吉林省 バッタ。 【バッタ同時多発テロ】サバクトビバッタだけじゃない 中国と南米でも蝗害発生!

matrix80811: 中国南部で大洪水〜四川省ダム決壊>>大洪水>>中国南部壊滅>>米作難xバッタ害xコロナ二波>>> : 夢日記

吉林省 バッタ

J-GLOBALでは書誌 タイトル、著者名等 登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。 2017年6月28日、吉林省農安県元宝小胞は高密度アジアのバッタを発生した。 地元のトビバッタの発生状況を把握し、その爆発の原因を明確にするため、アジアのバッタの発生状況及び発生地の土壌、植生、水文、地形などの状況について現地調査を行い、発生年と未発生年の気象データを分析した。 今回のアジアのバッタ発生地域の総面積は約2333. 33hm2、高密度発生区は773. 今回、アジアのトビバッタの主な成因は、元宝のバッターバッターの好食植物であるヨシなどの植生が繁茂し、アジアのバッタの発生に充分な食物と活動場を提供した。 二つ目は泡区のアルカリ性土壌がアジアのバッタの発生に有利である。 三つ目は卵孵化に適した気象条件であり、即ち、バッタ卵の孵化前期の降雨は未発生年、温度よりやや高く、未発生年よりやや高い。 Data from Wanfang. Translated by JST【JST・京大機械翻訳】.

次の

7/6 サバクトビバッタの大襲来!――「世界の胃袋・中国」に食糧危機はくるのか?【後編】

吉林省 バッタ

中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染者が増えている中国東北部では、6月に入ってから、イナゴの大群が大量に発生し、農作物の被害が広がっていると明らかになった。 東北部は中国の主要食糧生産地である。 中共ウイルスによるパンデミックで食糧の輸入が激減し、中国各地で異常気象が起きており、今後国内で食糧不足が発生する可能性が高いとみられる。 黒龍江省林草局は、6月1日に各関係部門に送った通知において、同省ハルビン市周辺の5つの区、県(市)で深刻な蝗害(こうがい)が発生し、面積2万4631畝(約244万2744平方メートル)の農作物が被害を受けたと明らかにした。 同省のジャムス市と樺川県でも蝗害が見つかったという。 また、吉林省吉林市農業農村局も6月5日、各部門に蝗などの害虫調査実施や被害防止強化を要求した。 同局の通達によると、4日までに吉林市管轄下の蛟河市、樺甸市、永吉県、龍潭区などの荒れ地や林を含む13. 4ヘクタールに及ぶ場所で蝗の群れが観測された。 イナゴの密度は、1平方メートルあたり10〜20匹だが、場合によって1平方メートルあたり50匹もいる。 現在、イナゴの状態はまだ幼虫だという。 吉林市政府は同日、農業農村局の通知を中国版ツイッター、微博に投稿した。 これに対して、微博のユーザーは「疫病が収束していないうえ、4月に雪が降った。 しかも、豪雪が東北部を直撃し、気温が15度以上に急降下した。 地震、蝗害、干ばつと災いが続きている。 次は何が起きるのだろうか」と不安を示した。 東北部でみられたイナゴは、中国当局が警戒しているサバクトビバッタではないとされている。 昨年、サバクトビバッタの大量発生で、インドやパキスタンの農業生産に甚大な被害をもたらした。 今年3月、中国当局は、サバクトビバッタが6月に中国の雲南省や新疆ウイグル自治区、チベット自治区を経由して、中国国内に飛来する恐れがあるとして、専門家による対策チームを設置した。 一方、中国インターネット上では、中南部の湖南省永州市でも蝗害が起きているとの映像が投稿されている。 中国国家統計局のデータによると、東北三省である黒龍江省、吉林省と遼寧省の食糧生産量は中国全体の20. 8%を占める。 昨年、3つの省の総生産量は約1億3811トンだった。 また、農業が盛んな湖南省の昨年の食糧生産量は2975万トンと、遼寧省の2430万トンを上回った。 大量のサバクトビバッタは中国の雲南省などに襲来すれば、農業も深刻な被害を受けると予測される。 中国当局は、中共ウイルスの感染が拡大してから、各国有企業に対して海外からの食糧輸入を増やすよう求めた。 しかし、インドやタイ、フィリピン、ベトナムなど各国政府は、緊急事態時に自国の食糧を確保するよう、小麦やコメなどの輸出を規制した。 中国南部の広東省や福建省など11の省は、6月8日から11日まで、豪雨による洪水と土砂災害に見舞われた。 中国当局の発表では、262万人以上が被災し、22万人超が避難した。 14万5900ヘクタールの農作物が被害を受け、直接的な経済損失は40億4000万元(約609億円)に達した。 (翻訳編集・張哲) 【関連記事】•

次の

南部は豪雨、北部は異常な気温低下! バッタの大量発生にも苦しむ中国! (朝香 豊)

吉林省 バッタ

世界が新型コロナ禍に右往左往していた影で「サバクトビバッタ」の被害が拡大している。 サバクトビバッタとは、体長4~6センチ程の大型のバッタで、アフリカや中東、インドの辺りに生息している。 その寿命3~6ヶ月のなかで、2~3回の世代交代を繰り返す。 では、このサバクトビバッタの何が問題なのか。 実は、サバクトビバッタ以外にもバッタ全体に言えることだが、エサが不足する環境で育つと、その性質が変わることが挙げられる。 普段のバッタは、別々に暮らしており群れることはない。 サバクトビバッタでは、雨季になりエサとなる草が豊富に生えてくる頃に交尾・産卵をする程度の接触しかない。 ところが、バッタはエサが不足する環境にいたり、産まれてくる個体が過度に密集していると、成長の過程で「群生相」と呼ばれる個体へと変化する(通常は孤独相)。 普通(孤独相)のバッタは緑色だが、群生相のバッタの体は褐色や黒色で、体長が短く羽は長くなって長距離の飛行に適した体となるほか、人や動物にも噛みついくなど性格も獰猛になる。 こうした群生相のバッタは、互いを引き寄せるフェロモンを出すことで、群れがさらに大きくなる。 こうして、長距離飛行が可能な狂暴バッタの大群が生まれる。 そして、このサバクトビバッタの大群は、毎日、自分の体重と同じ量の植物をエサとして食べる。 その辺の草原の草はもちろんのこと、農作物・非農作物の別無く、食って食って食いまくる。 しかも悪食。 このため、農作物の被害も甚大となり、米やトウモロコシ、サトウキビ、果物、野菜、牧草など、とにかく何でも食べつくす。 こうして、人や動物の食べるものがなくなり、甚大な飢饉となる被害を蝗害(こうがい)と呼ぶ。 春秋戦国時代を描いたマンガ「墨攻」では、墨家集団がワザと蝗害を誘発して国を滅ぼす場面が描かれている。 おじさんは20年以上前にこのマンガを読んだが、そこで出てきた「飛蝗(ひこう)」という言葉を今でも覚えている。 蝗害のヤバさを知るにはこれが最も分かりやすい。 さて、サバクトビバッタは、2020年2月に、東アフリカに位置するソマリアで大量発生した。 もともと、この辺りでは、雨期に合わせて定期的にバッタが大量発生しているのだが、2020年は世界が新型コロナに揺れており、特に先進国から充分な支援を受けられず駆逐に失敗。 アフリカ東部から海を越えて中東・インドへと被害が拡大し、食糧危機になる恐れが出てきた。 先に飛んで行ったバッタが力尽きて海に落ち・・・を繰り返した結果、バッタの死骸で島というか橋が形成されて、紅海を渡ることに成功したのだ。 その結果、中東ではこんな感じだ。 中東を襲うバッタの群れ。 コロナの被害もおさまらないまま、新たな脅威にさらされる。 — ADVANCE World News coronatruemovie もはやグロ注意のレベル。 サバクトビバッタの先頭集団は、中東を通過しパキスタン・インドに侵入している。 パキスタンのシンド州で撮影されたサバクトビバッタの出産。 同バッタの寿命は約3カ月だが、その間に繁殖したバッタは20倍、また次の世代ではその20倍と、爆発的に増えていくと言われている。 — ADVANCE World News coronatruemovie このサバクトビバッタは既にパキスタンからインドに侵入を果たしている。 ってか、3ヶ月で20倍って凄いな。 今は数千億匹いると言われている。 人類全員が一人100殺しないと追いつかないレベル。 ちなみに、中国に侵入するのも時間の問題と言われている。 しかし、インドから中国へは、ヒマラヤ経由のルートが最短ではあるが、サバクトビバッタの生存限界は標高2000m程度のようで、世界の屋根たるヒマラヤ山脈を超えられなかったようだ。 だが、ヒマラヤルートへ行った組は、世代交代しながらUターンしたとのこと。 中国の国家林業草原局が5月末頃~7月の農産物の成長期に、サバクトビバッタ襲来被害を警戒しているようだ。 なお、中国に入った場合、爆発的に数を増やしながら、日本海を超えて日本に侵入する可能性も否定はできない。 気になるニュース。 サバクトビバッタについて。 地球規模で考えたら結構重要なニュースなのでは。 日常ではない状況で食い散らかされたら、自給率低い国で起こったら。 既にアフリカからインドまで来てる。 いずれ中国まできて、日本に来る可能性もゼロではないようで。 — おかむ あやか okamayaka サバクトビバッタがヒマラヤを超えられず、インドから中国への最短ルートでの侵入が出来ないようで一安心していたところで、何と中国東北部で蝗害が発生したようだ。 サバクトビバッタではなく、こちらはトノサマバッタ。 中共ウイルスの感染者が増えている中国東北部では、6月に入ってから、イナゴの大群が発生し、農作物の被害が広がっていることが明らかになった。 总感觉今年还有大事发生 — 一剑飘尘06 yjpc06 このツイートでは、東北部だけでなく、中南部の湖南省永州市でも蝗害が発生しているとのことだ。 なお、先日のブログで紹介したように、中国南部の広東省や福建省など11の省では、6月8~11日にかけて大豪雨による洪水・土砂災害が相次いで発生している。 中国産トノサマバッタにせよ、アフリカ産サバクトビバッタにせよ、中国国内でバッタが超絶大繁殖する条件は整っている。 もしも三峡ダムが決壊により大水害が起これば、さらに蝗害が拡大する可能性が高い。 こうした状況を踏まえてだろうか。 中国当局は各企業に食糧輸入量の増加を求めているようだ。 しかし、蝗害に悩むインドや、いつサバクトビバッタが侵入するか戦々恐々のタイやベトナムなどは、自国の食糧確保を優先し、米や小麦などの食料輸出を制限しているほか、オーストラリアからは政治対立により食肉の輸入が停止するなど、輸入量はなかなか増えていないようだ。 こうしてみると、中国はサバクトビバッタやトノサマバッタによる蝗害に加え、三峡ダムの決壊が懸念されるほどの水害など、結構災害に苦しめられている。 いずれも、農作物への被害が懸念されており、13億人が飢える大規模な食糧不足による国家存亡の危機に陥る可能性も否定できない。 その前に、札束外交によって世界中から買いつけることも考えられる。 そうなれば世界の穀物相場の冒頭や、最悪日本に食料品が入ってこなくなることも考えられる。 一方で、こんな状況にも関わらず、中国は、アメリカ・カナダの輸入大豆に新型コロナ安全証明を要求しているようだ。 自国がピンチにも関わらず強硬な姿勢を貫く中国からは、輸入したくない本音が透けて見える。 遺伝子組み換え作物はそれほどにヤバイものと言えよう。 国民の命を屁とも思ってない中国がこの対応なのに、日本はFTA締結で、国内の遺伝子組み換え表示を事実上禁止し、アメリカナダの遺伝子組み換え大豆を大量輸入しようとする暴挙に出る。 今後、日本では、遺伝子組み換え表示は「完全にゼロの場合のみ可」となる。 だが、実際には少量混入している可能性が排除できないため、事実上、遺伝子組み換え使用していない表示は出来ないことになる。 こういうところは中国を見習って欲しいぞ。 バッタに話を戻そう。 何とバッタは、南米でも発生しているようだ。 Matthew 24:7 Locust plague goes global currently swarming on three continents as an outbreak of the vermin has now spread from Paraguay into Argentina — The Last Days! TheLastDays777 群生相バッタの大群がパラグアイからアルゼンチンに侵入しただと・・・?しかも、アルゼンチンを順調に南下中とのこと。 アフリカ、中東、インドのみならず南米も。 4千万匹のバッタ、アルゼンチンを南下 農作物に被害 — Sabuism2. 4千万匹のバッタ、アルゼンチンを南下 農作物に被害 南米アルゼンチンの政府機関は23日、バッタの大群が同国北部に押し寄せ、農作物に被害が出ていると発表した。 地元紙によると、大群は4千万匹ほどで、1日で牛2千頭分、3万5千人分の食料に相当する農作物を食い荒らしている — 保坂展人 hosakanobuto 4千万匹のバッタが食うエサの量は、1日で3万5千人分に相当するとのこと。 農業被害も深刻だ。 移動が容易な南米大陸では、ブラジルとかにも拡大する可能性も高い。 サバクトビバッタと同じくらいの繁殖をするとすれば、3ヶ月で20倍の8億匹。 さらに次の3ヶ月で160億匹だ。 そのころにはサバクトビバッタとか兆匹レベルだな。 しかし、コロナに続きバッタとなると、ヨハネの黙示録を思い出してしまう。 小羊(キリスト)が解く七つの封印の内、始めの四つの封印が解かれた時に現れるという。 四騎士はそれぞれが、地上の四分の一の支配、そして剣と飢饉と死・獣により、地上の人間を殺す権威を与えられているとされる。 (より抜粋) 四騎士のうち、 第三の騎士「黒の騎士」は地上に飢饉をもたらす役目を担っており、これはサバクトビバッタなどの暗示ではなかろうか。 なお、第四の騎士「青の騎士」は疾病や野獣を用いて人類を死に至らしめる役目を担っているが、これは新型コロナの暗示ではなかろうか。 野獣ってのもポイントか。 いずれにせよ、地震への備えに加えバッタ禍にさらされて世界的な食糧危機も念頭に置いとく必要がありそうだぞ! 最後まで読んでくれてありがとう!.

次の