エクスプローラー 検索 できない。 Windows10でエクスプローラーの検索ボックスの検索履歴を消すやり方

「Windows 10」のエクスプローラー画面を設定する方法

エクスプローラー 検索 できない

windows10のバージョン1909が、2019年11月に提供開始されました。 このフォルダ右上にある検索ボックスは、それ自体は以前からありますが、1909で機能強化されており、過去に検索した文字列がアイコン付きで表示されるようになっています。 しかし、1909にアップデートしてから、フォルダ右上の検索ボックスがうまく動作しない、という問題がたびたび発生するようです。 2020年1月末頃に公開されたアップデート「KB4532695」で、その不具合はかなり解消されているようです。 windowsアップデートで取得が可能なので、気になる方は早急に取得しましょう。 症状としては、 ・文字を打ち込もうとしても検索ボックスが反応しない ・反応しても動きが鈍い といったことが挙げられます。 また、全く反応しないわけではなく、しつこくクリックしているとカーソルになったりするなど、明らかに動きがおかしくなっています。 ローカルのフォルダではそれほどでもないですが、ネットワーク先を開いたフォルダだと、かなりの確率で動きが鈍くなるようです。 Contents• 対策 タスクマネージャからエクスプローラーを再起動 すぐ使えるようにする一番確実な方法は、その場でタスクマネージャからエクスプローラを再起動することです。 今開いているウインドウはすべて閉じられてしまいますが、全く反応しなかった検索ウインドウが使えるようになります。 windows10を1903に戻す windows10は、基本的にはバージョン退化はできません。 しかし、今回の1903から1909のバージョンアップは、更新プログラムがかかっているだけなので、その更新プログラムを削除すると、バージョンも1909から1903に戻ります。 現在は、このアップデートプログラムのアンインストールはできなくなっているようです。 コントロールパネルから「November 2019 Update」を有効化する更新プログラム「KB4517245」をアンインストールすることで、OSバージョンが「Windows 10 May 2019 Update(バージョン 1903)」に戻ります。 とはいえ、一度1909にしたのであれば、できることなら戻さずに済ませたいものです。 早くこの不具合が修正されるのを待つばかりです。

次の

windows10を1909にアップグレードしたら、フォルダの検索ボックスに文字が入力できないことがある?その対処法

エクスプローラー 検索 できない

ファイルの中の文字列も含めて検索する方法 それではさっそく、Windows10でファイルの中の文字列も含めて検索してみましょう! フォルダーオプションを設定する Windows10でファイルを検索するにはエクスプローラーを使います。 ファイルの中の文字列も含めて検索するようにするには、フォルダーオプションを設定します。 スタートボタンを右クリックし、「エクスプローラー」を開きます。 エクスプローラーの「表示」タブにある「オプション」をクリックします。 フォルダーオプションが開きました。 「検索」タブにある「ファイル名と内容を常に検索する」にチェックをいれ、「OK」ボタンをおします。 これでファイル内の文字列を検索するエクスプローラーの設定は完了しました。 エクスプローラーで検索する エクスプローラーでファイルを検索するには検索ボックスを使います。 エクスプローラーの右側にある「~の検索」と表示される入力ボックスですね。 この検索ボックスに、探したいファイルの中の文字列を入力します。 ファイルに含まれる文字列を検索する ファイルに含まれる文字列をエクスプローラーで検索するには、この検索ボックスに文字列を入力します。 例えば、「東京駅」という文字が含まれるEXCELファイルを検索します。 ファイル名は思い出せません。 「東京駅」はEXCEL内に保存された文字で、ファイル名ではありません。 検索ボックスに「東京駅」と入力すると、「連絡先. xlsx」というファイルが検索できました。 このファイルに確かに「東京駅」という文字が含まれていました。 通常、この手の検索はテキスト形式のみですが、Windows10のエクスプローラーではこのようにバイナリ形式のEXCELも検索できます。 さすがマイクロソフト製品ですね! ファイルに含まれる一部の文字列であいまい検索する 探したい文字自体も完全にわからない場合もあります。 その場合、文字列の一部でも検索(あいまい検索)できます。 先ほどと同じ文字で「東京駅」ではなく「東京」で検索しましたが、検索することができました。 このように、文字列の一部だけでも検索することができました。 これで、Windows10のエクスプローラーを使ってファイルの中の文字列も含めて検索することができました。 以上、Windows10 でファイルの中の文字列も含めて検索する方法でした。

次の

エクスプローラーで検索できない/反応しない/入力できない時の対処法

エクスプローラー 検索 できない

膨大なファイルが蓄積されていくと、お目当てのファイルが何処にあるのかが分からなくなってしまいます。 しかしエクスプローラーに検索機能があるため、様々に検索する事が出来ます。 例えば、「売上」に関するファイルを「PC」から検索したい場合は、エクスプローラーの検索ボックスに「売上」と入力し、エンターを押すと検索が始まります。 PCで検索すると全てのドライブを検索するので時間がかかる事があります。 「ドキュメント」から「売上」を検索すると即座に出来ます。 検索キーワードはタイトルでなく、ファイルの内容に含まれるキーワードでも検索する事が出来ます。 例えば「醤油ラーメン」で検索すると、「醤油ラーメン」というファイル名はありませんが、醤油ラーメンという言葉が使われているファイルを検索結果として表示します。 醤油ラーメンで検索しても検索結果は表示しますが、醤油ラーメンというキーワードはありません。 「売上集計. xlsx」を開いてみると、「醤油ラーメン」というセルがあります。 エクスプローラーの「検索タブ」からは様々な条件で検索する事が出来ます。 「検索タブ」は検索ボックスをクリックすると表示します。 「更新日」からは今日、昨日、今週、先週などから検索出来ます。 「分類」からは様々な項目から検索出来ます。 「サイズ」からはファイルのサイズから検索出来ます。 「その他のプロパティ」からは「撮影日時」からも検索する事が出来ます。

次の