早速 メール。 早速と早々の違い!ご対応いただいた時の正しい敬語の使い方は?

早い対応へのお礼メール|2つの敬語表現で好印象を獲得【例文あり】

早速 メール

Contents• 早い対応のお礼を敬語で表すと? 「早い対応」を丁寧な表現にする場合はどうしたら良いでしょうか。 いくつか似たような表現の仕方がありますが、 「早速のご対応」「早々のご対応」「迅速なご対応」といった言葉を使うのが良いでしょう。 また、最後の迅速の場合には「ご迅速な対応」というように、尊敬語である「ご」を迅速に付けた形の言い方をすることもできます。 相手に応じて適切な言葉を選び、相応しい使い方をする必要がありますので、 きちんと意味や用途を知った上で使えるようにしましょう。 早速と早々と迅速の違いは? 3つの例を出しましたが、 どれも似ていて何が違うのかよく分からないという方も多いと思います。 どの言葉も「早い」「素早い」という意味になりますが、用い方には少しづつ違いがあります。 迅速 物事の進み具合や行動などが非常に早いことを表し、 自分の行動に対しても相手側の行動に対しても使用することが出来ます。 早速と早々と迅速 どれを使うのが良い? 結論としては 「迅速」を使うとよいでしょう。 「迅速」は目上の方に使っても失礼な表現にはならないとの考えが一般的なため、一番無難な言葉といえます。 ただし、「早速」も間違いというほどではありません。 「迅速」の方がより丁寧な言い回しということです。 従って、相手側の行動に対してお礼を伝える為に使うのであれば、 「迅速」がベスト、「早速」がセカンドチョイスになるのではないでしょうか。 早速と早々と迅速 使い方と例文 では、3つの言葉に関して、例文とともに使い方を紹介したいと思います。 早々 目上の方に使うのは失礼ですので、 上司や先輩社員、取引相手に対してはあまり使わない方が良いでしょう。 新年早々、ありがとうございました。 早々にご連絡頂きまして感謝申し上げます。 迅速と早速 使い方の注意点 失礼のないようにしたい場合は「迅速」か「早速」を用いれば良いということが分かりましたが、ここで、注意点を示したいと思います。 「迅速なご対応をして頂き、ありがとうございました」というように 「ご~」と「~頂き」は一緒に使うことが出来ません。 「ご~」は「迅速」か「対応」のどちらかにかしか付けることが出来ませんので気をつけましょう。 これは一つ目の「早速」にも同じように当てはまります。

次の

「早速」の意味は迅速や早々とどう違う?使い方と例文

早速 メール

「早速のご返信」というフレーズを仕事をしている時に一度は聞いたことがあるはずです。 実際のところ「早速のご返信」を無意識のうちに使っている人はたくさんいます。 「早速のご返信」という言葉を間違って使ってしまうことを避けるためにも、この言葉の正確な意味について理解するのは大切なことです。 そのため、これから「早速のご返信」の正確な意味と使い方について詳しく紹介します。 「早速のご返信」の意味 「早速のご返信」の「早速」という言葉には「あることに応じてすぐ」という意味が含まれています。 そのため、すぐに応じてくれた時に「早速」という言葉を使用できることがわかります。 逆に、相手の対応が遅かった時には「早速」という言葉を使うことができないので、そのことを覚えておく必要があります。 期限に間に合わない対応をしている人に対して「早速」というフレーズを使うのであれば、相手に嫌味を言っている印象を与えてしまうこともあるからです。 悪い印象を与えないためにも「早速」は「すぐ」に対応してくれた時にだけ使うことのできるフレーズである、ということをしっかりと覚えておく事が大切です。 「ご返信」の意味 「早速のご返信」の「ご返信」という言葉の意味について理解するのも大切なことです。 「返信」には「 返事の手紙」という意味が込められていることになります。 そのため、初めてメールや手紙が送られてきた時には「返信」という言葉を使えないことがわかります。 なぜなら、相手が自分に返事をしているのではなくて、自分がこれから返事をしなければならないからです。 そして「ご返信」の「ご」は「敬意の意」が含まれていることになります。 そのため、自分が相手に対して返信をしているにもかかわらず「ご返信」というフレーズを使うのは不自然なことだからです。 そうではなくて、相手が返信をしてくれた時に「ご返信」という敬語表現を使用できることがわかります。 「早速のご返信」には「すぐに返信をしてくださって」という意味が込められていることが、それぞれの言葉を分析するとわかります。 早速のご返信ありがとうございます 「早速のご返信」という言葉は普段の会話の中に上手に取り入れたいのであれば「早速のご返信」と他のどのようなフレーズを組み合わせて使用することができるのか、よく理解しなければなりません。 例えば「早速のご返信ありがとうございます」というフレーズを作成することが可能です。 一番と言うってもいいほど実用的なフレーズです。 すぐに返信をしてくださった人に対して感謝を示すのは当然のことですが「早速のご返信ありがとうございます」というフレーズを選択すれば、感謝を伝えることが可能になります。 つまり「ありがとうございます」だけでは、なぜ自分が感謝をしているのか相手に伝えることができていませんが「早速のご返信ありがとうございます」では、理由を伝えることができていることになります。 早速のご返信恐れ入ります 「早速のご返信恐れ入ります」というフレーズも会話やメールの中で使用することのできる、かなり実用的な表現になります。 「恐れ入る」は相手に対して「申し訳ない気持ち」も伝えることのできる便利なフレーズです。 そのため、相手がすぐに返信をしてくれたことに対して申し訳ないと感じているのであれば「早速のご返信恐れ入ります」という敬語表現を使用可能です。 同年代の友達とメールのやり取りをしている時に、相手がメールをすぐに送ってくれたからと言って申し訳ない気持ちになることはほとんどありません。 しかし、取引先の人やかなり目上の人が、忙しい生活を送っているにもかかわらず、わざわざ「すぐ」に返信をしてくれたのであれば、誰でも申し訳ない気持ちになります。 そのため「早速のご返信恐れ入ります」は、かなり目上の人に対して使用することのできるフレーズであることがわかります。 早速のご返信いただき 「早速のご返信いただき」も会話の中で使用することのできる便利な表現です。 このフレーズは文章の前半部分で使用することのできる表現です。 つまり「早速のご返信いただき」の後に、他の表現を付け加えることができることになります。 1つの文章で2つ以上の考えを表現したいのであれば「早速のご返信いただき」が非常に便利になります。 ちなみに「すぐに返信をしてくださって」という意味を「早速のご返信いただき」というフレーズで伝えていることがわかります。 誠にありがとうございます 例えば「早速のご返信いただき、誠にありがとうございます」という文章を作成することができます。 前半の部分で「すぐに返信をしてくださって」という意味の「早速のご返信をいただき」というフレーズが使用されていますので「誠にありがとうございます」というお礼を言っているわけを相手がすぐに理解することができます。 「早速のご返信」の敬語 「早速のご返信」という言葉を目上の人に対して使うのに抵抗を覚える可能性もあります。 もちろん「早速のご返信」は失礼なフレーズではないので、誰でも使用することのできる表現ですが「早速のご返信」よりも深い敬意を示すことのできるフレーズがあるのも事実です。 ご丁寧な返信 「早速のご返信」というフレーズを使うことに違和感を感じるのであれば「ご丁寧な返信」というフレーズに言い換えることが可能です。 具体的には「ご丁寧な返信ありがとうございます」という敬語表現を作成することができます。 この場合は、相手が「すぐ」に返信してくれたことに感謝しているのではなくて「丁寧」に返信してくれたことへの感謝を示しています。 「動作や態度などが礼儀正しいこと」という意味が「丁寧」という言葉に含まれていますので、礼儀正しいと感じることのできる返信をしてくれた人に「ご丁寧な返信ありがとうございます」という感謝の言葉を使用することをお勧めいたします。 「ご丁寧なご返信」はNG 目上の人と会話をしている時に、相手の人に対する深い敬意を示すのは大切なことです。 しかし、過度に敬意を示すことを意識してしまい間違った言葉遣いを使うことのないように注意をしなければなりません。 例えば、ある人たちは「ご丁寧なご返信」という言葉を使ってしまっています。 深い敬意が示されているフレーズのように聞こえますが、文法上間違っていることになります。 なぜなら、敬意を示すために使用される「ご」が2度、重複して使用されていることになるからです。 このような間違いを避けるためには、1度だけ「ご」を使用するように工夫しなければなりません。 「ご」を1回だけ使う そのため「ご丁寧な返信」もしくは「丁寧なご返信」という敬語表現を作成することが可能です。 どちらであっても同じような意味を伝えていることになります。 しかし、どちらのフレーズであっても「ご」が1回しか使われていませんので、相手に違和感を与えることのない、正確な表現が作成されていることになります。 「早速のご返信」は目上の人に失礼なのか 「早速のご返信」と「早々のご返信」は似たような意味が含まれています。 しかし、この2つのフレーズの意味の違いについて理解すれば、それぞれを上手に使いこなすことが可能になります。 「早速のご返信」が確実 言葉上の間違いを避けたいのであれば「早速のご返信」というフレーズを使うことをお勧めいたします。 理由はいくつかあります。 例えば「早々のご返信」の「早々」でも「早速」と同じような意味を伝えることができますが「早々」は消極的な会話の内容で使われる場合があるのも事実です。 「早々と退散した」のように、消極的な内容に関して「早々」という言葉が使われる場合があるのも事実です。 そのため、消極的なイメージを相手に対して与えたくないのであれば「早速のご返信」という言葉を使用することができます。 「早速のご返信」のビジネスでの使い方 たとえ「早速のご返信をいただきありがとうございます」という例文を作成することができます。 取引先の人から自分に向けてメールが送られてくることがあります。 そのメールが自分に対する返信であり、しかも「すぐ」に返信が返ってきたのであれば「早速のご返信をいただきありがとうございます」というお礼のメッセージを相手に対して送ることができます。 「迅速な返信」も使用可能 大切な取引先の人の素早いメールに関して、もっと深い感謝を示したいのであれば「迅速なご返信をいただき、ありがとうございます」というフレーズを作成することができます。 「早速」が「迅速」という言葉に言い換えられることになって、素早い返信が行われたことを強調することが可能になります。 「早速のご返信」で相手の努力を認める ビジネスマンとして活躍している人であれば「早速のご返信」という言葉を使えるようになるのは必要最低限のスキルの1つです。 なぜなら、目上の人や取引先の人が自分に対して素早い返信をしてくれた時に「早速のご返信」というフレーズを使いながら、上手に相手に対して感謝を示すことが可能になるからです。 逆に「早速のご返信」を使うことができなければ、相手がしてくれたことへの感謝を的確に表現できなくなってしまいます。 そうなると、メールを返信してくれる時の相手の努力を認めていないとみなされてしまう可能性もあります。 そのようなミスを避けるためにも「早速のご返信」で、相手が素早い対応してくれた時の努力を認めることが大切です。 誰でも努力を認められれば嬉しく感じるはずだからです。 これからも「早速のご返信」を会話の中に上手に取り入れて、良好な人間関係を築くことを心掛けていきましょう。

次の

「早速」の意味とビジネスでの使い方!「早々」「迅速」との違いは?|語彙力.com

早速 メール

「早速ですが」は敬語ではない 「早速ですが」がビジネスシーンでよく使われるのは会話においてです。 仕事で会う人に挨拶を済ませたあと、おもむろに用向きの本題に入るときに使います。 ですが「早速ですが」をビジネスメールの中で読むことはあまりありません。 「早速ですが」は敬語ではなく、ビジネスメールは基本的に敬語を使って書くものだからです。 「早速」と「さっさと」や「とっとと」というフレーズの違い 「早速」や「早速ですが」は前述のように敬語ではありませんが、同じ「急ぐ」「早くする」という意味合いのニュアンスがある「さっさと」や「とっとと」と違ってビジネスで使うことができます。 カジュアルで主に友人同士で使う「さっさと」や「とっとと」と違って、「早速」や「早速ですが」には丁寧な表現だからです。 「早速ですが」は「クッション言葉」 会話で最もよく使われる「早速ですが」は「クッション言葉」です。 「クッション言葉」は、言葉の受け取り手と話したい内容にいきなり入り込む前に口にする あるいは書く 言葉です。 他に「恐れ入りますが」「お手数をおかけしますが」などが「クッション言葉」で、言葉の前に添えて使うことで会話を好印象にします。 ビジネスメールでは使わないクッション言葉は他にもある 前述の「恐れ入りますが」「お手数をおかけしますが」といったクッション言葉は、ビジネスメールでもビジネスシーンの会話でも両方で使えますが、「早速ですが」のように会話では使うことがあっても、ビジネスメールでは使わないものがあります。 「あいにくですが」「できましたら」「よろしいですか」などが該当します。 「早速ですが」の敬語は「早速」に続く言葉で敬語表現にする 「早速ですが」の敬語は「早速」という単語をそのまま使い、言葉の流れで敬語にします。 具体的に言うと「早速ではございますが」とか、「早速で申し訳ありませんが」というように、「早速」の後に続く言葉で敬語にするのです。 「都合がつかない」という言葉の敬語の使い方の関連記事がありますので、合わせてご覧ください。 ビジネスメールでの、冒頭の時候の挨拶の後に、「さて、早速ではありますが、先日お問い合わせいただきました見積書の件についてご報告いたします」とか、「さて、ご連絡いただきましたクレームにつきましては』というように続けて使います。 多くはビジネスメールで、時候の挨拶などの直後に、「さて、早速ではございますが、ご連絡いただきましたクレームにつきましてご報告いたします」とか、「さて、お問い合わせいただきました件についてですが」といったように続けます。 例文は、「先日お話しいただきました商品リストが仕上がりました。 さて、早速で申し訳ありませんが、ご確認の上ご連絡をいただけないでしょうか」といった使い方をします。 敬語についての関連記事がありますので、合わせてご覧ください。 クレームが入った時などに使われます。 「弊社の商品の欠陥につきまして、御迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ありません。 できるだけ早速の対応をさせていただきまして、担当者の方からご連絡させていただきます」が例文になります。 このフレーズは、相手が何かを問い合わせてきたときや、書類を送ってきたとき、クレームなどで主に使います。 「先日お願いいたしました見取り図のコピーをお送りくださり、ありがとうございます。 早速確認させていただきます」が例文です。 「早速お伺いさせていただきます」は、相手との面会のアポイントメントや、招待されたときに使います。 例えば「面接のご連絡をいただきありがとうございました。 ご指定の日時に早速お伺いさせていただきます」という使い方をします。 返信が必要な問い合わせなどのビジネスメールに対して使います。 「新しいプロジェクトにつきまして、お知らせをいただきましたので、検討の上早速ご返事を差し上げます」とか、「会議のご案内には早速ご返事を差し上げます」が例文です。 この「迅速」の意味は「物事の進みぐあいや行動などが非常に速い様子」です。 例えば、「昨日政府高官のスキャンダルが発覚して、報道陣は全員迅速に行動を起こした」とか、「救急隊員はどんなときにも迅速に対応することが要求される」という使い方をします。 「大至急」は「たいへん急を要すること」「大急ぎ」という意味です。 例えば「イベント会場へ使うはずの車が故障したので、大至急タクシーの手配をお願いいたします」とか、「ラーメン2人前大至急追加ねがいます」「大至急救急車を呼んでください」といった使い方をします。 「直ちに」は「時間を置かずに行動を起こすさま」「すぐ」という意味です。 「すぐさま」の意味は、「時間的に間を置かないさま」「ただちに」「即刻」です。 例えば、「お父さんが脳梗塞で倒れたらしいから、すぐさま電話した方が良い」とか、「担当者にすぐさま連絡をいたします」「すぐさまお調べいたします」といった使い方をします。 「立ちどころに」の意味は「時を移さず、その場ですぐに実現する様子」「たちまち」「すぐさま」です。 例えば「彼女が別の男と歩いているのを見かけたと思ったのに、後を付けたら、ふたりともたちどころに消えてしまった」といった使い方をします。 「早速ですが」の敬語を使う時の注意点は? 「早速ですが」はそのままではビジネスメールでは使わない! 「早速ですが」という言い回しは、丁寧な表現で目上の方にも使えますが、会話で使われるフレーズで、手紙文やビジネスメールであまり使いません。 そのままでは敬語ではないからです。 なのでビジネスメールでは「ではございますが」「申し訳ありませんが」という言葉を続けて敬語としての表現に変えて使います。 「早速ですが」は相手に向かっていきなり使わない 「早速ですが」は会話で要件に入るために使われる「クッション言葉」で、話の流れを柔らかにするために使います。 なので自分と向かい合っている相手に対していきなり使うのはNGです。 例えば、「お時間を割いていただいてありがとうございました。 早速ですが」というように、先に相手に対する挨拶の言葉を述べて使います。 「早速ですが」の敬語はなるべく手紙文の最初の部分で使う 「早速ですが」というフレーズは、話題にしたい要件に入り込むために使う言葉です。 会話で使う場合には挨拶の後に「早速ですが」といって必要な用向きの話題に会話を持っていくように、ビジネスメールで「早速ですが」の敬語を使う際にも、時候の挨拶や冒頭の言葉の直後に使い、相手に伝えたい内容を明確なものにします。 ひとつのビジネスメールで「早速ですが」の敬語は何回も使わない 「早速ですが」はビジネスシーンの会話で割と頻繁に使いますので、ビジネスメールでも「早速ですが」の敬語を何度も使う人がいますが、これは間違いです。 「早速ですが」は言及したい最も大事な話題に入るときの「クッション言葉」なので、その敬語表現も、何度も使うのを避けて、最も大事な要件の直前にだけ使いましょう。 丁寧ではあっても敬語ではない!「早速ですが」の使い方 ビジネスシーンで「早速ですが」という言葉はよく耳にします。 よく聞くのにビジネスメールではあまり見かけることがないのは、前述のように「早速ですが」というフレーズは敬語ではないからで、年配の方の中には敬語ではないことを知っておられる方もおられますが、よく使う言葉なので厳しく指摘されることはありません。 「早速ですが」は別に粗雑な表現でもカジュアルな言い回しでもありませんから、ビジネスメールで使ってしまうことは多いと思います。 口頭での会話では、「早速ですが」ということを頻繁に聞きますから、別にビジネスメールで使うことが失礼なフレーズではありません。 ただ便宜的に敬語の方を使った方が良いのです。 日本語は、使い方が微妙でいろいろな類語もある言語です。 ビジネスメールを書きなれていない社会人1年生は、書き方を調べたり上司や先輩に教えを請うなどをして、失敗しないようにした方が良いでしょう。 ビジネスで使う類語にしても、調べて練習すると役に立ち、将来的には後輩に指導することもあるかもしれません。

次の