三井住友visaデビュープラス。 三井住友VISAデビュープラスカードでマイルを貯めるのがすごくお得な理由を解説!!|クレカマニアの一人暮らし節約術

三井住友VISAデビュープラスカードでマイルを貯めるのがすごくお得な理由を解説!!|クレカマニアの一人暮らし節約術

三井住友visaデビュープラス

クリックできる目次• 三井住友VISAデビュープラスカードの審査に落ちる理由5つ 1. 26歳以上の人 三井住友カードは、カードによって申し込み対象年齢がバラバラです。 そのため勘違いして、26歳以上の人がデビュープラスに申し込んでしまっている場合も。 その場合は当然落とされます。 クレジットヒストリーに傷がある ステータスのようなプラスの側面が重視されない代わりに、マイナスの側面が非常に重要です。 クレジットカードの支払い延滞を始めとした、金融事故を過去に起こした人は要注意です。 クレジットヒストリーは通常、過去5年分を参照します。 金融事故を起こしてしまった人は、最低でも6ヶ月以上間を開けて申し込んだ方が良いでしょう。 収入が不安定 自営業やフリーター、契約社員など、収入が不安定な人も落とされる可能性が高いです。 特にデビュープラスに申し込む人は、まだ20代前半でただでさえ数年後どうなっているかが不明瞭です。 会社員ならまだしもそれ以外の職業の方は、残念ながら数年後の支払能力を不安に思われてしまいます。 とはいえデビュープラスならこの点は他のカードよりも寛容です。 借り入れが多い 多額の債務がある、または複数の債務がある人は要注意です。 これは キャッシングや 消費者金融、 ローンなどすべてを含めてです。 借り入れがある以上、現状に対する返済能力が不足してると見られてしまいます。 借り入れ残高が大きければ大きいほど審査ではマイナスです。 多重申込み 一定期間に複数のカードを申し込んでいる人も、落とされる可能性があります。 カード会社としては、カードを何枚も使われると上限を設けている意味が薄くなるからです。 人によってはどのカードも上限いっぱい使い、口座残高不足になることも...。 安全ラインの目安は 「6ヶ月間に2枚まで」です。 つまり 大学生や専門学生、新社会人などの若い層のためのカードです。 それよりも 「安定した収入を得られそうな職業」かどうかが大事です。 具体的には会社員の評価が高く、個人事業主やフリーター、契約社員などの評価は低いです。 ただし学生の場合は、親の支払い能力を元に判断されるので、自分の収入やバイト内容などを気にする必要はありません。 銀行系だが審査甘めの入門カード 三井住友VISAデビュープラスカードは「銀行系クレジットカード」に分類されます。 銀行系の特徴は、セキュリティやサポートがしっかりしている代わりに、カード発行審査が厳しいことです。 しかしデビュープラスはあくまで 若い層を対象とした「入門カード」です。 そのため銀行系とは言え、易しい審査となっています。 会社への在籍確認は人による 三井住友VISAデビュープラスカードに申し込んだ際の、職場や自宅への在籍確認はあったりなかったりします。 しかしだからといって虚偽の情報を申告しても、個人信用情報機関に登録されているあなたの情報を元にバレてしまいます。 虚偽申告が発覚すると 社内ブラックに登録されてしまい、それ以降カードを発行することはできません。 申告情報には気をつけましょう。 社会人の最高でも80万円となっており、 学生であればほとんどの場合10万円が適用されます。 しかしデビュープラス自体は1枚しか発行できません。 利用限度額を上げるにしても、あなたの年収が急激に上がるか、利用年数を積み重ねなる必要があるので、すぐには厳しいです。 そのため限度額に不安のある人は別のカードも入手して、不足分を補いましょう。 三井住友VISAデビュープラスカードのよくある疑問 銀行口座は三井住友銀行じゃないとだめ? どこの銀行口座でもOKです。 また三井住友銀行を引き落とし先にしたからといって、何か優遇されるということはありません。 即日発行してほしいんだけど... デビュープラスカードだと即日発行できません。 以下で即日発行可能なおすすめカードを紹介しているので、よかったら見てみて下さい。 三井住友銀行のカードなので人に笑われるようなカードでないことは確かですが、一般ランクのカードで「ステータスが高い」と言えるものはほぼありません。 しかしデビュープラスからプライムゴールド、ゴールドへと移るごとにステータスは格段に上がっていきます。 高収入を求めない代わりに利用制限は厳し目となっています。 25歳になったら絶対にプライムゴールドに切り替え更新? プライムゴールドに切り替えたくない場合は、他のカードを選択することもできます。 プライムゴールド以外で人気なのは、 三井住友VISAクラシックカードです。 一般ランクのカードですが、三井住友カードの中で1番定番のカードとなっています。 そのため多くの人にとって審査通過は難しくないでしょう。 しかしあなたが信用に関する問題点を抱えている場合、落ちる可能性もあります。 思い当たる節がないか確認してから申し込みましょう。

次の

三井住友VISAデビュープラスカードの限度額はいくらなの?限度額の上げ方とともにご紹介!

三井住友visaデビュープラス

タップできる目次• 三井住友デビュープラスは18歳から25歳まで限定のカード 三井住友デビュープラスカードは初年度年会費無料、次年度以降は前年度に一度でも利用があれば年会費無料なので ほとんどずっと無料。 なのにポイント還元率は常に 2倍、入会後3ヶ月は 5倍ととってもオトクなカードです。 その分、つくれるのは18歳から25歳までと入会条件は若い人に限定されているカードなのが特徴です。 筆者も18歳のときに最初の一枚として三井住友デビュープラスを選びましたが、実はこのクレジットカードはつくった後も25歳までしか持つことができないのです。 今回は三井住友デビュープラスカードをつくってから満25歳になった後にどのようになるのか、紹介していきます。 満26歳になった最初の更新時に三井住友VISAプライムゴールドカードに 三井住友VISAデビュープラスは26歳になってから、 最初のカード更新時に三井住友VISAプライムゴールドカードに自動更新となります。 つまり26歳になったからと言ってすぐにプライムゴールドカードになるわけではありません。 手元のデビュープラスの有効期限を確認してみて、そのときに26歳を超えているようであれば、 次回の更新時にプライムゴールドカードになります。 ただし、 次回更新時が25歳以前である場合には、もう一度デビュープラスとなるので注意が必要です。 もっとも遅い場合だと25歳にデビュープラスが更新になってしまいそこから28歳までデビュープラスカードで、ようやく次の更新でプライムゴールドになるケースです。 条件をクリアしていれば、更新時期に自宅へプライムゴールドカードへの切り替え申し込み書が届くので、郵送で送り返せば新しいカードが到着します。 プライムゴールドカードと通常のゴールドカードの違い プライムゴールドカードは通常のゴールドカードよりもお得なゴールドカードとなっています。 最大の特徴は 20代専用のゴールドカードということです。 20代専用のゴールドカードということもあり、サービス内容はゴールドカードさながらでありながら年会費などはぐっと抑えられているお得なカードとなっています。 簡単に比較するとそのお得さがわかるかと思います。 名前 デザイン 初年度年会費 無料 無料 次年度年会費 5,000円 10,000円 限度額 50〜200万円 50〜200万円 備考 30歳になった最初の更新でゴールドカード なし デザインもほとんど変わらなくサービス内容も同様で 年会費だけが半額なので、20代のうちにゴールドカードを持ちたい人にはお得でしかないカードとなっています。 また、プライムゴールドカードは次年度以降の年会費5,000円となっていますが条件をクリアすることで年会費を引き下げることが可能になります。 コース別年会費 プライムゴールドカード年会費 WEB明細書+マイ・ペイすリボコース 税抜1,500円+税 マイ・ペイすリボコース 税抜2,500円+税 WEB明細書コース 税抜4,000円+税 いずれもご指定なし 税抜5,000円+税 マイ・ペイすリボはリボ払いの扱いに慣れていない場合、少々使いづらいところもあるので、筆者のおすすめは WEB明細書コースです。 クレジットカードの利用明細を紙の明細からWEB明細に切り替えるだけで 年会費を1,000円引き下げることができます。 プライムゴールドカードをつくってから次年度になる前にコース切り替えをすれば良いので、忘れないようにしておきましょう。 ちょっとイメージとは違うかもしれませんが、プライムゴールドカードから国際ブランドを VISAとMasterCardから選ぶことができます。 もし既に他のカードでVISAを持っている場合には、このタイミングでMasterCardへの切り替えも検討してみてください。 プライムゴールドは初年度の年会費無料なので、負担をかけないですぐにでも手に入れることができます。 気になるなという方は以下の公式サイトからどうぞ。 今なら年会費はずっと無料 プライムゴールドの最大の魅力は優待内容の充実さにあり プライムゴールドはゴールドカードということだけあって、デビュープラスよりも優れた優待を数多く揃えています。 いくつか抜粋してもこれだけ挙げられます。 年会費格安でゴールドカードを所有することができる• サポートサービスが充実している• 空港専用ラウンジが使える• ボーナスポイントが通常の2倍貯まる ここからはプライムゴールドカードの魅力を一つずつ解説していきます。 年会費格安でゴールドカードを所有することができる 先程も紹介しましたが、プライムゴールドは初年度の年会費は無料、次年度以降は通常でも5,000円、コースによっては1,500円まで引き下げることが可能です。 コース別年会費 プライムゴールドカード年会費 WEB明細書+マイ・ペイすリボコース 税抜1,500円+税 マイ・ペイすリボコース 税抜2,500円+税 WEB明細書コース 税抜4,000円+税 いずれもご指定なし 税抜5,000円+税 これは他のクレジットカードよりも断然にお得な年会費となっていて、5,000円未満でつくれるゴールドカードは他にありません。 いくつか特徴的なゴールドカードと比較してみると一目瞭然です。 名前 プライムゴールド ゴールドカード 楽天プレミア 券面 初年度 年会費 無料 無料 無料 次年度 年会費 1,500円〜5,000円 10,000円 10,000円 他のゴールドカードは年会費10,000円が通常のところ、プライムゴールドなら1,500円〜5,000円と半分以下に抑えられています。 年会費は安いほど嬉しいのでプライムゴールドをもつ大きなメリットとなるでしょう。 サポートサービスが充実している プライムゴールドはゴールドカードの部類になるため、クレジットカードとしてのサービスも充実しています。 もしカードを紛失してしまったり盗難にあっても「 ゴールドデスク」というゴールドカード専用のデスクに電話すれば国内・国外問わずに24時間対応してくれます。 また、他のゴールドカードにはない特徴として「 ドクターコール24」というものがあります。 これは24時間いつでも、電話一本で医師や看護師といった人があなたの相談を聞いてくれます。 万が一のときに頼れる存在となるのでとても嬉しいサービスです。 デスクもドクターコールも使わないよ…。 という方はちょっと考えてみてください。 もしこの先の何年かで大きな病気や事故にあうことがないとは言い切れないでしょう。 ゴールドカードはその年会費で 将来の安心を買うことができます。 ご自身だけでなく、大事な人が体調が急変したときにも「ドクターコール24」は使えます。 信頼と安心のVISAカードらしい、誠実なサービスとなっています。 空港専用ラウンジが使える デビュープラスと違ってプライムゴールドは 空港ラウンジを無料で利用することができます。 貴重な旅行のフライト前に空港で体力を消耗したくないですよね。 もしプライムゴールドを持っていればゆっくりとした専用空間でフライトまでの時間をフリードリンクなどを飲みながらゆっくりと過ごすことができます。 以下がプライムゴールドで入ることのできる代表的な空港です。 スーパーラウンジ(新千歳空港)• ビジネスラウンジ A Spring(函館空港)• ビジネスラウンジ EAST SIDE(仙台国際空港)• プレミアムラウンジ セントレア(中部国際空港)• Iラウンジ(成田国際空港)• エアポートラウンジ(羽田空港)• ラウンジオーサカ(伊丹空港)• カードメンバーズラウンジ 六甲(関西国際空港)• ビジネスラウンジ もみじ(広島空港)• くつろぎのラウンジ TIME(福岡空港)• ラウンジ 華〜hana〜(那覇空港) これだけの空港で無料ラウンジが用意されているので、旅行の際にはプライムゴールドで無料ラウンジをぜひ満喫しましょう。 ボーナスポイントが通常の2倍貯まる プライムゴールドは通常のゴールドカードや三井住友VISAカードよりも ボーナスポイントが2倍貯まりやすい仕組みとなっています。 具体的には前年の利用金額によって、ステージが決定するのですがまとめると以下のようになっています。 前年度の利用金額 ステージ 利用金額に応じたボーナスポイント プラチナカード会員 ゴールドカード会員 その他の会員 300万円以上 V3 50万円で300ポイント 以降10万円ごとに60ポイント 50万円で150ポイント 以降10万円ごとに30ポイント 100万円以上 300万円未満 V2 50万円で150ポイント 以降10万円ごとに30ポイント 50万円で75ポイント 以降10万円ごとに15ポイント 50万円以上 100万円未満 V1 50万円で100ポイント 以降10万円ごとに20ポイント 50万円で50ポイント 以降10万円ごとに10ポイント 前年度の利用額に応じてどんどんポイントが貯まりやすくなるのですが、それがなくても ポイントが2倍貯まりやすいのがプライムゴールドと覚えておきましょう。 満30歳になった最初の更新時にはさらにゴールドカードに デビュープラスカードは満26歳のタイミングでプライムゴールドカードになりますが、それだけで終わりではありません。 満30歳になったタイミングでさらにゴールドカードへの切り替えとなります。 つまりデビュープラスカードから持ち続けていれば、 3枚目のクレジットカードへのレベルアップとなるわけです。 もし18歳からデビュープラスを所有していた場合には、ここまでで12年間の人生におけるライフステージにあわせてクレジットカードも一緒に成長していることになります。 三井住友ゴールドカードはクレジットカードとしてのステータス性も高いので、このカードを最初から申し込みせずにゆくゆくはこのカードを手に入れることも目標としてデビュープラスカードをつくる人も多いようです。 プライムゴールドに変えてもポイントの貯まりやすさは変わらない(減らない)• 空港ラウンジサービスや万が一の安心サービスが付いてくる• 20代からゴールドカードを持てる• 上記3つのメリットが年会費初年度無料、次年度以降もたったの1,500円で持てる あまり多くを語っても伝わりきれないと思うのでかなり限定しましたが、20代の内にたったの1,500円でゴールドカードのステータスをGETできるってカッコいいですよね。 筆者が自信をもっておすすめしたいカードがプライムゴールドになります。 デビュープラスの更新タイミングを待ちきれない…という人はぜひ、今の段階でプライムゴールドを検討されてみることをおすすめします。 三井住友カードデビュープラス• 大手カード会社ならではのセキュリティと安全性• オンライン入会なら無条件で年会費初年度無料!• ポイント還元率は「0. 最短翌日発行!オンライン申込なら最短5分でカード番号発行可能• 三井住友カードは日本で初めて カード番号を裏面記載とすることで、番号の漏洩の防止に貢献しています。 また、万が一紛失・盗難や不正利用に遭ってしまった場合でも、スマホアプリ「Vpass」から 簡単にカードの無効化ができるようになっています。 不正利用や紛失・盗難に気付いた場合は 届け出から60日さかのぼって全額補償をしてくれるので、すぐに届け出るようにしましょう。 2年目以降も WEB明細やマイ・ペイすリボの登録で年会費が割引になります。 自分の利用スタイルに合わせて割引されるサービスを選びましょう。 還元率を上げる技もあり! 三井住友カードの基本還元率は 「0. しかし、多くのお店や通販で還元率を上げることができます。 例えば、「 Amazon、楽天」などの通販で 2倍。 「 セブン・ファミマ・ローソン・マクドナルド」で 5倍など身近なお店も対象になっています。 さらに、頻繁に利用するスーパーでも 2倍になっているお店が 39社あり、ほとんどの地域の方が有効活用できるでしょう。 ポイント還元率が2倍以上になるお店の一例• セブンイレブン• ローソン• ファミリーマート• マクドナルド• デイリーヤマザキ• スターバックス(オンラインチャージ)• すき屋• ドトールコーヒー• モスバーガー• Amazon• Yahoo! ショッピング• ライフ• ヤオコー• 相鉄ローゼン• クリエイト• マツモトキヨシ•

次の

三井住友カード デビュープラスの申込前に必読!(2020年最新)クレジットカード情報ポータルBENRISTA

三井住友visaデビュープラス

三井住友カード デビュープラスは、学生や新社会人から評判の良い三井住友カードの1つです。 18歳~25歳の人しか申し込みができないという制限があるため、ポイント還元率が他クレジットカードと比較しても高く、 入会後3ヶ月は ポイント5倍(還元率2. 5%)にもなります。 初めてクレジットカードを作る人にもおすすめの1枚で、特にクレジットカードで万単位の高額な支払いをしたい時には、ポイント5倍は非常にお得感があります。 最短翌営業日で発行されるので、すぐにクレジットカードで支払いたい場合も間に合います。 実際に三井住友カード デビュープラスを利用したり、検討したりしている人からの評判や口コミ情報をTwitterから調べてみました。 5%)、それ以降もポイント2倍(還元率1%)と、三井住友カードの中でもポイント還元率が高めです。 一般的な三井住友カードの「1,000円ごとに1ポイント(還元率0. 5%)」と比較しても、貯まりやすさが倍になっています。 年会費無料のクレジットカードで還元率1%は珍しくない話ですが「三井住友カードで」となると、非常に限られます。 ノートパソコンやカメラ、大型家具、バイク、ブランドの財布など「大きな買い物」をする前に、三井住友カード デビュープラスに申し込んで、支払いをすれば、大量のポイントが獲得できます。 またiDやApple Payや楽天ペイなどの後払い型支払いサービスにも対応しているスマホ機種を持っていれば、 コンビニなど日常的な買い物でもポイントが獲得しやすいです。 代金は後日クレジットカードから支払われるので、財布にお金がない時でも買い物ができ、ATMでお金を引き出す手間や手数料もかかりません。 年間累計金額に応じてボーナスポイントプレゼント また カードの年間利用額(毎年2月~翌年1月)に応じて、 ボーナスポイントも受け取れます。 この特典は三井住友カードに共通するもので、年間累計金額ごとにステージが分かれて、各ステージの特典が1年間(翌年2月~翌々年1月)維持されます。 ステージ 年間累計額 特典 V1 50万円~100万円 50万円で50ポイント 以降10万円ごとに10ポイント V2 100万円~300万円 50万円で75ポイント 以降10万円ごとに15ポイント V3 300万円以上 50万円で150ポイント 以降10万円ごとに30ポイント ボーナスポイントは 年間累計金額が50万円以上から獲得できるので、 カードを使えば使うほど、 実質的なポイント還元率が上がるという訳です。 クラシックカード(学生カード)より長くお得に使える 学生カード比較 デビュープラス クラシック 年会費(初年度) 無料 無料 年会費(2年目以降) 年1回以上の利用で無料 在学中はずっと無料 海外旅行保険 なし 最高2,000万円 国内旅行保険 なし なし 利用可能枠 最大80万円(学生は30万円) 最大30万円 ポイント還元 ポイント2倍(入会後3ヶ月は5倍) 1,000円ごとに1ポイント(還元率0. 5%) 電子マネーiD 専用カードを発行 クレカ一体型 学生向けの三井住友カードには 「三井住友カード」もあります。 通常のポイント還元率で比較すると倍以上の差があり「クレジットカードの利用でポイントを貯めたい」と思う人には、やはりデビュープラスカードの方が使い勝手が良いです。 また三井住友カードの年会費無料は「在学中」に限定されますが、デビュープラスカードは年1回の利用(支払い)さえすれば、 卒業後も年会費無料で、ずっと使い続けられます。 卒業後は 利用限度額が80万円まで増額も可能なので、社会人になってから大きな支払いをする機会があっても困りません。 旅行保険の付帯はなし 持ってるカードの海外旅行保険調べてたけどあらためて三井住友カード デビュープラス無能だな。 早く手放したい — ぱんだちゃん🍋 BEAUTteen 三井住友カードの学生カードを作ろうと思うんだけど、デビュープラスカードでいいかな。 国内外の旅行保険がついてないんだけど、今まで旅行保険つけたこと無いしなぁという感じ。 — ミルモでポン! mktakuya 三井住友カード デビュープラスのデメリットには 「国内外の旅行保険が付帯していない」ことが挙げられます。 旅行保険とは、旅行先でケガや病気、持ち物が盗まれたり壊れたりした時などに、保険会社が費用や代金を補償してくれる安心サービスのことです。 旅行や留学の際に、三井住友カード デビュープラスで代金を支払ったり、持っていたりしても、一切の補償は受けられません。 その為「海外での補償を手厚くしたい」と考えるならば、海外旅行保険が付帯したクレジットカードを発行するか、別に海外旅行保険へ加入する必要があります。 ちなみに、三井住友カード アミティエは、 国内・海外旅行保険の補償が充実している三井住友カードです。 カードを持っているだけで補償が適用される 「自動付帯」なので、サブカードとしても役に立ちます。 三井住友カード プライムゴールドとは、 20代限定のゴールドカードで、特典やサービスが更に充実した1枚です。 例えば 全国にある空港ラウンジを無料で利用できたり、 最高5,000万円の国内旅行・海外旅行保険が付帯したりと、一般カードでは物足りなさを感じていた部分が解消されます。 三井住友カード プライムゴールドついては、下記の記事も参考にどうぞ。 カード紹介: 一方で三井住友カード プライムゴールドの 年会費は5,000円+税と 有料です。 今まで「年1回以上の利用で無料」で使い続けていた人にとっては「年会費が有料になる」ことは大きな負担に感じます。 以下の条件を満たすと、年会費1,500円+税まで値下がりするので、比較的に持ちやすくなると思います。 毎月の明細書を「WEB明細書」にする:年会費4,000円+税• 支払いを「マイ・ペイすリボ」にする:年会費2,500円+税• マイ・ペイすリボとは、三井住友カードの「リボ払い」の名称で、1回払いの利用分が自動的にリボ払いになります。 支払い方法をマイ・ペイすリボにしながら、実質1回払いにする方法については、下記の記事で解説しています。 メリット ・他の三井住友カードと比較して、ポイント還元率が高い。 ・年1回以上の利用で年会費が無料になる。 ・ゴールドカード取得までの道のりが楽になる。 デメリット ・26歳以上は申し込めない。 ・旅行保険が付帯していない。 ・26歳になった後のカード更新で「プライムゴールドカード(年会費有料)」に切り替わる。 三井住友カード デビュープラスは、 18歳から25歳までの人が申し込み可能なクレジットカードです。 年会費は無料、ポイント還元率は1%以上、iDやApple Payなどの支払いサービスにも利用可能で、はじめて持つクレジットカードとしてもおすすめ度が高いです。 「三井住友VISA」という安心と信頼のカードブランドは、持っていて全く損はありません。 学生の頃はクレジットカードの審査に通りやすい時なので、将来的なことを考えても今の内に申し込んでおけば、いざという時にも何かと役に立つと思います。 ちなみにJCBカードでも、20代向けのクレジットカードとして 「JCBカードエクステージ」を発行しています。 JCBカードエクステージは「ディズニーデザイン」が選べることでも人気があります。 三井住友カード デビュープラスとJCBカードエクステージは、下記の記事で違いを比較しています。

次の