ジョーカー ラスト 考察。 映画ジョーカーの解説!ラストシーンの意味は?

ジョーカーラストシーン精神病院について考察!驚愕の意味とは?

ジョーカー ラスト 考察

ラストのアーサーは暴動後に逮捕されたアーサーである• 全てはジョーカーの妄想だった• アーサーは死んでいる 考察し始めるとキリがないので、軽く触れていきます。 とはいえ、このアーサーが本物のジョーカーであるならば、後にバットマンになったブルースとアーサーの年齢差がありすぎるという声も多いのでどうなんでしょうね。 ラストのアーサーの笑いだけが本物であるとトッド・フィリップス(監督)も言及しています。 普通に考えて死んでませんか?(笑) なので、本当のアーサーは死んでるんじゃないのかなという説。 ジョーカーのジョーク バットマン自体がアーサーの作り話であるというジョーク。 これが今作のオチなのではないでしょうか。 まあ個人的には、全てがアーサーの妄想だったと考える方が話が面白いかなとは思いました。 ラストにアーサー目線で回想されたブルース・ウェインの銃殺シーンも妄想、バットマンも妄想。 全てはアーサーの妄想。 そもそもアーサーは銃殺現場にいなかったわけでして、なぜ回想できるのかと言われたら、それが妄想だからですね。 ラストシーンに登場した黒人の精神科医は、本来であればハーレイ・クインなわけですよ。 患者(ジョーカー)と精神科医(ハーレイ・クイン)という関係性から見てもそうなりますよね。 とはいえ、精神科医が黒人で、しかも殺されているので今作は他のDC映画とは無関係の完全独立した作品だと言いたかったのでしょう。 強盗に殺されたトーマス・ウェイン 生放送中にマレーを射殺したジョーカー。 彼に影響を受けた貧困層の暴徒の1人が、ブルース一家と路地裏で遭遇し、ブルースの父と母を銃殺してしまいます。 深ぼりすると、この銃殺シーンはブルース・ウェインがバットマンになるキッカケを作りました。 監督のバットマン・ビギンズに話が繋がっていきます。 バットマン・ビギンズで、この銃殺シーンの回想シーンが登場します。 銃殺シーンは、ゴッサム・シティを悪から守るためにバットマンになったブルース・ウェインの動機として重要なシーンというわけですね。 今作はDC単独作品でして、ダークナイトシリーズと無関係と言われてますが、銃殺シーンがジョーカーの妄想でないとするのであれば、以降のバットマンシリーズに話が繋がっていきます。 それはそれでアリだと感じました。 ソフィーは殺されたのか 未亡人ソフィーとの関係は、劇中でジョーカーの妄想だということが判明。 アーサーは、それを妄想と知った上でソフィーの部屋に侵入していることから、彼女を殺してしまったとも考えられます。 部屋に戻ったアーサーは、警官が来たことを知ると笑っていたので、ソフィーが殺された可能性は高いと思いますね。 アーカム・アサイラム病院で30年前の母親のカルテを強奪したアーサーが知った驚愕の事実とは? 母親と信じていたペニーは本当の母親ではなく、自分は養子だったこと。 トーマス・ウェインも実の父ではなかったこと。 ペニー・フレックは、病的な妄想癖の持ち主であり、アーサーがペニーの恋人から虐待されていたのにもかかわらず、ペニーはそれを黙認していたこと。 ペニーの「 あの子、笑わないの 」というセリフが印象的でした。 アイデンティティの崩壊ですね。 そもそもアーサーは、本物のジョーカーだったのでしょうか。 マレーを射殺した理由 生放送中にマレーを射殺した理由は、 アーサーが世間の笑い者にされたと思ったからでしょう。 実際、生放送中にマレーがワザとアーサーのライブ映像を流して、アーサーを世間の笑い者にしようしましたよね。 コメディアンのネタとしてなのかもしれませんが。 時計は全て11時11分 今作で時計を映したシーンは、3回登場します。 秒針は全て11時11分を指していました。 全てはアーサーの妄想だったからですかね。 正直、解釈はいくらでもできます。 あなたはどう思いましたか? 事前の予備知識は必要なのか 今作はDC単独作品なので、仮に過去のバットマン作品を見ていなくても楽しめるようになっています。 とはいえ、知っているだけで今作をもっと楽しめるかなという事前知識は最低限3つ。 ブルースは未来のバットマンになる人物• バットマン誕生のキッカケは強盗による銃殺事件• バットマン生涯最大の宿敵(ヴィラン)はジョーカー 最低限、これらを頭に入れておけば大丈夫でしょう。

次の

映画「 ジョーカー 」ネタバレあり解説で疑問点とラストシーンを考察、今作自体ジョークだったというオチ

ジョーカー ラスト 考察

ジョーカーと言えば、バットマンの宿敵であり、ヴィランの中のヴィランとも言うべき悪のカリスマ。 映画作品としても、クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』で故ヒース・レジャーが演じた事で、世界中に熱狂的なファンを生み出したキャラクターです。 そんなジョーカーの誕生秘話を描く… 正直、ハードルが高いとかそういうレベルじゃねぇ!って話なんですが、本作は、そんな我々の期待を裏切ることなく、真正面からジョーカーに挑戦し、そして、見事成し遂げた作品です。 いつもならば極力ネタバレ無しでお届けする所なのですが、本作に関して観た後の考察がとんでも無く面白い為、少しスタイルを変えてお届けする事にしました。 全力でネタバレしているので、未だ見ていない人は必ず映画本編を観てから読むようにしてください。 ここからは要素ごとに現実と妄想の境を考察していこうと思います。 幸せを感じる出来事は全て妄想 序盤のTV出演 マレー・フランクリンのテレビに出演した過去は、アーサーの憧れが生み出した妄想。 終盤、楽屋でマレーに対して「初めてだとは思えない。 ずっと憧れていました。 」的な台詞からもそれが読み取れます。 隣人女性との関係 エレベーターでの会話・ストーキング・ストーキングへの苦情は現実。 その後の接吻・デート・母へのお見舞いは妄想。 これは作中でもハッキリと妄想と表現されているシーンなので間違いありません。 そもそも、シングルマザーで必死に生きている彼女が、子供をほったらかして隣人とデートしたりするシーンは違和感がある。 最初のエレベーター以外で子供がほとんど出てこないのも意図的なものを感じます。 ちなみに、デート(妄想)からの帰宅後に香水をつけていたことが分かるシーンがある。 この香水が女性物なのか男性物なのかは少し気になりますね。 ウェインが父親は母親の妄想 ウェインがアーサーの父親なのはペニーの妄想。 ペニーがアーサーを養子にとったのも、ウェインに取り入る為の道具である可能性が高い。 ウェインとペニーに肉体関係があったかどうかは不明だが、それも含めて妄想の可能性も十分に考えられます。 まさかのバットマンとジョーカー兄弟説には驚かされましたw 耐えられないような辛い出来事は全て現実 看板を盗まれた末のリンチ ゴッサムの悪ガキども手慣れすぎてて怖い! ネズミ・ゴミ問題・治安の悪さ…ゴッサムシティはマジゴッサムとしか言いようがありません。 証券マン三人を手にかけた事 証券マン3人を手にかけた事は紛れもない事実。 それにしてもジョーカーさん、中々の射撃の腕前。 逃走する男の心的行動把握もばっちりでした。 これは、普段から周りの眼を気にするジョーカーさんの処世術の一部が成した技なのかも? 銃を隠すために訪れたトイレでのダンスシーンは、アーサーの中のジョーカーが垣間見える初めてのシーンでもあり、とても印象的でした。 ハッピーは自分のハッピーを作り出す道具 信じていた母親に、実は愛されていなかったという事実。 よくよく考えると、ペニーがアーサーと呼び掛けているシーンは1回も無かったように思える。 ハッピーとは、自らのハッピーを作るための道具と考えるととても辛い。 母親による虐待の傍観 恐らくアーサーは自分の障害を先天的なものと把握していたように思えるが、実はそれが虐待によるものだったという事実。 様々な事の積み重ねがアーサーの善良性を破壊したのは間違いないが、これが最大の要因になったと筆者は考えています。 失うものが無くなってからは全てが現実:反転する世界 母親という名の枷を外す 病院で母親を自らのてにかける。 やってる事はひどく残酷だが、差し込む光の美しさが印象的な一幕。 同僚を手にかけた事 母親のお悔やみに現れた同僚を躊躇なく手にかけるシーン。 唯一優しく接してくれた同僚の事は平気で見逃す。 マレー・フランクリンのテレビ出演 あの映像に大反響があったというのは疑問だが、テレビ出演のオファーがあったのは現実。 テレビ放送でアマチュアを笑いものにするって流石に悪質。 ラストのアサイラムでのシーン 多くの人が一番疑問に感じたシーン。 これはクラウンの靴をかたどっていて、アーサーではなくジョーカーとして歩み出したという表現なのかも?とも思いました。 真っ白な壁・窓から差し込む眩い日差し・はしゃぎ躍るジョーカー。 堕ちたはずなのに光り輝くという矛盾に満ちたエンディングが、これからのジョーカーの異常性を物語っています。 不気味な男、アーサーを表現する為の徹底された演出 終盤のジョーカーはバチバチの恰好良さ(筆者の主観)なのですが、序盤・中盤は、善良だが不気味な男である演出が徹底されています。 ここも色々と思う所があったので、気になった点をピックアップしてみました。 アーサーの心境によって変化する天候・室内の明暗 自分を押し殺し、常に善良であろうとする時の天気は、雨または曇り。 室内の照明は青白く暗い。 逆に、自らの本質をさらけ出し、ありのままであろうとするシーンでは快晴が多く、室内に差し込む光は眩い。 心境と天候のシンクロは恐らく意図された演出だと思いますが、これは滅茶苦茶ハマってましたね。 特に青白い照明のシーンは、アーサーとジョーカーの狭間で揺れ動く良心の炎みたいなイメージが頭を過り、とても印象的でした。 顔で笑って心で泣いて、正に表裏一体(ジョーカー) 笑いの発作にも規則性があり、ストレスや不安が臨界点を越えると発生します。 ただし、全てがその規則性に則っている訳ではなく、明らかに演出で笑っているシーンもあります。 クラウン仲間の同僚が同僚を小馬鹿にするシーンでは、明らかに同調したワザとらしい笑い声をあげています。 善良で優しいアーサー的にはストレスを感じる対象であってもおかしくはありませんが、これは既に日常化していて、発作が起こる程のストレス起点ではなくなっていると筆者は考えました。 しかし、相手を小馬鹿にする・笑い者にするというアーサーのタブーに触れている為、笑う事で怒りを表現している。 元々笑いのポイントにズレが生じているアーサーが、コメディアンとして大成する為のすり寄せ(努力)と取る事も出来ますが、上司に呼ばれた際の廊下を曲がった時の表情を考えると、やはり怒りの感情を腹に据えているように思えます。 ホアキン・フェニックスの徹底した体作り 靴を解すシーンで長めに背中を映す描写がありますが、あのシーンのインパクト凄いですよね。 あのシーンだけで、異常に痩せている・骨ばっている・不健康そうな男である事が印象付けられます。 噂によると24キロも体重を落としたらしいですが…(半端ねぇ)。 何度も観て考察したくなる。 心に刺さる強烈な映画 福祉サービスが打ち切られて投薬がストップした時点から、全てはアーサーの妄想という考察もあるようですが、ジョーカーだけでなくバットマン誕生のエピソードまで含めている時点で、それは無いんじゃないでしょうか? 到底共感する余地が無いと思っていた悪のカリスマを身近に感じ、現実と創作を融和させた風刺性の高い作品です。 好き嫌いはハッキリと分かれる作風だとは思いますが、映像美・プロットの完成度・配役・音楽効果など、何度も劇場に足を運ぶ価値のある映画だと筆者は感じました。 追伸:上映終了の瞬間、「ゴッサムが死んで僕らは生まれた」という言葉が脳裏に浮かびました。 あくまで主役はジョーカーですが、バットマンのルーツもきっちり織り込んでいる(ジョーカーとバットマンは表裏一体の存在)辺り、本当にうまいですよね。

次の

映画『ジョーカー』ラストシーンを考察!<3つの解釈から徹底考察!>|深淵のサルベージ~アニメ・漫画・映画をとことん楽しむブログ~

ジョーカー ラスト 考察

映画『ジョーカー』ラストシーン 生放送中にマレーを射殺した後、アーサー ジョーカー はパトカーで連行される。 しかし、暴徒の運転する車がパトカーに突っ込み、アーサーは助け出された。 暴動で街が炎上する中でジョーカーは車の上でダンスを踊り、人々はその姿に熱狂していく・・・ ここで場面が変わり、病院でカウンセラーと話をするアーサーに。 アーサーは微笑みながら、倒れている両親と少年ブルース・ウェインの姿を想像する。 精神科医になぜ笑っているかを尋ねられるとアーサーは「ジョークを思いついて・・・君には理解できない」と答えた。 更に場面は進み、部屋から出てきたジョーカーは血の足跡をべっとりと残しながら、病院を職員に追われて逃げ回る。 The End。 映画『ジョーカー』ラストシーン考察 さて、この謎多きラストシーン。 他の方の感想を見ている、色々な解釈に分かれていて面白いです。 先述してしまうと、この ラストシーンの解釈には正解はありません。 監督の中では決まっているようですが、明らかにはせず・・・ ただ、 最後のアーサーの笑顔は「唯一純粋に笑っている」だそうです。 いわゆる 「正解は皆さんのご想像にお任せします」というラストなので、考察大好きブロガーとして考察してみました! まず、大きく3つの可能性を考えました。 <あり得そうな要因> ・アーサーは精神病院に入院していたと作中でも言及 ・一部、ストーリー展開が現実的ではない ・「ジョーカー」という掴みどころのない狂気なキャラクター アーサーは映画の中でも 過去に精神病院に入院していたと言われていました。 それが 伏線のようにも思えます。 そして作中のシーンで、 一部現実なのか?と思うシーンもあるんですよね。 Ent. ここの 非現実感は鑑賞しながら気になっていました。 普通、小さな劇場でのコントが人気テレビ番組で無断で流されるというのはあり得ないと思うんですよね。 しかし、劇中では特に妄想という描写は無く・・・ だとするなら、そもそも 全てが妄想だったというのもあり得るかもしれない。 そして、ヴィランとしての 「ジョーカー」のキャラクター性。 狂気に溢れており歪んだユーモア性を持つ残虐な男。 そのキャラクター性から考えると全部妄想だったという 悪趣味さも納得できるところも。 ただ、個人的には この説は無いかな?と思っています。 野暮な見解ですがここまで 細かい部分 ジョーカーがいない部分を含め まで妄想できるか?という現実的な観点に加え、作中で アーサーが幾度となく感情を震わせていた描写を妄想とするのは違う気がするんですよね。 最後のカウンセラーを殺した ? ような描写ともちょっと解釈が合わないような気がする。 そして何より、 ブルース バットマン との因縁も生まれません。 というより、『バットマン』という作品自体がジョーカーの妄想になってしまいます。 このオチはこれはこれで面白いんですが、やっぱり個人的にはしっくりこない説ですね。 B 最後の病院が現実では無い これはあまり聞かない解釈ですが、自分は結構あると思ってます。 『ジョーカー』の物語は車の上で踊っているシーンで終わり。 その後の精神病院のシーンはアーサーの妄想、もしくは幻想だったというオチ。 <あり得そうな要因> ・炎上した街の状況からなら、普通に逃走できるのでは? ・病院のジョーカーは髪が緑色じゃない ・病院内で足跡に血がついていたり、眩しすぎる陽射しなど幻想的な描写が多かった まず、暴徒化したピエロのおかげで炎上した街の状況では、その後警察が駆け付けたとしても 容易に逃げられるように思えます。 更には病院内のジョーカーは 髪色が緑では無く、地毛の茶色であった。 この事から 事件後すぐに逮捕されたとは考えづらい。 そして、病院内の描写ですがカウンセラーとの面談は特に気になりませんが、その後のシーンは独特でしたよね。 アーサーが歩くと 血の足跡がつき、 妙に眩しい廊下を走り回る。 現実から解き放たれたジョーカーの心理状態を幻想的に描いたようにも思えました。 Ent. ブルース バットマン との因縁も生まれ、『バットマン』のストーリーにも入っていけます。 ただし、最後の病院シーンが全部妄想 幻想 だったというのは、普通に考えるとちょっと厳しい気がします。 次の解釈でも書きますが、ジョーカーはもっと後に捕まった、病院で髪色を戻されたとする方が普通の考えではあるんですよね。 個人的には好きな解釈ですが、 一番無理がある解釈かもしれない。 C 後に逮捕されて病院に収容となった この解釈が一番無難というかしっくりくるオチですね。 炎上した街でジョーカーとして君臨した後に 期間は不明 捕まって、精神異常者と診断され病院に収容となったというオチ。 <あり得そうな要因> ・映画の時系列通り ・身元もばれており超人的な力も無いので、捕まらないのは逆に不自然 ・病院でのアーサーはジョーカーとして覚醒しているように見える ジョーカーとして完全に覚醒した後、すぐに捕まったかは分かりませんが逮捕されて精神病院に収容となる流れは 時系列としては綺麗にまとまります。 大人になったバットマンに捕まった説を見ましたが、それも面白い。 カウンセリング中のブルースの姿を想像するのにも繋がるしね。 ただし、そうなると相当後の話になるけどアーサーの見た目が変わってない笑 「ジョーカー」はヴィランですが 超人的な能力は持っていません。 更に覚醒した後はまだ悪事にも慣れておらず、 覚醒はしても未完成なジョーカー。 そう考えるとあの場では逃げられても、 その後捕まるのも自然です。 病院でのアーサーはカウンセラーとも臆せず対峙しており、カウンセリング中でもブルースを想像して笑うなど明らかに 今までのアーサーより狂気寄りでした。 血の足跡から推測されるカウンセラーを殺害したであろう 残虐性、その後におどけたような動きで走り回る 狂気、 ジョーカーとして覚醒している姿と考えるとピッタリなんですよね。 Ent. 腑に落ちない部分といえば、ここまで悪のシンボルとなったジョーカーを死刑にせずに 精神病院に収容しているだけ?という疑問と、上でも触れたストーリーに一部 妄想だったのではと思われるシーンの真偽は?という部分は気になります。 <まとめ>『ジョーカー』ラストシーン考察 このように 絶対これだ!という考察はありません。 現実と虚構の交じり合いを絶妙なバランスで表現して、あえて正解をぼやかした作りにした映画です。 答えは監督のトッド・フィリップスのみぞ知るという事でしょうか。 個人的には B か C の解釈と思っています。 なお最初に鑑賞した際、直観的に感じたのは B でした。 こんな風に自分なりの解釈をしてみましたが、人それぞれに様々な解釈があると思います。 この記事はそんな解釈をする際の スパイス的存在になれば嬉しいですね。 ラストシーンの答えを監督がいずれ明かすのか?それとも続編的な作品が制作されるのか? どっちもあるかもしれませんし無いかもしれませんが、期待しましょう!.

次の