ハムスター ペレット 食べ ない。 ハムスターの主食ペレットの与え方。選び方や量、おすすめの種類まで

ハムスターのペレットを砕く方法、団子やふやかし方について

ハムスター ペレット 食べ ない

ハムスターが餌を食べなくなってしまったと悩むひとも少なくないはずです。 突然食べなくなってしまうと心配になりますが、そんなときは与えるペレットに工夫をしてあげ、なんとか食べれるものを食べさせてあげることが必要となってきます。 原因 ハムスターが餌を食べなくなってしまったときには、まずは原因を知ることが大切です。 体に異変はないか、元気はあるのかチェックしてあげたり、食べなくなった時に何か変化はなかったか考えることで対策が見えてきます。 ハムスターによって、好みも性格も変わってくるため好き嫌いが出てきたのか、または飽きてしまったということも考えられます。 スポンサードリンク ペレットの与え方の工夫 いざ餌を食べなくなってしまったとき、与えているペレットにひと工夫してあげることで食べれるようになるかもしれません。 高齢のハムスターは特に歯が弱り固いペレットが食べられなくなってしまうことがあるので、まずは、 ペレットをペンチやハサミを使って細かくしてあげます。 次に、 ペレットをふやかしてみます。 ふやかすことでペレットの匂いが増し柔らかくもなるので、食べやすくなります。 ペレット以外のものは食べるのであれば、 ペレットは粉末状にし、ふりかけにしてみたり、水を加え練り上げることで団子を作ることができます。 こういった、与え方に工夫をしハムスターが少しでも食べれるようになることが第一です。 最初は、食べてくれるようなものを試し、食べてくれるようになったら徐々に元のペレットに戻していくのがベストのようです。 まとめ ハムスターがペレットを食べなくなることは、よくありますが与え方に様々な工夫ができるということが初めてわかりました。 ハムスターによって、好みも性格も体調も違うので様々な方法を試してみること大事です。 食べてくれることが1番ですが、ハムスターにとって柔らかいものばかりを食べることは歯が伸びてしまい危険です。 栄養バランスも考えつつ固いものをしっかり摂取できるように工夫してあげましょう。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

ハムスターにおすすめの餌!食べ物の量や与え方、ペレット、野菜、果物別に紹介!

ハムスター ペレット 食べ ない

出典: 総合栄養食のペレットには、ハムスターの活動に必要なタンパク質や脂質といった基本的な栄養素が含まれています。 体の大きさや活動量に合ったエネルギーやタンパク質を含むペレットを与えることが重要です。 また、ペレットの中には腸管の内容物のニオイを吸収して糞尿のニオイを軽減できるユッカを配合したものや、腸内環境正常化をサポートする乳酸菌やオリゴ糖配合のものもあります。 健康状態を観察して、必要な栄養素を配合しているものを選ぶようにしましょう。 体の大きさに合うものを選ぶ 体の大きなゴールデン系から小さなドワーフ系まで、それぞれの体の大きさに合ったペレットを選ぶことが重要です。 ゴールデン用のペレットは粒が大きいため、ドワーフ系に与えると大きすぎて食べられない可能性があります。 反対に、ゴールデン系にドワーフ用のペレットを与えても小さすぎて歯を使えず、削って整えることができないこともあります。 必要な栄養素もそれぞれ異なるため、体のサイズに合った専用品を用意しましょう。 年齢に合うものを選ぶ ハムスターの年齢に合わせて、必要な栄養素を含んだ食べやすいペレットを選びましょう。 赤ちゃんハムスターは歯の力が弱いので、柔らかいソフトタイプがおすすめです。 少し大きくなってきて成長期を迎えたら、高タンパク・高エネルギーのハードタイプに切り替えると良いでしょう。 シニアに差し掛かる頃には、不足しがちな栄養素を含んでいる柔らかめのものがおすすめです。 便秘や下痢になりやすい場合は、整腸効果が期待できる乳酸菌入りのサプリを加えるなど健康状態に合わせて選ぶことも重要です。

次の

食欲ないの?ハムスターが餌を食べない時は?

ハムスター ペレット 食べ ない

ハムスターたちにとっても健康で長生きしてもらうためには、やはり良い食習慣が大切です。 そこで今回は、ハムスター飼育には欠かせないバランス食「ペレット」に注目して、その選び方のポイントやおススメの種類、ペレットを食べない時の対処法などをご紹介します。 スポンサーリンク まずは…ペレットとは? ハムスターの食事といえば、まず思い浮かぶのが定番のヒマワリの種かもしれません。 たしかにヒマワリの種はハムスターの多くが好むエサではありますが、植物の種子であるため脂肪分が多く、肥満傾向になりやすいため主食には適していません。 では、新鮮なお野菜はいかがでしょうか? レタスやキャベツなどの野菜も嗜好性が高く、多くのハムスターが喜んで食べてくれるエサです。 新鮮な野菜を与えることで水分を摂取することもでき、適度な量を与えることで健康を維持しやすくもなるでしょう。 しかし、乾燥した地域にもともと住んでいるハムスターにとって、生野菜を多く食べ過ぎるとお腹がゆるくなってしまい、体調を崩す原因ともなりかねません。 やはり、生の野菜もハムスターの主食には適してはいないのです。 では、どんなエサを主食に与えたらよいのでしょうか? そんな悩みに応えてくれるのが、ハムスター用の「ペレット」なのです。 簡単に言えば、ペレットとはハムスターに必要な栄養素をバランス良く含み、適度な硬さに固めたバランス栄養食です。 この「ペレット」という表現はハムスターに限らず、犬や猫、他の小動物用のエサとしても同じように様々な食品を混ぜ合わせて固めた製品に用いられる名称です。 つまり、ペレットはハムスター飼育には欠かせない必須アイテムなのです。 主食のペレットを食べてくれない?困った時の対処法 良いことだらけのように感じるペレットですが、いざハムスターに与えてみるとけっこう「食べてくれない…」というお悩みが多いのも事実です。 ハムスターがペレットを食べてくれない原因にはどんな理由が考えられるでしょうか? ハムスターがペレットを食べない原因とは? ハムスターにとっては、ペレットは若干味気なく感じる主食の、例えるなら玄米のようなもの。 栄養は確かに豊富だけど、そんなに嗜好性は高くないというイメージの食べ物なのです。 そのため、ペットショップからお家へ来た時からミックスフードや果物、ナッツ類に慣れてしまったハムスターが、いきなり健康のためにとペレットを与えられても、すぐには食べてくれないというわけです。 また、ペレットを与え始めても嗜好性の高い別のエサも併用して与えていると、そちらのエサだけでお腹を満たしてしまい、結局あまり美味しく感じないペレットには見向きもしてくれないということもよく見られます。 また、ハムスターによっては、病気のために歯が弱くペレットを齧ることができなかったり、ペレットの大きさや固さによって好みが分かれたりする子もいます。 ペレットを食べてくれない時の対処法とは? まず重要なのは、小さいころからペレットが主食であるという意識を持ってもらうように努力することです。 そのためには、ハムスターをペットショップから購入してきたら、年齢の若いうちからペレットを継続的に与えることが大切です。 最初は手からエサを食べたり、エサを食べる姿を見たかったりして、嗜好性の高いヒマワリの種や果物を与えたくなりますが、ここは心を鬼にして健康のためにペレットにまず慣れさせることを目標にしましょう。 私たちもそうですが、年齢を重ねると食習慣を変えるのがより難しくなってしまいます。 また、これまで与えていたミックスフードなどからペレットを主食に変更する場合には、一旦ペレットのみを与えるようにしてみてください。 ハムスターがペレットを食べてくれないと心配になると思いますが、数日間粘ってみましょう。 ハムスターもお腹が減れば、ペレットに手をつけるようになりエサであることをしっかりと認識してくれるはずです。 スポンサーリンク ペレットのふやかし方 それでもハムスターがペレットを食べてくれない場合には、ペレットをふやかして、柔らかくして与えてみましょう。 細かく砕いたペレットを果物などに振りかけて与えたり、水でふやかしたペレットに小動物用のミルクなどを振りかけてみるのもおススメです。 甘い香りに誘われて、ハムスターが食欲をそそられるはずですので、我慢比べで様子を見守りましょう。 この時に注意が必要になるのは、ミルクをかけた場合にはペレットの腐敗も早く進んでしまうため、ハムスターが食べていない場合には、すぐに新しいものと交換するようにしてください。 それでもまだ手をつけてくれない場合には、ペレットの種類を変えてみることができます。 ペレットといっても、大きさや栄養分、固さ、嗜好性などに違いがありますので、なかなか食べてくれない場合には食べやすそうなペレットに変更してみるのもおススメです。 ペレット団子 ペレットにかける水の量を調節しながら、ペレットをコネて団子状にして食べさせる、ペレット団子もおすすめです。 柔らかくなっていて、固形状で食べやすいので、ハムスターもあまり違和感なく食べてくれます。 ペレット団子の良い点は、ハムスターの体調にあわせていろいろな種類のペレットを混ぜ合わせて作れる点です。 ペレットはハムスターの体調に合わせて調合するとなおいいです。 すりばちは大きな物より小さなサイズのほうが扱いやすいので、100均に売ってある小さいタイプがおすすめです。 多すぎるとペースト状になってしまうので、様子を見ながら水を加減しましょう。 わたしはよくここに、オクタコサノールとビタミンEが配合された「スタミノール」を練り込みます。 甘い味付けで嗜好性もいいのでよく食べてくれるようになります。 とくに風邪をひいているときの免疫力が低下した時や、妊娠中、産後は栄養が足りなくなるのでおすすめです。 大きさは普通のペレットサイズになるように調節しましょう。 ハムスターに渡して、これで完成です。 ペレットをなかなか食べてくれないハムスターにおススメの種類とは? ハムスターのペレットを選ぶ際には、欠かせない栄養バランスと共に嗜好性がとても重要な要素となります。 主食として栄養バランスが良く、ハムスターの嗜好性も高いおススメのペレットをご紹介します。 ハムスターフードヘルシープレミアム(日本配合飼料) ペレットの中では柔らかい部類に入り、どの年齢のハムスターも食べやすい固さです。 はちみつなども原材料に含まれており、ハムスターにとって嗜好性の高いペレットです。 粒が小さく、乳酸菌やビール酵母などハムスターのお腹の調子を整える成分もしっかりと含まれています。 ハムスターセレクション(イースター) 各種栄養素の他に、乳類、肉類、魚類のエキスが含まれており、ハムスターが好んで食べてくれます。 初乳成分であるヌクレオチド、アガリクスなどの栄養素も含まれており、含まれている栄養成分は豊富である点もおススメです。 ハムスターフードスペシャルソフトタイプ(日本配合飼料) 日本配合飼料のヘルシープレミアムをさらに柔らかくしたペレットです。 栄養成分的には基本的なものしか含まれていませんが、ペレットとしては柔らかく食べやすいため、固いのが苦手なハムスターにはおススメです。 これだけでは嗜好性はあまり高いとは言えないため、小動物用のミルクを振りかけることでさらに食べやすくすることができます。 まとめ ハムスターの健康を考えて、主食として与えたいペレット。 美味しくて食べやすいものを食べたいというハムスターの本能との根気比べが必要にはなりますが、やはり健康に勝るものはありません。 また、ペレットを選ぶ際にはアレルギーの原因となる物質や、ハムスターにアレルギー反応を引き起こしてしまうような加工過程で製造していないかどうかもチェックしたいものです。 細かな点の確認は難しいですから、ハムスターの健康を考えるなら、信頼できる国産ブランドのペレットを選ぶのがアレルギー反応を引き起こさないという点でも安心でしょう。 ハムスターの健康を維持するために、ペレットを早い段階から賢く用いましょう。 スポンサーリンク - , , , , , , , ,.

次の