ファスティング やり方。 断食とダイエットと筋トレ全ての効果を出す唯一の方法【ファスティング】|石本美ボディブログ

ファスティングダイエットの正しいやり方と注意点!

ファスティング やり方

ファスティングとは? ファスティングとは、食事をせずに酵素ドリンクと水だけで過ごすプチ断食のことです。 完全に何も取らない絶食とは違い、ドリンクで、最低限のカロリーとビタミン・ミネラルを摂取しながら行うので無理なくできます。 ファスティングの由来は英語のfast(断食する という言葉からきています。 「fast」という言葉はあまり聞き慣れないかもしれませんが 朝食を表すbreakfast ブレックファスト は 「break(破ること)」+「fast(断食)」という意味の2語で出来ています。 つまり、breakfastは、「断食をやめる」=「昨日の夜からの断食をやめた食事(朝食)」という意味です。 breakfastという言葉の由来になるくらい前から断食という考え方が存在していることがわかります。 ファスティングをする得られる複数の効果! 実際にファスティングをしてどのような効果が得られるのか気になるところだと思います。 ファスティングをただのダイエット方法と誤解している人も多いのですが実際にはそれだけではありません。 ファスティングはただのダイエット法ではなく老廃物を体外へ排出し体を細胞レベルで蘇らせる健康法です。 断食をすると、普段休まず働いている内蔵を休めることが出来ます。 その為体内の毒素、有害物質を排出する事ができるのです。 さらに、必要最低限の栄養素で生活するのでダイエット効果もあるデトックス方法なのです。 実際にファスティングを行うことで期待できる効果は以下のとおりです。 ・ダイエット効果 ・大腸を始めとする臓器にたまった老廃物を排出(デトックス効果) ・理想の体重を保つ(最低限の栄養素で生活するので代謝が活発になり脂肪が燃える) ・五感が研ぎ澄まされる(色彩感覚が上がったり、味覚が繊細になる) ・美肌効果「体内の老廃物を排出できるので肌の状態を整える事ができます。 」 その他、アトピーをはじめとするアレルギー体質の人にも効果的です。 参考ページ: ドイツでは「ファスティングで治らない病は何をしても治らない」 フランスでは「ファスティングはメスを使用しない手術」 究極の自然治療のチベット医学では「断食は究極の解毒」「体質改善方法」として病気治療法として行われています。 このように海外では格言にもなっていて治療法の一つとしても取り入れられています。 断食は期間によって効果が変わる! 実際に行う方法は1食をドリンクに置き換える手軽な方法から、3日〜1週間断食する方法までさまざまです。 期間によって効果が変わるので、どの効果を得たいかをしってから実際に行うと良いでしょう。 いきなり長期間のファスティングを行うのは難しいので3日ファスティングをおすすめします。 どのようにやればいいの? 「実際に行うにはどのようにやればいいの?」と疑問にもつ方もいると思います。 準備するものは「ファスティング用ドリンク(酵素ドリンク)」と「水」を用意します。 最低限のカロリーと、ビタミン・ミネラルを摂取することで脂肪燃焼効果を高めるので、酵素ドリンクを用いる方法が良いです。 一般的には、ファスティング期間の3日間にのみを大きく取り上げているサイトが多いですが、 私の体験談としては前後の「準備期」と「復職期」をどれだけ正しく行うかで成果に差が出ます。 また、成功させるにはファスティングのときに飲むドリンク選びが重要です。 安いもの〜高いものまで、様々な種類がありますが値段で選ぶというよりは 高品質で添加物などが入っていないものを選んでください。 ファスティングを行う前の注意点 ・体調不良のときにはやらない ・水だけではなくからなず無添加のファスティングドリンクを使用する ・実施は年齢は16歳~80歳までの健康な方にしてください。 ・糖尿病や臓器障害などの持病がある方も控えてください。 臓器に負担のかからないものを取るのが良いです 具体的には「まごはやさしい」の食材です。 「ま」豆類 まめ:大豆、あずきなど 「ご」胡麻 ごま:ごま、ナッツ、クルミ、アーモンドなど 「わ」ワカメ 海藻類 わかめ、昆布、のりなど 「や」野菜 やさい:果物、野菜、根菜類など 「さ」魚類 さかな 「し」椎茸などのきのこ類 しいたけ:舞茸、エリンギ、松茸など 「い」芋 いも:ジャガイモ、サツマイモ、里芋など芋類 これらのものは消化によく、体に負担をかけない食べ物なので 意識的に取っていきましょう。 逆に、取らないほうが良いもの・・・肉、乳製品、ジャンクフード です。 ファスティング期間 3日〜6日(ファスティングは期間に合わせて飲む量を調整できます) 私が飲んだのは「ニューサイエンスのファスティング」ドリンクです。 ドリンクの容量は720mlで3日分です。 (1日240ml) 一日5回 48ml 計量カップがドリンクについているので測って飲む事ができます。 水分 ファスティングのドリンクとともに大切なのが水です。 1日に2〜4リットル飲むと良いです。 一気に飲むことは到底無理なので、毎時間200ml(コップ一杯)程度をこまめに飲むのがよでしょう。 また、ノンカフェインのお茶(ルイボスティーや一部ハーブティー等)でも大丈夫です。 他ファスティング中は体内に水分をためにくくなっているのでトイレの回数が増ええます。 こまめに水分補給をしましょう。 運動 ウォーキングなどの軽い運動は行って大丈夫です。 運動を行うことで代謝も良くなり、脂肪燃焼効果も高まるので是非取り入れてください。 軽度の場合はそのままファスティングを継続して大丈夫ですが、重度の場合は、ドリンクの量を増やす、塩を舐めるなどの対策をしても解消されない場合は回復食へと進み、ファスティングを中止しましょう。 復食期(回復食) 3日〜6日(ファスティングと同日数取るのが好ましい) 回復期は消化の良いものを食事で取っていきます。 ファスティング終了直後は「重湯やおかゆ」などをとり 回復食は徐々に、食事に慣れさせていきます。。 重湯やおかゆに抵抗のある人も多いと思いますが、実際にやってみると、このタイミングで食べるおかゆやおじやはかなり美味しいです。 味覚も繊細になっていて、米の甘みなどが感じられとても良いです。 回復食がかなり大事です。 この時期を怠ると、一気にリバウンドを起こしたり体調不良になったりするので注意してください。 胃や腸のなかがからの状態で、いきなり高タンパク、高脂質、高カロリーの食事を取ると一気に吸収しようとする力が強まり 体調不良や急激なリバウンドをしてしまいます。 1日目 朝 重湯 (おかゆよりゆるい食事) 大さじ一杯の炊いたお米と200mlのお水でゆっくり弱火で煮ます 昼 重湯 大さじ二杯にします。 実際に食べる前は量が少ないように感じますが、いざ食べるとおもったよりもすぐにお腹いっぱいになります。 夜 重湯 具のない味噌汁 1日目は主に重湯を中心に取っていきます。 そのままの重湯が食べにくい方は、梅干しや少量の塩と一緒に取ると格段に食べやすくなります。 2日目 おかゆ 具なしの味噌汁なども良いです。 3日目 雑炊 野菜などを少しずつ ファスティングの回復食に関しては以下のページにまとめてあります。 参考ページ: 終了後の感想 ファスティングを実行する前と後ではお腹周りが明らかに違います。 回復食を食べたときに実感するのですが、米本来の甘味や、食事のありがたさを再確認できます。 ファスティング効果の他には、食べることへの感謝も得ることができました。 食べれる環境が当たり前だったからこそ、食べない環境をあえて作り出し、食べる喜び、感謝を味わってみてはいかかでしょうか ファスティング時の注意点 ファスティング前後に食べてはいけない食事があります。 主に負担になるものはファスティング前後は控えましょう。 卵、肉や魚、乳製品などの動物性食品(消化に時間がかかる)• マンゴーやパイナップルなどの熱帯で作られたフルーツやジュース(糖質が高い)• パン、クッキー、パンケーキ、お好み焼きなどの体にたまりやすく消化に時間のかかる小麦粉を含む製品• お菓子類(白砂糖を使用したもの)• コーヒー、紅茶、緑茶、などのカフェインを含んだ飲料• 油脂を含んだ食品。 スナック菓子、バター、揚げ物、ナッツ類、ナッツ類、ドレッシングマヨネーズ、 当たり前ですがアルコールやタバコは全て禁止になります。 前後食では上記のものを控え、基本的にファスティング中は「酵素ドリンク」と「水」のみで行います。 酵素ドリンクの選び方 ファスティングを開始するためにどのような専用ドリンクを選べば良いのかをご紹介します! 酵素ドリンクは複数の種類がありますが、中には添加物が入っていたり薄められていたり ちゃんとしたものを選ばないと効果も薄く、危険な場合もあるので注意してください。 無添加を選ぶ 添加物が入っていると消化にエネルギーを多く消費するので臓器を休めることができず本来の効果を得られません。 加水率に要注意 あまりにも安いドリンクはこの加水率の高さを疑ったほうが良いです。 その分効果も薄れてしまうので、少し高くても効果の高いものを選びましょう。 糖分率に要注意 糖分の消化にも、エネルギーを使います。 体が休まらないので注意しましょう。 白砂糖使用はNG 白砂糖は砂糖の中でも特にからだに悪いので、入っているものはファスティングには向きません。 ファスティングをせっかく行うのに、添加物や臓器に負担のかかるものを入れるのは意味がないですし 効果が半減したり、置き換えても必要な栄養素が補えない場合があるものもあるので、それらを除外し 実際に使ってみてよかった酵素ドリンクを紹介します。

次の

ファスティングのやり方と効果を紹介!始めるのにベストな時期とは?

ファスティング やり方

ファスティングのやり方 ファスティングには 正しいやり方があります。 本来のファスティングは、元気を取り戻すためのものです。 酵素によるファスティングと、水だけの断食を比較してみましょう。 酵素は必要! 酵素によるファスティングが良いと思って私はファスティングしているわけですが、どんな酵素でも良いわけではありません。 市販の酵素はよくわからない添加物や糖類によって甘さを追加しているものばかりなので、ファスティングには 無添加の酵素を買うようにしています。 ファスティングでは体内がリセットされるので、できるだけ添加物は排除したいという考えです。 私のおすすめはこちらの酵素です。 準備期間• 断食期間• 回復期間 断食期間は酵素のみですごしますが、ファスティング1日というのはこの断食期間が1日ということです。 準備期間 ファスティングの効果を高めるやり方には、準備期間が必要です。 準備食というのは「まごわやさしい」品目で考えた献立にすると簡単です。 まめ(大豆、豆腐など)• ごま(ナッツなども)• わかめ(ひじきなどの海藻)• やさい(緑黄色野菜• しいたけ(きのこ類)• いも(低GIのサツマイモがおすすめ) 糖質制限とか糖質オフダイエットのメニューもこんな感じで組みますね。 こんな食事してたら勝手に痩せていきますが、ファスティングの準備食はこんな感じの食材で健康的な食事をします。 個人的にはいも類は少な目にするのがより痩せて良いかなと思います。 断食期間 ファスティングのメインイベント、断食期間です。 酵素ドリンクを2~3時間おきに飲みます。 1回20mlを水や炭酸水で5倍ぐらいに薄めて飲みます。 酵素ドリンクをこまめに飲むおかげで、 空腹感はほぼありませんでした。 あとは、テレビを見ないのもおすすめ。 テレビをつけると美味しそうな食べ物特集とかやってたりするので、断食期間にテレビを見ると高確率でイライラするか 失敗します。 (by体験談) 回復期間 ファスティングのやり方は、酵素を飲んで終わりではありません。 ファスティングがリバウンドしにくいと言われているのは、 回復期間によってリバウンドを抑えるからです。 回復期間でとる回復食で気を付けることは主に5つ。 回復食は糖質オフ食• 絶対グルテンフリー• カフェインとらない• よく噛んで食べる• 腹八分目 断食期間は酵素を飲んでいるので糖質やビタミンは体内にあります。 体重を落としたい場合はおかゆや芋などは回復食では食べないようにします。 それからグルテンフリーの食事にするのも大切です。 グルテン(小麦粉の成分)には、 食欲を増進させる作用があり、ファスティングの回復食には 絶対的に不向きです。 カフェインはファスティングでリセットされた体にとっては刺激が強すぎます。 下痢をしたり、胃痛が起こることもあるので 要注意です。 たった1日でも、酵素だけで過ごした断食期間を無駄にしないためにも、回復食には細心の注意を払いましょう。 よく噛んで、食べ過ぎないこともファスティングを成功させるコツです。 食事は毎日の楽しみでもあるし、美味しく食事を頂きたいので、たまには胃腸を休めることで 体内から元気になれる気がしています。 ファスティングのやり方は、3つの順番を守ることで 誰でも簡単にできます。

次の

断食とダイエットと筋トレ全ての効果を出す唯一の方法【ファスティング】|石本美ボディブログ

ファスティング やり方

ハーフファスティングは誰にでもできて我慢が少ないのでリバウンドしにくく安全なファスティング方法です。 今回はダイエットの心構えのコツとハーフファスティングのやり方と摂取していい食品、注意点、ハーフファスティングのメリットとデメリットをお伝えします。 ダイエットのコツは無理をしない頑張らない ダイエットを頑張るという発想自体が危険です。 モチベーションを無理して上げると絶対に下がります。 モチベーションで悩んでいる方はダイエットに対する考え方を勘違いしている可能性が高いです。 まず最初は3日間~1週間の短期間で1日1食のファスティングを行い体内のあらゆるデトックスをしましょう。 まずはどんなものか試してみるのもいいかと思います。 1食は好きなものを食べて大丈夫です。 もし無理なら中断して正しいファスティング方法を調べて勉強しましょう。 いきなり無理するとリバウンドする可能性が高くなります。 ファスティングの本当の目的は人生を1日1食か2食にする事なのでストレスは禁物です。 無理なく焦らず楽しんでファスティング人生を送っていれば気付いたら痩せています。 気長に食を楽しんで生活して半年後気付いたら10kg痩せてた。 ってなりますよ。 私がそうでした。 特に太ってあちこち悪い人程、ファスティングは効果が出やすく痩せやすいです。 体の不調もいつの間にか治ります。 間違っても体重計と日々にらめっこして落ち込んだり細かいカロリー計算はやめましょう。 基本的には1年単位で考えましょう。 最初は3ヵ月続けてみて変化を見ましょう。 ファスティングを簡単に成功させるコツの1つは酵素ドリンクを摂り入れる事です。 私は今も丸3年間以上その方法も取り入れています。 ハーフファスティングは安全で効果抜群 ハーフファスティングとは 通常の断食は水と塩又は梅干しのみで行いますがハーフファスティングは少量の果物や野菜を摂取してもいいというファスティングのやり方です。 私も日常的にハーフファスティングを行っています。 先程お伝えしたように通常の断食は水と塩 梅干し のみで行いますがこの方法でファスティングを行うとやはり筋肉も落ちますし長くは続けられません。 このような断食方法を行う時の目的は一気に体を飢餓状態に追い込んで集中して体内をデトックスして体の免疫力を一気に高める目的で行います。 本当に具合が悪くて仕方ない時に体調を回復させる時は水と塩で断食と考えるとイメージしやすいと思います。 しかし長期間行うには不向きです。 長期的に無理なく健康的に筋肉も落とさず、でもデトックス効果もあり脂肪も燃焼させる方法でファスティングしたいという方はハーフファスティングをおすすめします。 ハーフファスティングのやり方と摂取していい食品 ハーフファスティングのやり方は1日のうち朝昼の2食を抜いて夜1食の場合は断食中は果物や生野菜を少量摂取してOKです。 また、塩分補給で梅干しや具なしの味噌汁を摂取してもOKです。 夜の1食は普通に好きなものを摂取してOKです。 プチ断食中に摂取する果物や生野菜、梅干し、生味噌には酵素がたっぷり含まれているのでファスティングと合わせると相乗効果があります。 ファスティングに必要な食品と選び方はこちらの記事を参照ください。 果物や生野菜は固形物なのでゆっくりよく噛んで液状になってから飲み込むようにしましょう。 もしくは果物やGI値の低い野菜を低速ジューサーで液体にして摂取するのもおすすめです。 私はバナナや季節の果物、ジャラハニーなどを少量食べます。 液体では水と酵素ドリンク、甘酒を飲みます。 こうやって考えると割と食べてると思いませんか? そう、だから全然つらくないんです。 ただしあくまで固形物の摂取を中断して体を一時的に飢餓状態にするのがファスティングです。 なのでフルーツを食事のようにたらふく食べてはいけません。 ファスティングの意味がなくなってしまうので。 夜1食の食事は普通に食べて大丈夫なので安心して好きなものをよく噛んで食べましょう。 食事のコツはGI値の低い食品から食べて血糖値の上昇を緩やかにしてあげる事が大事です。 ハーフファスティングのメリットとデメリット ハーフファスティングのメリット ハーフファスティングのメリットはリバウンドのリスクも少なく誰でも安全に簡単にできる点です。 しかも効果抜群、長期間可能です。 私はハーフファスティングが人生です。 果物を摂取してもいいので空腹感がまぎれて筋肉も維持できるのでストレスなく長期間続けられます。 私は体組成計で体脂肪率や筋肉量を毎朝チェックしながら前日の食事も考えて果物を摂取するか液体のみにするか昼食は食べるか日々自分でメニューを考えます。 毎日の試行錯誤が楽しいです。 その結果少量でも果物を摂取していると筋肉が落ちにくい事がわかりました。 朝は起床後3時間は空けてから黒バナナを1本食べます。 あとは冷蔵庫にある季節の果物を少量食べます。 今の夏の時期ならスイカやパイナップル、キウイ、桃などです。 ハーフファスティングのデメリット ハーフファスティングのデメリットは特にありませんが水と塩 梅干し のみのファスティングよりは効果が多少劣ります。 しかし充分な効果はありますし長期的に考えれば人生が変わる程の効果があります。 ハーフファスティングは筋肉が落ちにくい分、ある程度ファスティング経験者でデトックスや血液浄化もできていて体脂肪率もある程度落ちていて自分の体重や体脂肪率管理ができる人ならハーフファスティングで1. 5食を挟みながら様子を見るとこちらのやり方の方が体を維持できる場合もあります。 私はハーフファスティングの方があっているのでやるならほぼこちらのやり方です。 1日2食のプチ断食 ファスティング 朝食を抜くだけの1日2食のプチ断食 長期で続けるなら朝食を抜くだけの1日2食のファスティングはかなりおすすめです。 ただし外食時のご飯の量は多過ぎるので1日トータルの分量で調整しましょう。 この場合は朝食はできればハーフファスティングとは違い水だけにした方が効果があります。 生野菜や果物を低速ジューサーで液状にして飲み酵素やフィトケミカルを補給するのもおすすめです。 ファスティングというと完全に断食するというつらいイメージを持たれる方も多いようです。 無理な断食を長期間行い準備食や復食がうまくいかず失敗してリバウンドする話もよく聞きます。 さらには断食前より体調が悪くなったりする人もいますが完全に欲張り過ぎです。 無理だ、つらいと思ったら躊躇なくすぐ中断しましょう。 まずは1日1食を3日間やってその後2食にするなどして徐々に慣らしていきましょう。 無理をしてはいけません。 楽をしましょう。 1日1食のファスティングを3日間行う方法についてはこちらを参照ください。 プチ断食中の炭水化物ご飯の量 ご飯は丸1日で考えて茶碗一杯は摂取しましょう。 1日2食なら茶碗一杯を2食で好きな分量に分けるなど自分に合うスタイルをつくっていきましょう。 最初は2食共茶碗一杯ずつ食べてもOKです。 最初は大盛りをやめるだけでも充分な効果があります。 焦らずマイペースでまずは1年計画、3年計画でやっていきましょう。 1年続けられないダイエット方法をしているなら今すぐやめるべきです。 ほぼ間違いなく成功しません。 リバウンドして逆にダイエット前より体重が増える可能性もあります。 私は2016年の7月から2019年8月現在まで基本的に1日2食です。 最近は前日食べ過ぎたり体脂肪率が気になったり少し体調悪いなと思ったら1日1食にします。 週1日決めた曜日に1食にした方がやりやすいならそれもいいでしょう。 私は1日2食といっても昼のご飯の量はかなり少なめです。 たまに普通に定食を食べる時もありますが最近は昼食のご飯の量は茶碗半分位の量を卵かけご飯か納豆ご飯にして食べます。 夜は普通にお酒飲みながらご飯は茶碗少な目一杯食べます。 炭水化物は抜いて0にしてはいけません。 1食は普通に食べましょう。 このように私は昼食はご飯少な目、夜はそれより少しだけ多めですがその逆で昼はご飯の量は普通盛りにして夜はその半分程にしするなど気分で変えています。 まとめ 以上、私が20kgのダイエットに成功したおすすめのハーフファスティングのやり方と考え方でした。 これからも私が20kgのダイエットに成功したファスティングの方法を出し惜しみする事なくお伝えしていきます。 ただ最後に大事な事をお伝えします。 ファスティングの本来の目的はダイエットだけではありません。 体の内側から健康になり免疫力を高めあらゆる病気を予防する事です。 その結果自然とダイエットにも成功している感覚です。 正しい食生活を送っていれば肥満にはならないし肥満も解消されるという事です。 ここを忘れずにいて頂きたいです。 今回も最後までご覧頂きありがとうございました。

次の