広中雅志。 広中雅志 (ひろなかまさし)とは【ピクシブ百科事典】

広中雅志は「銀河英雄伝説」のキルヒアイス!よく聞けばナレーションの声だった!

広中雅志

略歴 [編集 ] 映画学科。 人物 [編集 ] 以前は東京放送児童劇団、事務所に所属していた。 主にのので活躍している。 特に、の特番でのナレーションが多い。 『』の役に思い入れが深く、自身の代表作であると述べている。 「もしも彼の声をまた演じることができるなら、ほかの仕事を断ってでも駆けつける」と公言したことがあるほどだった。 同じく『銀河英雄伝説』のインタビューで、は「最年少は僕と広中さん」と語っている。 出演 [編集 ] テレビアニメ [編集 ] 1983年• (ボクシング部員)• () 1984年• (全田一耕助)• (水兵、航海士、漁師、通信員、観測員)• (写真部生徒)• (香取仁、暴走族、マーチ、スネークバン、管制官 他)• (1984年 - 1987年、部下A、ロック) - 2シリーズ• (正木、警官) 1985年• (ロベリア、副隊長)• (悪童)• (1985年 - 1988年、原、忠吉、イワナ坊主、カラス天狗B、ぬっぺらぼうC、かまいたち〈代役〉、ひょうすべ 他)• (ローニン・サナダ)• (善院秀吾、ハチ公、亜切須腱、投手、部員) 1986年• (メフィラ)• (魔矢 、オリバー)• (アナウンサー) 1987年• (1987年 - 1988年、青年、バスケット部員、直樹、優ちゃん)• (白井玉夫)• (助六、小助セブン、ツタンアーメン、聖金太魁) 1988年• (男B)• (狼) 1989年• (中里靖夫、運転手)• (ドイル)• (サービス員)• (炎くん) 1993年• (アイアンマスク、カラマゾフ)• (雄一郎) 1998年• (フライヤー) 2004年• (クリストフ・ジーヴァーニッヒ) 2016年• (特別ナレーション) 2018年• (ナレーション) 劇場アニメ [編集 ] 1983年• (加納) 1984年• (コンピュータヴォイス ) 1985年• (警官C) 1986年• (司会者)• (一本だたら) 1987年• 勝利投手(天野)• (地底人) 1988年• (1988年 - 1993年、 ) - 2作品• (つっぱり坊主) 1989年• 変幻退魔夜行奈良怨霊絵巻(辰王-池田洋江) 1992年• (アルン・ハラド) OVA [編集 ] 1985年• (恩田二郎) 1986年• (ヒューマノイド)• (ユウ) 1988年• (1988年 - 2000年、ジークフリード・キルヒアイス ) - 9作品• (アナウンサー)• (井冰鹿)• 1989年• (鳥飼修一)• (医者)• (ザンクルス)• (片桐宗政)• (神田鉄雄)• (雷電) 1990年• (蛇島)• (男)• (ザクト) 1991年• (氷室上総) 1992年• (真澄公彦)• (闇主) ゲーム [編集 ] 1989年• 1990年• (アックス・バトラー)• (1990年 - 1992年、役名不明) - 2作品• ファイナルゾーンII(ハワード・ボウイ) 1992年• (ジョウ・ダグボーン)• (レムノス)• (アポロン) 1994年• (マリオン) 1996年• (1996年 - 1998年、ジークフリード・キルヒアイス) - 3作品 1997年• ザ・マッチゴルフ(羽須美京介) 1999年• () ドラマCD [編集 ]• ドラマCD(アルン・ハラド)• 新撰組異聞 蒼き狼たちの神話2 浅葱色の夜明け()• サウンドファンタジー 雲上楼閣綺談(三日月) ラジオドラマ [編集 ]• 皇帝の密使(昭和61年) 吹き替え [編集 ]• (デイヴ)• 第4話(弁護士)• (囚人たち)• 天才アカデミー• 第25話(男) CMナレーション [編集 ]• 「人生投げたらイカン」(ナレーション、出演は、1985年)• バレーボールTwin• キャンディシリーズ• 7代目「やわらかい都市」編 1985年-1986年• 2代目 1995年• マーメイド「アイス」 朗読・オーディオブック [編集 ]• 外伝 ユリアンのイゼルローン日記()• 外伝 黄金の翼() ナレーション [編集 ] 現在 [編集 ]• (テレビ東京)• (『世界が変わった日』シリーズ()ほか• (テレビ東京)• の謎解き歴史ミステリー()• (TBS) 過去 [編集 ]• (日本テレビ、「」、「」「」「」「」「」「」「」「」)• (日本テレビ)• (・フジテレビ) - 番宣ナレーション(第8話 - 最終話)• 緊急特番!! 巨人軍優勝 秘 話大激白SP (2002年11月1日、日本テレビ)• (テレビ朝日)• (TBS)• (TBS)• (フジテレビ)• (、「ジキル」部分、特番時代のみ)• (日本テレビ、2007年12月23日のスペシャルのみ)• (、「クイズ! スターの家族は謎だらけ? 」のみ)• (毎日放送)• (テレビ東京)• (テレビ東京)• 特別エンターテインメント『話題の偉人! ホントはヘンな人だった ウケる! 偉人伝』(2018年10月5日、日本テレビ) ほか パチンコ・パチスロ [編集 ]• (ナレーション)• ぱちスロAKB48〜バラの儀式〜(ナレーション) その他コンテンツ [編集 ]• MAiDiGiTV 「パピコ」ウェブ動画「銀河エエ湯伝説」編(ジークフリード・キルヒアイス) 脚注 [編集 ]• 『声優事典 第二版』、1996年、247頁。 4-87376-160-3。 2019年9月20日閲覧。 タレントデータバンク. 2019年9月20日閲覧。 2019年9月20日閲覧。 『日本タレント名鑑(1988年版)』VIPタイムズ社、1988年、203頁。 銀河英雄伝説 ON THE WEB. 2020年1月25日閲覧。 銀河英雄伝説 ON THE WEB. 2020年1月27日閲覧。 東映アニメーション. 2016年7月10日閲覧。 マッドハウス. 2016年6月8日閲覧。 マッドハウス. 2016年5月22日閲覧。 銀河英雄伝説 ON THE WEB. 2016年6月21日閲覧。 の番組内でナレーションも兼任。 、2015年7月27日閲覧。 2019年10月1日閲覧。 外部リンク [編集 ]• - (英語)• 井上里奈• 田中栄理奈• ジュニア• 浅野良介• 浅見泰生• 芦田もえな• 安立陽介• 安室志穂• 新井遥夏• 荒木唯織• 石川拓也• 石塚瑞姫• 板野光歩• 稲葉風太• 稲岡晃大• 井上寧子• 上杉華子• 宇津宮千穂• 宇野翔真• 榎本蓮• 江畠洋平• 大久保舞子• 岡﨑陽平• 岡本彩夏• 岡本卓也• 尾高慶安• 小平桃歌• 小野元春• 影山優亜• 片貝直生• 角倉英里子• 川口桜• 川口莉奈• 菅野哲平• 橘内良平• 木村圭吾• 木村悠里• 國枝慧• 熊谷主樹• 倉木理帆• 後藤恵里菜• 權内隆介• 斉藤明日美• 坂田恵理歌• 佐藤悠雅• 篠塚理子• 下川幸乃• 白沢由梨• 新保レイ• 園田翔• 高田哲樹• たくみ• 竹内大生• 田中啓太郎• 田中章貴• 玉田志織• 椿佑子• 寺田瑞希• 寺元七都子• 富岡佑介• 冨田華奈• 土井飛雄馬• 中井允• 夏目妃菜• 西村俊樹• 橋本慶• 長谷川天音• 羽田茉夏• 服部友香• 早坂領晏• 林美咲• 日向朔公• 廣岡璃奈• 福井爽香• 藤澤奨• 古川将樹• 古里紗希• 外尾謙吾• 増永萌子• 間宮香• 丸岩あすか• 丸口咲• 水田新菜• 水野絢渡• 宮田海地• 宮部祐磨• 三好さつき• 森本太登• 森本千尋• 八木沼凌• 谷嶋駿温• 山下歩• 山田真理恵• 羊宮妃那• 吉永理沙• 渡邉はるか.

次の

銀河英雄伝説 ON THE WEB

広中雅志

略歴 [編集 ] 映画学科。 人物 [編集 ] 以前は東京放送児童劇団、事務所に所属していた。 主にのので活躍している。 特に、の特番でのナレーションが多い。 『』の役に思い入れが深く、自身の代表作であると述べている。 「もしも彼の声をまた演じることができるなら、ほかの仕事を断ってでも駆けつける」と公言したことがあるほどだった。 同じく『銀河英雄伝説』のインタビューで、は「最年少は僕と広中さん」と語っている。 出演 [編集 ] テレビアニメ [編集 ] 1983年• (ボクシング部員)• () 1984年• (全田一耕助)• (水兵、航海士、漁師、通信員、観測員)• (写真部生徒)• (香取仁、暴走族、マーチ、スネークバン、管制官 他)• (1984年 - 1987年、部下A、ロック) - 2シリーズ• (正木、警官) 1985年• (ロベリア、副隊長)• (悪童)• (1985年 - 1988年、原、忠吉、イワナ坊主、カラス天狗B、ぬっぺらぼうC、かまいたち〈代役〉、ひょうすべ 他)• (ローニン・サナダ)• (善院秀吾、ハチ公、亜切須腱、投手、部員) 1986年• (メフィラ)• (魔矢 、オリバー)• (アナウンサー) 1987年• (1987年 - 1988年、青年、バスケット部員、直樹、優ちゃん)• (白井玉夫)• (助六、小助セブン、ツタンアーメン、聖金太魁) 1988年• (男B)• (狼) 1989年• (中里靖夫、運転手)• (ドイル)• (サービス員)• (炎くん) 1993年• (アイアンマスク、カラマゾフ)• (雄一郎) 1998年• (フライヤー) 2004年• (クリストフ・ジーヴァーニッヒ) 2016年• (特別ナレーション) 2018年• (ナレーション) 劇場アニメ [編集 ] 1983年• (加納) 1984年• (コンピュータヴォイス ) 1985年• (警官C) 1986年• (司会者)• (一本だたら) 1987年• 勝利投手(天野)• (地底人) 1988年• (1988年 - 1993年、 ) - 2作品• (つっぱり坊主) 1989年• 変幻退魔夜行奈良怨霊絵巻(辰王-池田洋江) 1992年• (アルン・ハラド) OVA [編集 ] 1985年• (恩田二郎) 1986年• (ヒューマノイド)• (ユウ) 1988年• (1988年 - 2000年、ジークフリード・キルヒアイス ) - 9作品• (アナウンサー)• (井冰鹿)• 1989年• (鳥飼修一)• (医者)• (ザンクルス)• (片桐宗政)• (神田鉄雄)• (雷電) 1990年• (蛇島)• (男)• (ザクト) 1991年• (氷室上総) 1992年• (真澄公彦)• (闇主) ゲーム [編集 ] 1989年• 1990年• (アックス・バトラー)• (1990年 - 1992年、役名不明) - 2作品• ファイナルゾーンII(ハワード・ボウイ) 1992年• (ジョウ・ダグボーン)• (レムノス)• (アポロン) 1994年• (マリオン) 1996年• (1996年 - 1998年、ジークフリード・キルヒアイス) - 3作品 1997年• ザ・マッチゴルフ(羽須美京介) 1999年• () ドラマCD [編集 ]• ドラマCD(アルン・ハラド)• 新撰組異聞 蒼き狼たちの神話2 浅葱色の夜明け()• サウンドファンタジー 雲上楼閣綺談(三日月) ラジオドラマ [編集 ]• 皇帝の密使(昭和61年) 吹き替え [編集 ]• (デイヴ)• 第4話(弁護士)• (囚人たち)• 天才アカデミー• 第25話(男) CMナレーション [編集 ]• 「人生投げたらイカン」(ナレーション、出演は、1985年)• バレーボールTwin• キャンディシリーズ• 7代目「やわらかい都市」編 1985年-1986年• 2代目 1995年• マーメイド「アイス」 朗読・オーディオブック [編集 ]• 外伝 ユリアンのイゼルローン日記()• 外伝 黄金の翼() ナレーション [編集 ] 現在 [編集 ]• (テレビ東京)• (『世界が変わった日』シリーズ()ほか• (テレビ東京)• の謎解き歴史ミステリー()• (TBS) 過去 [編集 ]• (日本テレビ、「」、「」「」「」「」「」「」「」「」)• (日本テレビ)• (・フジテレビ) - 番宣ナレーション(第8話 - 最終話)• 緊急特番!! 巨人軍優勝 秘 話大激白SP (2002年11月1日、日本テレビ)• (テレビ朝日)• (TBS)• (TBS)• (フジテレビ)• (、「ジキル」部分、特番時代のみ)• (日本テレビ、2007年12月23日のスペシャルのみ)• (、「クイズ! スターの家族は謎だらけ? 」のみ)• (毎日放送)• (テレビ東京)• (テレビ東京)• 特別エンターテインメント『話題の偉人! ホントはヘンな人だった ウケる! 偉人伝』(2018年10月5日、日本テレビ) ほか パチンコ・パチスロ [編集 ]• (ナレーション)• ぱちスロAKB48〜バラの儀式〜(ナレーション) その他コンテンツ [編集 ]• MAiDiGiTV 「パピコ」ウェブ動画「銀河エエ湯伝説」編(ジークフリード・キルヒアイス) 脚注 [編集 ]• 『声優事典 第二版』、1996年、247頁。 4-87376-160-3。 2019年9月20日閲覧。 タレントデータバンク. 2019年9月20日閲覧。 2019年9月20日閲覧。 『日本タレント名鑑(1988年版)』VIPタイムズ社、1988年、203頁。 銀河英雄伝説 ON THE WEB. 2020年1月25日閲覧。 銀河英雄伝説 ON THE WEB. 2020年1月27日閲覧。 東映アニメーション. 2016年7月10日閲覧。 マッドハウス. 2016年6月8日閲覧。 マッドハウス. 2016年5月22日閲覧。 銀河英雄伝説 ON THE WEB. 2016年6月21日閲覧。 の番組内でナレーションも兼任。 、2015年7月27日閲覧。 2019年10月1日閲覧。 外部リンク [編集 ]• - (英語)• 井上里奈• 田中栄理奈• ジュニア• 浅野良介• 浅見泰生• 芦田もえな• 安立陽介• 安室志穂• 新井遥夏• 荒木唯織• 石川拓也• 石塚瑞姫• 板野光歩• 稲葉風太• 稲岡晃大• 井上寧子• 上杉華子• 宇津宮千穂• 宇野翔真• 榎本蓮• 江畠洋平• 大久保舞子• 岡﨑陽平• 岡本彩夏• 岡本卓也• 尾高慶安• 小平桃歌• 小野元春• 影山優亜• 片貝直生• 角倉英里子• 川口桜• 川口莉奈• 菅野哲平• 橘内良平• 木村圭吾• 木村悠里• 國枝慧• 熊谷主樹• 倉木理帆• 後藤恵里菜• 權内隆介• 斉藤明日美• 坂田恵理歌• 佐藤悠雅• 篠塚理子• 下川幸乃• 白沢由梨• 新保レイ• 園田翔• 高田哲樹• たくみ• 竹内大生• 田中啓太郎• 田中章貴• 玉田志織• 椿佑子• 寺田瑞希• 寺元七都子• 富岡佑介• 冨田華奈• 土井飛雄馬• 中井允• 夏目妃菜• 西村俊樹• 橋本慶• 長谷川天音• 羽田茉夏• 服部友香• 早坂領晏• 林美咲• 日向朔公• 廣岡璃奈• 福井爽香• 藤澤奨• 古川将樹• 古里紗希• 外尾謙吾• 増永萌子• 間宮香• 丸岩あすか• 丸口咲• 水田新菜• 水野絢渡• 宮田海地• 宮部祐磨• 三好さつき• 森本太登• 森本千尋• 八木沼凌• 谷嶋駿温• 山下歩• 山田真理恵• 羊宮妃那• 吉永理沙• 渡邉はるか.

次の

広中雅志 (ひろなかまさし)とは【ピクシブ百科事典】

広中雅志

概要 [ ] (現在の)生まれ。 両親は再婚同士で、15人兄弟の7番目として生まれた。 父は大手の呉服商や織物工場を営み、戦前はかなり裕福な家庭で育った。 にに入学。 しかし中学2年からはでの兵器製造にされ、学業は停止。 召集された長兄と次兄は戦死し、父の会社も戦後は没落。 父は衣料品の行商人として平祐たちを育てた。 に進学。 からはに3年間留学し、特異点解消の研究に打ち込む。 在籍中のには半年間、の高等科学研究所の客員研究員に。 、の講師の職を得て各種の多様体上の特異点の解消に関する研究に打ち込む。 、自宅で構想中に得たひらめきを基に定理を構築し、に論文を発表。 この研究が認められ、にを受賞した。 1964年、の教授に招聘される。 からはハーバード大学教授。 、昭和生まれでは初のを受章。 同年から京都大学教授も兼任(1988年退任)。 妻は元でを務めた、。 娘のも数学者で教授。 人物 [ ]• 幼少時、分からないことがあると何でも質問するため、母親から「なぜなぜ坊や」と呼ばれていた。 母親は疑問に答えられないと、「偉い人に聞けば分かるだろう」と町の医者や神主のところに平祐を連れて行き、答えを尋ねてくれたという。 若い頃はピアノの演奏家、作曲家を志していた。 ピアノは高校時代にほとんど独学したが、始めた時期が遅いことからプロの演奏家になることはあきらめた。 中学1年の時、2歳上の姉が悩んでいた数学の因数分解の問題をのぞき見、教科書の公式を見てすらりと解いてしまう。 後年「数学が面白いと初めて感じた瞬間だった」と振り返っている。 京都大学の学生時代はの研究室に入り、厳しい指導を受ける。 日本人3人目のフィールズ賞受賞者・も秋月研究室出身。 特異点解消問題について、1963年にで講演した。 その内容は、一般的に考えるのでは問題があまりに難しいから、様々な制限条件を付けた形でまずは研究しようという提案であった。 その時、が立ち上がり、問題を解くためには、広中が提案したように制限をつけていくのではなく、むしろ逆にもっと理想化した難しい問題を設定して、それを解くべきであると言った。 その後、広中は制限を外して理想化する形で解き、の受賞業績となる。 ではに師事。 同門下に(1974年フィールズ賞受賞)がおり、広中は後年「ランチを食べながらお互いに教え合い、刺激しあった」と語っている。 から要請があっての研究員としてパリに滞在していた、語学学校で指揮者のと出会い、親交を結ぶ。 1960年、小澤がバークシャー音楽祭(現・)に出演するため来米すると、広中が車を運転して空港から送迎したという(小澤はこの時、最高賞の賞を受賞し、アメリカで名声を得るきっかけとなる)。 数学教育に積極的に取り組んでいることでも知られる。 数理科学に強い情熱と優れた資質を持つ若者に学年や地域の壁を越えた交流の機会を提供するために、に第1回夏季セミナーを主催。 には財団法人を設立し、代表に就任。 1992年からは小学生対象の「」会長。 ほかにの・数学の監修も担当している。 座右の銘は「素心深考」。 略歴 [ ]• 1950年、卒業• 1954年、卒業• 1956年、京都大学理学研究科で修士号取得• 1960年、で博士号取得• 1960年、講師• 1961年、ブランダイス大学助教授• 1963年、ブランダイス大学准教授• 1963年、京都大学理学研究科より博士号を取得。 題は「The resolution of singularities of an algebraic variety」• 1964年、教授• 1967年、受賞• 1968年、ハーバード大学教授(1992年まで)• 、受賞• 1975年、教授(1988年まで)• 1975年、受章• 1984年、 設立代表• 1990年、ハーバード大学名誉教授 William Elwood Byerly Professorship in Mathematics• 1996年、学長に就任(2002年まで)• 2004年、(シュバリエ章)受章• 2008年、教授 著書 [ ]• 『広中平祐の家庭教育論 可能性をひきだす教育』 1978• 『広中平祐の教育探検』 1979• 『創造力をはぐくむ 21世紀への教育論』横浜パースデザインアカデミー 1980• 『広中平祐の数学教室 誰でも数学が好きになれる』 1980• 『創造的に生きる』 1981• 『広中平祐の家庭教育論 可能性をひきだす教育』講談社 オレンジバックス 1981• 『私の生き方論 広中平祐対談集』 1981 のち文庫• 『「可変思考」で創造しよう 企画・教育・技術への発想テキスト』 カッパ・ホームス 1982 のち文庫• 『学問の発見』 1982 『生きること学ぶこと』 1984• 『広中平祐素心対談』佼成出版社 1983• 『科学の知恵心の智慧』佼成出版社 1985• 『超一流企業リーダーの頭の中 広中平祐・エグゼクティブ対談』光文社 1985• 『雲の如く』(ドキュメント・わが母) 1986• 『湧源国家論 豊かさの後に何を創造するのか』 1988• 『代数幾何学』講義 記録 ,,編 2004 共著 [ ]• 『数学とエロチシズム』共著 講談社 1977 のち文庫• 『日本を語る』共著 1977• 『やわらかな心をもつ ぼくたちふたりの運・鈍・根』対談 創世記 1977 のち• 『子供の教育と親のかかわり』広中和歌子共著 聖教新聞社 1979• 『青年の翼 若い日本人のための12章』編著 パナジアン 1980• 『若い日本人のための12章』編著 パナジアン 1980• 『解析空間入門』共著 数理科学ライブラリー 1981• 『広中平祐・和歌子の教育相談 知欲と個性を伸ばすために』広中和歌子共著 1982• 『知の発見-叡知』共著 てらこや出版 寺小屋叢書 1983• 『親ならいまこそ考えよう 子供の学力、個性を伸ばす"環境"づくりをめざして… 対談』共著 JCA出版局 本物の教育シリーズ 1986• 『素心・素願に生きる 対話』共著 1989 のちライブラリー• 『現代数理科学事典』編 1991 2009• 『人生は六十歳から 天命に生きる 生きる指針・勇気・希望を与える』共著 ダイヤモンドセールス編集企画 1994 翻訳 [ ]• 『フラクタル幾何学』監訳 1985 のち 監訳として名前を出してはいるが翻訳作業自体はによって行われた。 出演 [ ] CM [ ]• テレビ(1970年代)• () 脚注 [ ]• 1963. 1-1969. 1969. 1-1972. 1972. 1-1976. 1976. 1-1979. 1979. 2-1983. 1983. 2-1985. 1985. 31-1987. 1987. 31-1991. 1991. 31-1993. 1993. 31-1996. 1996. 1-1998. 1998. 1-2001. 2001. 1-2003. 2003. 1-2007. 2007. 1-2009. 2009. 1-2011. 2011. 1-2014. 2014. 1-2017. 2017. 1-2020. 2020. 1-現職.

次の