マイケル ジャクソン 肌 の 色。 マイケル・ジャクソンの外観

黒人が肌を真っ白に漂白する方法(整形・クリーム・サプリなど)|リアーナなどセレブのホワイトニング整形後の写真

マイケル ジャクソン 肌 の 色

の肌の色について、世界中で何度も物議を醸し出したことでしょう。 公には尋常性白斑という病気であるとされていますし、マイケル本人もそう言っています。 日本ではこの病気を森光子も患っているようです。 その上で、いつ頃から発症したのか、自分の肌の色についてどう思っているか、人間の肌の色とはどんなものかを赤裸々に話しています。 ただ、話しながら所々に静かな興奮が見え隠れします。 《マイケル肌について語る》 《マイケル・ジャクソン〜肌の歴史〜》(with 同病の人達) マイケルには同病の人達のような色ムラが確認できません。 しかしそれを抑える措置をしているそうで、マイケルのような多額の資金があれば 一般の同病者より奇麗に保つことができるのかもしれません。 また、児童虐待での裁判の際に証言した少年はマイケルの陰部に色ムラがあったことを証言しています。 このことで裁判ではマイケルの陰部を確認し、色ムラがあったことを認めて判決の材料となりました。 このことからマイケル信者たちは、脱色疑惑を否定します。 ただ肌の色が変わっただけでなく、髪やその他にも白人を思わせる要素がたくさんあります。 マイケルが亡くなった今、マイケルの主治医やそれらに携わった人たちから、真相が明らかになる日がくるかもしれません。

次の

黒人セレブ:肌を脱色(ホワイトニング)して衝撃的に白くなった11人

マイケル ジャクソン 肌 の 色

皆さん、マイケル・ジャクソンがいつの間にか白人になってしまったことを知っていますね。 遺伝的にメラニンが全く合成されない人をアルビノといい、もちろん黒人の中にも生まれつきアルビノがいますが、マイケル・ジャクソンはアルビノではありません。 マイケル・ジャクソンの皮膚が白くなったいきさつについての本を読むと、彼はいつの間にか人生の途中でアルビノになったと書いてありますが、これは全くの嘘だと考えています。 では、マイケル・ジャクソンはどのようにして皮膚を白くしたのでしょうか?これは同時に彼が50歳と言う若さで早死にした理由にも関わりがありますが、その答えは簡単で、皮膚のメラニン色素産生細胞の遺伝子をステロイドで変えてしまったのです。 おそらくそのステロイドはリンデロンだと考えられます。 ステロイドを塗り続けたり飲み続けたりすると、神経細胞由来であるメラノサイト(メラニン細胞)の幹細胞は遺伝子を変えられてしまい、その結果メラニン色素を作ることが減ってしまいます。 減ったメラニン色素をなんとか増やすために、メラニン色素細胞の幹細胞自身が出来る限り多くのメラニン細胞を作り続け、メラニン色素を作り続けます。 ステロイドが多ければ多いほど、この残った幹細胞はなんとかしてさらにメラニンを産生する皮膚のメラニン細胞となりますが、ステロイドのために幹細胞の遺伝子が異常になるとともに、幹細胞自身が修復されなければますます幹細胞が減り、最後はメラニン産生細胞自身が作られなくなってしまいます。 これはちょうど元金と利子の関係に似ています。 元金が幹細胞であり、利子が普通の細胞であります。 利子が少なければ元金に手を付けることになり、最後は元金も利子もなくなり、元金もパァになっていくのと似ています。 お金がなくなったからといって直接生命には関係ありませんが、マイケル・ジャクソンの場合は、体中の皮膚の隅々に住んでいる生きたメラニン幹細胞を永遠に0にすることはできないので、ときに黒くなる皮膚に対してステロイドを塗り続けざるを得なかったのです。 ところがステロイドで遺伝子を変えられるのはメラニン細胞やメラニン幹細胞だけではありません。 皮膚から染み込んだステロイドは全ての細胞や幹細胞を傷つけます。 結局彼は、最後は若くして命と莫大な元金も捨てざるを得なくなったのです。 いずれにしろ遺伝子を変える薬はまさに毒薬なのです。 ステロイドがどのようにメラニン幹細胞の遺伝子を変えるかについては、.

次の

マイケル・ジャクソン娘「お願いだから肌の色を変えないで」悲痛の訴え

マイケル ジャクソン 肌 の 色

2009年に急逝のニュースが流れてからしばらくの間、様々な他殺説や陰謀説などが噂され、当時11歳と幼かった娘のパリスが、大人になって改めて「父は殺された」と語るなど、その死は謎に包まれています。 マイケルの死の真相については、未だ様々な憶測が飛び交っていますが、死去した際に過剰な量の「プロポフォール」という強力な鎮痛剤を飲ませたとして、主治医のコンラッド・マリーが業務上過失致死罪で有罪となっています。 その顔は、生前のマイケルとは似ても似つかない、非常に無残な姿となってしまっていたのです。 「King of Pops」と呼ばれ、世界的にとてつもない人気を誇っていたマイケルは、死の直前まで、その年から開催される予定だったコンサートツアー「THIS IS IT」のリハーサルに励んでいたと言います。 マイケル自身も記者会見では「これが最後のライブ」と語り、ファンとすれば前回のライブから12年ぶりということもあり、待ちに待ったツアーでした。 そんなマイケルですが、若い人の中には彼が幼い頃から活躍していたスターであることを知らない方もいるのではないでしょうか。 知っている方にとっては、あまりにも有名な話ではありますが、彼はアフリカ系アメリカ人として生まれた黒人で、小さな頃から「ジャクソン5」として世界的に絶大な人気があったのです。 その後ソロになったマイケルは、エンターテインメント界においてその多彩な才能を存分に発揮し、様々な作品を残していきました。 今でこそ当たり前のように目にするストーリー仕立ての「MV(Music Video)」も、彼が自身の楽曲「Thriller(スリラー)」において革新的な演出を行ったことが最初と言われています。 <下に続く> マイケルの『白斑』との闘い さて、マイケルはアフリカ系アメリカ人として生まれ育ち、「ジャクソン5」としてデビューをしてからは、一気にスター街道を駆け上がっていくわけですが、ソロになってからの彼しか知らないという方の中には、彼の肌が白いことに疑問を持たれた方もいるかもしれません。 ネットなどで若かりし頃のマイケルについて見られたことがある方、またテレビなどで昔の姿を見たことがある方であれば当然ご存知かとは思いますが、前述のとおり、彼は黒人です。 したがって、当然のことながら、もともと彼の肌は黒かったわけです。 では、なぜ白い肌となったのか。 そうです。 彼も、肌の脱色に悩む「尋常性白斑」の患者の一人だったのです。 その後、ソロとしても大きな成功納めた彼のもとには、その財産を目当てにして様々な人間が近付いてきたり、その利益を当てにした企業との争いごとが生じたりと、おそらく 生きている間中ずっとストレスと闘っていたのでしょう。 更には、CM撮影の最中や、コンサートのリハーサル中にステージで大怪我をしてしまったりといった 外的要因もあり、白斑の進行を早めてしまったする見方もあります。 怪我による整形や、白斑治療による肌色の変化など、彼の容姿はいつも注目の的となっていました。 一部では、「白人に憧れて、あえて肌の色を脱色する整形を繰り返している」といったマスコミ報道などもありましたが、彼自身が自分の娘に対し、「お前は黒人だ。 そのことを誇りに思って生きていくんだ。 」といつも言い聞かせ、娘のパリスもそれを胸に刻んで「自分は黒人だ」と思い生きていると言っていることや、死去する直前まで主治医としてマイケルの容姿を診ていた医師も「自分は黒人であることに誇りをもっている」とマイケルが語っていたと話しており、白人に憧れていたとする説は信憑性の低いものとなっています。 幼少期からマスコミの注目の的であったマイケルには、たくさんの写真が残されていますが、やはり「白斑」の発症直後かと思われるような、元の黒い皮膚の中に、色が脱色した部分が見られるようなものも存在していますので、彼が白斑を患っていたということは間違い無いでしょう。 1984年、ジャクソン5(レコード会社との契約のもつれなどから、後に「ジャクソンズ」へ)から脱退し、本格的なソロ活動を開始する直前に発表された「Thriller」の頃から、彼の白斑の進行が始まったと見られているようです。 このことは、彼自身が積極的に扱いたくない話題であるとしながらも、1993年に行われたインタビューで語り、認めています。 前述のように、自身が黒人であることに誇りを持っていたマイケルは、白斑によって肌が白く脱色してしまうことにむしろショックを覚えていたといいます。 彼自身も、 白斑であることを認めた際に「ファンデーションで肌色を均一化するのも大変なんだ」と語っています。 マイケルが人前に出てくる際にサングラスをしたり、日中に外に出る際には必ず日傘を差していたりすることも、白斑を目立たせなくするための脱色手術によって、日光を浴びることができなくなってしまったからだとされています。 亡くなった直後のマイケルの体には、爪の部分に一部だけ色素が残っていたのみで、あとの部分は色素が抜けてしまっていたのだそうです。 まとめ 楽曲のパフォーマンスによって人々を魅了することが仕事であり、その容姿にも否が応でも注目が集まってしまうマイケル・ジャクソンというスーパースターの立場で、 白斑を患っていたということがどれだけ辛いことだったかというのは、自分が白斑を発症していても想像できないほどのものだったことでしょう。 少しうがった見方をしてしまうとすれば、テレビのドキュメント番組でも、「This、This」と指差して超高価な美術品等を何の躊躇もなく購入していけるだけの財力のあるマイケルが、どれだけお金を積んでも治せなかった病気が、この白斑と言う病気であると言うことも出来るかと思います。 彼が白斑を発症したと思われる1980年台から30年以上が経った今も、まだまだ瞬間的に完治できるような画期的な治療法は開発されていません。 当サイトでは、現時点において効果的だと思われる治療法などについても取り上げてまとめてきましたが、本当に一刻も早く画期的な治療法が出て来ることを願うばかりです。

次の