ストレス 解消 食べ物。 ストレス解消に効果的な食べ物、飲み物、栄養素

精神(心)を落ち着かせるオススメ食品7つ【ストレス解消に効く食べ物とは?】

ストレス 解消 食べ物

4月は、「始まり」や「変化」の季節。 進学や就職、異動などで「新生活」をスタートされた方も多いのではないでしょうか?環境の変化が大きいこの季節は、モチベーションが高くなる一方で、変化に適応するためにストレスを感じることが多くなりますよね。 つまり、体内でそれらの栄養素が不足していると、ストレスに抵抗しづらい体になってしまう可能性があるのです。 今回は栄養士監修のもと、ストレスの軽減に役立つ栄養素と、その栄養素を効率よくとるための食材を解説します。 感情とホルモンは深い関わりがあり、ホルモンの中には、ストレスによる「イライラ」した気分を生み出すものがある一方で、「楽しい」「嬉しい」といった感情を生み出したり、ストレスを軽減する働きを持つものがあるのです。 「コルチゾール」の働きはさまざまありますが、一時的に体内の血糖値を増やして、体がストレスに対処する準備をしてくれるのもその一つ。 「ビタミンC」のほかに、うなぎやアボカドに含まれる「ビタミンE」も、抗ストレスホルモン「コルチゾール」の生成に関係があり、ともに作用しあいながらさまざまなストレスに対する防御反応を高めてくれます。 「コルチゾール」はストレスを軽減してくれる一方で、過剰に分泌され続けると、糖尿病の原因や免疫力が低下する副作用があるといわれています。 これらの副作用を防ぐために、ビタミンCをとるだけでなく、リフレッシュする時間や睡眠をたっぷりとるなど、ストレスを軽減する工夫をしてみましょう。 この「セロトニン」は、体のリズムを整えて快眠しやすい状態にする「メラトニン」を生成します。 ストレスを減らすだけでなく、しっかりと睡眠をとって心と体の調子をととのえるためにも、「トリプトファン」を含んだ豆乳や納豆などの大豆製品を、意識して日々の食卓に取り入れてみましょう。 脳はストレスに対処するときにエネルギーを使いますが、脳の栄養源となるブドウ糖を効率よくエネルギーに変えるためには、「ビタミンB1・B2・B6」など、さまざまな「ビタミンB群」によるサポートが必要です。 豚肉に含まれる「ビタミンB1」や、鶏卵に含まれる「ビタミンB2」、バナナやナッツに含まれる「ビタミンB6」などの「ビタミンB群」はチームで働き、神経系や脳の働きを高めてくれます。 どれかひとつだけとるのではなく、数種類の「ビタミンB群」を同時にとることが大切です。 「ビタミンB群」が足りないと、脳がエネルギー切れを起こしてしまい、「集中力が続かない」「落ち着きがなくなる」といった状態になってしまいます。 その結果、仕事や生活に支障が出るだけでなく、さらなるストレスが生まれる可能性があります。 中でも納豆や味噌は発酵食品のため、含まれている菌類によって腸内環境をととのえる効果が期待できるでしょう。 腸は感情を穏やかにしてくれる「セロトニン」をはじめ、私たちの活動に欠かせない「さまざまなホルモン」を分泌する臓器です。 心身ともに健康で、ストレスに負けない体を作るために、腸を健やかな状態に整えてあげましょう。 〜ポイント〜 お味噌汁や冷奴で食べることも多い豆腐ですが、「ビタミンB群」をとるなら、絹ごし豆腐がおすすめ!絹ごし豆腐は、作る過程でに水分をあまり絞らないため、水に溶けやすい「ビタミンB群」が木綿豆腐に比べ、多く含まれています。 効率よく栄養素をとるために、ビタミンCを多く含む野菜は生のまま食べましょう。 一方で、ビタミンEを多く含んだ野菜は、オリーブオイルを使ったドレッシングをかけたり、揚げたりするなど、油と組み合わせることで消化吸収が良くなると言われています。 〜ポイント〜 ビタミンCは水に溶けやすいだけでなく、熱が加わると壊れてしまう性質を持っています。 ビタミンCを含んだ野菜を調理するポイントは、水にできるだけ触れないよう、加熱しすぎないように調理をすることを心がけてみてください。 洗うときも水に浸さずにさっと洗い、さっと蒸したり焼いたりすることで、より効率的にビタミンCをとることができますよ。 電子レンジも短時間で調理ができるため、ビタミンCが壊れづらい調理方法です。 こちらも覚えておいてくださいね。 芋に含まれる「ビタミンC」は芋のでんぷん成分で守られていて、加熱しても壊れにくいのが特徴です。 ふかした芋なら、おやつにもぴったり!小腹が空いた時に食べてみましょう。 〜ポイント〜 さつまいもの皮には食物繊維などの栄養素が豊富に含まれているので、皮のまま調理するのがおすすめです。 ただし、ジャガイモは皮の部分の芽に毒素が含まれているので、必ず取り除きましょう。 お仕事中に「何か食べたいな」と感じた時は、お菓子やパンを食べるのではなくナッツ類をつまむとストレス緩和効果が見込めるでしょう。 〜ポイント〜 ナッツを食べるなら、油で揚げたり食塩で味付けしたりしていないものを食べるのがおすすめ。 特に、食塩のとりすぎは高血圧をはじめとして、さまざまな体の不調を招いてしまうので注意しましょう。 私たちが食事をしなければ活動できないように、ストレスに抵抗するためにも栄養素が必要ですお悩みの方がいましたら、この記事でご紹介した食べ物を日々の食事に取り入れて、ストレスの軽減に役立ててみてはいかがですか?.

次の

ストレス解消に効果的な栄養素と食べ物【コンビニでも買える】

ストレス 解消 食べ物

Contents• 【ストレス解消法】 食べ物は大事!正しい食事でストレス撃退! 食事はストレスを解消させる 食事を摂ることで ストレス解消することが 出来ます。 家族団らんしながら、楽しい食卓を囲んだり 美味しいものをゆっくり味わったりすれば 嫌なことも忘れられますよね?! 恋人と素敵なレストランで外食するのも 楽しいです。 食事を摂るということは、体内に栄養を 取り込む行為なので、 精神的にも楽しいと 感じやすく出来ているんですね?! どのような栄養素がストレス解消には 有効なのか?は後述します。 こんな食べ方はダメ! 食事を摂る際にやけ食いやドカ食いなどの 暴飲暴食は逆に身体によくありません。 精神的には一時的には満足感を得られるかも しれませんが、身体に負担がかかるので 新たなストレスの素になってしまいます。 また、甘いもの( 糖質)や脂っこいもの ( 脂質)も逆にストレス解消に関わる 抗ストレスホルモンを生成する際に 使われる ビタミンBを消費してしまうので 良くありません。 でも、ついつい食べたくなるんですよね~ (笑) カフェイン摂り過ぎもNG カフェインの摂り過ぎもNGです。 適量であれば、集中力をアップさせたり 眠気を吹き飛ばしてくれるカフェインですが 摂り過ぎると逆に神経過敏になり、ストレスを 招いてしまいます。 カフェインの許容量は人それぞれなので あなたの許容量がどの程度か?把握しておく のはいいと思います。 また、カフェインがコーヒーよりも少ない 緑茶やほうじ茶などもおススメです。 ストレスと食物の栄養素の関係 イライラを減らす栄養素(カルシウム、マグネシウム) よくイライラしている人に対して 「 カルシウム足りないんじゃないの?!」 と揶揄するほど、イライラと カルシウムの 関係は知れ渡っていますが、 最近の研究では 直接的な原因は カルシウムの吸収に不可欠な マグネシウム不足が原因と考えられています。 カルシウムは骨や歯に多く存在していますが それ以外にも血液中や細胞内などにも存在して いて 神経の興奮と深い関わりがあると 考えられています。 神経が興奮すると細胞がカルシウムを 消費するという仕組みになっていて、 細胞内にカルシウムが少ないと骨などから 溶け出して補うようです。 このことは 精神的にはどういう影響を 及ぼすか?というと、 気持ちが落ち着かなく なって興奮状態になりやすくなります。 しかし、近年の研究では カルシウムよりも むしろ カルシウムの吸収を助ける働きのある マグネシウムの不足が原因とされています。 マグネシウムには、 神経の伝達の正常化、 興奮の鎮静、ストレス緩和、精神安定などの 効用があります。 カルシウムとマグネシウムを併せて摂ること が大事だということです。 カルシウムを多く含む食品は、 小魚や干しエビ 納豆などの大豆製品、チーズなどがあります。 マグネシウムを多く含む食品は、 ひじきや納豆 アーモンドや落花生などです。 納豆万能ですね!(笑) ストレスに対抗するための栄養素(ビタミンC) ストレスにさらされると大量に消費されるのが ビタミンCです。 ビタミンCには 抗酸化作用があり、免疫力を 高めてくれる働きがあります。 風邪をひいた時などに、 ビタミンCを摂る ことを薦められるのはこのためです。 また、精神面でも ビタミンCをはじめとする ビタミン群には ストレスに対抗するホルモン を生成する働きがあり、不足すると神経の 正常な伝達が阻害され精神状態が悪化します。 ビタミンCを多く含む食品は、野菜や果物です キウイ、みかん、ブロッコリー、小松菜等に 多く含まれています。 ビタミンCは大量に摂取しても、体内に貯めて おくことが出来ないので、 こまめに摂取する ことがポイントです。 精神を安定させる栄養素(ビタミンB1) 日本人は主食がお米なので、 炭水化物で エネルギーを摂ることが多くなります。 炭水化物をエネルギーに変換する際に 欠かせない栄養素が ビタミンB1です。 気分を落ち着かせる効用もあります。 そのため、 ビタミンB1が不足すると 疲れやすくなったり、イライラしたりします。 ビタミンB1を多く含む食品は、 うなぎ、豚肉、 レバー、乳製品、卵などです。 ストレスで大量消費される栄養素(ミネラル、たんぱく質) ストレス耐性が弱い人ほど、ストレスに さらされた際に、 ミネラルや たんぱく質を 消費することが分かっています。 精神を司る「三大神経伝達物質」とは? 神経伝達に欠かせない「 三大神経伝達物質」 には、 セロトニン、ドーパミン、 ノルアドレナリンがあり、精神状態にも 大きな影響を及ぼします。 ドーパミン(快感ホルモン) ドーパミンは、 感動したり、やる気がある時 嬉しい時などに多く分泌されます。 また、 ドーパミンにはストレスホルモンである コルチゾールを抑制する働きもあります。 ノルアドレナリン(怒りホルモン) 精神的、肉体的に強いストレスがかかった際に 分泌されるのが ノルアドレナリンというホルモン です。 血圧が上昇し、心拍数も上がり、身体が活動 するのに適した状況になります。 言い換えれば「 興奮した状態」になるという ことです。 セロトニン(幸福ホルモン) 別名「 幸福ホルモン」と言われており、 神経伝達物質である ドーパミンや ノルアドレナリンを統制する働きを 持っています。 セロトニンの量が低下すると、精神を コントロール出来なくなり不安定に なってしまい うつ病などの精神疾患を 引き起こします。 セロトニンを合成するには 「 トリプトファン」という栄養素が 原料となります。 「 トリプトファン」を多く含む食品は、 牛乳やチーズなどの乳製品、豆腐や味噌などの 大豆製品、カツオやマグロなど赤身の魚、 バナナや卵などです。 また、「 トリプトファン」を セロトニンに 合成するために ビタミンB6が必要となります。 ビタミンB6を多く含む食品は、 サンマやイワシなどの魚類、にんにく、 しょうがなどです。 但し、ドカ食いや暴飲暴食などは 身体に負担をかけ、かえってストレスを 生み出してしまします。 食事に集中できる環境で、談笑しながら じっくり食材の味を味わうような食事の仕方 が理想的です。 Thank you a lot for giving everyone an extremely terrific chance to read in detail from this blog. It can be so enjoyable and as well , jam-packed with a great time for me and my office friends to visit your blog at the least three times per week to read through the new guides you will have.

次の

ストレス解消に効く食べ物と飲み物BEST16!甘いモノは逆効果?

ストレス 解消 食べ物

最近、仕事で疲れが溜まってるなぁ~と感じているあなたは「疲れを取ってくれる」ストレス解消の食べ物があることを知っていますか? 疲れている時に取る食べ物と言えば元気の出る食べ物(例えば、辛いものや焼肉など)を連想する人もいるでしょう。 こちらの記事では、疲労からの回復(ビタミンなど)について、栄養素の観点から効果的な食べ物をまとめています。 ストレス社会を生きているあなたがストレスを溜めない(ストレスフリー)ようにすることは簡単ではありません。 ストレスを溜めない方法を考えることも大切ですが、食べ物でストレスをコントロールすることも大切になります。 ストレス解消に効果的な食べ物を積極的に摂るように心掛けましょう。 ストレスにいい栄養素で頭に思い浮かぶのが ビタミンではないでしょうか? ビタミンのなかでも特にメジャーなものがビタミンCです。 イライラしている職場の同僚や友達を見て「ビタミンC足りてないのでは!?」と声をかけたことはないでしょうか? この ビタミンCはストレスに大きな効果を持っています。 人間はイライラすると、そのイライラに抵抗するため、副腎皮質ホルモンを分泌します。 その副腎皮質ホルモンの原料としてビタミンCが使われるため、 ストレスの多い環境下ではビタミンCが多く消費されてしまうことになってしまいます。 つまり、ストレスを感じている時はこのビタミンCを積極的に摂取する必要があります。 ビタミンCを含む代表的な食べ物としてはレモンが有名ですが、それ以外にもグレープフルーツやオレンジ、野菜であればブロッコリーやほうれん草にも多く含まれています。 実は「おやつを食べる」こと自体にもストレスを解消する作用があります! おやつを食べることは、良くない面を指摘されることも多いですが、子供のころから「おやつの時間」と聞いたらそれだでけもワクワクします。 おやつに対するポジティブな情動の誘発はそれだけでもストレスに対して十分な価値を持っています。 そしてそのおやつのなかでもチョコレートはストレスに対して非常に効果的です。 特にダークチョコレートがいいとされています。 ダークチョコレートのなかでも特に カカオマスポリフェノールを多く含んだチョコレートが良いとされています。 カカオポリフェノールには、• 血圧低下• 動脈硬化• 美容効果• アレルギーの改善• 脳の活性化 などの効果があります。 実際にカカオマスポリフェノールには「抗ストレス作用がある」と記載された論文も出ています。 あまり聞き慣れないですが、トリプトファンの効果は絶大です! トリプトファンは抗ストレス作用が高く、• 精神安定• 良質な睡眠作用 があります。 トリプトファンは神経伝達物質であるセロトニンの原料となる必須アミノ酸であり、牛乳から発見されたとされています。 脳に運ばれたトリプトファンは、ビタミンB6やマグネシウムと一緒にセロトニンを作るとされます。 つまり、トリプトファンは、体内で脳内物質「セロトニン」の材料になるわけです。 その セロトニンは別名、「幸せホルモン」とも呼ばれる物質であり、「精神安定」に密接な関係があります。 転じて言えばこの脳内物質のセロトニンが不足すると「うつ」などにも繋がりかねないとされる重要な脳内物質です。 また、トリプトファンは「良質な睡眠」と密接に関連しています。 睡眠のリズムを整えるには、「 メラトニン」が重要になりますが、そのメラトニンは日中分泌されるセロトニンを材料に生成されます。 そのセロトニンの材料になるのがトリプトファンなので、このトリプトファンをきちんと摂取することで、良質な睡眠を確保することができます。 睡眠の質はストレスとも大きく関わるため、積極的に摂取することでストレスへの効果は絶大です。 代表的な食べ物としては、牛乳やバナナ、アーモンドに多く含まれます。 また、トリプトファンは、「必須アミノ酸」と呼ばれていますが、体内で生成することができません。 ストレスを感じた時に消費する物質にたんぱく質も含まれています! 人はストレスを感じた時に、体内にある物質を消費しますが、このたんぱく質も消費されます。 ストレスを感じた時は、体内のタンパク質を大量に消費することから、良質なタンパク質を摂取することはもちろん大切だと言えます。 人間は、ストレスに直面することで血圧や体温、血糖値を上昇させてストレスに抵抗します。 その際に多くのタンパク質を放出します。 特に外傷などのストレスでは「15~25g」ものタンパク質が失われるとされています。 過労などのストレスや心労などを長期にわたり経験すると、風邪を引きやすくなることは知っていますか? これは強いストレスにさらされたことによって免疫が低下し、ウイルスと戦うことができなくなったため感染症などににかかりやすくなると考えられています。 強いストレスにさらされると免疫力が低下してしまいます。 少しづつでも大丈夫なので、栄養のバランスを考えた食生活(習慣)を持つように心がけることができれば素敵ですね! まとめ こちらの記事では、ストレス解消のための食事・栄養素について専門的な観点からも解説をしました。 うつ病などの精神疾患となると、カウンセリングを受けたりメンタルクリニック(心療内科や精神科)に行く人も多いです。 でも、カウンセリングやメンタルクリニックに行くことに抵抗を感じる人も多いでしょう。 ストレス解消の食事(食生活)でうつなどを事前に予防することは可能でしょう。 また、食生活の見直しは心のケアだけでなく身体のケアにも直結します。 身体も心も健康であり続けるよう、食事に対する知識を身に付けて少しずつ意識するように心掛けましょう。

次の