ミーハー の 意味 は。 ミーハーの意味とは?昭和に根付いた言葉の語源と類語も解説

ミーハーは悪い意味ですでに死後?由来や語源・言い換えも紹介 | コトバの意味紹介サイト

ミーハー の 意味 は

ミーハーとは、今まで特に興味がなかったのに、流行になったり話題になったりした途端に強い興味を示す行為を意味します。 一言で簡単に説明すると、「流行が大好きな人」です。 ミーハーという言葉ができた当初は、女性に対する軽蔑が込められ、悪い意味として使われていましたが、現代語としては男女関係なく、流行好きを表す言葉になっています。 例えば、スポーツ競技で世界大会の本選までいき、テレビや雑誌での露出が激増したとたん、応援グッズを一式そろえて試合の結果に一喜一憂するような人をミーハーと言います。 ミーハーの興味の対象は流行なので、一時的にハマっても流行が去れば見向きもしなくなるのが特徴です。 ちなみに、ミーハーはカタカナなので外来語のイメージがありますが、日本から生まれた言葉で、英語が略されているわけではないという説が有力です。 ミーハーの語源や由来はいくつかあります。 最も有力なのは、昭和2年に公開された「稚児の剣法」という映画でデビューした俳優林長二郎です。 林長二郎はたちまち女性の人気となりましたが、彼のファンたちは「ミーハー」と呼ばれるようになったのです。 ミーハーのハーが「林長二郎のハ」であり、ミーハーのミーは当時女性に人気の高かったスイーツ「みつまめのミ」からきています。 話題の人物に夢中になる人を指す言葉で、現在使われているミーハーの意味と通じています。 その他、ミーハーの語源は「みいちゃんはあちゃん」という説もあります。 昭和初期、女性の名前には「み」、「は」から始まるものが多く、当時女性の発言や行動に対して、軽蔑を込めたときに「みいちゃんはあちゃん」と総称しており、この言葉が略されて「ミーハー」になったと言われています。 また、「音階のドレミファのミファ」、「英語のMeとHer」という説もあり、諸説紛々です。 ミーハーは昭和初期に作られた造語で、現在使う人は少なく、死後と言っても過言ではありません。 若い人に「ミーハーだね」と言っても、意味が伝わらない可能性はかなり高いです。 また、当初は「流行りものにすぐ飛びつく軽率な人」という悪い意味も込められていたため、別の言い方をした方が、あなたが誤解されるリスクも減らせます。 そこで、現代語でミーハーに変わる言葉や表現をいくつか探してみました。 ・流行かぶれ 一時的に流行に乗ってファンになるという意味では、ミーハーと同じ意味があるので、言い換えに適した言葉です。 ただし、ミーハーに含まれる「軽率、軽蔑」というような悪い意味を感じさせる言葉でもあります。 「流行かぶれだね」と言われた相手は、何となく嫌な気持ちになるものです。 そこで、別の言い方を探してみました。 ・流行に敏感な人 ・情報通 ・トレンド通 このような言葉に置き換えれば、いい意味で相手も受け止めてくれるでしょう。 ミーハーには少なからず、すぐ流行に流されることへの軽蔑が込められています。 そのため「あなたって、本当にミーハーだね」と、面と向かって相手に言うと、正しい使い方ではありますが、嫌味として受け取られるので注意が必要です。 ミーハーの使い方の例文をいくつか紹介します。 ・今まで見向きもしなかったラグビーに夢中になるなんて、彼女はミーハーだ。 ・彼はミーハーだから、話題のスポットにはいち早く行っている。 ・彼女はミーハーなブランドファッションが好きだね。 ・今だけ応援するのは、確実にミーハーなファンだ。 シチュエーションとしては、ワールドカップの時期だけ、急にサッカーに興味を持ち、まだまだ浅い知識でうんちくを言うような相手に対して、「全くあいつはミーハーだ」という使い方になります。 ミーハーは人格や人の行動を表す言葉ですが、その場にいない人、テレビなどに出ている人、あるいはズバリ言っても関係が悪化しない親しい人など、使う相手を慎重に選んだ方が良いでしょう。 時と場合によっては、同じシチュエーションで「ミーハー」「にわか」のどちらも当てはまるので混同されがちですが、実は違いがあります。 にわかファンに使われる「にわか」には、「一時的な」「かりそめの」という意味があります。 ミーハーとにわかファンは、「一時的に夢中になる」という意味ではとても似ている表現です。 しかし、ミーハーが流行に限定して使われるのに対して、にわかファンは分野を問いません。 これが、ミーハーとにわかの決定的な違いです。 ミーハーは流行を追い、流行が去ればまた別の流行を追うので、見方によっては「にわかファン」になるかもしれません。 また、にわかファンの対象が流行のものなら、ミーハーと呼ばれることもあるでしょう。 でも、完全に同じ意味ではないので注意して使いましょう。 非ミーハーとは、ミーハーの否定形で「流行だからという理由で興味を持たない人」を意味します。 決して流行嫌いではありません。 興味を持った対象がたまたま流行なこともあります。 非ミーハーの人には、次のような特徴があります。 ・マイペース ・独自の世界観を持っている ・人に流されない ・個性的 ・自分の興味を追求する 誰しも、流行や話題のスポットに多少は興味を持つものですよね。 しかし、非ミーハーな人の基準は、世間の注目度と関係ありません。 「自分が興味を持てるかどうか」が全ての判断基準です。 どんなに流行っていても、興味がなければ見向きもしません。 このような説明をすると、へそ曲がりのようなイメージを持つ人もいるでしょう。 しかし、非ミーハーは自分を尊重する分、人も尊重できます。 自分の興味に文句を言われるのを嫌いますが、その代わり人の興味にも口出ししません。 偏見なく、人を認められる長所があります。 流行物にはすぐに飛びつき、熱しやすく冷めやすいのがミーハーな人の特徴です。 流行によってコロコロと興味の対象が変わるのには、いくつかの心理があります。 ・最先端のものを知っていたいという知識欲が強い ・流行物を押さえておきたいという物欲が強い ・流行に乗っかって楽しみたい ・流行を知らないと言われたくないプライドの高さがある ・元々広く浅くが好き ・物事を追求するのが苦手 ・自分から楽しみを探すのが下手 流行はメディアの露出が増え、情報が氾濫するので、獲得が非常に楽で、楽しみ方も画一的なものが多いです。 工夫をせずに楽しめるのが流行であり、簡単に乗っかれるのが良さでもあります。 ミーハーな人は、流行の手軽さに魅力を感じる気質や性格をしているのです。 次から次へと表れる流行は、浅くても知識をひけらかすことができ、また持つだけで自尊心が満たされます。 そのため、プライドが高く欲深い人もミーハーになりやすいです。 ミーハー女子の場合、前述した理由に付け加えて「多数派に属していたい」という心理があります。 多くの人が興味を持つ流行に乗っかることで、「自分は外れていない」という安心感を得たいのです。 ミーハー女子は皆が知っている話題に乗り遅れないように、一生懸命流行にアンテナを張っています。 ここにプライドが加わると、ミーハー女子は情報や持っているものでマウンティングする面倒くさい存在になります。 流行の最先端アイテムを手にして、友達に褒められることで自尊心を満たし、誰よりも情報通になって、周囲の関心を集めようとします。 ここまでなら可愛いもので、ミーハーの度が過ぎると、流行に疎い友達をバカにしたり、自分の価値観を押し付けたりして非常に厄介です。 また、ミーハー女子は何事にも流されやすく、発言に一貫性がないのも特徴です。 真面目に相手をすると、ミーハー女子の言動に振り回されるので気を付けましょう。 ミーハー嫌いな人は、ド真面目で頑固なのが特徴です。 一本筋が通っているのは長所なのですが、臨機応変さや柔軟さが足りません。 そのため、流行によってコロコロと態度が変わるミーハーが理解できず、「また違うものに興味を持ってる!前は違うものが一番とか言っていたくせに!」と、過剰反応をしてしまいます。 真面目過ぎて、勝手にミーハーな人に振り回されて、そして嫌いになってしまうのです。 また、素直ではないのも特徴です。 普段「流行だってだけであんなに騒いで」と、ミーハーな人を嫌っているため、いざ自分の興味ど真ん中のものが流行すると、「私はミーハーじゃない」と、素直になれず、本当は好きなのに無関心を装ってしまいます。 中には「認知が広がったら、もう価値はない…」と、流行になったとたん、価値を失くしてしまうタイプもいます。 あえて多数派に属さないことを選ぶミーハー嫌いな人は、少々偏屈なのです。

次の

ミーハーの意味や使い方は?にわかとの違いは?ミーハーな人の特徴・性格や心理も

ミーハー の 意味 は

A ベストアンサー もともとは、半世紀前に流行したことばです。 また、そのような人。 みいちゃんはあちゃん。 みいはあ。 『大辞林』 みいはあ 「みいちゃんはあちゃん」の略。 また、その人たちを卑しめていう語。 みいはあ。 ふつう「ミーハー」と書く》 軽薄な、また、 流行に左右されやすいこと。 また、その人や、そのさま。 また、その人たちを軽蔑していう語。 みいはあ族。 みいはあ。 『岩波国語辞典』 みいはあ 通俗的な事に夢中になっているような娘たち(をあざけって言う語)。 みいちゃんはあちゃん。 普通「ミーハー」と書く。 〔軽い侮蔑を含意する〕 『明鏡国語辞典』 みいはあ 《名・形動》 軽薄で、周りの人の趣味や流行に左右されやすいこと。 また、その人。 [表記] 普通「ミーハー」と書く。 『日本俗語大辞典』 東京堂出版 ミーハー [名][形動] 「みいちゃんはあちゃん」の略。 カタカナ表記が一般的。 ミーハーチック [形動] 「チック」は英語 tic ミーハーっぽい。 『デイリー新語辞典』 ミーハー 世の中の流行などに熱中しやすい人たち。 〔「みいちゃんはあちゃん」の略。 今またデイリー新語辞典に載っているところをみると、リバイバルなのでしょうか。 近ごろ若者の間に古い流行語が復活している例が少なからずあります。 「あたりまえだのクラッカー」とか。 いずれにしても、ほめことばとは言えませんが、実際の使われ方は辞書の説明ほどに侮蔑的なニュアンスはないような気もします。 ということで「ミーハー」といわれてもムキになって言い返したりせず、軽く受け流しておくのがよろしいかと思います。 いちおう『日本語大シソーラス』で「ミーハー」の対義語、類義語・関連語を引くと、 対義語は「常人、真人間、普通人、尋常、世間並、一般的、普通」など。 類義語は「浅はか、軽薄、軽佻、無邪気、心幼い」、「流行かぶれ、付和雷同、尻馬に乗る」など。 さらにその関連語として「先棒担ぎ、トレンドセッター、御多分連、わいわい連」等々。 もともとは、半世紀前に流行したことばです。 また、そのような人。 みいちゃんはあちゃん。 みいはあ。 『大辞林』 みいはあ 「みいちゃんはあちゃん」の略。 また、その... A ベストアンサー 個人差が大きいのですけれども、 最短で性行為の9日後から、 遅い場合は性行為の3週間後にならないとわかりません。 1さんの回答の通り、 妊娠検査薬はhCGを検知するのですが、 これが検知できる程度まで増加するのは、 普通の検査薬で着床の5日後、誤差プラスマイナス2日間、 早期検査薬で着床の3日後、誤差プラス2日間だそうです。 ただし、早い人は着床の2日後には検知可能なまで増加したりもするそうです。 性行為から受精までは、即日~1週間。 受精から着床までは、1週間~10日。 で、着床からhCGの増加についてが上記。 これを全部足すと最遅は24日後なんですが、 くっきり反応しなくてもうっすらとは反応しますしね。 そんな訳で、最短で9日間、遅い人は3週間後、という事になります。 ちなみに、妊娠の定義ははっきりしていませんが、 卵子が受精しただけでは妊娠とは言えないでしょう。 排卵時に体内に精子があればかなりの確率で受精しますが その全部が着床できるわけじゃないし。 着床したら妊娠かなーとも思いますが、 化学的流産は医学的には流産ではないそうですし、 胎嚢が確認されて初めて妊娠ということになるのかな? だとしたら、妊娠検査薬で検知された時点では「まだ妊娠していない」のかもしれません。 その辺はまあ、言葉遊びに近くなっちゃいますけど、 「性交即妊娠」なんて有り得ない事を書かれていらっしゃるので、一応念の為。 個人差が大きいのですけれども、 最短で性行為の9日後から、 遅い場合は性行為の3週間後にならないとわかりません。 1さんの回答の通り、 妊娠検査薬はhCGを検知するのですが、 これが検知できる程度まで増加するのは、 普通の検査薬で着床の5日後、誤差プラスマイナス2日間、 早期検査薬で着床の3日後、誤差プラス2日間だそうです。 ただし、早い人は着床の2日後には検知可能なまで増加したりもするそうです。 性行為から受精までは、即日~1週間。 受精から着床までは、1週間~10日。 で、着床か... A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。

次の

「ミーハー」とは何なのか・使い方・対義語・死語なのか|語源

ミーハー の 意味 は

ミーハーとは、今まで特に興味がなかったのに、流行になったり話題になったりした途端に強い興味を示す行為を意味します。 一言で簡単に説明すると、「流行が大好きな人」です。 ミーハーという言葉ができた当初は、女性に対する軽蔑が込められ、悪い意味として使われていましたが、現代語としては男女関係なく、流行好きを表す言葉になっています。 例えば、スポーツ競技で世界大会の本選までいき、テレビや雑誌での露出が激増したとたん、応援グッズを一式そろえて試合の結果に一喜一憂するような人をミーハーと言います。 ミーハーの興味の対象は流行なので、一時的にハマっても流行が去れば見向きもしなくなるのが特徴です。 ちなみに、ミーハーはカタカナなので外来語のイメージがありますが、日本から生まれた言葉で、英語が略されているわけではないという説が有力です。 ミーハーの語源や由来はいくつかあります。 最も有力なのは、昭和2年に公開された「稚児の剣法」という映画でデビューした俳優林長二郎です。 林長二郎はたちまち女性の人気となりましたが、彼のファンたちは「ミーハー」と呼ばれるようになったのです。 ミーハーのハーが「林長二郎のハ」であり、ミーハーのミーは当時女性に人気の高かったスイーツ「みつまめのミ」からきています。 話題の人物に夢中になる人を指す言葉で、現在使われているミーハーの意味と通じています。 その他、ミーハーの語源は「みいちゃんはあちゃん」という説もあります。 昭和初期、女性の名前には「み」、「は」から始まるものが多く、当時女性の発言や行動に対して、軽蔑を込めたときに「みいちゃんはあちゃん」と総称しており、この言葉が略されて「ミーハー」になったと言われています。 また、「音階のドレミファのミファ」、「英語のMeとHer」という説もあり、諸説紛々です。 ミーハーは昭和初期に作られた造語で、現在使う人は少なく、死後と言っても過言ではありません。 若い人に「ミーハーだね」と言っても、意味が伝わらない可能性はかなり高いです。 また、当初は「流行りものにすぐ飛びつく軽率な人」という悪い意味も込められていたため、別の言い方をした方が、あなたが誤解されるリスクも減らせます。 そこで、現代語でミーハーに変わる言葉や表現をいくつか探してみました。 ・流行かぶれ 一時的に流行に乗ってファンになるという意味では、ミーハーと同じ意味があるので、言い換えに適した言葉です。 ただし、ミーハーに含まれる「軽率、軽蔑」というような悪い意味を感じさせる言葉でもあります。 「流行かぶれだね」と言われた相手は、何となく嫌な気持ちになるものです。 そこで、別の言い方を探してみました。 ・流行に敏感な人 ・情報通 ・トレンド通 このような言葉に置き換えれば、いい意味で相手も受け止めてくれるでしょう。 ミーハーには少なからず、すぐ流行に流されることへの軽蔑が込められています。 そのため「あなたって、本当にミーハーだね」と、面と向かって相手に言うと、正しい使い方ではありますが、嫌味として受け取られるので注意が必要です。 ミーハーの使い方の例文をいくつか紹介します。 ・今まで見向きもしなかったラグビーに夢中になるなんて、彼女はミーハーだ。 ・彼はミーハーだから、話題のスポットにはいち早く行っている。 ・彼女はミーハーなブランドファッションが好きだね。 ・今だけ応援するのは、確実にミーハーなファンだ。 シチュエーションとしては、ワールドカップの時期だけ、急にサッカーに興味を持ち、まだまだ浅い知識でうんちくを言うような相手に対して、「全くあいつはミーハーだ」という使い方になります。 ミーハーは人格や人の行動を表す言葉ですが、その場にいない人、テレビなどに出ている人、あるいはズバリ言っても関係が悪化しない親しい人など、使う相手を慎重に選んだ方が良いでしょう。 時と場合によっては、同じシチュエーションで「ミーハー」「にわか」のどちらも当てはまるので混同されがちですが、実は違いがあります。 にわかファンに使われる「にわか」には、「一時的な」「かりそめの」という意味があります。 ミーハーとにわかファンは、「一時的に夢中になる」という意味ではとても似ている表現です。 しかし、ミーハーが流行に限定して使われるのに対して、にわかファンは分野を問いません。 これが、ミーハーとにわかの決定的な違いです。 ミーハーは流行を追い、流行が去ればまた別の流行を追うので、見方によっては「にわかファン」になるかもしれません。 また、にわかファンの対象が流行のものなら、ミーハーと呼ばれることもあるでしょう。 でも、完全に同じ意味ではないので注意して使いましょう。 非ミーハーとは、ミーハーの否定形で「流行だからという理由で興味を持たない人」を意味します。 決して流行嫌いではありません。 興味を持った対象がたまたま流行なこともあります。 非ミーハーの人には、次のような特徴があります。 ・マイペース ・独自の世界観を持っている ・人に流されない ・個性的 ・自分の興味を追求する 誰しも、流行や話題のスポットに多少は興味を持つものですよね。 しかし、非ミーハーな人の基準は、世間の注目度と関係ありません。 「自分が興味を持てるかどうか」が全ての判断基準です。 どんなに流行っていても、興味がなければ見向きもしません。 このような説明をすると、へそ曲がりのようなイメージを持つ人もいるでしょう。 しかし、非ミーハーは自分を尊重する分、人も尊重できます。 自分の興味に文句を言われるのを嫌いますが、その代わり人の興味にも口出ししません。 偏見なく、人を認められる長所があります。 流行物にはすぐに飛びつき、熱しやすく冷めやすいのがミーハーな人の特徴です。 流行によってコロコロと興味の対象が変わるのには、いくつかの心理があります。 ・最先端のものを知っていたいという知識欲が強い ・流行物を押さえておきたいという物欲が強い ・流行に乗っかって楽しみたい ・流行を知らないと言われたくないプライドの高さがある ・元々広く浅くが好き ・物事を追求するのが苦手 ・自分から楽しみを探すのが下手 流行はメディアの露出が増え、情報が氾濫するので、獲得が非常に楽で、楽しみ方も画一的なものが多いです。 工夫をせずに楽しめるのが流行であり、簡単に乗っかれるのが良さでもあります。 ミーハーな人は、流行の手軽さに魅力を感じる気質や性格をしているのです。 次から次へと表れる流行は、浅くても知識をひけらかすことができ、また持つだけで自尊心が満たされます。 そのため、プライドが高く欲深い人もミーハーになりやすいです。 ミーハー女子の場合、前述した理由に付け加えて「多数派に属していたい」という心理があります。 多くの人が興味を持つ流行に乗っかることで、「自分は外れていない」という安心感を得たいのです。 ミーハー女子は皆が知っている話題に乗り遅れないように、一生懸命流行にアンテナを張っています。 ここにプライドが加わると、ミーハー女子は情報や持っているものでマウンティングする面倒くさい存在になります。 流行の最先端アイテムを手にして、友達に褒められることで自尊心を満たし、誰よりも情報通になって、周囲の関心を集めようとします。 ここまでなら可愛いもので、ミーハーの度が過ぎると、流行に疎い友達をバカにしたり、自分の価値観を押し付けたりして非常に厄介です。 また、ミーハー女子は何事にも流されやすく、発言に一貫性がないのも特徴です。 真面目に相手をすると、ミーハー女子の言動に振り回されるので気を付けましょう。 ミーハー嫌いな人は、ド真面目で頑固なのが特徴です。 一本筋が通っているのは長所なのですが、臨機応変さや柔軟さが足りません。 そのため、流行によってコロコロと態度が変わるミーハーが理解できず、「また違うものに興味を持ってる!前は違うものが一番とか言っていたくせに!」と、過剰反応をしてしまいます。 真面目過ぎて、勝手にミーハーな人に振り回されて、そして嫌いになってしまうのです。 また、素直ではないのも特徴です。 普段「流行だってだけであんなに騒いで」と、ミーハーな人を嫌っているため、いざ自分の興味ど真ん中のものが流行すると、「私はミーハーじゃない」と、素直になれず、本当は好きなのに無関心を装ってしまいます。 中には「認知が広がったら、もう価値はない…」と、流行になったとたん、価値を失くしてしまうタイプもいます。 あえて多数派に属さないことを選ぶミーハー嫌いな人は、少々偏屈なのです。

次の