ちゃお 兄弟 なんか じゃい られ ない。 キョーダイなんかじゃいられない!【最終話】ネタバレ!両親には言えないけど、朝陽とは両想い│シロカミエンタ

今月号のちゃお|ちゃおランド

ちゃお 兄弟 なんか じゃい られ ない

キョーダイなんかじゃいられない!4話ネタバレ 両親が再婚旅行からお土産いっぱいで帰宅した。 まひるが体調を崩し、朝陽と夕陽が看病していたことを聞きお礼を言う母。 兄弟なんだから当然だと朝陽は言う。 まひるはその言葉にぐっと何かを堪える。 夕陽も、自分もまひるのためならなんでもできるとまひるの肩をとった。 両親は、家族みんながいるこの家が1番だと旅行から無事に帰って噛み締めるのだった。 自分たちなら世界一なかよしな家族になれちゃうよねとまひるは笑う。 部屋に戻ろうとすると、「明日の遊園地デート楽しみだね」と声をかけてきた。 夕陽は、まひるに、この遊園地デートで両想いになれなかったらまひるのことを諦めると約束していた。 「絶対に落としてみせる」と夕陽は真剣だ。 キョーダイに恋なんてしない、夕陽のことをあきらめさせてみせるとまひるも意気込んでいた。 遊園地でまひるを待つ夕陽のまわりには、すでに女子たちが集まっていた。 まひるはわざとダサイ格好をして登場し、恋愛対象じゃなくなることを期待していた。 夕陽には、ダサイ格好は効果がなかったのだ。 そこへ、友達カップルの付き添いで来ていた朝陽が声をかけてきた。 女の子は、2人で脱出出来たら恋が叶うというミラーハウスに一緒に行こうと言い出す。 もちろん夕陽はまひると行きたがったが、恋が叶うのは困るとまひるはなんとか入らないようにしようと必死になる。 結局朝陽も合流し、3人で遊園地を回ることに。 カップル限定や、恋が叶うなどそういった乗り物ばっかりで困っていたけど、徐々に楽しくなるまひる。 今までは、母とばかりだったけど家族と乗るのって楽しいとまひるは喜ぶ。 テンションがあがるまひるに、「これからはいつでもいっしょに乗ってやるよ」と朝陽は言った。 まひるは朝陽の事を想い、胸がぎゅっと苦しくなる。 二人の様子を見ていた夕陽は、耐えられなくなりまひるを連れ出した。 なんで朝陽なんだ、僕を好きになってとまひるの手を掴んだ。 朝陽が2人を追いかけてきたそのとき、さっきまで朝陽と一緒にいたカップルの友達の女の子が、男の子とミラーハウスではぐれてしまいもうダメかもと泣き出した。 まひるは、女の子の手を掴みミラーハウスに入っていった。 はじめて会った自分のためになんで彼を探してくれるのかと泣く女の子。 すると「自分の恋は叶わないけれどカップルがミラーハウスの噂のせいで別れるなんてゆるせない」とまひるは相変わらずだった。 やっと彼を見つけ、二人はミラーハウスを2人で脱出した。 朝陽と夕陽がまひるを探しに来た。 まひるは皆で脱出するなんてと思ったけど、姉想いな2人をおいていくわけにはいかなかった。 そんなまひるに「デートなのに弟扱いか」と夕陽は笑った。 今日は僕の負けだと1人ミラーハウスから出て行ってしまう。 おいかけようとしたまひるを、朝陽が止める。 まひるがミラーにぶつかって倒れると、朝陽もそれにつられ、まひるの上に倒れた。 2人のくちびるが触れてしまう。 家に帰ったまひるは、涙が止まらない。 キョーダイなんかじゃいられない!4話感想とまとめ 夕陽がまひるを落とそうと奮闘している姿が、かっこいいけど実は健気で切ないですよね。 夕陽は、2人の関係を見ていられないだろうなと思ってしまうけど、でも恋を叶えるためにまだまだ諦めないでほしいです! まひるも家族としてやっていこうと頑張っているけど、素直になれれば良いですよね。 もうこの家にはいられないと、まひるは出ていってしまうのでしょうか。 朝陽と夕陽でまひるを見つけ出してほしいです! ちゃおやキョーダイなんかじゃいられない!は配信されていないのですが、下記サービスではちゃお連載中の他の漫画やちゃおデラックス、ちゃおホラーなどが読めます。 600円分無料で漫画が読めちゃうのでぜひお試しください。 ちゃお連載中の漫画が読める!.

次の

キョーダイなんかじゃいられない!1巻は漫画村、星のロミやzipの裏ルートで無料で読めるって本当?

ちゃお 兄弟 なんか じゃい られ ない

YouTubeで「ボイスコミック」というジャンルが今、ちょっとしたブームになっているのをご存じだろうか? 「ボイスコミック」とは、マンガに声優が声をあてた動画コンテンツのこと。 ラジオなどで聴ける朗読劇と違って「絵」がある一方、アニメとは異なり絵が活動しない。 静止画のみだ。 ボイスコミック自体は、とくだん、真新しい施策ではない。 古くは2007年11月、集英社がかつて運営していたサイト「s-cast. YouTube上で流行りだしたのは、2018年ごろ。 小学館の『ちゃお』、集英社の『りぼん』『別冊マーガレット』といった大手出版社が刊行する少女雑誌のYouTubeチャンネルにコンテンツがアップされるようになり、広まっていった。 取り扱われる作品の種類としては、会話劇中心のラブコメが圧倒的に多い。 なぜ、ボイスコミックは少年漫画ではなく、少女漫画が多いのだろうか? また、どうしてラブコメの会話劇ばかりなのだろうか? その理由としては、バトル漫画、冒険漫画にありがちなマニアックな設定があまりないことが挙げられる。 たとえば、『ちゃお』で連載されている『キョーダイなんかじゃいられない!』のボイスコミックは、仮に「第1話 《前編》」ではなく、「第1話 《後編》」から見たとしても、冒頭で「イケメン双子が私の兄弟!? 『キョーダイなんかじゃいられない!』第1話後編!」と説明してくれるので、なんとなく話の筋はわかったりするのだ。

次の

キョーダイなんかじゃいられない!【4話】ネタバレ!朝陽とキスしちゃった…│シロカミエンタ

ちゃお 兄弟 なんか じゃい られ ない

キョーダイなんかじゃいられない!最終話ネタバレ 人生初めての家出中のまひる。 事故とは言え、朝陽とキスをしてしまってもう家に帰れないと泣いてた。 すると、朝陽が走ってきて、事故だから忘れろとまひるに話した。 初めてだったのに、忘れられるわけがないと言うまひるを夕陽がうしろから抱きしめた。 初めては、自分がもらうはずだったのにと茶化す夕陽。 「はなせ」と夕陽からまひるを引き剥がす朝陽。 朝陽のお腹がぐうう~と鳴って、ご飯のしたくをしないとと本能的なモノが働き、なぜか買い物をすませ気づけば自宅に戻っていた。 家では、さがさないでくださいと書いた紙を見て母が心配していた。 夕陽と朝陽のフォローで、スーパーのタイムセールに行っただけだと聞き、母は安心した。 家出かと思ったと言う両親に、「まひるの居場所はここだ」と朝陽は両親に言うのだった。 まひるが夕飯を作ろうとしたので、朝陽が手伝おうとしたが、近寄らないでとまひるは朝陽を遠ざけた。 家にいるとどうしても、近くなってしまう。 挙動不審なまひるを見て、喧嘩をしてるのかと両親はまたしても心配する。 朝陽は、土曜のサッカーの試合にまひるは弁当を持って見に来るし、喧嘩なんかしてないと言った。 そして、両親のことも試合観戦に誘うのだった。 父は、自分から誘うなんてめずらしいと喜ぶのだった。 けれど、まひるは勝手なことを・・・と怒っている。 試合当日、結局応援に来てしまったまひる。 朝陽のユニホーム姿にドキっとする。 すると朝陽は、自分は家族もまひるもどちらも諦めるつもりはないとまひるに伝え試合に挑む。 夕陽が試合中にケガをした。 まひるも元に来るが、夕陽はケガしたのが朝陽じゃなくてよかったねと笑った。 するとまひるは「夕陽でいいわけない」と本気で怒る。 けれど、そのことで自分が朝陽も夕陽も同じくらい大事に思えてるんだと感じるのだった。 恋か家族、どっちかを選ばなきゃいけないわけじゃないのかもと思い始める。 なんだか様子がヘンな朝陽。 実は体調が悪いのだと夕陽が言う。 休憩タイムに、まひるは朝陽の元へ行き、ムチャしないでと涙を堪えた。 絶対に負けないから見とけよ、と朝陽は試合に戻り、見事勝ち決めたのだった。 朝陽をさがしにいくまひるを見て、「完敗だな」と夕陽はつぶやく。 朝陽の元へ行ったまひるは、調子悪いことをだまってないでという。 まひるの弁当がかかってたと話す朝陽に、 好きな人の心配くらいさせて!とまひるは朝陽を押し倒した。 すると「やっと好きって言ったな」という夕陽の言葉に顔を赤くするまひる。 自分も恋と家族、どっちもあきらめない、キョーダイだけど一人の男の子として好きなのだとまひるは告白したのだった。 両想いって嬉しいと朝陽も照れる。 そこへ、諦めたつもりだけど、なんか妬けると夕陽が割り込んできた。 すると、朝陽がいいの!とまひるは朝陽の手を掴んだ。 両親の元へ走りながら、こんな関係しばらくは言えない。 けれど、いつかその時が来たら・・・キョーダイなんだかじゃいられないかもと思うのだった。 キョーダイなんかじゃいられない!最終話感想とまとめ 早くも、最終回を迎えてしまいました。 まひるが朝陽を好きだという気持ちが溢れた回で、とても良かったです。 家族も恋も大事に出来る、それを朝陽と夕陽が教えてくれたんじゃないかなって思いますね。 まひるたちの両親ならきっと、応援してくれると思うのでいつかその時が来たら、朝陽を筆頭に伝えてみてほしいなって思います。 ちゃおやキョーダイなんかじゃいられない!は配信されていないのですが、下記サービスではちゃお連載中の他の漫画やちゃおデラックス、ちゃおホラーなどが読めます。 600円分無料で漫画が読めちゃうのでぜひお試しください。 ちゃお連載中の漫画が読める!.

次の