存じ ます。 間違った使い方に注意!「存じます」の正しい意味と使い方・例文

「存じております」の意味と使い方・例文・敬語表現|メール

存じ ます

『頂きたく存じます』は正しい日本語? 『頂きたく存じます』は丁寧な表現を求められる場面でよく使われますが、堅苦しすぎる印象も受けがちなことから、正しい日本語なのかどうか疑問に思うこともあります。 そこで言葉の意味や構成、敬語表現としてふさわしいかどうかなどを解説します。 お願いしたいときの敬語表現 『頂きたく存じます』は、 何かをお願いしたいときに「〇〇してほしいと思う」という意味で使用する敬語表現です。 『頂きたく』と『存じます』という二つの言葉を組み合わせた言い回しであり、それぞれ独立した敬語としても使用されます。 『頂きたく』の部分は『〇〇してもらいたい』の謙譲語、『存じます』の部分は『思う』の謙譲語と丁寧語の『ます』で構成されています。 『頂きたく存じます』は二重敬語? 二重敬語とは、一つの言葉に対し同じ種類の敬語が重複して使用された言葉です。 『頂きたく存じます』は 二つの言葉で成り立っているため、二重敬語ではありません。 よくある二重敬語の例としては以下のようなものが挙げられます。 ご多忙のところ大変恐縮ですが、一度打ち合わせのお時間を頂きたく存じます。 ご意見を頂きたいため、明日本社までお越しいただきたく存じます。 上記例文中の「お時間を頂く」「ご意見を頂く」の頂くは、もらうの謙譲語であるため漢字表記が正解です。 「お越しいただく」の『いただく』は、〇〇してもらうという補助動詞として使用されているため、平仮名表記で書く必要があります。 目上の立場の方やお客様に使う 『頂きたく存じます』は敬語であるため、 相手との関係性を意識し、正しく使用する必要があります。 謙譲語を二つ並べた言葉であることからも分かるように、友人や同僚など対等な立場の相手ではなく、目上の人・取引先・お客様など、立場が上の相手に使うのが通例です。 友人や同僚を相手に使う場合でも、自分が敬意を払う相手であれば、違和感のない使い方だといえます。 また、かなり堅い印象を与えがちな表現であるため、相手の立場が上であっても、 会話で使用されることはそれほど多くありません。 しかし、スピーチの場や相手への失礼が許されないような場面で上手に使えることができれば、会話における敬語表現の幅をより広げられます。 『頂きたく存じます』の例文 相手に何かをしてほしい場面で使い勝手のよいの例文をいくつか紹介します。 ケースに合わせてうまく使い分けられるようにしましょう。 ご教示頂きたく存じます ビジネスシーンにおいては、目上の人や取引先に対し、何かを教えてもらいたいという場面が多々あります。 そのようなときに最も敬意を示せる使い方が『ご教示頂きたく存じます』という表現です。 『ご教示』が尊敬語であるため、相手に最大限の敬意を払えます。 『ご一報』とは、簡単な連絡を意味する『一報』を丁寧に表現した言葉です。 メールや電話で軽い反応を知りたい場合など、ビジネスシーンでよく使用されます。 「ご一報ください」という表現も間違いではありませんが、『ください』の部分でやや命令調の印象を与えてしまう可能性があるため注意が必要です。 また、「ご連絡を頂きたく存じます」も問題なく使用できますが、 特にビジネスの場においては、ご一報の方がよりスマートな印象を与えられるでしょう。 お時間を頂きたく存じます 自分と会ってもらいたいときや、会議に参加してもらいたいときなど、相手に時間を作ってほしいときに使える言い回しが『お時間を頂きたく存じます』という表現です。 ご多用中のところ誠に恐縮ですが、万障お繰り合わせのうえ、お時間を頂きたく存じます。 実際に相手が忙しいかどうかにかかわらず、上記のように「ご多忙のところ恐れ入りますが」や「ご多用かと存じますが」のようなフレーズとセットでよく使用されます。 「来てください」と直接言いにくい相手にも使いやすいため、特にビジネスメールにおいてよく使用される表現です。 『頂きたく存じます』の誤った使い方 『頂きたく存じます』はさまざまな場面で便利に利用できる表現ですが、乱用すると誤った使い方になってしまう可能性があります。 特に『〇〇させて頂きたく存じます』は、誤用が多くなりやすいため注意しましょう。 返信させて頂きたく存じます 『〇〇させて頂きたく存じます』という言い回しは、相手に対し「〇〇させてほしい」と許可を得る表現です。 「返信させて頂きたく存じます」という表現は、返信することにわざわざ許可が必要であるケースがほとんどないと考えられるため、くどい印象を与える可能性があります。 したがって、相手に対し何かを返信したい場合は、シンプルに「返信いたします」とするのが正解です。 『〇〇させて頂きたく存じます』を使用できるかどうか迷った場合は、「〇〇させていただいてもよろしいでしょうか?」に置き換えてみましょう。 「そんなことをわざわざ聞かなくても…」と相手に思わせるような内容であれば、使用すべきではないと判断できます。 お休みさせて頂きたく存じます 体調不良や急な用事などで会社を休みたいと考えたときに、上司などに「お休みさせて頂きたく存じます」と表現したくなることもあるでしょう。 しかし、「させて頂きたく存じます」としてしまうと、「休みます」と言い切る形になってしまい、相手に与える印象は当然悪くなっていまいます。 この場合は、「休ませてもらいたい」と許可を得る気持ちをより強く伝えたほうがよいと考えられます。 「休みを頂いてもよろしいでしょうか」とすべきです。 なお、『お休み』という言葉は、尊敬語とも謙譲語とも解釈できる曖昧な敬語です。 どのような言い回しであっても、使用を控えた方がよいでしょう。 『頂きたく存じます』の言い換え どれだけ便利な表現であっても、繰り返し使うとくどい印象を与える上、誤用を招く原因にもなります。 言い換えをマスターし、表現の幅を広げましょう。 いたします 『〇〇いたします』は、きっぱりと言い切る印象を与えかねない表現ですが、 『頂きたく存じます』の言い換えで使用しても失礼にあたらないケースが多々あります。 それほど重要度が高くない内容の話をする場合や、目上の人でもある程度気心の知れた相手とやり取りする場合などは、〇〇いたしますをバランスよく使用しましょう。 また、わざわざ相手に許可を得なくてもよい話題の場合も、『〇〇いたします』を使用した方がスムーズな文章になる可能性があります。 〇〇していただければ幸いです 『頂きたく存じます』は、何かをしてほしい気持ちを示す表現です。 してほしいことが実現すれば自分としてはうれしい気持ちになります。 したがって、うれしい気持ちを『幸いです』という言葉で表現し、以下のように「〇〇していただければ幸いです」と言い換えることが可能です。

次の

「存じます」の使い方は?「思います」との正しい使い分け

存じ ます

栃木はもちろん全国のグルメ、そしてステーキ愛好家で、〈ステーキ&ワイン 存じやす〉の名を知らない人はいないだろう。 今や栃木を代表する郷土の味・ステーキのたれの生みの親・小林 藤一郎氏が、1932年に興したフレンチレストランの名前である。 同店の顧客には、食通で知られる池波 正太郎氏も名を連ね、同氏のエッセイにも取り上げられているほどだ。 栃木の洋食文化のオリジンともいえる小林シェフの料理への想い、味へのこだわりを今に受け継ぐこの「存じやす」は、友人同士やご家族揃ってのお食事に、ビジネスユースをはじめ、様々なパーティの場として愛され続けるまさに名店。 木のぬくもりあふれる空間で、指定生産農家が一頭一頭、丹精こめて大切に育てあげた、とちぎ和牛とワインのマリアージュをご堪能いただきたい。 そして、同店がさらなる美食の高みを目指す旗艦店として2007年に創業したのが、全席カウンターのみの〈極(きわみ)存じやす〉である。 「極」では、基本おまかせ料理のみ。 お値段も1万3千円からと少々値が張るが、お値段以上の価値がある。 地産地消の旬のもの、そして全国各地の逸品素材をシェフが厳しい目で選び抜き、対面式のオープンキッチンで、ゲストのお好みやシェフおすすめの手法で自在に組み立ててくれる。 カウンター席のみで入れ替えがないため、時間を忘れゆっくりと酒食のひとときをお過ごしいただけるのもうれしい限りだ。 宇都宮でおいしいものを食べたくなったら〈ステーキ&ワイン 存じやす〉〈極 存じやす〉のいずれかへ。 さあ、どちらにしよう。 愉しい悩みに思わず顔がほころびる。

次の

間違った使い方に注意!「存じます」の正しい意味と使い方・例文

存じ ます

「存じます」の読み方と意味 「存じます」の読み方は「ぞんじます」 「存じます」は「 ぞんじます」と読みます。 「そんじます」とは読まないので注意しましょう。 「存」は音読みで「ソン・ゾン」、訓読みで「ある・ながらえる・たもつ・とう」と読みます。 「存じます」の意味は「思います」「知っています」 「存じます」の意味は「 思います」「 知っています」です。 「存ずる」は謙譲語、「ます」は丁寧語 「存じます」は、 「思う」「知る」の謙譲語「存ずる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「存じます」は「思います」「知っています」の謙譲表現です。 自分自身をへりくだった言い方で、目上の人に対して使うことができます。 謙譲語は敬語の一つで、自分の行いをへりくだることで相手に敬意を示せます。 「思います」「知っています」の「ます」も丁寧語なので敬語ですが、謙譲語「存じます」を使うと、より丁寧な表現になります。 「いただく」は「もらう」の謙譲語で、「たい」は希望を表す助動詞です。 「いただきたく存じます」は、 目上の人に対してお願いをする場合に使う言い回しです。 例えば、目上の人に資料を確認してほしい場合に「資料をご確認いただきたく存じます」などと言います。 依頼だけではなく、都合がつかず誘いを断るときに「辞退させていただきたく存じます」などと使うこともできます。 例文 ・先日の件について明日までにご連絡いただきたく存じます。 ・日程を決定するにあたって皆様のご都合をお聞かせいただきたく存じます。 「ことと存じます」は「〜と思います」 「ことと存じます」は「 〜と思います」を意味します。 例えば、「お忙しいことと存じます」といった場合は「(あなたは)お忙しいと思います」という意味になります。 「つつがなくお過ごしのことと存じます」と手紙で書いたり、「ご多忙のことと存じます」とビジネスメールで使ったりします。 「ことと存じます」と言う他に、「かと存じます」と言う場合もあります。 ・お忙しいことと存じますが、是非ご出席いただけますようお願いいたします。 「存じますが」は「知っていますが」 「存じますが」は「 知っていますが」という意味です。 「存じますが」は依頼をする場合に使う言い回しです。 例えば、「お忙しいとは存じますが」と言います。 「お忙しいとは存じますが」ということで、相手への配慮を示すことができます。 例文 ・お忙しいとは存じますが、今週中までにご返答くださいますようお願いいたします。 「いただければと存じます」は「〜してもらえたらと思う」 「いただければと存じます」は「 〜してもらえたらと思う」と願望を表す言い回しです。 相手に依頼をする場合に使います。 例えば、「ご連絡いただければと存じます」といった場合は「ご連絡してもらえたらと思う」という意味になります。 例文 ・お詫びの品をお送りいたしましたので、ご笑納いただければと存じます。 ・新しい企画内容を送付いたしましたので、ご検討いただければと存じます。 「お願いしたく存じます」は「お願いしたいと思います」 「お願いしたく存じます」は「 お願いしたいと思います」という意味になります。 目上の人に依頼をする場合に使う表現です。 「お願いしたいと思う」という表現は回りくどいですが、その結果遠慮の気持ちを表すことができます。 「大変申し訳ありませんが、お願いしたく存じます」「お手数をおかけしますが、お願いしたく存じます」などと、クッション言葉を入れるとより丁寧になります。 例文 ・お早めにお手続きくださいますよう、お願いしたく存じます。 ご理解いただけますようお願いしたく存じます。 「〜と存じますがいかがでしょうか」は「〜と思いますがどうでしょうか」 「〜と存じますがいかがでしょうか」は「 〜と思いますがどうでしょうか」と提案する表現です。 「私はこう思いますがあなたはどうですか」と自分が思っていることを伝えた上で相手の状態を尋ねたり、感想を求める場合に使うのが適します。 「いかがでしょうか」は敬語ですので、目上の人に対して使うことができます。 例文 ・来週の水曜日、御社にお伺いしたいと存じますがいかがでしょうか。 ・ご返事は来月直接お伺いしたいと存じますがいかがでしょうか。 「問題ないかと存じます」は「問題ないと思います」 「問題ないかと存じます」は「 問題ないと思います」です。 相手からの連絡や確認に対して何も問題がなかった場合に「問題ないかと存じます」を用います。 例えば、相手の提案について良いかどうか聞かれた場合に「問題ないかと存じます」と答えることができます。 例文 ・そちらの案で問題ないかと存じます。 ・そちらの内容で問題ないかと存じます。 引き続きよろしくお願いいたします。 「失礼かと存じますが」は「失礼かと思いますが」 「失礼かと存じますが」は「 失礼だと思いますが」という意味です。 相手に対して失礼になることをお願いする場合に使う表現です。 例えば、直接お礼を言うべきところをある事情によって手紙で伝えることになった場合に「失礼かと存じますが書面をもちましてお礼を申し述べます」と使うことができます。 「失礼かと存じますが」は、要件の前につけるのが良いです。 例文 ・昨日お送りいただいたメールを間違えて削除してしまいました。 失礼かと存じますがもう一度送っていただけますか。 ・大変失礼かと存じますがご検討くださいますようお願い申し上げます。 相手のおかげで物事を成功することができた、上手くいった際に使います。 例えば、「今回のプロジェクトの成功は皆様のおかげと存じます」といった場合は、プロジェクトが成功したのは皆様のおかげであると、感謝の思いを表します。 例文 ・当店が無事5周年を迎えることができたのは皆様のおかげと存じます。 ・今回、特別賞を受賞できたのは先生のおかげと存じます。 「ありがとう存じます」は「ありがたいと思います」 「ありがとう存じます」は 相手の厚意に対して、感謝の気持ちを伝える言い回しです。 「ありがとう存じます」は「ありがたいと思います」と同じ意味ですが、あまり一般的には使われません。 例文 ・先日お願いした件ですが迅速なご対応をいただき、ありがとう存じます。 ・お忙しい中お越しいただき、ありがとう存じます。 「〜できればと存じます」は「可能ならば〜したいと思います」 「〜できればと存じます」は「 可能であるならば〜したいと思います」という意味です。 「できれば」の意味は「できるのであれば、可能だったら」です。 「〜できればと存じます」は、相手にお願いをする場合に使う言い回しです。 例文 ・内容が決定し次第、ご連絡できればと存じます。 ・確認してまいりますので、お時間を頂戴できればと存じます。 「幸甚と存じます」 「幸甚と存じます」は「 こうじんとぞんじます」と読みます。 「幸甚」の意味は「この上ない幸せ」で、「幸甚と存じます」とすると「 とてもありがたく思っている、これ以上ないほどの幸せだと思う」という意味になります。 元々は手紙でよく使われていましたが、最近はビジネスメールにおいて使われることが多くなりました。 「幸甚と存じます」は感謝の気持ちを伝える場合、依頼をする場合に使う言い回しです。 ・お忙しいところ申し訳ありませんが、資料をご確認いただければ幸甚と存じます。 「存じます」の使用上の注意点 「存じます」は使いすぎない 「存じます」は非常に丁寧な表現ですが、使いすぎてしまうと相手にしつこい印象を与えてしまいます。 また、あらたまった場面ではないときに使ってしまうと、不自然になってしまいます。 敬語を多用すると、慇懃無礼になってしまうので注意です。 一回のメールで複数回「存じます」使っている場合は「 思います」で代用すればよいでしょう。 「思います」も丁寧語「ます」が付いているので、正しい敬語です。 「させていただきたく存じます」は相手の許可が必要な場合に使う 「させていただきたく存じます」という言い回しは、使い方に注意が必要です。 「させていただきたく存じます」は 相手のが許可が必要な場合や相手から頼まれたことに対して使います。 (相手から依頼されたということは実質許可がおりているということになります) 「させていただきたく存じます」は「〜させてもらいと思う」という意味です。 「させてもらう」=「相手からの許可」ということになります。 「存じます」の類語・言い換え 承知 「承知」は「 事情を知っていること、頼みを聞き入れること」を意味します。 「相手の依頼や希望、命令などを聞き入れる」という丁寧な意味を持つ言葉ですが、熟語自体は謙譲語ではありません。 ビジネスメールでは「承知しております」「承知しました」「承知いたしました」などの形で非常によく使います。 「知っています」という意味で「存じます」を使っている場合、「承知しております」に言い換えることができます。 例文 ・プロジェクトの内容が変更になった旨を承知しております。 ・日程変更の件、承知いたしました。 所存 「所存」は「 しょぞん」と読みます。 「所存」は「 心の中で思っていること」を意味します。 「所存です」「所存でございます」といったように使います。 「所存です」は自分が心の中で思っていることや、考えを述べる場合に使う言い回しです。 自分をへりくだるニュアンスが含まれているため、目上の人に対して使うことができます。 例文 ・同じミスを繰り返さないよう、一生懸命努めてまいる所存です。 ・退院しましたら、後日改めてご挨拶に伺う所存でございます。

次の