あじさい 剪定 時期。 アジサイの剪定方法

あじさいの育て方!花の色ごとの肥料選びや剪定方法・増やし方についてなど|育て方Labo(育て方ラボ)

あじさい 剪定 時期

アジサイ(紫陽花)を育てる前に知っておきたいこと アジサイはガーデニング初心者におすすめの花木のひとつ。 上手に育てるための基本情報を知っておきましょう。 アジサイ(紫陽花)の基本データ 学名:Hydrangea 科名:アジサイ科 ユキノシタ科 属名:アジサイ属 原産地:東アジア、南北アメリカ 和名:アジサイ 紫陽花 、シチヘンゲ 七変化 英名:Hydrangea 開花期:6~7月 花色:青、紫、ピンク、赤、白、緑 切り花の出回り時期:4~7月 花もち:5日程度 アジサイは、樹高1~2mの落葉低木です。日本では4月頃から鉢花が出回りますが、本来の開花期は6~7月です。額 がく 咲き、手まり咲きなどがあり、花色も豊富で、世界的に人気の高い花木です。 葉は先のとがった楕円形で、多くは光沢があり、秋から冬に落葉します。 若枝の先にたくさんの小花が集まった半球形の花をつけますが、花びらに見えるのは、実は「装飾花 中性花 」という実を結ばない花のガク。本当の花は、装飾花の中心にある小さな点のような部分で、額咲きのものは装飾花に取り囲まれた中央部におしべとめしべのある「両性花」がついています。手まり咲きのものは装飾花のみ、または両性花が装飾花の陰の目立たないところについています。 アジサイは種から育てることもできますが、挿し木や取り木をした苗や、園芸店などで鉢植えを購入して育てるのが一般的です。 アジサイ(紫陽花)には剪定が必要なの? アジサイは剪定しなくても花をつける花木です。しかし、放任するとだんだん背が高くなり、上の方にばかり花が咲くようになってしまいます。そのため、適切な樹高を保つように毎年剪定を行うのが一般的です。 アジサイには、以下のような剪定を行います。 花後の剪定 花が咲いた後に、枝を切り戻す剪定です。 休眠期の剪定 晩秋から冬の間に混み合った枝を整理する剪定です。 強剪定 大きくなりすぎたアジサイをコンパクトに仕立て直す剪定です。数年に一度、必要な株にだけ行います。 知りたい! アジサイ(紫陽花)を剪定する目的とメリット ここでは具体的に、アジサイにとって必要な剪定を詳しく紹介します。 花後の剪定の目的とメリット 来年もきれいに花を咲かせるための剪定で、アジサイ栽培で最も大切な剪定といえます。 アジサイは10月頃、今年伸びた枝の先端部に花芽ができます。この花芽は翌年に開花します。 花が咲き終わってすぐに剪定を行うと、切った枝のいちばん上の芽が伸長しますが、この芽は翌年大きく伸長して花芽をつけます。 花は翌々年となります。 花後の剪定を行わなくても花は咲きますが、枯れた花や枝を切ることで、翌年以降の生育を促し、より美しい花を咲かすために剪定します。 ただし「アナベル」などのアメリカアジサイは、春に伸びた枝に花芽をつけるため、春までに剪定をすればOKです。 休眠期の剪定の目的とメリット 大きくなったアジサイに施す剪定です。必須ではありませんが、枯れた枝や混み合った枝を整理することで、すっきりとした姿になり、葉が展開したときの日当たりを改善し、蒸れにくくするメリットもあります。次年の花芽を切らないように注意しましょう。 ただし、実際には根元付近に葉がなく、何節目かは判断できません。 根元からの高さ30cm前後の付近でバッサリと切ります。 カシワバアジサイは葉をなくすと枯れることがあるので、いちばん下の葉の付け根の芽の上で切り、葉を少し残すようにします。 アジサイ(紫陽花)の剪定、枝の選び方は? 花後の剪定では、剪定するのは花が咲いた枝のみにします。花がつかなかった枝は翌年花が咲くので、そのまま残しましょう。 休眠期の剪定では、基本的に色が白っぽくなり乾燥した枯れ枝を切り取ります。手で曲げるとポキッと折れる枝は完全に枯れていますが、折れない場合はまだ生きている可能性があるため、芽が動き始める春まで様子をみてもいいでしょう。 強剪定は枝を選ばず、すべての枝を大胆に切り詰めます。翌年も花を見たいからと何本か枝を残すと、樹勢がアンバランスになり、短くした枝が枯れてしまうことがあるので注意しましょう。 アジサイ(紫陽花)の剪定には、コツがあります なんといっても適期を逃さないことです。もし花後の剪定をせずに秋を迎えてしまったら、冬季にアジサイは花から二節目までを枯らします。 無理に剪定しなくても、自ら枝葉を落とします。 花後の剪定はあくまでも翌年の株を少しでも充実させるために行います。 「アナベル」などのアメリカアジサイは、春に伸びた新しい枝に花芽をつけるので、3月までに剪定を行えば、枝のどこで切ってもかまいません。ただし、ある枝は強剪定、ほかの枝は弱剪定などとすると樹勢が乱れるおそれがあるので、バランスよく剪定しましょう。強剪定をするとコンパクトに育ち、花数は少なくなりますが、大きな花を楽しめます。一方、弱剪定にすると、翌年は枝がたくさん出て、大きな株に育ちます。そのぶん花数が多くなりますが、ひとつひとつの花は小さめになることが多いようです。育てるスペースに合わせて、翌年の株の大きさを想像しながら剪定を行うといいでしょう。 Credit 記事協力 監修/矢澤秀成 園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長 種苗会社にて、野菜と花の研究をしたのち独立。 育種家として活躍するほか、いくとぴあ食花(新潟)、秩父宮記念植物園(御殿場)、茶臼山自然植物園(長野)など多くの植物園のヘッドガーデナーや監修を行っている。 全国の小学生を対象にした授業「育種寺子屋」を行う一方、「人は花を育てる 花は人を育てる」を掲げ、「花のマイスター養成制度」を立ち上げる。 NHK総合TV「あさイチ」、NHK-ETV「趣味の園芸」をはじめとした園芸番組の講師としても活躍中。 構成と文・中村麻由美.

次の

アジサイ(紫陽花)の正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

あじさい 剪定 時期

花芽に注意!剪定前に知っておくべきこと アジサイは大きくなりすぎる前にこまめに剪定することが大切です。 定期的に剪定することで、ある程度成長をおさえることができるため、日ごろの手入れも比較的楽になります。 しかし剪定方法を間違えると、花が咲かないままシーズンが過ぎ、場合によっては枯れてしまうことがあるかもしれません。 じつはアジサイの花は、毎年同じ場所に咲くわけではありません。 アジサイには、その年に成長した新しい枝には花芽をつけない性質があります。 そのため花芽は枝が成長してから1年経ったころにつき、さらに1年が過ぎてから、ようやく開花するのです。 そこで剪定する枝は、その年花を咲かせたものを選びます。 先端から数えて2節下のあたりに新しい花芽ができるため、それよりも少し上の部分で切り落としましょう。 アジサイの剪定方法について いつのまにかアジサイが大きくなりすぎている場合は、剪定してかたちを整えることをおすすめします。 剪定に適している時期は、花が咲き終わってから7月中旬ごろまでです。 アジサイの花は自然に散ることがありません。 剪定して古い花を取り除かなければ、新しい芽に必要な養分が奪われたままになってしまうため注意しましょう。 また、アジサイの成長がゆるやかになる11月から3月ごろにもう一度、花芽より上に伸びた枝を剪定するのもおすすめです。 この時期に剪定すればきれいなかたちを保ったまま春をむかえることができます。 この冬の剪定では、枯れてしまった古い枝や、花芽のついていない枝などもあわせて切りましょう。 根元から切り落として風通しをよくすることで、害虫対策にもなります。 ただし冬の剪定は、絶対に欠かせないというわけではありません。 あまり剪定に自信がない場合は、花が咲き終わってからおこなう剪定だけでも十分です。 剪定は植物の健康を保つためにも大切な作業のひとつです。 アジサイはしっかりと手入れすれば毎年花を咲かせてくれますので、大切に育ててください。 アジサイに強剪定が必要なケースもある アジサイは大きくなりすぎると、茎の部分が木のように固くなる「木化」という現象が起こります。 木化したアジサイは剪定だけでなく、日ごろの手入れも大変なので、思い切って強剪定しましょう。 なかには、そもそも強剪定とはどんなものなのか、あまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。 そこで、はじめに強剪定について簡単にご説明します。 強剪定とは、大きく成長しすぎた植物を、小さいかたちにおさえるため太い幹や枝を短くしたり、全体的に枝の量を減らす作業のことです。 深く刈りこむため、植物にかかる負担は大きく、アジサイの場合、強剪定した翌年は花が咲かないこともあります。 しかし木化したアジサイをそのまま放っておくと、内部の風通しが悪くなり、病害虫の温床になりかねません。 枯れるまで被害が悪化すれば、枝だけでなく、根元から切り倒す始末になってしまうこともあります。 病気や害虫の被害を受けてしまう前に、一度強剪定して風通しをよくしましょう。 アジサイはある程度深く刈りこんでも、切り口から新しい枝や花芽をのばして成長する植物ですので、正しく剪定すれば枯れることはほとんどありません。 アジサイの強剪定は、成長がゆるやかな2月から3月のはじめごろにおこないましょう。 すべての枝を、根元付近にあわせて切りそろえることで、樹形が大きく乱れることなく整えられます。 アジサイの管理を簡単にして栽培するコツ 普段の手入れがしやすいように、あるいは限られたスペースでアジサイを楽しむためにできる工夫があります。 ちょっとしたポイントをおさえれば、気軽にアジサイを楽しむことができるかもしれません。 以下で紹介するのは、アジサイを小さく育てる2つの方法です。 これからアジサイを育てたい方はもちろん、すでにアジサイを育てている方でも実践できることもありますので、一度確認してみてください。 切り落とす枝を限定する コンパクトなサイズで育てたいときは、アジサイが大きくなりすぎないよう、年に2回、剪定するのがおすすめです。 大きくなってしまってから小さくしたい場合は、一度強剪定してかたちを整える方法もあります。 しかし強剪定してしまうと翌年の花は期待できないため、深く刈りこむのは避けたい方もいらっしゃるかもしれません。 毎年花を楽しみたい場合は、剪定方法を少し工夫しましょう。 1章でも説明をした通り、アジサイは花のつき方に特徴があります。 その特徴を活かすことで、切り落とす枝を限定することができるのです。 方法は、「剪定する枝のうち半分は短く切りそろえ、残りは先端から2節目の部分にできる花芽よりも少し上で切り落とす」というものです。 アジサイの花芽は枝の先端から2節目より下にできるため、残しておくことで翌年も花を楽しむことができます。 もちろん全体的なバランスを考えながら剪定する必要がありますので、少し手間はかかりますが、気になる方はぜひ挑戦してみてください。 もともとコンパクトな種類を選ぶ アジサイのなかには、もともと全体的にコンパクトなサイズになるよう、品種改良されたものがあります。 植える前に、比較的小さく育つものを選べば、大きくなりすぎることを心配する必要はあまりありません。 アジサイがどれくらいの大きさになるかは苗の説明文に記載されていることが多いので、参考にしてみてください。 とくに鉢植え用という表記があるものは、コンパクトなサイズのままである種類がほとんどです。 まとめ アジサイが大きくなりすぎてしまったときは、剪定してかたちを整える必要があります。 しかし剪定する時期や場所を間違えると、花が咲かないことがあるため注意しましょう。 木化するほどに成長してしまうと、枝が混みあって風通しが悪くなり、病害虫の温床になりかねません。 成長がゆるやかな時期に深く刈りこみ、ある程度コンパクトなサイズに戻すことをおすすめします。 剪定に自信がない方は、一度業者に相談してみるのもひとつの手段です。 個人で剪定するのが難しい場合も、業者に依頼してコンパクトなサイズに整えてもらいましょう。 この記事は2019年10月24日に加筆・修正しています.

次の

紫陽花(アジサイ)の剪定時期と剪定の仕方。秋を過ぎても大丈夫?

あじさい 剪定 時期

ヤマアジサイは別名「サワアジサイ」とも呼ばれ、湿気のある場所や沢沿いの水辺に自生しています。 そのため、日当たり加減は、半日陰か明るい日陰が適しています。 できれば午前中はやわらかい光が入ってくるような、半日陰の場所がいいでしょう。 直射日光が当たる日当たりの良い場所だと、夏などは葉焼けを起こす可能性が高くなるので、日陰に近い所を選びましょう。 少々日当たりが悪くても、花つきもそれほど悪くなりにくいので、生育にはあまり影響を及ぼしません。 ヤマアジサイの置き場所 ヤマアジサイを育てるならば、鉢植えにするより庭植えや地植えがおすすめです。 地植え 鉢植えだと小さく育てられますが、湿り気のある肥沃な場所に地植えする方が生育がよりよくなります。 強い西日が差し込むと乾燥しやすくなるので、できれば庭でも東向きの所に植え付けてください。 花色を土で調整する方法 酸性に偏ると青みがかり、アルカリ性だと赤みがかかります。 紫や赤に近い色を咲かせたいのであれば、土の酸性化を防ぎましょう。 方法としては、石灰を根本にまいたり、水やりの水を水道水からアルカリ性のものに変更したりすると、アルミニウムイオンが根から吸収されにくいので、赤色になりやすくなります。 多少難しいですが、咲かせたい色になるよう、土作りにこだわるのもいいかもしれません。 培養土に含まれている化合物をみて、足し合わせたり混ぜたりして、酸性やアルカリ性に近いものにすると、化学の知識も身につきますね。 ヤマアジサイの植え替え・植え付け・種まき 植え付け ヤマアジサイの植え付けは、鉢植えよりも地植えをおすすめします。 ヤマアジサイの土から上の地上部が大きくなりやすいので、どの大きさの鉢に入れているかにもよりますが、鉢だと土の体積がそれ以上増えません。 すると水切れが起こりやすくなり、水やりの手間がかかります。 一方、ヤマアジサイを地植えした場合は、その手間がありません。 また、大きな鉢に植え替える手間も省けますし、水やりの一部を自然の降雨に任せられたりします。 ヤマアジサイは水を好むので、あらかじめ鉢の土の体積が決まっているようであれば、水切れの心配が常につきまといます。 ヤマアジサイの増やし方には、「挿し木」と「株分け」という方法があります。 挿し木 挿し木は、剪定で切り取った枝から増やすことができます。 夏が来る前に剪定し、6月頃に夏ざしするといいでしょう。 株分け 株分けは、あまり小さくなりすぎると親株も切り取った株もだめになるので、あまり小分けしすぎないほうがよいです。 ヤマアジサイの育て方で注意すべき病気・害虫 ヤマアジサイを育てていると、生育期である春から初夏にかけて、アブラムシ、オオミノガ、カイガラムシが発生しやすいです。 オオミノガはみのむしとして知られている虫です。 ミノに隠れて葉や樹皮を食い荒らします。 見つけ次第捕殺するようにしましょう。 ヤマアジサイの管理温度 ヤマアジサイの由来 「 言問はぬ木すら紫陽花、諸弟らが練りのむらとにあざむかえけり」という、大伴家持が贈った詩が万葉集にあるように、すでに奈良時代にアジサイの花は用いられ、故人に詠まれていました。 アジサイは「紫陽花」と書きますが、これは中国の別の花と混同されたようで、紫陽花はもともと日本固有の植物になります。 したがって、「集真藍(あずさい)」という紫が集まったものという意味の読み方が訛って、アジサイになった説がもっとも有力です。 そして、山や木陰にある林によく自生していた種なので、頭に「ヤマ」がつき「ヤマアジサイ」と呼ばれるようになりました。 ヤマアジサイを庭で育ててみよう! 今回はヤマアジサイの育て方を紹介しました。 控えめであっても存在感のあるヤマアジサイは、日本の梅雨によくあった花です。 雨の時期にどんよりしないよう、ヤマアジサイを植えて育ててみましょう。

次の