俺 だけ レベル アップ な 件 74。 俺だけレベルアップな件|水篠旬の父親は何者なのか振り返って考察!|漫画Plus!

俺だけレベルアップな件登場キャラクター一覧|気まぐれブログ

俺 だけ レベル アップ な 件 74

第74話 ハイオークたちと影の兵士となったハイオークがにらみ合う。 カルガルガン「それならば余はどうして・・・」(どうしてここに?はじめてここで目を開いたとき頭の中から同じ命令だけが繰り返し聞こえてきた。 ・・・人間を狩れ!理由なんぞどうでもいい。 命令に忠実であるのみ。 )「行け。 あやつを殺し死体を余に捧げろ。 」多少の混乱はあったものの頭の中に流れたノイズが命令に従うようにカルガルガンを促す。 側近たちが水篠に向かって動く。 水篠「大名を投入するのか?」アイアンがそのうちの一体と交戦する。 力ではアイアンに分があるようで、ハイオークは頭突き一発でぐらついてしまう。 その一瞬を見逃さずアイアンは持っている斧を力任せに振り下ろす。 イグリットには2体のハイオークが攻撃を仕掛けてきた。 二体の攻撃をかわし、そのうちの一体の頭に持っていた短剣を突き刺す。 もう一体のハイオークは大剣で吹き飛ばす。 その先にはアイアンが待ち構えている。 アイアンも斧を力いっぱい振り回す。 今度はタンクがその先に待ち構えていた。 大きな前足でハイオークを殴りつける。 3体のハイオークは一瞬にして倒されてしまった。 水篠「大名はうちんとこの方が優位だな。 」(さっきは余裕ぶったこと言ったけどポーションで回復させられる量より消耗する速度の方が早い。 もしマナが底をついたら兵士たちは消えてしまう。 ) カルガルガン「こんなはずが・・・なぜだ・・・・」 ハンター「見てないで俺たちも加勢しましょう!」 カルガルガン「倒懸の唄、灼熱の歌、喪明の唄」ハンターたちは目や口から血をはく。 「観客は舞台に上がるものではない。 お前ももうこれ以上このカルガルガン様の前で生意気な口を聞けるようにしてやる。 水魔の唄、鈍化の唄、喪明の唄」しかし水篠にはバフの免疫効果により唄が聞かなかった。 カルガルガン「なぬっ!?どうやって呪いを?」 水篠「さっき言っただろ。 俺とお前は相性最悪だって。 」大呪術師カンディアルの祝福効果によりあらゆる疫病、毒性、異常の免疫を作る。 「その厄介なシールドを破壊してやる。 」(貪欲の珠を装備した魔法兵なら!)魔法兵に魔法効果が2倍になる貪欲の玉を持たせ魔法を唱えさせる。 カルガルガン「守護のう・・・」不完全な状態で出現した防御壁は砕け、巨大な炎の固まりがカルガルガンを直撃する。 「な・・・なんて・・・真似を・・・」その場にひざまづいたカルガルガンの仮面は割れ、その表情からは余裕がなくなっていた。 向坂(何なのあれ・・・まさか・・・召喚したの?)到着した向坂の目の前では、数十体のハイオークと影の兵士たちが戦っていた。 (召喚魔法が得意な魔法系のハンターですらせいぜい一~二体しか召喚できないのに・・・何がどうなってるのよ!?)驚きを隠せない向坂。 ハンター「向坂ハンター!」「副マスター!」 向坂「みんな大丈夫ですか?なんなんですかこの状況は!」 ハンター「私たちも何がなんだかわかりません。 」外園を回復させながら質問に答えるヒーラー。 カルガルガン「足掻いても無駄だ!!怒りの唄、強化の唄、巨人の唄、鈍化の唄」カルガルガンは魔法の効果により10mを超えるサイズになる。 向坂「早くここから逃げてください!!」 カルガルガン「お前のような虫けら踏み潰してやる!」一踏みで数体の影の兵士がやられる。 水篠「巨人にはいい思い出ないってのに痛いとこついてくるんだな。 」言葉とは違い、表情はとても落ち着いてる。 ここで水篠のMPが底をつく。 カルガルガン「もう加減はせん。 調子に乗るでない人間よ!」カルガルガンの後ろに巨大な火竜の頭が現れる。 次の瞬間巨大な炎を吹くカルガルガン。 数10mが一瞬にして燃える。 しかし、水篠は素早くその炎をかわし、カルガルガンの顔の横まで飛ぶ。 水篠「デカくなればその分狙いを定めやすくなるだけ。 魔法系が護衛なしに暗殺系の奇襲を防げるわけないだろ。 」そう言いながらカルガルガンの左目をつぶし、体中を短剣で切りつける。

次の

俺だけレベルアップな件|無料漫画(まんが)ならピッコマ|DUBU(REDICE STUDIO) Chugong h

俺 だけ レベル アップ な 件 74

第74話 ハイオークたちと影の兵士となったハイオークがにらみ合う。 カルガルガン「それならば余はどうして・・・」(どうしてここに?はじめてここで目を開いたとき頭の中から同じ命令だけが繰り返し聞こえてきた。 ・・・人間を狩れ!理由なんぞどうでもいい。 命令に忠実であるのみ。 )「行け。 あやつを殺し死体を余に捧げろ。 」多少の混乱はあったものの頭の中に流れたノイズが命令に従うようにカルガルガンを促す。 側近たちが水篠に向かって動く。 水篠「大名を投入するのか?」アイアンがそのうちの一体と交戦する。 力ではアイアンに分があるようで、ハイオークは頭突き一発でぐらついてしまう。 その一瞬を見逃さずアイアンは持っている斧を力任せに振り下ろす。 イグリットには2体のハイオークが攻撃を仕掛けてきた。 二体の攻撃をかわし、そのうちの一体の頭に持っていた短剣を突き刺す。 もう一体のハイオークは大剣で吹き飛ばす。 その先にはアイアンが待ち構えている。 アイアンも斧を力いっぱい振り回す。 今度はタンクがその先に待ち構えていた。 大きな前足でハイオークを殴りつける。 3体のハイオークは一瞬にして倒されてしまった。 水篠「大名はうちんとこの方が優位だな。 」(さっきは余裕ぶったこと言ったけどポーションで回復させられる量より消耗する速度の方が早い。 もしマナが底をついたら兵士たちは消えてしまう。 ) カルガルガン「こんなはずが・・・なぜだ・・・・」 ハンター「見てないで俺たちも加勢しましょう!」 カルガルガン「倒懸の唄、灼熱の歌、喪明の唄」ハンターたちは目や口から血をはく。 「観客は舞台に上がるものではない。 お前ももうこれ以上このカルガルガン様の前で生意気な口を聞けるようにしてやる。 水魔の唄、鈍化の唄、喪明の唄」しかし水篠にはバフの免疫効果により唄が聞かなかった。 カルガルガン「なぬっ!?どうやって呪いを?」 水篠「さっき言っただろ。 俺とお前は相性最悪だって。 」大呪術師カンディアルの祝福効果によりあらゆる疫病、毒性、異常の免疫を作る。 「その厄介なシールドを破壊してやる。 」(貪欲の珠を装備した魔法兵なら!)魔法兵に魔法効果が2倍になる貪欲の玉を持たせ魔法を唱えさせる。 カルガルガン「守護のう・・・」不完全な状態で出現した防御壁は砕け、巨大な炎の固まりがカルガルガンを直撃する。 「な・・・なんて・・・真似を・・・」その場にひざまづいたカルガルガンの仮面は割れ、その表情からは余裕がなくなっていた。 向坂(何なのあれ・・・まさか・・・召喚したの?)到着した向坂の目の前では、数十体のハイオークと影の兵士たちが戦っていた。 (召喚魔法が得意な魔法系のハンターですらせいぜい一~二体しか召喚できないのに・・・何がどうなってるのよ!?)驚きを隠せない向坂。 ハンター「向坂ハンター!」「副マスター!」 向坂「みんな大丈夫ですか?なんなんですかこの状況は!」 ハンター「私たちも何がなんだかわかりません。 」外園を回復させながら質問に答えるヒーラー。 カルガルガン「足掻いても無駄だ!!怒りの唄、強化の唄、巨人の唄、鈍化の唄」カルガルガンは魔法の効果により10mを超えるサイズになる。 向坂「早くここから逃げてください!!」 カルガルガン「お前のような虫けら踏み潰してやる!」一踏みで数体の影の兵士がやられる。 水篠「巨人にはいい思い出ないってのに痛いとこついてくるんだな。 」言葉とは違い、表情はとても落ち着いてる。 ここで水篠のMPが底をつく。 カルガルガン「もう加減はせん。 調子に乗るでない人間よ!」カルガルガンの後ろに巨大な火竜の頭が現れる。 次の瞬間巨大な炎を吹くカルガルガン。 数10mが一瞬にして燃える。 しかし、水篠は素早くその炎をかわし、カルガルガンの顔の横まで飛ぶ。 水篠「デカくなればその分狙いを定めやすくなるだけ。 魔法系が護衛なしに暗殺系の奇襲を防げるわけないだろ。 」そう言いながらカルガルガンの左目をつぶし、体中を短剣で切りつける。

次の

俺だけレベルアップな件登場キャラクター一覧|気まぐれブログ

俺 だけ レベル アップ な 件 74

毎週金曜日に最新話が公開されます。 前回のあらすじは、今度は旬を探しに、ハンター協会の犬飼らも現場へきた。 旬が荷物持ちでゲート内に入ったと聞く犬飼。 そしてそのゲートから異様な魔力が放たれていることに気づき、中へ。 雫もハイオークの死体に驚きつつ、皆が危険だと察し奥へと進む。 一方旬は、悪魔城で得たスキルを活用し、影の軍団でハイオークの兵士らを蹴散らす。 そして旬は、倒したハイオークを自身の影の軍団に変えてしまうのだった。 詳しくはコチラにてまとめてあります 漫画「俺だけレベルアップな件」最新話74話のネタバレ アンデッドとしてハイオークの兵士が蘇ったので、さすがのカルガルガンは動揺する。 ハイオークの軍団と旬の影の軍団がぶつかり合う。 まさかあのお方が、それならば余はどうして、とノイズにまみれるカルガルガンの声。 カルガルガンがここで目覚めたとき、ある一つの命令だけが聞こえてきた。 人間を殺せと。 理由などどうでも良い、命令に忠実であれとノイズがかかるカルガルガンの思考。 カルガルガンは護衛らに、旬を殺し死体を持ってこいと命じる。 突っ込んできた護衛をアイアンが迎え撃つ。 その腕力でねじ伏せるアイアン。 イグリットの元には護衛が2体向かったが、大剣を軸にし軽々と避け、腰に装備していた短剣を護衛の頭に突き刺す。 さらにその短剣を踏み込み止めを刺しつつ、体勢を変え、もう1体の護衛の剣戟をさばき弾き飛ばす。 弾き飛ばされた護衛は、アイアンの大斧でさらに吹っ飛ばされ、最後にアイスベアボスの一撃に沈む。 連携プレーを称賛しあうアイアンとクマ。 護衛はこちらが優秀だなと言う旬。 そうは言ってみたものの、ポーションの回復より、消費するマナの方が多い。 マナが底をついてしまえば影たちが一気に消えてしまうのだ。 このようなことがあってたまるかとカルガルガンは悔しがる。 俺たちも見ているだけでなく加勢するぞと、ハンタースの攻撃隊が動き始めた。 だが、カルガルガンが倒懸、灼熱と喪明の魔法を使ったので、攻撃隊は血を吐き出し苦しみ始める。 外野が混ざるのは許可しないというカルガルガン。 そして旬を睨み、もうこの偉大なるカルガルガンの前で生意気な口がきけないようにしてやると言う。 睡魔、鈍化、喪明の唄、と旬に多重の魔法攻撃を向ける。 だが免疫の効果で、異常状態は全てキャンセルされた。 どのように呪いを破ったのだと驚愕するカルガルガン。 旬は、さっき言ったはずだ、お前と俺では相性が最悪だと、と言う。 旬には、大呪術師カンディアルの祝福により、あらゆる疾病毒性異常に対しての免疫があったのだ そして、貪欲の玉を持たせた影魔法兵の巨大な火球で、カルガルガンの盾を破壊する。 カルガルガンはあまりのことに混乱する。 その光景を目撃し、あれは何、召喚獣なのかと唖然とする雫。 召喚魔法が得意なハンターでもせいぜい1体か2体なのに、どうやってあれほどの数を使役しているのだろう。 雫がハンタースの攻撃隊に駆け寄り、みんな大丈夫か、一体どうなっているのかと尋ねる。 ヒーラーの女性は外園を治癒しながら、私も何が何だかわからないと答える。 カルガルガンは、小手先はもはや通用しないと怒鳴る。 今度は、怒り、強化、巨人等の魔法を自身にかけ強化し、ヴォルカン並みのサイズになった。 早くここから逃げようと叫ぶ雫。 虫けらなぞ踏みつぶしてやると言い、カルガルガンは影の兵士を踏みつぶす。 旬は巨人化したカルガルガンにやれやれといった感じだが、マナが底をつき、召喚が切れた。 カルガルガンはもう容赦はしないと言い、喉を膨らませると豪炎を旬に吹き付けた。 だが旬は跳躍して避けており、カルガルガンの眼球に拳をねじ込む。 巨人化しても的が大きくなるだけだ、魔法系が護衛なしに暗殺系の攻撃を防げるわけがないと言い、旬はカルガルガンの体を縦横無尽に斬りつけるのだった。 漫画「俺だけレベルアップな件」最新話74話の感想 カルガルガンが言うあのお方とは、カンディアルのことのようですね。 カルガルガンも大呪術師ですが、旬はもっと凄腕の大呪術師カンディアルの祝福によって護られていたので、呪術が通じなかったようです。 相変わらず旬はチート並みですね。 ボスは大体そうですが、カルガルガンはひたすらに傲慢でしたね。 相性が最悪だという旬の言葉通り、旬に手も足も出ないようです。 今回のエピソードで微笑ましかったのが、アイアンの連係プレーです。 お互い満足げにボスクマと合図を交わすのがなんとも。 いいムードメーカーですね。 中身が上原だと思うと複雑な気持ちになりますが。 上原の魂・精神はアイアンとして縛られているのですよね。 別人格に見えます。 それと今回は、雫にも旬の正体がバレましたね。 こうなった以上隠しきれるものでもないですが。 あとで犬飼も参加するのでしょう。 さて、巨大化したカルガルガン。 暗殺系で俊敏な敵相手に、無謀ともいえますね。 ただの巨大な的になってしまいました。 次回ダンジョンクリアでしょうか。

次の