スクール デイズ 相関 図。 【これは酷い】Overflow家系図【人物相関図】

【投票】School Days・デイズシリーズ等...

スクール デイズ 相関 図

記述内容は、特記の無いものは全てゲーム版をはじめ各種媒体の本編に存在する描写、公式サイトやの各文献における記述を元にしている。 School Daysから登場 [ ] 登場人物のの多くは、日本の歴代のから用いられており 、両者のも同一である。 また、などのから用いられている者も存在する。 デイズシリーズの。 1年3組。 湾岸線・東原巳駅付近 のに、母の と2人で暮らしている。 妹に (いたる)がいるが、大嫌いな父の (さわごえ とまる)へ引き取られている。 で留守の多い萌子に代わってを行っており、を一通りこなせる上、などのも作れる。 毎朝、通学電車で乗り合わせる隣のクラスの へ、密かに想いを寄せている。 普段は心根の優しい性格をしており、世界をはじめ多くの女性達から想いを寄せられている。 その実、極度の優柔不断で流されやすく、無気力で面倒事を極端に毛嫌いするため、時に異常なまでの身勝手ぶりを発揮する。 また、真面目で大人しそうな見た目に反し、非常に旺盛。 その巧みな性技は『』や『』における性描写 でヒロインから高評を受け、『』のPC版発売前には企画者のに「マメなのは料理との中だけですから(笑)」「性豪ぶりが何処まで広がっていくか」と述べられたり 、発売後にはの1つでヒロイン2人に「アレ(誠の性技)、やられると大抵の娘は落ちちゃうよねぇ」「あいつ、しか取り柄無いんだもん。 せいぜい、取り柄を活かしてあげなきゃ」と述べられる ほどの絶倫であるが、腕力についてはのにも非力と見なされている。 『School Days』のPC版がゲーム初出演作品である平井達矢は、声の収録後に「誠クンは主人公なので、一番収録ワード数が多かったんですが、ゲームでこんなに喋ったのは初めてだったので、とても良い経験をさせて頂きました。 色々と大変なこともありましたが、今では良い思い出になっています。 それと、ゲームでアニメのアフレコの様な収録をしたのも初めてだったので、とても新鮮で、これも忘れられない思い出ですね」 と述べている。 『School Days』のPC版発売後にが行った人気投票ではユーザーから多大な非難を集め、不人気部門の第1位に就いた。 それと同時期に、誠を非難する「誠死ね」 が生まれたが、これは後に版『』ので合唱されるなど、ユーザー間だけでなく作り手にも馴染んだとなっている。 『School Days』の企画当初はメインヒロイン2人の間で揺れ動く点こそ製品版と同じであるものの、顔や髪形は全く異なっており、を掛けていた。 また、周囲からは「」とされていた模様。 School Days 主人公。 様々な言動の果てに多数のエンディングの中から1つを迎えることとなるが、その際はにしろにしろ、父や彼の血を引く過去のオーバーフロー作品の主人公(誠の異母兄)達 と同様に、ヒロイン達のいずれかが誠の子を身籠ることが多い。 特に世界と言葉については、誠とのが互いに露呈してもなお関係が続くルートや、その果てに2人がほぼ同時に誠の子を身籠るエンディングが複数用意されている。 では制作スタッフの意向により、中盤から負の面が強調されている。 物語終盤、世界・言葉の三角関係に嫌気が差し、 ・ ・ ・ とのへ逃避していく。 しかし、世界が公衆の面前で「した」と暴露したことにより、校内で孤立してしまう。 最終的には言葉の自分に対する気持ちを再認識してそれまでの行いを悔い改め、再び彼女と向き合う決意をするが、世界は受け入れず、逆上した彼女に刺殺された。 遺体の頭部は言葉の手で切り取られ、死後も言葉と行動を共にする。 エピローグは、第1話冒頭と同じ誠のナレーションで締められた。 誠の最期について、平川大輔は「DVDの第12話が、皆さまに見ていただきたかった『1つの完成形』だと思っています。 ただ、DVDの12話は『School Days』という作品における1つのエンディングでしかないと、僕は考えているんです。 皆さんの中に、それぞれのエンディングがきっとあるんじゃないかなーと。 今回の12話は、その中の1つというか、1ページというか、そんなふうにとらえて、記憶にとどめていただけると嬉しいなと思ってます」と述べている。 また、世界を演じたは「平川さん(主人公・伊藤誠役)の死にっぷりが素敵で、そのおかげでテンションがすごく上がった」と述べている。 なお、所持しているは監督のが当時使っていた機種がモデル。 OVA版では、『』でを手にした世界・言葉・乙女・ ・ から追い回される。 小説版では、いずれの作品でも優柔不断な面が強調されている。 Summer Days 『School Days』に続き、主人公を務める。 本作では、世界の母である踊子や言葉の母である とも肉体関係になるルートが存在する。 また、言葉の妹である心にすら欲情するシーンも存在する。 小説版では、前半にて紆余曲折を経て刹那と恋人になるも誤解から破綻し、後半にて半ば自暴自棄に心と肉体関係になる。 PC版のシナリオ段階では、心や真奈美とのシーンが存在していた。 Cross Days 主人公ではないが、中心人物の1人。 本作では、彼氏持ちである やメインヒロインである とも肉体関係になるルートが存在するため、をはじめ各アダルトゲーム専門誌には「他人の女にまで手を出した」 役とも見なされている。 また、主人公である の女装姿に夢中となり、へ至るルートも存在する。 小説版では、勇気に後押しされた言葉とよりを戻し、立役者の勇気の恋路を陰ながら応援する。 漫画版では、勇気と対峙した際に世界や言葉との乱れた交際ぶりや彼女達を軽い存在と見なしている旨を得意げに語ってみせるなど、ゲーム版以上に負の面が強い悪役として描かれている。 これらの描写について、作者のはオーバーフローから注意された旨を、単行本第2巻カバー裏のあとがき漫画で明かしている。 Shiny Days 本作でも主人公を務め、誠の幼少期についても語られている。 幼い頃は母の仕事の都合から、止の経営する病院(萌子が勤めており、いのりもここに入院していた)の託児所に何度か預けられており、院長である止の息子で周りが遠慮していたのを良いことに、かなりのやりたい放題であったらしい。 特に、長期入院中であったいのりとは頻繁にいがみ合い暴れていたらしく、その都度乙女が仲裁に回っていたという。 当時から、いのりとは腐れ縁で親同士の決めた婚約者の間柄にもなっている。 ただ、最初は幼少期の誠が決めた話であるらしく、「病院で一番偉い院長の息子である自分と、それ以上に偉いいのりが結婚すれば、自分達が世界を征服できる」という、いかにも子供染みた動機からであった。 嫌っている父親の権威を笠に着ていたこの時の思い出は、誠にとってあまりにも恥ずかし過ぎるものであったため、現在ではすっかり忘れてしまっていた。 同じ中学の同級生であった池田の発言によると、中学時代は多くの女子から興味を持たれていたことで男子の同級生達からは総じて嫌われていたらしく、「異性の多くに興味を持たれる反面、同性からは嫌われていた」という点が言葉と共通していた事実が、明らかになっている(ただし、当時の誠は愛一筋であったため、想いを寄せてくる女子達の気持ちには気付いていないらしく、手も出してはいない)。 本作では、『Summer Days』の時には関係を持つことのなかった とも肉体関係になるルートが存在する。 Island Days 就寝中、父親によって無理やりに乗せられ、ヒロイン達と共に無人島ツアーに参加させられてしまう。 Strip Battle Days 2 に代わって主人公を務める。 本作では過去作品以上に倫理的な見境が無くなり、実母のにも欲情して身籠らせるルートが存在する。 また、各ヒロインへの膣内射精の描写も過去作品以上に誇張されており、きわめて大量の精液が溢れ出る様子が描かれる。 榊野学園1年3組。 やとは級友であり、 とはかつ親友。 得意な料理は。 1本の長いが目立つと、常に着用している薄い青と白のが特徴。 なお、アホ毛は『Summer Days』のミニゲーム『アホ毛バトル』で化して と戦う際の武器となる上、縞パンは『School Days』のHQ通常版や『Cross Days』の公式通販特典に採用されている。 詳細は、やを参照。 湾岸新線 ・模手原坂下駅付近 のに、母の と2人で暮らしている。 気さくで明るい性格と明瞭な口調から、多くの友人を持つクラスのだが、心理的に追い詰められると自宅へ引きこもってしまうなど、精神面はかなり脆い。 また、同作品内の登場人物の中でも、特に身勝手で自己中心的な言動が目立ち、閉鎖的で独占欲の強いところもある。 席替えの際には誠の隣席となるはずだった刹那へ頼み込んで代わってもらうなど、彼へ好意を抱いている女性の1人。 天文部部長 という肩書きも持っており、の一環としてへ通じる扉の鍵を学園から貸し与えられているため、校舎内と屋上を自由に出入りできる。 オーバーフローが行った人気投票では言葉や刹那に次ぐ支持を集めて第3位、不人気投票では誠に次ぐ非難を集めて第2位。 そのため、現在における単体発売のの種類も言葉より少なく、や再発売が行われないことも珍しくはない。 また、登場作品を重ねるごとに単体グッズの発売が減っている。 ただし、こういった世界の言動や人気について、メイザーズぬまきちは「あまり世界を悪いキャラとして書きたくないので」「世界も、世間で叩かれているよりはいいキャラだと思っているんですよ。 殺されるほど酷いことはしていないよ(笑)」と述べている 上、柚木かなめも『School Days』のPC版で声の収録後に「私が、世界ちゃんと出会ってから、もう、半年になろうとしています。 ゲームの収録は、たいてい1日から、多くても、3〜4日で録り終り、そのキャラクターと付き合う時間は、長くても、一ヶ月程度です。 そういった意味でも、かなり、思い入れの深いキャラクターですし、大好きな役です」「キャラクターも、それぞれ魅力的ですが、私としては、是非、世界ちゃんを、可愛がってあげてもらいたいと思います! 」と述べている。 また、も『School Days』のPC版で声の収録当初は「『言葉派』か『世界派』かと聞かれたら、間髪入れずに『もうぜったい世界、世界ですからー! 』と叫んでました」と述べるほど、世界のことを気に入っていた。 その後、河原木志穂はでのTVアニメ版最終話放送後に「私は世界大好きなんですけど(笑)、世界は根がすごいいい子だし、素直で思いやりもある。 刹那の存在だったり、何かによって支えられて表面的には明るくしていても、支えがなくなってしまうと本当に脆い…。 そんな人間くさいところが魅力だと思います」「可哀想です。 腹黒くないですよ。 でも、言葉側から見たら絶対に泥棒猫ですよね。 視聴者の目線って言葉側にあるんだろうなっていうのをすごく感じた」と述べている。 本編では直接明かされておらず自らも知らないが、誠とはとの血縁関係にある。 の娘で親友の刹那とは異母姉妹でもある。 他にも多くの異母姉妹が存在するが、そのことについては一切知らない。 『School Days』の企画当初は眼鏡を掛けており、ごとうじゅんじいわく「抜群のお姉さんキャラ」の。 主人公のクラスを研修に訪れてから、3年目に新人教師として再登場する予定だった模様。 School Days。 誠の想いを知って言葉との仲を取り持つべく行動するが、自らの想いを抑えられずに彼へしたことがきっかけで、物語は大きく揺れ動くこととなる。 その後、ルートによっては誠との初体験へ至る上、肉体関係の果てにはを身籠ることがある。 また、HQ版では泰介とも肉体関係へ至ることがある他、PS2版ではを出産することもある。 PC初回版には、誠との初体験シーンにおけるの修正パッチが存在する。 詳細は、を参照。 TVアニメ版では、序盤こそ誠と言葉の双方にアドバイスを送っていたが、その過程で自身も誠への想いが徐々に抑えられなくなり、中盤で彼と肉体関係を結んでしまう。 しかし、誠が他の女子とも関係を結んでいると知った途端、家に引きこもってしまうなど、原作以上に精神面の弱さが目立った。 最終話では、誠が言葉を選んだことに逆上し、でめった刺しにして殺害。 その直後、再び精神崩壊に陥った言葉の報復に遭い、でされるという最期を迎えた。 これはPC版に存在するエンディング が元となっているが、漫画版やHQ版には世界が言葉を殺害するエンディングも存在する。 OVA版では、『』にてヒロイン一同で仲良くに浸かったり、を手にしながら誠を追い回す。 『』には「」の兼民営の匿名防衛サービス「ラディッシュ機動部隊」のとして登場し、出動時には型のを装着するが、皆を率いるには力不足な一面を持つことからも、やには始終突っ込まれている。 ラディッシュ機動部隊の一員であることは、誠や泰介には知られていない。 Summer Days サブキャラクター。 パッケージに登場しない上、誠との初体験や個別エンドも存在しない。 刹那と同じく誠へ秘めた想いを抱いているが、他人にそれを指摘されると頑なに否定する。 物語冒頭からで寝込んでおり、刹那にラディッシュでのを代わってもらう。 『Summer Days ビジュアル・ガイドブック』の表紙では、刹那や言葉と共にラディッシュの制服姿で登場している。 PC版のミニゲーム『アホ毛バトル』では、その名の通りアホ毛を駆使しながら言葉と戦いを繰り広げる。 『Shiny Days』では、寝込んで刹那にアルバイトを代わってもらう点はPC版と同様であるが、の滞在直前で世界のおたふく風邪が発覚するため、いのりは清浦家へ向かうこととなる。 なお、姿は『』での不評を反映し(下記を参照)、改めて再設定されている。 Cross Days 『』に続き、サブキャラクター。 本作でもパッケージに登場しない上、ではその他大勢の役回り、本編ではの恋路を結果的に邪魔する役回りとなっている。 本作ではバストアップ姿に肩幅を広くするなどの変更が加えられ、『School Days』や『Summer Days』よりやや太めな体形へ再設定された。 しかし、この変更は世界のファンに受け容れられず、不評を買った。 漫画版では、『School Days』や『Summer Days』における各媒体と違って言葉と全く対立しないまま、2人で仲良く誠の恋人となる。 野球拳 Strip Battle Days 2 登場すら見送られた前作とは異なり、ラディッシュの猫耳制服姿でヒロインの1人として登場。 限定販売のパッケージ版にも、言葉と並んでパッケージ画に描かれている。 榊野学園1年4組。 趣味は読書。 やなどが大好き。 虚弱体質では苦手。 あまり経験のない料理が苦手だが、母の から直伝の作りは得意。 腰まで届くストレートロングヘアや、100cm超のが特徴。 湾岸線・原巳浜駅付近 の豪華な一軒家に共働きの両親や妹の と4人で暮らしているが、その裕福さゆえに家族以外の他人との会話では、稀に金銭感覚の差異が生じることがある。 妹の心同様に中学時代迄は居合、算盤、ピアノ、等多くの習い事を習っていたが、そのため日々忙しくなかなか余暇が取れず、榊野学園への進学を条件に、中学卒業時にすべて止めている。 その容姿から男子生徒にからかわれることが多く、軽度の。 可愛すぎる容姿という嫉妬などが原因で、乙女や七海をはじめとする多くの女子から快く思われていない。 基本的にはおとなしく言葉遣いも丁寧で同級生に対しても丁寧語で喋り、家族以外の者へは強く出られない性格だが、 への想いについては頑固であることが多く思い詰めると過激な行動に及ぶこともある。 また、同性との友情を尊ぶ一面も持つ。 が行った人気投票では全体の約半数に及ぶ支持を集め、第1位。 そのため、2012年現在における単体発売のキャラクターグッズの種類も より多く、重版や再発売が行われることも珍しくはない。 また、登場作品を重ねても単体グッズの発売が減らない傾向にある。 ただし、こういった言葉の言動や人気について、メイザーズぬまきちは「言葉は、こちらの意図以上にキャラクターが育っちゃっているから」「どんどん非道くしていきたいんですが…今回もやり過ぎてごとうさんに怒られてます(笑)」と述べている。 遠野そよぎも、『School Days』のPC版で声の収録当初は「言葉…あーもぅ〜…この娘……っ! (怒)」「言葉が同性から嫌われる理由がよくわかったような(苦笑)」と述べるほど言葉のことを気に入ることができなかったが、収録後には「収録終えた今は、言葉のこと『理解した』、という感じです。 理解したと言うか…『アンタたちってば青臭いわねぇーこれが若いってことかしら? 』としみじみのたまう親戚のおばちゃんのような気分です(笑)」とも述べている。 その後、岡嶋妙はAT-XでのTVアニメ版最終話放送後に「私、本当はそんなに好きじゃないんです(笑)。 12話演じてきて付き合いも長いんで『理解できるし共感もできるんだけど、全てに共感はしたくない』って気持ちですね。 だから『こういう娘いるとちょっとヤダな〜、でもたぶんこんな話し方するんだろうな〜』と思いながら演じてました。 もちろん愛着はありますよ(笑)」と述べている。 『School Days』の企画当初はメインヒロインの 桂真白 の妹であり、ごとうじゅんじいわく「が気になってる活発なキャラ」だった模様。 School Days メインヒロイン。 世界の助力で誠との交際を始めるが、誠・世界・・の言動によって、過程や結末は不幸なものが大半を占める。 その際に見せる狂気的な表情や言動から、一部の媒体では「ヒロインを代表する1人」として挙げられることとなった。 ルートによっては世界とほぼ同時に誠の子を身籠ることがある上、出産後を描く『Kotonohasama Days』(2009年)では、息子のが であることが明かされている。 また、PS2版ではを出産することもある。 数少ないの1つ「クリスマス・イブ」は、最後に誠と結ばれるシーンが開発スケジュールの都合から制作されなかったが、オーバーフローとによる『』内の漫画で補完された。 この内容は、後にHQ版での「クリスマス・イブ」へ組み込まれ、公式に補完されることとなった。 TVアニメ版では、原作における不幸を一途に担う役回りとなっている。 誠の裏切りや世界の身勝手な行いなどが原因となり、終盤にて精神崩壊へ陥ってしまう。 その後は誠の改心で一度は立ち直るものの、世界に彼を刺殺されて再び精神崩壊へ到達。 鋸で誠の遺体から頭部を切断して持ち出し、彼の仇として世界を惨殺する。 最後は、ヨットに揺られながらとなって本作の幕が閉じられた。 なお、後、ではこの鋸を手に佇む全裸の言葉がごとうじゅんじによってPCリニューアル版や『Summer Days』の通常版の特典へ描き下ろされ 、話題となった。 OVA版では、ゲーム版やTVアニメ版にない一面が多く描かれている。 『』では、温泉で乙女・・と仲良く浸かる一方、自宅で怪しげな材料やを手に誠へのを込めたチョコレートを作る。 『』では、マジカルワードへ変身する。 黒と赤で彩られた魔女服を着ている。 得物は。 正体は知られていない。 物語終盤に の元へ現れ、彼女と共に呪文を唱えて巨大な へ合体し、 との決戦へ赴く。 5頭身であり、不気味な白目と笑みを絶やさない。 戦闘術や暗殺術に長けている。 を代表するであり、ごとうじゅんじの『ぶろぐDays』をはじめ、オーバーフローのエイプリルフール限定公開作品(『Kotonoha Days』 〈2006年〉や『Kotonohasama Days』〈2009年〉など)に登場する他、『School Days』のHQ英語版 にも登場している。 『Cross Days』では、PC初回限定版にが添付されている。 Summer Days サブヒロイン。 出番は『School Days』より少ないが、の達人という設定が追加された他、悲惨な目に遭うことが無いなど、メインヒロインの刹那に準ずる待遇となっている。 ルートによっては刹那と友人になり、「ことぴー」、「せっちゃん」と呼び合い何でも話す間柄になる。 刹那がパリに旅立った後、刹那と仲違いしたまま、けじめを付けずに自分に迫ってきた誠の頭を何だかの得物で殴り、パリに刹那を迎えに行くよう促す友人思いな一面が描かれる。 PCリニューアル版では刹那や踊子と共にパッケージに登場。 『Summer Days ビジュアル・ガイドブック』の表紙では、刹那や世界と共に作中では着ていないの制服を纏っている。 Cross Days ヒロインではないが、中心人物の1人。 読書時のみを掛けるという設定が追加された。 主人公であるとは図書館で知り合い、相談を持ちかけられた後、彼の支援を受けながら誠との交際を続けるべく奮闘することとなる。 『School Days』と同様にルートによっては悲惨な目に遭うが、泰介に強姦される直前で勇気に救助されることもある。 世界を殺害するルートは存在しないが、やを、更には誠の心を奪ったゆう(勇気)をも殺害することがある。 本作での得物はのようなものと、の一種である。 ルートによっては光の実家「スイーツおおはら」に勇気と一緒にアルバイトの助っ人に入り、レジが壊れた際、昔算盤を習っていた際に身に着けた暗算で活躍し、勇気だけでなく光とも親睦を深める。 小説版では、誠が浮気していた事実を勇気に突き付けられながらも誠を想い続け、ゆう(勇気)の支えもあって最終的に誠が言葉を選んで結ばれる。 漫画版では、『School Days』や『Summer Days』における各媒体と違って世界と全く対立しないまま、2人で仲良く誠の恋人となる。 野球拳 Strip Battle Days 現在の言葉とは別に、まだ誠と出会う前の過去から迷い込んだ 幼少期の言葉が登場する。 幼少期の言葉はお父さん子だったらしい。 榊野学園1年3組。 クラス委員を務める。 の親友かつ幼馴染。 童顔でのため、によく間違えられる。 セミロングヘアに、いつも大きな赤いを着けている。 寡黙で表情をあまり変えないため、周囲にクールな印象を与えるが、感情は豊か。 でポーズを決めることが多い。 世界と同じく湾岸新線・模手原坂下駅付近 のマンションに、母の と2人で暮らしている。 近所同士のとは家族ぐるみでの交流を行っているため、世界の自室へ泊まることもある。 世界のことは、会話無しに意思疎通を行えるほど強い絆で結ばれた幼少期の出来事 から誰よりも大切に思っており、彼女の幸せのためなら憎まれ役になることも厭わないが、実は自らも密かにへ想いを寄せている。 オーバーフローが行った人気投票では第2位。 そのため、2012年現在における単体発売のキャラクターグッズの種類も、世界やに次いで多い。 本編では直接明かされておらず自らも知らないが、世界の異母妹にあたり、母親同士も親戚。 誠の姪孫でもある。 実父のがこれまで関係を持った女性に産ませた多くの娘達の中で、父娘関係を認識している数少ない一人。 School Days サブヒロイン。 普段は世界のサポートに徹しているが、ルートによっては刹那自身も誠争奪戦へ加わったり海外へ行く他、彼の子を身籠ることもある。 サブヒロインで専用ルートが存在するのは、刹那とのみ。 PC版では人気を集め、パッケージ内の「誰のエンディングを新しく見たいか」というユーザーアンケートで第1位を獲得したことから、『』のメインヒロインへ抜擢された。 HQ版では、刹那専用のオープニングムービーが用意されている。 TVアニメ版では、物語中盤から誠と世界の仲を取り持つべく憎まれ役に徹し、他の媒体と役回りが最も異なるキャラとして描かれた。 結果的にそれら行動が事態の悪化を招いたため、刹那のファンから顰蹙を買うことになった。 世界には黙ってパリに出立。 最終話で世界の心の中に再登場し、差別的かつ辛辣な態度で彼女が犯した過ちを厳しく非難した。 OVA版では、『』でドクターSへ変身する。 正体は知られていない。 や多数の達を配下に従えて侵略を企む、いわゆる悪のであるものの、自らの存在を必要悪と認識している模様。 ちなみに、作中のコミカルなの多くは井本恵子のである。 Summer Days メインヒロイン。 おたふく風邪で寝込んでしまった世界に代わり、彼女の全快までの間、でのを行う。 それまで接客業は苦手だったが、の視察の際に多くの厳しい意見を真摯に受け止めて努力した結果、有能と認められるようになる。 舞と踊子のパリ出張に伴い、アルバイト先に赴任してきた瞬と再会するはめになり、「お父さん」と頑なに呼ぼうとしない複雑な父娘仲が描かれ、赤の他人とは異なる距離感から誠に元彼だと誤解され、嫉妬させてしまう。 その他、言葉と友人になるルートも存在する。 小説版では、前半の主人公を務め、夏祭りにて結ばれるも後半で破綻し、逃げるように留学してしまう。 PC初回版とPCリニューアル版のパッケージの他、『Summer Days ビジュアル・ガイドブック』でも世界や言葉と共に表紙に登場。 『Shiny Days』では、ラディッシュでのアルバイト中に と出会い、自宅で同居することとなる。 また、舞や踊子とともに誠の子を身籠るルートが追加された。 Cross Days サブキャラクター。 クラス委員としては非常にしっかり者であり、を上手く使いながら必要な手続きを手際良く進める。 世界に対しては保護者のような振る舞いも見せており、素行にかなり問題のあるを彼女に近付けまいとしている。 本作では誠へ想いを寄せるようになったきっかけが明かされる他、ルートによってはによる世界の殺害を阻止する上、それを黙っている条件にで勇気をゆうへ変装させる。 榊野学園1年4組。 とは中学時代からの友人。 と同じく、女子部所属。 栗色のストレートロングヘアを、運動の邪魔にならないように纏めている。 自宅は湾岸線・東原巳駅付近 にあり、誠の知人の中ではから最も近所。 妹の とは、1歳違い。 身長も身体能力も人並みであるが、誠に薦められただけでバスケを始めたほど、彼へは原巳中時代から密かな想いを寄せている。 しかし、告白できる度胸を持っていない上に性格は嫉妬深く、中学時代には同じクラスだったから誠への告白を失敗させた上、愛に誠へ近付かないよう言い渡したこともあるほど。 誠に自らの想いを気付いてもらえることを待ち望みながら、現在も彼へ近付く女性への警戒や威嚇に注力している。 特に、へのいじめについては筆頭格であり、いつも と一緒に行動している。 4組の中では大きな発言力を持っているが、誠の前では前述の想いから逆らえず、おとなしくなってしまう。 School Days サブヒロイン。 ルートによっては誠争奪戦へ加わるが、専用ルートは存在しない。 大体のルートで学祭中、言葉一人にクラスの出し物で休憩室を隠したお化け屋敷の受付を押し付けて自分は誠を休憩室に誘うことを目論み、ルートによっては泰介を唆し、言葉が休憩室で強姦されるように仕向け、後に言葉が精神崩壊する元凶となる。 また、誠とのセックスシーンには他のヒロイン達と同様の描写が存在するものの、彼女達と違ってやを迎える描写は存在しない。 TVアニメ版では、後夜祭時に誠との初体験こそ叶うものの、彼の口から世界の存在を聞いて以降、という割り切った関係に定着する。 しかし、終盤にて誠への執心が元となり、取り巻きたちから見切られてしまい、さらに堕落の一途を辿る彼の姿に失望し、身を引く決意をする。 また、間接的にではあるが事態の悪化を招く一端を担うこととなった。 過去の恋を、無事に終わらせることができてよかったかなって。 ……無事? (笑)」と述べている。 なお、DVD第5巻通常版では他の全巻ジャケット画を飾る世界や言葉に代わり、自らの取り巻き達と共に4人だけでジャケット画を飾っている。 エピローグでは女子バスケ部で活動している姿が描かれた。 OVA版では、『』で言葉と仲良くなっており、達とも一緒にを訪れている。 『』では言葉との仲が良い描写こそ無いものの、彼女へのいじめは行っていない。 漫画版では、出番がほとんど無いためにあとがきで作者へ抗議している。 Summer Days サブキャラクター。 自分以外の女性が誠に近付くことを懸念しており、言葉を嫌っているものの、作中の期間が夏休み中である上に自らの取り巻き達が登場しないため、彼女へのいじめは行わない。 誠の妹のに気を使ったり、可憐の失態の後始末を行うなど、年少者に対しては優しい側面も描かれる。 ルートによっては、可憐に付随する形で誠とのエンディングを迎えることとなる。 『Shiny Days』では、の従姉妹 という設定が追加された。 Cross Days サブキャラクターであるが、通常版パッケージに登場。 本作では、言葉だけでなくやのことも嫌っており、路夏については中学時代に「生意気」と見なして彼女の家庭事情を周囲へ暴露した上、知恵については先輩であるにもかかわらず影で「足利」とを呼び捨てにするほど。 また、父が路夏の母と関係になっていることが明かされた。 ルートによっては誠と言葉の間柄を疑って嫉妬した末、に彼女を強姦させようと目論むこともある。 PC版発売前には、をはじめ各アダルトゲーム専門誌やなどで誠やとのセックスシーンが数点公開されていたが、製品版ではそれらは全て没となっている。 榊野学園1年3組。 ・・の友人。 『』や『』の舞台となった葵学園の卒業生 であり、やとは当時からの古い付き合い。 級友の泰介へは、葵学園当時から密かな想いを寄せている。 薄茶色のストレートロングヘアをに分け、その各両端を輪型に巻き結わえた、通称「」と呼ばれる髪型が特徴。 自宅は湾岸線・原巳浜駅付近 に存在しており、屋「おおはら」を家業としている。 周りから距離を置いて冷めた態度を取るといった現実的な性格に、やや希薄な貞操観念と逞しい商魂を併せ持つ。 のことは基本的にどの媒体でも快く思っていないが、その大半に彼と肉体関係へ至るルートが存在する上、関係成立後には逞しい商魂を発揮して誠とのセックスを校内の女子達へ紹介するに手を染めることとなる。 なお、誠との肉体関係については、に「『光はおしり』のイメージがある」と述べられたり 、田中涼子に『』の新規収録分で「胸対お尻の対決か! 」と述べられるほど、尻の描写が多く盛り込まれている。 しかし、光へのそういった評価について、は「魅力は尻? …いや声でしょう」と述べている。 なお、『School Days』の企画当初は 黒田未来 という名のメインヒロインが存在していた が、光との関係は不明。 School Days サブヒロイン。 誠と世界の間柄を交際中と思い込んでおり、と距離を縮める彼のことを快く思っていない。 ルートによっては七海と共に言葉の妨害に参加することもあるが、・・七海のような陰湿ないじめは行わない。 PC版では、ルートによっては泰介と交際することとなるが、その際には貞操観念が両親の馴れ初めから影響されたことも明かされる。 また、誠のとなるルートでは逆風俗ともいえる営業を誠を使って行った果てに自らはを身籠り、出産することとなる。 貞操観念についてはTVアニメ版にも反映されており、物語終盤に誠を叱責しようと訪れたで彼に篭絡されてしまい、セックスへ至ったことが示唆される。 また、その後日にもで同様のことが示唆される など、唐突な形での肉体関係が描かれている。 やがて、世界の妊娠騒動を経て誠から手を引いた後、最終話エピローグでは愛と共に歩く姿が描かれている。 PS2版では、専用ルートが削除されてサブキャラクターとなっているが、ルートによっては泰介と結婚してを出産することとなる。 OVA版では、『』で乙女と同様に皆で一緒に温泉へ浸かるなど、言葉との仲は良い。 『』ではラディッシュ機動部隊の一員として登場し、出動時には彼女達と色違いのパワードスーツを装着する。 Summer Days サブキャラクター。 実家でのが休みの時は、よくラディッシュへ通っている。 ルートによっては、不注意からを飲んで昂奮してしまう上、夜の森の中でとのを誠と共に目撃し、自分達もその場で青姦へ至る。 後日談では、『School Days』でのそれと同様に逆風俗ともいえる営業を誠を使って行う様子が描かれており、路夏や愛が利用客となっている。 Cross Days サブキャラクター。 実家でのアルバイト中に勇気からとの恋愛相談役を請け負うが、傍からは友人以上の関係に見えているため、それが元で勘違いしたによって彼と交際中という誤解が広まってしまい、とばっちりを受ける羽目になる。 ルートによっては勇気と言葉に実家のアルバイトの助っ人に入ってもらったのを機に言葉と懇意になるが、言葉を嫌っている七海からは「世界を裏切って言葉の味方になった」と誤解され、七海達との友人関係に亀裂が入る。 また、ルートによってはで七海や路夏と共に誠とのセックスシーンが描かれるが、伊藤家へはその当日以前から同然に入り浸っていたためにと面識を持つに至ったことが、事後に路夏との会話で明かされる。 1年3組。 体育として榊野学園へ入学した、女子バスケ部部員。 ・・の友人であり、部活仲間のとも仲が良い。 好きな人間に対しては友達想いな性格の反面、嫌いな者への態度は徹底的に冷淡であると、人の好き嫌いに関して激しい面があり、また自制心にも欠けている。 特に同じ中学だったのことは、に近い形で毛嫌いしており、言い分もろくに聞こうとしない。 その際の常に感情を包み隠さない態度は、一部で人望を得ると同時に、別の一部では反感を与えてしまっている。 自宅は湾岸線・原巳浜駅付近。 妹に がいる。 美男子にも見える短髪のボーイッシュな容姿、やより高い身長に反し、や言葉に次ぐや肢体の持ち主。 バスケ部の先輩であると交際しているが、男の趣味は周りに理解されていない。 また、恭一に対する恋愛感情は若干盲目的であり、他に付き合っている女性がいることに関しても、頑なに信じようとしない。 七海自身にも敵は多く、をはじめ女子バスケ部の先輩達からは妬まれている。 については、いわく「非攻略キャラだからテキトーでいい」だったため、の個人的嗜好が盛り込まれた。 以降はごとうじゅんじによる再設定に伴い、容姿を惹き立てる上記の各要素がより強調されている。 School Days 女子バスケ部をはじめ運動部への多大な影響力を持っており、それにものを言わせて言葉へのいじめ(TVアニメ版では、言いがかりを一度付ける程度)を行う。 PC版の一部ルートやTVアニメ版では、で行った恭一とのを知恵達にされてで流された結果、求心力を失う。 漫画版では言葉へのいじめは行わず、光や泰介共々友達想いの性格であり、世界の親友となっている。 OVA版では、『』でも『』でも言葉と良好な間柄であり、サッパリした姉御肌系の人物となっている。 なお、後者ではラディッシュ機動部隊の一員として登場し、出動時には彼女達と色違いのパワードスーツを装着するが、その際には『School Days』の本編や後の『』と違って可愛らしいの顔が刺繍されたを穿いていたことが明かされる。 なお、こういったゲーム版やTVアニメ版の本編と異なる活躍ぶりについて、たかはし智秋は「私の演じた七海ちゃんは、初めて本編と関われました! 戦隊の中に入れて、よかったなって。 ボーイッシュで明るい女の子というのは基本的に変わらないので、そういうところは意識して演じましたね」と述べている。 Summer Days 世界の台詞に名前のみの登場。 Cross Days 先輩の恭一に告白し、交際している。 知恵とは、普通に先輩と後輩の上下関係でいたいと思っている。 路夏と乙女に対してはそれぞれの相手である勇気や誠との仲を取り持とうとする一面も覗かせるが、言葉に対しては言い分を聞こうともしない頑固さを貫く。 妹の八江と恭一の関係を知っており、八江が恭一に会いに学園祭に来たのを知ると現場に出向いて修羅場になる。 ルートによっては恭一のを知って傷心した後に光から誠を紹介される上、訪れた伊藤家では彼と爛れた肉体関係にある光や路夏に流されるまま、彼女達の目の前で自らも誠と肉体関係を結ぶこととなる。 なお、その際における誠とのセックスシーンについては他人のそれより早く2009年2月号を皮切りに公表されたため、上で話題となった。 乙女の取り巻き達 ・ ・ から構成される、の。 3人とも榊野学園1年4組であり、横暴な態度と希薄な貞操観念の持ち主。 『』ではどの版にも脱衣シーンすら存在せず、をいじめるに過ぎない が、PC版のシナリオ段階ではのエンディングで彼女の逆風俗の利用客となってとのシーンが描かれるという、セックス要員としても設定されていた。 TVアニメ版ではゲーム版での設定に準じる一方、へ逃避する誠を酷悪に描写するための役としても設定されており、から・言葉・・乙女・光・と同様に素肌を晒した姿で登場する 上、物語終盤には誠との関係に焦燥する乙女を見限って彼と一斉に肉体関係を結ぶ という、セックス要員としての設定が一部復活した形となっている。 『』には未登場。 『』には登場し、言葉へのいじめこそ行わないものの、達に襲われて乙女共々衣服を剥かれるなどの散々な目に遭う。 『』のPC版には未登場だが、『Shiny Days』ではとして限定公開されていたミニゲーム『野球拳 STRIP ROCK PAPER SCISSORS』 や、そのリメイク作品である製品版『』に登場する。 『』には登場する。 垂れ目と、両端が外側へ浮いた独特な が特徴。 3人の中では最もおとなしい性格であり、言葉への素の態度は他の2人ほど横暴なものではない。 乙女の後ろに付いて行動したり、夏美と来実の勢いに流されるなど、主体性に欠けた一面を持つ。 また、言葉へのいじめにも夏美と来実に突き放されることへの懸念から加担している節がうかがえる。 ややを読めない一面を持っており、夏美にはよく叱られている。 3人の中では2012年現在唯一、単体発売のキャラクターグッズが存在する。 詳細は、を参照。 『野球拳 STRIP ROCK PAPER SCISSORS』以降は髪型が再設定され、両端がカール状となった。 School Days TVアニメ版では、セックス当日の伊藤家で待ち構えていた誠・夏美・来実に躊躇するなど、実体験には消極的な一面を見せる一方、誠から手を引いた後日には来実の彼氏とのセックスを目論む夏美に歓喜して来実を困惑させるなど、積極的な一面も見せるようになる。 Summer Days 『野球拳 STRIP ROCK PAPER SCISSORS』に登場。 『School Days』のTVアニメ版での性格や肉感的に描き直された肢体、『Cross Days』で追加された設定(下記を参照)や『ぶろぐDays』で再設定された髪型(上記を参照)が反映されている。 夏美や来実と対峙した際には前述の設定が元でと見なされて憤慨するが、言動の端々では乙女への熱い想いも覗かせる。 『Shiny Days』の制作発表当初は『野球拳 Strip Battle Days』への登場が告知されており、各アダルトゲーム専門誌や公式サイト内の紹介ページにも夏美や来実と同様の脱衣CG(とのセックスシーンも含む)が掲載されていたが、後に栗林みな実の活動事情によって登場は中止となり、脱衣CGも削除された。 詳細は、を参照。 2014年10月31日に発売された製品版では一転して登場こそ叶ったものの、声は収録されていない。 Cross Days 物が好きという設定が追加されており、その系統の本も大量に持っているが、男性への興味については不明。 ルートによっては、乙女に命令されて呼びに行っただけの誠にへ連れて行かれ、そこで自身への告白と勘違いした彼に押し倒されてしまう。 吊り目と、先端全てが外側へ尖るように跳ねたセミロングヘアが特徴。 3人の中では最も噂好きかつ攻撃的な性格であり、乙女と共に言葉をいじめたり、乙女を含めた4人の牽引役になることが多い。 また、4人の中では最も豊満かつ整った肢体を持っている他、性格上はみなみより来実と意気投合することが多いが、4人の中で唯一の彼氏持ちかつである来実へはそれゆえの焦燥感も持っており、を一刻も早く卒業したがっている。 ごとうじゅんじいわく、「もう少し活躍が観てみたかったキャラ」。 School Days TVアニメ版では、自分達へ横暴な態度を取るようになった乙女を平気で見限ると、彼女への性的な対抗心からも誠の性的能力に着目する。 その旨を校舎内でみなみや来実へ話した途端、階下へ降りてきた誠と鉢合わせるという偶然も重なり 、自らが中心となって彼とのセックスをみなみや来実へ提案する上、それが叶う当日のでは胸元や両肩を大きく露出させた服装で誠や来実と共にみなみを出迎える。 また、誠から手を引いた後は早々に来実の彼氏とのセックスを目論み、嬉々としながら来実へ彼氏の提供を迫ったため、歓喜したみなみと共に来実を困惑させている。 Summer Days 『野球拳 STRIP ROCK PAPER SCISSORS』と『野球拳 Strip Battle Days』に登場。 『School Days』のTVアニメ版での性格や、肉感的に描き直された肢体が反映されている。 みなみや来実と対峙した際には『Cross Days』での設定(下記を参照)を踏まえ、彼女達へのを露にした言動を取る。 Cross Days 『』の時ほど出番に恵まれず、地味な存在となっている。 処女を卒業する相手の候補として、先輩のに着目している。 どんな時でも外さないの で前髪を上げたセミロングヘアと、口調が特徴。 乙女を含めた4人の中では最もマイペースな性格であり、乙女・みなみ・夏美をちゃん付けで呼んだり、彼女達を煽って事態を大きくさせようと目論む一面を持つ。 また、4人の中では最も小柄な肢体を持っているが、唯一の彼氏持ちかつ非処女の身でもあるため、言動の端々からはそれゆえの余裕がうかがえる。 彼氏と称される男性については、みなみも夏美もその存在を把握している描写が存在するものの、映像では明確に描写されていない。 『』のヒロイン・ (もり みさお)とは同姓かつ同年に当たるが、血縁関係については不明。 『野球拳 STRIP ROCK PAPER SCISSORS』以降はヘアバンドの色が再設定され、となった。 School Days TVアニメ版では、言葉をいじめる際に口頭で責めるだけでなく激昂して手を上げようとしたり、の際にでの彼氏との様子を流されても平然と惚気てみせる。 また、誠から手を引くことをみなみや夏美に提案された際には、自分と共に彼とのセックスを楽しんだにもかかわらず掌を返した彼女達と違い、露骨に誠の性的能力を惜しむ一面も見せる。 Summer Days 『野球拳 STRIP ROCK PAPER SCISSORS』と『野球拳 Strip Battle Days』に登場。 『School Days』のTVアニメ版での性格や、肉感的に描き直された肢体が反映されている。 夏美やみなみと対峙した際には前述の性格が元でと見なされて憤慨するが、その一方で主人公へ色目を使う。 なお、『野球拳 Strip Battle Days』へのリメイクに際し、3人の中では最も早く主人公とのセックスシーンのCGがBugBug7月号で公開された。 Cross Days を彼氏と共に楽しむが、その際に彼が言葉を可愛いと評したことからヤキモチを焼く。 榊野学園の日常の学業風景の他、学園祭やその裏行事に登場する。 PC版でのの他、TVアニメ版でのやもこの面々に含まれるが、HQ版での路夏は『』における設定を反映して容姿が再設定され、サブキャラクターの1人となっている。 TVアニメ版では、愛や可憐を除く多数の者 はと同じく、性的快楽へ逃避するを酷悪に描写するための役としても設定されている。 1年3組。 の親友。 葵学園の卒業生。 いつもが高く、ノリの良いお調子者。 また、自意識過剰かつ思い込みの激しい面もある。 『』に登場した (さわなが みき)の弟。 姉に扱き使われているが、誠からと評されるほど、彼女のことを慕っている。 自宅は湾岸新線・葵町駅付近 に存在するが、父親(澤永母の結婚した夫で戸籍上の澤永姉弟の父)がリストラされたが、社会人の姉が給料を家に入れないため、家計はあまり芳しくない模様。 が行った不人気投票では第3位。 登場自体は『School Days』以前の作品からと早く、『PureMail -ピュアメール-』・『その後のピュアメール』・『』にモブキャラクターとして登場している。 本編では直接明かされておらず自らも知らないが、実父は誠の異母兄・であり、誠とは叔父との血縁関係にある。 また、瞬の娘である世界・刹那・路夏・二条姉妹達とは従兄妹に当たる。 School Days アニメ版やPC版の一部のルートでは、言葉をしたり、誠らと共にを興じるなど、酷悪な卑劣漢として描かれている。 一方、ごく一部のルートでは言葉にケジメをつけるよう約束させるなど、物語の展開次第で役回りが大きく異なるキャラクターとなっている。 思いを寄せられている光と恋人同士になるルートも存在するが、言葉、光、誠とスワッピングするルートでは光に誠の性的能力を比較された際、「雑で下手な上に言葉に夢中」と冷められる。 『』では、当初のPC版構想にを自らの支配下へ置いてさせるイベントが存在していたことが語られている。 これは後にHQ版へ組み込まれ、世界とを結んだ後に誠を交えながら、彼女を嬲る3Pシーンとして描かれた。 PS2版では、ルートによっては世界・言葉・光へほぼ同時に子を産ませるエンディングが存在する。 OVA版では、『』にてが特技であることが明かされている。 『』ではに感染してと化し、全裸となって女性陣を追い回す上、正気に戻った後も全裸のままでやの姿に昂奮するといった暴走へ至る。 Summer Days PC版では名前のみの登場だが、『Shiny Days』ではの回想シーンに誠と並んで歩く姿が登場する。 Cross Days ルートによっては、誠と言葉の関係に嫉妬したに唆されて言葉を強姦したり、女装した(ゆう)を脅迫してやを強要するなどの一面を見せるが、ゆうに激しい執着心を抱く誠を心配する一面も見せる。 榊野学園1年3組。 部所属のクラス委員であり、葵学園の卒業生。 非常に大柄であり、画面からは常に顔が隠れている 上、かなりのでもある。 へ想いを寄せているが、口下手で想いを伝えることはできない。 『Summer Days』には未登場。 『School Days』のPC版では名前が不明だったため、TVアニメ版ではクラス一覧への掲載に際してTVアニメ版スタッフが「一郎」と設定した。 その後、『Cross Days』の開発に際してが「密」と設定した ため、『Cross Days』の時点では2つの名前を持つ唯一の人物となっている。 School Days 刹那と共にの準備作業を進めるが、その最中に部活で負傷してしまい、が後を担うこととなる。 OVA版では、『』に登場。 の部下であり、「」へゾンビガスを散布する。 の登場後は、ドクターSの指示で 切ないんだー田中号へ巨大化して怪力や光線で周辺を破壊していくが、マジカルハートとの合体した巨大なに倒される。 Summer Days 誠と刹那の会話(清浦の好きな人に関する問題の選択肢)にのみ登場する。 『Shiny Days』では、刹那の携帯の待ち受け写メの誠の手前にぼやけて写っていた。 ごとうじゅんじには企画段階から登場させたい旨の思い入れを持たれていたが、メイザーズぬまきちにはその余地が無かった ため、前述のような登場にとどまった。 Cross Days 刹那への想いから、に彼女との進展を手伝ってもらおうと考えている。 榊野学園2年生。 男子バスケ部に所属しており、図書委員も兼任している。 文武両道で容姿端麗だが、かつては廃人だった。 現在では足を洗い、を嗜む程度のである。 とは同じクラス。 やのを行っている。 よりパソコンのスキルは低い模様。 『Summer Days』には未登場。 School Days 後輩のと交際中であるが、アルバイト先のでは自分や彼女より遥かに幼い教え子の とも交際している。 また、妹の を溺愛するシスコンでもある。 七海とは肉体関係もあるが、一部の塾の教え子達との肉体関係や妹への感情に対する世間への隠れ蓑として交際しており、自室に遊びに来た七海がベッドで誘っても夢中でエロゲに興じて相手にせず、それどころか七海にエロゲをプレゼントしている。 Cross Days 図書委員での勇気の先輩であり、MMORPG仲間でもある。 ともゲームを介しての知人。 心中には、常に12人の妹が存在しているらしい。 女子バスケ部内の対立に頭を痛めている。 妹への偏愛疑惑の隠れ蓑として七海と交際中であるが、卯月以外にも手を付けたり狙っている教え子が複数人存在する上、低年齢の女児に手を付けていることを平然と語るである。 また、自らに近い世代のとも肉体関係を持っているが、七海にまったく人情を見せないわけでもない。 本当は妹に的な恋愛感情を抱いているが、自分と妹は結ばれるべきではなく、他人の男性と将来結ばれるべきであることは理解しており、数多の女性達と関係を持つことで報われない思いを紛らわせている節がある。 の小説版では恋愛に悩む勇気へ助言を与え、後押しを行う良き先輩と見られる一面を持つが、幼女趣味を持ち出しては評価を台無しにする。 七海が登場しないため、彼女の彼氏という描写も存在しない。 Shiny Days 夏祭りに登場するルートが存在し、条件次第では神社の森で妹恭美と肉体関係を結ぶ他、アルバイト先の学習塾で八江と肉体関係を結ぶ姿が描かれている。 小学1年生。 両親がした際、誠は母のへ、止は父のへ引き取られたため、現在は別居中。 好きな食べ物は。 誠によく懐いており、彼も良心を出せる唯一の相手と言われるほど無邪気で天真爛漫な性格。 父を毛嫌いしているため、時々自宅を抜け出してはへ遊びに来る。 まだ幼いため、少し舌足らずな喋り方をする。 誠と同色で形状の似た髪をに結んでいる。 その幼さから、には攻略対象としての需要は無いと思われていたが、実際には「登場人物はすべて18歳以上である」というの規定を逆手に取った形での需要がある模様。 School Days TVアニメ版には直接登場せず「誠の妹が居る」と他人の台詞で語られるのみだが、ドラマCD版には登場している。 Summer Days (姪孫)やのことを慕っており、・・とも親しくしているが、(異母姉)のことは嫌っている。 Cross Days が誠のへ向かっていた際に、誠と間違われて偶然会うことになる。 また、別のルートでは、勇気に鉄拳制裁される誠を身を挺して守る場面が描かれている。 との母。 として働いている。 『』では声のみの登場であり、にも「 誠の母」としか記載されていないなど容姿や本名は不明だったが、本名については『』で明かされた。 とは離婚済み。 湾岸線・東原巳駅付近 のマンションに誠と2人で暮らしているが、で留守にすることが多い。 なお、伊藤家のバスルーム一式は誠・・の3人でを楽しめるほど広い が、これは萌子のこだわりとのこと。 『』や『Shiny Days』では娘の止と共にを訪れるが、基本的には声だけの登場。 後者の特定ルートでのみ、容姿を見ることができる。 また、『Shiny Days』と次に登場する『野球拳 Strip Battle Days 2』では、容姿が大きく変わっている。 『野球拳 Strip Battle Days 2』では、実子である誠の子供を身籠るルートが存在する。 また、二喜や恭美も誠の子供(つまり、萌子にとっては孫)を身籠っていることを知る。 湾岸新線・模手原坂下駅付近 のアパートに、世界と2人で暮らしている。 とは親戚(叔母と姪)かつ昔からの親友であり、とも家族ぐるみの親密な間柄。 可愛い男の子が大好きであり、舞とも好みが非常に似通っている。 年齢は30代(正確には、『Summer Days』の作中時点で30歳になる)であるが、容姿は同年代のや舞と違って20代のイメージで描かれている。 ラディッシュ榊野町店(『Summer Days』や『Shiny Days』では原巳浜店)の店長を務めているが、元は『』のヒロインの1人、 (いのう ようこ)である。 本編では直接明かされておらず自らも知らないが、とは異母姉弟の血縁関係にある。 School Days 顔見せ程度の登場。 PC版やHQ版の公式サイトには「 世界の母」としか記載されていないが、PS2版では一部エンディングの後日談にも登場し、の世界に代わってを育てている ことが描かれるなど、出番は増えている。 TVアニメ版には登場しないが、OVA版では『』や『』に登場しており、名前が明記されている。 前者では世界達に混じって誠を水着姿で誘惑したり、追い回すなどの役回りとなっている。 後者では傷跡が目立つ顔でラディッシュ機動部隊の司令を意欲的に務めているが、これは本物ではなく単なる飾りのである。 Summer Days ラディッシュの店長に就任した矢先、それまでのアルバイターや店員が前店長のに付いて行ってしまったため、店員のほとんどを新規アルバイターで埋め合わせて店を切り盛りする必要に迫られており、気苦労が絶えない。 PC版のみ個別エンドを持つが、攻略可能になるのは2周目以降。 で寝込んだ世界に代わる形で登場し、ルートによっては誠と肉体関係へ至る。 PCリニューアル版のパッケージには、刹那やと共に登場している。 『Shiny Days』では、舞・刹那とともに誠の子を身籠るルートが存在する。 『』にも登場する。 Cross Days 顔見せ程度の登場。 エンディングクレジットにも、「世界の母」としか記載されていない。 TVアニメ版での年齢設定は11歳。 姉とは対照的に元気な身体で人懐っこく活発でおしゃまな人物。 セミロングヘアの左右両端の一部を、のように縛った髪型が特徴。 やなど多くの習い事をこなしているが、本人が望んで行っているわけではない。 湾岸線・原巳浜駅付近 の豪華な一軒家に、共働きの両親や姉と4人で暮らしている。 School Days によって変わっていく言葉のことを、からかいながら心配する。 TVアニメ版の最終話では、伊藤家に赴く最中の言葉とじゃれ合うシーンが描かれた。 OVA版では、『』に登場して言葉の怪しげな作りに協力したり自らをで包んで誠争奪戦に参加する他、ゲーム版での人気を受けて『』のメインヒロインとなっており、ラディッシュ機動部隊の一員として登場。 ブカブカなラディッシュの制服姿で社会勉強を頑張る一方、出動時には世界達と色違いのを装着したり、マジカルハートへ変身する。 素顔が完全に露出しているなど、明らかに正体を特定できる姿であるが、正体は知られていない。 背面へ展開した大きなによって空中を自在に飛行し、得物のを構えて「マジカル引力光線」や「マジカル脳洗浄」などの必殺技を放つ。 と共に呪文を唱えることで、巨大なへ合体することが可能 Summer Days 『』での人気を受け、攻略対象となった。 言葉との共同エンドを持つ。 ラディッシュの常連客であり、好きな飲み物は。 恋愛に興味津々であるため、誠と言葉をくっ付けようと目論んだり、自らが彼を挑発することもある。 ルートによっては挑発を誤解した誠に襲われるが、絶頂寸前に駆け付けた言葉が彼のことをと勘違いし、で殴り倒してくれたために助かる。 小説版では、後半の主人公を務め、誠が刹那と恋人である事実を知らぬままアプローチをかけ続けた結果、破綻して傷心していた誠に強姦される。 が、最終的に受け入れ彼との既成事実に優越感を得ていた。 Cross Days ルートによっては、の紹介でと交際することになる。 また、『Cross Days ビジュアル・ファンブック』には勇気との交際の後日談とうかがえる、の描き下ろし漫画が掲載されている。 野球拳 Strip Battle Days 現在の心とは別に、誠の死亡後のあり得たかもしれない未来から迷い込んだ 女子高生の心が登場。 女子高生の心は、言葉と瓜二つの容姿であり、言葉と仲違いしながらも密かに気遣ってもいる。 なお、バストサイズは姉や母のような巨乳ではなく普通。 との母。 登場女性中最大のを持つ。 (『Shiny Days』では、とされている)を務めており、湾岸線・原巳浜駅付近 の豪華な一軒家に、夫や娘達と4人で暮らしている。 年齢は30代。 やとは古くからの顔馴染。 School Days ゲーム版では声のみの登場。 娘達のためなら大金を惜しまずに動かせることが、言葉の台詞の端々で示唆されている。 漫画版では言葉の写真内に登場する。 Summer Days 本名と容姿が明かされた他、経営コンサルタント業の成功からが裕福となったことが明かされている。 踊子が店長を務めるへ視察に訪れるが、その佇まいや厳格さから、やには煙たがられている。 PC版のみ個別エンドを持つが、攻略可能になるのは2周目以降。 ルートによっては、軽蔑対象のに性技で篭絡されて肉体関係となり、を身籠ってしまう。 Cross Days 顔見せ程度の登場。 名前は明かされず、エンディングクレジットには「言葉の母」と表記されている。 Shiny Days 『Summer Days』と同様、誠の性技で篭絡されて彼に夢中になるルートがある(ただし、経緯は異なる)他、ラディッシュでのコンサル業務実施中、刹那にきつく当たるところをいのりに見咎められ、成敗される場面もある(その後はいのりの手下にされたことがうかがえ、彼女に協力するよう心や言葉に命じていた)。 フルネームは不明。 関係の仕事をしており、娘達をとても可愛がっている。 外見は眼鏡を掛けたごく普通の男性であるが、言葉にを伝授するなど、に優れている。 湾岸線・原巳浜駅付近 の豪華な一軒家に、真奈美や娘達と4人で暮らしている。 容姿については、『School Days』のPC版発売当初は不明だったが、後年に『ぶろぐDays』で明かされた。 『Summer Days』には未登場。 『野球拳 Strip Battle Days 2』では特定のバッドエンドルートのみに登場。 School Days ゲーム版では声のみの登場。 に強いを持っており、施設内に建つ高層の最上階の確保すら行える。 OVA版では、『』で言葉や心の入っていただけでなくやの温泉にもコネを持っており、彼女達はそのいずれへもで入れる。 Cross Days 上記の声と容姿で登場。 「スイーツおおはら」に関わっており、甘党でないことが明かされている。 また、に着目し、美沙子や援交で付き合いのある大隈二喜からは「ともさん」とニックネームで呼ばれている。 ルートによっては美沙子に振られる姿や、勇気の姉の知恵から思いを寄せられる姿が描かれている。 子供達 [ ] 誠と世界の子 「二人の恋人」における子 『』のゲーム版の1つ「二人の恋人」で、が身籠る子。 クリスマス間近の夜、の待つ伊藤家へ言葉と共に向かう世界がとの会話中に告白し、共に出産することを誓い合う。 妊娠はまだ初期であり、世界の腹部に変化は確認できない。 ほぼ同時に身籠ったことを示し合う言葉との会話から、誠との初体験を経て2人だけの逢瀬を重ねていた当時のセックスによって身籠ったのではなく、それ以降に言葉を交えて行っていた日々の3Pによって身籠ったことが示唆されている。 また、HQ版ではクリア後に変化するタイトル画面から、伊藤家への到着後には世界と言葉が浴室で誠との混浴に際し、その旨を彼に告白したことも示唆されている。 「我が子へ」における子 『School Days』のゲーム版の1つ「我が子へ」で、世界が身籠る子。 誠の台詞に傷心して榊野学園を退学した世界が失踪を経て誠を刺殺する際には妊娠が相当進行しており、衣服越しに膨れた腹部が確認できる。 誠と言葉の子 「二人の恋人」における子 『School Days』のゲーム版ハーレムエンドの1つ「二人の恋人」で、言葉が身籠る子。 クリスマス間近の夜、誠の待つ伊藤家へ世界と共に向かう言葉が世界との会話中に告白し、共に出産することを誓い合う。 妊娠はまだ初期であり、言葉の腹部に変化は確認できない。 世界との会話から、誠には彼女の子と共に「クリスマスプレゼント」としても告白されたことが示唆されている。 「我が子へ」における子 『School Days』のゲーム版バッドエンドの1つ「我が子へ」で、言葉が身籠る子。 世界の失踪後に誠と結ばれた言葉が彼と会話する際には妊娠が相当進行しており、衣服越しに膨れた腹部が確認できる。 言成(ことなり) 上記から6年後であることが示唆される『Kotonohasama Days』に登場。 誕生を経て誠似の幼少年に成長しており、大人びた言葉との姿が描かれている。 誠と刹那の子 『School Days』のゲーム版の「ババロア」や「肉欲」にて特定の条件を満たすと発生する後日談で、が身籠る子。 刹那がを背景に撮影した写真では妊娠が相当進行しており、それを載せたを見た誠の元へ帰国した際にはとなっている。 誠と光の子 声 - 不明 『School Days』のゲーム版ハッピーエンドの1つ「セックスフレンド」に登場。 名前や性別は不明。 誠のとなったが出産したであり、満面の笑みを浮かべる彼女に抱き抱えられている。 各ヒロインが身籠る可能性を持つ誠の子の中では、最初に本編へ登場した存在である。 泰介の子供達 声 - 不明 『School Days』のPS2版エピローグの1つ「愚行の果てに」に登場。 名前や性別は全て不明。 が世界・言葉・光に産ませた 子供達であり、仲良く遊んでいる。 誰もが泰介似であり、光も見分けが付かない。 の友人であり、の先における教え子。 恭一とはが告白する以前から付き合っている。 ミディアムヘアの左右両端が頬に被さった、が特徴。 は『School Days』や『Summer Days』では明かされなかったが、『Cross Days』の開発時に明かされた。 はによる原案が元となっている。 School Days ゲーム版では登場しないが、TVアニメ版では中のを心と一緒に訪れる。 誠と世界のクラスの模擬店に入り、誠・世界の発言から2人と言葉の複雑な三角関係を見抜き、状況を今一つ理解できない心を子ども扱いする。 Summer Days 名前と声のみの登場。 心との会話中に塾講師(恭一)と肉体関係を持っていることが明かされており、これによって心の性知識が卯月から吹き込まれたものであることも明かされている。 ルートによっては性的に無知な心に誠を煽るように入れ知恵する。 なお、メイザーズぬまきちによれば「非常にエロエロなキャラクター」 や「心を動かすためのキャラクター」 であり、「意外に人気があった」 とのこと。 『Shiny Days』では、卯月が妊娠していることをほのめかす言葉(「つわ・・」)が恭一の口から出ている。 二葉の双子の姉であり、の兼友達。 引っ込み思案な性格をしており、いつも二葉に付いていくような言動が目立つ。 に、のを着けている。 二葉より胸が小さい。 『Cross Days』には未登場。 本編では直接明かされておらず自らも知らないが、とは叔父と姪の血縁関係にある他、世界や刹那とも異母姉妹の関係にある。 School Days 出番は非常に少ないものの、二葉と共に登場。 TVアニメ版では、最終話エピローグの1シーンに登場する。 Summer Days 誠へ想いを寄せているが、可憐やの持つ彼への想いを知っているため、告白できないでいる。 また、ラディッシュでは異母姉のと面識を持っている。 ルートによっては二葉に誘われて彼女と共に誠とのを行い、誠に根を上げさせる。 一葉の双子の妹であり、可憐の同級生兼友達。 一葉と一緒に行動することが多いが、何事も彼女より積極的であり、自分だけで突っ走るタイプ。 ボブカットヘアに、のヘアバンドを着けている。 一葉よりプロポーションが良い。 『Cross Days』には未登場。 本編では直接明かされておらず自らも知らないが、誠とは叔父と姪の血縁関係にある。 School Days 出番は非常に少ないものの、一葉と共に登場。 TVアニメ版では、最終話エピローグの1シーンに登場する。 Summer Days 瞬との会話によると性技は瞬から教えられたらしい。 ルートによってはの店舗奥でとのに耽る姿を誠や異母姉のに目撃される上、可憐を余所に誠を挑発して一葉と共に3Pを行い、誠に根を上げさせる。 かつてと同じアパートに住んでいた、中学生の少年。 ドラマCD『Little Promise』のみに登場する。 趣味はと。 幼少期の世界やと親しくなり、後に刹那の人生に大きな影響を与える。 とある理由から外出できない身であるが、事情を知らない世界には「」と呼ばれている。 エロエロゾンビ 声 - 他 『School Days』のOVA版『』に登場。 とによって散布されたゾンビガスに感染した一般市民達のなれの果てであり、自我は失われている。 目は白目を剥いて肌は灰色となっているが、の行動の定番であるは一切行わず、多数で美少女へ抱き付いたり衣服を剥くなどの行為に走る。 なお、これに先んじてでは、の催事「ゾンビ喫茶」でゾンビに扮した生徒達が登場するが、こちらの声も特別顧問達が担当している。 本作の他、の随所にも等身大のなどが登場するが、本来はのであり、はによるものである。 そのでは、全裸となって搭乗したマジカルワードとマジカルハートの乳首が、それぞれによって周囲と接続されている。 との戦闘では巨体を活かした肉弾戦を行う他、空中から召喚した巨大なを振るって相手を一刀両断にする超必殺技「鮮血の結末」を使う。 Summer Daysから登場 [ ] 登場人物の姓や誕生日の由来は、『School Days』に準拠している。 1年3組。 と紫色がかったセミロングのウェーブヘアが特徴。 ・・とは中学時代に彼らと同じクラスへ転入して以来の間柄だが、路夏との面識は薄い。 やとは仲が良く、一緒にへ行くこともある。 おっとりとした、の性格の持ち主。 中学時代は誠と相思相愛の間柄だったが、嫉妬深い乙女の存在が原因で告白に失敗しており、交際までには至らなかった。 現在は誠から距離を置かれている上、乙女から睨まれているためもあり、以前ほど密接な関係ではない。 初期設定ではロングヘアだったが、それだと性格や声共々と被って人気が二分すると考えられたため、セミロングヘアへ変更されたという経緯を持つ。 School Days ゲーム版ではのみの登場。 では名前もも無いであるものの、榊野学園でのシーンに登場。 『』における不憫さ(下記を参照)を懸念していたが表情を細かく描いたり髪を長めに描くなど、気を配っている。 Summer Days 企画当初はヒロインの1人とされていたが、を優先したいごとうじゅんじの要望を受けたが全体の構成を見直したため、ルートごとカットされて サブキャラクターへ降格させられたという経緯を持つ。 このために実現できなかった要素は、その一部がごとうじゅんじによって『Summer Days ビジュアル・ガイドブック』へ描き下ろし漫画として掲載された 後、概ねの部分が『』へ盛り込まれた。 Cross Days 中学時代にロングのウェーブヘアだったことやその当時における誠との間柄、乙女の悪意によって彼が身を引いてしまったことや全然似ていないらしい親が榊野学園のであることが、それぞれ明かされている。 ルートによってはで誠を誘惑してを持つが、作中にセックス描写は無い。 また、誠への想いはそのままに勇気と肉体関係を持ち、彼の子を身籠るルートも存在する。 さらに、言葉に殺害されるルートも存在する。 Shiny Days 髪型が再設定され、緩めなウェーブヘアとなった。 また、ルートによっては誠と肉体関係になる。 再設定された髪型をごとうじゅんじは強く推しており、ラディッシュの制服姿の愛がヒロインを務める短編漫画 を2011年12月号に描き下ろしている。 子供達 Summer Days [ ] 誠と真奈美の子 『Summer Days』のの1つ「親娘ともども」に登場する、が身籠る子(つまり、言葉と心にとっては異父弟もしくは異父妹)。 の依頼でをたしなめようと現れた真奈美が、彼の性技に籠絡されてとなった末に妊娠が発覚する。 そのことを知らないやには、の子と思われている。 思ったことをすぐ口に出す行動派であり、要領が良く抜け目の無い大胆な性格。 乙女よりプロポーションが良く、色恋沙汰に鋭い一面を持つ。 ウェーブヘアを大きなで結わえた、の髪型が特徴。 姉との仲を応援しているが、自らも彼へ想いを寄せている。 自宅は湾岸線・東原巳駅付近。 二条姉妹とは仲が良く、3人で行動することも多い。 ごとうじゅんじいわく、「『Summer Days』のダークホース」。 また、企画当初はツインテールの左右の長さが違っており、は「」だった模様。 School Days ゲーム版では乙女の台詞に名前のみの登場。 TVアニメ版では名前も台詞も無いモブキャラクターではあるものの、原巳中3年生に籍を置き、 、最終話エピローグに登場。 翌年のへ入学し、バスケ部へ入部している。 Summer Days ルートによっては単独で誠と肉体関係へ至る上、乙女と共に彼とのを行い、共同エンドを迎えることとなる。 Cross Days 誠との復縁を懸念した乙女に愛の監視を命じられているが、自身も誠を狙う機会を窺っている。 また、誠の妹のとも仲が良く、実の姉のように懐かれている。 橋本 織葉(はしもと おるは) 声 - 誕生日 - (うお座)、身長 - 158. の従業員。 サッパリした勝気な性格であり、のショートヘアと豊満な肢体を持つ。 夏祭り前に彼氏に振られた後、と付き合うことになる。 Cross Days 『School Days』のHQ版第1話体験版の隠し項目『』にて聴けるでは、 の姉であること・那津希とが違うのは両親のの際に父方へ引き取られたためであること・彼氏に振られたのは那津希が原因であることが、それぞれ那津希・・・の会話によって明かされている。 Shiny Days 彼氏が妹の那津希と肉体関係になっていた事実が発覚し、ラディッシュで修羅場になっていたことが、竜二の口から語られている。 村山 野杏(むらやま のあん) 声 - 、(『Shiny Days』のみ) 誕生日 - (うお座)、身長 - 159. ラディッシュのアルバイト従業員。 額を晒したロングヘアと織葉を上回る豊満な肢体を持つ。 垂れ目でおっとりとした人当たりの良いお茶目な性格であるが、その言動にはかなりの毒が含まれている。 学力ランクトップクラスの県立大原に在校することが明らかになった『Shiny Days』では、沢越家の財産を目当てに誠に近づくなど、かなり打算的な性格でもあることが描かれている。 Summer Days 織葉と違ってセックスシーンは存在しない。 2周目以降ではの言った冗談を真に受け、織葉と共に彼との仲介を担う。 Shiny Days 一応同棲している彼氏がいるらしいが、ルート次第では前述の理由から誠と肉体関係を持つエンディングが存在する。 また、織葉や竜二を拉致に近い形で捕縛した神社の人間達に啖呵を切るなど、いざという時には勝気な面も見せている。 清浦 舞(きようら まい) 声 - 誕生日 - (さそり座)、身長 - 166. ラディッシュ本社で重要な位置に就いているであり、湾岸新線・模手原坂下駅付近 に、刹那と2人で暮らしている。 とが特徴。 料理や部屋の片付けなど、家事が苦手。 とは親戚かつ親友、そして公私に渡るライバルであるが、男性の好みは瞬の子を踊子共々産んでいることからもわかるように、似た者同士。 元は『』のヒロインの1人、 (いのう まい)である。 『Cross Days』には未登場。 本編では直接明かされておらず自らも知らないが、誠とは叔父と姪の血縁関係にある。 School Days ドラマCD『』のみに登場。 Summer Days 刹那を通じて踊子を威圧するなど、子供じみた一面も持つ。 最近は少し中らしい。 PC版のシナリオ段階では、とのセックスシーンが存在していた。 Shiny Days 『Summer Days』のPC版のシナリオ段階でカットされた要素が一部復活しており、誠と肉体関係になるルートや、踊子・刹那とともに誠の子を身籠るルートが存在する。 間 瞬(はざま しゅん) 声 - 、、、、、、の父。 ラディッシュの元店長でもあるため、との出張中に店長代理として戻ってくる。 容姿こそ風であるが、実際は気さくな優男。 元は『Summerラディッシュバケーション!! 』のである。 本編では直接明かされておらず自らも知らないが、誠とは異母兄弟の血縁関係にある。 Summer Days 優柔不断さや女癖の悪さから踊子と舞には見放されている上、刹那には父と認められていない。 瞬自身も自覚はしており、刹那のために直そうとは思っているが、女性の方から迫られるとあっさり行為に及んでしまう。 Shiny Days 学生時代に同棲関係であった夏日や神社の人間達からは、いのりの親権を奪おうとしていると誤解され、敵視されているが、瞬自身はいのりの親権を奪う意思など無い。 むしろ瞬は、いのりの身に起きている事態を心配しており、いのりを無理矢理連れ戻そうとしている夏日に会いに行って、彼女のことを考えるよう進言しているが、かえって誤解を悪化させてしまっている。 娘の刹那を気遣う父親らしい面も見せており、彼女と誠が2人でいられるよう取り計らう優しさも見せているが、さすがに誠が刹那にふしだらな行為に走ることには難色を示している。 また、刹那を心配してしまうあまり、空回りな発言をして、刹那に足蹴にされてしまう場面もある。 ルートによっては刹那といのり(いのりは事実を知らないが)に「お父さん」と呼んでもらい、感激している。 の母親と思われる女性とは顔見知りであり、彼女の店によく飲みに行っている上、恋仲である描写がある。 また、ラディッシュに近寄っていた不審人物を追っ払うなど、腕っ節も良いらしいが、社員であり本店からのヘルプスタッフである さくやには、頭が上がらない模様。 竜二(りゅうじ) 声 - 当麻(とうま) 声 - 上記2人とも、物語序盤にラディッシュを訪れる日焼けした肌の。 竜二はが、当麻はがそれぞれ特徴。 名前は『Summer Days』の時点ではまだ不明であり、竜二が「サーファーA」、当麻が「サーファーB」と設定されていた が、『Shiny Days』で名のみ設定された。 また、後者では竜二の家庭は東寿司、当麻の家庭はパン屋である旨が、いのりによって語られている。 なお、老人たちが竜二のことを「東のとこの小倅」と称していることから、竜二の姓は「東」である模様。 Summer Days 竜二はをして新たな彼氏を気取り、彼女と共に入った夜の森でに耽っているところをとに目撃される。 Shiny Days にセクハラ行為を働いたが、に成敗される。 その後、いのりの取り巻きの老人達に従い刹那の送迎をすることになり、もそれに乗じている。 また、竜二がサングラスを探しにラディッシュへ赴いた際、織葉と妹の那津希、そして織葉の彼氏の3人による修羅場に遭遇したことが竜二の口から語られ、事実を聞いた彼に織葉の彼氏が殴り飛ばされたことも明かされている。 Cross Daysから登場 [ ] 本作からの登場人物の姓の多くは、における足利家及びその関連の家系から用いられている。 『Cross Days』の。 1年1組であり、図書委員。 小柄でを掛けた童顔(周囲いわく、普通の女の子より可愛い容姿)なのがとなっており、親しい者以外に触れられることを嫌う。 葵学園の卒業生であり、『』の主人公・ (しば ようじ)やヒロイン・ とは、同学年の知人である。 本とが好きであり、先輩のとは仲が良い。 滅多に来ない他の図書委員やに代わり、の業務をほぼ1人で行っている。 サイトの作成やスクリプトの設置も行えるほど、パソコンには詳しい。 留守がちな両親とで暮らしており、自宅では1人でゲームをしたり姉の と過ごしていることが多い。 中学時代までを習っていたために喧嘩は強いが、背丈でも腕力でも知恵には敵わず、反抗しても殴られれば従わざるを得ない。 しかし、一緒に登校するなど姉弟仲は悪くなく、姉想いな一面も持っている。 とは互いに無自覚のまま両想いになるが、彼女が誤解からを好きな人の名に挙げたことを真に受け、勇気自身もと交際中であると誤解されてしまう。 ルートによっては、恭一の紹介でと交際することになる。 また、女装後に ゆうと名乗って誠を翻弄するルートも存在するが、その際にはをも虜にする美貌とを披露する上、誠の熱愛に負けて勇気自身も彼とのに目覚めたり、それを知った言葉に殺害されることもある他、誠と肉体関係を結ぶ前には正体を知った泰介に脅迫され、凌辱されるルートすら存在する。 設定に際しては、誠とは違う主人公であることが重点に置かれた上、「の際にを入れたい」という要望に応えたものとなっている。 また、企画当初は主人公にならない可能性も存在していた。 詳細は、を参照。 2009年5月号に掲載された小説版では、路夏と親密になれない自分のことを棚に上げて誠と親密になれない言葉を責めたり、誠を引き寄せるという口実から彼の目の前で言葉に行為を働く上、誤解から自分を責めた路夏に逆上して彼女をする。 喜連川 路夏 きつれがわ ろか) 声 - 誕生日 - (さそり座)、身長 - 150. 『Cross Days』のメインヒロイン。 榊野学園1年2組であり、女子部員。 小柄な身長の割に、豊満な肢体の持ち主。 ・・とは同じ中学出身であるが、誠との交流はほとんど無かった。 のバスケの腕に憧れて彼女を慕っているものの、自身の腕はあまり上手くない。 自宅は湾岸線・原巳浜駅付近。 中学時代に、で働く母のことを乙女に暴露されて周囲からいじめられたため、強い警戒心を持つようになった。 現在では一度喧嘩するとすぐには許さない性格となっており、特に乙女とは非常に険悪な間柄。 知恵に気に入られて足利家へ招かれ、 と知り合う。 ルートによっては意地っ張りな面が高じ、勇気に幻滅して(あるいは勇気の気を惹こうとした結果)誠と結ばれることがある他、誠との肉体関係を経て彼に性技を仕込まれたり、誠に抱かれる直前のを昂奮させていくなど、性的に豹変することがある。 元は『』にだけが登場しており、電話中のので誠とのセックスを気に入ったことが述べられている。 また、それに先駆けて『』のPC版第5話「ビデオテープ」に登場した 部員Bが路夏に相当する(ただし、容姿は本作とは異なる )が、その際には誠とのセックス中の映像を見てショックを受ける姿が描かれている。 の娘であることは劇中で直接明かされず、本人も知らないが、誠とは叔父と姪の関係にあたる。 世界、刹那、二条姉妹、いのりの異母姉でもある。 榊野学園2年1組であり、女子バスケ部員。 の憧れの的。 寝起きが悪く、勇気に毎朝起こされている。 弟と同様に武術を習っていたことがあり、勇気より腕っ節が強く、勇気を同然に扱ったり、彼の部屋でするなどの仕打ちを行うが、それは姉としての愛情の裏返しであり、本来はとても弟思い。 バスケの腕は悪くないが、技量で上回るの入部によってレギュラーから外されたために彼女を一方的に嫌っており、何かと辛く当たる。 しかし、七海の彼氏であるのを知った時には、彼女のことを本気で哀れむといった一面も持つ。 また、落ちこぼれにもフォローを行う影の支配者として、数人の取り巻きを従えている。 武術を習っていた頃に道場で知り合った言葉の父に思いを寄せており、榊野学園の文化祭に来ていると聞くと再会すべく学園内にいる言葉の父を懸命に探す。 勇気の恋を後押しする行動もさり気なく取ったりするが、ルートによっては勘違いからの暴挙に走ることもある。 また、別のルートではゆうが勇気の女装であることに気づき、に狙われている勇気を守ろうとして彼女に殺害される。 元は『School Days』のPC版第5話「ビデオテープ」で、の張本人として声だけが登場した後、TVアニメ版で短髪の容姿が登場した。 『』では髪型が長髪へ変更されているが、ルートによっては断髪して先述のような短髪になることもある。 と同じく、PC版発売前にはBugBugをはじめ各アダルトゲーム専門誌でセックスシーン が公開されていたが、製品版では没となっている。 『Shiny Days』では、刹那の家の前にいた乙女の下に姿を現すという顔見せ程度の出演。 榊野学園の生徒 Cross Days [ ] 石橋 伊穏(いしばし いおん) 声 - 姓の由来 -。 の取り巻きの1人。 2年生であり、女子バスケ部員。 色黒で細身の上、服の上からはわからないが、隆々とした筋肉質な体形。 喫煙者。 洋佳と共に足利家へ度々遊びに来ては、勇気をからかっている。 ルートによっては、洋佳と共にを巻き込んで半ば強引に彼と肉体関係を持ち、を卒業する。 吉良 洋佳(きら ようか) 声 - 姓の由来 -。 知恵の取り巻きの1人。 榊野学園2年生であり、女子バスケ部員。 伊隠とは正反対に、細目で太めな体形。 喫煙者。 ルートによっては、伊隠と共に勇気を巻き込んで半ば強引に彼と肉体関係を持ち、処女を卒業する。 畠山 麦(はたけやま むぎ) 声 - Cross days 、なし(『野球拳 Strip Battle Days』) 姓の由来 -。 の友人の1人。 榊野学園1年1組であり、女子バスケ部員。 の髪型が特徴。 であり、自分の趣味を他人に理解してもらえないことが少々不満な模様。 実はが居る。 悪意の有無はともかく、結果的には周辺の人物同士の誤解に拍車を掛ける立場となる。 『』では名前のみの登場。 今川 留夏(いまがわ るか) 声 - Cross Days 、なし(『野球拳 Strip Battle Days』) 姓の由来 -。 路夏の友人の1人。 榊野学園1年1組であり、女子バスケ部員。 文化祭で石丸に告白し、休憩室で結ばれる。 路夏との名前の類似により、路夏に関する様々な情報の齟齬を招き、ルートによっては勇気と付き合っていると誤解されることがある。 『School Days』では名前のみの登場。 細川 那津希(ほそかわ なつき) 声 - 姓の由来 -。 路夏の友人の1人。 榊野学園1年1組であり、女子バスケ部員。 主に麦へのを担当している。 姓が違うのは、両親のの際に母方へ引き取られたためである。 『School Days』では上記の2人と違い、名前すら未登場。 『Shiny Days』では、姉の織葉の彼氏と肉体関係になってしまったのが露呈したことについてが語られている。 渋川 津々美(しぶかわ つつみ) 声 - 姓の由来 -。 榊野学園の女子バスケ部部長。 男性のような顔立ちに加え、気味のパーマヘアに赤いを着けている。 の廃止を目指して1年生達を抱き込もうと画策するが、失敗に終わる。 以前はとも普通に仲が良かったが、最近は休憩室の件で関係がぎこちなくなっており、彼女との間に誤解が生じてしまうこともある。 ルートによっては、勇気と肉体関係を持とうと目論む。 花山院 恭美(かさんのいん きょうみ) 声 - 姓の由来 -。 と同じくらい小柄であり、「です・ます」口調が特徴。 しっかり者であり、恭一のことも素直に慕っている。 兄恭一を思う余り、恭一の彼女という甘露寺七海を見定めるために榊野学園の学祭を訪れようとし、恭一の嘘に騙され北海道まで学園を探しに行く。 ルートによっては休憩室へそれとは知らずに恭一と入室し、彼に押し倒されて肉体関係となってしまう。 企画当初は、『』の物語を描くに際して主人公をにするか恭美にするかで案が分かれていたが、恭美がと結ばれる比率の高さ・の描き方・恭美の相手の扱いなどが懸念されてサブキャラクターへ降格させられた結果、勇気が主人公になったという経緯を持つ。 『Shiny Days』では、兄恭一とともに夏祭りを訪れる様子が描かれているが、ルートによっては神社の森で兄恭一と肉体関係を結ぶ。 『野球拳 Strip Battle Days 2』では、誠の子供を身籠るルートがある。 江川 夕帆(えがわ ゆうほ) 声 - 不明 姓の由来 -。 榊野学園1年2組。 路夏の級友。 父が好きで実際に所有しているらしく、自らの名前もそれにちなんでいる。 夕帆がゆう(勇気)の本名だと考えたに路夏を通じて呼び出されるが、ゆうとは似ても似つかない顔だったため、苛立っていた誠に素っ気無い態度を取られる。 当然、何も事情を知らない夕帆は憤慨した。 石丸(いしまる) 声 - 姓の由来 -。 恭一の友人。 名前は不明。 榊野学園2年生であり、男子バスケ部部員。 ゆえに女子生徒達からの人気は高いが、そのことを自覚していない。 のみが登場した『』ではに「かっこいい」と評され、実際に登場した『Cross Days』ではに処女を卒業する相手の候補として着目されている。 また、後者では恭一に紹介してもらったと交際中である他、彼の図書委員の仕事も手伝っている。 先述の通り二喜と付き合っているが、文化祭で留夏から交際を申し込まれ、休憩室で結ばれる。 なお、ごとうじゅんじは石丸のことを、『Cross Days』の発売直前まで部部員と思い込んでいた。 遠山(とおやま) 声 - 姓の由来 -。 松平(まつだいら) 声 - 姓の由来 -。 上記2人とも榊野学園1年生であり、の。 名前は不明。 2人とも強面である他、遠山は逆立った髪型と吊り目が、松平は中年男性並みに大人びた顔立ちとに次ぐ長身がそれぞれ特徴。 入学式の日に背の低いを2人でいじめていたところを、誠に制止されている。 ルートによっては2人ともに唆され、を凌辱することとなる。 2人とも設定は『School Days』の時点で存在していたが、本編へは『Cross Days』で初登場となった。 子供達 Cross Days [ ] 勇気と愛の子 『Cross Days』の一部のエンディングで、愛が身籠る子。 その他 Cross Days [ ] 遠野 美沙子(とおの みさこ) 声 - 「おおはら」の新店舗「スイーツおおはら」で、店長を務めている女性。 には、何かと着目されている。 元は『』のヒロイン。 『』では、「おおはら」で働いていたところを「スイーツおおはら」の店長へ抜擢されたという設定になっている。 また、ウェーブヘアや赤いといった『LOST M』での特徴はそのままに、によってが再設定された。 『Cross Days』の本編では脱衣シーンこそ存在しないものの、流通テレカではほぼ全裸のをと共に弄ぶ、妖艶な姿の美沙子が描かれている。 大隈 二喜(おおくま にき) 声 - (ドラマCD『』のみ)、 姓の由来 -。 とのの少女。 世界とは顔も肢体も似通っており、髪には2本のまで持つ他、喧嘩してもすぐ仲直りするほど仲が良い。 また、や、とも面識があり、結果としての娘達の共通の知人となっている。 School Days ドラマCD『Little Promise』のみに登場。 Summer Days 名前のみの登場。 Cross Days 「綿女」(わたじょ)と呼ばれる女子校へ通っており、とは同級生かつ友人。 希薄な貞操観念を持っており、にも抵抗を持っていない。 ルートによってはを誘惑してセックスを目論むものの、逃げられてしまったことから、彼には強い興味を示している。 そういった性格から、刹那には嫌われている。 マニアでもあり、知人のとはゲームが縁で知り合った。 勇気との再会を目論んで、恭一が目当ての葉音と一緒に榊野学園の学祭に遊びに行ったが、勇気が路夏を本気で思っているのを知ると身を引き、葉音と一緒に諦めずに仲直りするよう後押しした。 やの説明ムービーでは、進行役を務めている。 Shiny Days 『Cross Days』での設定に好奇心が旺盛という設定が追加されており、にも興味を持つ。 いのりに変な性知識を植えつけ、彼女の初体験に影響が出る(いのりは足コキがHだと勘違いしていた)場面もある。 野球拳 Strip Battle Days として限定公開されていたミニゲーム『野球拳 STRIP ROCK PAPER SCISSORS』 から引き続き、の ニキニキ大魔王としてやの前に立ち塞がる。 野球拳 Strip Battle Days 2 希薄な貞操観念で誠に応じ、彼の子を身籠るルートが存在する。 二条 葉音(にじょう はのん) 声 - 姓の由来 -。 の同級生かつ友人であり、との姉。 母の (わかば) や妹達に瓜二つの容姿であるため、不慣れな人が見分ける方法はの色のみ。 葉音は青のヘアバンドを着けている。 今の所、シリーズ中で登場した二条姉妹の中では最年長であり、長女である可能性が高い。 ・・・とは中学時代の同級生であるが、誠からは苦手に思われている節がある。 また、愛が聞いた噂によれば、中学時代は誠のことが好きだった模様。 二喜と同様に希薄な貞操観念を持っており、男性関係の激しさは他校へ進学した中学時代の同級生達の間でも有名である上、援助交際に手を染めているとも噂されている。 の浮気相手の1人でもあり、恭一を「恭くん」と親しげに呼ぶ。 一応自分の貞操観念の希薄さは良くないという意識はあり、特定の異性と恋愛し「真人間」になろうとは考えている。 誰かは特定していないが、恭一に本命の相手がいることは承知しており、割り切った関係に甘んじながら好意を抱いている。 そのためか恭一の女性の好みや人柄を非常によく見て把握しており、七海と恭一が付き合っていることを知ると七海が明らかに恭一の好みと似ても似つかないタイプであったため、恭一が七海には本気ではないことを見抜き、その一方で七海が恭一に盲目的に思いを寄せている様子を見ると2人の認識違いを察して笑い、「全然恭くんの好みじゃない」と目の前の七海に告げて怒りを買う。 二喜と一緒に恭一と会うを目当てに榊野学園の学祭を訪れる。 当初は二喜と勇気の仲を応援していたが、懸命に路夏と仲直りしようとする勇気の様子を見て、身を引いた二喜と一緒に落ち込む勇気を励まし、路夏との仲直りを後押しする一面もある。 乙女とはあまり仲が良くないが、本人いわくとは仲が良く、彼女の妹達も可憐に非常に懐いている。 本編では直接明かされておらず自らも知らないが、誠とは叔父と姪の血縁関係にある。 また、瞬の娘達で唯一、自分の姉妹達と面識を持つ人物でもある。 甘露寺 八江(かんろじ やえ) 声 - 姓の由来 -。 自宅は湾岸線・原巳浜駅付近。 七海と同じく、短髪のボーイッシュな容姿が特徴。 家庭教師だった恭一へ想いを寄せている。 姉には恭一への思いが知られている。 ルートによってはを訪れ、で恭一と肉体関係になり、恭一に会いに来たことを知った姉と修羅場になる。 『Shiny Days』では、桂心とクラスが一緒であることが明らかになった。 胤美(つぐみ) 声 - 不明 恭一のアルバイトにおける教え子の1人。 姓は不明。 2つに分けた短いの髪型が特徴。 前日に榊野学園を訪れる。 恭一とはやと同じく、影で肉体関係を持っている。 黎(れな) 声 - 不明 恭一のアルバイトにおける教え子の1人。 姓は不明。 ショートヘアが特徴。 学園祭前日に榊野学園を訪れる。 恭一とは卯月や八江と同じく、影で肉体関係を持っている。 Shiny Daysから登場 [ ] 主要人物 Shiny Days [ ] 足利 いのり(あしかが いのり) 声 - 姓の由来 -。 『Shiny Days』のメインヒロイン。 を自宅に持つであり、の髪型 が特徴。 古風な口調でしゃべり、年上である舞や踊子(どちらも父方の叔母)のことも名前で呼び捨てにするが、本人に悪意は無い。 (いのりの祖父)が経営する病院に入院しており、誠もその病院の託児所に何度か預けられていたために腐れ縁的な間柄を経て、当時の口喧嘩中のひょんな一言から許婚同士ということになった。 誠はそのことを忘れているが、いのりは彼へ想いを寄せている。 実母の夏日のことは「姦婦女」と罵るほど反発しており、本編でも病院を飛び出してを経て、清浦家で と同居することとなる。 神社の神主の子として育てられ、や(母親が神主の前妻の妹)とは義従姉妹にあたる。 やとは同姓であるが、血縁関係は無い模様。 元は『School Days』で名前だけが登場していたが、『Summer Days』からのリメイクに先駆けてに開催されたイベント『Cross Days シークレットライブ』 で存在が公表され、登場人物へ昇格された。 乙女や可憐とは夏休み中、プールに通っていた模様(乙女の証言より)。 『野球拳 STRIP ROCK PAPER SCISSORS』 とその製品版『』では、との案内役を務める。 なお、前者では『Shiny Days』の正式発表前だったため、名前は明かされていなかった(いわく「マル秘の新キャラ」 )。 本編では直接明かされず、本人も知らないが、誠とは叔父と姪の関係にある。 また、後述通り異父妹の存在が確認されている。 主要人物の近縁者 Shiny Days [ ] 江幡 夏日(えばた なつひ) 声 - 原巳神社の夏祭りの責任者であり、神主(足利隼人)の後添い候補。 普段は、駅前のでをしている。 いのりの実母だが、真実を知らないいのりからは「姦婦女」と罵られ、反発されている。 大学時代にとある事情からラディッシュの元店長であると同棲していた時期があり、その時に彼との間にいのりを身籠っており、産んだ後に神社に預けていた。 また、いのりとは別に、神主との間に子供をもうけていることが本人や可憐(子守の手伝いをして乳を吸わせた)の話から明らかになっている。 現在は、瞬が自分からいのりの親権を奪おうとしていると誤解しており、神社の人間共々彼を敵視している。 ただ、かつては愛し合った仲でもあるためか、今でも瞬に対しては複雑な感情もあるようで、自分との間に生まれたいのりと違って刹那には「お父さん」と呼ばせていることに、眉をひそめたこともある。 いのりが登場しないルート(旧来の『Summer Days』に準拠するルート)では、路夏の母と共にラディッシュを訪れ、瞬のを見つめる姿が描かれている。 元は、『Summerラディッシュバケーション!! 1』のの1人である。 神楽(かぐら) の祖母。 既に他界しており、ルート次第では刹那とが墓参りへ向かうことになる。 墓は桂家の墓(『School Days HQ』のとあるルートの後日談で登場)と同じ墓地にある模様。 没した年齢は不明であるが、妹のや娘のとの年齢差などから、生きていれば40代前半あたりになるので、かなりの若さで死んだことがうかがえる。 元は、『Summerラディッシュバケーション!! 』のの1人であり、『Snowラディッシュバケーション!! 』のプレイヤーキャラクターである、 (いのう かぐら)である。 本編では直接明かされず、面識もないが、誠とは異母姉弟の関係にあたる。 加藤 撫子(かとう なでしこ) との母親。 名前は『Shiny Days』での夏日の台詞から明らかになった。 『Cross Days』では、怒らせると怖い性格であると路夏が発言しており、夫と夫婦喧嘩した際にはバイクを持ち上げていたらしい。 路夏の母(ろかのはは) の母親。 娘の路夏に似た容姿をしている。 本名は不明。 『Shiny Days』で姿が明らかになる。 原巳亭という飲み屋を経営しており、とは割と長い親交にある模様で、彼のシャンパンコールを見に来た姿が描かれている。 『Cross Days』では、後姿と声のみの登場ながら乙女の父親と不倫関係にあったことが明かされており、それが原因で自身の娘の路夏と乙女が非常に険悪な間柄となってしまっている。 子供達 Shiny Days [ ] 誠と刹那の子 『Shiny Days』のハーレムエンドの1つ「四人のパリ」で、刹那が身籠る子。 誠と踊子の子 『Shiny Days』のハーレムエンドの1つ「四人のパリ」で、踊子が身籠る子。 誠と舞の子 『Shiny Days』のハーレムエンドの1つ「四人のパリ」で、舞が身籠る子。 その他 Shiny Days [ ] 池田(いけだ) の中学時代の同級生。 メガネを掛けている。 中学時代に周囲の女子の人気を独占していた誠のことを、他の男子学生の同級生達と共に毛嫌いしている。 最近、中学時代の同級生であった女子の 冷泉(れいぜい)と付き合い始めている。 の話によると、中学生時代に誠と井伊が慕っていた教師の有馬がいなくなったのを機に、誠を毛嫌いするようになったという。 二条 四七葉(にじょう しなは) 二条 四九葉(にじょう しくは) 二条 五十葉(にじょう ことは) 二条 五三葉(にじょう こみは) 二条 五七葉(にじょう こなは) 全員が、、、、三葉、四葉の妹達。 (叔母)と同年代であり、仲が良い。 全員、外見は姉達と同じらしい。 そに子(そにこ) 声 - ラディッシュのアルバイト店員。 本来はのイメージキャラクターであり、はによるものである。 詳細は、名前のリンク先を参照。 白雪(しらゆき) ラディッシュの厨房スタッフ。 そに子の送別会には都合で参加できなかった。 さくややりんと同様、「」からのオマージュ出演。 『野球拳』から登場 [ ] 『野球拳』の主人公 声 - 不明 『野球拳 STRIP ROCK PAPER SCISSORS』 とその製品版『』で、「日々のはざま」へ迷い込んだ のうち1人と出会い、のを依頼される少年。 同行や対決の最中における乙女の取り巻き達の台詞から彼女達と同世代であることがうかがえるが、 を倒した後にはとも受け取れるシーン が描かれるため、本名や容姿に加えて実在しているかは不明である。 『野球拳 STRIP ROCK PAPER SCISSORS』では野球拳の代打ち役でしかなかったが、『野球拳 Strip Battle Days』では倒した相手とのセックスシーンも描かれている。 誠と萌子の子 『Strip Battle Days 2』の一部エンディングにて、萌子が身籠る子。 誠と恭美の子 『Strip Battle Days 2』の一部エンディングにて、恭美が身籠る子。 誠と二喜の子 『Strip Battle Days 2』の一部エンディングにて、二喜が身籠る子。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• のにが存在するが、これは全くの偶然である。 多量の使用済みティッシュペーパーやコンドームが周囲やゴミ箱へ投げ捨てられている光景など、事後の間接的な描写も含む。 「死」と記述することによって騒動が発生することを懸念し、「誠氏ね」と表記されることもある。 多数が存在する。 詳細は、を参照。 同頁のメイザーズぬまきちへのインタビューによれば、物語の作風にそぐわず、誠の印象も酷くなるためにカットした旨が説明されている。 これを受け、『』発売後のBugBug増刊『』(、)では、表紙に半裸の路夏を抱き寄せて愛撫する誠の姿が、特集に自らとのを悦ぶ全裸の彼女を勇気へ見せ付ける誠の姿が、それぞれによって描き下ろされた。 『School Days』のPC版制作発表当時のデモムービーまでは、が演じていた。 詳細は、を参照。 『School Days』のPC版では「新湾岸線」 Wangan New Line と表記されているが、以降の媒体では「湾岸新線」 Wangan-shin Line へ改訂されているため、本項でもそれに準じている。 ただし、部員はのみ。 また、PS2版の追加部分についてはメイザーズぬまきちもごとうじゅんじも当時はTVアニメ版の制作に追われていたため、勝手に付け加えられたことを言外にほのめかしている。 『School Days』のPC版制作発表当時のデモムービーまでは、上野みつきが演じていた。 詳細は、を参照。 開発スケジュールの都合から、言葉の幸福なルートやエンディングの多くが制作を見送られたことが、『』で語られている。 はにおけるのそれと同一。 その際、世界が過ちを起こした動機について、「自分をいい子だと周囲に思わせたかったから」と看破した。 『School Days』のPC体験版までは、が演じていた。 詳細は、を参照。 の引退による代役。 『Cross Days』までの作中、誠の子を身籠るだけでなく抱き抱える姿も描かれたヒロインは、光のみである。 なお、このルートでの誠は光のとなったことを隠しながら世界との交際を続けていたため、後に撮られた親子3人の写真には彼らの後方で悔し涙を流す世界の姿が映っている。 第二理科室での詳細は、『無料配布Days』で補完されている。 セックスの顛末やその後までは描かれないため、妊娠については不明。 誠とが結ばれるルートでは、2人のために助力する一面も見せる。 その注釈では、同頁の編集者に「彼女たちと誠の絡みがカットされたとは…残念ッッ!! 」と強く惜しまれている。 ただし、は世界や言葉と違って最初から描かれていない。 その光景が伊藤家で日中から夜更けまで会しての4Pであったことは、ごとうじゅんじが同人誌『無料配布Days』に短編漫画として描き下ろしている。 また、4P当日に着てきた私服は初出しであることが、で明かされている。 本編には登場しないが、にはの待ち受け画面へ他のヒロイン達と同様に登場する。 ごとうじゅんじは、で「両サイドに出っ張った『マンタ()』のような髪」と称している。 この時点での誠は、階上のでとの密会を済ませた直後である。 詳細は光の項目を参照。 一般公開済みの設定画にはを外した姿が存在しないが、ごとうじゅんじはでそれを捲り上げて額を見せる姿を描いている。 その理由は『無料配布Days』内の短編漫画で補完されており、4P中に来実だけは満面の笑みすら浮かべながら誠の性的能力を悦ぶ姿や、それを終えて帰路に就く夜更けの玄関先で満足そうに伸びをする姿が描かれている。 その人数は、誠の携帯電話のアドレス一覧数ページ分にも及ぶほど。 メイザーズぬまきちいわく、「顔の設定は存在する」とのこと。 DVD第1巻のには、クラス一覧が掲載されている。 発売前に公式サイトで公開されたが、それからまもなくの項目は紹介ページごと削除された(理由は不明)。 しかし、後に『Cross Days』の発売を記念して『』で行われたには、「田中密」で登録されている。 は公表されていないが、・『Summer Days』の小説版・では、「伊藤」と表記されている。 また、媒体によっては名前が同じ漢字1文字であるとの区別のため、「 いたる」と表記されることもある。 誕生日は旧暦におけるのそれと同一。 媒体によっては、「 桂父」と表記されることもある。 PS2版では光の専用ルートが削除されているため、登場しない。 『Little Promise』では「 松方 陟」と表記されているが、『Cross Days』以降の設定では「松方 昇」へ改訂されているため、本項でもそれに準じている。 誠とが相思相愛のセックスで結ばれる姿が描かれた後、ゲーム本編の様変わりに期待する姿の愛を、同じくちびキャラ姿のやが冷ややかな目で睨むというオチが付いている。 誕生日は旧暦におけるのそれと同一。 原由菓の引退による代役。 盛り込む予定すら無かったことが、で明かされている。 父方の家系で見た場合、誠とは異母姉弟の血縁関係にある。 同頁のメイザーズぬまきちへのインタビューによれば、刹那を主役にするためにカットした旨や、その名残が本編のSMオチである旨が説明されている。 『Cross Days ビジュアル・ファンブック』には、その後日談とうかがえるごとうじゅんじの描き下ろし漫画が掲載されている。 『School Days』のHQ版では、『Cross Days』と同じ容姿へ変更された。 相手は不明。 BugBug2009年5月号に掲載された小説版の挿絵で明かされた後、ゲーム版の本編でも明かされた。 故人のにが存在するが、これは全くの偶然である。 TVアニメ版『School Days』では誠と同じ1年3組のクラス一覧に「 遠山 竜一」と「 松平 雅夫」が記載されているが、この2人が『Cross Days』でのとに相当するかは不明。 『』に登場。 同母妹の一葉や二葉は無論、路夏は中学時代の同級生、『Summer Days』や『Shiny Days』では世界や刹那、いのりと面識を持つ。 を務める際には髪を解き、ストレートロングヘアとなる。 乙女の取り巻き達のうち1人が勝利の喜びから一転して眠りに落ち、にで叩き起こされる。 出典 [ ]• の1つ「すべてあきらめて」における、との会話より。 リンク先でのイラストでは以下以上となっているが、併記されたコメントにもあるように、腕力描写の全てがこれに該当するわけではない。

次の

清浦刹那とは (キヨウラセツナとは) [単語記事]

スクール デイズ 相関 図

あす楽対象でしたのであす楽選択しましたが、購入後にイベント出品?の為対象外になると連絡頂き到着には3日かかりました。 住所確認の為、返信してほしいとの事ですぐに返信しましたが、なかなかお返事頂けずこちらから3度目の連絡で急遽休業していたので遅れましたとの事でした。 少し不安なお取り引きでしたが、手書きのお手紙は嬉しかったです。 商品も気に入りました。 ありがとうございました。 ですが他店よりはお値段もお安く満足してます。 ありがとうございました。 b2kopi. htm 日本人が経営しているスーパーコピー最高品質(N 級品)ブランド コピー新作最新入荷,ブランド コピー,スーパーコピー,スーパーコピー財布, スーパーコピー 代引き,エルメス コピー,激安ブランドの財布等素晴らしいスーパーコピーブランド専門通販店、大人気ブランドコピー時計 ショルダーバッグトートバッグ財布を海外激安通販!ブランド コピー 当店はスーパーコピー代引きを販売しているスーパーコピー時計ブランド専門店です。 N 級のパネライ時計コピー、ロレックス時計コピー、オメガ時計コピー、ウブロ時計コピー、 IWC時計コピー等。 世界一流 ブランドスーパーコピー時計を取り扱っています。 スーパーコピー時計業界最も人気のブランド N級品 販売通販専門店、精巧に作られた のスーパーコピー財布とバッグとジュエリー、ブランド コピー ロレックス、ヴィトン、パネライ、ウブロ、IWC 等ブランドコピー腕時計2019新作、品質保証、楽天ブランドコピーは業界最高品質に挑戦! 全商品はプロの目にも分からないスーパー コピーN品です。 cocolv8. html 15:00 -見積もりのご案内ホーバーホールの基本料金を他社と比較すると、一番リーズナブルな設定となっています。 それをすべて解消できる唯一のツールがギャランティーカードです。 当然、新作も定期的に出るため、マニュアル化が追いつかず、本体に型番を刻んでいないのも「ラインが多すぎて型番を打たないようにしたのでは? 当店で分解掃除やメンテナンスをした時計であれば、当店技術者が機械内部の状態を把握しているため、保証期間を過ぎてしまっても、不具合や故障に対して部分的な修理など、その時計の状態に合わせた柔軟な修理内容のご提案が可能です。 」でもお伝えしたように、オメガは人気ブランドが必ずやっている、時代に合わせた内部改善に取り組んでいます。 銀行振込・クレジットカード払い・代金引換(代引き)のいずれかをお選びいただけます。 」を入れて検索すると値段が出ます。 首都圏と地方、国内と海外で査定額に差が生じてしまうため、最大9社(国内外)と交渉して一番高い査定額で買取を行なっている。 シーマスターのコラボですと「007」のジェームスボンドが特に人気ですので、限定商品・コラボ商品を【高額査定】を実施中です。 ところが、限定品なので高額査定になるはずが、通常のスピードマスターと似ているため間違えられたり、 正規のものにはあるワッペンがないだけで、査定が一気に下がってしまうのです。 これは非常にもったいない! しかし、次第に英姫らと出会い、日常の幸せを知り、晴が安楽を求めるようになると、WILLはその力を奪い始めました…。 オメガは世界的に見ても技術力がある時計メーカーで、日々進歩を続ける独自技術を時計へ落とし込むのが上手だ。 ウブロの時計の買い取り価格が下がっている、その3つの理由とは? プロフェッショナルシリーズは、かつては15万~20万円程度と、非常に割安の買取価格でした。 」と思われるかもしれませんが、オメガの時計は非常に種類が多く、人気ラインのスピードマスターに限っては、限定品も含めると100以上になります。 プロプロフ ブレスレットやセイリング ブレスレットはどちらも、オメガの時計、そしてセイリングやダイビングと関わってきたオメガの歴史と深く結びついています。 ギャラがない場合は型番を特定するのに時間がかかってしまい、ベテラン鑑定士でも20分、経験の浅い鑑定士なら1時間以上かかることも。 こうした場合、鑑定士は経験からアタリで型番を推測し、公式サイトやネットなどの画像と照らし合わせて型番を割り出していきます。 日本最高級高品質ロレックス・ブルガリ・ルブタン・シャネル・ウブロ・ガガミラノ・オメガ・ルイヴィトンスーパーコピーN級品激安販売通販専門店taka78. taka78. html ルイヴィトン 財布 コピー 代引き激安市場! 2019超人気 ルイヴィトン スーパーコピー代引き ルイヴィトン 財布 コピー 代引き激安市場! 当店は信頼できるルイヴィトン コピー代引きの激安通販店です。 2019 高品質ルイヴィトン バッグ コピー、ルイヴィトン 財布 コピー 代引きなどの商品が低価格でお客様に提供します。 cocotu009. html.

次の

四次元の箱庭|表紙絵・あらすじ・登場人物紹介・相関図|NOVEL DAYS

スクール デイズ 相関 図

主人公とメインヒロイン2人を中心にした三角関係とその末路が描かれた内容となっている。 7月から同年9月まで、などで全12話が放送された。 現在は全話を収録したシリーズが発売されている他、や配信が行われている。 ストーリー [ ] へ通う は、以前から同じ通学電車に乗る のことを気にかけていた。 そんなある日、誠は学園に伝わる「好きな相手を携帯電話の待ち受け画面にして、3週間隠し通したら想いが叶う」というを実行したものの、その日の内に隣席の に見つかってしまう。 事情を知った世界はお詫びという名目で、誠と言葉の間を取り持つこととなり、2人はめでたく交際することとなる。 しかし、2人の関係はすれ違いの連続で、誠は次第に言葉との交際を疎むようになる。 一方で、たびたび助言を授けてくれる世界に欲情するようになる。 そして世界もまた、徐々に秘めていた誠への想いを抑えられなくなり、遂には彼とを結んでしまう。 その一方で誠は自制心を失い、次々と他の女子とも肉体関係を結んでいく。 物語終盤には世界からしたと打ち明けられ、誠は校内で居場所を失って孤立する。 世界は誠が戻ってくることに期待するが、逆に彼は言葉とヨリを戻していく。 そしてを提案されたことに逆上し、世界は誠を刺殺してしまう。 その後、誠の遺体を発見した言葉は、死んだはずの誠を装って世界を呼び出して殺害し、切断した彼の頭部を抱えながらで海の彼方へ消えていった。 制作 [ ] アニメ化の企画については、発売以降たびたび上がっていたが、その大半が「いかに惨劇を回避するか」という内容であった。 そんな中、の「とにかくショッキングに行きたい」という惨劇ありきの案が採用され、制作開始となる。 監督のも「最初からだけは考えていませんでした」と述べている。 こうして完成したTVアニメ版は、メインキャラのを中心とした壮絶な愛憎劇に仕上がり、を務めたオーバーフロー代表・も「100点と言えるくらい」と評価している。 はによって一新され、肉感的かつ大人びた絵柄となった。 中でも「肌の」が見直されており、物語序盤ではエピソードごとの違いが見て取れる。 ただし、第11話以降は意図的に原作と同じ色味へ変更された。 作品の性質上、登場キャラクターの多くは負の面が強調され、とりわけ主人公の誠に関しては、のの発案で「最低な奴」として描かれている。 例として、世界が誠に妊娠したと告げるシーンでは、「何でもっと早く言わなかったんだよ」と誠が応じる原作に対し、TVアニメ版では妊娠したこと自体を激しく責め立てるセリフに変更されたうえ、で気持ち悪くなった世界を放置するシーンが追加されている。 ストーリー序盤から性的描写が多かったうえ、中盤以降は描写が露骨となっていき 、では第9話以降に視聴年齢制限が設けられた。 なお、本放送時の第4話以前のには世界と言葉の時に が映っていたが、第5話以降は映らないように処理が施されている。 次回予告では、携帯電話の画面を通じて文字でが発表されるだけで、内容についてはいっさい触れられず、音声もない。 また、次回予告の直後には「この作品はであり、登場する人物や、地名、学校名は架空のものであります。 」というが流れていた。 スタッフ [ ] 主なスタッフはTVアニメ版とOVA版で共通。 原作 -• 監督 -• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン、総作画監督 -• プロップデザイン - 岩畑剛一• 美術監督 - 、鈴木恵美• 色彩設計 - 鈴城るみ子• 撮影監督 - 沢直人• 編集 - 櫻井崇• 音響監督 -• 音楽 -• プロデューサー - 、後藤政則、小池克実• アニメーション制作 -• 話数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督 エンディング曲 収録DVD 1 告白 ウソツキ 第1巻 2 二人の距離 喜多幡徹 李政權 愛のカケラ 3 すれ違う想い 阿宮正和 中島美子 ワルツ 第2巻 4 無垢 清水一伸 村山公輔 記憶の海 5 波紋 日暮茶坊 上江洲誠 久保太郎 清水勝祐 Look at me 第3巻 6 明かされた関係 秋月ひろ 田中宏紀 涙の理由 7 前夜祭 則座誠 竹腰充保 記憶の海 第4巻 8 学祭 名田ユタカ こでらかつゆき 吉田俊司 内原茂 ウソツキ 9 後夜祭 名田ユタカ 上江洲誠 阿宮正和 中島美子 あなたが…いない -remix ver. - 第5巻 10 心と体 秋月ひろ 上江洲誠 渡邊哲哉 李政權 涙の理由 11 みんなの誠 金澤勝眞 清水一伸 村上真紀 服部憲知 ワルツ 第6巻 12 スクールデイズ 元永慶太郎 ごとうじゅんじ 田中基樹 Still I love you 〜みつめるよりは幸せ〜 放送局 [ ] 地上波各局については第12話が放送休止となったため、第11話までの放送期間を記載している。 その際、にも大きく取り上げられた ため、その内容が話題となった。 tvkでは最終話の差し替え番組としてが放送された が、その中でを航行していたの画像が英語圏の「」へ投稿されて「 Nice boat. 」というコメントが付いたことが話題となり 、のワードランキング(2007年 - )で第10位 に、の『』(2007年)で第5位 にそれぞれランキングされた。 これを受け、オーバーフローは2007年冬の(以後、「コミケ」と表記)73で、「Nice boat. 」を自社ブース名として使用している。 なお、その際には自社ブースでごとうじゅんじによる18禁『無料配布Days』が商品購入者へ先着順で無料配布された。 詳細はを参照。 地上波の1週間遅れで放送中だったAT-Xでは、朝帯や昼帯の放送分は第11話のへ差し替えられたうえ、夜間帯のみの放送となった。 また、同日にはでオーバーフロー主催のも行われた。 これには当初、「 未開封の『』か『』を持参する」という参加条件が告知されていたが、参加希望者やファンから批判の声が相次いだため、「開封済商品持参でも参加可能」と変更された。 こういった話題が生まれた最終話について、言葉の担当声優のは「こんな結末ですけど、やってて楽しかった」、世界の担当声優のは「平川さん(主人公・伊藤誠役)の死にっぷりが素敵で、そのおかげでテンションがすごく上がった」とそれぞれ述べている。 この事例を分析した、の学術研究も存在する。 また、2011年5月号の漫画『』では登場人物が本作のを行う上、「Nice boat. 」がセリフに登場する [ ]。 その後は目立った動きはなかったが、2011年には『』でイベント『【R-18】ニコニコアニメスペシャル DVD版「School Days」一挙放送』が行われた。 DVD版マスターを用いてのネット配信や全12話完全放送、そして 18禁指定 は、今回が初である。 そういった要素に加え、運営も上記の「Nice boat. 」やそのをコメントに用いたことから大反響を呼び、来場者数は25万人超 、コメント数は1,041,936 を記録した。 イベント終了後には『』の宣伝生放送が行われ、メイザーズぬまきちが出演した。 が販売を担当。 各巻とも版と称され、TV放送版よりクオリティ向上や描写解禁を施されたバージョンが収録されているが、第12話が特にその傾向を色濃く出した凄惨な内容であることから、第6巻パッケージには購入者に注意を促す警告シールが貼付された。 なお、レンタル版は音声のみの修正となっている。 巻数 発売日 規格品番 初回版 通常版 1 AVBA-26488 AVBA-26495 2 2007年 AVBA-26489 AVBA-26496 3 2007年 AVBA-26490 AVBA-26497 4 2007年 AVBA-26491 AVBA-26498 5 AVBA-26492 AVBA-26499 6 2008年 AVBA-26493 AVBA-26500 DVD版全12話と後述のOVA2作品をBD2枚に収録したBD-BOXとして、に発売。 規格品番はAVXA-62281〜2。 OVA [ ] Valentine Days [ ] 同梱特典として『 Valentine Days』(バレンタインデイズ)のタイトルで特別編が制作された。 本作は、TVアニメ版のに相当する(ただ、TVアニメ版がの時期で終わったのに対し、本作はの話であるなど、時間的な連続性はある)。 内容も、尺こそTV本編の1話分に満たない ものの、が・・・・・と仲良くに浸かっていたり、を巡る応酬が仕立てであるなど、至って明るめな内容となっている。 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 マヨちゃん デザイン PS2版特典 Valentine Days 秋月ひろ、上江洲誠 葛谷直行 元永慶太郎 、、北野幸広 年明けの山間の。 そこで、 誠・ 世界・ 言葉・ 刹那・ 乙女・ 光・ 七海・ ・ 心は、年内とは異なる穏やかな時間を過ごしていた。 その後日、「」で世界・刹那・乙女・光・七海の間に、で言葉と心の間に、バレンタインデーの話がそれぞれ持ち上がる。 そして。 夕暮れので、乙女を皮切りに誠争奪戦の火蓋が切られた。 世界や言葉も加わった危険な様相に、誠は泰介への告白を準備していた光を弾き飛ばす勢いで3人から逃げ始めるが、大人の色気を醸した姿の や自らをで包んだ心の参戦も災いし、へ追いつめられる。 まもなく、世界・言葉・乙女の危険なを一度に食べさせられて力尽きた誠を余所に、女性陣5人はに期待しながら去っていった。 満身創痍となった誠はへ逃げ延びるが、刹那から純真な想いを込められた小さなチョコレートをもらえたことに喜んだのも束の間、彼の前には自身より巨大なチョコレートが置かれる。 それは、に目覚めた泰介からのものだった。 世界役のと言葉役のによる付きのTVアニメ版ダイジェストなどが特典映像として収録されている。 略称は『 マジころ』。 原作やTVアニメ版の登場人物とネタを使ったパラレルワールドであり、オーバーフローの『 特報! スタッフや声優達がTVアニメ版の制作や収録の最中に話していた小ネタも設定に盛り込まれており 、原作のの1つ「鮮血の結末」が巨大なの必殺技名にされたり、アニメ最終話放送休止の際に話題となった「Nice boat. 」 がラディッシュ機動部隊の乗るの表面に記載されるなど、として楽しめる内容となっている。 ある日、 とその部下の が散布したによって、榊野ヒルズ商店街の一般市民達が と化す。 出動したラディッシュ機動部隊は、エロエロゾンビに追いつめられていた 乙女や を救出しようとして窮地に陥るが、そこへ現れた によって救われる。 しかし、ドクターSは田中を 切ないんだー田中号へ巨大化させ、マジカルハートを圧倒する。 そこへさらに現れた はマジカルハートと共に巨大な マヨちゃんへ合体すると、超必殺技「鮮血の結末」で切ないんだー田中号を撃破する。 形勢逆転を重く見たドクターSは捨てゼリフを残し、撤退していくのだった。 インターネットラジオ [ ] 『 Radio School Days』のタイトルで、TVアニメ版の放送開始に先立ち、2007年よりとにて配信された。 全40回。 パーソナリティは、役のと役の。 配信期間 - -• 配信サイト - ・• 配信曜日 - 毎週金曜日(音泉では翌週水曜日)• ファイル種類 - ・. smi 提供コールはないが、とのが流れる。 コーナー [ ] 第3回からは、パーソナリティの心を動かす投稿に対して、「School Daysグッズ」(主に)が贈呈されることになった。 ふつおた アニメやラジオの感想・質問から日常の出来事まで。 TVアニメ版の初回限定版に同梱されている「出張版」では、各2話ずつに収録されている内容に関するが含まれている。 みんなのSchool Days 学校での思い出、学校での出来事など、学校にまつわる話題を語るコーナー。 誠の国から 恋人への別れの切り出し方をおもしろおかしく語るコーナー。 行列のできる妄想恋愛相談室 「もし、こんなシチュエーションが起こったら」という妄想をもとに恋愛相談をするコーナー。 ゲスト [ ] ラジオの他にDVDの特典などに出演経験がある• (清浦刹那役)・( 7、 8、DVD第3巻特典『補習ディスク三時間目』、特典『出張版〜ここはスクイズ おもいッきりCD〜』、ラジオCD Vol. 3「二組以上の落下傘部隊」)• (伊藤誠役)・( 9、 10、 31、 32、 38、 39、DVD第1〜5巻特典『補習ディスク一〜五時間目』、ラジオCD Vol. 3「二組以上の落下傘部隊」)• (澤永泰介役)・( 9、 10、 39、DVD第2巻特典『補習ディスク二時間目』、DVD第4巻特典『補習ディスク四時間目』、DVD第6巻特典『補習ディスク六時間目』)• (甘露寺七海役)・( 37、 38、ラジオCD Vol. 2「二組だけの社会科見学」)• (桂心役)・( 21、 22、 25、ラジオCD Vol. 3「二組以上の落下傘部隊」) ラジオには出演していないが、DVDの特典などの出演経験がある• (加藤乙女役)・(DVD第5巻特典『補習ディスク五時間目』、ラジオCD Vol. 1「二組だけの体育祭」)• (黒田光役)・(DVD第6巻特典『補習ディスク六時間目』、ラジオCD Vol. 1「二組だけの体育祭」)• (小渕みなみ役。 原作・TVアニメ版エンディングテーマ担当)・(ラジオCD Vol. 2「二組だけの社会科見学」) ラジオのみ出演経験がある• (駅アナウンス、田中一郎役)・( 25、 26)• (原作・TVアニメ版エンディングテーマ担当)・( 31、 32)• (TVアニメ版エンディングテーマ担当)・( 31、 32)• (プロデューサー)・( 39( 33ではメールが紹介された)) その他(一般メールとして番組中に紹介された)• (漫画版作画)・ 13• (キャラクターデザイン、総作画監督)・ 15• (代表)・ 35 携帯アプリ [ ] 『 スクールデイズ麻雀』のタイトルで、公式サイト「萌きゅあっと」内にて2008年6月26日より配信が開始された、2人打ちゲーム。 ウインライトが制作を、オーバーフローが監修を担当している。 原作ではなくTVアニメ版を原作としているため、ここに記述する。 「世界編」と「言葉編」の2種類があり、利用料金はそれぞれ315円。 「相手に鳴かれる」「捨て牌がダブる」「先にされる」など不利な状況になると「ヤンデレゲージ」が増加し、それが最大に達すると「ヤンデレモード」が発動。 この状態で和了すると、役や得点に関係なく和了した方が勝つという、「FATAL FINISH(フェイタルフィニッシュ)システム」が搭載されている。 また、同サイトによる「アニメファンが選ぶ『最終回にもっとも衝撃を受けたアニメ・漫画』TOP20」では、第1位の『』に次いで本作が第2位となった。 2016年4月2日にの枠で放送された、単発バラエティ番組『有名人が初めて話します!とっておきランキング ここでしか聞けないヒミツの話30連発』 では、のコーナー「アニメ女子が選ぶラストが衝撃!切なすぎるアニメランキングベスト3」で第1位の『』と第3位の『』と並び、本作が第2位として紹介され、最終回の一部シーンが使用された。 この放送によって本作のタイトルがのトレンドに入るなど話題になったことについて、オーバーフローは公式Twitterで改めて原作シリーズについての説明を行い 、ごとうじゅんじも自身のTwitterでこのことを取り上げた。 アニメや漫画に関するニュースやレビューをまとめたイギリスのウェブサイト・UK Anime Networkにおいて、編集長のAndy Hanleyはテレビアニメシリーズに対し10点中7点を付けた。 さらに「高校での恋愛ものを完全に覆した内容で、不穏で気味が悪い。 しかし奇妙にも独自のやり方で視聴者を惹きつける」と評価した。 アニメ作品のレビュー・サイトであるTHEM Anime Reviewsでは、レビュワーのTim Jonesがあまり良くない作品を意味する星1つ(満点は5つ)を付け、「度の過ぎた、考えの浅い、薄っぺらな」登場人物を引き合いに出しながら、アニメのスクリーンショットやエピソード・ガイドを閲覧したときには「『School Days』という作品は魅力的に見える」ものの、アニメシリーズは「不快にさせる内容で、ばかげていて、たちが悪い」とし、主人公の誠についてJonesが「今まで観てきたアニメ作品の中で最大級に卑劣なやつの一人に違いない」と言及した。 2015年6月12日、中国の行政部門である(現在の)が国内で規制する38のアニメ・漫画作品のうち、『School Days』を規制対象の一つとした。 各話紹介や裏話、考察の他、らスタッフへのインタビューも掲載。 TVアニメ版のノベライズ。 、の両ヒロインの視点から描かれた物語。 劇中では伝わりづらかった2人の心情が明らかとなっている。 上記の性質上、TVアニメ版でのみが関わるイベントは描かれていない。 CD [ ] 詳細は「」を参照 School Days オリジナルサウンドトラック 発売元 - ランティス 盤。 原作と同名のタイトルで1枚ずつ発売された。 ただし、『二人のクリスマス』『悲しみの向こうへ』『Still I love you 〜みつめるよりは幸せ〜』は未収録。 School Days DRAMA CD Vol. 1 ヒ・ミ・ツの花園 発売元 - ランティス ドラマCD。 定期試験へ向けた勉強会のために、清浦家を世界・・光、そして言葉が訪れる。 言葉のセリフから時間軸はTVアニメ版第2話以降であることが窺えるが、刹那・七海・光の3人が誠と言葉の関係をこの話の中で知るという展開がTVアニメ版本編と矛盾するため、設定上ではと見なされている。 陣はTVアニメ版と同じ。 また、TVアニメ版本編では未登場だったが登場している。 School Days DRAMA CD Vol. 2 恋のノ・ウ・ハ・ウ 発売元 - ランティス ドラマCD。 Vol. 1では世界の視点で進められたが、Vol. 2では言葉の視点で物語が進められる。 また、このCDから言葉の妹のが登場している。 ラジオCD「Radio "School Days" CD Vol. 1 二組だけの体育祭」 2007年発売。 0 - 13回放送分をデータに再編集したデータCDと「二組だけの体育祭」というタイトルのオーディオCDを収録した2枚組。 オーディオCDである特別版のゲストは、と。 リリース紹介を行う際には、が「メインがデータCDでオーディオCDはオマケ」と語っていた。 また、河原木志穂が「2枚組」と語った際には、が「ガッカリだ」と呟っていた(理由は不明)。 ラジオCD「Radio "School Days" CD Vol. 2 二組だけの社会科見学」 2008年発売。 14 - 26回放送分をmp3データに再編集したデータCDと「二組だけの社会科見学」というタイトルのオーディオCDを収録した2枚組。 オーディオCDのゲストは、と。 ラジオCD「Radio "School Days" CD Vol. 3 二組以上の落下傘部隊」 2008年発売。 27 - 39回放送分をmp3データに再編集したデータCDと「二組以上の落下傘部隊」というタイトルのオーディオCDを収録した2枚組。 ラジオCDの完結編である。 オーディオCDのゲストは、・・。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 原作では誠とのが成立しなかった乙女の取り巻きたち( ・ ・ )にすら、TVアニメ版ではしたことを示唆する描写が追加されたほど。 1月開始の再放送では初回から視聴年齢制限が設けられ、放送枠も夜間のみとなった。 ただし、色は付けられていない。 『ヨーロッパの風景』という番組名で、当局の戦中継早期終了時の穴埋め番組としても使用されていたもの。 イベント終了時点での来場者数。 タイムシフト放送終了(23:59)時点では、29万人超へ増加した。 イベント終了時点でのコメント数。 タイムシフト放送終了時点では、再集計されて1030458へ減少した。 オープニングとエンディングを含めても、約18分強しかない。 オーバーフローの。 出典 [ ]• 2』三才ブックス、2008年 付録『まじカル! 2008SP』、p. 15より。 『現代視覚文化研究 Vol. 2』三才ブックス、2008年 付録『まじカル! 2008SP』、p. 13より。 『現代視覚文化研究 Vol. 2』三才ブックス、2008年 付録『まじカル! 2008SP』、p. 14より。 : p. 2007年9月22朝刊• : p. 2007年9月26日東京夕刊• 青山祥子 2007年10月26日東京朝刊. : p. 2009年. 白山社会学研究 16: 56-71. 「」 AV Watch、2008年12月1日より。 電撃萌王ドットコム 電撃萌王ブログ. アスキー・メディアワークス 2008年7月2日. 2011年11月23日時点のよりアーカイブ。 2014年1月30日閲覧。 UK Anime Network. 2018年12月25日閲覧。 Tim Jones 2010年3月25日. THEM Anime Reviews. 2018年12月25日閲覧。 SBS PopAsiaHQ 2015年6月12日. Special Broadcasting Service. 2018年12月25日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の