阪急 カタログギフト 香典返し。 香典返し・法要の引出物用カタログギフト

阪急百貨店の人気カタログギフト

阪急 カタログギフト 香典返し

「香典返し」は、葬儀の参列者にお供えいただいた香典に対する返礼として贈るものです。 元々香典は、故人の葬儀にかかる出費に対して、身内や近所の方が少しでも助けになるようにという目的で供えるものだったため、「香典返し」はお礼の挨拶をするだけのものでした。 「香典返し」の習慣は、地域によっても異なりますが、大きくわけて「忌明返し」と「即日返し」があります。 「忌明返し」は、一般的に四十九日の法要後日常生活に戻った頃に、いただいた金額の3分の1~半額くらいを目安にした品物を「香典返し」として贈ります。 「即日返し」は、葬儀当日もしくは通夜の際に、香典の金額に関わらず一律同じ品物を贈るものです。 最近では、「即日返し」の習慣が定着している地域が増えています。 香典返しに最適なカタログギフト 従来の「香典返し」は、日用品をお返しすることが一般的とされていましたが、最近では、どなたにも喜んでいただけるカタログギフトを選ぶ方が多くなっています。 とくに「即日返し」の場合は、弔問に訪れた方々の好みやニーズを把握するのが難しく、また通夜や葬儀の準備などに追われて商品をゆっくり選ぶ時間もないため、相手に好きな品物を自由に選んでもらうことができるカタログギフトが最適です。 また荷物がかさばらないので、帰宅の際の負担にもなりません。 カタログギフトには、日用品や雑貨、ブランド品など複数のジャンルを取り揃えたものから、旬のグルメなどひとつのジャンルを厳選したものまでさまざまです。 「香典返し」は、年齢・性別・家族構成などに関わらずお返しをするものなので、親しい方だけでなく、仕事でお付き合いのあった方への贈り物としてもカタログギフトは大変便利です。 欲しいものを自由に選んでもらえるカタログギフトであれば、供養に対する感謝の気持ちを伝えるための素敵な贈り物となるでしょう。

次の

阪急百貨店の人気カタログギフト

阪急 カタログギフト 香典返し

香典返しの時期 お葬式に参列していただき、香典を受けた参列者にお返しをします。 香典返しをお渡し(お送り)するタイミングは、四十九日法要や忌明け後1か月以内にお返しする場合(後返し)と、お葬式の際にお返しする場合(当日返し)があります。 後返しが一般的ですが、当日返しも増えてきておりますので、地域の風習を確認しておかれることをお勧めします。 後返し 忌明けのご挨拶と共に、または四十九日法要のあとに挨拶状を添えた香典返しをおこないます。 四十九日後に送ることから忌明け返しとも呼ばれています。 ご予算別に、食品・タオル・器もの・洗剤など、こだわりのお品 約1,200点)をご紹介いたします。 話題のショップから温泉まで、充実の13コースから人気アイテムを取り揃えています。 当日返し 当日返しは、香典を受けた当日に返礼品を贈ることです。 当日返しの費用としてはいただいた香典の半分「半返し」というのが一般的です。 また、当日返しであれば、配送する手間が省けます。 高額の香典を頂いた場合は当日返しとは別に、後日改めて金額にふさわしいお返しをする必要があります。 当日返しの品のご案内 「イオンのお葬式」では、地域別に様々な返礼品をご用意いたしております。 商品に関する詳しいお問い合わせはイオンコールセンターにお問い合わせ下さい。 9時~18時まで 葬祭アドバイザーが受け付けております• 全国対応• 通話料・事前相談無料• 携帯電話からもOK 受付時間以外の場合は、 0120-394-394へお電話ください 後日、担当者よりお電話にて回答させていただきます お礼の金額・費用 香典返し 返礼品 の金額は一般的にはいただいたお香典の半分とされ、「半返し」と言われる地域もあります。 当日返しの場合は2,000円〜3,000円程度の品をお送りするのが一般的になっています。 お礼の品物は? お葬式の際にお香典をいただいた方への「当日返し」としては、銘茶やコーヒー、海苔、タオルなどがあります。 四十九日法要後の「後返し」には銘茶やコーヒーなどに加え、最近ではギフトカタログなどもあります。 熨斗(のし)の種類 香典返しの品は、正式に奉書紙で包み、黒白結び切りの水引をかけます。 市販の弔事用のし紙でもかまいません。 表書きは、仏式では、「志」「忌明志」、また関西の一部では「満中陰志」とも記します。 神式やキリスト教式では、「志」「偲草」とし、水引の下には葬家名を記します。 挨拶状(お礼状) 喪に服する期間が終了し、その忌明けの報告として、法要を無事に終えたことを報告する挨拶状を送ります。 その際の忌明けの挨拶状は香典返しの品を添えることが多いのが一般的です。

次の

香典返し・弔事返礼品向けギフト /【デパート・百貨店通販 総合案内】

阪急 カタログギフト 香典返し

香典返しは、弔事が滞りなく終えた報告の意味合いも持ちますので、本来であれば、 「忌が明けた」後に贈ることが一般的です。 宗教・宗派により時期は異なりますが、 おおよそ亡くなられた日から30日~50日後に「忌明け」となります。 キリスト教であれば 昇天記念日(1ヶ月後)、 仏式であれば、 五七忌(35日後)七七忌・満中隠(49日後)、 神式であれば 50日後に贈るのが良いでしょう。 最近では当日返し(即日返し)も多くなってきましたが、 いただいた香典の額がすぐにはわからなないことから香典返しの贈り分けが出来ずに失礼な対応になってしまうケースもあるようです。 また、参列者にとっては、かさばる荷物を持ってお帰りいただくこともデメリットとして挙げられます。 ご注文フロー インターネットでご注文の場合 エクセル注文• STEP1 商品選び• STEP2 専用エクセルフォーマット ダウンロード• STEP3 専用フォームからお申し込み• エクセル注文以外• STEP1 商品選び• STEP2 会員登録 お届け先が複数の場合は、 事前に住所一括登録が便利です• STEP3 買い物かごから注文手続き• ウォレット、楽天ペイ、Amazon Pay、銀行振込のいずれかになります。 お届け希望日から、余裕をもったご注文をお願いいたします。 STEP1 FAX・郵送注文のご利用の お申込み• STEP2 「お申込みセット」のお届け• STEP3 商品を選んで、注文 用紙を記入しご返送 (郵送またはFAX)• STEP4 お届けする書類で、 ご注文内容のご確認• STEP5 代金のお支払い• STEP6 ご指定のお届け先に 商品を発送 専用の カスタマーセンターが サポート• 予めご了承ください。 香典返しは本来、亡くなられてから四十九日法要までの間にいただいた香典に対してお贈りするものです。 「四十九日までの法要を無事に終えた」という 報告の意味合いもありますので、 贈る時期も四十九日を過ぎてからの後返しが一般的でした。 当日返し(即返し)のメリット&デメリット メリットは香典返しの手間全体が大幅軽減されること 後返しの場合、まずは香典をいただいた方のリストを作って香典の額を把握し、それに合わせて何種類かの香典返しを用意し、四十九日法要に出席されない方には配送の手配をして……と、いくつもの作業が発生します。 当日返しの場合は、おおよその出席者数に合わせて同じ品を用意しておき、お通夜や葬儀の場でお渡ししますので、手順がぐっとシンプルになり、手間が軽減されます。 デメリットは贈り分けができないこと 当日返しの場合、いただいた香典の額がすぐにはわかりませんから、香典返しを贈り分けるといったことはできません。 高額な香典をいただいた方には、後日あらためて追加の香典返しを用意するといった手間が発生してきます。 また、全員に同じ品を用意しますので、お相手によってお品を変えることができず、無難な品を用意する必要が出てきます。 後返しのメリット&デメリット メリットはよりお相手に合った香典返しを用意できること 後返しの場合、いただいた香典の額を把握してから、それに合わせた香典返しを選ぶことができます。 四十九日まで時間もありますから、個人にゆかりのある品を選ぶなど心遣いをする余裕も出てきます。 なにより昔ながらの贈り方ですので、よりきちんとした印象になることも確かです。 デメリットは葬儀の後に手間のかかる仕事が増えること 葬儀の前後、遺族はとにかくやらなければならないことが多く、慌ただしいものです。 そんななかに後返しの手配が加わると、他のことに手が回らなかったり、遺族が大変な思いをしたりすることがあるかもしれません。 参列者の数や、家族の様子を見て、慎重に選びたいところです。 社葬と個人葬の違いには様々ありますが、香典や香典返しに関しては「社葬は企業活動のひとつである」ことがポイントになります。 では、社葬の香典と香典返しについて、具体的に見ていきましょう。 「社葬の香典返し」は一般的でない 社葬で「香典辞退」が多い理由とは 社葬は企業活動ですから、社葬で企業が受け取った香典は「雑収入」に計上しなければならず、課税対象となります。 また、企業で一旦受け取った香典が遺族へ渡ると、遺族に贈与税が発生します。 そこで現在では、香典については亡くなった直後の密葬で家族が受け取るようにし、社葬では香典を辞退する例が増えています。 こうした場合、香典に代えて献花が贈られることも多いようです。 香典返しの費用は「社葬の費用」に含まれない 式場にかかる費用や会葬御礼、飲食代など「社葬の費用」は法人の経費として認められています。 ただし、香典返しや故人の戒名料、社葬以外の法事にかかる費用などはこの「社葬の費用」として認められていません。 香典返しの費用を企業が負担すると、これも遺族への贈与と見なされ、遺族に贈与税が発生するのです。 香典返しは遺族が行なうもの 法要・香典返しに リンベルのカタログギフトが選ばれる 7つの理由• 1 選ばれて 品質・上質 NO. 2 お返しに合った 充実の 価格帯• 3 プロ添削付き 挨拶状 サービス• 4 お届け先が 多いときに便利な エクセル 一括注文• 5 パソコンが 苦手な方へ FAX・郵送 注文• 6 「包装紙」・「のし」 無料サービス のし紙に印刷で書かれていた水引を、 実際に縫い上げた「」でお届け• 7 香典返しのマナーなど お悩み解決しませんか? 専門スタッフによる安心サポートで、お悩み相談からご注文後の奉書や 配送先リストの確認まで、一つ一つ丁寧に個別で対応いたします。 受付/10:00〜18:00 (日曜・祝祭日、お盆・年末年始期間を除く) お届けまでにおよそ10営業日(約2週間程度)いただいております。 弊社では、香典返しの贈りものも当たり前ですが、間違いを許されない大切な贈りものであると思っています。 そのため、WEB以外のご注文については、宅配名簿(住所情報や商品情報)の確認や挨拶状の戒名などのご確認をいただく期間を設けております。 お客様へご確認いただくためのお時間を頂戴しているため、10営業日が長く感じる方もいらっしゃるかと思いますが、弊社としては必要な時間と思っております。 挨拶状の同封が不要の場合やお客様のご確認時間を短縮いただける場合は、通常よりも早くお届けすることも可能ですので、コールセンターにお問い合わせいただき、ご要望をお伝えください。 Q商品到着前に申し込みをキャンセルできますか? A.

次の