国家 公務員 試験 日程。 国家公務員採用一般職試験(大卒程度試験)|国家公務員試験採用情報NAVI

【2020年】公務員試験日程と採用予定数が決まりました!【国家公務員】

国家 公務員 試験 日程

一次試験はあくまで教養試験と専門試験で判定されます。 二次試験 二次試験が国家公務員の場合ややこしくて、 人事院が主催する 人事院面接と、 各省庁で採用面接を行う 官庁訪問があります。 受験生は二次試験を合格すると、採用候補者名簿というものに名前などが記載されます。 この名簿の中から、官庁訪問によって各省庁が採用者を決めます。 と思えばなんとなく理解できると思います。 これがややこしくなる人が多い原因です 私もそうでした。 人によっては、 官庁訪問で〇〇庁から内々定を貰えても、人事院面接で不合格だと採用候補者名簿に記載されないので落とされます このケースは良くあります。 前置きが長くなりましたが、二次試験の解説をしたいと思います。 一次試験の合格発表後、 7月15日頃〜8月3日頃に二次試験があります 受験者が多いので日程がバラバラで長いです。 指定した都道府県の合同庁舎で行われ、3対1の個別面接です。 おそらく時間がきっちり決められていて、 1人15分です。 面接の具体的な内容は別記事で解説しているので参考にしてください。 最終合格発表は8月20日頃です。 これに合格して初めて国家公務員になれるのです。 では、どこで働くのか? それを決めるのが 官庁訪問です。 官庁訪問 官庁訪問とは何度も言っていますが、自分が国家公務員として働く職場を決めるための 採用面接です。 官庁訪問は スピード勝負なので気をつけましょう。 官庁訪問は ルールが有り、決められた日程でしか行うことができません 平等に採用試験を行うため。 なお、ルールは頻繁に変わるため、必ず最新の情報をチェックしましょう。 近年は二次試験前に官庁訪問を開始しています。 合格発表後、すぐに予約の受付を開始し、面接の日程を告げられるのですぐに面接。 というのが一連の流れです。 面接は1回だけの場合もあれば、複数回行う機関もあります。 早いもの勝ちなので、一日でも遅れると一気に難易度があがります。 面接の次の日に電話で結果を知らせてくれます。 電話が来なかったら不合格です。 内々定がもらえるまで、これを繰り返すのが官庁訪問です。 詳しい体験談や、対策方法は別記事で解説しているので参考にしてください。

次の

【最新版2020】延期後の公務員試験日程!併願状況は?

国家 公務員 試験 日程

通学講座• 北海道• 関東・信越• 東海・北陸• 中国・四国• 通信講座• 公務員の種類と魅力• ココがポイント!論文・面接・集団討論• 合格システム(合格の決め手は生講義)• 通学講座• 北海道• 関東・信越• 東海・北陸• 中国・四国• 通信講座• 公務員の種類と魅力• 合格システム(合格の決め手は生講義)• 通学講座• 北海道• 関東・信越• 東海・北陸• 中国・四国• 通信講座• 学校の先生になる• ココがポイント!人物試験・論作文• 合格システム(合格の決め手は生講義)• 通学講座• 北海道• 関東・信越• 東海・北陸• 中国・四国• 通信講座• 看護師の魅力と学校選び• 通学講座• 北海道• 関東・信越• 中国・四国• 通信講座• 通学講座• 北海道• 関東・信越• 東海・北陸• 中国・四国• 通信講座• 合格システム(合格の決め手は生講義)• 通学講座• 北海道• 関東・信越• 中国・四国• 通信講座• 通学講座• 関東・信越• 通信講座• 通学講座• 関東・信越• 中国・四国• 通信講座• オリジナル教材• 北海道• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 関東・信越• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 東海・北陸• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 中国・四国• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 開講講座一覧• 国家一般職 大卒程度 仕事内容 国家一般職 大卒程度 試験の合格者は本省庁に勤務する人がいるものの、その大部分は各省庁の地方出先機関に幹部候補として採用されます。 採用後の異動・昇進等も各省庁によって全く異なっており、仕事の中身も異なっています。 また省庁によっては、同じ省庁内でも採用先が多岐にわたっています。 行政区分は、全国を9つに分けた地域ブロック 北海道・東北・関東甲信越・東海北陸・近畿・中国・四国・九州・沖縄 ごとに採用され、勤務地はその地域内になります。 また、本省庁採用もあります。 なお、行政区分以外の区分に関しては、全国地域での採用となります。 技術区分では地方出先機関に勤務し、各省庁の研究所で技術開発や調整業務にあたったり、各地方機関での政策執行を行います。 自身の知識・経験を生かして働くことが求められます。 これらの区分では物理・化学・農学・農業農村工学・林学を除き「工学に関する基礎 数学・物理 」が解答数の約5割を占め重要な科目となっています。 また記述式ではそれぞれに関連する領域における一般的な課題について論述するものになっています。 目的意識の高さや熱意を伝え、自分を印象づけることができるよう、志望官庁に関する情報収集はもちろん、志望動機もしっかりと準備しておかねばなりません。 また、例年1次試験合格者発表の数日後には、各省庁の担当者が業務内容や採用状況について説明する「官庁業務合同説明会」が全国主要都市で実施されます。 志望官庁の選択に必要な基本情報を手に入れることができるほか、出席の有無を重視する官庁、ここでしか訪問予約を受け付けない官庁もあり、積極的な参加が望まれます。 2次試験の際には志望官庁を届け出ることになりますが、希望の官庁や勤務先に固執するあまり、採用先を確保できないといったことにならないよう、志望官庁以外からの電話照会等も柔軟な姿勢で受け止めましょう。 また、業務説明会への参加は任意であり、参加しなくても、そのことを理由に不利益な取扱いはしないこととしています。 【2019年度試験速報】 裁判所職員一般職 大卒程度 仕事内容 各裁判所の事務局や裁判部に配属されます。 事務局では、総務課・人事課・会計課等の司法行政部門全般を担当し、裁判部では裁判所書記官の補助者として各種裁判事務を担当し、事務局と裁判部とは、互いに連携をとりながら活動します。 社会環境の変化、経済事情の変動、及び価値観の多様化により、司法需要が高まり、「法曹養成制度」「裁判員制度」などの司法制度改革の定着を図っていく中で、裁判所本来の機能である「裁判」が適正、迅速に行われるよう様々な部署で活躍します。 また、裁判所職員一般職 大卒程度 として通算10年以上勤務すると、口述および必要に応じ筆記試験を経て司法書士の資格が取得できます。 国税調査官…納税申告における調査・検査・指導などを行います。 国税徴収官…滞納税金の督促・滞納処分、納税指導などを行います。 国税査察官…脱税容疑者への強制調査や告発などの職務に従事します。 また、国税専門官として一定の条件で23年以上勤務すると、税理士の資格が取得できます。 (2019年度情報) 配点比率 【2019年度試験速報】 財務専門官 仕事内容 財務専門官は、財務局において、財政・金融等のプロフェッショナルとして、国有財産の有効活用、財政投融資資金の供給などの財政に関する業務や、地域金融機関の検査・監督、証券取引等の監視などの金融に関する業務を行います。 このほか、地域経済情勢の調査・分析、財務省・金融庁の施策の広報の業務にも従事します。 人物試験 個別面接、参考として性格検査を実施 (2019年度情報) 配点比率 【2019年度試験速報】 労働基準監督官 仕事内容 厚生労働省本省または全国各地の労働局、労働基準監督署に勤務します。 労働基準法・労働安全衛生法などに基づいて、工場、事業場などに立ち入り、帳簿・書類の点検、関係者の尋問、機械・器具の構造規格、性能及び安全装置の検査、作業環境の測定などを行い、これらについて違反があった場合には、機械・器具の使用停止などの緊急措置を命じたり、刑事訴訟法に規定する特別司法警察職員としての職務を行います。 (2019年度情報) 配点比率 【2019年度試験速報】 法務省専門職員 人間科学 仕事内容• 少年鑑別所における少年の資質の鑑別等に従事します。 また、技術系採用者は施設管理、教育研究の技術的サポート業務等に従事します。 事務系 事務・図書• 欠員に応じて、その都度2次試験を実施。 各機関はこの名簿に基づき、面接考査等を行った上で採用内定者が決定されます。 一部の機関では、説明会や機関訪問への参加が2次試験の絶対条件となっているので注意しましょう。 また、一部機関においては独自の採用試験を実施している場合もあります。 【2019年度試験速報】.

次の

国家公務員採用試験の日程発表、一部種目を実施せず

国家 公務員 試験 日程

そもそも公務員試験って何? 公務員試験は、公務員になるために実施される採用試験の総称です。 正しくは「公務員採用試験」と表記されるべきかもしれません。 日本の制度上、国家と地方で公務員は分類され、公務員試験も、大きくは「国家公務員」試験と「地方公務員」試験をわけて考え、また国家・地方の各試験制度に応じて、職種などにわけられ採用試験が実施されます。 「国家公務員」の採用試験 国家公務員は国に雇われ、国の行政機関である12府省庁と、国の立法機関である国会、国の司法機関である裁判所など、国の機関で働く公務員です。 国家公務員試験には、大きく人事院が統括して行う国家総合職試験・国家一般職試験・専門職試験と、各省庁・機関が独自に行う国家公務員の採用試験があります。 国家総合職試験 まず人事院が行う試験のひとつである国家総合職試験は、学歴によって院卒区分、大卒程度区分があり、更に専門科目によって試験区分が設けられています。 国家総合職は、主に政策の企画立案など、高度な知識や技術、または経験を必要とする業務を担当します。 国家一般職試験 国家一般職試験は、大卒程度から受験が可能で、試験区分には専門科目ごとに事務系と技術系があります。 国家一般職は主に事務処理等の定型的な業務を担当します。 国家専門職試験 国家専門職には、皇宮護衛官や法務省専門職員などがあり、あらかじめ勤務する機関が決まっています。 国家専門職には高卒から受験できる職種もあります。 (以下、院卒者・大卒程度試験) ・皇宮護衛官採用試験(大卒程度試験・高卒程度試験もあり) ・法務省専門職員(人間科学)採用試験 ・財務専門官採用試験 ・国税専門官採用試験 ・食品衛生監視員採用試験 ・労働基準監督官採用試験 ・航空管制官採用試験 (以下、高卒程度) ・刑務官採用試験 ・入国警備官採用試験 ・税務職員採用試験 ・航空保安大学校学生採用試験 ・気象大学校学生採用試験 ・海上保安大学校学生採用試験 ・海上保安学校学生採用試験 ・海上保安学校学生採用試験(特別) 中央省庁が独自で行う採用試験 一方、各省庁・機関が行う国家公務員採用試験には、外務省による外務省専門職員試験や、国会による衆議院事務局総合職・一般職などの試験があります。 人事院が主催する専門職試験と同様、あらかじめ勤務先が決まっており、高卒程度から受験できる職種もあります。 「地方公務員」の試験 地方公務員は地方自治体に雇われ、本庁のほか、その自治体が運営する機関に勤務します。 地方公務員試験は地方自治体ごとに行われます。 押さえるポイントは、都道府県などの1都1道2府43県と、市町村の普通地方公共団体のほかに、特別地方公共団体の東京23区の特別区が独自に試験を行なっているという点です。 また、政令指定都市の試験は府県の試験と同日に実施されるため、併願できないので注意が必要です。 地方公務員には大きく、事務系職種、技術系職種、資格免許系職種、公安系職種の4つの職種があります。 ほとんどが高卒程度の試験区分があるので、高卒程度から目指すことができますが、資格免許系職種については、公務員試験を受ける前に、国家試験に合格し、国家資格を持っていることが受験資格として必要な職種もあります。 公務員試験の受験資格について 公務員試験を受けるには様々な受験資格があります。 職種や受験区分によって要件や基準が異なりますが、まずはどのような受験資格があるのかをご紹介します。 受験資格(1)年齢要件 ほとんどの公務員試験には年齢制限が設けられています。 国家公務員の場合は、ほとんどが受験翌年の4月1日時点で30歳までが受験できる年齢の上限に設定されていますが、一部、受験する年の4月1日で30歳までが受験できる職種もあります。 地方公務員は自治体によって年齢要件に幅があり、30歳以上でも受験できるところが増えているようです。 実質年齢制限を設けてないことになりますが、59歳まで受験可能だとしている自治体もあります。 受験資格(2)学歴要件 公務員試験には、「大卒程度」「短大・高専卒程度」「高卒程度」という試験区分がありますが、これはあくまで「程度」ということで「その学歴相当の学力を必要とする試験を実施する」という意味を示しています。 ただし、国家総合職の「院卒者」区分には、大学院卒業の学歴が必要です。 また、札幌市、神戸市、浜松市、市役所の一部など、学歴要件を明確に設けている自治体もありますが、全体として学歴要件がある自治体は少ないようです。 受験資格(3)専攻要件 主に技術系公務員の試験区分において、大学などでその試験区分に相当する専攻であることが受験資格として設定されています。 受験資格(4)資格免許要件 保健師・薬剤師・栄養士などの専門職では、その職業の資格・免許が必要です。 受験時に免許を取得済みの必要がある場合と、受験時には必要ないが、卒業までに取得する必要があるという職種もあります。 受験資格(5)住所要件 市役所などの一部では、その自治体に居住していること、または市外の場合でも通勤時間が一定の時間以内に収まることを要件としているようです。 受験資格(6)身体基準 警察官や消防官などの地方公務員や、国家公務員専門職・特別職の一部の体力が必要な公安系職種では、受験資格として身長、体重、視力、聴力などに一定の基準を設けています。 受験資格(7)国籍について 国家公務員では、原則「日本国籍を有しないもの」は国家公務員試験を受けることができませんので、実質、日本国籍をもたない方は、国家公務員にはなれません。 また、日本国籍を持っていても、外国籍も併せて持っている人は外務公務員(大使や公使など)になることができないようです。 ただし、国家公務員の中には国立大学の教員など、国が雇用契約を結ぶ外国人という形で採用される外国籍の職員もいます。 公務員には外国籍の人もいますが、「国家公務員試験」を受けるには日本国籍が必要だということです。 一方、地方公務員には条例で日本国籍でなくとも採用可としている自治体も増えているようです。 ただし、自治体を統治するポジションになり得る「地方上級」区分では日本国籍が必要だとしている自治体もあります。 地方公務員にも外国籍の職員はいますが、管理職以上の統治に関わるようなポジションを目指すには、日本国籍が必要だと考えられているようです。 公務員試験の日程(概要) 公務員試験の日程は毎年大まかな時期が決まっています。 平成29年度の試験日程を例に、公務員試験が実施される流れをご説明します。 国家総合職 国家総合職は4月末に一次試験、5月末に二次試験の筆記試験、6月上旬に二次試験の人物試験、6月末に最終合格発表があります。 合格者は7月上旬の官庁訪問にて、志望する省庁の面接試験を受け選考された後、採用内定が決まります。 国家一般職 国家一般職は6月中旬に一次試験が行われ、7月中旬から8月にかけて二次試験が行われます。 最終合格発表は8月末で、合格者はその直後に官庁訪問で面接を受けます。 面接を突破すると、採用が内定します。 国家専門職 国家専門職は7月に一次試験、8~9月に二次試験が行われる職種が多いです。 最終合格発表は8月下旬です。 府県・政令指定都市 府県・政令都市職員の地方上級区分の試験は、6月末に一次試験が行われ、7月中旬から8月上旬にかけて二次試験が行われます。 8月下旬には最終合格発表があります。 筆記試験の内容 公務員試験の筆記試験の種類には「教養試験」「基礎能力試験」「専門試験」などがあります。 それぞれの内容について解説します。 教養試験(地方公務員) 地方公務員の教養試験は、「一般知能分野」と呼ばれるものと、「一般知識分野」と呼ばれる大きく2分野で構成され、その出題比率はほぼ半分ずつという自治体が多いようです。 出題形式は、大半の自治体で五肢択一式が採用されています。 一般知能分野では「文章理解」「判断推理」「数的理解」「資料解釈」といった種類の、公務員特有の出題があります。 一般知識分野では、高校までに学んだ政治・経済、地理、歴史、数学、理科といった科目から出題されます。 基礎能力試験(国家公務員) 国家公務員の基礎能力試験は、一般知能分野(文章理解、判断推理、数的理解、資料解釈等)からの出題がほとんどで、高校までに学んだ教科からの出題がある一般知識分野での出題は少なく、時事問題が多くなっているようです。 専門試験 専門試験は、それぞれの試験区分によって必要な専門的知識や技術が備わっているか問われる試験です。 受験したい試験区分の出題科目やその科目別の出題数は早めに知っておくことが大切です。 専門試験は択一式の場合と、記述式の場合があります。 出題範囲は択一式も記述式も変わらないようです。 例として、一般行政系・事務系には次のような科目から出題されます。 政治学、行政学などの行政系科目、憲法、行政法などの法律系科目、経済原論(ミクロ経済学、マクロ経済学)、財政学などの経済系科目、会計学、経営学の商学系科目などです。 このほか、英語、教育学、心理学、社会福祉学などから出題する試験もあります。 このように科目が多岐にわたりますので、まずは受験したい試験区分の出題範囲を確認することをおすすめします。 その他の試験 公務員試験には上記の筆記試験以外にも様々な試験が設けられています。 試験区分によって異なりますが、二次試験では専門記述試験、論文試験、人物試験、適性試験など多様な試験が実施されているようです。 地方公務員試験では人物試験として、面接の他に集団討論、グループワーク、プレゼンテーション試験が課される場合もあります。 公安系公務員に多い試験として、身体検査や体力検査が実施されることもあります。 公務員試験の倍率について 公務員試験の倍率は、試験区分によって様々です。 例えば国家公務員の「政治・国際」区分は採用予定数が少なく、倍率が高い傾向にあり20倍近くになることもあるようです。 国家総合職では平均すると10倍近くになる倍率ですが、一般職になると3~5倍程度と少し倍率が和らぐようです。 地方公務員については、かつては行政改革による人員削減のため採用予定数が減少したり、民間企業が不況によって採用数を減らし、公務員試験に就活生が流れてきたため10倍を超える区分が多くありました。 しかし、近年では採用予定者数が増加、受験者数も減っていることから、倍率自体は下がっているようです。 どのくらい得点すればよいか 問題の難易度にもよりますが、一般行政系・事務系の試験区分については、「7割」得点できるかどうかが一次試験を突破できる分かれ目だと言われているようです。 地方公務員の教養試験では、出題の大半を占めるのが一般知能分野です。 一般知能分野と時事問題に力を入れて確実な得点を重ねましょう。 また専門科目についても、過去問などでよく出題される基本的な問題の対策を徹底しておけば、7割は確実に取れると言われていますので、地道に対策していくことが合格につながります。 試験勉強は半年から9ヶ月前? 大学などでの履修科目と、試験科目が重なっている人であれば、一般的に半年から9ヶ月ほどで対策している人が多いようです。 科目に重なりが少ない人は、その分試験対策に必要な時間も長くなると考えられますので、それを目安に試験までの日数を考えてみてください。 とはいえ、長く勉強したからと言って合格するとは限りませんし、短期間でも集中して勉強した結果、合格を掴み取り採用される人もいます。 試験までの時間はひとつの目安ではありますが、それよりもそれぞれの限られた時間の中で、どれだけ試験対策に集中できるかが大切だと思います。 公務員試験対策は過去問を攻略した上で、これと決めた1冊の問題集を繰り返し解くことが大切だと言われています。 公務員になりたいと思ったその日から、ぜひ対策を始めてみてください。 まとめ このページでは、「公務員試験」を受けようかと考え始めた人のために、公務員試験がどのように行われているのか、基本的な解説をしました。 公務員には「地方公務員」と「国家公務員」があり、それぞれ別日程で試験が開催されていることがお分かりいただけたかと思います。 また、どのような受験資格があるのか、いよいよ受験となった場合にどのような種類の試験があるのかもご紹介しました。 公務員に興味を持った理由は様々だと思いますが、公務員試験は努力した成果がそのまま結果につながりやすいというのが民間の就職試験と大きく異なる魅力的な部分だと思います。 筆記試験のウエイトが大きいため勉強量は必要ですが、過去問を中心に対策していけば確実に点数は伸ばせると言われています。 また模擬試験なども行われていますので、それらを上手に利用していけば、より合格が近くなることでしょう。 このページを読んで「公務員になりたい」と感じたら、ぜひ今日から対策を始めてみてください!.

次の