進撃 の 巨人 ネタバレ 121。 【121話ネタバレ】進撃の巨人能力判明!継承者の未来の記憶を見る能力?二千年後の君への意味が判明?ネタバレ進撃の巨人121話

【進撃の巨人122話】最新ネタバレ考察 始祖ユミルにエレンが願うこととは?

進撃 の 巨人 ネタバレ 121

進撃の巨人の特性 エレン 9 歳の頃の記憶 エレンとジークはグリシャの記憶を見ていますが、エレンが自分のように父親に洗脳なんてされていなかったとジークは気付きます。 しかし、エレンが父親に洗脳されていないのならば、何故父親の望み通りエレンが戦い続けているのか?エレンは始祖の力を使って何をしたいのか、ジークは尋ねます。 ジークにあんたが望んだ哀れな弟や、あんたの心の傷を分かち合う都合のいい弟はおらず、ジークの事を父親の望んだエルディアの復権を否定し続けることでしか自分自身を肯定できない、死んだ父親に捕らわれたままの哀れな男だとエレンは言います。 そしてジークは、始祖の巨人の力は自分の手の中にありいつでも安楽死計画は遂行できるが、エレンを決して見捨てない、クサヴァーさんが自分にそうしてくれたように、とあくまでエレンを救いたいと言います。 グリシャは「人類は滅んでなどいない」というメッセージを残しましたが、ジークは大層な遺言だと表現します。 エレンに地下室の鍵を渡した後、グリシャは外出しますが既にこの時から思いつめた表情をしています。 しかし、フリーダは罪から逃れていけないと、グリシャの懇願を拒否します。 その場面を見てジークは、あのお姉ちゃんとは気が合いそうだと言い、エレンにかつてこの記憶を見た時、父親に深く失望したと言っていたがそれも嘘だったのかと、確認しようとします。 しかし、何故かエレンは非常に険しい表情をしています。 我々がただ何も知らずに、世界の怒りを受け入れれば、死ぬのは我々エルディア人だけで済み、壁の外の人類の命を奪う事は防げると、フリーダは主張しますがエレンはさらに険しい表情になります。 そして気のせいか、グリシャが本来その場にいないはずのエレンの方を見ているように見えます。 その特性、能力の為、いままでの「進撃の巨人」の継承者は何者にも従わなかったと言います。 そして、グリシャは未来の継承者の記憶通り、ここで始祖を食らい王家の血を絶やすとフリーダに言います。 巨人化しようとするグリシャ、そして家族を逃がそうとするフリーダですが、グリシャは結局メスで自分の手を傷つけません。 始祖を奪わず、一家を虐殺もしないグリシャにジークは驚き、エレンはそんな父親を見下ろしています。 他のレイス家一家も、グリシャを生きて返すわけには行かない、私たちの楽園が壊される、と口々に叫びグリシャを早く殺すように言います。 さらに続けて復権派の仲間に、ダイナに、クルーガーに、報いるために進み続けるんだとグリシャの耳元で囁きます。 エレンに促され決心したグリシャは、自らメスで手の甲を貫き巨人化します。 そして、巨人化するための注射器を奪い、礼拝堂から出て巨人化を解除し元に戻ります。 グリシャは全ての未来の記憶を見ていなかったようで、壁が壊されることを…、壊される日を…、カルラの安否を…、なぜ見せてくれなかったんだと呟きます。 そして、ジークに呟くように、そこにいるんだろ?この先…、お前の望みは叶わない…、叶うのは… エレンの望みだとグリシャは言います。 そしてグリシャはジークが見えたようで、ジークに向かって大きくなったなと言い、私はひどい父親だった、お前にずっと… 辛い思いをさせたとグリシャは謝罪します。 ジークが父さんと呟きますが、グリシャはエレンを止めてくれと言います。 ジークはグリシャが、「進撃の巨人」の能力で都合のいい記憶だけ見せられ、過去に影響を与えることも可能なはずと推測します。 そしてグリシャはもっと先の未来を見たから、自分では始祖の力を使えないと知っていても、その力を奪いエレンに託したと考えます。 グリシャがエレンを止めてくれと、お前に従った事を後悔した、とジークは言います。 動き出した始祖ユミルを止めようと、自分の手首に繋がっている鎖から強引に手を抜きます。 しかし、ジークは一度動き出した始祖ユミルを止めることなど、この世の何者もできないと断言します。 今までエレンやクルーガーが、知らない未来を話していて謎でしたが、その辺りの謎が判明しました。 しかし全ての記憶をみれるわけでは無く、エレンもこの場で始祖の力を使えない事を知らなかったようです。 このままジークの安楽死計画は実行されてしまうのか、エレンが見た景色や、グリシャが言うあんな恐ろしいことになる未来とは何か、などいよいよクライマックスも近そうです。 次回、始祖ユミルが何者なのか、マリア、ローゼ、シーナの由来などが明らかになります。

次の

進撃の巨人 121話のネタバレです。

進撃 の 巨人 ネタバレ 121

こちらの記事では 2019年08月09日 に発売された 進撃の巨人の最新話120話のネタバレや 感想、考察を 文字だけご紹介しております。 もし『文字だけではわかりにくので、 絵付きで漫画を読んでみたい』 という場合は、 U-NEXTで 今すぐ無料で読むことができますので、 ぜひ、チェックしてみてください。 進撃の巨人の最新話『120話』のネタバレ 首を落とされたエレンは…! ガビの一撃で首が吹っ飛んだエレン。 落ちてくる頭をジークが必死に受け止める中、 エレンの意識はある場所にたどり着いたのでした。 そこは大樹の様な光の柱が見える場所。 エレン 「ここは…?」 ジーク 「すべての「道」が交わる座標…」 「…だと思う」 そこには首を何本もの鎖に繋がれて座り込むジークがいたのでした。 ジーク 「おそらく始祖を継承した王家はここに来たんだろう」 「始祖の力を行使する際に」 エレン 「…兄さん」 ジーク 「待ちくたびれたぞ…エレン」 「お前が回復し目を覚ますまで」 「何年もここに座っていたような気がする」 ジークはそうエレンに次げたのでした。 エレン 「何年も…経ったのか?」 エレンはその言葉に、 既に何年もの時間が経過したのかと思いますが、 ジークはここでのすべては一瞬の出来事であると言います。 ジーク 「お前の首はガビに吹っ飛ばされたが」 「お前が完全に事切れる前に俺と接触を果たした」 「…成功したんだよ…」 「俺達は…」 「始祖の力を手に入れた…」 始祖ユミル エレン 「……!? 」 「誰かいる」 エレンはこの場にジークと自分以外の誰かがいることに気付きます。 ジーク 「心配ない」 「それは…」 「始祖ユミルだ」 エレンは何故その人影がユミルだとわかるのか?と聞きますが、 ジークはこんな所をブラブラしてるのは、 他にいないと言うのでした。 ジーク 「ここで巨人を作っているのだろう」 「俺達が巨人の力を欲する度に」 「果てしない力を費やして…」 そしてジークはエレンにこう告げます。 ジーク 「エレン…」 「始祖ユミルに命じるんだ」 「俺達の夢を叶える時が来た」 ですが、エレンはそれよりもジークの鎖を気にかけます。 エレン 「その鎖は?」 ジーク 「…よく気付いたな、この鎖に……まぁ…」 「…心配してくれてありがとう…」 「これは俺の自由を妨げるもの…」 「つまり 「不戦の契り」」 つまり、ここで動けるのはエレンだけ。 ジーク 「俺とクサヴァーさんと…お前の夢だ」 「頼む…」 「世界を…救ってくれ」 ジークの願いにエレンが出した答えは…! ジーク 「始祖にこう伝えるんだ!」 「すべてのエルディア人を」 「今後永久に子供を作れない体にしろと!」 「「地鳴らし」で連合軍をつぶすのはその後でいい!! 」 その願いにエレンは…。 エレン 「すべてのエルディア人を…」 「安楽死させる」 「こんなふざけた計画オレは到底受け入れられない」 「悪いが兄さん」 「オレはここに来るために」 「あんたに話しを合わせていただけだ」 その言葉にジークは手で顔を覆って嗚咽します。 ジーク 「お前がここでやらなければ…」 「この先もこの殺し合いは終わらない…」 「俺達が繰り返してきたことがずっと続く…」 「なぜだ…」 「…エレン」 「答えてくれ」 その問いにエレンはこう答えたのでした。 エレン 「オレがこの世に生まれたからだ」 そしてエレンはユミルにこう願うのでした。 エレン 「始祖ユミル」 「オレに力を貸してくれ」 しかし、エレンの呼びかけにユミルは答えないのでした。 ジーク 「やっぱりかよ」 「エレン…」 「お前だけはわかってくれると…」 「信じたかった…」 「これもあの父親に洗脳されたせいなのか?」 そしてユミルはジークの前にひざまずいたのでした。 エレン 「これは…」 「どういうことだ…」 そうジークはエレンが目覚めるまでの間多くを学んでいたのでした。 ジーク 「始祖は何でも作れる」 「こんな土塊の鎖でも」 「王家の血を引く俺が求めればな」 初代王の思想に染まらぬままこの場所に到達したジークは、 「不戦の契り」を無効化していくことに成功していたのでした。 ジーク 「巨大な力を持つ始祖ユミルだが…」 「その正体は自分の意思を持たぬ奴隷だ」 「王家の血を引く者を自分の主人だと思い込み服従し続ける」 「始祖の力は」 「俺が手にした」 そして今度はエレンが鎖に繋がれたのでした。 ジークはエレンが悪いのではなく、洗脳した父親が悪いのだと言い…。 ジーク 「俺は決してお前を見捨てはしない」 「俺が…始祖の力でお前を治してやる」 エレン 「やめろ」 「無駄だ」 ジーク 「世界を救う時は」 「お前と一緒だ」 そしてジークは自分の頭をエレンの頭につけるのでした。 記憶の旅 エレン 「これは…」 「父さんの記憶…」 ジークと接触したエレンは父親の記憶を巡ります。 ジーク 「お前がわかるまで見せてやる」 「グリシャ・イェーガーがいかにして息子を洗脳し」 「お前に民族主義を植えつけたのか」 ジークは記憶を見せることで、 エレンの洗脳を解こうと考えていたのでした。 そして記憶の中のグリシャは壁の王の根城にたどり着いたのでした。 エレン 「…こんなに早く突き止めていたなんて」 グリシャが始祖を奪ったのは壁が破壊された日。 それはグリシャが根城を突き詰めてから何年も先のこと。 グリシャは今始祖を奪うよりも、赤ん坊のエレンを優先したのでした。 ジーク 「なるほど…」 「二人目の息子は愛されていたらしい」 「復権派の使命を中断するくらいに」 自分への扱いとの違いを目の当たりにするジーク。 その時でした。 グリシャ 「ジーク…」 「ごめんな…」 寝言でグリシャはそうつぶやいたのでした。 その言葉に驚くジーク。 そしてさらに…。 グリシャ 「…ジーク?」 「ジーク…」 「そこに…いるのか?」 なんと本来見えるハズのない、 そこにいないジークの姿を感じ取ったのでした。 グリシャ 「バカか…」 「ジークがあんな髭面おじさんなわけないだろ?」 「ただの…夢だ…」 ジークは茫然とします。 ジーク 「……」 「これは…?」 エレン 「次だ」 「次の記憶だ」 「ジーク」 進撃の巨人の最新話120話や最新刊を無料で読む方法って? 以上が進撃の巨人のネタバレでした! ここまで読んでいただければ、ある程度の内容はわかったかと思いますが、 やっぱり文字だけではなく、 絵も一緒に見た方が絶対におもしろいですよね。 そこでおすすめなのが U-NEXTです。 進撃の巨人の最新話『120話』の感想と考察 エレンの首が飛ぶという衝撃のラストで終わった119話。 そこからどうなるのか?という期待と不安の入り乱れた中、 始まった120話でしたが、 すごい回でしたね…! 遂にエレンは始祖ユミルに邂逅。 そしてジークと共に計画を実行するのか! …と思いきや、ジークを裏切ったエレン。 ここまで、何を考えているのかわからない様な描かれ方をしていましたが、 やはりエレンはエレンで考えがあって行動していたのですね…! ですが、ユミルの力は既にジークの手の内に。 「世界を救う時は一緒」という信念の元、 ジークはエレンの洗脳を解こうとしたわけですが、 そこにはジークにとっては意外なグリシャの姿があったわけで。 むしろこの記憶の旅によって、 ジークの考えの方が変わりそうですね。 今後の注目点としては、 ジークの考えが変わるのか? 考えが変わったとしてジークはどうするのか? この辺でしょうか。 既にユミルの力はジークが掌握しているわけで、 全ての鍵はジークにある状態。 この記憶の旅で、ジークは何を見るのか? 次回が楽しみですね! まとめ ここまで進撃の巨人の最新話120話のネタバレや感想、 考察をご紹介してきましたが、 いかがだったでしょうか? 少し前までは漫画を無料で読める漫画村などサイトがありましたが、 今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなっています。 それよりも今はウイルスなどの心配もない 安全な U-NEXTの無料キャンペーンがありますので、 ぜひ活用してタダで進撃の巨人の最新話や最新刊を読んでみてください。

次の

進撃の巨人ネタバレ最新121話確定【エレンとジークのタイムスリップ】

進撃 の 巨人 ネタバレ 121

正確にはグリシャにとっては恐怖の「地ならし」に見え、エレンにとっては自由の「壁の崩壊」に見えている。 ベルリンの壁とかもそうだけど、壁の崩壊は自由の象徴。 「『あの景色』は、地ならしに見せかけた壁の崩壊」という前提で、エレンがヒストリアの手にキスした以降を読み返してみたのです。 すると、エレンの心情が実にきれいに見えるように感じたのですね。 いや、コレはちょっと読み方が変わるなと。 それで書いてみようと思った次第です。 【目次】• 4年前すでに、エレンは地ならしが未来に起きることが分かっていた 最新121話。 「あの景色」を見たのは、ヒストリアの手にキスしたときだとエレンは言います。 ちなみに、この手キスシーンは90話に登場するのですが、このときエレンが見た記憶として描かれていたのは「グリシャがフリーダを喰った」ところでした。 ということは。 このときエレンは、グリシャが進撃の巨人の特性を語っている場面も見たのではと思います。 進撃の巨人の特性。 ソレは「進撃の巨人は、未来の継承者の記憶を覗き見ることができる」です。 実際、エレンはこのときの様子を「見ただけではなく、そのときの感触も残っている(115話)」とジークに伝えているので、エレンは色んな記憶をかなり鮮明に見たのだろうと推測できます。 それに進撃の巨人の特性をグリシャが語ったとき、フリーダやジークが驚く中、エレンはすでに知っている様子でしたしね。 ということは、ヒストリアの手にキスしたあのとき、エレンは進撃の特性を知った。 そしてそのとき同時に見た「あの景色」が、未来のものだとも認識したハズです。 地ならしで、エレンたちは自由になれるのか? 同じく90話。 エレンは言います。 「 海の)向こうにいる敵…全部殺せば…オレ達自由になれるのか?」 「進撃の巨人」90話より このシーンからも、エレンは地ならしを見たのではという匂いがします。 地ならしなら、海の向こうの敵を全員殺せるでしょうし。 でも「自由になれるのか?」です。 はてなマークです。 疑問形です。 エレンの迷いが感じられます。 このときのエレンの心情は、ハッキリとは分かりません。 地ならしをどうとらえているのか。 しかし。 少なくとも100話の時点では、エレンが地ならしを望んでいないことが分かります。 エレンは地ならしを望んでいない 100話。 ライナーとの語り合いの場で、エレンは言いました。 「確かにオレは…海の向こう側にあるものすべてが敵に見えた。 (でも違った。 )海の外も壁の中も同じなんだ」 「進撃の巨人」100話より 「あの景色(エレンの未来の記憶)」を見てからの、エレンの悩みは大きく2つあったハズです。 地ならしによって海の向こうにいる者を全員殺すことで、オレ(エレン)たちは自由になれるのか?• 未来に地鳴らしが起きるということは、自分(エレン)はヒストリアを犠牲にしたということなのか? しかし後者には、希望が生まれることになります。 ジークの寿命にこだわるエレン 106話。 ジークのパラディ島勢力への要求によって、エレンは気づきました。 「王家の血を引く者との接触で、始祖の力を扱える」という自分の仮説は、間違っていなかったことに。 そして地ならしは、ヒストリアとではなくジークとの接触によっても起こせることに。 「進撃の巨人」106話より エレンの見た未来の地ならしは、ジークとの接触によって起きた可能性がある。 もしそうであれば、ヒストリアは犠牲にならずに済むということです。 ヒストリアを犠牲にしたくない。 でも、未来に地ならしが起きることは分かっている。 未来の記憶の地ならしがジークの死後なら、相手は多分ヒストリアになってしまう。 エレンだけが見えている未来。 仲間たちには見えていない未来。 「時間が必要だ」というアルミンやミカサの姿は、エレンにはどのように映っていたのでしょうか。 エレンと仲間たちとの間にズレが生じてしまうのは、必然だったのかもしれません。 ジークの秘策が事態を悪化させる 107話。 エレンにとって、事態は悪化してしまいます。 ジークの明かした「秘策」が原因で。 「進撃の巨人」107話より ジークの秘策どおりにコトが進むのであれば、ヒストリアを巨人化させることになるばかりか、ヒストリアは家畜のように子を産み続けなければならなくなる。 しかしハンジの言うとおり、エレンはジークの秘策に反対したものの、別の解決策を見つけることはできていませんでした。 自由から最も遠い、強制的な絶滅 思い悩むエレンに、さらなる絶望が襲いかかります。 イェレナとの密会によって、ジークの真意が「ユミルの民の安楽死」であることを知ったからです。 「進撃の巨人」115話より つまりエレンからすると、ヒストリアを家畜のような目に合わせるだけでなく、希望であったジークの狙いが、自由から最も遠い「強制された不自由な安楽死」であることを知ったという話です。 エレンとヒストリアの密会 絶望の中、エレンはどうしたか? この答えが「ヒストリアとの密会」ではないかと私は思っています。 120話の記憶のヒストリアの服装は、108話のものと似ている。 もし一緒なら、ヒストリアと会ったのはやはりエレンということになりそうですね。 — 「進撃の巨人」の謎が分かった edonopoh どうもイェレナは手を後ろに回す派で、エレンはポケットに手を入れる派だな。 で、ヒストリアの場面で描かれている人物はポケット派。 もちろん実際の描写じゃないけど、116話でピークとのポケットの絡みも含めると、やはりヒストリアに会ったのはエレンかなと。 — 「進撃の巨人」の謎が分かった edonopoh ここでエレンとヒストリアとの間にどのようなやり取りがあったのか、具体的には分かりません。 でも今となっては、恋愛的な要素も最初からたぶんにあって、結果的にエレンは糸口を見出したという流れもあり得る気がしています。 話を戻します。 じゃあエレンは、フリーダもジークも知らなかったようなことをなぜ知ることができたのか。 そして自分の実体験としても、「壁の中も海の向こうも同じだ」ということを知ります。 つまりこのときにはすでに、エレンは「あの景色」を地ならしではなく壁の崩壊として捉えていたのではないか。 読み返したけど、やはり「あの景色」は「地ならしと見せかけた壁の崩壊」で合っている気がする。 正確にはグリシャにとっては恐怖の「地ならし」に見え、エレンにとっては自由の「壁の崩壊」に見えている。 ベルリンの壁とかもそうだけど、壁の崩壊は自由の象徴。 そして自由は、エレンが最も望むもの — 「進撃の巨人」の謎が分かった edonopoh そして、その実現のために行動しているのではないかと思うワケです。 最後に 長々と書いてしまいましたが、「『あの景色』は、地ならしに見せかけた壁の崩壊」というのは、現時点では予想に過ぎません。 でももし私の予想が合っているのなら、作者の諫山創さんはやはりスゴイなと。 少なくとも私にとっては、読み返しでこんなに新鮮な見方ができるマンガはこれまでありませんでした。 いやぁ、ホントすごいですね。 edonopoh.

次の