内海温泉。 内海温泉の温泉・旅行ガイド(2020年版)|ゆこゆこ

内海温泉の温泉・旅行ガイド(2020年版)|ゆこゆこ

内海温泉

【内海温泉】愛知県内一の湯量を誇る温泉郷• 伊勢湾一望の絶景露天風呂が平成30年5月リニューアルオープン!• 【味わいの宿 ホテル魚半日吉苑】社長自ら市場で仕入れる旬のとれたて鮮魚、潮騒の露天風呂と温かな接客が自慢の宿。 【オテル・ド・マロニエ内海温泉】目の前に伊勢湾が広がる海辺のホテル。 海底より湧き出る塩化濃度の高い温泉から絵画のような海景色を望む。 中部地方の美しい白浜が弓状に約1㎞も続く「内海海水浴場千鳥ヶ浜」を中心に、数多くの海浜を目前に内海温泉は位置する。 メインの千鳥ヶ浜は「日本の渚百選」にも選ばれるほど水質が良く、海浜植物の群生がみられる渚ならではの自然も守られている。 夏には大勢の海水浴客で賑わいを見せる。 このあたりは明治初期、潮湯治の場所として開かれた内海海水浴場がある場所としても知られている。 近隣に存在する内海・山海・豊浜は「南知多温泉郷」と呼ばれ、国道247号線の海岸沿いに温泉宿が多数点在。 伊勢湾の美しい海景色を一望できることも魅力のひとつで、特に夕陽が沈む時間は多くの観光客が絶景を楽しむ場所である。

次の

南知多温泉郷

内海温泉

宿泊プラン 日吉苑のプラン構成はいかに新鮮な食材を味わい尽くしていただくかということに主眼を置いたものであります。 うみゃ飯食って、うみゃ酒飲んで、ふとんもぐってグースカ寝たらば、朝っぷろ浴びてスッキリ爽快!まさに極楽気分でございます。 通常平日料金 17,250円 +入湯税150円 4月~9月までの春夏プラン 一泊二食と24時間温泉付 鱧の他にも伊勢海老、アワビ、地魚等々、海の幸食材を丸ごとゼイタクに盛り込んだ春~夏イチオシの海鮮三昧プラン 通常平日料金 13,500円 +入湯税150円 4月~9月までの春夏プラン 一泊二食と24時間温泉付 地元豊浜漁港産のタコを使用した地ダコ料理。 通常平日料金 11,000円 +入湯税150円 年間を通してのスタンダードプラン 一泊二食と24時間温泉付 どれにしようか迷った時はとりあえずコレ!? 当館料理長おまかせの旬の海鮮尽くし。 通常平日料金 9,450円 +入湯税150円 ホームページ限定プラン 一泊二食と24時間温泉付 ホームページ限定、量控えめのお値打ちプランです(GW・お盆・年末年始は不可)。 通常平日料金 14,300円 +入湯税150円 年間通してのスタンダードプラン 一泊二食と24時間温泉付 上記料理に「車海老のおどり」などが付きます。 通常平日料金 16,500円 +入湯税150円 年間通してのスタンダードプラン 一泊二食と24時間温泉付 上記料理に、さらに「活あわび」「活伊勢海老」などが付きます。 通常平日料金 12,500円 +入湯税150円 年間通してのスタンダードプラン 一泊二食と24時間温泉付 舞扇料理より『茹でわたりがに』を無くして、替わりに『飲み放題(2時間)』を付けた団体専用(10名様以上限定)プランです。 写真をクリックすると、詳しい内容が見られます。 どうぞご了承くださいませ。 最終更新日:7月1日(土) ・寝室の窓に遮光カーテンがあるといいですね。 ・単品でも、魚介が苦手な方のために唐揚げなどの肉類がひとつふたつあればよいかと… ・アワビが固かったかな…。 全体的には満足! ・ベッドは良かったけど、和室側の壁が古く感じました。 ・フロントの方の対応が丁寧でいいですね。 ・夕食時に「夕焼けを見てください」という声がけをいただいて嬉しかったです。 ・刺身がもう少しあればうれしかった。 ・部屋が意外に広く、ベッドが寝やすかった。 ・大浴場にフナムシがいてびっくりした。 ・おかみさんの人柄の良さに気持ちよく過ごせました。 ・冷たい水が部屋に用意されていればなお良い! ・部屋は古いけれど、使いやすかったです。 ただ、ベッドの横の壁紙が破れているのが見苦しいので直した方がいいですよ。 ・海岸通りに出られる近道の通用口があるのは嬉しいのですが、通路の足元やまわりをもうちょっとキレイにした方が良いと思います。 ・トイレに手すりがあると良いと思いました。 ・客室のえもん掛けが高くて、手がとどかなかったです。 ・料理は少し多かったけど、美味しかったです。 ・フリーで使える冷蔵庫があれば良いと思います。 ・電気の明るさが調節できるとありがたいです。 ・アメニティがいろいろあって良かった。 ・となりの部屋(男性4人?)の深夜の大声での会話等騒音が不快に感じた。 ・脱衣所の床が砂で汚れてたり、水で湿ってました。 ・名古屋の親戚の人からの紹介で遠くから来ました。 海鮮料理がお値打ちに頂けたことに感謝。 部屋からの景色も最高でした。 ・従業員の皆様明るくて、声かけがうれしかった。 ありがとうございました。

次の

知多半島 南知多 内海、天然温泉旅館!海の前のホテル「日吉苑」公式サイト

内海温泉

泉質 [ ]• ナトリウム・カルシウム - 強塩化物・強食塩泉• 内海温泉は主に日帰り施設の「白砂の湯」(現在は『テルメ・ウツミ・白砂の湯』:2016年現在休業中)から配湯しているが、南知多温泉は湯量が豊富で源泉を所有している旅館も見られる。 旧環境庁によるにも選定された千鳥ヶ浜が沿岸にあり、散策に人気がある。 また県下最大級の内海海水浴場、南知多ビーチランドなどのレジャー施設も多い。 歴史 [ ] 歴史は新しくの開湯であり、地下1,300mのによって湧出。 湯量が豊富であったために活性化をにらんで各旅館街に配湯し、従来から形成されていた地に一大温泉郷を形成した。 また、その後独自でボーリングを試み、自家源泉を持つ宿も現れた。 温泉に化石成分を含んでいるといわれており、効能が高く、源泉をそのまま使う宿も見られる。 名古屋圏にも近いことで、年中を通して多くの観光客が訪れる県下有数の温泉地に成長し、今日に至る。 アクセス [ ]• 鉄道: 下車、同駅から 関連項目 [ ]• 、、、•

次の