孫子 の 兵法 名言 - 孫子の名言集

の 名言 孫子 兵法 「孫子の兵法」を仕事で応用する超基本ポイント

の 名言 孫子 兵法 孫子の兵法要約:仕事に使える点を3分で学ぶ「知らないと損する」

孫子の兵法:勢篇|孫子兵法家 長尾一洋

の 名言 孫子 兵法 孫子の格言・ことわざ

の 名言 孫子 兵法 孫子の名言集

の 名言 孫子 兵法 5分でわかる『孫子』!兵法の内容や意味、名言、おすすめの本などを紹介!

の 名言 孫子 兵法 孫子兵法 名言の間違い

の 名言 孫子 兵法 孫子の名言集

孫子の兵法 名言

の 名言 孫子 兵法 孫子の兵法 敵を知り

の 名言 孫子 兵法 孫子の兵法要約:仕事に使える点を3分で学ぶ「知らないと損する」

孫子の兵法要約:仕事に使える点を3分で学ぶ「知らないと損する」

の 名言 孫子 兵法 孫子の名言集

日本語 意味 名言

孫子の兵法の十三篇の名言を解説「第五章・勢篇」

原文 勢者、因利而制權也 通訳 勢いというのは、 その時々の有利な状況を見抜いて、 に対応する事である。 孫子曰く、地形には、 通なる者有り、 挂なる者有り、 支なる者有り、 縊なる者有り、 険なる者有り、 遠なる者有り。 そんな「孫子の兵法」本の選び方を、「初級編・わかりやすく読める解説本から選ぶ」「中上級編・原文に近い形の本から選ぶ」「応用編・ビジネスに役立つ解説本・実用書から選ぶ」に分けてご紹介します! 「孫子の兵法」は、中国古典として、また現代ビジネス・人生の実用書として長年人々に愛されてきただけに、超訳や意訳本が数多く刊行されているのですが、 「もっと ガッツリ原文を味わいたい!」 「沢山『孫子の兵法』本を読んできたので、ディープに味わいたい!」 という方は、中国古代史研究者の方が訳した本を読んでみましょう。 それが… ズバリ!「 孫子の兵法」ブーム! なぜなら…この『キングダム』の中には、「孫子の兵法」をモチーフにしたエピソードが、ふんだんに飛び出してくるからなんです! 新訂 孫子 岩波文庫 金谷 治(Amazonより) まず… そもそも、「」とは、なんぞや?というところから。 故に能くすれども、之に能くせざるを示し、 用うれども、之に用いざるを示し、 近けれども之に遠ざかるを示し、遠ざかるも之に近づくを示し、 利して之を誘い、乱して之を取り、実すれば之に備え、強ければ之を避け、 怒らせて之を撓しめ、卑しくして之を驕らしめ、 佚すれば之を労し、親しみては之を離し、 其の備え無きを攻め、其の不意を出ず。 解説 は攻めることよりも、 まず自分の足元を固めて 容易に負けない体制を作り上げること、 そして相手が隙を見せるのを待って、 そこを素早く突くことが勝利にとって 大切なことであると説きます。 なぜ守備を優先すべきかについては、 守備を固めることは自分の 努力の範囲内で達成できることだが 攻撃が成功するか否かは、 敵の状況に大きく左右され、 大いに不確実性を含むからだ と本章で説明しています。 其の疾 はや きこと、 風の如く 其の徐 しず かなること、 林の如く 侵掠 しんりゃく すること、 火の如く 動かざること、 山の如く 知り難きこと、 陰 かげ の如く 動くこと、 雷霆 らいてい の如し。 第二章 作戦篇 兵は拙速を聞くも、 未だ巧 たくみ の久 ひさ しきを 賭 み ざるなり 原文 兵聞拙速、未賭巧久也 通訳 戦争には、多少まずい点があっても 早々に切り上げるという例は聞いても、 巧妙な作戦を立てて 長引かせるという例は聞いたことがない。 上司と部下との関係はそうして作られるのである」 <第9章のまとめ> 『危険を予測し常に優位に立ち、部下を育てよう』 第十章:地形篇 この章では戦う場所、地形について書かれています。 大が小に破れた戦いと言えば、 8万のローマ軍が1万の軍に敗れた や、スペインのが 戦力で劣る軍に 地形の利で敗れた、16世紀の の海戦が思い浮かびます。 しかしながら、1972 年、山東省銀雀山 ぎんじゃくざん の前漢時代の墓から出土した竹簡のなかに、現行の 13 編の『孫子』と、後日『孫臏兵法』と名づけられた二つの兵法書が含まれていたことから、『孫子』は孫武の兵学を伝えるものと考えるのが通説となった。 第四章 形篇 善く戦う者は、 先 ま ず勝つ可 べ からざるを為して、 以って敵の勝つ可きを待つ。 その実用性は歴史が証明しており、 例えばの英雄 孟徳は 「吾れ兵書、戦策を観ること多きも、 の著す所は深し」とを絶賛し、 独自の注釈書 魏註 まで残しています。 その後孫武は新しい隊長を選び、もう一回 「右向け右!!」「左向け左!!」をした時には、 全員が全ての号令に完璧に従ったといいます このことがきっかけで、彼は呉の国の将軍となり、 軍師として様々な功績を重ね、孫子の兵法を書くことになったというのが、 最も可能性の高い「孫子の兵法」が書かれた経緯となります。 漫画や小説などの創作物では、 圧倒的不利な状況から、個人的ひらめきや奇策で 強大な敵に逆転勝利する展開が好まれますが、 は、事前の準備によって 勝って当たり前の状況を作り出し、 全く危なげなく勝つものこそが もっとも戦上手であると説きます。 将に五危有り 必死は殺さるべきなり 必生は虜(とりこ)にさるべきなり 忿速(ふんそく)は侮(あなど)らるべきものなり 廉潔(れんけつ)は辱(はずか)しめらるべきなり 愛民は煩(わずら)わさるべきなり さらに将軍が間違いやすい危険の例を5つ挙げています。 現代語に訳して紹介しますと… 「敵兵が杖にすがって歩いているのは、食料不足におちいっているのである」 「水汲みに出てきた敵の兵士本人が、まっさきに水を飲んでいる場合、敵は水不足に陥っているのである」 「敵陣の上に鳥が群がっている場合、敵はすでに軍を引きはらっているのである」 「夜、敵の兵士たちが大声で呼び合っている場合、彼らは、恐怖にかられているのである」 「将軍がぼそぼそと小声で部下に語り掛けているのは、部下の信頼を失っているのである」 戦場において、こういう光景が見られた場合、「孫子」では、迷わず攻めろと言っています。 原文 善戰者、先為不可勝、以待敵之可勝 通訳 戦いの上手い者は、 まず自軍の守りを固めて、 敵が勝つ可能性を無くした上で、 敵が弱点を見せる機会を待つ。 戦争の勝敗は天運に左右されるという考え方が一般的であった時代に、戦争には勝った理由・負けた理由があることを説いた書物であり、計篇 序論 、作戦篇 準備計画について 、謀攻篇 勝利を収める方法 、形篇 攻守態勢論 、勢篇 軍勢の勢いについて 、虚実篇 主導性の発揮について 、軍争篇 敵軍の機先の制し方 、九変篇 戦局変化についての対応論 、行軍篇 行軍について 、地形篇 地形ごとの戦術について 、九地篇 地勢ごとの戦術について 、火攻篇 火攻め戦術について 、用間篇 敵情偵察について の全13篇で構成されている。 世の中には避けられない争いも多々ありますが、 それでもできることならば 話し合いに持ち込んだり、 時には自分の力を見せつけるなどして、 衝突を避けることが、 双方にとって最上の策なのでしょう。 いずれも、地形や戦術によって 勢いを得た軍が勝利しており、 は、国家運営による 体制の充実と並んで、この 「勢」の存在を重要視しています。 「右向け右!!」「左向け左!!」 急にやってきた奴が毎日戦争に備えた訓練をしている自分達に こんな命令をしてきたらどうでしょうか? もちろんそれを聞いた女性達は 「こいつは、何をやらせようとしているんだ?」 「バカなのか?」 と思って命令は聞きませんし、あざわらいを始めます。 ・通(つう)・・敵も味方も行き来しやすい場所 ・挂(かい)・・攻めやすいが撤退しにくい場所 ・支(し)・・・敵も味方にとっても悪い場所 ・縊(あい)・・くびれた場所 ・険(けん)・・険しい場所 ・遠(えん)・・自国から遠い場所 ビジネスで言えば「通」は、誰でも始めやすい再現性の高いビジネスといえます。 第五章 勢篇 凡 およ そ戦いは、 正を以て合い、 奇を以って勝つ 原文 凡戰者、以正合、以奇勝 通訳 およそ戦闘というのは、 正法で敵と対峙し、 奇法で勝利を得るものだ。 近現代に目を移せば、 の は の思想を応用した持久戦略、 遊撃戦略を実践していますし、 1990年の では、 米軍の ノーマン・シュワルツコフ 中央軍司令官が の兵王を取り入れた作戦で 軍に対し短期決戦を成功させています。 ではまずはこの「孫子の兵法」という本が どのような経緯でできた本なのかを 簡単にまとめてみたいと思います! 孫子の兵法とは誰が書いた本? 孫子の「子」という漢字は、「先生」という意味をもっており、 優れた軍師や策略家に使われる敬称を表しています。 第六章 虚実篇 善く戦う者は、 人を致すも人に致されず 原文 善戰者、致人而不致於人 通訳 巧みに戦う者は、 敵軍を思うがままに動かして、 決して自分が敵の思うままに 動かされたりはしない 解説 戦いに勝つためには、相手を 自分のペースに従わせることが 重要であるという教え。 The Art of War : Sun Tzu この名前で世界で知られている本書。 中でも、戦国最強とも名高い 甲斐の がの愛読者であり、 「 風 林 火 山」の四語をの一節から とったとする逸話は有名ですよね。 原文 勝兵先勝而後戰、敗兵先戰而後求勝 通訳 勝利する軍は勝利が確定してから戦い、 敗北する軍は戦い始めてから勝利を追い求める。 それゆえに強くても弱点を見せ、 用意周到であってもそうでないように見せかけ、 近くにいても遠くにいるかのように見せかけ、 距離が遠くても近いように見せかけ、 敵を利用して誘いだし、 敵が慌て乱れている時に取り上げて、 万全なる時も備え、 敵があまりにも強い時は攻撃を避け、 怒っている時は混乱させ、 おだやかな時は強く出て、 のんびりしている時は疲れさせ、 仲の良い時は離れるようにする。 『史記』孫子呉起列伝によれば、孫武は春秋時代末期の斉 せい:山東省 の人で、呉王闔慮 こうりょ:前514~前496在位 に仕えた。 塗(みち)に由(ゆ)ざらる所あり 軍に撃たざる所あり 城に攻めざる所あり 地に争わざる所あり 君に受けざる所あり 「行ってはいけない道もある。 では具体例として、 敵をおびき寄せたい場合には あえて餌となる利益を見せびらかし、 逆に敵に来てほしくない場合には、 敵の進行を諦めさせるような 害悪 不利益 を見せつけよと 説いています。 個人的に、勝負事に強い 過去の知り合いを思い返してみれば、 、スポーツ、 などジャンル問わず、 それと気付かぬうちに相手の行動を コンすることに長けていた人 ばかりだったように思います。 しかし、 孫子は 「弱くても勝てる」 「勝つよりも負けないことが大事」 「時には逃げることも大切」 「なるべく戦争をしない」 等、弱者の立場から生き延びる方法を、とても合理的に説いているのです。 なぜ今も読まれるのか とは中国の春秋~戦国末期に 思想家の によって成立したとされる、 戦における心構えや、勝利を得るための 指針を示したです。 これは現代の職場や スポーツチームにも当てはまることで、 メンバーが最大限の力を発揮するためには、 優秀なリーダーによる、 チームの士気の鼓舞が欠かせません。 同時に、平家物語のように、優れているのにもかかわらず作者が不明というのは、とてもロマンを感じてしまいますね! あなたは如何ですか? スポンサーリンク スポンサーリンク ビジネス洋書にも沢山引用されている。 は、最も強力な軍の形とは、 形を持たない無形であり、 無形であればこそ、 敵は自軍の態勢を推し量ることができず、 反対に自軍は、どんな状況にも 柔軟に対応できるのだと説きます。 善く戦う者は、 之 こ れを勢に求め 原文 故善戦者、求之於勢 通訳 巧みに戦う者は、 兵士の個々の資質ではなく、 戦闘に突入する際の 勢いによって勝利を得ようとする。 解説 は、戦争の本質は相手の思惑を退け 自分たちの利益を確保することにあり、 実際に戦場で干戈を交えること、 つまり戦闘行為は、そのための 一手段に過ぎないのだと喝破します。 解説 ここでいう「奇法」とは 一般的にのが行うような 奇想天外な作戦という意味で捉えられがちですが、 著者浅野祐一氏によると、本来はそれと 異なる意味で用いられているそうです。 参考: 現代のビジネスシーンでも通用する思想 ここまで挙げた例を見てわかるように、 はあくまでも、命のやり取りをする 戦場を想定して書かれた書物ですが、 その分析の深さは、 現代のビジネスシーンにも 十分に通用する部分があります。 兵を形 あらわ すの極みは、 无 む 形に到る 原文 形兵之極、至於无形。 最後に: 本当の戦いとは何か? 本当の生存とは何か? 本当の勇気とは何か? 戦いにも人間力がいる。 故に、能なるもこれに不能を示し、 用なるもこれに不用を示し、 近くともこれに遠きを示し、 遠くともこれに近きを示し、 利にしてこれを誘い、 乱にしてこれを取り、 実にしてこれに備え、 強にしてこれを避け、 怒にしてこれを撓し、 卑にしてこれを驕らせ、 佚にしてこれを労し、 親にしてこれを離す。 原文 知彼知己、百戰不殆 通訳 相手の実情を理解し、 自分の実情も正しく理解していれば、 百回戦っても危険には陥らない。 智将は務 つと めて 敵に食 は む 原文 智將務食於敵 通訳 優れた将軍は、 できる限り敵地から 食糧を調達するように務めるものだ 解説 は引き続きの重要性を説いた上で 最も賢い戦い方は、敵から食糧 などの資源 を調達することで、自軍の出費を抑える 戦い方であると語ります。 一方、「奇法」の場合は逆に、 敵にない有利さ 数や練度、装備の質など をもった戦力をぶつける事を指し、 戦において勝機が生まれるのは その「奇法」で敵に向かった場合だと 説いているのです。 洋の東西、時代の今昔を問わず、 の思想が広く活用されるのは、 その内容が、一定の普遍性を持ち、 かつ、戦いという行為の 核心を突いているからこそでしょう。 解説 が書かれた時代の軍隊は、 その大部分が農村から徴兵された 農であり、士気も練度も 全くバラバラでした。 本記事では、数多ある本の中でも 特に評価の高い、の 浅野祐一氏による訳本「」を元に、 私が特に感銘を受けた名言を 書き下し文、原文、意訳、解説の 4点セットでご紹介します。 原文 不戰而屈人之兵、善之善者也 通訳 戦わずして相手に勝つというのが、 最善の方策である。 故に、其の疾(はや)きこと、風の如く 其の徐(しず)かなること、林の如く 侵掠(しんりゃく)すること、火の如く 動かざること、山の如く 知り難きこと、陰(かげ)の如く 動くこと、雷霆(らいてい)の如し。 史実におけるだまし討ち 奇襲 の 例を挙げると、 のアルプス越えや の坂落としが好例でしょうか。 第一章 計篇 原文 兵者詭道也 通訳 戦争とは、敵をだます行為である。.

  • .

  • .

  • .

孫子の兵法の十三篇の名言を解説「第五章・勢篇」

.

  • .

  • .

  • .




2022 nvcdn.answerstv.com