モロー反射 とは。 モロ反射

【助産師監修】赤ちゃんの「モロー反射」の対処法。頻度が多いと心配?いつまで続くの?

モロー反射 とは

モロー反射 モロー反射とは、赤ちゃん特有の原始反射のひとつで、顔を正面にして寝かせてから頭をささえて少し引き起こし、急に頭部を支えていた手を緩めてみると、赤ちゃんが手を前に突っ張る仕草をすることです。 モロー反射は原始反射のひとつ 赤ちゃんの神経が未発達な為、生後間もなくはモロー反射が出現します。 成長過程にとって必要な原始反射のひとつです。 オーストリアのエルンスト・モロー医師が発見したので名付けられました。 一説では昔から人間が母親に抱きつくしぐさの遺伝だと言われています。 モロー反射の時期 モロー反射は原始反射の1つで、新生児から3ヶ月頃まで見かけることができます。 モロー反射が消失すると首座りなどの首の動きが発達すると考えられています。 その為、モロー反射は神経発達の過程の1つと考えられています。 何度も繰り返す赤ちゃんもいれば、時期的なものであまり繰り返さない赤ちゃんもいますが、回数の多い少ないの差は特に問題ありません。 意外と誰も見ていなくても、自然に反射行動を起こしていたりするものです。 モロー反射の症状 先ず、赤ちゃんをベッド等の頭と体を保護できる場所に寝かせます。 頭を30度ほどそっと上げたら、突然、頭部を支えていた手を離します。 あまり高い位置から手を離すと恐怖心が生まれるので、少し上げる程度で大丈夫です。 すると、赤ちゃんは抱きつくように前面にむかって腕を広げて上げます。 何かに抱きつくようなしぐさをみせ、指先までピンと伸ばします。 あるいは、扉や窓を閉める音にも反応します。 眠っていてもドアの開閉に反応して手を伸ばしている姿も見られます。 まぶしい光や風に当たってもモロー反射が出ることがありますが、目が覚めていても眠っていても反応するので病気ではありません。 モロー反射の対処 時々、モロー反射のあとで赤ちゃんが大泣きします。 これは母親から離れてしまう不安感もあります、ゆっくり優しく抱きしめて安心させてあげましょう。 また、モロー反射が見たいが為に大きな音や風をあてる行為を繰り返すと、赤ちゃんは恐怖心が芽生えて対人関係や周囲に積極的になれないので、むやみに音をたてることは控えましょう。 モロー反射の回数は成長の良し悪しには関係ありません。

次の

モロー反射とてんかん(ウエスト症候群)の違いとは※動画あり※

モロー反射 とは

点頭てんかんとは? 赤ちゃんに起こるてんかんとして、 代表的なものは、点頭てんかんです。 ウエスト症候群 とも呼ばれています。 生後数か月から1才前後の赤ちゃんに 多くみられるてんかんです。 では、点頭てんかんと、 モロー反射の違いは何でしょうか? 点頭てんかんとモロー反射の違い 点頭てんかんとモロー反射の動きは、 非常に良く似ているので、 見分けるのは非常に難しいですが、 点頭てんかんの特徴を紹介します。 点頭てんかんの 特徴的な症状としては、 目覚めたときや 眠くなってきたときに、 手足を急に突っ張る 首をカクンカクンと前に倒す 両手をパっと開く 体が屈曲させる 一日に頻繁に発作がある これらの動作を 十数秒から数十秒間隔 で 何度も繰り返します。 1回で終わる 単発発作のときもあるのですが、 長いときだと 5分から10分ぐらい ずっと発作が続くときもあります。 また、点頭てんかんを発症すると、 物を目で追う、 笑うなどの反応が減り、 無表情となることが多い というのも特徴です。 このように点頭てんかんの特徴を 紹介しましたが、 モロー反射との大きな違いは、 首をカクンカクンと前に倒す 無表情になる という2点が挙げられますね。 病院へいくべき? モロー反射と、点頭てんかんは 非常に良く似ているため、 素人で判断するのはなかなか 困難です。 どうしても心配なら、 私は小児科を受診することを おすすめします。 小児科を受診するときは、 点頭てんかんかもしれない・・ と思ったときに撮影した 動画を 持参するのがいいでしょう。 ただ、小児科の先生も、 動画だけで判断することは なかなか難しく、 最終的な判断は 「脳波検査」 により診断されます。 小児科の先生が、 動画をみて点頭てんかんの疑いがある と診断すると、 脳波検査ができる大きな病院へ 紹介状を書いてくれることが多いようです。 もし、点頭てんかんだった場合、 早期診断と早期治療開始が重要です。 早期治療開始によって、 のちのちの運動発達や精神発達 に与える影響が少なくなることが 報告されています。 なので、 怪しいと思ったら、 何日も悩んで心配な日々を過ごすより、 かかりつけの小児科を受診することを おすすめします。 点頭てんかんの発症率は? 多くのママが もしかしたらうちの子 点頭てんかん?? と悩んでいますが、 実際、その発症率は どの程度なんでしょうか? 日本人のデータでいくと、 赤ちゃん1万あたり3、1人 です。 これを多いとみるか、少ないとみるかは 意見が分かれますが、 心配しているママのほとんどが 心配しすぎだったということを 示すデータだと思います。 スポンサーリンク まとめ モロー反射と点頭てんかんの 見分け方は非常に難しいです。 もし、点頭てんかんだった場合、 早めの治療が大切になってくるので、 モロー反射か点頭てんかんか どうしても区別がつかなかったら、 動画を撮影して小児科を受診 してくださいね。 スポンサーリンク.

次の

モロ反射

モロー反射 とは

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 赤ちゃんが産まれてすぐ、突然前触れもなくビクッとすることがありますよね。 この動きは「モロー反射」と呼ばれています。 最初は見慣れず、びっくりしてしまうママやパパも多いのではないでしょうか?今回は、新生児の赤ちゃんに見られるモロー反射について、いつまで続くのか、モロー反射によって起きたり、泣いたりしてしまうときの対策や、反応が激しいときの状態などをご紹介します。 赤ちゃんのモロー反射とは?いつまで続く? モロー反射とは、赤ちゃんが大きな音などの急な刺激に対して驚き、手足を大きくびくつかせ、何かに抱きつこうとする反射のことをいいます。 オーストリアのエルンスト・モロー医師が発見した新生児特有の「原始反射」の一つといわれています。 本能的な反応なので、無意識のうちに行っているものです。 この反応がなくなる頃に、首すわりなど首の動きが可能になるといわれています。 神経の発達過程の一つともいわれており、何度も繰り返しビクッと反応する赤ちゃんもいれば、気づかない程度の反応の赤ちゃんもいます。 関連記事 モロー反射で赤ちゃんが起きる・泣くときの対策は? モロー反射は、赤ちゃんの意志とは関係なく反応するので、寝かしつけて布団に降ろしたときのわずかな刺激や、大人が気にしないような音でも反応してしまいます。 それがきっかけで急に目を覚まし、大泣きしてしまうケースが多く、何度も繰り返すことに頭を悩ませるママも少なくありません。 モロー反射は、赤ちゃんがママから離れないように探している仕草ともいわれ、咄嗟に手を伸ばしてもママが見つからないことで泣いてしまうという説もあります。 そんなときは、お腹の中にいた頃のような、体を丸めた姿勢で優しく抱きしめてあげましょう。 落ち着きを取り戻して、再び寝てくれることもあります。 また、頻繁にモロー反射を繰り返し、続けて眠ることができないときは、おくるみを使うのがおすすめですよ。 慣れないときは、少し大きめのバスタオルか、専用のおくるみを使うと良いでしょう。 おくるみの巻き方例 1. おくるみの四角形の角を1ヶ所だけ内側に少し折りこみ、折り目部分に赤ちゃんの襟足がくるように乗せる 2. 赤ちゃんの両腕がアルファベットの「W」の形になるように、左側の布を右の脇の下に向けて巻きつけて挟みこむ 3. 足元に余った布を持ち上げて、胸元や首元に差し込む 4. 反対側も同様、右側の布を左に向けて巻きつけて完成 巻くときのコツ おくるみを巻くときは、ゆる過ぎず、きつ過ぎない加減が大切です。 ゆる過ぎても手足が動いておくるみが取れてしまいますし、きつ過ぎても赤ちゃんが苦しくなってしまいます。 ママの手の平が隙間に入る程度で調節しましょう。 また、くるむときは、布が顔にかからないように注意してあげてくださいね。 関連記事 赤ちゃんのモロー反射が激しいときも平気なもの? モロー反射には個人差があり、手を伸ばしたまま声を出すなど、ママが少しびっくりするほどの反応を見せる赤ちゃんも少なくありません。 モロー反射が激しいと、よく点頭てんかんや低血糖、頭蓋内出血を疑うことがありますが、ママの手を掴めば治まったり、おくるみを巻いて落ち着いたりする場合はあまり心配がないといわれています。 普段の様子が変わりなければ、様子を見ましょう。 心配な場合は、1ヶ月検診などのときに医師に聞いてみると良いかもしれません。 思い当たる反応がある場合や、それ以外で普段と異なる反応があったり、抱っこをしても治まらなかったりする場合は、小児科に一度相談してみましょう。 また稀ですが、モロー反射がなさ過ぎる場合は、新生児黄疸のひとつである核黄疸や、まったくない場合は鎖骨骨折をしていることもあるといわれています。 普段の様子を見ていて、ママがストレスを感じるほど不安なことがある場合は、一度医師に診てもらい、気持ちをスッキリさせることも大切かもしれませんね。

次の