イナゴフライヤー。 いなごFlyerとは何?見方や使い方や設定方法

久しぶりにがっつり! 12/15 トレード成績【GMOコインでビットコインFX】

イナゴフライヤー

分割表示したいオススメページ まず、ビットコインFXトレードをするにあたって、サブモニターや画面分割で表示しておきたいページをご紹介します。 いなごフライヤー inagoflyer 日本の方が開発した ビットコインの取引量を視覚的・聴覚的にリアルタイムで知らせてくれるツールです。 イーサリアムやリップルなど主要アルトコイン版、ゴールドや原油、株指数などの株価版もあります。 海外取引所やビットフライヤー、コインチェック、、bitstampなどの取引が多い取引所で、 成行売買があった場合にチャートに反映します。 大きな売買があった場合は効果音で知らせてくれるので、 「音スキャ」と呼ばれる、短期売買を音に反応して行う手法も生まれました。 スキャルピングをするのなら、イナゴフライヤーを併用すると勝率が大幅に上がるといわれています。 その他「」なんていう、INAGOFlyerの簡易版という感じの似たサイトもあります。 DECOCHART(デコチャート) BitMEXをはじめ、bitfinex、などのBTCチャートを一画面に最大4つマルチ表示できるサイトです。 チャートの遅延もほぼなく、インジケーターや出来高の表示もとても見やすく、リアルタイムな平行オーダーブック表示が見れるということで、多くのトレーダーが愛用しています。 DECOCHARTの使い方は以下の記事にて解説しています。 Trading View トレーディングビュー は世界で最も使われているチャートツール サイト です。 無料で使えますが、有料版がオススメ。 日経株やゴールド相場などからビットコイン価格まで幅広く表示することができ、チャートの操作性、ペイントツールから様々なインジケータなども使うことができます。 あまりに機能が多すぎるので使い方は徐々に覚えるとして、取り合えずビットコイン価格を表示して色んな時間足を見る、という使い方をしましょう。 bybitのTrading Viewの使い方は以下の記事で紹介しているので参考にしてください。 各取引所のトレード画面 あとは、bybitや、など、トレードをしている取引所のトレード画面ですね。 画面を分割表示するchrome拡張「TabResize」 google chrome グーグルクローム の拡張機能で画面分割を実現します。 この拡張機能 「TabResize タブリサイズ 」を使うと、ひとつのブラウザーの中で、開いているタブを指定したレイアウトに分割してくれる優れものです。 標準のブラウザ機能の場合、タブをドラッグして分割して、被らないようにウィンドウサイズを手動で分割して… といった手間がかかるのですが、 この拡張機能ならワンクリックで見やすいサイズに分割できるように自動補正してくれます。 いや~こんな便利な機能があるならサブモニターはいらないですね~。 (サブモニターの方が便利なのであるに越したことはない) では使い方をみてみましょう。 画面分割機能「TabResize」の使い方 まずはgoogle chromeにインストール グーグルのウェブサイト「ウェブストア」にあるにアクセスしましょう。 インストールが完了すると、アドレスバーの右横に専用のアイコンが配置されていると思います。 このアイコンをクリックすると以下のメニューが表示されます。 私は以下のように2分割で画面を表示してみました。 bybitの公式スマホアプリは抜群の操作性で、これ一つあれば十分というくらい便利です。 表示を元に戻したい場合は、「Undo」をクリック。 「Settings」をクリックすると、現在表示しているタブを左右どちらに表示するかを選択 画面の入れ替え ができます。 「Left Align」か「Right Align」を選択してみましょう。 「rows」に縦の分割数、「columns」に横の分割数を半角数字で入力すると、レイアウトが反映されます。 下の画像にある「Scaled」を選択すると、画面比のレイアウトを調整できます。 「Save」をクリックすると設定が完了し反映されます。 関連記事 関連記事 まとめ 簡単にタブを分割することができるTab Resizeは、複数のモニターでトレード画面やチャートを表示するのにも役立ちますし、いなごフライヤーなどのトレードツールを同時に表示したいときにもとても役立ちますね。 地味な機能ではありますが、こんな機能欲しかったんだよな~!という人も多いのではないでしょうか?.

次の

bitFlyer(ビットフライヤー)

イナゴフライヤー

いなごフライヤーは価格の大きな変動を使って利益を出す、 仮想通貨のいなごトレードをサポートするツール• 仮想通貨は価格の変動が激しいことからイナゴトレードにピッタリ!• いなごフライヤーは ビットコイン 、 イーサリアム、 モナコイン、 ネム、 ビットコインキャッシュの 6種類の仮想通貨のいなご情報に対応している• 国内外の主要な取引所に数多く対応している点は、 いなご フライヤーの特徴であり大きなメリットの1つ• アラート機能が搭載されており、取引所ごとにカスタマイズもできるため、買い時を逃さずにイナゴトレードができる!• 株取引の世界で使われていた言葉で、情報などをもとにして、短期売買で利益を出していきます。 このように、 いなご トレードの言葉自体は、株の世界で使われていた用語です。 いっせいに買いや売りに走る姿が、いなごの群れる姿に似ていることが、語源となっています。 そのため、 ある程度歴史のあるトレード方法として、株などの投資家の間では根付いています。 仮想通貨でも同じ意味で、トレード方法の1つとして認知されています。 仮想通貨はいなごトレードにピッタリ 仮想通貨は 価格変動が激しいことで有名です。 先ほども解説しましたが、 いなご トレードでは 価格変動の激しい銘柄を狙って、短期でトレードを行います。 こうしたことからも、 まさに仮想通貨はいなごトレードにピッタリということができるでしょう。 いなごフライヤーの3つの特徴 ここからは、 いなご フライヤーの特徴について見ていきましょう。 いなごフライヤーには、大きく分けて下記の3つの特徴があります。 OKEX• BitMex• GDAX• Gemini• Bitstamp• BitFinex• Zaif• Coincheck• bitFlyer• bitFlyerFX• Binance• Huobi• bitbank bitFlyerやHuobiなど、海外や国内の主要な取引所には、大体対応していますね。 上記で記載した取引所以外にも、 通貨ごとにさまざまな取引所のイナゴ情報が確認できます。 この機能をうまく利用することで、 いなご 発生時にも買い時を逃さずトレードすることができます。 また、アラート機能は、 取引所ごとに音の種類を設定することができます。 自分が気になる取引所だけ、他とは別の効果音を設定しておけば、聞いただけで判断することが可能です。 いなごフライヤーは、こういった細かい点の配慮まで行き届いた、ユーザー思いのツールと言えるでしょう。 いなごフライヤーの使い方 この項目では いなご フライヤーの使い方について、確認していきたいと思います。 appspot. こちらのタブを操作することで、 どの銘柄のイナゴ情報を表示するかを選択することができます。 上のプラス方向に伸びている分は、買い注文の量を示しています。 逆に下側のマイナス方向に伸びている分は、売り注文の量を示しています。 また、表示されているグラフをタッチすると、色ごとに 取引所の取引高の情報の確認も取れます。 チャート上で確認する際には、こちらで表示されている 取引所ごとの色に合わせて、 グラフをタッチすると効率が良いでしょう。 appspot. これは、 大口取引があった時の情報を示したものです。 後ほど詳細設定の項目でも解説しますが、英語表示と日本語表示を切り替えることができます。 appspot. こちらでチェックを外しOffにすると、先ほど解説した いなご チャートから、その 取引所の 取引ペアの情報が消えます。 appspot. 何秒ごとに グラフを作っていくのかや、 表示本数の設定など、細かな設定が可能です。 たとえば、60秒で設定した場合、その60秒の中で いなごが発生すれば、時間経過後アラートでお知らせしてくれます。 アラート音自体のOnとOffの切り替えや、再生速度もこの項目で変更可能です。 売り買いの グラフを反転させて表示させたり、 X軸の向きを逆向きにしたりといった設定が可能です。 イナゴフライヤーの情報をbotに送信したり、 自動売買で利用する時に便利です。 この項目で表示する 法定通貨を、 日本円から アメリカドルに切り替える、といった設定が可能です。 再度設定しなくて済むので、お気に入りの設定ができたら、こちらの項目から保存しておきましょう。 いなごフライヤーにおすすめの国内取引所 ここからは、いなごフライヤーを活用できる、おすすめの 国内取引所を紹介していきたいと思います。 0 GMOコインは、 初心者でも見やすく使いやすい取引画面で、人気を集めている国内取引所です。 「取引所に登録したはいいけど、使い方がわからない!」という声は、当サイトにも非常に多く寄せられています。 しかし、 GMOコインであれば、 初心者の方でも画面を見ただけで、簡単に仮想通貨のトレードができちゃいます。 また、運営企業は東証一部に上場している、 GMOインターネット株式会社です。 上場企業であるため、 資金力と 信頼性はバツグンと言えるでしょう。 また、同社は金融関係の事業を長年にわたって行ってきました。 このノウハウを生かして、万全のユーザーサポートを行っています。 bitpoint. 0 BITPointは、 他の取引所よりもお得に仮想通貨を購入できる、国内取引所として人気です。 BITPointでは、取り扱っている仮想通貨のすべてを、 取引手数料無料で購入できます。 また、取引板というものを使い、 ユーザー同士が直接取引できる点も魅力です。 これによって、より自分の希望に合った金額で仮想通貨を購入することができます。 運営元の親会社は、東証二部に上場している 株式会社Remixpointという企業です。 さまざまな事業を手掛ける同社は、 信頼性と 資金力の面でもレベルが高く、安心して取引できます。 0 フィスコ仮想通貨取引所は、 他では買えない仮想通貨を購入できる、国内でも人気の取引所です。 独自に発行している フィスココインや、国産の人気コインである モナコインなどを購入できます。 運営元の親会社は、 株式会社フィスコです。 同社は、長年にわたって金融業界の情報を配信してきました。 ヤフーなどの非常に大きなメディアにも、金融関係の情報提供をしています。 このことからもわかるように、 資金力や 信頼性の面では、他の取引所よりもさらに優れていると言えます。 いなごフライヤーは激しいボラティリティで利益を出す、 仮想通貨版 イナゴトレードのサポートするツール• 仮想通貨はボラティリティが激しい!まさにイナゴトレードにはピッタリと言える• いなごフライヤーは 6種類の仮想通貨のイナゴ情報に対応しており、国内でも人気の高いリップルなどのイナゴ情報が確認できる• いなごフライヤーの特徴として、国内外の主要な取引所に数多く対応している点があげられる• 取引所ごとにカスタマイズもできるアラート機能で、イナゴトレードの大事な買い時を逃さない!• いなごトレードにはまさにピッタリと言えます。 みなさんもこの記事を参考に、 いなご フライヤーを使ってガンガン利益をだしてくださいね! 取引所に登録が済んでいない人も、ぜひこの機会に登録しておくことをおすすめします! 当サイトにて掲載されている仮想通貨交換業者のランキングや、FX業者ランキング、比較コンテンツは、2019年4月27日から5月7日まで実施した、と、2020年5月1日から5月31日までの当サイト利用者の口座開設・アクセス状況を元に集計しています。 各種コメントや解説コンテンツに関しては、パーソナリティー、を参考に、の、株式会社カボ完全監修のもと、有識者のコメントを合わせて掲載しております。 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。 提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。 本サイトに掲載されているbitFlyer社の取引・利用状況・使用感想に関する根拠について ビットコイン取引量 国内 No. 2018年 国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む) 仮想通貨サービス利用率 国内 No.

次の

bitFlyer(ビットフライヤー)

イナゴフライヤー

いなごFlyer いなごフライヤ ーとは 主にBTCFX界隈で有名なWEBツールで、BTCを始めとした金融商品に大きな売りや買いがあった時に音声で知らせてくれます。 BTCFXの黎明期は取引量が少なく、「いなごフライヤーの音だけ聞いていれば勝てた」と言われるほど強い影響力を持っていました。 為替、債券、ゴールド先物に対応 サービス開始当初は仮想通貨のみの対応でしたが、現在はFXではおなじみの債券やCFDの先物取引にも対応しています。 債券先物はイナゴフライヤー開発出来たから勝負どころでものすごく触りやすくなりましたね。 たくさんの銘柄の板と出来高監視するの目が疲れるものw 耳から入ってくる情報は最高の補助ですわ。 マジありがと。 いなごフライヤーの使い方 ここでは例として債券先物を使います。 いなごフライヤーにアクセス• 債券先物をタップ• 画面の下の方からチャートに表示する債券を選択 債券先物で表示するのは米国2年と10年だけでも十分だと思います。 チャートが米国2年と10年の2つだけの表示になりました。 テクニカル考察記事一覧 基本・心構え• インジケーター・オシレーター別• 市場時間帯別• 有名トレーダーの手法• 通貨ペア別•

次の