クライシス アクター と は。 クライシスアクターとは

この事件も

クライシス アクター と は

これまで水面下で続いていたアメリカの内戦が表に現れたと見て良いでしょう。 Qの中心人物とみられるは、統合参謀本部議長についており準備は整っています。 トランプ政権が中距離核戦力(INF)全廃条約の凍結声明を出したことに関して、これは対ロシアではなく、トランプ大統領は内戦の準備をしていると説明しました。 今回の暴動で低出力核兵器が使われるとは思いませんが、米国社会を混乱に陥れ米国を破壊するために暴動を起こしているディープステートへの強烈な脅しにはなっていると思います。 さて、そのQが「良く見つけた ありがとう アノンたち」と言っているフェイクニュースをご覧ください。 ニュースのLIVE映像として流れたものが、実は映画のシーンだったというもの。 しかし、良くこれが見つけられますね。 ジョージ・フロイド氏がポルノ男優だったことは、すでにお伝えしましたが、警察官デレク・ショービンも俳優だと判明したとのことです。 今回も例にもれず、クライシスアクターによる偽旗事件だったことが分かります。 おそらくトランプ大統領は、国内の敵を想定していると思います。 に、トランプ大統領はペンタゴンのために低出力核兵器を新たに獲得しようと推し進めるのに成功したとあります。 要するに、トランプ大統領は内戦の準備をしているわけです。 なので、中距離・短距離ミサイルも、アメリカ国内の主に地下にあるディープ・ステートの基地、具体的には秘密の宇宙プログラム(SSP)の秘密基地を破壊するためのものではないかと思います。 先のソルカ・ファール情報には、疑うことを知らないアメリカの人々にもうじき恐怖政治を敷こうと期待していた アメリカの社会主義・共産党の諸都市 を、トランプが破壊しつくそうとしていると書かれています。 (竹下雅敏) 5月20イエズス会元総長アドルフォニコラスの東京での死亡、ネバダ州エリア51の核兵器による破壊内戦も最終局面に突入クライシスアクターによる偽旗事件ジョージ・フロイド氏がポルノ男優だった.

次の

虚構と欺瞞の世界に生きる

クライシス アクター と は

イメージ画像:「Getty Images」 世界各国で猛威をふるう新型コロナウイルス。 ついに感染者は200万人、死者は13. 3万人を超えた(4月15日時点)。 凄まじい感染力を持つこの謎多きウイルスはすでに3種類に変異したというケンブリッジ大学の報告もあり、予断を許さない状況が続いている。 たとえば日本を代表する工学者、中部大学総合工学研究所特任教授の武田邦彦氏は、NHKをはじめとする日本のメディアの報道を疑問視し、や で次のように苦言を呈す。  「数字は数字であり、事実を正確に把握することは犠牲者を少なくする意味で重要である。 テレビは恐怖をあおって視聴率を高めることが目的であり、それは『感染拡大を防止する』という大義名分があるので、偏向報道にはならないという逃げ道がある」 「どこかのテレビ局が危険をあおるために報道すると、他の局も右へならえして、日本人に被害を与えるというのはいつものことである」 たしかに、日本のマスコミはどのような物事であれネガティブな報道が多い。 いたずらに恐怖を煽ることなく、かつ新型コロナウイルスの危険を軽視することもなく、事実に忠実な報道をするならば、毎日「感染者が何人増えたか」ではなく「何人検査をして、何人感染者が出たか」そして「何人退院したか」まで伝えるべきではないだろうか。 もちろん新型コロナウイルスの感染力や致死率を決して甘く見てはいけないが、死者数自体は(日本の場合)インフルエンザウイルスに及ばない。 ましてや、今年1~2月に3000人以上が自殺で命を落としているのが日本社会だ。 しかも、メディアにまつわる問題はそれだけにとどまらない。 今回の新型コロナウイルス絡みで「クライシスアクター」が登場し始め、メディアを通して世界中の人々を惑わせている可能性があるというのだ。

次の

グローバルエリートの暴走。クライシスアクターとメディア🤔

クライシス アクター と は

()で2014年に行われた訓練の様子。 銃乱射によるテロを想定した訓練で、 ()の医療群の救命士が被害者役の空軍兵士を搬送している。 クライシスアクター(: crisis actor, "actor-patient" または "actor-victim" とも)は、救急隊員や消防隊員、警察官などの訓練のため、災害・事件の被害者役としてに参加する、ボランティアなどの人物のことを指す。 災害時の状況を忠実に再現し、救急隊員や消防隊員などの初期対応者が現実の大規模災害に近い想定のもとで訓練を行うためにクライシスアクターが起用される。 防災訓練におけるクライシスアクター [ ] クライシスアクターは、防災訓練に現実味を加えるために、負傷した被害者を演じる。 実際の被害者の負傷状況を想定し、様々な傷や健康状態をシミュレートするために、やゴム製の器具によるが施されることが多い。 被害者役だけでなく、現場の新聞記者や被害者の親族を演じる俳優も訓練で起用されている。 これは、の職員が、災害時に寄せられる様々な感情的要求に対応できるよう訓練するためのものである。 陰謀論としての「クライシスアクター」 [ ] では、者によって、事件などの惨事の被害者やその家族はクライシスアクターが演じているものであり、したがってそれらの事件は実際に起こったのではなく仕組まれたものだ、と主張されることがある。 2012年12月にが発生した際、元学者で陰謀論者であるジェームズ・トレイシー()が、ある事務所所属のクライシスアクターが偽の被害者役を演じ、大量殺人事件にリアリティを与えたのだと主張した。 これがきっかけで、陰謀論者は「クライシスアクター」の語を使用するようになった。 トレイシーはまた、でも同様の陰謀論を展開した。 陰謀論者は、これらのテロ事件は政府や企業などの陰謀による「」であるとしており、政府による監視拡大、、他国への軍事行動を正当化するなどの目的のために仕組まれていると主張している。 そして陰謀論の文脈においてクライシスアクターは、特殊メイクを施して負傷した被害者を装い、また目撃者や通行人、対応に当たる救急隊員の役も演じているとされる。 こうした陰謀論の主張者として、サイト ()を運営するや、True Punditといったウェブサイトが挙げられる。 2018年4月、先述したサンディフック小学校銃乱射事件の遺族がアレックス・ジョーンズに対して名誉毀損で訴訟を起こした。 脚注 [ ]• Crisis Actors. 2014年6月25日時点のよりアーカイブ。 2017年10月28日閲覧。 The Mackenzie Institute 2015年3月5日. 2017年10月28日閲覧。 Berg, Alison. The Deseret News. 2017年10月28日閲覧。 Colorado Community Media. 2017年10月28日閲覧。 Gillett, Brian 2008. Academic Emergency Medicine 15 11 : 1144—1151. Michael J. Fagel 4 December 2013. CRC Press. 338—. Bobbie J Merica 22 November 2011. Davis. 32—. govtech. com. Emergency Management. 2017年10月28日閲覧。 McCormick Taylor 2006. Transportation Research Board. 2017年10月28日閲覧。 Charlotte J. Hiatt 1 January 2000. Idea Group Inc IGI. 228—. Koebler, Jason 2018年2月22日. Motherboard. 2018年2月22日閲覧。 Vox 2018年2月22日. 2018年2月22日閲覧。 Mele, Christopher 2016年6月28日. 2017年10月28日閲覧。 Wilson, Jason. The Guardian. 2018年2月22日閲覧。 Snopes. 2018年2月22日閲覧。 Editorial. Reuters. 2018年6月21日閲覧。

次の