レアチーズ ケーキ 簡単 レシピ。 「レアチーズ」と言う食材はあるのですか?

「簡単☆ふんわりレアチーズムースケーキ」みら

レアチーズ ケーキ 簡単 レシピ

作り方• 1 【下準備】 バターを室温に戻す。 クリームチーズを室温に戻すか、包装フィルムから出して電子レンジで約30秒、加熱してやわらかくしておく。 大さじ3の冷水に粉ゼラチンをふり入れ、ふやかしておく。 ラップを型から出るように敷く。 2 ビスケットを厚めのビニール袋に入れてすりこぎなどの棒で細かく砕き、バターを入れて袋の中で混ぜあわせる。 3 ラップを敷いた型の底に敷き詰め、表面を平らにならし、冷蔵庫で冷やしておく。 4 ボウルにクリームチーズを入れ、木べらやゴムべらでよく練り、なめらかになったら砂糖を加え、泡立て器で混ぜる。 5 クリーム、レモン汁の順に加え、そのつどよく混ぜる。 6 ふやかしたゼラチンを湯せんで溶かすか、電子レンジで約20~30秒加熱して溶かし、加え混ぜる。 7 3)でつくった台に6)の生地を流し、冷蔵庫に約2~3時間入れ、冷やしかためる。 【飾り】 お好みで、8分立てに泡立てたクリームを絞り出し、ミントの葉を飾る。

次の

レアチーズケーキの簡単レシピ!混ぜて冷やすだけで完成 [男の料理] All About

レアチーズ ケーキ 簡単 レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

いちごのレアチーズケーキ!華やか簡単お菓子レシピ [簡単お菓子レシピ] All About

レアチーズ ケーキ 簡単 レシピ

レアチーズケーキの簡単レシピを紹介 ベイクドタイプのチーズケーキとして、「ニューヨーク・チーズケーキ」は、甘いものが苦手な方でも比較的食べやすいケーキとしてなかなか評判だったが、オーブンを使い、また湯煎や温度調節など、多少の手間がかかるレシピ。 そこで今回は同じチーズケーキでも、いっそう手間のかからない、「レア」タイプのチーズケーキの作り方を紹介しようと思う。 こちらは、材料や手順など、あえて基本的な部分はできるだけベイクドタイプのものと同じにしてあるので、「ベイクド」と「レア」の両方を食べ比べてみるのもいいかも知れない。 底板が外れるタイプのもの。 フードプロセッサーを使う場合は、適当に割ってからフードプロセッサーに入れて、細かくなるまで回すだけ。 2.無塩バター50gを、耐熱容器などに入れ、様子を見ながら、電子レンジに全体が溶けるまで(1~2分)かける。 溶けたバターを細かく砕いたクラッカーに加え、全体がしっとりとするまでよく混ぜる。 フードプロセッサーの場合は、溶けたバターを直接プロセッサーに加えて、そのままクラッカーとフードプロセッサーにかければよい。 3.クッキー生地をケーキ型の底に平らに敷き詰めて、固めにならす。 型のスミまで平らにするのは、ちょっと難しいが、底が平らなワイングラスを使うと簡単。 なんとなく道路工事っぽく、キレイにならせると楽しい。 これでクッキー生地の準備は完了。 ジャマにならないよう置いておく。 (ここまでは、ニューヨーク・チーズケーキとまったく同じ手順) 4.水40ccを容器に入れ、そこに粉ゼラチンを振り入れて、ふやかしておく。 軽く混ぜておくとよい。 5.冷蔵庫から出したクリームチーズを、ラップで包み電子レンジ(弱)に、2~3分ほどかけて柔らかくする。 目安は、全体が温かくなって指で簡単にチーズがへこむぐらい。 加熱しすぎてはいけないが、あまり硬いままだとこのあと混ぜていくのが非常に大変。 電子レンジによって出力が違うので、最初は途中で触って確認しながら何度かレンジにかけるようにするといい。 6.柔らかくなったクリームチーズを、大きめのボールにあけて、砂糖80gを加え、泡立て器で全体がなめらかになるように混ぜる。 最初は、クリームチーズが硬くて混ぜるのも大変。 ここが我慢のしどころなので、根気よく、なめらかなクリーム状になるまでホイッパーで練り混ぜる。 7.バニラエッセンス数滴と、レモン汁(1個分を絞って濾したもの)を加えて、さらになめらかになるまで混ぜる。 8.プレーンヨーグルトを加えて、さらに混ぜる このあたりから、全体がなめらかなクリーム状になり、ラクに混ぜられるようになる。 ボウルの底やホイッパーについた混ざっていない生地などを、ゴムべらなどで混ぜ込みながら、泡立てないように生地を混ぜていく。 9.ヨーグルトに続いて、生クリームを入れ、さらに混ぜていく。 いずれも2、3回にわけて加えていくと、スムーズにいく。 10.ふやかしておいた粉ゼラチンを電子レンジにかけて溶かす。 電子レンジによって出力が異なるが、できるだけ「弱」の設定で、ゆっくりと加熱しないと、溶け具合にムラができる。 ゼラチンは沸騰させてしまうと、腰が弱くなってしまうので、様子を見ながら絶対に沸騰させないタイミングで電子レンジから取り出すようにする。 完全に溶けると、それまで半透明だったゼラチンが透明になるので、確認できる。 11.溶かした粉ゼラチンを生地に加え、全体をよく混ぜ合わせたら、濾し網などで濾しながら、クッキー生地を準備しておいたケーキ型に流しいれ、そのまま冷蔵庫で3時間以上おいて冷やし固めると出来上がり。 冷えたチーズケーキは、そのままでは型から抜きにくい。 フキンを熱めに絞って、型の側面にあてて温めると抜きやすい。 切り分けるときも、包丁をお湯であたためながら、1回ごとに包丁をぬぐうようにするときれいに切ることができる。 レアチーズケーキの完成版 レアチーズケーキは、なんといってもオーブンで焼く必要もなく、単に「混ぜて冷やすだけ」ととても簡単なのがいい。 写真にあるように、仕上げに「ピスタチオ」のスライスなどを使って、彩りを添えてみるのもいいだろう。 レアチーズケーキの完成版 今回のレシピは、ベイクドタイプと同様、甘さが多少押さえ気味になっているので、男性含め、誰でもよろこばれる味になっていると思う。 ただし、出来上がりを大人数で、少しづつ取り分けるのであれば、ちょっと砂糖を多めにして、多少の「重さ」を出していってもいいだろう。 また、ヨーグルトを完全になくしてしまったり、あるいは分量を少なめに調節することなどで、違う風味を楽しむこともできる。 「お菓子はレシピどおり正確に」と言われることも多く、またそういったレシピも実際にはあるのだが、今回のような「混ぜる」だけのレシピであれば、それほど失敗もないので、自分流のアレンジを加えてみるのも楽しいだろう。 【関連記事】•

次の