デバイスセットアップ。 【Windows 10】 PC購入時の初期セットアップの方法と流れ

デバイスとは何ですか。超初心者なのでわかりやすく教えてください。

デバイスセットアップ

Chromecastの設定・セットアップ方法 セット内容を確認 Chromecast(クロームキャスト)のセット内容は、Chromecast本体、接続ケーブル、スタートガイドの3点です。 本体にコードが繋がっており、これをテレビのHDMI端子に挿して使います。 まずは、本体に付属のケーブルを接続しましょう。 テレビに接続 Chromecast本体のコードをテレビのHDMI端子に繋ぎます(テレビの背面にあります)。 もう一方のケーブルはコンセントに挿しましょう。 HDMI端子とコンセントに繋いだら、テレビのリモコンの「入力切換」ボタンでChromecastが接続されているHDMI入力を選択します。 すると、「セットアップが必要です」という画面が表示されます(もし表示されていない場合はChromecast本体の側面にある小さな電源ボタンを押してみてください)。 Google Homeアプリをダウンロードする 「セットアップが必要です」の画面まできたら、テレビ側の操作は一旦ストップ。 スマホなどから「」にアクセスし、「Google Home」というアプリをダウンロードしましょう(Google PlayやApp Storeから直接ダウンロードしてもOKです)。 ダウンロードできたらGoogle Homeアプリにアクセスします。 アプリの指示に従って操作していくと、Chromecastのセットアップ画面まで到達します。 さらに進むと、「コードが表示されていますか?」という画面まできます。 テレビにもコードが表示されますので、スマホなどに表示されたコードとテレビに表示されたコードが一致しているか確認します。 その後、デバイスの場所の選択やWi-Fiネットワークの選択を流れに沿って行います。 Wi-Fiの接続が完了するとテレビでChromecastの説明が流れます(いきなり流れるのでビックリするかもしれません笑) さらに、最新の状態へとアップデートが行われます。 スマホ側では、「Chromecastのリンク」や「あと少しで完了です」の画面を進んで、セットアップを完了させます。 テレビ側でアップデートが終了して「キャスト準備完了」の画面が表示されたらセットアップ完了です。 Chromecastの使い方 セットアップが完了したら、実際にChromecastを使ってHuluやYoutubeをテレビで見てみましょう。 Chromecastでは以下の動画配信サービスに対応しています。 Hulu• dTV• U-NEXT• Netflix• DAZN• GYAO! Youtube• Google Playムービー• AbemaTV• ビデオパス• バンダイチャンネル見放題アプリ• Dailymotion など これらをテレビに映す方法はとっても簡単で、Chromecastをテレビに接続した状態で、動画配信サービスのアプリから見たい動画を選び、「キャスト」ボタンを押すだけです。 例えば、Chromecastを使ってHuluをテレビに映す場合は以下のような流れになります。 まず、Chromecastをテレビに接続した状態でスマホなどからHuluのアプリにアクセスします。 見たい映画やドラマを選び、再生画面に移動します。 今回はアイアンマンを選びました。 再生画面で、右上にある「キャスト」ボタンを押します。 「キャスト先デバイス」の画面が表示されますので、デバイスを選択します。 これだけでHuluがテレビで見られます。 最初の読み込みに少し時間はかかりますが、テレビにバッチリ映りました。 再生・停止・早送り・巻き戻しなどの操作は全てHuluのアプリで行えます。 はじめの読み込みこそ少し時間はかかりますが、再生がスタートすればタイムラグもほとんどなくスムーズに見られますし、早送りなどの操作もストレスなく行えます。 dTVやNetflix、YoutubeなどHulu以外の動画配信サービスでも基本操作はほぼ同じです。 各アプリから見たい動画を選んで「キャスト」ボタンを押せばテレビで見られますよ。 まとめ このページの流れに沿っていけば、Chromecastの設定はそれほど難しくなくできると思います。 使い方も動画配信サービスのアプリから見たい動画を選択して「キャスト」ボタンを押すだけなので簡単です。 ぜひChromecastを利用してテレビの大画面で映画やドラマを楽しみましょう!.

次の

Alexa対応スマートプラグ「Amazon Smart Plug」の初期セットアップ方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト

デバイスセットアップ

デバイスドライバーインストール手順 デバイスドライバーのインストール手順をお知らせします。 はじめに 本体とパソコンの接続 専用の付属USB ケーブルを使用しGHS-8AT とパソコンを接続します。 以降の操作はGHS-8ATを接続するパソコンのOSとインターネット接続環境に応じて手順が異なります。 以下から選択してください。 OS インターネット Windows 10 Windows 8. 1 Windows 7 Windows 10 インターネットに接続している場合 Windows Updateからドライバーソフトウェアをインストールします。 スタートボタンをクリックし、[設定]をクリックします。 [更新とセキュリティ]をクリックします。 Windows Update画面が開き自動的に更新プログラムの確認が始まります。 [更新プログラムのチェック]が表示されたら、[更新プログラムのチェック]をクリックして、再度更新プログラムの確認を行います。 更新プログラムの確認が終了し[GASTEC CORPORATION - Other hardware - GASTEC GHS-8AT]のダウンロードとインストールを開始します。 [今すぐインストール]ボタンが表示されたら,ボタンをクリックしてインストールを開始します。 インストール終了後、設定画面を閉じます。 スタートボタンを右クリックし、[デバイスマネージャー]をクリックします。 [デバイスマネージャー]内で[ほかのデバイス]-[GHS-8AT]を右クリックします。 [ドライバーの更新 P ]を選択します。 「ドライバーの検索方法」の画面で[コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します R ドライバーソフトウェアを手動で検索してインストールします。 ]を選択します。 [コンピューター上のドライバーを参照します。 ]の画面で[参照]ボタンを選択して付属のCD-ROMが挿入されているドライブを指定します。 この際には必ず[サブフォルダーも検索する]のチェックボックスにチェックを入れてください。 [次へ]ボタンを選択します。 [ドライバーソフトウェアが正常に更新されました。 ]の画面が表示されてドライバーのインストールが終了します。 [閉じる]を選択します。 デバイスマネージャーを閉じます。 1 インターネットに接続している場合 Windows Updateからドライバーソフトウェアをインストールします。 デスクトップ画面でチャームを表示し、[設定]を選択します。 [PC設定の変更]を選択します。 PC設定画面で、[保守と管理]を選択します。 保守と管理画面で[Windows Update]を選択し、今すぐチェックするボタンをクリックします。 更新プログラムのチェックが終了したら、[詳細の表示]をクリックします。 詳細の表示画面で[GASTEC CORPORATION - Other hardware - GASTEC GHS-8AT]にチェックを入れ、インストールボタンをクリックします。 更新プログラムのインストールが終了します。 [更新プログラムのインストールを完了するには、PCを再起動してください。 ]と表示されたら、使用中ののアプリケーションを終了させた後、今すぐ再起動するボタンをクリックします。 デスクトップ画面でチャームを表示し、設定を選択します。 コントロールパネルを選択します。 コントロールパネルの[ハードウェアとサウンド]を選択します。 [ハードウェアとサウンド]内の[デバイスマネージャー]を選択します。 [デバイスマネージャー]内で[ほかのデバイス]-[GHS-8AT]を右クリック タッチパネルの場合は長押し します。 [ドライバーソフトウェアの更新 P ]を選択します。 ドライバーソフトウェアの更新画面で[コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します R ドライバーソフトウェアを手動で検索してインストールします。 ]を選択します。 [コンピューター上のドライバーソフトウェアを参照します]の画面で[参照]ボタンを選択して付属のCD-ROMが挿入されているドライブを指定します。 )この際には必ず[サブフォルダーも検索する]のチェックボックスにチェックを入れてください。 [次へ]ボタンを選択します。 [ドライバーソフトウェアが正常に更新されました。 ]の画面が表示されてドライバーのインストールが終了します。 [閉じる]を選択します。 デバイスマネージャーとコントロールパネルを閉じます。 [スタート]-[コントロールパネル]でコントロールパネルを開き[システムとセキュリティ]をクリックします。 [システムとセキュリティ]内の[Windows Update]をクリックします。 [Windows Update]内の[更新プログラムの確認]をクリックします。 [x個の重要な更新プログラムが利用可能です]をクリックします。 [インストールする更新プログラムを選択します]画面で、[GASTEC CORPORATION - Other hardware - GASTEC GHS-8AT]にチェックを入れ、OKボタンをクリックします。 [更新プログラムのインストール]をクリックします。 Windows Update画面を閉じます。 以降の操作を行ってください。 [スタート]-[コントロールパネル]でコントロールパネルを開き[ハードウェアとサウンド]をクリックします。 [ハードウェアとサウンド]内の[デバイスマネージャー]をクリックします。 [デバイスマネージャー]内で[ほかのデバイス]-[GHS-8AT]を右クリックします。 [ドライバーソフトウェアの更新 P ]をクリックします。 ドライバーソフトウェアの更新画面で[コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します R ドライバーソフトウェアを手動で検索してインストールします。 ]をクリックします。 [コンピューター上のドライバーソフトウェアを参照します]の画面で[参照]ボタンをクリックして付属のCD-ROMが挿入されているドライブを指定します。 )この際には必ず[サブフォルダーも検索する]のチェックボックスにチェックを入れてください。 [次へ]ボタンをクリックします。 [ドライバーソフトウェアが正常に更新されました。 ]の画面が表示されてドライバーのインストールが終了します。 [閉じる]をクリックします。 デバイスマネージャーとコントロールパネルを閉じます。 画面右下に接続されているGHS-8ATの番号下4桁と本体の製造番号とが同一であることを確認します。 液晶表示器には下図のように通信状態になった表示に切り替わります。

次の

WindowsUpdate 1709更新で発生するデバイスマネージャのエラー

デバイスセットアップ

こんにちは。 Windows Commercial Support Device チームです。 最近、PC からスマート フォンへのデータの書き出しを禁止したいというお問い合わせを 多くいただいております。 以前の記事で、グループ ポリシーを用いたデバイスの アクセス制御をご紹介しましたが、今回は、その中でも主にスマート フォンが使用している Windows Portable Device WPD デバイスへの制限について取り上げたいと思います。 technet. microsoft. WPD は API を有しており、デバイスの状態を調べたり、デバイスを 制御する 写真を撮る、メッセージを送るなど アプリケーションを開発することができます。 なお、Windows XP の場合、別途 Windows Media Player 10 または 11 をインストールする 必要があります。 スマート フォンや従来の携帯電話を USB で PC につないでファイルの転送をする際、通常、 「MTP モード」や「PTP モード」など、事前にモードの選択をする必要があります。 この MTP や PTP というのは WPD が使用している通信手段のことで、現在、WPD が 主に使用しているものは以下の 3 つとなります。 microsoft. 補足情報 ————— MSC は USB メモリや USB ハード ディスクなどの大容量記憶デバイスを PC に接続して、 エクスプローラー上でファイルのコピーなどをする際に使われるファイル転送技術です。 この MSC のモードで PC に接続した際、 マウントされたドライブを右クリックして、[ポータブル デバイスとして開く] を選ぶと、 WPD を介した MSC による通信ができるものがあり、これが WPD における 3 つ目の通信手段となります。 この WPD を介した MSC の制限には、従来の USB メモリのデバイス制御と同じグループ ポリシーを 使用します。 例えばファイルの読み書きを制限したい場合は、以下のグループ ポリシーを使います。 これらは Windows Vista 以降の OS で使用可能です。 以下にそれぞれの特徴を紹介します。 この方法は、 ファイルの読み取りだけ、またはファイルの書き出しだけ、特定のユーザーだけなど、 柔軟な設定が可能で、最初に一度設定をすると運用後に設定を変える必要があまり無いため、 運用が容易です。 その反面、この設定をしていたとしても、PC にインストールされたスマート フォン専用の アプリケーションによってデータの書き込みを行える場合があります。 これを回避するには、PC へのアプリケーションのインストールを制限するか、後述する WPD デバイスのインストールそのものを制限する方法を実施する必要があります。 2 WPD デバイスのインストールを制限する方法 デバイスを PC に接続した際の WPD デバイスのドライバーのインストールを制限するものです。 ドライバーのインストール自体が制限されているため、WPD デバイスは全く使用することが できなくなります。 なお、運用が煩雑になってしまいますが、特定メーカーの一部モデルのみ インストールを禁止する設定も可能です。 その反面、スマート フォンの一部には、WPD デバイスとしてではなく、他のデバイスとして 認識されるものが存在し、WPD デバイスのインストール制限だけでは、デバイスが 使用できてしまう場合もあります。 これを回避するには、後述するホワイト リストを使用して 制限する方法を実施する必要があります。 3 ホワイト リストによるデバイスのインストールを制限する方法 PC への接続が許可されているデバイスのリストをあらかじめ登録し、それ以外の全てのデバイスの インストールを禁止するというものです。 許可されたデバイスのみインストールが行われるため、 WPD デバイスはもちろんのこと、未知のデバイスにも対応できます。 ソフトウェア レベルで 最も堅牢な対策をしたい場合は、この方法が推奨されます。 なお、許可リストには、特定の種類のデバイス、 または特定のモデルのデバイスといった単位で設定が可能です。 その反面、許可対象のデバイスが増えるにつれ定義内容も増え、運用が煩雑になることがあります。 また、デバイス検知時にインストールを制限するという性質上、既にインストール済みのデバイスに ついては、制限を行うことができません。 このため、対象の PC の不要なデバイスをあらかじめ 削除しておくなどの対処が必要です。 なお、参考情報となりますが、以下の記事に現在 PC に接続されていない WPD デバイスを devcon. exe で 削除するサンプル スクリプトが記載されております。 これをベースにお好みのスクリプトを作成いただけたら 幸いです。 technet. microsoft. — [コンピューターの構成] - [管理用テンプレート] - [システム] - [リムーバブル記憶域へのアクセス] - [WPD デバイス: 読み取りアクセス権の拒否] および - [WPD デバイス: 書き込みアクセス権の拒否] 設定値: 有効 補足情報 ————— 特定のユーザーだけ読み書きを制限したい場合は、以下のグループ ポリシーを代わりに使用します。 — [ユーザーの構成] - [管理用テンプレート] - [システム] - [リムーバブル記憶域へのアクセス] - [WPD デバイス: 読み取りアクセス権の拒否] および - [WPD デバイス: 書き込みアクセス権の拒否] 設定値: 有効 2 WPD デバイスのインストールを制限する方法 以下のグループ ポリシーにより設定します。 以下の文書にデバイス セットアップ クラスの一覧があります。 microsoft. ] は Windows 7 以降の機能ですが、 これにチェックを入れると、ポリシー適用以前に接続したことのある WPD デバイスに対しても 制限をかけることができます。 補足情報 ————— 特定メーカーの一部モデルのみインストールを禁止したい場合は、以下のグループ ポリシーを代わりに 使用します。 — [コンピューターの構成] - [管理用テンプレート] - [システム] - [デバイスのインストール] - [デバイスのインストールの制限] - [これらのデバイス セットアップ クラスと一致するドライバーを 使用したデバイスのインストールを禁止する] 設定値: 有効 デバイス セットアップ クラス: 禁止したいデバイス セットアップ クラスを列挙 既にインストール済みの一致するデバイスにも適用されます。 : オン 禁止リストに登録する値については、以下の記事で述べられています。 technet. microsoft. — [コンピューターの構成] - [管理用テンプレート] - [システム] - [デバイスのインストール] - [デバイスのインストールの制限] - [他のポリシー設定で記述されていないデバイスのインストールを禁止する] 設定値: 有効 — [コンピューターの構成] - [管理用テンプレート] - [システム] - [デバイスのインストール] - [デバイスのインストールの制限] - [これらのデバイス セットアップ クラスと一致するドライバーを 使用したデバイスのインストールを許可する] 設定値: 有効 デバイス セットアップ クラス: 許可したいデバイス セットアップ クラスを列挙 — [コンピューターの構成] - [管理用テンプレート] - [システム] - [デバイスのインストール] - [デバイスのインストールの制限] - [これらのデバイス ID と一致するデバイスのインストールを許可する] 設定値: 有効 デバイス ID: 許可したいデバイス ID を列挙 なお、許可リストに登録する値については、以下の記事で述べられています。 technet. microsoft. このため、USB マウスや キーボードを使用する場合は、許可リストにマウスやキーボードも含めておくことをお勧めします。 スマート フォンへの情報の書き出しを完全に防ぐためには、上記のソフトウェア側の対応だけではなく、 USB の接続口をふさいだり、サーバー室にスマート フォンを持ち込ませないなどの物理的な セキュリティ対策もあわせて実施されることを強くお勧めします。

次の