個人 的 バイク。 《コスパ編》“5つ”の『低』が魅力!? 原付二種スクーターのスタンダードになったのはワケがある!【個人的スズキ最強説/アドレス125 その① 】 (1/2)

[B!] 【12/6】2019年/2020年/2021年に噂の新型バイク、ニューモデルの情報まとめ : 個人的バイクまとめブログ

個人 的 バイク

詳細への追加した。 ただの噂って... 続きを表示 噂になっている新型のとかまとめました。 詳細への追加した。 ただの噂ってもありので、信じない方が良いです。 出る性が高いのをまとめたもありので、このなげぇよ!って方はらでどうぞ。 のの版もあるよ。 気になる方は先でどうぞ。 ごめん。 ニューないに関しては見てね。

次の

[B!] 【12/6】2019年/2020年/2021年に噂の新型バイク、ニューモデルの情報まとめ : 個人的バイクまとめブログ

個人 的 バイク

個人的にはSSチックな見た目の DEMON150GRが気になります。 ロボットみたいなディテールが特徴的ですね。 動画ではレッドですが、ホームページをみるとブルーとオレンジもあるようです。 オレンジって珍しいカラーリングでいいなぁ。 また、ホームページからハンドルやサスペンションなど カスタムパーツも購入できるようです。 他にも、カフェレーサーみたいな感じの GentlemanRacer200とか、マットな感じがカッコいい Legendとか気になります。 GPXのバイクを買うのはアリか? 価格も国産メーカーと比べると幾分安いですし、正規ディーラーがちゃんとあることを考えると、 日本で正規販売されていないインポートバイクを買うよりもメンテナンス面で良い選択肢かもしれません。 軽二輪クラスなので車検もないし、維持費が安く済むことを考えるとセカンドバイクだったり、初心者のエントリーモデルとしていいかもしれませんね。 ありだと思います。 まとめ 個人的に気になっているタイのバイクメーカー、GPXについて簡単に調べてみました。 タイといえばバイク王国のイメージなので、勝手に期待している部分はあるんですが(笑)、今後新しいモデルがでてくるかどうかというのも楽しみです。

次の

《解説編》アドレス125の快適&便利装備を検証します!【個人的スズキ最強説/アドレス125 その③】

個人 的 バイク

比較的大きめの排気量がよろしい様ですね。 見た目がスッキリし過ぎていて、往年のW1Sやコピー元のBSA-A7を知っていると(正直なところ)滑稽にさえ見えますが、乗ってみると意外なほど『クラシックバイク』で、間違いなく『オトコ・カワサキ』でした。 たぶん・・・バイクに単純な速さやコーナリング性能『以外のもの』を求めるなら、このバイクは一生モノになる可能性があります。 SR400の様な『なんちゃってクラシック』『オンナ・コドモのクラシック』ではありません。 尚、W400は死ぬほど遅いです。 250で高性能なモデルの方が速いかもしれません。 がしかし・・・ショートストロークの400㏄ツインという変態エンジンは、往年の欧州製中間排気量車(350㏄クラス)とは違い、『ソコソコ大きい排気量のエンジンをメ一杯ブン回す』感じがあります。 カワサキさん、21世紀の現代でこれが作れるなら、エストレアももっとちゃんと作ってよ、って感じです。 スーパーシェルパ。 オフ車でありながら足着きはいいしハンドル切れ角は大きいし小回りが利く。 あぜ道や工業団地の謎道や砂利道などどこにでも入っていけるから、オンロードスポーツより行ける場所が何倍にも広がる知的好奇心探検マシン。 廃鉱山跡・山の中の桜並木・地元の人しか通らない抜け道・海辺の番屋に下りる道・地図で見つけた林道など、こんなところにこんなものがあったとは…と言う発見が楽しめる。 後年式になるとキャブレターにアンチアイスの電熱ヒーターが組み込まれ、真冬の北海道でも走れる(たぶん)。 大型も持っているが、シェルパばかり乗ってる。 程度のいい中古がなくなってきたのと、オフロード用のフロントフェンダー・純正ハンドガード・純正リアキャリアがメーカー欠品になってしまったことが残念。

次の