さつまいも 天ぷら レシピ。 意外に簡単! 「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

さつまいもの天ぷら

さつまいも 天ぷら レシピ

さつまいも ・・・800g(約3本)• 薄力粉 ・・・125g• 片栗粉 ・・・大さじ2• 塩 ・・・ひとつまみ• 卵 ・・・1個• 冷水 ・・・卵と合わせて200mlに 作り方• さつまいもは、きれいに洗って、皮付きのまま約1. 3ミリ厚さに切ります。 水気はふきとります。 計量カップに卵を溶きほぐし、卵と冷水をあわせて1カップになるよう混ぜます。 塩、粉類を入れたボウルに2を加えて箸でさっくりと混ぜて衣を作ります。 (ダマが残っても構わないので、混ぜすぎないようにします。 ボウルにさつまいもを入れて衣をからめます。 竹串を刺し通れば最後は少し温度を上げて油を切り皿に盛ります。 キッチンメモ ほくほくがうれしいさつまいもの天ぷら。 ついつい食べ過ぎてしまいそう。 おやつがわりにたくさんどうぞ。 衣の濃度はいつもの天ぷらよりも濃い目です。 しっかりと衣がつくようにしてます。 衣が余れば他の物も揚げてください。 旬の野菜を揚げるのもいいですよね。 玉ねぎのかき揚げもおすすめです。 桜えびと玉ねぎ1個、青のりで作っています。 作り方を写真で説明 さつまいもに衣をからめます。 油で揚げます。 カラッとさくっとした天ぷらは、なによりのごちそうです。 海鮮他、野菜を揚げたり、かき揚げを作ったり。 ちくわの磯辺揚げだってコツを覚えたら、ごちそう天ぷらに。 天ぷらの衣作りのコツ 主なポイント3つ 混ぜすぎない、冷水、直前 天ぷらの衣は、粘りであるグルテンを出さないようにするのがコツ。 そのためには、冷水を使う事が大事になります。 温度が上がると粘りが出ます。 暑い時期には事前に水を冷蔵庫で冷やしておきます。 混ぜるときには菜箸を使って、泡立て器などは使いません。 そして混ぜすぎないこと。 ダマが残っていて大丈夫です。 混ぜすぎると粘りがでるので、混ぜる回数はなるべく減らします。 衣づくりは直前に行う事。 時間が経つことで粘りがでる、置いておくことで温度が上がって粘りがでるのを防ぐために直前に作ります。 衣に卵を入れない場合、少量マヨネーズを加えるとさくっと仕上がります。 薄力粉50g(大さじ約5強)で水が大さじ5、マヨネーズが大さじ1の割合です。 天ぷらの衣を作ります。 大きさや厚みにもよるので泡や音、揚げているものの色づき加減をみつつ火加減を調節します。 フライパンで少なめの油で揚げ物をする場合も、油の温度が不安定になりやすいので、こまめに火加減を調節します。 水気はしっかりとる 天ぷら以外の揚げ物でも同じですが、材料に水気がついていると揚げた時に油がハネます。 キッチンペーパーなどで水気はふいておきます。 使用する鍋、フライパンも水のついていないものを。 一度に多く揚げすぎない 一度にたくさん材料を入れると油の温度が下がるので、鍋の面積の半分程度を目安に揚げていきます。 揚げ終わり 揚げ終わりは鍋から箸で材料をつまんで、数回振って油を切り、油切り用の網や紙にのせます。 揚げ油にこめ油、オリーブオイル マジカルキッチンでの天ぷら、フライ等の揚げ物はこめ油をよく使っています。 油が酸化しにくくからっと軽く揚がりやすいのが特徴です。 オリーブオイルもカラッと揚がりやすく、サラダ油よりも少なめの油で揚げることができます。 フライパンで揚げ物 いつも使っているフライパンで揚げ物したい。 油を少な目にして揚げ物したい。 そんな時ってありますよね。 フライパンで揚げ物をする場合の注意点。 温度が上がりやすいので、焦げやすくなるのがフライパン揚げ物の欠点。 火加減が弱すぎてもカラッとせずにしんなり。 一番の対策は、こまめに火加減を調節する。 これにつきます。 火加減は基本的に初めは少し強め、途中で少し弱めに。 最後カラリとしていなければ、火を強めてカラッとさせます。

次の

てんぷら〈スチコンレシピ〉

さつまいも 天ぷら レシピ

冷水を使い、軽く混ぜるカラッと揚がらず、衣が重い感じになってしまう原因の1つが衣の作り方です。 衣が重たくベタっと原因は小麦粉のタンパク質が作り出すグルテン。 小麦粉と水を混ぜるとできる粘り気のある物質で、グルテンが多いと衣はベタっとしてしまうのです。 グルテンが多くならないようにするためには、低温で混ぜすぎないことです。 クレープ生地のような「サラサラ」としたゆるい状態が理想です。 そのため、使う小麦粉はタンパク質の少ない薄力粉を使い、混ぜる水は冷水を使うのもポイントです。 夏場は粉も冷蔵庫で冷やしておくとよいでしょう。 そして、粘り気がでないように、揚げる直前にかき混ぜすぎないように、さっくりと混ぜます。 衣は卵をいれる? いれない? /天ぷら粉を使う? 薄力粉を使う? 油の温度の見極め方天ぷらの衣を油の中に少量落とします。 〇低温・・・イモ類・レンコンなどでんぷんを多く含む野菜は、火を通すのに時間がかかるので低温でじっくりと揚げます。 シソなどの葉物、ピーマンやししとうなどの彩り野菜など、色味を大切にしたい素材も低温で。 〇中温・・・かき揚げや野菜の素揚げなどは中温で。 〇高温・・・魚介や肉は長時間揚げると硬くなるので、高温で短くがコツです。 食材の種類や切った厚さによって変わります。 食材を入れると油の温度が下がるので、火加減をこまめに調節して油の温度を【維持】することが大切です。 天ぷらや揚げ物は「ガスコンロ」におまかせ! 「温度調節」機能は、センサーが自動で火力調節して、設定した温度に調整・キープしてくれるから、温度調節が難しい天ぷらなどの<揚げ物>も、簡単にカラッとおいしく! また、焦げつきや生焼けが心配なハンバーグや卵料理などの<焼き物>にも便利です。 専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめます。 機種によって機能名は異なります。 専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。 専用容器は別売の場合もございます。 /各画像はイメージです。

次の

さつまいものレシピ

さつまいも 天ぷら レシピ

冷水を使い、軽く混ぜるカラッと揚がらず、衣が重い感じになってしまう原因の1つが衣の作り方です。 衣が重たくベタっと原因は小麦粉のタンパク質が作り出すグルテン。 小麦粉と水を混ぜるとできる粘り気のある物質で、グルテンが多いと衣はベタっとしてしまうのです。 グルテンが多くならないようにするためには、低温で混ぜすぎないことです。 クレープ生地のような「サラサラ」としたゆるい状態が理想です。 そのため、使う小麦粉はタンパク質の少ない薄力粉を使い、混ぜる水は冷水を使うのもポイントです。 夏場は粉も冷蔵庫で冷やしておくとよいでしょう。 そして、粘り気がでないように、揚げる直前にかき混ぜすぎないように、さっくりと混ぜます。 衣は卵をいれる? いれない? /天ぷら粉を使う? 薄力粉を使う? 油の温度の見極め方天ぷらの衣を油の中に少量落とします。 〇低温・・・イモ類・レンコンなどでんぷんを多く含む野菜は、火を通すのに時間がかかるので低温でじっくりと揚げます。 シソなどの葉物、ピーマンやししとうなどの彩り野菜など、色味を大切にしたい素材も低温で。 〇中温・・・かき揚げや野菜の素揚げなどは中温で。 〇高温・・・魚介や肉は長時間揚げると硬くなるので、高温で短くがコツです。 食材の種類や切った厚さによって変わります。 食材を入れると油の温度が下がるので、火加減をこまめに調節して油の温度を【維持】することが大切です。 天ぷらや揚げ物は「ガスコンロ」におまかせ! 「温度調節」機能は、センサーが自動で火力調節して、設定した温度に調整・キープしてくれるから、温度調節が難しい天ぷらなどの<揚げ物>も、簡単にカラッとおいしく! また、焦げつきや生焼けが心配なハンバーグや卵料理などの<焼き物>にも便利です。 専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめます。 機種によって機能名は異なります。 専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。 専用容器は別売の場合もございます。 /各画像はイメージです。

次の