいたいということです。 年配の方々がこのサービスを利用するのであれば、かなりメリットがあると思います。 ならではのサービスとなっていますので、かんたんスマホを購入してぜひ無料通話を楽しんでもらいたいと思います。 このらくらくスマートフォンというのは、普通に利用する上でもかなりメリットのある機種かと思います。 とにかくワンタッチダイヤルなど使い勝手がいい機能というものがついているのです。 お年寄りに限らずこの機種は普通の人でも全く問題ない機種となっていますので、特に気にすることはないかと思います。 最近ガラケーを持つ人もかなり少なくなってきましたが、ガラケーと比較すると画面サイズも大きくなっているので、見やすいかと思います。 また初めてタッチパネルを利用する人にとっても、この機種なら問題なくタッチパネルを利用することが可能となります。 ワイモバイルは他社より価格設定が安い ワイモバイルは他社よりもそもそもの価格設定が安価なことを知っていますか? 今回のプランというのは スーパーだれとでも定額と呼ばれるプランが無料になるというキャンペーンですが、 このスーパーだれとでも定額と呼ばれるプランの標準価格は1000円です。 もともとの価格も1000円となっており、非常に安価なのです。 それなら他社はどうなのでしょうか? 携帯会社 通話無料オプション ドコモ 1,700円 au 1,700円 ソフトバンク 1,500円 通話が無制限になる各社の比較ですが、 ドコモとauに関しては1,700円もかかるわけです。 ソフトバンクで1,500円です。 ワイモバイルの価格がいかに安価であるのかということがわかるかと思います。 そもそもの価格がドコモ、auとなら700円も違うわけです。 もともとの価格差がかなりあるため、ワイモバイルではもともとの価格も非常に安価であるということがわかるかと思います。 もしドコモとauでこの通話無料のオプションをつけている人がいるのであれば、ワイモバイルにするだけでも1000円となり、毎月700円が浮いてくる計算となります。 それだけでもメリットはかなりあるかと思います。 ワイモバイルの関連会社であるソフトバンクは1500円となっており、ドコモとauと比較するとまだ良心的な価格設定となっていますが、ワイモバイルとソフトバンク回線は同じ回線を利用しているということを考えるとそれだけでも500円高いことがわかります。 500円違うということは、年間で6000円の支払いが変わってくるのです。 今回は60歳以上がこの1000円無料ということになりますので、ドコモとauなら1年間契約し続けるのであれば、20,400円もの価格差が出てくる計算となります。 そこまでの価格差があるなら、ワイモバイルがいかに安価に維持することができるのかということがわかるでしょう。 もともとの料金メニューの価格が安価であるということが、ワイモバイルのメリットだと思います。 ここまでの価格差があって、ドコモ、auと契約しているメリットは非常に少ないと思います。 ただしそれも通話をする人限定の話です。 通話をめったにしないという人は、別にそこまで気にすることはないかもしれませんね。 それでも最近はこのように非常に安価なプランであるということは、認知されているため、ワイモバイルへMNPをする人が非常に増えています。 毎月の維持費に関しては、誰もが抑えたいところでしょう。 通話オプションだけ見ても、ドコモ、auと比較してそこまで違うのであれば、それこそドコモ、auと契約しているメリットはそこまでないのではないかと思っています。 通話をたくさんする人もワイモバイルのほうがメリットがかなりありますよね。 ・他社の無料通話オプションは高額 ・他社で契約している人なら検討の余地あり 他社の無料通話プランを利用している人は乗り換えの検討もありか 他社の無料通話定額プランを利用している人なら間違いなく乗り換えの検討もありかと思います。 それは60歳以上でなかったとしても該当するかと思います。 元々10分の無料通話がついているのです。 10分以内の通話がほとんどならすぐにでも乗り換えるべきでしょう。 10分を超える通話をメインに考えている人でも60歳以上でなければ、1000円のオプション料金を払えば、無料通話が付いてきます。 それはそれだけでもメリットではないかと思います。 60歳以上といえば、上記でも記載している通りまだまだ現役です。 そのため通話をすることも多いのではないかと思います。 通話をする人にとっては、この料金プランは確実に魅力的に映るはずだと思います。 一度自分が契約している会社の料金プランなどを調べてみて、通話をそれなりにしている人ならに乗り換えるだけで、間違いなくオススメできるかと思いますので、一度を検討してみてはどうでしょうか。 60歳以上の人なら機種が限定されますが、60歳以上の人でも持ち込みの機種なら特にどの機種でも問題ないのです。 それこそ今利用しているキャリアの機種をそのまま利用することも可能となっています。 それならかなり安く利用することもできますからね。 最新機種は60歳以上の無料通話対象外機種という残念さ 最新機種も販売されておりますが、最新機種は残念ながら60歳以上の方への通話無料サービスというのはできません。 ただしが提供している標準の料金プランは適用されるため、10分の無料通話はついています。 10分の無料通話で OKという人ならとりあえず最新モデルでもいいかと思います。 無料通話が10分以上なくてもいいという人なら最新機種の購入でも問題ないと思います。 やはり最新機種というのは、それなりの機能も入っているので、利用したいと思う人も多いと思います。 それは60歳以上の人であったとしても変わりません。 60歳の人でも最新機種を利用したいと思う人は多いはずです。 当然ながらワイモバイルからはiPhoneも出ているため、iPhoneを使ってみたいと思う人も多いでしょう。 そういう人なら10分以内なら無料通話ができたら十分という人ならそちらの選択肢でもいいと思います。 特に10分以上話すからあえて、らくらくスマホでなくてもいいのではないかと思っています。 そのあたりは自分の欲しい機種を購入するほうが結果的によかったと思えるはずです。 最新の機種では永年無料通話が続きませんが、通常のプランで十分という人なら最新モデルの選択肢もありかと思いますね。 60歳以上の方も変化に強くなってきている 以前は60歳以上の方はそこまで変化を好む人は多くはありませんでした。 ただし最近の60歳の方というのは、変化にも強くなってきた方が多いのではないかと思っています。 その理由というのは、基本的には60歳を超えると定年を迎え、隠居生活に入られる方も結構多いということです。 最近は65歳まで再雇用と行う会社も多いので、実際のところは65歳くらいまでは大丈夫なのかもしれませんが、それでも60歳を超えると通常今までもらっていた給与が減ることは間違いありません。 給与が減るということは、毎月の固定費を下げる必要があるのです。 毎月の固定費を下げるということなら、今までのドコモ、au、ソフトバンクなどを所持している人ならそれらの固定費を下げるということを考える人も多いということです。 毎月の固定費を下げるということなら、ワイモバイルへMNPを行うという選択肢もありなのではないかと思います。 60歳以上になると収入アップを目指すことが難しいと思いますので、やはり固定費を下げるという努力をする必要があります。 固定費が下がることで、他に使えるお金が少しでも増えるのです。 他に使えるお金が増える手助けをすることが、このスマホ代削減でもあるわけです。 スマホ代削減というのは、とりあえずドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアからワイモバイルへ乗り換えるということも非常に重要なことかと思います。 60歳を超えるとウェブなどでもこのようなことができないという人もいるかも知れませんが、近くには得意な人もいるはずです。 近くの人に聞きながらでもウェブから購入することをおすすめしたいですね。

次の

ワイモバイル 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン 料金タダで電話ができる

ワイ モバイル 60 歳 以上 通話 無料

かんたんスマホの料金・価格 端末価格(定価) ワイモバイルにおけるかんたんスマホの本体価格(税込)は31,680円です。 発売からずっと46,800円でしたが、2020年6月に値下げされました。 店舗で買う場合は、新規契約もMNPも機種変更もこの価格です。 オンラインなら割引 さらに、かんたんスマホはで購入すれば 新規・MNPで15,840円 、機種変更は7,200円の割引が自動適用されます。 よって、実質の端末価格は以下のとおりです。 かんたんスマホを契約する際も必ず下記を適用させましょう。 エントリーで3,000円分還元 Yahoo! 上にあるワイモバイルストアでは、 「どこでももらえる特典」を実施しています。 このキャンペーンは、した後、公式サイトや店舗でスマホベーシックプランに契約すると、 3,000円分のPayPayボーナスライトが貰える仕組みです。 オンラインだけでなく、 店舗で契約しても貰えるのが特徴です。 端末セット購入の場合は、から「どこでももらえる特典」にエントリーした上でオンラインサイトから申し込むのが一番お得です。 特典を受けるには、事前にYahoo! JAPAN IDでログインした後、でエントリーが必要です。 必ず契約前にエントリーしておいてください。 で端末を購入すれば、 最大15,840円の割引が適用されます。 新規・MNP:最大15,840円割引• 機種変更:最大7,200円割引 この割引が適用されるのはオンラインサイトのみです。 店舗では割引が適用されませんので注意してください。 端末セットの場合も「どこでももらえる特典」とも併用可能なので、からエントリーした上で公式サイトで申し込みましょう。 通常、ワイモバイルに新規契約・MNP転入・機種変更する際には税抜3,000円の事務手数料がかかりますが、 オンラインストアでの契約のみ無料です。 店舗で契約・機種変更すると手数料3,000円がかかりますので、必ずオンラインストアで契約しましょう。 60歳以上は国内通話かけ放題 かんたんスマホには、契約に付随するお得な特典が2つあります。 1つ目は、60歳以上の方がワイモバイルでかんたんスマホを購入のうえ、スマホプランS/M/Lを契約すると、 国内通話がかけ放題の「スーパー誰とでも定額」の月額料金が無料になる特典です。 つまり、国内通話がかけ放題になるのです。 通常、スマホプランは10分以内の国内通話は何度でもかけ放題です。 しかし、 スーパーかけ放題なら10分を超えた分も含めかけ放題になります。 このキャンペーンが適用されることで、「スーパー誰とでも定額」の月額料金(1,000円)が無料になります。 <適用条件>• 契約者がかんたんスマホ購入時点で60歳以上• スマホベーシックプランS/M/Rに契約 ワイモバイルでスマホを契約される方はほぼ「スマホベーシックプラン」なので、60歳以上でかんたんスマホを購入するだけで、完全かけ放題です。 このキャンペーンが適用されるのは「かんたんスマホ」だけなので大変お得です。 機種変更でも通話無料 現在、既にワイモバイルを契約している方もチャンスです。 この「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」は、新規契約・MNP乗り換えに加え、 機種変更でも適用されます。 60歳以上の方で、現在既にスマホプランS・M・Lを契約していて他の機種を使用している方も、かんたんスマホに機種変更すればキャンペーンの対象となります。 機種変更ならプランの解約手数料(違約金)もかかりませんので、通話をよくする方はお得になルカ脳性があります。 オプション申し込みが必要 繰り返しになりますがこの「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」は、通常1,000円/月の有料オプション「スーパー誰とでも定額」が無料になるキャンペーンです。 国内通話をかけ放題にするためには、 「スーパー誰とでも定額」への加入申し込みが必要です。 60歳以上の方がかんたんスマホを購入し、スマホベーシックプランに契約するだけではオプションは適用されません。 料金は無料ですが、 必ずオプション加入申し込み手続きが必要ですので注意してください。 端末価格は同じで、専用のサポート無料で使えます。 唯一の差は国内通話無料の適用可否です。 60歳以上の方は「スーパー誰とでも定額」が無料になりますが、60歳未満の方は無料になりません。 (有料で申し込みは可能) ただしスマホベーシックプランにもともと10分かけ放題がついていますので、 60歳未満の方も10分以内の国内通話なら何度でも無料です。 10分以上の通話をよくする方は、月額1,100円払えばスーパー誰とでも定額に加入できます。 操作で困ったこと・わからないことが発生した場合にこのサポートボタンを押すと、スマホが自動的に前後の操作を読み取って困りごとを予測し、サポートを提案してくれます。 ユーザーが解決方法を探すのではなく、スマホ側がサポートを自動提案してくれるので大変便利です。 精度もなかなか高いようですね。 専門員への相談も無料 スマホの自動サポート機能でも解決しなかった場合は、 専用のカスタマーセンターに連絡ができます。 相談は何度でも無料ですし、かんたんスマホユーザー専用のカスタマーセンターなので、比較的すぐに電話が繋がります。 60歳未満の方でも無料でサポートが使えます。 「スマホの操作は難しいから不安だ…ガラケーのままが良い」という方も、困った事があればいつでも専門員に聞く事ができるので、思い切ってスマホにしてみてはいかがでしょうか。 ワイドサポートの加入不要 かんたんスマホのサポートサービスは、ワイモバイルが他の機種で提供している「ワイドサポート」とは別のサポートとなっています。 よって、 ワイドサポートへの加入は不要です。 ワイドサポートは月額500円かかりますが、かんたんスマホの専門サポートは無料です。 このアプリは、「トビラシステム」という迷惑電話対策の専門業者が持つデータベースを参照し、ブラックリストに入っている電話番号からの着信を拒否したり、警告を表示します。 また、こちらから電話をかける場合にも同様に警告を出すことで、振り込め詐欺などの被害を防ぎます。 迷惑電話対策アプリは無料 この迷惑電話対策アプリは通常は有料ですが、 かんたんスマホ使用者は無料で使用できます。 2月28日以降に購入した場合は 購入時からアプリがインストールされています。 すでにかんたんスマホを購入している方も、2月28日以降に配信される アップデートにて自動でアプリがインストールされて使えるようになります。 発売日 かんたんスマホの 発売日は2018年8月9日です。 2019年3月7日に新色「シルバー」が発売されました。 本体の色・カラー かんたんスマホは「ライトブルー」「ライトピンク」「シルバー」の3種類から選べます。 シルバーは2019年3月7日に追加されました。 スペック一覧表 かんたんスマホのスペック一覧表は以下の通りです。 2 本体の 重さ 約142g 画面 サイズ 約5. 0インチ 解像度 1,280 x 720 (HD) バッテリー 容量 2,600mAh 搭載 OS Android 8. 1 CPU Snapdragon430 (オクタコア) 1. 1GHz メモリー (ROM) 32GB メモリー (RAM) 3GB 対応外部 メモリ microSDXC (最大256GB) 有効画素数 (メインカメラ) 1,300万画素 有効画素数 (サブカメラ) 500万画素 USB 端子 USB Type-C スペック詳細はでご確認ください。 画面サイズは5. 0インチ かんたんスマホの 画面サイズは5. 0インチです。 最近のスマホは大型化が進んでいますので、5. 0インチはコンパクトな部類に入ります。 画面解像度はHDなので必要最低限といったところですね。 SDカードで容量増設可能 かんたんスマホの ストレージ容量は32GBです。 これだけあれば十分かとは思いますが、もし足りなくなったらSDカードを装着することで容量を増設できます。 マイクロSDカードは最大256GBまで増設できますので、写真や動画をたくさん保存する場合は利用してください。 特に防水は、 水深1mに30分間沈めても問題なし(IPX7の防水性能)です。 水周りで使っても、雨の日に屋外で使用しても問題ないですし、誤ってお風呂やトイレに落としても、データの消失を防ぐことができるので大変安心ですね。 耐衝撃・傷がつきにくい かんたんスマホは衝撃にも強く、壊れにくい構造になっています。 耐衝撃は京セラ製スマホの特徴ですね。 米国国防総省が定める基準に準拠しており、高さ1. 22mからの落下試験もクリアしています。 ワンセグでテレビ視聴 かんたんスマホには ワンセグが搭載されています。 ワンセグ搭載スマホなら外出先でもTVを見る事ができるので、非常にファンが多い機能です。 ワンセグ視聴にはアンテナが必要ですが、購入時に付属していますので安心です。 赤外線通信機能 かんたんスマホには、先に説明した 防水・防塵や ワンセグのほかに、 赤外線通信機能も搭載されています。 赤外線通信機能が搭載されたスマホやケータイと、写真や電話帳のデータをやり取りできます。 ガラケーからスマホに乗り換える場合もワンタッチでデータを移行できますし、撮った写真を送るのもかんたんです。 とても見やすく、メニューや表示内容がはっきりと見えます。 また、ボタンも大きいので文字入力もかんたんです。 押し間違いも発生しにくくなっています。 電話をしたりメールしたりする場合も、そのボタンを押せばワンタッチで発信したりメールできます。 わざわざ電話帳を開かいたり、着信履歴をたどったりせずとも連絡ができるのが大変便利です。 LINEがプリインストール かんたんスマホには、 LINEのアプリがはじめから入っています。 わざわざGoogle Pley Storeからインストールしなくても、簡単な設定だけでLINEを使えます。 好きなアプリを自由に使える かんたんスマホは通常のスマホと同様、好きなアプリをインストールする事が可能です。 LINE以外にもニュース配信アプリやamazon・楽天市場などのショッピングアプリ、ヤフー路線案内なども人気ですね。 3日間充電不要のバッテリー スマホは外出先でのバッテリー切れが心配ですね。 しかし、かんたんスマホは 2,600mAhのバッテリーを搭載しており、また操作による電池の消耗を抑える構造になっているため、電池の持ちが抜群です。 普段使いなら 3日間充電しなくてもOKの作りになっています。 (使い方や環境等により消耗具合は異なります) 普段使いに十分なCPU性能 かんたんスマホに搭載されたCPUは Snapdragon430で、 メモリー(RAM)は3GBです。 電話やメール・LINEなどの操作は十分ですが、アプリをたくさん使ったりよくWEBサイトを見る方には物足りないスペックでしょう。 もう少し性能が良い機種が欲しいという方は同じ京セラ製で使いやすい「」がおすすめです。 1300万画素カメラ搭載 かんたんスマホの カメラは1300万画素です。 そこまでハイスペックではありませんが、1世代前のスマホよりは進化しており、十分でしょう。 ただし、画面側にある自撮り用カメラは500万画素と最低限です。 カメラにこだわる方は、こちらも同じ京セラ製でレンズが2つある「」がおすすめです。 comで以下の情報がありました。 この契約のSIMカードを他の端末に挿して使った場合も、同様に無料で使えるか。 寺尾氏 できる。 (購入時に)使用者確認を行うので、お客さまを信頼してやらせていただく(穴はふさがない)。 引用元: つまり、契約者が60歳以上でかんたんスマホを購入し、SIMだけ抜いて他の機種に挿しても「スーパー誰とでも定額」の無料キャンペーンが適用されるということです。 「国内かけ放題は嬉しいけど、端末は別のがいいな…」という方にもおすすめですね。 バッテリーの評判・口コミ 同じく価格. comからの引用です。 【バッテリー】 がっつり使用して2日もちました。 【バッテリー】 ネット・動画・メール・地図くらいの用途だと2日くらいは持ちます 引用元:いずれも ガッツリ使用して2日も持つということであれば、バッテリーの持ちはなかなか良いようですね。 (もちろん使用頻度によりますし、この方の「がっつり」がどの程度かはわかりませんが) 文字の読みやすさの口コミ 価格. comのなかに、「老眼のため文字が読めるか不安…」との声もありました。 前に説明したとおり、かんたんスマホはもともと文字が大きく設定されています。 さらに、自分の好みにあわせて「大」「最大(でか文字)」に調整することも可能です。 料金の口コミ・評判 電話かけ放題無料、端末代金分割でも3000円ちょっとで所有できるスマホはこれ以外にはありません。 大手であれば、電話かけ放題を入れると6000円前後まで跳ね上がってしまいます。 圧倒的な維持コストの安さで、途中の契約を無理やり断ち切ってこちらのほうに移動してきましたが、結果的に判断してよかったです。 引用元: かんたんスマホを使われる方は、メールや電話が中心だと思います。 ついつい長くなってしまう通話も、かけ放題なら安心ですね。 通常なら、スマホだと毎月1000円、ケータイなら1500円かかるかけ放題も、かんたんスマホならずっと無料です。 非常にうらやましいサービスですね。 押すだけサポートの口コミ 操作や設定がわからないときに「押すだけサポート」を何度か利用している。 親切に教えてもらえるようで、その度に問題が解決しているらしい。 引用元: この「押すだけサポート」、ご高齢の方がどこまで活用できるか心配であまり使われないんではないかと思いましたが、意外に使っていらっしゃるようですね。 しかも親切に対応してくれるということで何よりです。 サポートは無料なので、話し相手が欲しくて電話する人などもいそう… かんたんスマホ購入はこちら! 以上、ワイモバイルの「かんたんスマホ」の解説でした。 シニアにも使いやすい安心設計のうえ、 60歳以上なら国内通話かけ放題、 専門員によるサポートも無料です。 ワイモバイルの料金はもともと安いので、格安でスマホを使う事ができます。 かんたんスマホの購入・契約は店舗でも可能ですが、24時間いつでも受付可能で手続き簡単のが断然便利です。

次の