シミウス 医薬部外品。 [美容] 保湿、美白、シミ対策に効果!? 医薬部外品シミウス「ホワイトニングリフトケアジェル」(メビウス製薬)

シミウスは医薬部外品です。

シミウス 医薬部外品

【重要】しみやそばかすに効果的な美白成分と選び方 美白化粧品の選び方も紹介しておきます。 少しでも成分に対する知識があれば選び方が全然違ってきます。 美白効果のある化粧品には、「有効成分」が配合されています。 どんな美白成分がどのぐらい配合されているかで、美白効果に違いがありますし、価格も違ってきます。 たくさんの美白成分が存在しますが、厚生労働省に認可されている代表的な美白成分をご紹介します。 ビタミンC誘導体• カモミラET• コウジ酸• エラグ酸• トラネキサム酸• プラセンタエキス• ルシノール• リノール酸• アルブチン これらの成分が配合されている化粧品は、「医薬部外品」と記載されます。 医薬品と化粧品の中間的な立場で、 厚生労働省に「メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ」と認められたものになります。 ここでおおまかに分けて3つの美白効果について紹介しておきます。 このビタミンC誘導体は美白効果だけではなく、万能成分といわれている程、様々な効果を得られ、抗酸化作用、皮脂分泌のコントロール作用、コラーゲンの生成促進など、エイジングケアもできます。 それは「 ハイドロキノン」です。 この成分は、厚生労働省が認可した成分ではないので、上記には載せていませんが、 ハイドロキノンには漂白する作用があります。 現在は、化粧品に配合されている美白成分ですが、以前は医療機関のみで処方されていて、日本では、2001年から化粧品に配合できるようになりました。 なので、化粧品ではまだ、新しい美白成分になります(海外では、シミの治療に昔から使われていた)。 ただ、 ハイドロキノンは副作用が確認されアメリカでは市販ではハイドロキノン2%以下そして2%を超えると医者の管理下の元でしか処方されません。 このように、美白化粧品は薬品ではないので、肌を治療するという概念ではありません。 しかし、今の肌を10年後も20年後も保てるように、化粧品でのケアはとても大切です。 シミ対策におすすめのオールインワンゲルランキング それでは早速人気商品を4つほど紹介していきます。 【1位】シミ対策では「医薬部外品認定」シワ対策では「効能評価試験済」のシズカゲル シミ対策だけでなく、しわ対策としても効果の期待できる実力派オールインワンとして大人気のシズカゲル。 薬用美白成分である「アルブチン」、そしてシミ対策に最も欠かせない成分「ビタミンC誘導体」を配合した医薬部外品。 医学誌に掲載もされた独自成分「フラバンジェノール」配合、また「効能評価試験済み」でもあることから、 しみやそばかす対策だではなく「シワ」に対する効果がかなり期待できるオールインワンとして人気。 「シミ」だけでなく「しわ対策」もできるオールインワン、高品質で2,980円なのでコスパ抜群です。 8pt) シズカゲルはベタつきがなく、サラッとした質感になりますし、肌全体はトーンアップしたように感じました。 また、肌への刺激感もいっさいなく、塗った後のモロモロも出ませんでした。 シズカゲルの定期便は回数縛りがないのでいつでも解約可能です。 定期便は電話もしくはメール1本であっさり解約できます。 ハイドロキノン誘導体とはシミを漂白する効果があるが副作用も心配な「ハイドロキノン」に安全性をプラスして、似せて作られたもので、コケモモや梨、ウワウルシなどの天然植物が由来の成分になってます。 もちろんハイドロキノンに比べると効果は穏やかですが、シミだけでなく、肝斑やそばかすなど、シミをトータル的にケアすることができ、安全性も高いため、現在は基礎美白化粧品や市販薬などに多く配合されるようになっています。 シミトリーには10種の天然由来保湿成分も配合されており、肌の弾力やハリをキープ。 肌にも優しい無添加(7つのフリー)処方なので敏感肌、乾燥肌の方にも人気のオールインワンです。 シミ対策におすすめのオールインワンジェル比較一覧表 シミやそばかす対策のオールインワンはあれこれありますが、迷ったら1位でも紹介した「シズカゲル」を選んでおいて間違いないかなと思います。 このメラニンは、肌の中で形成される色素のこと。 「メラニン=シミ」というイメージを持たれやすく、メラニンは身体に悪いものと思っている方は多いですが、実はメラニンは肌細胞を紫外線などの外敵刺激から守ってくれる働きがあるんです。 具体的には、紫外線などの外的刺激によってDNAが破壊されたり、皮膚がんといった病気の発生を未然に防いでくれる働きをします。 なので、「メラニン」はヒトの身体にとって必要なものなんです。 通常、こうして生成されたメラニンは肌のターンオーバーによって体外に排出されていくものなのですが、紫外線をたくさん浴び過ぎてメラニンが過剰生成されてしまった場合、体外に排出しきれなかったメラニン色素が残り、肌表面に現れてきてしまうということがあります。 これがいわゆる「色素沈着」という状態で、この色素沈着によって肌上に「シミ」や「そばかす」ができてしまうんです。 「お肌のくすみ」と呼ばれているものも、これらのシミやそばかすが増えることによって生じるものなんです。 紫外線が肌表面に強い刺激を与えることで、メラニンは過剰生成されてしまいます。 なので、紫外線を浴びなければシミやそばかすの大きな予防・対策になる、というのは間違いなく言えます。 紫外線以外にも、食生活やストレス、睡眠不足などで女性ホルモンのバランスが崩れることによって肌の色素沈着が起きやすくなる、なんてことも言われています。 ですが、個人的にはそういった生活習慣の問題よりも何よりも、紫外線によるものが圧倒的に大きな原因となっている可能性は高いです。 私の知り合いに、長年車通勤をしてきた人がいます。 車の運転なので、当然いつも右腕が窓側にあるので紫外線を浴びやすい状態です。 また、同じく顔も、左側に比べて右側の方が紫外線に当たりやすい。 車通勤を何十年と毎日続けていると、やはり紫外線に当たりやすい箇所にシミが出来やすくなるんですね。 彼女本人も、「右手や右頬にシミが目立つのは車を毎日運転していたからだ」と言っていました。 間違いなく紫外線はシミの原因になるとわかるエピソードでした。 また、別の知り合いにホステスさんをしている女性がいました。 彼女の肌は雪のように白くて30歳なのにシミやくすみひとつないんです。 「どうしてそんなにお肌が綺麗なんですか」と聞いたら、彼女は「昼間外に出ていないからよ」と冗談交じりに話していましたが、私は妙に納得…。 そのくらい、紫外線の肌へ与える影響は大きい。 でも、だからといって紫外線を完全にシャットダウンすることは難しいですよね。 それに、「日光に当たると体内時計が整いよく眠れる」とか「日光浴をすることで骨が育つ」とかって言われているように、紫外線を適度に浴びることは健康維持のためには必要です。 だったら、紫外線を適度に浴びながらもしっかりと対策やケアをする、ということが重要になってきます。 正確には、「差はない」というよりも、「良いものを正しく使う」ことの方が重要かなと思っています。 すでにできてしまったシミ対策にはある程度高濃度の美容成分を外から摂りいれる必要があるので、そういう意味で、通常のケア+シミ対策ケアというやり方がベストな気がします。 シミ・そばかすの一番の原因は「紫外線によるメラニン生成」!• 紫外線対策も重要だけど、日々のスキンケアで効果的な成分の入ったものをかしこく使うことも重要• 化粧水や乳液といった単体使いでもオールインワンゲルでもどちらでもOK• 入っている成分や効能をしっかりと確認することが重要• シミ・そばかす対策として医薬部外品のオールインワンゲルはおすすめ• 日頃のUV対策も忘れずに! 「これからできるシミ予備軍」は、肌表面に現れる前からしっかりとケアをすれば必ず防げます。 できてしまったシミも、対策やケア次第では改善できます。 大事なのは、日々の紫外線対策をしっかりと行うことと、今の肌の状態に合った有効成分を含むスキンケア用品でしっかりとお肌のお手入れをすること。 オールインワンと「日焼け止めサプリ」の組み合わせでUV対策も! 最近シミ対策として人気のある日焼け止めサプリ。 飲むだけなので非常に簡単で 一般的な日焼け止めのように塗り直しなどが必要なくムラもないのがメリットという事で注目されてます。 夏のUV対策に「美白系オールインワン」+「飲む日焼け止め」の組み合わせが超便利すぎておすすめです。 日焼け止めサプリとしては「ホワイトヴェール」が人気です(私も使ってます)。 日焼け止めサプリのホワイトヴェールってどんな効果がある? ホワイトヴェールは「ニュートロックスサン」という成分が配合された日焼け止めサプリ。 商品はこんな感じです。 1袋60粒入りなので、1日2粒飲んだらちょうど1か月分、ということになります。 日焼け止めサプリって海外産のものが多いのですが、ホワイトヴェールは「 国産のサプリ」で、「 ニュートロックスサンの成分が1粒あたり62. 5mgも配合されている」という事で日焼け止めサプリの定番的な商品です。 国産なので安心感もありますね。 また、高級美容成分である「ローズポリフェノール」とか毛穴ケアとしても注目の「アーティチョークエキス」なども配合してるのもホワイトヴェールの特徴。 紫外線が最も強い8月中旬から約1か月間、毎日2粒ずつ飲んでみたところ、肌が焼けた感じやシミが大きくなった感じがいっさいありませんでした。 その間、海で泳いだり山へ行ったりとわりとアクティブに過ごしましたが、休み明けに友人や同僚から「日焼けしたね!」と言われることもありませんでした。 何より 強い日差しに当たっても、ちゃんとサプリを飲んでいることから安心感が大きく、陽射しに神経質にならずにいられたというのが個人的に大きなメリットだと感じました。 ETVOSの特長を大雑把に挙げてみると以下になります。 とにかく肌にやさしい• 紫外線対策ができるのにクレンジング不要• 「保湿コーティング技術」と「高品質マイカ」で潤ってくすみのない肌へ• 石けんや洗顔料のみで簡単にメイクオフが可能 そんなエトヴォスのスターターキットがかなり良かった!!• 洗顔石けん 5g• 化粧水 20ml• 美容液 10ml• 美容オイル 3ml• ナイトミネラルファンデーション(下地) 1g• マットスムースミネラルファンデーション 0. エンリッチシルキープライマー(下地) 0. 3g 「夜用のミネラルファンデーション」としても使え、「化粧下地」としても使える「ナイトミネラルファンデーション(下地)」。 オーガニックオリーブオイルを含んでいて、寝ている間に肌をしっとりなめらかに整えて翌朝のベタつき感を防いでくれるというやつですね。 肌全体の色味はかなりトーンUPするのでベースの下地としては個人的には100点満点。 次にミネラルファンデーション。 さすが微粒子パウダーなだけあって、「素肌をキレイに見せる」という意味ではものすごく重宝するので、ナチュラルメイクが好きな方にはかなりおススメ。 後個人的に良かったのがアルガンオイル。 アルガンオイルというのは、 モロッコに生息するアルガンツリーの実から採れる希少なオイルで、高い抗酸化作用があることからエイジングケアにはぴったりのオイル。 これ、ちょっとしか入っていませんが少量でもかなりのびが良くベタつき感もないので、間違いなく重宝するシロモノです。 どれも質が高いし、何より値段のわりに内容がかなり豊富なのは素直にスゴイと思いました。 次のような方には特におすすめ。 肌全体のくすみが気になる(肌の明るさをトーンUPさせたい)• 軽いつけ心地や素肌感のあるナチュラルメイクが好き• 洗顔の手間を省きたい• 寝起きの肌のベタつき感が気になる• 肌にやさしい成分の化粧品を使いたい• 敏感肌で荒れやすい 逆に「しっかりメイクが好き」「気になるシミをしっかりとカバーしたい」といった方は手持ちの化粧品との併用が必要かも。

次の

シミウスは詐欺?悪評が多いってホント?

シミウス 医薬部外品

そのことから、今までシミを目立たなくする目的で塗り薬で対策をされている方も多いですが、 「改善」でなく、あくまで「予防」という事を知っておいてください。 シミをしっかり改善するには、「医薬品」です。 医薬品で改善しながら医薬部外品で予防するシミ対策が一番効果的です。 今まで塗り薬やオールインワンジェルでシミケアをされ、思ったよりも効果がないっている方も少なくありません。 そのような方は、医薬品をベースに使用しながら、医薬部外品で予防という観点で使用されるとより実感しやすいでしょう。 ! 成分内容に関してはSIMIホワイトとほぼ変わらないにも関わらず、2回目以降は、1ヶ月だと450円もホワイピュアがお得です。 しかも、残念ながら SIMIホワイトは全額返金保証がありません。 始めて摂取される方は、全額返金保証があった方が低リスクで安心です。 さらに、ビタミンB6、B2も配合されていません。 その事から、全体の総評をしますと、 成分内容も充実し、1日辺りのコスパも最安値、全額返金保証も付いているホワイピュアが一番選ばれている理由でもあります。 ただ、万が一、摂取してから、発疹、かゆみ、吐き気などの症状が出た場合は、医薬品が自分の体に合っていない可能性があります。 その際は、無理して摂取することは控え、医師や薬剤師に相談してみる事が大切です。 もう1点だけ注意点! 医薬品を摂取していても、外出時はしっかり紫外線対策は重要です。 外出時はしっかり日焼け止め対策を• UVカット下地、ファンデは欠かせない• 日傘を活用 せっかく医薬品でシミが薄くなったにも関わらず。 別の箇所に新しいシミができてしまったら勿体ないですからね。 シミの悩みはサプリメントよりも医薬品が効果的! 飲むシミ対策は、手の届かない部位までしっかりケアしてくれます。 医薬品でシミを「改善」し、 医薬部外品でシミを「予防」するダブルの対策でシミを解消し、見せたい美肌を手に入れて下さい。

次の

シミ予防の美白化粧品!医薬部外品でおすすめ【12選】

シミウス 医薬部外品

【香料・着色料】 青色1号、赤色106号、香料 【界面活性剤】 水溶性コラーゲン液、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 【その他(パラベン、フェノキシエタノール)】 パラオキシ安息香酸メチル(メチルパラベン)、フェノキシエタノール これらの安全性について、中立から根拠に基づく成分情報を伝える化粧品成分データベースの「化粧品成分オンライン」で調べてみました。 結果、香料は「およそ0. 001-0. 界面活性剤(水溶性コラーゲン液、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油)、その他(パラベン、フェノキシエタノール)はともに「安全性に問題のない成分」であることが分かりました。 「香料」は、化粧品に香りをつけるためまたは原料臭を隠すために配合される成分の総称です。 複数の成分が混ざっている場合もあり、成分名の情報が明らかでないため、香料そのものの安全性は不明ですが、配合量はスキンケア化粧品の場合でおよそ0. 001-0. 「青色1号、赤色106号」は、厚生労働省が1996年に定めた医薬品、医薬部外品および化粧品に使用することができる有機合成色素(タール色素)です。 「水溶性コラーゲン」の現時点での安全性は、 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載 10年以上の使用実績 皮膚刺激性:ほとんどなし 眼刺激性:ほとんどなし-最小限 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし これらの結果から、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。 「PEG-100水添ヒマシ油(ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油)」の現時点での安全性は、 薬添規2018規格の基準を満たした成分が収載される医薬品添加物規格2018に収載 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載 1970年代からの使用実績 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし) 眼刺激性:詳細不明 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし) このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。 「メチルパラベン」の現時点での安全性は、 医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載 80年以上の使用実績 皮膚刺激性:ほとんどなし 眼刺激性:ほとんどなし 皮膚感作性(メチルパラベンのみ):ほとんどなし 皮膚感作性(パラベンミックス? 参考URL: 化粧品成分オンライン シミウスは医学誌に掲載されています。 かぶれるようなオールインワンジェルであれば、医学誌での掲載などないはずですね。 参考URL: 安全成分で医学誌にも掲載のシミウス、リピート率が高いのも頷けますね! シミ・ハリツヤ・美白・高保湿対策もバッチリなシミウスで、エイジングケアをしていきましょう! シミウスの口コミを徹底調査 シミウスには、どのような口コミがあるのでしょうか? 美容商品の大手口コミサイトアットコスメで調べてみました。 痒みが起きなかった.

次の