地湧夫人。 西游记系列

西遊記の登場人物一覧とは

地湧夫人

拿住時,只該打死,如來吩咐道,積水養魚終不釣,深山喂鹿望長生,當時饒了他性命。 積此恩念,拜父王為父,拜孩兒為兄,在下方供設牌位,侍奉香火。 如來佛的這句話很明顯告訴李靖父子,老鼠精是自己養的,無心加害。 李靖父子不僅沒有加害,反而與她認了親。 半截觀音這個名字很明顯是直接將自己的矛頭指向了觀音菩薩,是在抱怨如來佛祖。 而地湧夫人這個名字更奇怪了,為何是地湧呢?其實,這個名字背後還有更多含義。 金蓮是佛教的象徵,如,五莖蓮花象徵佛教的最高權力,也是如來佛的象徵。 所謂的地湧夫人,其實是間接說是如來的夫人。 更有意思的是,老鼠精偷吃的是如來佛的香花寶燭,而不是說靈山的香花寶燭。 從這個細節可以看出,老鼠精可以自由出入如來的房間。 所以,李靖才那麼重視老鼠精。 從所有這些細節可以看出,老鼠精是如來佛屋裡養大的。 由於與如來鬧了彆扭,吃了觀音菩薩的醋,所以偷吃香花寶燭,改名半截觀音,下界去了。 如來佛差李靖抓到她,其實是要她不要叫半截觀音,所以她才改名為地湧夫人的。 由於地湧夫人比較隱晦,如來佛也就沒有繼續管她。 由此可見,不是觀音菩薩不想辦她,而是礙於佛祖的面子沒法辦,不得不讓佛祖差人教訓了下她。 等到唐僧取經的時候,觀音菩薩又把路線設在了老鼠精的地盤,藉此機會把老鼠精收拾了。 菩薩的這次行動,很好地詮釋了君子報仇十年不晚的高深理念。

次の

西遊記第十話「危うし三蔵!!妖女地湧夫人」あらすじネタバレ感想

地湧夫人

西遊記第九話「危うし三蔵!! 妖女地湧夫人」あらすじネタバレ感想 第九話のあらすじです。 国境の街鎮西府の役所では、代官が支配地の見回りにいく準備をしています。 代官はその娘に辛くあたり、兄が悲しい表情で、妹を気遣っています。 代官が領地の見回りに出発してすぐに盗賊団があらわれ代官の屋敷を襲撃するのです。 一方で、三蔵法師は宿を探しに行った悟空を一人待っていました。 到着した悟空に「いつも済まないね~」ととびきりの優しい笑顔で慰める三蔵法師に、悟空は、とてもうれしそうです。 八戒と沙悟浄はと聞くと、待ちきれなくて、食べ物を探しに言ったというのです。 鼻が利く八戒は、焚き火で、焼かれれている鳥の丸焼きと鍋を見つけたのです。 喜びいさんで、それを食べ始めると、5人の盗賊団が現れます。 勝手に飯を食られて男達は大激怒!今にも切りつけようとしています。 必死で謝る二人をみて、一人の男が一つの提案をします。 お使いを頼みたいと云うのです。 代官の屋敷にいって「例の皮の袋をもらいにきた」とだけ言ってそれをもらってこいというのです。 言われるがまま、代官の家に行ったら、案の定、代官の家に侵入した盗賊の一味で、拐われた娘の身代金を取りに来た悪党と勘違いされて、捕らえられてしまいます。 沙悟浄だけはなんとか逃げることができて三蔵法師のもとに報告に行きます。 三蔵法師一行は、捕らえられた八戒を救出するため、代官の屋敷へ向かいます。 代官は三蔵と悟空に盗賊を捕らえ、拐われた娘を取り返してくれたら罪を許そうというのです。 一刻も早く天竺に向けて旅立ちたい三蔵法師は、悟空だけ残して三人で旅立つこととしました。 三蔵法師一行が一夜の宿として訪れた宿屋は、入る前に三蔵法師が感じていた通り妖怪の女主人地湧夫人が5人の息子ときりもりしている宿でした。 そしてもう一人地湧夫人の娘が出てきたのですが、何故かその娘はさらわれたはずの代官の娘だったのです。 心優しい娘は「ここはあなた方がくるところではありません。 他をあたってください。 」と云うのですが、地湧夫人が出てきてこれを遮り、部屋に案内をします。 一方で5人の息子たちは再び代官に身代金を要求し、代官一人で来るように矢文で指示します。 一人で引渡しの場に向かった代官でしたが、お金を渡して娘の解放を要求するも拒否され、さらには、代官が悟空の変装であったことも見破られてしまいました。 まんまとお金をうばって喜び宿に帰る兄弟でしたが、それが石ころとわかり悔しがります。 そんな家族の話を立ち聞きしていた沙悟浄が、この宿が妖怪盗賊の一味のアジトであり、ここの娘は誘拐された代官の娘であることを知ってびっくり仰天、三蔵法師に知らせます。 出典:TVKドラマ 急いで宿屋を立とうとしている一行は、彼らに捕まってしまい、悟空の仲間であることも知られてしまうのです。 地湧夫人は三人の命と引き換えに、三蔵法師に自分の夫になるように迫るのです。 三蔵法師は、苦渋の決断を迫られましたが、弟子たちの命に変えられないとし、この結婚を受け入れることにしたのです。 一方、悟空は密かに自分の分身であるカブトムシに、三蔵法師や娘の居場所を探させ報告を受けていました。 そして、代官から、娘の出世の秘密を聞かされます。 長男が生まれたあと前妻はなくなり、後妻としてめとった地湧夫人の間に生まれたのが、その娘でした。 地湧夫人の奇行が続き正体が妖怪であることは後で知ったのですが、その奇行が息子にも及び間一髪のところで、代官が助けたのです。 足に傷を負った地湧夫人は、そのまま逃げ去りました。 それ以来妖怪の血を受け継いだと云うことで娘に冷遇する代官だったのです。 そんな事情を抱えつつ、悟空は長男とともに妖怪の館に忍び込みます。 結婚式の準備をする館の中に三人は縛られていました。 出典:TVKドラマ 結婚式が始まり、新郎新婦がひな壇に上がります。 そこにいた三蔵法師は、悟空が変幻した姿で、そばにいた妖怪たちに対し悟空の鉄拳が下されます。 出典:TVKドラマ 無事娘を救い出して、代官に引渡しました。 代官は今迄の非道を悔い改め涙の再会をします。

次の

日本の児童書西遊記 /孫悟空(長篇講談全集)

地湧夫人

猿はとてつもない度胸の持ち主で、山奥の滝壺にての 水簾洞 ( すいれんどう )を発見した功により、花果山の周辺の猿を従えて王となり、美猴王と名乗る。 ある時、美猴王はこの世の森羅万象について考えていくうち、生きとし生ける物の生死に悲観し、を願うようになり、西牛賀州霊台方寸山まで仙術を身につけに行く。 師匠祖師から孫悟空という法名を授かり、七十二般の術を身につけるがまだ満たされず、とうとうの竜宮ひいては天界にまで殴り込みに行き、天界を統べるより 弼馬温 ( ひつばおん )の位を授かる。 当初悟空は弼馬温の実態も知らず喜んでいたが、後に弼馬温が只の馬飼いと知るや否やたちまち激怒し、自ら斉天大聖と名乗り、哪 吒太子や顕聖二郎真君相手に天界で大暴れする。 の蟠桃を食らい、の金丹を平らげ、罰として八卦炉に入れられるも、悟空は「銅筋鐵骨 火眼金睛」のの体となって生きのび飛び出した。 ついにはと「俺は地の果てまでも飛んでいってみせる」と賭けをする。 地の果てらしき場所に立っていた5本の柱に到達したしるしとして悟空は一筆書き、柱に小便を引っかけて得意となって戻ってくるものの、実は釈迦の両手のなかをぐるりと周回しただけであった。 釈迦が示した手に自分の署名を見て呆然とした悟空はその場を逃げようとしたものの、あっという間に五行山の下敷きにされてしまった。 三蔵が取経に出るまで 悟空が五行山の下敷きにされてから五百年の時が流れた。 時は唐代のの御世であった。 太宗は一時病のために死んで地獄を巡ったが、冥土の高官たちの目こぼしにより再び現世によみがえった。 やがて太宗がの言い付け通りに水陸大会を催し、その時後に取経の僧に選ばれるを見出す。 所変わって天界では観世音菩薩が弟子の恵岸とともに下界へ降り立ち、悟空を含む諸々の罪人達にある取り引きをした。 天界にて罪を犯していたのは悟空だけではなかった。 その罪人たちとは、の水軍を統べる天蓬元帥であったが月の女神をたぶらかしたために天界を追われ、妖仙と化して深山にて暴れていた猪八戒、天界の軍人であった捲簾大将が天界の宝である玻璃の器を壊して天界を追われ流沙河にて人を食らう妖仙となった沙悟浄、そして父竜王の竜宮で宝珠を焼き死罪を言い渡されその間中空に逆さ吊りにされて苦しんでいた西海竜王敖閏の子の玉龍である。 観音はめいめいにいつか現れる取経の僧とともに天竺へ参り、贖罪を果たすことを約束させる。 功によっては彼らを仏にしてもいいということを条件として。 その取経の僧こそが、あらゆる経典を学び、人徳に優れ、多くの人々から聖僧と敬われていた玄奘三蔵であった。 彼もまたかつて釈迦の二番弟子(金蝉子)であったのにもかかわらず、釈迦の説法を侮ったために罰として下界にさせられていた。 やがて13年(639年)、三蔵は太宗と菩薩の命で天竺へ行くことを決意し、菩薩から教えられた、自分に従うことになる弟子たちを探して旅立ったのだった。 最初に三蔵は五行山で悟空を助け出し、続いて鷹愁澗で玉龍を導き、さらに高老荘で八戒を、最後に流沙河で悟浄を弟子にした。 旅の途中での妖仙との戦い 贖罪の旅をする三蔵一行は天界が用意した八十一の難と対峙する。 三蔵の 袈裟 ( けさ )が黒熊怪に奪われる、三蔵が黄風大王にさらわれる、太上老君(老子)の炉の番人の金角・銀角大王と戦う、牛魔王の子の紅孩児と争う、観世音菩薩が飼っていた金魚が逃げ出した霊感大王と戦う、太上老君の乗用牛の獨角兕大王と戦う、西梁女人国という女だらけの国で心ならずも三蔵と八戒が子を孕む(後にした)、三蔵が釈迦如来を刺したサソリの精に誘惑される、火焔山で悟空が紅孩児の母の羅刹女に芭蕉扇で吹き飛ばされる、その夫にして紅孩児の父の牛魔王と対決する、朱紫国で観世音菩薩の乗用金毛毛孔の賽太歳大王と戦う、獅駝嶺での乗用青の一大王・乗用黄牙白の二大王・大鵬金翅鵰の三大王と戦う、小子城で寿星(南極星)の乗用の鹿である比丘国国丈と対決する、鎮海寺で ( なたたいし )を兄と慕う地湧夫人(正体はネズミ)と戦う…など、あまたの苦難が一行を待っていた。 西天取経 旅の終盤、とうとう天竺にたどり着いた一行。 底のない渡し舟で川を渡る。 そのとき、上流から三蔵の抜け殻である死体が流れてきて、三蔵は凡体を脱することができたと喜ぶ。 その後釈迦と謁見、経典を授かるもそれは無字の経典だった。 新たに字のある経典を授かるが、旅の日数と経典の数が八つ合わないため、一行は雲に乗せられて8日間のうちに東土から西天へ帰ってくるように命じられる。 観世音菩薩が三蔵の災難簿を見るとあと一難足りないとある。 そこで雲から落とされる一行。 に落ちた後、経典を乾かすが紙が岩にくっつき、1字はがれてしまう。 長安に戻って太宗皇帝と謁見する一行。 経典を渡し、雁塔寺に納めると八大金剛が現れて一行を連れ去っていった。 その後西天にて釈迦に称賛の言葉をかけられ、ついに五人は罪を許され、三蔵は 旃檀功徳仏 ( せんだんくどくぶつ )、悟空は 闘戦勝仏 ( とうせんしょうぶつ )、八戒は 浄壇使者 ( じょうだんししゃ )、悟浄は 金身羅漢 ( こんしんらかん )、玉龍は 八部天竜 ( はちぶてんりゅう )となる。 悟空の頭からはいつの間にか緊箍の輪が消えていた。 猴 ( サル ) の。 現行版は、再度全巻を改訳・新訳し2005年に刊行。 (10冊セット)• その序には作者を長春真人とされていたため、以降は、清代の西遊記の作者とみなされた。 平凡社版『西遊記』は、初訳は1960年に〈中国古典文学全集 13・14〉で、1971-72年に改訳され 「 31・32」が、 1972年に「奇書シリーズ」(上下) 上 下 が、 1989-90年には選書版で「コンパクト版奇書シリーズ」(全7巻) 1 2 3 4 5 6 7 が刊行した。 1845年-1919年。 イギリスの宣教師で、中国古典を多数英訳した。 なお中野は、作者複数説を唱えている• 児童向けの訳本だが、『金陵世德堂版 西遊記』を定本に、清代での6種の版本に基づき、君島久子が校訂した。 「福音館古典童話シリーズ」 全2巻 1975年。 上 下 、「文庫版」 全3巻 2004年 1 2 3• 姓は陳であるが、江流はであり、成人する前に出家したからか玄奘のやの記述はない。 あるいは史実と同じく褘が諱で、陳褘という姓名か• ただし父・陳光蕋は生前に鯉となった竜王を助けたおかげで、死後蘇る• 南京の近くを流れる鎮江の西北、金山にある実在の寺• C0076。

次の